2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« Blogも5年! | トップページ | アンテナショップの岐路? »

2009/03/25

平塚バイシクルフェス'09

平塚バイシクルフェス09に行ってきました。天気予報で雨との予報が出ていましたが、午前中は保ちそうと、意外と予報が当たっている最近の天気予報を信頼し、午前中試乗を目標に行ってきました。まぁ、その開場時間に平塚駅集合というのも弱っちいのですが(^^;)すんません。

んで、まずはおいららしく、小径自転車のインプレッションから。

09032401Mu Uno
車体が軽いだけあってペダルが軽いんだけれど、それ以上にコースターブレーキが面白い。足だけで操作できるような感覚が気軽さを生んでいる。
もちろん前輪にもVブレーキがついているので、安全性を考えればそれも使用するべきなのだろうけれど、見晴らしの良いところで低速で足だけでのんびり走行というのも面白いかも。

09032402HammerHead8.0
個人的にお気に入りの自転車なのでひいき目に見てしまう(^^;)。ともかくトップチューブもあるせいか、分割フレームでも剛性がしっかりしていて、走行自体を楽しめる。かつゆとりあるポジションが良い(まぁ、BSMのステムが長すぎるだけかもしれないが)。
ブルホーンも扱いやすい。買ったらそのまんまで長く使いそう。

09032403S17
17バイシクルのリカンベントで、当然乗るときにそれなりにコツがいる。スプリングのついているタルタルーガの方が敷居が低いかも。ただ、決して乗りにくい訳ではなく、慣れればどうにかなるレベル。それよか、走り出してからの開放感といったら…。ギアシフトも決してやりにくくないけれど、あえて抑えめにしてのんびり走りたくなる自転車。

09032404JetStreamXP
今回はちょっと残念な結果に。他の試乗車はなぜかたまたまサスのない自転車ばかりだったので、ペダリングパワーが逃げるのが体感できて、ちともったいない感が…。ただ、トラックという非常に恵まれた路面で走っているから利点が欠点に思えてくるわけで、実際の道路を走ると活きてくるサスだと思う。堅さも調整できるんでしょ?自分好みに調整していけば、どこでも走る面白い、実践的な自転車になる感触はある。

小径、その他はこんなもんか。忘れてたけれど、Mu SLに乗りたかったなー。

そしてせっかくのこういう場なので、ロード系にも乗らないともったいないわけですが、どの車種がどう…ってのはおいらにはわかりません。知識がないので。

そこでフレーム素材の評価のつもりで乗り分けてみました。どなんですかねー、こんなんで。一応乗った車の写真も掲載しておきますので、ああその車種は論点が違うよ…ってのがあったら教えてください(^^;)。


09032411カーボン
なんかねばっこい感触。もちろんきちんとした剛性を持った上で妙にしなるというか、力の伝わりがねばっこいというか。なんかまとわりつく感じがしてどーも…。

09032412アルミ
かっちりしてる。素直にレスポンスが帰ってくる感じで。カーボンの後に乗ると、いいなー…という感じはある。

09032413チタン
あまりに堅い。堅いが、嫌みな堅さではなく、信頼性の高い堅さというか、疲れが来ないような感じ。しかもなんか、ペダリングに伸びがあるような気がする。105コンポーネントのせいかもしれないが、どうだろう?

09032414クロモリ
アルミとチタンの間のような。追従性は十二分。チタンの付加価値がない感じ。たぶんこれがおいらにとって「ザ・自転車」というか、基準になる感じ。

何のインプレッションにもなっていませんけれど(^^;)、自分の中ではだいぶ評価できた感じでいます。結果、最低限クロモリで、できればチタン。予算的にどうしても…ということであればアルミ、でもアルミにそんなに文句はないので、最初の選択肢にも十分入る…といったところですか。なんとなくコスト的にアルミ<クロモリってイメージがあるんですけれど…。

まぁともかく、これらの試乗ができて、有意義でしたね。他には素人足自慢に出て、1位78km/h出していたローラー上の自転車に乗りましたが、64km/h止まりだったとか、佐世保バーガーとの闘いをあきらめたとか、トラック競技に意外に燃えたとか、いろいろありましたけれど、一番のメインイベントはダホンガール二期生のお披露目ですか。

取材といえるほどのことが何もできなかったのが心残りですが、おいおい「勝手にダホンガール」の方になにかしら反映させますので、そのうち…。

結局のところ、天候にかなりヤラレちゃったイベントでしたけれど、性格上仕方ないところでしょう。雨に濡れた路面で転倒しちゃった自転車もあったり、風も強かったし…。でも個人的には楽しめたので、とはいえさすがに遠いので毎度来ようとは思いませんけれど、なんか試乗欲(?)に駆られていたら、また行こうかな。

