2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/30

中古のフォーサーズカメラを買う理由

基本、フォーサーズ関連カメラは入手しないようにと決めている。やはり撮影素子の大きさに寄るところの話。ボケ味が少なくなる、焦点距離が2倍になる等々、色々自分の環境・趣向に反する部分があるため。

もちろん割り切って撮影する、というのでも良いのだけれど、だったらそのためにはさらにコンパクトな筐体のコンデジが控えており、特にフォーサーズを購入する「積極的な理由」は無い。

ただ、このレンズのためだけに購入するのは悪くはないかな…という気になっている。

コシナ、マイクロフォーサーズ用「NOKTON 25mm F0.95」を11月25日に発売

50mmでF0.95なんでしょ?撮影素子が小さくても、かなりボケ味が出るような。それでいて画角は35mm換算で50mmを確保。M8に50mmレンズを装着するより画角が広い。M8に35mmレンズを装着するようなもの。結構使いやすい…というか、なじみやすい画角。

…面白そう(^^;)。

まぁ、そういうレンズを楽しむのであれば、ボディは新品でなくてもよいはず。レンズ1本で運用しようというんだし(^^;)。なんつったってこれから発売されるレンズなのにMFだし。EVF等、ピンが合わせやすい筺体でなければならないというのはあるけれど、そこでいろいろ選ぶと面白いかもね。

うーん、もう少し!

サンコー、iPhone4対応の小型Bletoothキーボード

持ち方に工夫が必要じゃ、実用性はまだまだだよ。もっと、キーボードさえもてば、本体もホールド出来るような設計でないと。

海外ではそのようなケースがあるようだし、もう少しすれば日本でも入手しやすいそれが出てくるかなぁ…?

立ったまま使うのが想定だから、立ったまま使いやすい筐体で出してくれないと。

据え置きならリュウドからもう出ているんだから。

2010/09/29

地デジ化への歩み

自室内地デジ化がてんで進んでいない。

問題は部屋が煩雑以外に以下が挙げられる。

・通常のアンテナ線経由だとJ-COM経由なので、アナログでは映っていたTVK・テレ玉が映らなくなる。
・室外アンテナ・室内アンテナ経由での受信状況は不明

ただ、以下の2つを揃えると、まず受信状況のチェックが行える。地デジが映らないということはないと思うのだが、TVK・テレ玉がどうだかわからないので、まずはこれで問題点を整理、洗い出ししよう。でないと、先に進まない。

スイサク、手のひらサイズの屋外用地デジアンテナ
-無指向性の平面型「デジタルオトジー」。6,825円

SKnet、地デジ12セグをiPhoneダビングできるUSBチューナ
-AVC形式で28倍の長時間録画が可能。重さ25g

アンテナ配線は大丈夫かな?まぁ、1日で済まそうと思わなければ、どうにかなるだろう。

ま、このテスト次第で地デジ環境がおのずと決定していくことでせう。んで、USBチューナーもiPhone用として使用していけばいいんだし、なんとかしていこう。

2010/09/28

iPad人気に陰り?

売上ランキングが下がっているそうで。そういえば店頭在庫も見かけるようになったか。

しかしメディア方面では鬼の首を取ったかのような(?)「iPadはやはり一時的ブーム…」的な論調が多くなったような…。

おいおい、6月からずっと品薄だったのが解消されて、通話もできないデバイスが大体いきわたったからランキングが落ちたから「iPadはやはり…」って何(^^;)。

大量に中古に出回り始めたかどうかとか、チェックするところが違う気がする。アンチ派は少しでもこういう話に持っていきたいのかなぁ。

あるいは少しでもスキャンダラスな見出しや内容にして、読んでもらわないといけないのかな。まぁだったらそれはすんません(^^;)。

続きを読む "iPad人気に陰り?" »

2010/09/27

M8カバンを模索中

先日の記事で改めてM8にハマりつつあるのは書いた通り。

ただ、自転車での移動となると、振動を回避するために身につけておきたい。ただし、普通にストラップで抱えているのもなんなので、カバンに入れておきたい。ただ、デジイチ程ではないにせよ、かさばる筐体ではあるので、収まりの良い手持ちのカバンがなかなか無い。

