2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 寒くてたまらんっす | トップページ | ただならぬ世の中 »

2009/12/22

サイクルモード2009・お役立ち情報編

お役立ち情報というか、仕入れた情報編…とったところです(^^;)。

自転車本体ばかりに目を向けているだけでなく、その周りのサービスにも目を向けておかないと、自転車ライフも充実しないってなもんです。

自転車大好きマップ
サイクリングコース等各種情報が掲載されたサイトらしいです。詳しくは調べていないです(^^;)。

ただ、パンフの中には「自転車店が探せる」とも書いてあり、これだけでもめちゃくちゃ重要では?ちょっと後で調べてみよう(^^;)調べてから書けよ>をれ。


BTB(コーワ株式会社)
09122201段ボール製輪行箱をセットにした自転車運送サービスの提供のようです。

おいらが宮古島に段ボール輪行した時は、某自転車屋さんにお願いして自転車製品を梱包してあった段ボール箱をいただき、それに自転車を詰めて「その大きさの段ボール箱の荷物」として運送屋さんに運送してもらいました。

過去の経験を記事にしてありますので、そちらも参照のこと。だいぶ時間が経っているので比較対象には出来ないけれど(^^;)。

そちらにも記載しましたが、自前で梱包しない場合は運送屋さんに自転車を渡して、梱包してもらって送ってもらう手があるにしても、それなりに高額のようです。そんな値段なので、若干危ないのは覚悟の上で、前述の方法で運送しました。問題起きませんでしたけれどね。

他にも、自転車専門業者のサービスがあって、そちらは梱包は自分でやるにしても、かなり安くしてくれるところもあるようです。レースとかやる人はそちらをよく利用される…のでしょう。よくわかりませんが、TOKさんがコメントで補足してくれるでしょう(^^;)ぉぃ。でも確か会員登録とか必要だったような気が…。

ともあれ、年に1度くらいあるかないかの運送で、しかし段ボールを自分で集めてくるのも面倒…ってこともあります。そうなるとこのBTBというサービスが活きてくるのではないかと。

沖縄本島だと箱込みで4千円台だそうです。おいらが宮古島に送った値段よりも若干高めですが、結構大きい段ボールが一緒に付いてくる(往復後回収されるのかな?)ことを考えると、結構良いのではと思います。

まぁ、実際使ってみないと、料金的なことだけではなく、スケジュール的なこと、その他も含めて色々検証してみないといけないと思いますが。


○ゼノア
前々から気にはなっていたのですが、加圧トレーニング。それを自転車でやってしまおうという話だそうです。カーツというブランドで展開するそうですよ。他には同様のサービスはあるのかしら?

加圧トレーニングは全然知らないんですけれど、たまに見かけるTVでの紹介だと、必ずインストラクターがついているので、室内で行うトレーニングと認識していました。プラス、それなりに管理が必要とか。

ただ、これは最初の内は確かにレクチャー込みで行っていただくことになるようですが、レクチャーをしっかり受けた後はインストラクターなしでも自分だけで走りに行って良いようです。室内のサイクルマシーンだけではないようです。

それだったらやってみようかな…という気が…(室内トレーニングが苦手らしい>をれ)。

詳細はPCCSステーション・スタジオの中の青山に行けばわかりそうな感じ。…うーん、まずそこに行くのが面倒だな(^^;)ぉぃ。


Venus series GIRL'S KEIRIN
女子競輪は昔(戦後まもなくだったかしら?)はあったけれど、今はないそうです。

今年最初の平塚の自転車イベントで、競輪施設の中で上映されていた競輪の歴史ビデオではそう言っていたと思います。そういうことを聞いてしまうと、漫画ネタとして架空の女子競輪をでっちあげ(戦後まもなくの実話もドラマ化の甲斐はありそうですが)、ドラマを作ってみたくなってしまいますが、スポ根なりなんなりストーリー漫画が苦手な身な上、てんで進んではいませんでしたけれど。

しかし実は今も実在していたとは…!と思いましたが、別にプロリーグ(?)ということではないようです。そもそも参加選手はいろいろな分野から来られているようですし。そもそも「競輪」と名付けて良いのかどうか。普通に「女子総合自転車レース」とした方がいいような気が。「競輪」だと、ギャンブルがからんでいるようで。別にそれを非難するつもりはないんですけれど、ガールズケイリンって別に賭け事の対象じゃないんでしょ?「競輪」って自転車レースよりも賭け事の印象が強い気がして…<一般的に。

