2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« デジカメ使うなら | トップページ | いや、ハマらないよ?(^^;) »

2009/12/02

小径車考

いや、これも論法がどうこうという話ではなく、昨今の小径車について、ちょっと個人的に考えてみよー…ってだけのことです。


えっと、ここで紹介されている5linksという自転車。

心外かもしれないが、折りたたみ構造のイメージ的には、ストライダに近い。ストライダはストライダで折りたたんだときの収まりが、図体こそデカいものの、まとまりが良くて扱いやすかった記憶がある。しかし自転車スタイルは特異で、それを面白いと見るか目立ちすぎると引いてしまうかの違いがあるのかな。

5linksはその点標準的な自転車スタイルに収まっているところがポイントなのだろう。おもしろみが無いといってしまっては失礼だが、多段化は難しく無さそうだ(いや、リアディレーラーで悩むか?でも和田サイならノウハウ有りそうな気が)。

通常の自転車用のオプションもいろいろ流用できそうだし、昨今単線単車両輪行をよくする(…つっても、湊線だけだけど(^^;))身としては、フットプリントの小さい車両という選択肢が増えてくれたのはありがたい。まぁ、重心高そうなので、車両中では目が離せなさそうだけれど(^^;)。

ともあれ、奇抜というか、個性的なデザインが好きならストライダ。しかし折りたたみ時の扱いやすさを含め、標準的な自転車乗りこなしを想定しているなら5LINKS…といった選択肢になるのだろうか。


シングルスピード考でも書いたいさみやの小径車シングルスピード。これについて上り坂が楽という書き込みを発見した。

そういえば小径車の弱点の一つに上り坂に弱いという点が…あったよね?俺だけじゃないよね?(^^;)意外と大変だよね?唯一、坂道発進は楽だけれど。

26インチのピストで走った際は上り坂が大変そうと思っていたが、意外とスピードに乗りさえすれば後は楽だった。さすがに坂道発進は大変だったけれど。

小径ピストはひょっとすると、そこらへんがうまく改善されるのか?

« デジカメ使うなら | トップページ | いや、ハマらないよ?(^^;) »

コメント

小径車は上り坂弱くないですよ! むしろ強いはず。
駆動輪が小さいので、その分トルクが出るはずだからです。

ロードよりヒルクライムのタイムが遅いのは
・小径車の車重の重さ
・レーススペックでない小径タイヤ故の転がり抵抗
・緩斜面区間での高速性能の不利
だったりするので、小径だからという理由ではないと思います。

タイヤが左右に並ぶか上下に並ぶかって違いはありますが、
5links の折り畳みコンセプトは、Carry-me/LGS-CM とほぼ同じだと思います。

http://www.style-yokohama.com/items/cm_folding.html
http://www.youtube.com/watch?v=Pdjtv5JLdqA

Carry-me で輪行通勤してますけど、フットプリントが小さいのは凄く便利ですね。少しぐらい満員でも気にせず電車に乗れます。

それに、慣れると、15秒ぐらいで折り畳み・展開できるので、コンビニのちょっとした買い物とかでも店頭で畳んで店内に持ち込んだりとか。

メンテ上は、チェーンが普通じゃないとか、改造素体にはしにくいんですけどねぇ…

10月に5linksを試乗してみたんですが、antに負けず劣らずよく走りますた。
antよりも直進安定性高いかも……

ディレーラーはインター8が組み込めます。ちゃんとシフトケーブル用のガイドもありました8(笑

折りたたみ方法はストライダのほうがわかりやすいけど、ギミック的には5linksのほうが面白いかもです。

専用の輪行カバーも(こちらは話を聞いただけ)、長い布をラップのようにぐるぐると巻きつけるようなものがあるとか。

おまけにどうでもいいかもしれない話:5linksの設計者は歯医者さんらしいです。

俺だけか…>小径で登坂苦手。まぁ思い出してみりゃぁ、小径車同士でサイクリングしてても、登坂で時間かかってるの、俺だけだしな(^^;)。


5linksは関戸橋に来ていたみたいですね。ちょっと乗ってみたかったかも。まぁ、サイクルモードでなんとかなるかな。

内装ギアはそうか、入りますか。ただ、これで8段というのもオーバーな気も…。インター3くらいでちょうど良かったりしないかな?

まぁなんか、うちのブロンプトンと競合しないように考えているわけでもないですが(^^;)買うというわけでは…。

5linksの何が良いって、フレームのなまめかしい曲線と、折りたたみ機構のこれでもかってメカニカルさ。そのギャップがなんとも言えないわけですが、ただそうするとフロントチェーンリングのデザインがちょっとなぁ…って感じですね。デザイン的ないじりどころはそこかも。

なんか良いパーツ、ないですかな。なまめかしいか、メカニカルなどちらか。

インター8が入る、という事はエンド幅は135mmなのですか!? 普通のシングルギヤ車は120mmなのでインター3が限界なのですが・・・。
少なくとも、リヤのリムが28穴なのでインター3化は問題なさそうですね。会社が杉並区にあるのは伊達では無いようです(笑)

和田サイクルでは早速3段化してましたね。あいにく雨が降っていたときに来店したので、試乗はできませんでしたが。

うーん、しかしなんでこう5linksが気になるのだろう?(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/46916593

この記事へのトラックバック一覧です: 小径車考:

« デジカメ使うなら | トップページ | いや、ハマらないよ?(^^;) »