いや、大きいカバンならあるのだけれど、しかしやはりコンパクトなのがいい。

唯一、ウェストバッグなカメラバッグがあったのだが、腰を締め付けられるようでどうも…。

そんなわけで、M8、iPhone、財布、手ぬぐいぐらいが入って、お手軽なカバンがなかなか無く、カメラバッグ以外にもアンテナをはって探すことにする。

#…という記事を書いて放っておいたのだけれど、ついぞ「マルコとマルオの7日間」につらっとマルイに寄ったら、XSサイズのメッセンジャーバッグを発見。中の仕切りは工夫しなければならないけれど、上記荷物を出し入れするのに使いやすく、またデザインもお気に入りで満足している。

また、さらにiPadも入るバッグとして、アディダスのメッセンジャーバッグも購入。そちらはポケットの位置が個人的に絶妙。そちらも重宝している。

電話代の確認

ソフトバンクからの請求書を確認すると、9,000円近くになっていた。

あれ?そんなに高額?…と思って調べてみると、iPhoneとiPadでの合算だった。ああ、そういえばそう手続きしたっけ(^^;)ぉぃ。

それにしても比較すると、iPhone3Gだけの時から3,000円程度オーバーしているにとどまっている。それでそこかしこでiPadが使えてる…と考えれば、まぁお得かな、と。

もちろん、サービスエリアの狭さは困るところもあるのだけれど、それでもとりあえず割安感があると思って、精神的に落ち着こう(^^;)。

ちなみに、もう少し安くできると思う。そもそもあまり通話をしていない(しても相手もソフトバンクで安い場合が多い)ので、通話関係のオプションを外してしまっても良いかと思う。

ちょっときちんと対処しようかな。

2010/09/24

週末の予定

明日は雨の予報が出ている。

鍛錬不足だけれど、家でおとなしくしているか。

しかし考えてみると、日曜は誕生日だな。じっとしているのもなんだし、どこか走りに行こうかな。そういえば河辺駅近くのKOROMO(クレープ屋)が当日はキューバカフェ・フェアとかいって、ちょっとイベントのようなことをやっているという。

以前誕生日と重なっていることを言ったら、祝ってくれるって言っていたし(^^;)、行ってみようかな。

飯能方面は日曜で休みなので、「飯能-岩蔵ライン」ではなし。しかし「麦」あたりも含めて青梅あたりに走りに行きませんか?>誰となく(^^;)

吼えろタブレットペン

輪行日記の水戸コミケ版の出来に納得いかず、ディレクターズカット版を仕上げたのは周知の通り。

この仕上がりこそ漫画だぜぇ!…とは言いながらも、どうもそれを手に取った人の手ごたえを感じない。いや、感想をいただく分は良いものの、例えば即売会いで手にとってくれる人のリアクションが、純然たる新刊とは反応が薄い。

これは一体何の違いか?と考えていた。

そんなある日、ちょこっとだけ部屋の掃除をしていたら、たまたま新吼えろペン8巻を手にとってしまい、なんとなく読んでしまった。

すると、「作者が満足した作品は逆にコケる!妥協した部分が逆に大衆の心をつかむ!」とか、「作品の完成度など、作者の自己満足に過ぎない!」とか、なんかちょうど合致するセリフがっ!?

うっ、ううっ、なんだ、今までにないまでの心の打ちようはっ!?

ただ、完成度を目指さない漫画でいいのかっ!?

実際作中でも主人公はそれでも完成度を目指す作家根性を見せていた。おいらもそうしたいところ。でもやっぱりリアクションも気になるお年頃(^^;)。

まぁ少なくとも、「完成しない原稿より、読まれる原稿」というのは昔からのモットーですので、トーンが貼られていないものでも出してしまうのはそういうことです。

こだわりを持ちつつ、しかしこだわりすぎないというバランス感覚なのかなぁ…。天秤座なんだから、そういうところはうまくしないと(^^;)。

2010/09/22

気になるデジカメ

富士フイルム、APS-Cセンサー搭載の「FinePix X100」を海外で開発発表

うむむむむ。ついこないだ「デジカメといえど、手になじむまで使いこなさなきゃだめだよね」的な記事を書いたばかりだというのに、M8にカブるこういうカメラが気になってくる(^^;)。