まぁそれはともかく、一般、それも女性向けに自転車競技のアピールを狙うのかな?…と考えると、それもありかと思います。決して「競輪」も面白くないわけではないです。実際平塚で始めて競輪や自転車レースを見ましたが、ルールを理解して現地で見ないとその面白さと興奮が伝わって来ないのでは…と。

あと競輪選手のコスチュームがイカつすぎてどーも…。アメリカンフットボールよりもラグビーに人気が集中する日本人には、その点でも向かないのでは?…とも思っていたり(^^;)どういう理論だ。

…ガールズケイリンはイカついプロテクターはつけませんよね?パンフレット見る限りは普通のサイクルウェアだったような気が…。まぁ、見かけよりは安全重視で良いと思いますけれど。


ともあれ、1月6日、7日に立川競輪場で2010は初回開催されるようなので、チェックしなければ!

…って、平日やん!見やすい日にしてくれよ!

23日と24日の土日も開催してくれるそうですが、場所は小倉競輪場…どこだ?(検索)…九州やん!…ギャンブルレーサーでも興行の厳しさが書かれていたと記憶していますけれど、女子も同じなのかなぁ?

…それはともかく、見に行けないじゃん!…なんとかお願いして、お休みをいただこうかな…。どういうものかちゃんと取材しておきたいし。ネタの匂いがするぜぇ…(^^;)って、ダホンガールのときもほくそ笑んでいたような気が…。

なんとなく高千穂遙さんが行かれているような気がしますが…(^^;)なんか立川競輪場=高千穂さんというイメージが…。


○RIXEN KAUL
言わずもがな、自転車オプションアタッチメントのKLICKfixのアレですが、色々新商品とかありました。

09122202そういえばそろそろショッパーも痛んできたなぁ…と思っていたところだったのでちらっと見たのですが、ショッパーファッションがちょっと魅力。1万円ちょいというショッパー類の中では高額の部類と、容量が2リットル少なくなるのが気になりますが、おしゃれ度は高いのでちょっと考えどころです。

どうしようかなー…。


○サイクルハウスしぶや
自転車オプションといえば、ここでもsobdeall(ソブディール)やflying velo(フライング・ベロ)といったブランドも扱っているようで、ブロンプトンのアクセサリが充実しているようです。

そういえば結構貫禄を増してきた我が家のブロンプトン様。たまにはドレスアップもしてあげないといけないかな。そう思うと、こういうブランドも気になっちゃって(^^;)。

…ただ、それ以前にブレーキといったワイヤー周りを整備するほうが先のような気が(^^;)もう人手が増えた和田サイにお願いしても大丈夫でしょう。


サイクリー
中古自転車買い取り会社さんです。

もうすでに3台以上自転車を所有している身として、さらに欲しくなってもさすがにもう収納スペースがありません。

次買うとしたら、カテンザにお引き取りいただくとかいった対処が必要に…。となると、友人に引き取ってもらうくらいしか思いつきませんでしたが、自転車にもバイク王みたいに中古買取があったんですねぇ。

軽く話を聞いてみると、国立店もあるようで、ひょっとしたらそちらにお世話になったほうが良いかしらん?

« 寒くてたまらんっす | トップページ | ただならぬ世の中 »

コメント

いかつい競輪選手
>鍛えてるだけの話!

ん?肩アーマーとか胸アーマーとかつけてるじゃん。あれでいかり肩になって、さらにその上からウェア着るし、ヘルメットもほぼ同一形状で個性が出ないというか。シルエットで誰ってピンとこないというか。

一応選手が見分けられるよう「色分け」されているけれど、順位をわかりやすくするためであって、選手の個性とは別問題。

野球選手だったら○○柄の○○番となれば、活躍すればその背番号がその人なりの個性になるけれど、競輪選手は色が固定ってわけじゃないよね?

やっぱりなんというか…賭け事以外の目線から近づきがたいというか…。競輪に限らないけれど…うーん…。

下半身(インナーマッスル込み)は本物だから!
防具は、オートレース同様としても、そこ大事。

見沼田んぼの県道ママチャリ走ってて、
追抜きざま罵倒してった練習選手
(大宮所属?)がトラウマなので。

なお、勝負服の柄違いは競馬だけで、
競輪のは階級の柄で、色は車番号の
全カラー持ってるみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/47082439

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルモード2009・お役立ち情報編:

« 寒くてたまらんっす | トップページ | ただならぬ世の中 »