2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 外付けタブレットの時代 | トップページ | 番組2つを筋違いに比較してみる »

2009/12/16

サイクルモード2009・自転車メーカー編

12日につれっとサイクルモード2009東京に行ってきました。以前は幕張という地が遠く、近場で「自転車展」というのもやっていたのであまり気にしていなかったのですが、昨今幕張に泊り込むこともあり、そもそも「自転車展」がコンシューマ向けではなくなったので、情報収集の場が「サイクルモード」しかなくなってしまった…っていうこともあるかもしれません。

…ただでオロナミンCを飲めた頃が懐かしい…(超謎)。

それはともかく、昨今の自転車ブームで客数が増加…とは言われるものの、出展者側がDAHONやGIANTがいなかったりと、果たして盛況なのか?と疑問に思うところでもありますが、家族連れも来ていたり、試乗車待ちの行列が多かったりと、やっぱり盛況なのかなぁ…と思うところでもあります。

イベントの詳細は別途NEWSサイトや雑誌を見ていただくとして、あくまでおいらの視点ということでつれつれっとここでも書いておきましょう。

ただ、去年は本当にぶらりと行ってきたので大した記載をしていなかったような気もしますが、イベントの概要を知らずに行ってしまったということもありますし、きちんとした情報収集を行えませんでした。今回は違いまっせ。色々書きたいことがあるので、いくつかに分割してお伝えしたく候。

まずは自転車メーカー編で。それもまずはおいらならでは(?)の小径車から。

●小径車中心
5links
09121602和田サイクル(インター3装備済み)では天候の事情で試乗できなかったのですが、こちらでノーマル仕様のものに乗させてもらいました。

09121603走り自体はいたってノーマルですが、ハンドリングにクセがあります。ハンドルポストとハンドル支点にズレがあるため(折りたたみ機構のため)、ホイールベースと転回半径が一致しません。ハンドリングの感覚と実際のカーブ挙動にズレが生じます。最初は戸惑うでしょう。

ただ、そんなんストライダとか、ステムの有る自転車のクセがキツい版と考えると、そんなにアクの強い癖ではなく、しばらく乗っていればすぐに慣れる範疇でした。もちろんクイックなハンドリングなので多少注意が必要ですが、小回りがさらによく利くと考えると、利便性にもつながります。

折りたたみも実演を見たり、カバーも見せてもらいましたが、フットプリントが小さくなって実にいい感じです。外装・内装ギアに改造したバージョンもあって、そういった改造も織り込み済み…というところもニクいですね。

実用性といじり甲斐のある自転車ではないでしょうか。


NAGANO
09121604よく知らないメーカーさんですが、今回db-popという折りたたみ小径車を出してきました。

展示ブースにたどり着く前に試乗スペースで何度か見かけ、気になるデザインと思っていましたが、まだ製品化されていない試作車でグッドデザイン賞を取ってしまったというすぐれもの。

ともかく安定度が売りのようです。例えばホイールベースが長く、安定した走行が可能です。実際試乗したところ、尋常じゃない安心感です。

また、折りたたんだ時の安定度も高かったりするのですが、さらにキャスターがフリーで動く(回転する)ので、折りたたんだときのやりくりに役立ちそうです。

ギヤがシングルで、さらにあまり改造を念頭に置いていない設計のようですので、多段化にちと苦労しそうな予感はしますが…。ただ、5linksとは違う解というのも面白いです。さりげにリアサスもついているので、決してバカにできません。


キモリ
09121605以前に雑誌でモールトンのようなトラスフレームの自転車を見かけたことがありました。今回このブースでコロッサスということが判明(雑誌にも書いてあったような気が(^^;))。今までは手作りフレームでなかなか潤沢に出していなかったそうだけれど、来年から量産フレームを導入するそうで、もう少し潤沢になるみたい。

それでも40万くらいするそうなので、おいそれとは手が出せないけれど(^^;)。

しかしフル装備車…というか、ハイグレード車に試乗してみたけれど、なかなかいい乗り心地。

本来おいらはロングホイールベースを推奨しているんだけれど、ショートで細いタイヤでも意外に安定した走りをしてくれます。

さらにサスペンションの取り付け方が独特で、ペダリングの時のロスが無く、むしろ「押す」感じに作用している感じ。もちろん路面のショックも取り除いてくれるし、ブリヂストンモールトンのミルキーライドとは違う…なんだろう、ブレの無い安定感があるような。

友人はあまりメリットを感じなかったみたいなので、コンポーネントの違いもあるのかもしれませんが。折りたたみはたぶん出来ないし、ひょっとすると「キモリ」という名前に変更されるかもしれないとのことですが(^^;)謎、走りを楽しむのに気になる存在です。


○E.B.S
09121606以前から気になっていたFLOAT700 Singleというフレームにようやっと試乗できました。正直、もう、萌え萌えです。走行中、いろんな要素がおいらのツボをいちいち刺激してきます。もう、素敵。