しかしレンズ部の露出を操作して露出優先AEで撮る、補正したいときには専用ダイヤルで、シャッタースピードもマニュアルですぐ変更可、そういう軍幹部を見ると、非常にフィーリングのよいカメラに思え、M8と同じ感覚で撮れる気がして、うずうずしてくるぞ(^^;)。

いや、でもファインダーの機構が新しすぎて、そこがどういうフィーリングになるんだか、想像つかない。まずはいじくってから…か。

あと、カメラのスタイリングって結構重要だと思う。被写体に与える影響というか、相手方の印象によって表情も違ってくるからね。そういう意味でもこういうスタイリングは歓迎。

唯一残念なのはレンズ交換式ではないところだけれど、F2のフジノンレンズ積んでもらって贅沢言うのも何かな。実売10万円切ってくれるとうれしいのだけれど…。

#さらに言えば、もちろんこちらも気になる。

ライカ、カーデザイナーによる限定500台の「M9チタン」
~ブライトフレームにLED光を利用

トータルなシルエットはグリップ以外旧来デザインとほとんど変わりないのに、一気に近代的になっているのがスゴい。

もちろん欲しいところではあるが、手は出せない。

「なんだよー、買えよ拝御」とか言われるかもしれないが、「プリウスよりも高い」カメラなんてそうそう買えるかーっ!(22,000ユーロらしい)

低いグレードでも、減税補助金の無いプリウスよりも高いんだぞー!

2010/09/21

気になると気になり始める

次の輪行日記は韮崎偏と考えている。

きっかけは友人との日帰り旅行。もともと、北杜市の桜を見に行くつもりで中央本線に乗ったのだが、Suicaの使用範囲を考えていなかったので、ギリギリの韮崎までと急遽行き先を変更した。

ただ、そのおかげで王仁塚の一本桜に感動し、そこから韮崎を意識しはじめたといいかなんというか。

するとなんか縁を感じてしまうのか、なにかにつけて「韮崎」を意識しはじめてしまう(^_^;)。

特になにも考えずに決めた温泉宿のバスの移動手段が韮崎発のルートだったり、喫茶店のコーヒー豆の焙煎工場が韮崎だったり…って、無理矢理だなぁ(^_^;)。

でも今まで、まったく「韮崎」って知らなかったのよ。読み方さえ知らなかった。

やはりなにかの付合が?(^_^;)ぉぃ

体力に注意

今年の夏は気象庁が正式に認める異常気象な暑い夏。

ただ、ようやっと気温も下がり、そろそろ鵠沼に走りに行くかな…とBSMを引っ張り出してみた次第。

考えてみるとかなり久しぶりのコース。しかし、こないだまでの酷暑に比べたらそれほど暑くなく、快調に走れる気候。風も無く、調子に乗って漕ぎまくったせいか、とうとう70km付近で右ふくらはぎがつってしまった。

左脚にも同様の兆候が感じられ、町田のモコモコで休養するも改善せず、この先トラブルがあっても困るので、輪行にて帰宅することに。

こういう時に輪行を選択できるようにしているので、そういう対応には問題ないと思う。

しかし運動不足か、久しぶりに筋肉使いすぎたからか、うっかり飯を食い損なってエネルギー不足だったからか、ともあれ走行中に脚がつったというのは屈辱だ。

もう少し鍛えなければ…。

2010/09/17

手になじんだカメラ

最近ちょっと日記記事をきちんと管理してないから、他の記事でちらりと書いたような気がするけれど、それがどれだったか覚えていない。

ともあれ、カメラはデジカメであろうと、手になじんだり、いろいろ使ってから、自分の写真が撮れ始めると今更ながらに気がついた今日この頃。

これは相性といった点でも同様ではないかと。


続きを読む "手になじんだカメラ" »

テレビとコミケの脅威

テレビのチャンネルをひねったら、たまたまクマグスに行き着いた。「おさぼりスポット」というのを紹介していて、新橋の「カプセルイン新橋」というところが映っていた。

お昼寝プランというのがあって、昼間5時間千円でカプセルスペースを借りられるらしい。本当に狭いスペースなので、ねっころがっているだけしかできないが。

しかし、iPadとかでアイディア出しとかならねっころがっていたってどうにかなるだろう。水分補給だけ注意していれば、結構いいかも。

しかし平日限定とかではないだろうな?…とホームページをチェック。その際、なにげに先月のニュースを見たら…「コミケのお客様へ」というメッセージが…みなさん、どこまで進出なさってるの?(^_^;)

