2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« いよいよSSD | トップページ | Mac検討 »

2010/03/25

水戸・ひたちなか旅行記(2日目・サークル参加)

10032501
前日、しこたま飲んだ後すぐに寝たからか、すごく快適な目覚め(^^;)。

ただ、空模様が怪しい。雲が厚く、風が強い。

寒冷前線が通過するくらいの事前情報は知っていたけれど、あとで調べるとそれを引っ張る低気圧が爆弾低気圧として発達していたようで、全国各地、かなりな荒れ模様だったとか。


しかしあとで食事時に旅館の人から「風がうるさくて眠れなかったでしょ?」とか聞かれたものの、前日のしこたま呑んだ酒で寝ていたので、てんで気になりませんでした(^^;)。

ともあれ、なんとはなしに気になってiPhoneで電車の運行状況を確認したところ、いろんな路線の遅延が発覚。中央線だけでなく常磐線も…常磐線!?東京から人が来れるのかしら?

いや、その前に俺らが行けるのか?

朝食ついでに旅館の人に聞いてみたところ、早速湊線に電話してくれた。結果、「常磐線も遅れているとはいえ動いていますし、湊線は定刻通りに動いているそうですよ-。湊線って結構強いんです」とのこと。おみそれしました。

10032502で、美味しく朝食をいただきました。やはり朝食は一日の活力。美味しい物を出してくれそうな所…と宿を選んだのですが大正解。思惑通り干物と納豆が出てきましたよ(^^;)。もちろん美味い。干物も新鮮。

ゆったりと朝食をいただきながら、しかし早速8時に移動開始。(ちなみにこっそり朝風呂にも入っています)

宿を出る際、風は生暖かく、そこそこ強いものの雨は一旦やんでいるようだし、今の内に移動!…と思ったのですが、宿を出てしばらくすると一気に豪雨と強風が!傘があっても役立たず、気温も一気に低下。ずぶ濡れになりながら冷えた体で駅のホームになだれ込みました。

駅に着くとしばらくして天候も落ち着き出しましたが。…俺らを狙い撃ちですか?

湊線は確かに定刻通り運行中。しっかり勝田につきました。


常磐線は遅れているため接続は悪く、本来は「普通」に接続するはずでしたが、最初に来た列車は「特急」。うーん、特急料金が要るような…。ただ、一駅くらいなら車掌チェックとか無いだろうし、ちょこっとズルしちゃうか、うひひ…と思ったら、水戸駅のホーム出口でしっかり特急チェック改札口が…。500円取られてしまいましたぉぃ。

むぅ…、そんなホームがあったとは…。前日の特急に乗ったときは、普通のホームに到着したくせにー。


さて、駅前。列車遅れのせいか、来訪者が少ない感じが…。ただ、前日の街中よりは人が多い印象です。

今日はサークル入場なので専用入り口から、待機列等を見ずに入場。どんな様子だったのだろう?

で、サークルスペースはなぜかお隣が設営関係者だったり(^^;)謎。また同じフロアには友人のpapaさん(正確にはpapaさんの奥さん)が出店。うーん、そちらも相変わらず活動的ですね。

ところで今回、サークル参加スペースに余裕がありまくり。かなり楽に運営できました。「折りたたみ自転車、飾ればいいのにー」というくらい広かったので、その点で後悔の念が…(^^;)。

ともあれ、サークル出店準備を行いました。今回はお祭り的なイベントというものの、あまりそういうことに慣れていないので、通常の出店と一緒。それでもなんかやらないとなー…と思ってあとでお客に団子を振る舞おうとして、本が汚れるじゃん的な指摘を受けて「ああ、しまった」と思うくらい、板に付いていない運営です(^^;)。

まぁでも売り子のtoMoさんが持ってきたワインをスペースに置くくらいの違いはありました。

ちなみに準備中、イバライガーが陣中見舞いに来てくれました。すげーなイバライガー。なんか撤収も手伝ったとか。どこまでヒーローなんだ、イバライガー。


さて開場。いつも通り拍手で始まりましたが、皆さん一度6階まであがり、それから降りてくるのでしばらく静か。うっかり数百冊を刷ってきた身としては早くも後悔。一応平静を装いつつ、あまった本をどの部屋に置こうか、いや、破棄して帰ろうか思案してました(^^;)。

ただ、1時間過ぎたあたりからちらほらと来場者が現れ始め、新刊をお買い上げいただきました。

新刊だけでなく、既刊も意外に人気で、新刊ほどのペースではないにせよ輪行本セットから売れていくのはびっくりしました。2千円するのに。うーん、つまりご新規さんということですね?

普段、ミリタリ・旅行ジャンルといったところにいるのですが、そういうジャンルは来ない人は来ないんですよね。ただ、今回はそういったジャンル的な敷居が比較的無く、全部見て回る人たちも多かったのでしょう。そこで、普段このジャンルに来られない方達がおいらの本を発見した…ということではないかと推測しています。それだけでも、裾野を広げたという意味でも今回のイベントに参加した甲斐はあったかな。

もっとも、まさか既刊にそう注目を浴びるをは思わなかったので、30セットくらいで打ち止めでしたが。


ただ、おかげさまで新刊もご好評いただいたようです。

また、差し入れもいただきました。メッコールにはびっくりですけれど、うめてんてーの梅酒までいただけるとは思ってもいませんでした。さらには日本酒一升瓶とかお菓子等々いただきました。どうもありがとうございました_(__)_。

さすがに一升瓶はすぐには飲めませんが(^^;)下戸、家に送ってちびちび、あるいは人と飲んだりさせていただきます。


終わってみれば幸いにも採算ラインもクリアさせていただきました。今回のイベント的にはお祭りだし、赤字もかまわないと思っていたのですが、在庫保管場所が無い方が問題で(^^;)、しかし今回はそれもクリアでき、ほっとしています。

