2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« ちょっとショック | トップページ | モバイル機器の使い方 »

2009/01/20

ひたちなか海浜鉄道の輪行の楽しみ方

振り返ってみると…まず大事なことは…下調べ(^^;)ぉぃ。

見に行きたいところをしっかり調べておかないとー。

あと距離がそんなにないものの、時間をしっかり確保しないと楽しめないような気が。少なくとも10時現地スタートか。なんなら泊まりという選択肢も持っていたいね。あ、いや、特急使用とかか(^^;)交通費ケチったクチ。前後で2時間浮くはず。


で、観光ルートの基本は阿字ヶ浦あたりの神社仏閣巡りになるのかなぁ。途中にも古墳やらもあるけれど。那珂湊あたりの観光名所もいくつかあるようだけれど。

個人的にはせっかくの輪行なら、ひたすら何もない「金上-中根-245号線」間の走行を組み込んでもらいたい(^^;)温泉もあるし。

絶対外せないのは当然漁港の魚。時期が合えばアンコウ鍋も結構簡単に食せそう。ただ、それなりの値段にもなるし(高くはないけれど)、2人以上が普通なので、やはり友達とつるんで行くのが良いでしょうな。

アンコウの吊し切り…っていうくらいだし(^^;)「つる」つながり(苦しい)。

それらを自転車で結べば、途中に何か楽しみも発生するでしょう。


あと、勝田から阿字ヶ浦までのひたちなか海浜鉄道全線の距離がそんな長く無く、タイヤが14インチ以上あれば簡単に走破できてしまうので、ひたちなか海浜鉄道を利用せずとも楽しんでしまっては元も子もありません。うまくひたちなか海浜鉄道を利用しましょう(^^;)ぉぃ。

まぁ、地平線に沈む夕日は車窓から眺めるのが一番の楽しみ方だと思うので(列車に乗る分視点が高くなり、広く見られる。常にポイントが移動するので、見てて全然飽きない…っていうか、「車窓」は最高の「額」)、それを計画に組み込んでしまえばいいような気も(阿字ヶ浦-平磯間がポイントかな?)。

日没時間とひたちなか海浜鉄道の時刻表チェックもポイントになってくるわけですけれど。まぁ、太陽見ながら走っていれば、大丈夫だと思いますが。


ただ、ひたちなか海浜鉄道で輪行を行うにあたっての注意点が一つ。

今回の輪行で初めての体験だったのですが、利用した車両が1両、それもワンマンとなると、独特の問題が発生してきます。


まず、列車の内部構造はこんな感じです。荒い図ですみません(^^;)。

09012001

実際はもっと車長があります。客席ももっと長いですし、後述するA&Bエリアはもっと広いです。

…で、荷物が特別大きい輪行者は、他者にできるだけ迷惑をかけないがモットーですから、車両の一番前とか、一番後ろとかの広い場所、図のA&Bエリアを利用しなければなりません。

ただ、ワンマンの場合、入り口が一つに限定されるため、前乗りの今回の場合、一番後ろのBエリアに移動…となると、乗客の間を割りながら移動するため、面倒なことになってしまいます。

じゃぁ、Aエリアに陣取ればいいのか…というと、乗り降りの発生するところですから、そんなたむろしていられません。1~2台ならともかく、それ以上だとちと考えどころです。やはりどうしてもBエリアを使用しなければならないでしょう。

つまり、「集団の輪行に向かない」あるいは「小さい自転車に限定し、持ち歩きは気合いを入れて人の邪魔にならないように持ち歩く」といった注意が必要になってくるものと思われます。

なお、勝田と那珂湊駅は前後のドアが開いて、精算は駅舎になるので、そこでの乗り降りが決まっているなら、多少やりようが変わってくるかもしれません。

あと…平磯だったかな、どこかもう一つ改札があったような気が…。繁忙期の阿字ヶ浦も駅舎での改札がありそうだなー。


本来輪行は無計画性でも楽しめてしまうのが面白いところとも思ってはいますが、それなりに下調べが必要というか、ちと特殊性があってもそれに対応できる知識なり経験が必要とも思えてくる体験でした。

#…っていうか、おいら自身、久しぶりの本格的な輪行だったような気が(^^;)。

« ちょっとショック | トップページ | モバイル機器の使い方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/43795379

この記事へのトラックバック一覧です: ひたちなか海浜鉄道の輪行の楽しみ方:

« ちょっとショック | トップページ | モバイル機器の使い方 »