ああ、でも考えてみればゆりかもめの始発駅か。そらまぁしょうがないわな。


あと、恵比寿駅のエビスビールミュージアムも紹介されていた。グラスビール2杯500円のエビスビールが非常にうまそう。ただ、紹介されてすぐCMが入り、それがキリンビールだった。かなりビビった。

あれ?エビスビールってキリン系列だっけ?と慌てて検索する始末(^_^;)サッポロ系列でした。なんとなくキリンのイメージの方が強く残っちゃったよ。

…やるな、キリン。

2010/09/15

アナログ廃絶運動

そういえば世の大半の人はもう地デジ化したことでしょうね。

我が部屋のテレビはまだアナログです。だからか、上下の黒い帯にひっきりなしに字幕が流れます。例の「地デジ化はもうお済みですか?」ってヤツ。

これが番組の冒頭だけでなく、もう本当に3分おき…いや、もっと短い感覚でずっと表示され続ける、いや、表示されるだけならともかく、動きをつけて流れるものだから、目について仕方ない。

落ち着いて番組なんか見られやしない。放送の内容なんか頭に入りませんよ。もういやがらせのレベル。

地デジ化の周知は必要だと思うけれど、そこまでやるか、というレベルになりつつある。なんかそろそろ、画面一杯にオーバーレイされる日も近いのではないだろうか?

…なんか個人的には逆に反抗心をかきたててならない。なんとかこの画面に慣れてやらねば…。

2010/09/14

音楽・音声の聴き方

【新製品レビュー】
とにかく小さなフル機能音楽プレーヤー。新iPod nano
-ホイールの無いnanoへの戸惑いと期待

今までのnanoから切り離して考えると、結構いいような気がする。

欲しいところなのだけれど、個人的にワイヤレス派なので、Bluetooth対応でないところがもどかしい。そうなると、iPhoneでいいか…という気になってしまう。

まぁ、代わりにイヤホンケーブルを活かしてFM放送が聴けるのだから、それはそれでもよいのではないかと。

むしろ、Bluetooth対応ヘッドホンで、2デバイス入力対応のものが欲しい。iPhoneとiPadと使っているので、両方の音声が一つのヘッドホンで聞こえると、いろいろと有りがたい。そういうのはあるのかな?

調べると、「ヘッドホンだけ」というのでは無いみたいだなぁ…。Bluetooth送受信部だけのユニットでそういうのはあるみたい。ペンダントのようにしてそこにイヤホンをつなぐという…。ただ、それはそれで有線なので、面倒くさい。

うーむ、おいらみたいな考えなニーズって無いものなのだろうか?

2010/09/13

最近のアニメ

最近、これといったテレビ番組は見ていない。まぁ、WBSとか水曜どうでしょうくらいは見ているけれど。あと「嵐」関係のバラエティ番組は結構腹抱えて笑っているかな(^^;)。しかしそれ以外に魅力的なの…というと、思いつかない。

じゃぁ深夜アニメにでも走ろうか…とか思っても、そちらもこれといったのがなかったりする。

まぁ、「生徒会役員共」は楽しんで見ているが、基本的4コマの原作を活かしたショートショートの集まりなので、何も考えず、前後を気にせず楽しめるというところが強いんだろうけれど。いや、スタッフ陣も実力もなにげにスゴい作品とは思いますが。

まぁ、そんなわけであまり世の作品に感動を覚えていなかったのだが、最近ようやっと「ガンダム・ユニコーン」のBlu-rayは別だった。

買ったはいいが、観る時間がなかったのだけれど、ようやっと視聴。個人的にはなんの予備知識もなく、ただAmazonのコメントの評判が良かったので買ってみただけのもの。

ただ、確かに評判がいいだけのことはありますな。ファースト世代にはもうびんびんですわ。シードとか00とかピンと来ない人はこれで取り戻すしかないでしょう。もうお勧めです。

ただ、注意点がふたつ。非常においしいところで「つづく」なので、人によっては悶々とするかも。まぁ、2巻買わせるための演出みたいなものでしょうが。もちろんおいらは確定です。予約しようかな。それでも劇場で買ってしまおうかな(謎)。

