2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 一応どこでもiPod Touch | トップページ | ちょっとショック »

2009/01/19

いざ、ひたちなか海浜鉄道へ

09011801

まず、経緯を説明しておきましょう。

2010年に開催される春コミ開催場所が「水戸」と発表されました。

おお、水戸。思ったよりも遠くないな。行ってみるか。泊まりもありよね。そんな記事を掲載したわけです。

そこにコメントでひたちなか海浜鉄道の吉田さんという方から、「ひたちなか海浜鉄道にも乗りに来てくださいよ。干しいも、お魚、ひなびた風景に現役レトロ車両。なかなかいいところですよ」といただきました

090117_123920 ほほう、それはおいらに対する挑戦だな?(意味不明)と受け取り、早速翌日には常磐線との接続駅である、勝田駅に立っていたわけです。

つまり、武蔵野線で西国分寺駅から新松戸に移動。そこで常磐線に乗り換え、我孫子まで各駅停車。そこから快速に乗り換えて、一気に勝田まで。

…え?路線は問題ではない?だからなんで勝田まで行ったんだって?

…いや、驚くかなぁ…って思って…(^^;)。

拝御:「いやぁ、コメンいただいた翌日には、何の予告もなくひたちなか海浜鉄道に来ていたら、吉田さん、驚くかなぁ…って。驚く顔は見えないけれど、そんなこと考えたらもう有頂天になって…。その後のことはさっぱり…」

通りすがり:「こいつは出たての若手芸人か」

通りすがり:「それも天然系だ」

…みたいな(^^;)意味不明。

ところで常磐線に乗っていて気がついたんですけれど、水戸駅手前で大都市圏内なのに、えらくデカい公園が広がっていません?なんかいい感じに水と緑が広がって、市民が自然にふれあえる環境がすぐ近くにある感じ。まぁ、車窓から見た風景だけでイメージしただけですけれど、いい感じに住めるところのような…。

そんなことを感じながら勝田に降り、ひたちなか海浜鉄道のホームに立ったときにはまた別の考えが…。

「…これからどうしよう?」

そう、前述したとおり、ここに来たことによってだれか驚いてくれればそれで良しとしか考えていなかったので、その先に何するか、まったく考えてませんでした(^^;)。下調べも何も無し。

…どこ行こう?…と思って、とりあえず一番安い150円の切符を購入。あとは気が向いたところで乗り越しで下車すりゃいいかなぁ…と安易な考え。

ただ、考えてみればそうそう駅も数ありません。ちと考え事をしていたら、あっという間に終点に着いてしまいそうです。

そうだ、適当なところで降りなければ…と、携帯で写真をBlogにアップし終わった後思い立ち、40円足して降り立ったのが「中根」という駅。

09011802 …ここ、どこ?

あまりな周りの何も無さっぷりにびっくり。おいらのお袋の故郷、田切にだって近くに売店くらいはあるぞ…。電車が走り去った後、早々に「やっちまった」感が…。

09011803 さぁ、どうする…と、走り去るレトロな現役車両を見送りながら途方に暮れるおいら。しかし、戻る…って選択肢はなかろう。どうせ死ぬなら先に進んで死ななければ(意味不明)。

とりあえず輪行を想定して持ってきたブロンプトンを組み立てて、ひたちなか海浜鉄道に沿って走行することに。

09011804 走り出して早々、近くに温泉があることが判明。…なんだ、温泉があれば、りっぱな戦略拠点やん(^^;)意味不明。

09011805 そのまましばらく走っていても、ただひたすら冬の田んぼが広がるだけの光景が延々…。あー、なんか古き良き日本の風景がここに…。まぁしかし、そういうところばかり走りっぱなしと言うのもらちがあかないので、車両行き交う245号線にスイッチ。少しは人通りのあるところでも…と思って走っていたら…

09011806 こんなモニュメントが。

そういえば吉田さんも言っていたな。干しいもがあるって。そういえばこの辺の名産だったような…。なかなか良さそうではあったものの、今回は軽装装備+偵察用(謎)用具+テスト機材(謎)などの装備で、お持ち帰りしにくい体制。残念ながら今回は購入を見送ることに…。

09011807 しくしく。なんか、焼いた芋を干すという、ちっと普段と違う干しいもっぽかったので、かなり惹かれたのだが…。

09011808 そしてさらに走行すると、那珂湊駅に到着。なんか、路線の中で勝田を除けば一番賑やかな駅周辺っぽい。この近くで何か昼食をとるかなぁ…とちと調べたところ、近くに漁港があるらしい。

 


09011809 漁港!魚かっ!またここで吉田さんのキーワードがっ!!(^^;)何のゲームやねん?

しかしこの時点で14時頃。築地じゃぁもう終演の頃やし、行ってもなんか残っているのやろか…?とあまり期待しないで行ったところ…

09011810 大繁盛!あれっ!?

