2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« もうちょっと使え>をれ | トップページ | iPadで紙copi Net »

2010/08/02

夏コミ告知事項

今度の夏コミですが、以下の予定でサークル参加を予定しています。今回は新刊(…っつーか、改訂版)一つですね。既刊はありません。何かあれば事前にメール等でお問い合わせください。

サークルブース:
3日目(日曜日)東館2ホール U-23a 拝御光房

頒布物(今回は1種類):
輪行日記 ひたちなか海浜鉄道 湊線編 ディレクターズカット版
本文40ページ※水戸コミケ版より10ページ増
イベント頒布予価:500円

#輪行本シリーズはCOMIC ZINで(在庫僅少のようです)、ぶろぽんは和田サイクルで入手可能です。

« もうちょっと使え>をれ | トップページ | iPadで紙copi Net »

コメント

えー、このお盆は先月のリベンジ(370km再チャレンジ)の予定なので、天候が悪くない
かぎりは、残念ながら夏コミお伺い出来ません。(^^;ゞ<まだやるのかよ
ということで、部数に余裕があれば、いつものように1~3部の取り置きをお願いしたく・・・。

いちおう、これで完結編を狙いますというか、自分の中の色んなモヤモヤをいい加減、
一区切りさせようかと。
では、夏コミの盛況を祈念しております。m(_ _)m

うっ、売り子をお願いしようと思っていたのに…(^^;)。

まぁそれはそれとして、在庫確保は構いませんが、…この時期だからと止めても聞かないような(^^;)。

まぁくれぐれも気温と紫外線と車に気をつけてね。意外と光化学スモッグも大敵だぞ。

 俺は行きます。多分行きます。

 でも、こういった系統の催しへの参加は、3月の水戸が初めてだった俺としては、東京のイベントに言い知れぬ恐怖を抱いています。
 
 買う側にとっては、壮絶な戦場だと聞いていますが本当ですか?
 義理も仁義もない自己中心的な世界で、世の中の常識などおおよそ通用しない言動に満ち溢れている・・・・・・と脅されたことがあります。

 体力も相当必要と聞きました。水戸のイベントで疲労困憊しているようでは、行かないほうが身のためですか?

 本当にそうなら・・・・・通販待ったほうがいいのかなぁ・・・・・。

うーん、確かに水戸コミケ以上に体力必要なのは間違いないです。疲労してもう帰ろう…となると、交通機関も大混雑で、そちらでも疲労してしまいますから、なかなか難しいでしょう。

ちょっと時間無いので、もう少しコメントを考えさせてください(^^;)。

コメント考えました。…長くなってしまいました(^^;)Blog記事にするべきだったろうか?。

まぁともあれ、せっかく思い立ったところなのであれば、やはり経験値として行ってみるのも面白いと思います。ただ、混雑の極みですので、人酔い(?)に気をつけてください。

以下は個人的見解でアドバイスになるかなぁ…といったところを列挙してみます。

○事前に必要な物
涼しい服装(風通しがよいのはもちろん、汗をかいても肌触りが不快にならないものとか)、帽子、汗ふき、あれば冷却剤というか…なんか冷える物、あと水分(ペットボトルでも水筒でも可)。日焼け止めもあった方が良いと思います。当然、歩きやすい靴。

カバンは必須ですが、B5以上のものが入るものながら、できるだけかさばらないものの方が吉。もちろん買いまくる人はそんなこと言ってられません(^^;)。

○お勧めの来場時間
国際展示場駅11時~12時くらいですかね。たぶん入場までの列が無いか、あっても少ないと思います。

もう1時間くらい後にズラせばさらにお勧めですがイベント自体を楽しむ時間がなくなってしまいます。

○行列の注意事項
入場列を回避しても、会場内での行列は覚悟してください。サークル前の行列以外にも東館-西館の間の移動行列とか、本人が意図するしないにかかわらず、並ぶところはいくらでもあります。

意外とそこで時間を取られることがあったり、そこが暑かったりしますので、入場前にペットボトルや水筒の中身を確保しておくのが賢明でしょう。

○帰宅の交通機関(TWRの話)
帰りは東雲まで歩くのをお勧めします。Suica(来るときも基本的に必須)とかあれば国際展示場駅改札口をすんなり通過できると思うのですが、ホームでどれくらい並ぶかがわかりません(最近は改善されてすんなり乗れるのかもしれませんが)。

私はここ数年、東雲まで一駅分歩いています。そこから乗ればさすがにがらがらです(^^;)日焼け止めはここで必要になります。

ただ、荷物が多かったり体力に余裕が無ければ、国際展示場駅から乗りましょう。


とりあえずこんなあたり把握しておけば、そんなツラい行軍にはならないと思います。まぁ、「比較的快適に」を目指したアドバイスなので、守らなかったら即体調不良…ということにはならないと思いますが。

第一、開場前の行列って、他では絶対に見られませんからねぇ…(圧倒されますぜ)。上記を守ってばかりでは面白くありません(^^;)。


あ、最低限、カタログの注意事項は読んでおく、というのが決まり事になっています。一般から見れば妙なルールがあるのですが(日傘禁止、タクシーを指定の場所以外で捕まえてはいけない、救急車を直接呼んではいけない…等)、守っていただきたい事項なのでご注意を。

一応準備会ホームページでも同内容を確認できたような…。こちらは遵守願います。

 おおお、こんなに長くアドバイスを書いていただき、ありがとうございます!!

 やっぱり、コツとか覚悟しなきゃいけないことなんかが、いっぱいあるんですね・・・・。
 地元での開催だった水戸コミケのときは気にしなかったことが、目茶目茶あって焦ってます。

 真夏だから、余計に気を遣いますね。人ごみも得意ではないので(田舎者の宿命か)、ここが最大の難関でしょうか。
 飲み物をたくさん配備すればその重さが負担になりそうだし(現地調達は考えないほうがいいと思っています。ATMですら落ちるんでしょうから)、線引きが難しいですね。

 カタログ買わなきゃ入場できないのは、水戸コミケで周知。
 でも、現時点で拝御光房しか眼中にないので、他が全くのノーマーク。カタログで回りたい場所、調べなきゃ(^^;

 まぁ、何事も経験という事で、頑張ってみます。
 ありがとうございます!

あ、1点だけ。本家コミケはちょっと特殊で、入場にカタログは持参しなくても良いです。あれ持って歩くのは至難の業です。

勿論、自ら資料として持ち歩くのは良いんですけれど、マップに書き込みだけして、本自体は持ってこないのが普通です。

まぁ強者は3分冊して1冊ずつ持ち歩いているみたいですけれど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/49037006

この記事へのトラックバック一覧です: 夏コミ告知事項:

« もうちょっと使え>をれ | トップページ | iPadで紙copi Net »