それともう一つ。Youtubeなどにすでに2巻の予告が出ていますが、1巻を見終わるまでは決して見ないこと。1巻の重要なトコがあっさり出ています。おいらはあまり損したと思っていませんが、人によっては注意が必要でしょう。

いやぁ、久々に全巻揃えようという気になるなぁ…。

2010/09/11

やっと叶った操作

iPhone4をiOS4.1にアップデート。早速Bluetoothヘッドセットで曲の操作を行ってみた。今までは曲スキップ等ができなかったのだが、今回からはできるようになった。これは便利。

ただ、他社はだいぶ前からできている話で、なんでいままでできなかったのかと小一時間…(略)。

まぁともかく、今まで曲聞く程度の操作でいちいちiPhone本体をいじくっていたのを、ヘッドセットだけでできるようになったのだから、快適に使用させてもらおう。

煤けたコメント

おいらにゃぁ被害も影響もなんもない話だけれど、なんか…


“片思い相手”を自動リムーブ AXEのTwitterキャンペーン、批判受け中断

最後のコメントは、自分で言っちゃぁダメだろう…と思うのだが、世間は違うの?

逆に考えれば、こちらだAXEに対して何やったって、水に流してくれるのか?…と。

2010/09/10

たまーに使う用途

「自転車ルート検索」提供開始

一応、iPhoneでも使えるのかな?

知らない土地では意外と重宝しそう。さっそく試用して使用感レポートを!…といきたいところだけれど、月額315円なのね。

うーん、毎日知らない土地に行く訳じゃないからなぁ…。土日に限っても、頻繁に知らない土地に行くわけでも無し、おいらにとっては意外にコストパフォーマンスが悪いのか?

EZナビには95円/24時間というコースががあってうらやましい限り…。

まぁっでも、別に自転車だけでナビタイム使うわけではないんだよな。電車も最近結構利用するし、検索アプリがあればいいな…ということも。…でも標準のマップアプリでも多少はどうにかなっちゃうんだよね…。

ナビタイムなりのウリってあるんだっけか?(^^;)調べろよ>をれ

2010/09/09

物欲の様子見

Dynabook AZが気になっている。

まぁ前から気にはなっていたのだが、予算がないのでそれっきり。ただ、スタートダッシュ(?)に失敗したのなら、それはそれで情報収集をして下調べをしておくのも良いかと。

で、アプリが少ないのは仕方ない。まぁおいらもそうたくさんのアプリを使い分けるわけでもない。

ただ、バッテリー駆動時間が「意外に短い」のは問題だ。価格.comでは実際の使用感として「4時間」と挙げている人もいる。それはちょっとなぁ…。

iPadが本当に8時間くらい動くことを考えると、最低でも5時間以上は動いてもらいたいところ。まぁ有る意味、PocketWifiと仲良いか?(皮肉)

あとFlash対応。おいら自身はそんなに多用しないんだけれど、iPadが対応していないなら、別端末では対応させたい。しかし現在は対応していない模様。

ただ、ヨドバシカメラの店頭資料だったかなぁ。10月にアップデートしてFlashに対応すると書いてあったような。

ネットの方が詳しい情報書いてあるかな…と大して気にせずに帰ったら、それ以上の情報がどこにもない。店頭資料をもっと詳しく確認するべきだった…。

まぁ、ThinkPadX200sとiPadがあるところに、Dynabook AZが改めて必要か?…という気もするのだが、とりあえず価格面とソフト面の充実度を推し量る意味でも、10月までは様子見といったところでせうか。

2010/09/08

メール障害が発生していたみたい

DTIのメールサービスで3日夜から障害、6日夕方時点も復旧作業中

DTI Cloud Mail障害に関するご案内


・DTI Cloud Mail 障害受信時メールの再配送高速化の施策に関して・

普段はスパムもばしばし来るのに、この土日は静かだなぁ…と思っていたら、こんなことが…。DTIが…珍しいな。

当該時期にメールを送り、なんかおいらからのレスポンスがねーなー…という方はお手数ですが、再度ご連絡をお願いします。

まぁ、重要なやりとりはしてなかったと思う。あとから受信メールが来て、対応してます。…ん?ひょっとすると送信も遅れたのがあるかしらん?

