2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« うーん、調子が出ない | トップページ | 素人が意気込んでいたりする »

2010/04/06

盆地に咲く桜

10040603

なんとはなしに、中央本線に乗りました。

というのも、急に「神代桜を見に行こう」という話になったからです。それが山梨県甲府の向こう側なのですが、これが有名なところらしく、渋滞がひどいとかなんとか。だったら自転車でアプローチすれば問題なかろう、と輪行することとなりました。

それはそれでかまわないのですが、特急料金が微妙に高い。だったらのんびり普通列車でも良かろうではないか、と高尾駅から中央本線の普通列車に揺られたわけですよ。2時間。

…あれ、意外と時間かかるなぁ(^^;)。

しかも、本来は日野春駅まで行くべき所なのですが、Suicaがその数駅手前の韮崎駅までしか使えないということが判明。精算も面倒だからそこで降りようということになりました。

とはいえチャージ金額が足りない人が約2名。結局精算払いとかであまり日野春で降りるのと変わらなかったような気が…(^^;)。

まぁそれでも10km程度の自転車工程くらい、急遽増えたところでどうということでもありません。ただ、神代桜の後に寄ろうとしていたもう一つの名所、「王仁塚の一本桜」の方が近いので、先にそちらを見ていこうということになりました。

10040604そこは自転車ならでは、ぶらぶらと走るわけですが、なにげに登りがきつい。いや、きつくはないんでしょうけれど、ブランクがあった身としてはつらい(^^;)。早くもへとへとです。

ただ、その王仁塚の一本桜を見ると、そのロケーションにびっくりです。

10040605

背後に高圧電線があったところで、そのロケーションの良さは感嘆するところです。正直言えば、その後の神代桜はもうどうでも…(^^;)ぉぃ。こういう壮大なロケーション、大好き。

10040606

ああ、パノラマ写真撮っておけば良かった(^^;)忘れてたよ。

ともあれ、桜そのものの写真よりも、ロケーション中心の写真を撮りまくったり、カメラマンとか多いものの、まぁそういう雰囲気を楽しんだり、結構お気に入りスポットかも。

しかし、こういうところに折りたたみ自転車で来ると、よく声をかけられます。私は自転車ほったらかしで歩き回っていたので当事者ではないですが(^^;)、友人はそこを訪れていた地元の方とお話しして情報収集していたとか。

そこで、これから向かう神代桜は有名すぎて来訪者が多く、地元の方はむしろ近寄らない。ただ、その近くに、あまり人が来ない桜並木の名所「眞原の桜並木」があるし、そちらだったら結構ゆっくり楽しめるんじゃないの?といった情報をゲット。

うんうん、ここらへんが観光客でありながら地元の人との敷居が低くできる輪行ならではの醍醐味かも(?)。


10040607そして神代桜に向かう道すがらも寄り道というか、脇目を振って何とはなしに桜を探しつつのんびり走ったり。まだこれっぽっちも咲いていないしだれ桜の名所とかでも、それはそれでおもしろい。

10040608

10040609なにより車が来ない旧道っぽいところを選びながら走っていたので、だべりながら走ったり、地方を走る楽しみでもあります(^^;)迷惑になんなよ>をれ。

ちなみに特に何も考えず最短ルートをたどったら、丘越え(TOKさんから言わせたら丘の範疇に入らないと思うけれど(^^;))ルートになってしまい、それはもう息切れしまくりです。その途上、分岐点で「こっちは別の道で、山奥の温泉に通じる道ね」と指さしたら、なぜか遙か後方の地元の方に「そっちじゃないよー!」と声をかけられたり(^^;)いろいろエピソードが生まれるものです。


10040610ともあれそんなこんなで神代桜にたどり着きました。そちらはなるほど、言われたとおり人が多く、そこら中、有料駐車場です。それもほとんど埋まっています。

確かに地元の人が避けるだけのことはあります。

まぁ、コミケとかの経験があると、混んでいる内に入りませんが(^^;)。皆さん、比較的マナーがいいから、歩くにも写真撮るのにも面倒はないし(まぁ1人2人は必ず立ち入り禁止地区に入ってますが)。

こちらはあまり写真を撮る気はしませんでしたが、主要なところは押さえました。

10040611

いや、むしろ岩魚の塩焼きとこんにゃく団子(だっけ?)が美味かった(^^;)。


さて、それから噂の、知る人ぞ知る「眞原の桜並木」に向かうこととしました。さりげにそちらに向かう看板が設置されてもいましたが、あまり向かう人はいません。なるほど、神代桜よりはゆったりできそうだ。

ただ、問題はその途上が…上り坂。さらに、正面の南アルプスからなぜか吹き下ろしてくる向かい風ときたもんだ。上り坂と向かい風のダブルコンボとの格闘で、かなりキツい行軍です。まだ自転車置いたまま歩いた方が良かったかも(^^;)。

さすがに先ほどのエネルギー消費だけでは足りません。…ってか、心の方が折れました。うっかり寄り道して、看板表示のある喫茶店に寄ることにしました。まぁ、そちら行く方が距離が近いとはいえ、さらにキツい坂道で、のろのろ押して歩きましたが(^^;)。

さすがに観光客も少なそうなところで、むしろ別荘地に来られる方々をお相手にするような、一般客を相手に考えていない喫茶店です。

実際、多くて6人(4人+2人)しか座れない店内。で、すでに2組お客さんが…。

普段だったらじゃぁ別の店を…と丁寧に辞退申し上げるメンツではありますが、本当に心が折れまくっていたので(^^;)、なんとかお邪魔できませんかねぇ…と、震える子犬のような目で訴えたところ(^^;)ぉぃ、ベランダを利用させていただくことになりました(^^;)一応そちらも客席ですよ。なんとか一息つけることになりました。

