2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« デジタル機器はトラブルだらけ | トップページ | 宿も決まらないうちにイベント後の話 »

2010/01/18

冬の草津の魅力

ええっと、草津ネタでその他。

●町湯をまだまだ発見!
貧乏な身としては、安い宿に入りつつ、安い湯にも入りたい。そんなわけでついぞ町湯によく入るわけですが、本来町民が入るその施設、いろいろなところに点在しています。

きちんとマップを調べて攻略していけば漏れなく色々な湯に入れるのでしょうが、性格的にぞんざいな身。適当に散策して見つけた町湯にぶらりと入る…といったことをしています。

10011801_3そんなもので、未だに新しい町湯を発見してびっくりしていたりします。

まぁ、まだ数度しか足を運んでいない身としてはまだまだそういう新鮮なオドロキを楽しんでいますが、もう10回以上草津に来ているベテランの友人はそんなことあるまい…と思っていたら今回、彼も知らなかった町湯を発見。…どんだけ…(^^;)。


ちなみに、地元の方とお話しする機会があったのですが、「どうせ楽しむなら、源泉の泉質に近い白籏の湯と地蔵の湯が良いよ」と言われました。いずれも湯畑に近い人気スポット。なかなか入れる機会が無いですが、「平日の昼なら空いてるよ」と言われ、友人の心が動いてました(^^;)。


●死の川復活に賭ける人々の熱いドラマがそこにっ!
あおり文句は派手に(^^;)。

西の河原から大滝の湯までたぶん川が流れています。確かそう通じていたはず。「湯川」と呼ばれるその川はその名の通り、水温が高く、冬期でも凍結することがありません。

10011802_6そんな川が流れていたんだ…ってことに今回気がついて近くを歩いたのですが、途中大きな施設が川に隣接しており、そこから白い排水が垂れ流されていました。

10011803_2なんと!このエコな時代な昨今、あらかさまにそんな水質汚染を行うなんて、なんてことを!おまけにその先でトラックに積んだ廃棄物をダイレクトに川に捨てるなどしています!まさにそこから先が「死の川」になっている有様!この忌むべき行為を断罪すべく、ここに告発するものであります!


10011804_2…というのは真っ赤な嘘(^^;)。行為そのものは間違いないものの、「白い排水」というのは石灰をまぜた水のことです。

考えてみれば泉質が酸性の草津温泉。それが川に流れりゃ当然川も酸性になり、水中生物が一切住めない水質です。そこで石灰を混ぜることによって中和し、以降の川の利用に問題ないように処理しているわけです。「そこから死の川」ではなく、「そこまで死の川」なわけですよ。

中和による沈殿物の川底への固着により、異様な色に変化している川底がびっくりしますが、まぁそういうことのようです。

10011805_2なお、トラックの積み荷の川への廃棄ですが、要するに雪です。除雪した雪をトラックに積んで、お湯な川に流しているだけです。まぁすぐ溶ける。

まぁ一番びっくりなのは、そういうトラックがひっきりなしに来るために雪が固化されてアイスバーンになっている路面上を、抜群のドライビングテクニックで川すれすれに停車させてスピーディーに雪下ろし、去っていくトラックですよ。かっこ良すぎ&ワイルド。


●美味い物がそこかしこにっ!
あまり宿泊にお金をかけていない昨今、食事も安く済ませてはいます。要するにあまり酒盛りをしないようにしているだけのことですが。

とはいえ、美味しいものも食べてみたい。とりあえず昨今のヒットとしては、某常宿近くのとんかつ屋です。草津まで来て何をとんかつか…と言われるかもしれませんが、美味いんだからしょうがない。その先のバスターミナル近くの某蕎麦屋も丼物とか蕎麦の揚げ物とかが美味かったり。

今までの個人的知識ではそれくらいまでなんですが、今回は(まぁこちらもとんかつ屋も)湯畑横の生姜焼きを堪能。美味しかったですね。普通イメージする生姜焼きとは違って肉厚なんですけれど、それがまぁ美味く柔らかく仕上げているので美味い。ちっと脂身が多かったのが個人的にはマイナスですが、味付けは抜群なので、今度は酒の肴に食ってみたいです(今回は原稿があったので禁酒)。まぁ、他の酒の肴も美味そうなので、それらの後の締めでも良いかもしれませんが。

10011806_2あと、先の記事にもちらりと書きましたが、マッサージを受けに行く途中で見つけた「どんぐり」という洋食屋がヒットです。久しぶりに美味しいものレーダがびんびんに反応しました。

本当に偶然見つけた、事前情報のないお店なのですが、客の入り具合、駐車場の埋まり具合、出てきた客の評判からこれは結構良いお店なのではないかと。友人と一緒に行ってみたところ大正解だったようです。

ハンバーグも美味しかったですが、付け合わせのポテトサラダも結構質が高く、抜け目ないな…と。

また是非行きたいところですが、場所が非常にわかりにくく、住宅街のど真ん中です。車でも行きにくいんじゃないかな?まぁ、夜に予約を取って、ゆったり洋食とお酒を楽しみたいところです。


●たぶん草津とは関係ない話
草津でペンタックスK-xを持っている人を見ました。

それも、「コレジャナイロボカラー」の!!

びっくりです。100台限定販売ということで世間で目にすることはもうあるまい…と思っていたのですが。…ってか、そもそもコレクションアイテムだと思ったのに、しっかり使われているあたり、ペンタックスもザリガニワークスも本望でしょう。端から見た私も本望です(^^;)。

ちなみに使われている方は見た目、セレブっぽかったです。そういう方が持つと…、皮肉抜きに似合います。ちっ。(^^;)ぉぃぉぃ

…勇気を出して、写真撮らせてもらえば良かったな(^^;)。

« デジタル機器はトラブルだらけ | トップページ | 宿も決まらないうちにイベント後の話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/47324007

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の草津の魅力:

« デジタル機器はトラブルだらけ | トップページ | 宿も決まらないうちにイベント後の話 »