#ちなみに帰りに埜庵にも行ってきましたが、妙なエピソードが生まれました。が、ちっとここには書けない事項なので、気になる人は直に私に聞いてください(^^;)。

« Blogも5年! | トップページ | アンテナショップの岐路? »

コメント

小径はよくわからないのでロードの方にコメント.
試乗するときの走行感覚は,フレームよりむしろタイヤとホイールの影響がでかいと思います.試乗したロードは一番安いホイールが付いてると思うので,ちょっと良い完組ホイール(MAVIC キシリウムエリートとか)に履き替えるだけでガラリと印象が変わると思いますね.自転車雑誌のインプレ記事なんて,インプレライダーの好みのホイールを履かせて持って行くだけで簡単に点数を稼げゲフンゲフン・・・.
カーボンは素材の振動減衰特性が高いので走行時の微振動がライダーに伝わりやすい(=乗り心地が良い)と言われてます.堅い・柔らかいはカーボン積層の仕方で自在に調整できるので「カーボンってこんな特性」とは一概には言えない.レース志向のモデル(例えばうちの TIME VXRS)だと相当に堅いです.試乗車は GIANT DEFYだと思いますが,かなり快適傾向に振ったモデルだと思います.「まとわり付く感じ」ってのはホイールのせいかな.タイヤを変えてエア圧を調整するだけでも変わると思います.
アンカーのアルミフレーム(RA5?)は安い割りに良いですよね.ホイールがシマノのR500ですが,これが安い割には性能が良いので得してるのでは.ただ,僕の場合はアルミフレームは振動が腰に来るので苦手です.ピナレロ(ホイールはキシリウムSL)を借りて乗ったことがありますが,短いレースならともかく,100kmを越えるレースでは耐えられなくて辛すぎました.
チタンは乗ったことないのですが,アルミとカーボンの中間っぽいって話は良く聞きますね.趣味の世界な印象がありますが,よーわからんです.
クロモリも趣味の世界になりつつある印象.細いフレームはカッコいいから個人的には大好きです.いつかは Scapinのクロモリロードが欲しい・・・!!

初心者にロードを進めるなら,入門モデル帯(20万円以下)に価格が下がって技術も枯れてるアルミフレームをオススメしますね.乗り心地は堅いですが,シャキシャキ感が判りやすく楽しめると思います.デザインは好みが分かれますが BSアンカーなんて日本人向けサイズが多くて良いのでは?? 色オーダーもできますし.
予算に少し余裕があるなら,今一番ラインナップが充実してるフルカーボンバイクをオススメします.完成車価格 25万~30万円地帯は各社激戦区でより取り見取りです.ピナレロのエントリーモデルあたりなら間違いないピュアレーシングバイクの感覚を楽しめることでしょう.
チタンやクロモリは今の時代は趣味性が高いため,コストパフォーマンスとして優れないので,他人には勧めないです.ちゃんと作ってるクロモリロードはやっぱりそれなりの値段がするのですよ.

コメントありがとうございます。小径ばかり乗っていると、ホイールという視点が欠けますね。乗り心地という面で。

それにしてもどう判断してよいのやら…。あ、でも考えてみれば、別にロード買う予定は無いか(^^;)。

ただ、「趣味性」とか言われちゃうと、そっちに惹かれちゃうなー(^^;)。それなりの値段しない方向でどーにかなんねーかな…?

…あ、いや、買わないですけれど(^^;)。

当日はお疲れ様でした。
遠いといっても、幕張に行くのと時間的にそう違わないような気がするんですけど、
府中からだとアクセスの繋がりが悪すぎるからかな。
時間にさえ追われてなければ、個人的には八王子回りで相模線というノンビリ旅も
お勧めしたいところ。


さて、タイヤ・ホイールも勘案しての評価は、一度ロードをちゃんと使ってからで
ないと分からないのはその通りですね。
ただ、根本的な性格に関わるジオメトリだけ気にしていおけば、後は見た目で選んでも
面白いかと。
そういう点でカーボンに惹かれた私です。
え?、あれだけ乗っておいて買わない?w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/44457846

この記事へのトラックバック一覧です: 平塚バイシクルフェス'09:

» バンク オブ チキン(意味不明) [果てしなく、自転車操業録]
『湘南バイシクルフェスティバル』 へ行ってまいりました。 地元から程近い場所で開催される自転車イベントとあって、ずっと前から行きたいと思ってたのですが、 なかなかタイミングが合わずに今年ようやくの初参加。 なんせ、サイクルモードと違って入場無料で各... [続きを読む]

« Blogも5年! | トップページ | アンテナショップの岐路? »