で、さんざんっぱら向かい風とは書きましたが、そこのベランダはなぜか無風状態で、座っている限りは日差しがぽかぽか暖かく、実にいい陽気です。

風景もさりげに南アルプス連峰が眺められたりと、これもなかなかのロケーション。

それを眺めながらあんみつが美味しくいただいたり(糖分欠乏症だったので、ほとんど「飲んだ」んですけれど(^^;))、さらにコーヒーをごちそうになっちゃったり。いやぁ、ありがたい。実に良いひとときを過ごさせていただきました。

ただ、あまりこういうことをここで書くと、万が一にもご迷惑にもなりかねない(ご婦人が一人でやりくりしているので)こともあるので、あえて詳細は書かない方向で(__)。

10040612でも写真は載せる(^^;)これで、知っている人以外に特定できるものか。あ、生協のアイスを買わなくては(超謎)。


さて、休憩した後は、件の「眞原の桜並木」に再度向かいます。上り坂もだいたい登り終えており、さらに先ほどの休憩でかなり足が軽くなっています。

しかもそもそも桜並木のすぐ近くまで迫っていたようです。さぁ、待望の桜並木にたどり着いてみれば…

10040601

まだ咲いてねーっ!!!!!!

もうびっくりです。どこからどう情報が間違っていたのか(^^;)注:神代桜のあたりはソメイヨシノ、しだれ桜等々含めて全部満開状態です。ちょっと標高違うだけで、こうも季節が違うんですか…。

せめて、糖分だけ補充した先ほどだし、それ以外の食物を補給しよう…としたら、そのあたりの飲食店も食事メニュー終了とか言われてむげもない…。なんのためにここまで来たんだか…。

まぁ、これも旅の醍醐味…(^^;)ぉぃ。

ともあれ、そういうわけで「桜も咲いていない寒さ」の中を走り回ったので、体を温めたいと近場の温泉「むかわの湯」に寄ることに。さすがに下りで楽でしたよ(^^;)。

あと、すれ違う人たちに「この先は咲いてませんよー!」と何度言いたくなったか(^^;)。

いや、一度だけ言いましたが(^^;)ぉぃぉぃ。


ちょっと道に迷いましたが、無事温泉に到着。のほほーんと休憩したり、少し安らぎました。

ここで友人が「ここから日野春駅に向かう途中、有名な崖があるから、それを登って日野春駅に行こう」と物騒なことをおっしゃいます。

しかし、そこはそれ、先導車についていくの法則で、彼にルートを任せます。


…気がついたら国道20号を南下していました。

道を間違えたようです。緩やかに下りに任せてペダルを休ませていたら、うっかりかなりの距離を20号で南下してしまっており、「さすがにもう戻りたくない」ということに。願ったりかなったり(^^;)ぉぃ。いや、誘導とかしてませんよ(マジで)。

あとは20号線を下りに任せて走っていると(下っていると)、気がつけばあっという間に元の韮崎駅です。

ただ、この途上、西側の山脈に太陽が沈みつつ、正面に普段見るのとは段違いに大きい富士山をとらえたまま走るのは、幹線道路とはいえ気持ちの良いものでした。

10040613

やっぱ富士山は日本人の心の支えですな。

ちなみにまたもやその途上、「サイクリングロード」と銘打った河川沿いのそれがあったので、「走るの楽になるかな?」と寄ってみたところ…、

10040614この有様。

何、ここまでの放置っぷり。逆にすがすがしいわ(^^;)。

そんなわけでやっぱり20号をひたすら下りましたとさ。


ところで夕食もそこら辺で済まそうと思いましたが、なかなか良さそうなところが見つからず、地方の疲弊を目の当たりにした気がしましたが、後で繁華街が違うところにあることが判明。若干後悔。

ただ、西国分寺に戻った後、北口すぐそばのビルの地下2階の飲み屋が非常にうまいことが判明し、それはそれで良かった気が(^^;)。

西国分寺近辺に居を構え、途中いなかった時期もあったとはいえ数十年、その店の存在に気がつかないとは…>をれ(^^;)。うっかりかなり飲んだくれてしまいました。無事に帰りましたけれど(^^;)。


ともあれ、考えてみると花見(?)ということをヌキにしても、また取材を兼ねていた旅を除けば、かなり久方ぶりののんびりきままな輪行旅でした。

もっとも、友人がしっかり見所を下調べしていたこともその良さにつながったので、その友人にも感謝です。

いやぁ、それにしても本当に陽気が良かった。まぁ正直言えばコートを着ればかなり暑く、しかし脱いだら結構寒く、だったら脱いで走ってしまった…ら、体が冷えて翌日まで若干影響してしまいましたが(^^;)、それもまぁ良い思い出です(^^;)ほんとか?。

« うーん、調子が出ない | トップページ | 素人が意気込んでいたりする »

コメント

初めまして。
折りたたんで電車で運んだようですが、不便ではなかったですか?

それにしても、気持ち良さそうな場所を見つけましたね。うらやましい。happy01

いやぁ、おかげさまで気持ちよかったです。後悔要素は無いんですが、友人が坂登れなかったのは今になってくるとちょっとかわいそうだったかな…と(^^;)。

ちなみに個人的には折りたたみは問題なかったですよ。

ただ、やはり折りたたんでも大きい自転車は置き場所に苦労しましたが。しかしあのルートをギヤ無しとか小さいタイヤはキツいし…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/48010313

この記事へのトラックバック一覧です: 盆地に咲く桜:

« うーん、調子が出ない | トップページ | 素人が意気込んでいたりする »