2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 年賀状の作り方 | トップページ | ポラロイドの行方 »

2009/12/09

ファインダーを覗いているときには気がつきませんでした。

ちょくちょくネタにさせていただいていますが、EOS Kiss X3を手に入れました。せっかくレンジファインダーともコンデジとも違うカメラなんだから…と、タムロンの18-270mmの高倍率ズームも手に入れました。(あ、キャッシュバックに応募しなければ)

重量が増しましたが、まぁなんとか腱鞘炎の手でも持ち歩ける重さです。そもそも両手で使いますし、なんとかなるでしょう。高倍率が必要無く、軽さが重要なとき(室内撮影のみとか)は標準装備に戻せばいいわけで。

で、その高倍率ズームと手ぶれ補正、さらにはX3のDIGIC4による暗所ノイズの低減により、かなりな範囲、なんでも撮れる…といった感じです。正直、画質はM8に慣れた身としては「うーん」とうなってしまいますが、撮りたいシーンを撮りたい画角で撮り逃さない方が重要事項なカメラです。

なんつったって、光源さえあれば撮れちゃうわけですからね、すごいもんですよ。もちろん手ぶれ補正が付いているとはいえ身じろぎしない気合いが必要になり、それでも数枚撮っておかないといけないわけですが、内1枚くらいは撮れちゃうんだからたいしたものです。

おかげで普段写らないものまで…。

例えばこの写真です。

09120801

なんてことはない写真です。夜間に高倍率で撮ってます。まぁ、手ぶれってしまいましたので、削除しようと思っていたのですが、ふと手ぶれ確認中に、妙なものが写り混んでいることに気がつきました。右の人物の右部分です。

09120802右が該当部分のアップ(原寸)です。緑色の線が写っていますね。なんでしょう?

ノイズかな?いや、CMOSについたゴミかも、とも思いますが、ふとこのシーンを手ぶれ対策に数枚撮っていたことを思い出し、他の写真も見てみました。

09120803

09120804

09120805写ってます。しかも光跡が違う。固定されたゴミではないですし、ゴミで出てくるノイズでもありません。何か虫が飛んでいるような感じです。

09120806しかし、周囲と色が違います。普通に虫が飛んでいたなら、反射して光跡となるでしょう。だったら同じ光源の色になるはずですが、しかし周囲とは明らかに色が違います。自立して光っている?蛍ということでしょうか?

…ですが、ここでぶっちゃけます。これを撮ったのは高野山です。てっぺんとはいいませんが、宿坊がある、ふもとからバスで1時間くらい登ったところにある宿坊近くのお寺です。標高が高いんです。その上この時期です。

気温が10度を下回っていたんです。

高野山に蛍がいるのは場違いではないようです。ただ、あまりにも季節はずれすぎます。コートを着込み、ともすればすぐにレンズが曇ってしまいそうな環境です。羽虫の出現も疑ってしまいます。

一番簡単な回答は蛍です。しかし環境がその存在をかなり疑問視します。ならば何だったのか?先にも書いたとおり撮影した場所は高野山です。霊見あらたかな場所です。正直、この画像に恐ろしさを感じません。その光の色におだやかさも感じます。…そういった類のものでしょうか?

« 年賀状の作り方 | トップページ | ポラロイドの行方 »

コメント

おじいちゃんが持ってるレーザーポインターと思われます。
最近、夜間の散歩をされる方の中には他者への注意喚起のために懐中電灯やら光るグッズを身につけている人がいますよ。その一種じゃないですかねぇ。

うーん、可能性は否定できませんね。他社への注意喚起というか、伴侶への指し棒代わりというか。「ほら、あの欄間の…この辺が手彫りで…」とか。

ただ、印象としては違うような気が。本当にそうならおいらもその場で気がついていたと思うし。

おいおい別記事で検証してみたいと思います。

昨年の夏、高野山の宿坊に泊まりましたが、あのゴマ豆腐だらけの精進料理にはさすがの私も閉口しました。
しかし高野山のあの雰囲気は良いです。また行きたいものです。
更新、期待しています。願わくば、もっときちんと絡みたいものです、2010年は。

今月号の学研ムーにこの手の写真を研究した人の特集が載っていました。書店へゴー(笑)。

でもこれはレーザーポインターじゃないと思います。だいたい夜間レーザーポインター点けて振り回したら危険ですよ。

ムーはそういえば最近見てないなぁ…。昔は立ち読みとかしていたのに(^^;)ぉぃ。ちょっと探してみますね。

あと高野山の精進料理は実は結構性にあったんですけれどね。…歳かな(^^;)。でもおかげで若干スマートになりました。1週間続けて間食無しに過ごすと、デトックスあわせて結構良いような気が…。なかなかそういう機会を作れそうもないですが…。

あと更新…。申し訳ないです(__)。利き腕が1本しかなくて…ぉぃ。ちゃんとやりたいんですけれど、なんかもう、いろいろやりたいことがわき上がっちゃって…(^^;)順番にやれよ>をれ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/46966860

この記事へのトラックバック一覧です: ファインダーを覗いているときには気がつきませんでした。:

« 年賀状の作り方 | トップページ | ポラロイドの行方 »