そんなわけで消えたメールは無いというが、こちらから確認のしようが無いしなぁ…。

「おめでとうございます!貴方が当選されました!至急連絡をください」とかいったメールで一攫千金のチャンスを失っていたら、今までのつきあい無しにしてDTIを攻撃しまくるけれど、まぁそういうのはえてしてSPAMだし(^^;)。

…ラブレターとか来てなかったろうなぁ?(^^;)

2010/09/06

サイクルモードに行こう

一応サイクルモードのプレミアムチケットを買ってみた。11月5日に有休が取れるか心配だが、とりあえず小径車試乗しまくって、インプレッションを書きためて、輪行本総集編に活かそう。

しかし、おそらく本来は高価なロードレーサーを独り占め…ってのが主目的だろうに、ひたすら小径車ばかり試乗していたら、奇異な目で見られるのだろうか?(^^;)

血ぃ抜いたろか?

そういえばそろそろ献血に行かなければ。

400ml献血派としては、年3回しか献血できず、しかし血を抜かないと絵描きとか調子が出ないことが多い。

今、iPadで絵描きの訓練をしているけれど、なんか調子が出ない。いよいよ血を抜く時か…と思うけれど、次に抜く時のスケジュールを考えなければならない。管理に注意。

…ある意味、体調管理なのだろうけれど、何か違う気がしないでもない(^_^;)。

2010/09/05

一線を越えられない夏

・走行ルートのそばに、輪行して帰れる鉄道路線が走っている。
・走行コース及びその周りにアスファルトが少なく、照り返しで必要以上に気温が上がっていない。
・風通しが良い。
・起伏が少ない。
・目的地が30km圏内にある。

これら条件を満たすようなコースしか走れなくなっています。暑くて。

ですんで、ここのところはもっぱら青梅までしか走っていません。多摩川CR以外にどこを走れと…。

まぁ、朝早くならどうにかなりそうな気もしますが、眠いので…(^_^;)。

2010/09/03

エンディングノートの必要性

自転車保険をリサーチしている中で、いざというときどこに連絡するべきか、メモしていないことに気がついた。

保険会社に事故を起こした旨、伝える連絡窓口を管理していない。そりゃいかんよ。そもそも保険証書、約款の管理もぞんざい。どこかに一括管理しなければ。


そう考えていくと、そもそも事故の際、おいらが動ける状態とも限らないわけで。そうすると保険の連絡窓口だけじゃない。両親の連絡先とかも記載しておかないと。

…とか考えていたら、てんで「もしもの時」に対応できていないおいらが結構心配になってきた。

そういうときに思い出したのが以下の記事。

「HDDは見ないで消してくれ」と書いておきたい 「もしもの時」に役立つ「エンディングノート」

HDDはともかく(おいらはSSDとかNAS…かな(^^;)ぉぃ)、なんか、こういうのはやっぱり必要なのではないかと。

保険証書、事故の時の連絡先、家族にも必要な情報を…メモ書きでも良いのかな。その他の備忘録として、自転車の盗難登録番号とかも控えておいた方が良いかな?


デジタル管理の方が普段の確認は利便性高そうだけれど、いざというときはアナログな手段も信頼できる。あ、まぁ日頃の運用はデジタルの方が便利か…。

…両方使えばいいのか(^^;)。

2010/09/02

PC環境更新

昨今、メモリの値下がりが激しいので、X200sのメモリを8GBにしてみた。

あっさり認識はしたが、まだメモリを大量に必要とする作業の予定が無いため、すぐには恩恵はない模様。

写真編集など、PhotoShopとBrigeを使用する用途がおいおいあるので、その時にいろいろ便利になるだろう。

もっとも、そういう作業は大画面で、同じくメモリを8GBに増設済みのW500を使えばい良いような気もするけれど、W500はまだWidows7への換装が進んでおらず、さくさくと作業するならX200sの方が良い。

まぁ、いろいろな意味で環境整備がまだまだ整っていないなぁ…というところ。

自転車保険ネタで漫画は描けるか?

