2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« うぎゃぁ… | トップページ | 4GBの向こう側 »

2009/09/14

M9とX1(S2はもう次元が違いすぎる…)

ライカの新製品発表会、行ってきました。土曜日は雨が降ったために体が動かせず(おかげで鬼のように寝まくりましたが)、その鬱憤晴らしにBSMで走っていきました。

まぁ若干、自転車で走れば人混みを通らず、新型インフルエンザ感染のリスクを避けられるかな…という思惑もありました。

とはいえ、相変わらず最近の走り込みが足りないので、20km/hでキープする走りでセーブ。おまけにちろっと秋葉原よって買い物をしたので、うっかり遅刻してしまいましたが(^^;)。

とはいえ、X1、M9、S2の順で発表会はしっかり聞いてきましたし、実物もいじくり回してきました。

「M8持っているなら、当然次はM9だよね」という声もありますが、あまり物欲わいていませんよ?さわった感じ、変わらないんだもん。筐体一緒だし、ファインダーも変わらないし。

厳密に言うと、残枚数やバッテリー残量を表示する液晶が省かれたり、ブライトフレームが広くなったりしているわけですが、持ったときのフィーリング、撮影する感覚、そこがあまり変わらないんですよね。そこがぴんとこない。もちろん実際50mm枠が広く、「おお、これは標準枠」という感じがするのは良いんですけれど、慌ててM8から乗り換えるほどの必要性は感じない。

ま、両方もって撮りまくったら話は別でしょうけれどねぇ。

とはいえ、精魂込めてつきあってきているM8、まだまだシャブリ尽くしていませんしね。これからもいじくり倒さなきゃ。そろそろ限界…ってことをカメラか自分に感じたとき、そこでM9なんでしょう。きっと。そう考えるとまだまだM8が楽しくってもう。

…ってあたりを察してか、ライカの方も積極的にはM9を薦めません。もちろん質問には答えていただき、いろいろ違いを教えていただきましたが。

しかし代わりに、「自転車乗っている山田さんなら、X1の良さをわかってくれるでしょう」と言われちゃったけれど、…ええ、その通り、やられちゃいましたねぇ(^^;)。

元々こちらのBlogで「DP2は40mmってのがいいね。欲しいね」と言っていたように、それくらいの画角の単焦点コンデジって面白いかも…と思っていたわけですよ。そこへライカでしょう。最初24mmと聞いたときは「ライカよ、おまえもか」とか思ったけれど、1.5倍って…(^^;)レンズ、全部使ってる?。

とはいえ、DP2に比べると価格が雲泥の差、20万円前後という価格は果たしてどうなのか…と。そこら辺を重視してみてきましたが、そもそも他に選択肢がない…という問題があるのではないかと。

いや、DP2がそうじゃん?…と言われそうだけれど、操作体系がまったく違います。X1の方が、「撮影を楽しんでくださいね」…って感じがこれがまた…。

あとメイド・イン・ジャーマニー…ってところが。例の(?)ゾルムスの工場のラインで作るそうですけれど、なんかレンズユニットと撮影素子ユニットがレンズ交換式でないから固定できることを良いことに、組み合わせるときにあおり補正とか厳密に行ってから固定するそうですよ、個別に。すげぇんでない?

とはいえ、さすがに発売がまだ先で、ファームウェアもハードも調整中ということなので、まだ性急な判断はできませんね。ダイヤルの感触もまだ悪いし。画質もDP2と見比べたいし。

ただ、操作体系はかなり使いやすいので、撮影しているだけでも楽しくなれるのはX1だろうなぁ…。

それとS2は…別次元です(^^;)。プロ用だし。旅のお供に使うカメラじゃないしねー。

そんなわけで、X1で楽しんで、しかしM9もしっかり評価してきましたけれど、考えてみるとまだ実画像を確認していません。X1はともかく、M9はSDカード持参で撮らせてもらえば良かった気が…。まぁ、いずれの筐体もフィーリングが良いのだけは確認しましたので、あとでどこかでデータだけ確認できれば良いか…。

それを確認したらX1が…、あ、いやいや…(^^;)。


#おっと、書き忘れていた。

>「自転車乗っている山田さんなら、X1の良さをわかってくれるでしょう」

の真意は、

・起動が早く、右手に操作系が集中しているので、自転車に乗っている時に急に撮りたくなっても対応可能。
・画角が車道等被写体から少し離れたところを走る自転車を考えれば、28mmでも広すぎ、35mmが広角的に使用できるちょうど良さ。
・軽い。

といった自転車乗りに適したあたりだと踏んでいます。

ISOだけ左手がないと操作が出来ないんだけれど(WBも左手)、オートISOにしたりして、そんなに不都合無いかと。


他には

>X1の方が、「撮影を楽しんでくださいね」

のくだりは、DP2はダイヤル設定がカメラ撮影モードの切り替えであり、露出やシャッタースピードの切り替えには別のボタン操作が必要であるのに対し、X1はダイヤル二つがもう露出とシャッタースピードなので、カメラ慣れしている人にはそれだけであらかた設定が済んでしまうスマートさが良い。

逆にカメラのそういう設定に慣れていない人はどーなんだ?…という向きもあるけれど、X1はどちらかというとD-LUX4といったコンデジとM9というシステムカメラの間を埋める位置づけらしいので、マニュアル入門機的に使ってもらいたい模様。

« うぎゃぁ… | トップページ | 4GBの向こう側 »

コメント

この辺の高級コンデジは激戦区になりそうです。
年内にオリンパスも出すらしいし(E-P2?)、リコーも出すらしいですね。
リコーのはレンズ交換式でレンズにセンサーがくっついていてセンサーごと交換だとか?
(ダストとは無縁?)

センサーごと交換?それなりにメリットもあるとは思うけれど、規格が独自すぎることになるんじゃないかな?取り付けマウントとか公開しても。

まぁ、リコーはレンズ+センサー作りに専念し、ボディの方を技術がいらない分(それでも液晶モニタとか扱うからそれなりにノウハウは要るか?)いろんな会社が作って、いろんなスタイルのカメラに化ける方が面白いかも。

そうですね。
オープンな規格として各社が競合すれば面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/46205881

この記事へのトラックバック一覧です: M9とX1(S2はもう次元が違いすぎる…):

« うぎゃぁ… | トップページ | 4GBの向こう側 »