2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 無事、取材撮影終了 | トップページ | 紅葉が残念… »

2009/11/23

青天の霹靂

09112303そういえば湊線周辺取材の撮影にこんな機材を使用していました。

左のM8は今回はお休みしてました。右の奴です。EOS Kiss X3です。私物です。

え?いつの間にそんなん買うた?デジイチは持たないっちゅー話じゃなかったん?…と言われるかもしれません。

ええ、買わないとは言いました。なので、買ってません。…もらったんです。抽選で当たって。

…いや、懸賞に当たっちゃったんですよ(^^;)。

あるものを購入すると自動的に懸賞応募になっているキャンペーンがあったんですよ。ただ、私としては単純に「あるもの」の方が欲しくて購入したので、キャンペーン商品とか、まったく気にしてなかったのです。なので、送られてきたときはびっくりですよ。

しかしまぁ、前述のポリシーがあるにしても、懸賞に当たって、むこうから「もらってください」と言われちゃぁ、受け取らないわけにはいかないでしょう(^^;)ぉぃ。

それがたまたま取材の数日前だったので、慌てて環境整備して早速湊線周辺で使用してみました。

使用感はあれですね。良いところから書けば、軽い。使いやすい。画質がきれい。手ぶれ補正も良く効く。

悪いところは、かさばる。やっぱりスタイルがかっこうわるい(EOSに限った話じゃないけれど)。細かい設定が使いづらい。

ちょっと以下に細かいところを…。

○軽い・手ぶれ補正が良く効く
もらったのはレンズセットなので18-55mmのズームレンズだけなのですが、これがまた軽い。ボディと併せて持っても軽さの面では取り回ししやすいですね。

半面、手ぶれがしやすそうなのですが、そこまで軽いってものでもなく。とはいえ、それでも初めて扱うレンズ内シフト式手ブレ補正が結構使いやすいというか、信頼性があるというか。いい感じに手ぶれを打ち消してくれます。

構造を考えると撮影素子周りの手ぶれ補正の方が、レンズ周りが安く・簡単になるので良さそうですが、レンズ内の方も悪くはないですね。

○使いやすい
さすがに何世代も経て作られてきただけあって、色々使いやすいです。UIが練り込まれているというか、メニュー表示がわかりやすいというか。

さすがに一部はマニュアル読まないとよくわからない機能もありますが、オート機能でもいろいろ好みの絵作りができるのがすごいですな。

ともかくテンポ良く撮影できるのがいい。

○画質がきれい
DIGIC4のせいか、画がきれいです。きれいに色が出るというか、逆行でもディティールが損なわれなかったり、暗くて感度を上げても、ノイズがのりにくいというか、ともかく世代の進化はすごいです。


×かさばる。スタイルがかっこうわるい
かっこうわるいというのは単に個人的にデジイチシルエットが好きでないってだけなのですが、レンズのスタイルのバリエーションも無いじゃないですか。寸胴で長さが違うだけ、みたいな。M/Lマウントのレンズバリエーションが懐かしい…。

あと、かさばるというのも結構ツラいです。

前述したとおり、軽いことは軽いのですが、それと容積はまた別で、鞄に入れていても邪魔。鞄から出してたすき掛けしても邪魔、とレンジファインダーやコンデジで慣れたフットワークが活かせないのは不便です。

×細かい設定が使いづらい
オート設定はお任せで楽なのですが、ちょっと凝った撮影というか、アート的なものを撮ろうとすると、途端に使いにくいですね。

機能としてはアート的なものを撮るための操作は可能は可能です。ただ、いくつメニューをいじればいいんだ?…というくらい、複雑…とは言いませんが、煩雑になってしまいます。そこらへんはエントリー機の性でしょうか。絞り、シャッタースピード、フォーカスの各リングがダイレクトにいじれるカメラの方が都合がよい訳です。

まぁ、そうすると今度はオートが面倒」くさくなるわけですが(^^;)。


とりあえず以上かな。ともあれですね、一長一短ではあるんですけれど、今のおいらの環境の隙間を埋めてはくれるんですよ。オートでばしばし撮りたいときがあるにはあるんです。たとえば家族内イベントとか、友達の結婚式とか。そこでM8はさすがに力不足だし、コンデジも連射とか暗所には弱いんですよね。

そこで今度のEOS Kiss X3ですよ(なんて略そう…)。確実に撮る!…というシーンには役立ちそうです。DIGIC4も信頼できますし、JPGオンリーで撮ってもよいかな、という気にさせます(実際湊線周辺ではそれで撮って、不都合なし)。

まぁ先にも書いたとおり、レンズをそろえる楽しさは無いので、あっても単焦点はM8で十分なので、高倍率ズームか超広角ズームをそろえておしまいになると思います。M8らとの使い分けでいろいろ使っていきたいと考えています。

« 無事、取材撮影終了 | トップページ | 紅葉が残念… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/46836137

この記事へのトラックバック一覧です: 青天の霹靂:

« 無事、取材撮影終了 | トップページ | 紅葉が残念… »