自転車保険の話。まだリサーチは終わっていないけれど、話の流れがなぜかできてきた。

結論から言ってしまうと以下の通り。あくまでおいらの勧め方…になってしまうので、これが世間的な「正解」ではない気がするが…。

「独立した自転車保険は衰退しているのであまりアテにしない。
“自分補償”と“個人賠償責任”を理解し、それらをカバーする保険を自分の生保や損保の特約でカバーするのが一番簡単。
しかしそれが無いか、複数の保険でカバーしたい場合、交通災害補償の損保や共済、自転車関連協会の特典としての保険なども加味し、自分補償と個人賠償責任の配分を検討して加入する。
“日常生活保障”をカバーしているクレジットカードなどもあるので、それも確認。
ただし、“業務時は免責”といった補償範囲の確認も必須。自分の乗車スタイルにあった条件を組み合わせること。
自転車の購入時期と連動しないので、購入前、購入後にじっくり検討すること(購入後はマズいか…)。」

これに各解説を載せれば、本としては体裁が整うと思う。

問題はこれをどう漫画に昇華させるか、ということ。

解説だけなら漫画化はできないこともないけれど、やはり自分なりのシチュエーションというか、ストーリーというか、それを感じさせるエッセンスくらいは盛り込みたい。

ただ、そういうのを入れ込む隙が今のところ見つけられない。うーむ、ネタがマジメすぎる(^^;)ぉぃ。

2010/09/01

色々リサーチ中

同人誌の次回作を模索しています。

まぁ、2010年後期版のブロンプトンを調べ、ぶろぽんに反映させろよ…と言われるむきもあるかとは思います。それはそれで調べたいところですが、その他に「今、俺が語らなければなるまい!」…という気にさせるテーマとして、自転車保険が今、おいらの中でマイブームですぉぃ。

これは昨今の自転車乗り急増状況から各自の必要性として、ニーズを掘り起こしておかないといけないでしょう。

ただ、おいらは保険に関してド素人なので、Wikipediaとかで勉強しながら構成を検討している段階なのですが(^^;)。


とりあえずネット上で調べられることで下調べし、会社出入りの生保レディ(資格的に損保もカバーしてる方)にちこっと伺うとか、相談所に無料の範囲で伺おうかと思ってまふ。

ただ、ともかく奥が深いというか、どこに区切りがあるのか見極めづらい。まぁ最低限押さえておくべき所は、自分の怪我だけでなく、相手がいた場合の賠償…ってところでしょうか。


損保の特約、全労済マイカー共済とか確認中。TSマークはまだ調べていない。

そこら辺調べて紹介すれば良いかな…と思っていたら、新聞記事で「クレジットカードの賠償責任保険で払った」という記述を発見。うむむむ、そういうのも調査しなければならないような…。

もう頭がこんがらがってきましたよ。奥が深いにもほどがある。


もっとも、詳しく説明するのが目的ではなく、「初心者に自転車保険の大切さ」「加入する際の注意(マイカー共済に入っているのに、独立した自転車保険にさらに加入しても掛け金がもったいない)」とか、その辺、入口を紹介すれば良いので、詳細はそこから先のエキスパートにお任せしましょう…といったあたりで落ち着かせれば…。

読者にわかりやすく、保険の必要性は訴えて。ただ、自分に適したものを選ぶのには多少の労は惜しまないように…と。


まぁ、一番の目的は、保険をかけること、そのことではなく、事故を起こさないことなのですが…ね。

急いで走れ

コミティアに行ってきましたが、その話は別記事にしたてることとして、そこで見た限り、オリジナルでも自転車を描かれる方がすこーしずつ増えてきている気がする。

世間の自転車ブームというか、人口比率に比例して、絵描きさんも増えるものでしょうか?

まぁ、それはそれで喜ばしいところなのですが、上手い人が増えるとヤバい。

おいらの立ち位置が無くなります(^^;)ぉぃ。


隙間ニーズを狙って「自分が唯一」という立ち位置を確保しないと、どーにも背の高い周りに埋もれて目立たなくなってしまうおいら。なんとか特色を生かす「自転車」というところにたどりついたのに、そこでも立ち位置があやふやになってしまっては次にどこに行けばよいものか(^^;)ぉぃぉぃ。

とりあえずなんとかしてHowtoもの、情報ものとしての本の作成して、そのあたりで追随を許さない印象を作り上げたいところ(^^;)ぉぃぉぃぉぃ。

ただ、他にも自転車がらみでいろいろ考えたいところもあるし、いろいろやっていきたいなぁ…っていうか、いろいろやれよ>をれ(^^;)。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »