2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 通信端末参考情報 | トップページ | 窓の使い方 »

2011/01/22

ハム少女

職場で誰が持っていたのか、「CQ ham radio」という雑誌を見つけた。今月号ですよ、今月号。

おお、携帯電話やインターネット全盛のこの時代、アマチュア無線の市場で雑誌なんか維持できるのか…と、聞く人が聞けば憤慨しそうなことを考えていたおいらは、思わず手にとってパラ見してみた。

…さっぱりわからん(^^;)。

「話題のバンド」とか記事の見出しがあったので、アマチュア無線をしているどこかのミュージシャンをピックアップするのかと思えば、周波数帯の紹介だったり、かなりカルチャーショックが…(^^;)。

ただ、逆にギャップの宝庫。ハムに素人な美少女キャラを押し出して(もちろん詳しいキャラも必要)、ストーリー仕立てにすれば結構面白くなるんじゃないの?

最近サバゲー×美少女な漫画も出てきたし。(サバゲーとアマチュア無線がどうこうということではないですが)

おいらも携帯電話と比較して何が違うかわからないし、使うにはどうしたらいいのかもわからないし。

ただ、すくなくとも通話料無料なんでしょ?通話しすぎで親に携帯電話を取り上げられた女子高生が自分でバイトして通話料を稼ごうとして、そこでハムに詳しい別の女子高生(兄の影響…とか)と出会って新しい世界に足を踏み入れるとか、ストーリー思いつくでよ。

でも既存でそういうストーリーありそうだな(^^;)。

« 通信端末参考情報 | トップページ | 窓の使い方 »

コメント

>ただ、すくなくとも通話料無料なんでしょ?
無料ですが、電気代はかかります。

通話をするには試験を受けて免許をもらい
、お金を払って開局申請をしてコールサイ
ンをもらわなければできません。
他人の通信を聞いているだけなら無線機を
購入するだけでできます。

基本的に通信は公開で、誰でも他人の通信
内容を聴くことができます。

それに使える周波数が限られているし、遠
距離通信にはみんなが使っている中継装置
使わせてもらうので長話しとかできません。

局免許失効24年かな?。
その面で様々ツッコミ

キャラクター挿絵とか多分昔にあるぞ。
マイコン雑誌と混同したかだけど、
「萌え」インフラなんか無い頃も、
描く人は居たから。

通話無料だけ見られても。
ハードもアンテナ取り付けも自腹!
資格取得と局設置は手数料、
ハード検査がわりに認定費用積むし、
業務波同様に電波税取られ更新。

電話と異なるのは仕事使用厳禁と、
SOSに関わる可能性有り位。
あっ、フルアナログ音声主流だよ。
秘話処理禁止、留守番機能は無いから。
データデジタルや簡易動画もあるけどね

タクシーで呼び出し歓迎という人もいるが
それ以外待ち構えているケース少ない。

コンベンションも旧くから開いてる。
公務員コスプレは、それが元祖かも。

お、いい感じに盛り上がってきたような…(^^;)ぉぃぉぃ。いや、本当にわからないもんで、色々知るいい機会かな…と。

本当にアマチュア無線素人ですが、さすがに機材費・電気代くらいはわかってます。免許取得の初期投資等々も。

ただ、据え置きがメインでアンテナ設置が大変そうに思えますが(よく旅先で「あのアンテナ設置は大変そうだ」という話を…(特に飯田牧場あたり(^^;)超謎))、ハンディ機だってあるわけでしょ?あれだけじゃダメなん?

それに共用中継器があるとは思わなかったな…。共有機材というか、共有財産なんですか?

意外だったのは「仕事使用厳禁」。でも考えてみれば「アマチュア」なんだから、当然と言えば当然か。

それに傍受当たり前というか、秘話はできないのはそんな感じが…。もうこの時点で「女子高生が携帯電話代わりにアマチュア無線」ってのはもろくも崩れ去ったような気が…(^^;)他の動機付けすればどうにでもなりますが

ただ、なおさら深まる、個人的な一番の疑問。

アマチュア無線って、通信で何を話しているんですか?

時々デモしているのを見ているんですけれど、どれくらい遠くまで電波が届いたかどうか…を確認するくらいしか見たことないし(まぁ、デモなので、それ以上のことが必要なかったのかもしれませんが)。あとカードの交換?なんか、…「話」ではなく、「電波を飛ばす」ことが中心の趣味に見えてくるのですが、どうもその辺の実態がよくわからない…。

わかってないの、俺だけなのか?

ハンディ局は「私をスキーに連れてって」参照。
#あれで無免許疑惑>特小が普及の都市伝説

DPRっていう業務可能の新トランシーバーも
リチウムイオン搭載であんな形状。
設置届け出と電波税だけで他者とも話せる。

あのサイズだと5W実用数時間が限度
バッテリパック形式だけどほとんど融通きかない。
周波数や方式によるが、有明コミケ一帯から対岸岸都内は通じるし、
折りたたみ八木式等アンテナも使える。

でも建物陰に弱いから個人でなくクラブ免許や
日本連盟の地域クラブが開局運営するレピータ局
を指定周波数と音声符号でアクセスして強い折り返し
の別周波数を受け取る使い方が、それ。

レピータ局相互がインターネット接続かで
受信蓄積した声を好きなレピータ局から送信し、
その往復で交信成立する活動がある噂。

デジタルデータ通信は逆にトークンリングみたく
レピータ局相互をデータが循環してモデムで
渡るのに乗り合う方式だったかな。
サーバー抜きで構築出来る理由らしい。

あう。また難しくなっちゃった…。

お伺いしたいのは、ハンディなトランシーバでも有る程度の圏内は通じて、免許的にもそれだけ持っているのは問題ないの?という点。

それがクリアになると、逆に固定局のあの大きなアンテナはなんなんだ…と思えてくるけれど、ハンディはそんなに遠くまで電波が飛ばないとしっかり言われているし、固定局故の大出力を活かすアンテナ…か、話に出てきた共有中継器かということですな。

それに一番お伺いしたい、「何を話しているのか(コールサインを除く)」「何のために話すのか」あたりがわからないと、アマチュア無線の何が楽しいかが見えてこない気がします。

まぁ、ハンディアンテナ持って野山を駆け巡る、発信源とか探すオリエンテーリングみたいなのも知っているには知ってますが…。あれは確かに楽しそうではある(^^;)。

#…って、人に聞いてばかりもなんなので、自分でも調べてみた。まぁ、軽く検索しただけだけれど(^^;)。

とりあえずおいらの疑問にはこちらのページが比較的対応しているかな…と。

アマチュア無線入門
http://www.ne.jp/asahi/yokohama/cwl/radio.html

ただ、具体的な会話パターンとかあればもっと…。あ、でも交信方法ってページがあるか。

…見たけれど、アマチュア無線って世間話とかできないの?なんか「交信して記録を残すこと」自体が目的で、会話そのものはポイントじゃない…って雰囲気が…。

ハンディでも50MHzに凧っぽいアンテナ噛ますと、
東京市街部分横断出来る程のものなんだけどね、
自分はさいたま浦和市役所展望室から、偶然なんだけど
435MHzUHF-FMで巣鴨駅前の連盟クラブに来てた
人が話してくれた経験遭って飛ばないとは言えない。

いやWeb並の事は行かないけど、
かなり身内感覚だと思うけど、世間話アリです。

記録とか抜きでスケジュール決めて、空いてる
チャンネル(基準上)に集まって、手酌とか
馬鹿っ話とか言うのも一応大丈夫。
コールサインや「どうぞ」=法定用語も一度交わして
あと入れそびれても、取り締まりまでは無い。
乱入される可能性有りは、Webチャットに同じ?。

いわゆるトラック無線と同じ不特定な仲間との使い方でも、
コールサインなど仁義ある付き合いって条件だから
喧嘩腰なやり取りに陥る事は無いだろうし。

スキー場うんぬんも、秋葉原やコミケも出会いツールでなく
連れ同士が便利で使う用意だから使うまでだよね。

なお無線から軍や官憲マニア繋がりなカタも居るけど、
現場報道とか異常時即応なんてネットワーク有りき
な事は、企ててもケータイほど遂行出来ない。

最近では「特定小電力トランシーバー」
という無資格で使えるトランシーバーが
あるそうです。
用途に合うかわかりませんが、
検索してみてください。(^_^;
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E5%B0%8F%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E7%84%A1%E7%B7%9A

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/50649429

この記事へのトラックバック一覧です: ハム少女:

« 通信端末参考情報 | トップページ | 窓の使い方 »