2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 少しは絵がうまくなっている | トップページ | 走るのがまだつらい »

2009/03/31

PIE2009に行ってきた

PIE2009に行ってきましたよ。不景気の割にはここぞとばかりにがんばって華やかなイベントに仕上がってはいましたが、おいらとしてはカメ子の多さにうんざりして、写真は撮ってないのであしからず。

同じ理由で大手ブースもあまりきちんと見ていません。…とは言いながら、カシオの空手全日本無差別級王者の小林由佳さん(演舞の撮影デモ)のちんまりさにちょっと胸がキュンとしちゃったりぉぃ。キャノンのブースではえらくちっこい、薄型のデジカメに心惹かれたり、富士フイルムの最小防水デジカメ(Z33WPだったか)にも惹かれたり、そこそこはチェックしています。


ああ、そうそう。富士フイルムの3D写真が結構面白かった。

以前にニュースソースを見たときは、写真をたかだが立体にしたくらいで…と思ったけれど、画像ソースをきちんとしたのを選んでやれば、かなり面白く撮れるっぽい。そのプリントも見たけれど、結構楽しめる。

そもそも撮影モニタ自体が立体なので、それだけで結構感動もの。動画撮影も立体というのはなかなか面白い。

こればかりはWeb上でどう伝えようもない。自分で操作・撮影してみないとなにが感動ものかはわからないだろう(^^;)。

秋の発売を予定しているらしいけれど、なにげに期待している。プリントサービスとかもしっかりしてくれるとうれしい。

※そういえばこのカメラ。当然レンズとCCDが2つずつ付いているわけだけれど、片方は望遠、片方は広角で同一被写体を同時に撮る…ということも可能だと説明員が言っていた。そういうモードも搭載するということ?それはそれで面白そうな…。


SIGMAのDP2もさわってきた。きびきび動く…ってなもんじゃないけれど、ぎりぎり許容範囲内の操作速度か。

操作…というか、ボタンがわかりにくい。何の機能か、とか直感的に操作できなかった。まぁそこは慣れなんだろうけれど。

あと、意外に所有欲を満たしてくれない質感ってことに気がついた。DP1の頃にも気づいておかしくないはずなのだが…。ちょっとなー、どうしたもんか。

ただ、暗いところで撮った(絞り開放)とはいえ、小さい液晶モニタでの再生なので詳細までは不明だけれど、さすが40mmF2.8のレンズでAPS-C撮影素子。画像は綺麗。カタログを見てしまうと、ほれぼれしてしまう。ぼけ味もあり、散歩に持って行きたくなる気はする。


日本のデジカメ市場では新参者となるGE。ブースに人がてんで入ってないのが印象的だった(^^;)周りの賑わいをよそに…。

それを抜きにしてもGEがちょっとどうなるか怖い。マーケティングの意味で。持ち込んだ普及価格帯のデジカメの売りというのがわかりにくい。たぶん安価でもそこそこ高機能というのが売りなのだろうが…大丈夫なんだろうか?何の関連も無いおいらだけど、つい心配してしまう。

個人的には、カメラ本体のみでのパノラマ合成機能が良くできているな、と。つなぎ目がてんでわからないのだけれど、どちらかというとGUIがおもしろいというか…。

つなぎ目の部分を撮影画像上にマークが出て、右端と左端をあわせてくれと指針になるのだが、その動作がなんかトップガンでターゲットをあわせる挙動にそっくりで、「ロックした!」「撃て!」(注:撮影は自動)ってな感じが意外に面白い。

GEの人がそういう操作をしている時に頭ん中はそんなトップガンのイメージなんで、笑いまくっていたんだけれど、なんで笑っていたのか謎だろうなぁ…(^^;)GEの人。

ただ、いずれにしても、それだけが売りというのはどうなんだろう…。大きなシェアはGEも最初から期待はしていないみたいだし、それはそれで良いのかな?


大手の印象としては、そんなところかな。前述のようにカメ子が群がっているところは歩きにくい、見にくいので、避けて小規模の方を回ると、結構面白いところも。細かいところは忘れたけれど(^^;)ぉぃ。


フォトブック関連の出展がかなり多かった印象がある。そのほかの、プリントアウトしてどうこうというサービスとかね。

デジカメは買われた後だとメーカーになかなかお金が回ってこないし、撮影画像をどのように利用促進させるか…というところに重点が置かれているのかも。まぁ産業活性化目的にニーズを作り出すのは本末転倒なのだけれど、そもそも写真を撮影しておいてデジタルデバイスのみに残しておくのもどーよ…と思っている身としては、フォトブック関連は決して否定しない…ってか、むしろどんどん活性化していって欲しいことはある。それで多少相場が下がってくれると、こちらとしてもうれしいし(^^;)。