逆に冊数多く持ってきて頒布にあくせくしてしまってあまり交流が無かったかも…と若干後悔するところもありますが。冊数を少なくしてその分交流を出来るようにしておけば良かったかなぁ…と。しかし、より多くの人に湊線沿線を知ってもらうためには数も必要だったのでは…と思い直しています。

なにより、地元と言われる方にもお買い上げいただいたり、そちらからのご感想もいただけましたので、やはり充実していました。


ちなみに中夜祭には行かず、ぱあっと打ち上げにしようかと。

また宿で海産物という手も有りましたが、せっかくなら水戸近辺で…ということになりました…というか、してました。

実は前日、打ち上げをどこで行おうかアタリを付けようと街中を下見し、駅前東照宮近くの通りに飲み屋街を発見。当日、開いている店でどこが良いところを…とうろついていたところ、カウンターが覗けるBARのマスターからの熱烈視線を浴びつつ、しかしその向かいの「T's BAR」というところに入りました。toMoさんの美味いものレーダが反応したらしいです。

詳細情報:イバコレ T`s四季菜楽bar<ティーズシキサイラクバー>

これが大当たり。元々燻製好きなtoMoさんがメニューに惹かれたわけですが、お酒もうまい。木内酒造中心に取りそろえている飲み物に関しては、お酒が量飲めない身としてもソフトドリンク以外にビネガーも用意されてあったりと、なかなかバラエティに富んでいたり。

しかもなかなか安い。マスターがお一人で経営しているのか、また野菜を地元の自分のところで収穫できるのを使ったり、色々工夫されているのかもしれません。色々楽しんで一人あたり5千円を超えないあたり、味覚的にも懐的にもオススメです。

唯一気をつけていただきたいのはカウンターバーになりますので、テーブル席とかありません。少人数でいらしてください。女性にも優しく、ゆったりした時間を楽しむお店です。あるいは一人で来店してもかまいません。一人で来られるリピーターさんも多いそうです。

さて、そんなお店で、「打ち上げ」というよりはしっとりとした呑みで、しかし無理にテンション上げないのも肩肘張らずに良いなぁ…と思いながら店を出たら、どこからかおいらの名前を呼ぶ声が…。見ると、先ほど、熱烈視線を浴びた向かいのお店から…

papaさんが…。

なんでそこにいるねん!?と聞いてみれば、打ち上げの二次会らしい。なんでも前日、水戸の打ち上げをどこでやろうかと下見をして、ここら辺にアタリをつけていたらしい。

…同じや!行動パターンが同じや!

実はT's BARで呑んでいる最中、急にドアの付近に気配を感じ、そちらばかり気になる時間があったのだけれど、それかっ!

papaさんとは設定上、「兄弟」となっているのだけれど(超謎)、まさかここでその血のつながりが証明されるとは…(爆謎)。

再会を祝して俺らも二次会に突入したいところだったけれど、もう一つ重大任務があって、輪行日記を那珂湊にいらっしゃるひたちなか海浜鉄道の吉田さんにお渡ししなければなりません。翌日だと那珂湊寄るの難しいし。また、2日目ももう20時なので、湊線の終電に間に合わなくなる可能性も…。

後ろ髪を引かれながら飲み屋街を後にしました。まぁ、寒かった…ということもあるけれど(^^;)朝方比較的暖かかったので薄着で来ていたのよね(一応厚着用インナーも用意していたけれど、おっつかなかった)。

ちなみに水戸駅に来るともう8時過ぎだというのにまだ特急のダイヤに乱れで混乱していました。1時間遅れという列車もあったようです。
どんだけ悪天候だったのだろう…。

ただ、勝田に行く普通は問題なくダイヤ通り。那珂湊にもあっさり到着。ただ、吉田さんはもう帰宅後で、他の方に輪行日記をお渡しして任務完了。ちなみにこの際、初めておさむくんにもお会いできました。でも寒くてあまりじゃれていません(^^;)。

ちなみに那珂湊に降りてしまうと、平磯に行く次の列車まで30分待ち。那珂湊駅は待合室があるのでそれ以上寒い思いをしなくて済みましたが、なんか雰囲気的にやかんを置いたストーブが欲しかったなぁ…(^^;)。

宿に着いたのは21時半過ぎ。冷えた体を大浴場で温めて、コーヒー牛乳飲んだりして早めに就寝しました。…なんか健康的なサイクルが続いているような…(^^;)。

« いよいよSSD | トップページ | Mac検討 »

コメント

すみませんね。次の日もあったので。
ストーブ、そうですね。待合室寒いし。
(吉田)

こちらこそお待たせしていましたらすみません。うっかり水戸の美味しいお店につかまってしまって…(^^;)ぉぃ。

ストーブはあくまで画的なイメージを挙げたもので、勝手なこと書いてすみません。

でも実際あったら、東京の人間としては結構寒かったので、やはりストーブがあると安心できますし、なんか地元の人と一緒に一カ所に集まって、話が始まるような気が…。

とはいえ地元の方は時刻表にあわせて駅舎に来られますし、あまりそういうタイミング無いかもしれませんね(^^;)。

でもそういえば、干しいもって炙るとめっちゃおいしくなるとか?観光客としては周りで仕入れた干しいもを列車待ちの間にちろっといただくのもありかなー…なんて。あ、でもストーブは「炙る」とは言わないか(^^;)炙れるストーブだったら危ない危ない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/47901608

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸・ひたちなか旅行記(2日目・サークル参加):

« いよいよSSD | トップページ | Mac検討 »