2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« はらはらどきどき | トップページ | やっぱり荷物は小さく、軽い方が良いね »

2010/01/30

話題沸騰のアレ

すでに、「買うんでしょ?」「持ち歩くんでしょ?」と言われているiPad。

iPhone使っているからか、同列のアイテムを持つんだろうな…と周りに推察されているのでしょうか?

とはいえ現時点では自分でもどうするか、わかりません。

デバイスが良い・悪いではないんです。どう自分に使えるかどうか、なんです。

基本、おいらにとってはPCはクリエイトツール(CGツール、エディタ等)。ついでにビュワー(ブラウザ等)になるという位置づけ。別にビュワーなんかついでだからおまけだよ…ということではないけれど、せっかく「PC」を使うなら、他のデバイスでできないことを担わせなければ、ということ。

そんな作業はできるだけどこでもできるようにしたいわけなんだけれど、可搬性を伴うに従って当然筐体も小さくしなければならないし、機能を絞ることになる。取捨選択をしつつ、しかし自分の「一部」の用途に合致するよう仕様を選定していく。

で、ともあれクリエイト機能を切り捨てて、ビュワーまで絞り込んでしまうなら、超お手軽に扱えるデバイスでないとだめ、ということになり、それがiPhoneにあたるわけですよ、私の場合。まぁちろっとテキスト入力できるので、非ビュワー的な扱いをしないわけではないですが。

しかしメインの用途は常に肌身離さず持ち歩き、コンパニオン的に情報を引き出して使用することであり、メモ程度に使うにしても、iPhoneだけでクリエイト作業をするものではない。でもそれで充分使える可搬性を優先するわけですな。

逆に考えると、それより大きな物なら、ビュワー以外にも使えないとね!ということになるんですよ。

そこら辺、iPadはどうなの?ということになるのですが、いまいちまだ日本でのビジョンが見えないわけですな。

ま、(おいらにとって)画面(画素数)が狭いのは気にしません。iPhoneやMacでそこら辺はあまり問題ではないのはわかりましたから。

ただ、エディタ機能を考えると、ソフトウェアキーボードを表示させるとさすがに文字表示範囲が狭いのではないかと。長文入力をするときは結構前後を気にして入力するので、iPhoneだと使えないんですよね。せいぜいメールどまり。

なので外付けキーボードが用意されているのは評価できますが。

まぁ、必ず外付けキーボードが使える環境でしか使わないと言うわけでもないですし、そもそもソフトウェアキーボードでもiPhoneよりは文字表示範囲は広いはず。いっぺん試用してみないとね。


個人的に一番期待したいのは、雑誌の電子ブックとかに使えないのかと。

ビュワーじゃん!…とか言われそうですけれど、個人的には最近雑誌を資料に購入することが多いので、データベースとして見ています。Web上の同様の情報よりも整理整頓されていて見やすい。それを考えると作図とかシナリオ作成のデータベースとして活用したいのですが、しかし紙ベースだと言わずもがな、かさばって不便です。

バラしてスキャナで読んでPDFにするという手もありますけれど、OCRもちと不安ですし、なにより在庫はともかく、新規購入雑誌をその日の内にバラすのはまだ抵抗があります。

最初から電子化されていれば、検索性も含めてかなり利便性が高いと思うんですけれど、どうでしょう?(そういえば電子ブックを語る際、あまり検索性能がどうこうという話を聞かないんですけれど)

一応日本でも雑誌の電子化は試行錯誤されているようですけれど、なにげに利権がらみ(著者の方ではなく)というか、既得権益やらなんやらで、当面望めなさそうですけれどねぇ…。何冊もの雑誌コンテンツを1kg未満のデバイスで持ち歩けると、非常に良い未来が迎えられるような気がするんですけれどねぇ…。正直、デバイスは問わないので、iPadでなくても良いんですけれどね。あ、でもまぁ、カラーじゃないとイヤか。


あとは家庭内でのなにか新しいデバイスにはならないですかね。

雑誌ビュワーもそうですけれど、写真とかビデオとかのライブラリにアクセスして一括管理、というのは現状でもできるわけですから、それの発展系…たとえば、それで別室の電源管理とか、インターホンとか。別に家庭でなくてもかまいませんから、何かの集中管理のコンソールとかね。

まぁともかく、ネット検索のビュワー以外の用途を、iPhoneよりも利便性高く、PCよりも簡単に扱えれば、色々使いではあるんでしょう。


しかしそもそも当面先の発売。それに発売になってもすぐ手に入るかわからない(個人的にはPocketWifi接続で、3G非搭載モデルで良しなので、Wifiのみモデルだったら早めに出るみたいだけれど)。

そういうのに気を取られるのは好かないし、当面は忘れてましょう。もっと気を遣わなければならないコトの方が多いんだし(^^;)。

« はらはらどきどき | トップページ | やっぱり荷物は小さく、軽い方が良いね »

コメント

アレ? 出先での、お絵かきに使うんじゃないですか? ^^;;;

たぶん指ではお絵かきできないと思うんだよなぁ。スケッチ程度ならまだしも。

おいらの場合、スケッチと言えば資料というか、メモ代わりになると思うんだけれど、それだったらデジカメ使うところだし、だったらiPadにもカメラを内蔵して欲しかったところ。

しかしあの筐体にカメラ備えて構えるのは至難の業のような(^^;)Webカメラで対話に使うならともかく。

一般にも週刊アスキーのAMラジオの
福岡氏すら触れていない、未公然の
事実を公式のトップで見て愕然。

あれそのまま、同ハードウェア?!。
SDK同じって事はAppstoreに上げるのも落とすのも
個々のモデルで適応するかは別として同じって事。
単純に画素数上がって、その分の表示とか
入力座標のとかは機種ごとにOSで吸収
というか、誤魔化せる範囲で行くと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/47419169

この記事へのトラックバック一覧です: 話題沸騰のアレ:

« はらはらどきどき | トップページ | やっぱり荷物は小さく、軽い方が良いね »