2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 1.8インチのSSD | トップページ | 昨今のBlog事情 »

2009/02/25

アナログ回帰

写真のプリントをやってきた。

例のレンタルラボの話である。ちと時間を見つけてぶらりと行ってきた。

まず一つだけ文句を書くならば、寒かった(^^;)。水回り作業(印画紙の水洗い等)は代行してもらえたのだが、それでも暗室作業は手足が冷え切った。そのせいか頭痛がひどかった(手足に回らない血が頭等に集中するため、血管の拡張が頭痛を引き起こしているらしい?)。

ただ、文句と言ったらそれくらい。あとはもう初めての経験ばかりで楽しかった。

プリントしたのは2枚だけだったけれど、それに対して色々な、露出なり露光時間なりをためして、各種効果を確認した。

いやぁ、面白い。現像ソフトでやっている事を、物理的な現象として目の前で見られるのだから、興奮してしまう。


整理すると、まずめぼしいネガを持って暗室に入室。引き伸ばし機にセットし、プリント紙をセットするガイドにまずは投射。引き伸ばし具合、ピントをここで設定。

ここでとりあえず露光3秒、露出Fi2に設定。位置合わせ等終わらせたら、引き伸ばし機の明かりを消す。

次にキャビネサイズのプリント紙を取り出し、その辺のスペックを裏に鉛筆で記載。ガイドにズレがないようにセット。ここで適当な板を取り出し、3秒から15秒くらい段階露光させる。これはプリント紙を5分割して何度か露光させて、3秒ステップでの露光具合を確認して適正露出を確認する手法らしい。

ただ、このままでは内容を確認しようが無いので、ここで現像液に浸らせる。90秒。次に停止液、60秒。定着液、2分の順。

ちなみに間に30秒ずつ、バットの上で用紙を振らずに液を切る間を設けるのがそこのレンタルラボのルールらしい。ラボによってはそこらへんのルールが違うらしいので、別のラボを利用するときは注意しよう。

んで、最後に水につけて軽く水洗い。別のバットに入れて暗室を出て、具合を確認、場合によっては繰り返して適正露出を見つけて、同じ手順で正規にプリントし直すことになる。

他にはフィルターワークで0号から5号まで、やわらかさ・硬さを変えて焼くことも確認してみた。

昔は0号紙~5号紙と、プリント紙でそうした硬さを調整していたらしいけれど、今はフィルターでやるらしい。…ってか、今になってやっと

「それを4号か5号で焼いてこそ味が出る」
「基本は2号ですよ」

というギャグがやっと理解できた(^^;)今まで大きさのことだと思ってた。

実際、基本は2号と今回教わったし。

まぁでも確かに4号あたりは内容を選べば味になるなぁ…と。面白そうであります。

また、覆い焼きなんてテクニックもあることも教わったり。なんかへんな道具を使ってプリント用紙露光中に暗いところをかざすとあら不思議、本来は黒くつぶれそうなところがうっすらと浮き上がったり。なんてアナログな。

ただ、直感的に色々出来るのがアナログの良さなのでしょうな。面白いったらない。

今度はきちんと、6つ切りくらいの用紙を仕入れて、3~4時間くらい借りてじっくり焼きたいね。

撮るときも注意したい。光源の扱いがよりシビアになるような気がする。ポートレートとかもプリントしたけれど、今まで気にしていなかった逆光とか、デジタルでえいやっと修正していたけれど、モノクロプリントだとあまりそういうのは効かないというか、撮るときに注意するのが一番という気がしてきた。

3月から4月にかけて、もう1回行って撮影済みのフィルムを焼いてもう少し感覚を養って、撮影時にフィードバックできるようにしてから、また新たなフィルムを撮ってみるかな。

#ああ、あと久保さんに言われたとおり、薬品臭さはまったく無かったでした>ROUさん。まぁ花粉症でマスクしていたから鈍感になっていたかもしれませんが(^^;)。

« 1.8インチのSSD | トップページ | 昨今のBlog事情 »

コメント

ちょっと訂正。

引き延ばし機で「露出Fi2」とあるのは、「2号」の間違い…というか、そういうこと。フィルターの0号から5号の話で、写真の柔らかさ、コントラストの話。0号よりが柔らかくなり、5号よりが固く、ハイコントラストになる。

…と同時に、露出も若干変わってしまい、0号で3秒が適正だったとしても、5号だと明るくなってしまうので、露光時間を長くする等、設定を変える必要がある。

ともあれ、引き延ばし器自体に絞りといった機能は無いので念のため。…無いよね?(^^;)

最後にスキャナで取り込んで、Photoshopで補正するんですね、分かります。^^;;;

ばかもぉんっ!(^^;)

こちらの世界へようこそ♪

しかし、ほんとに酢酸の匂いがしない
暗室なんだねえ。

うちにある引き伸ばし用ニッコールレンズ達はみんな絞りがついてますが?
絞り具合で周辺の解像度も変化するので絞り値はいろいろと調整すると思いますよ。

あれ?ついてる引き延ばし器とついてないのとあるのかいな?あるいはそういうオプションをいじらせてもらってないのかな?

まぁ、今後色々教えてもらいますよ、ラボの人に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/44160818

この記事へのトラックバック一覧です: アナログ回帰:

« 1.8インチのSSD | トップページ | 昨今のBlog事情 »