ただ困ったことにFLOAT700 ROADというのもあって、そちらも試乗してみたところ、そちらも乗り心地が良い。ああ、どうしろというの、君たち。

FLOAT700の対向馬はFLOAT700という…、ガンダムvsガンダムかーっ!ってなところです(^^;)意味不明。いや、でも本当にいい感じです。


ORi bike
09121607今やすっかり有名な(?)ORi bikeですが、なにやらレーシーなカーボンモデルが登場。SURPAZ CR87といって、まだ市販予定とかは無いようですが、これはこれで結構燃えるんですけれど、私。

こういう小径でここまでレーシーなデザインって、意外と今まで無かったような気が…。ぜひ市販化していただきたいところ。まぁ、買える余裕はありませんが(^^;)ぉぃ。


●街乗りピスト
United States Postal Service
09121608このブースではSAMURAIという白いボディのピストバイクが超魅力。

アメリカのメーカーが侍をイメージしてデザインしたのか、その精悍さは日本人が見てもばっちし。ラグ
にちょちょいと墨入れしている濃やかさも見逃せないねっ!

値段も安いし(^^;)。


osso
09121609高級感のあるシングルが展示されていました。昨年も同様なんですが、セレブな感覚でライディングできそうなので、それが魅力(^^;)。

自転車自体も相変わらずかっこ良いなぁ…。…乗ってみたい。

●その他
どんなに高級で有名でも、小径・シングルでなかったらおいらにとっては「その他」扱い(^^;)ぉぃ。


DK City
09121610…とか言いつつ、これも小径なんですが(^^;)。db0(Divided by nothing)という電動アシスト自転車なんですけれど。

電動アシスト自転車と言えば通常の自転車にアシストユニットを後から取り付けましたよ…という一体感の無いデザインがどうしても好きになれないのだが(実用性は認めますが)、このdb0はデザイン性が高く、ちょっと惹かれる。バッテリー持続時間が40kmと若干短め(?他を欲知らないけれど)がもうちょっと伸びればいいような感じもするけれど、デザインとバッテリー物理的容量のトレードオフだったかな?

あとびっくりするのは、どうやら折り畳みもできるらしい。おいらが行ったときはなぜかスタッフがおらず、詳細は不明。まぁ、折りたたんで転がせるにせよ、重さが重さなので輪行には適さないかもね。ただ、家に入れておけるというメリットはあるかも。


Avedio
09121611こういう派手なフレームはあまり興味は無いんだけれども、友人と「日本の牧歌的な郊外でこんなんで走るのもどうよ」と話していたら、しっかりスタッフに聞かれ、「そう言わず、写真も撮っていってくださいよ」と言われ、若干動揺(^^;)。

「モデルも撮れ撮れ、なんならBlogにアップして」とその人に言われたので、では遠慮無く(^^;)。

09121612

しかし改めて見てみると結構格好良いかもね。ファイヤーエンブレムというか、こういうデザインは他にもあるけれど、素人目に見ても一味違う、凝った塗装をしているのが分かります。伊達に150万円しませんね。

ちなみにこちらの本数限定フレームも絶賛お薦めだそうです。

09121613

○CHERUBIM
09121614言わずもがなのフレームビルダーですけれど…、SPEEDMASTER、突き抜け過ぎだろ(褒め言葉)。タイムトライアル用途とはいえ、ここまでシンプルでありながら尖った…あ、いや、デザインそのものだけでなく、コンセプトも、という意味ですが、やはりいつかオーダーしてみたいですなぁ…。

09121615このサドルを(^^;)座れるのか?。


○日本ロボティクス
一部で話題の「ダウンチューブの無い自転車」ということで乗り降りしやすい自転車という、なかなかのデザインを提案してくれます。

実際試乗してみましたが、乗り降りは確かにしやすいのですが、いかんせん、まだ練り込みが…。漕ぎにくいですね(^^;)。

カーブのときに体が振られる、自転車を試乗会場まで押していると、後輪に足を引かれること数度。

まぁ、まだ初期のコンセプトカーなんでしょう。剛性自体はしっかりしていたので作りは悪くないと思います。これからどう洗練されていくか、でしょう。


ニコライド
ZIGO LEADERという、自転車+ベビーカーという自転車です。

子もいないのになんでこういうのに興味を惹くか…というと、これが必要な年頃の姪が近くにいるということも関係していますが、なにより変形合体するということが魅力です(^^;)。

分離して片方は自転車、片方は押して歩くベビーカーに独立します。また、前後を入れ替えて、ベビーカーがトレーラーになったり。

Gアーマーかっ!…と突っ込みたくなるこのギミックが萌え萌えです(^^;)。是非ベビーカーではなく、リヤカーのような荷物運搬用途に特化したバージョンも出してもらいたいところ。あ、まぁ、あっても置く場所が無いですが、我が家(^^;)。


自転車メーカーに関しては以上で。他のジャンルでも記事を書く予定です。

« 外付けタブレットの時代 | トップページ | 番組2つを筋違いに比較してみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/47033211

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルモード2009・自転車メーカー編:

« 外付けタブレットの時代 | トップページ | 番組2つを筋違いに比較してみる »