…ってか、最近作ってないな、俺<フォトブック。時間を作ってまた作りたいなー。


ワコムのタブレットはいい。欲しい。早くもミデアムを購入予定。多少値段がこなれて…という考えを及ぼす前に、ともかく早く欲しくなる久々のモノ。

ハード的な部分で注目されているけれど、結構ソフト面でもかなり改良が加えられていて、操作面での効率化向上が期待できる。まぁ、そもそも昨今、タブレットPCばかりでちと古い世代のタブレットエンジン(?)を使用していたので、新しいモデルの使用感にしてやられた…ってこともあるけれど。

ともあれ、早くよこせ(^^;)ぉぃ。


ServerMan miniという、デジカメとPCとネット環境でどこでもサーバを構築できるソフトもおもしろそうだった。旅先で、出席できていない人に写真とかを提供できる環境が構築できるかなー…とその場で話してみた。

最初はSSDと長時間バッテリー搭載のPCと併用で、とか。ただ、そういう話をしていたところ、「iPhoneひとつでもできますよ?」とServersMan@iPhoneと紹介された。最初から言えよ(^^;)。


写真感光材料工業界のブースではフィルム写真の啓蒙がされていたけれど、なぜか「銀写真」とうたっていた。よくネット上で「銀塩写真」と使用しているけれど、違うのかな?

…と気になって、「塩」はどこに?…と聞きたかったのだが、話がそれて、回答はもらえずじまい(^^;)。


あ、あと忘れてた。富士フイルムがなにやら新型のフィルムカメラ、GF670というのを出すらしい。フィルムといっても35mmではなく、ロールフィルムで6×6cmや6×7cmといった中判を撮影するカメラだったり。大きいけれど、使わないときは蛇腹で小さく折りたためるので、比較的コンパクトになるらしい。

それでも1kgくらいあるようだけれど。ただ、35mmに飽きたら、そういうのもあるのかなぁ…という気も。まだまだ飽きる気配はないけれど(^^;)。


あとは三脚のとある企業のブースでのお話。カーボン素材を売りにした三脚がそろえられていた。当然、軽い、でも頑丈…というアピールをするために、カーボンフレームの頑丈さを実演していた。

09033001つまり、右図のようなものを用意し、

09033002来場者に踏ませていた…と。まぁ、これで土曜まではふつーに頑丈に保っていたのでしょう。まぁ、そういう話をここに書くと言うことは…と、もうだいたいオチは見えているとは思いますが(^^;)。

09033003バキッっと(^^;)。

そりゃ確かに全体重をかけるような感じでしたけれど、普通に片足でしたし、3~4度蹴っていた程度だし、なにより説明員がその蹴りっぷりを見ていてどうともしていませんでしたから、前の人まではそれで問題なかったのでしょう。

09033004んでも真っ二つ…ってほどでもありませんが、見事に折れて、そこからカーボンが裂けている有様…。

09033005まぁでも折れてしまったのは仕方ない。第一、デモのカーボンの筒ですし、製品がどーしたということでもないし、無茶なことをしたわけでもない。ただ、想定外のことが起きたのは確かなようで、説明員やら関係者はその断面が気になることこの上なし。

09033006ただ、折った人は、もちろん何も責められる話でもないですし、周りは盛り上がるんですけれど、その落ち込み様は…(^^;)。

いやいや、本当に落ち込む必要ないですって。元気出してください。

« 少しは絵がうまくなっている | トップページ | 走るのがまだつらい »

コメント

フォトブック関連は,切実なのです.
現像商売してたカメラ屋さんの収益構造がどーにもならなくて,生き残りをかけてるのです.

単にデジカメ素材を現像するだけだったら,個人宅のフォトプリンタとか(ちょっと詳しい人だと)オンライン現像サービスが使われて,現像屋さんにお客が来てくれない.僕も デジカメは Picasa経由でオンライン現像ですからねー.安いし.
対面形式で現像⇒お客をお店に呼び込むには,フォトブック系のサービスが今のところ唯一解のようですよ.
カメラのキタムラなんかは社運をかけてやってるんじゃないでしょうか.

DP-2、触ってきました。やられました。あれはマジで欲しいです。ブース内にFoveonセンサーで撮った全紙モノクロが何枚か飾ってありましたが、すんごく良かった。外観はコンデジながらラージフォーマット並の描写力だと思いますよん。

見てなかったけれど、モノクロでもヤラレんの?こえーなー…>DP2。気をつけなければ…(^^;)なにを?。

まぁ、撮ったら撮ったで、プリント業界のためにも、フォトブック作りますか(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/44515686

この記事へのトラックバック一覧です: PIE2009に行ってきた:

« 少しは絵がうまくなっている | トップページ | 走るのがまだつらい »