どうも市場の相手が一般客、観光客相手のようで、築地のように仲卸中心でないからこの時間でもこういう活気があんのなー。

09011811 もうすごいですよ、生牡蠣やらうにの貝焼きやら、もうこれだけで十分輪行とかのネタになんな。

イカの干し方」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有
こんなのもあるし(^^;)。

09011812 干物もあるから、どこか場所を見つけて焼いて食う…ってのもアリでしょう。

09011813 ただ、今回のおいらはそういう装備は無いので、適当な飲食店で腹ごしらえを…と、かつお・マグロ刺身定食を注文。丼物でも良かったような気もしますが、まぁとりあえず…(^^;)。

いや、美味かった。あんなに柔らかいかつおは初めてのような気が…。やっぱいいですな、ああいう所のお食事というのは。

食事も済むともう15時。さすがに人もまばらにはなってきますが、それでもまだお客も多い。なかなか面白いところやね…と市場をあとにし、さらに先を目指します。

09011814 日もだいぶ傾いてきて黄色くなってきますが、それでもゴールを目指さないと。…特に何も決めていないゴールですが(^^;)。

09011815 とりあえず殿山駅あたりは写真撮影したものの、平磯手前でつい海岸線の方を走行。やっぱ海辺は気持ち良いものですな。

09011816 写真も撮ったり。

09011817 ただ、さすがにずっとそういうところを走ってばかりいても飽きてしまうので、適当なところで磯崎あたりで内陸(?)に移動。

09011818 磯崎。あ、そろそろ終点かも…あまりこれといった見所を見てないな…と気がついて、ちと辺りを見回してみることに。

09011819 すると酒列磯前神社という、荘厳そうな神社を発見。なにやら由緒正しき、歴史も深そうなこの神社、なかなか見所深そうですが、今見てしまうのももったいないので、あえて軽く流すことに。

09011820 で、その裏のニュー白亜紀というホテルでに帰り温泉も入浴可能ということも発見。見晴らしの良い展望風呂のようだし、駐輪場もあるので、輪行に良いかもね!ただ、16時から18時は入れないようなので要注意や!

09011821 その他にもここら辺は神社やら古墳、海水浴場やら旅館やら色々あって、なるほどひたちなか海浜鉄道がここまで来るという気が…。つまり夏が賑わうんだな。だったら走行時期はそれ以外だ!(^^;)ぉぃ

09011822 まぁともかく、ここまで来るとさすがに日が沈んできます。泊まるのもなんだし、帰りも3時間くらいかかるわけですから、とっとと阿字ヶ浦から引き上げることにします。

…で、ふと車窓から西の空を眺めると、今にも地平線に沈みそうな夕日が。

09011823

ああ、これが吉田さんの最後のキーワード、「ひなびた風景」なのか。いやしかし、なかなかどうして普段目にしない「地平線に涼む夕日」は心を満たしてくれます。

そんな、ひたちなか海浜鉄道紀行でした。あまり電車、乗ってませんけれど(^^;)。

…というか、ここまで気軽に吉田さん、吉田さ~んと気軽に呼んでしまってますが…ひょっとして…社長さまであらせられますかっ!?(--;)ぉぃぉぃ

« 一応どこでもiPod Touch | トップページ | ちょっとショック »

コメント

 ご乗車ありがとうございます。
 こうやって、乗っていただくのが一番の支援です。
 十分沿線を堪能されたようですが、まだ未練があれば、ぜひもう一度お越しください。
 ところで春コミ、結構「濃い」人たちが集まるイベントなんですね。あの手の趣味の人たちがどのくらい鉄道に興味を持ってくれるかわかりませんが、いざという時にはお知恵を拝借したいな、と思います。
 よろしくお願いいたします。
(吉田)

くぅ~。勝田生まれ、湊線で通学しておりました身には大変、大変、懐かしゅうございます。

乾燥芋、入ってますよ、冷蔵庫に。(俳句かいっ!)。このあいだ実家から送って来ました。ただし、普通の、平べったいタイプ。

拝御さん、吉田さんに知恵かしなはれ。車体に萌え絵画くとか...。

どうも、なにがしかの支援になっていれば幸い…ですが、まぁ単に自分が楽しんでいるのが最優先かなー…とも思ってますが(^^;)ぉぃ。

未練?たらたらです(^^;)。アンコウ鍋はなんとかして食したいし、干物も持って帰りたい。普段私が活動している範囲で手に入る干物とはラインナップが違うんですよねー。やはり地域地域の漁港は違いますね。

あと、萌え絵はどうかと思うぞ(^^;)。まぁでも、なにがしかの知恵…というか、情報とか必要でしたら提供させていただきますよ。

…というか、近々基礎知識的な記事を書きましょう。はい。まぁ、あくまで一人の視点でのイベントの説明になってしまうと思いますが。

基礎知識はともかく、おさかなものどかっぽさも
良い感じなので、寒いうちに行きたいな。

31日にでも行く?(^^;)一応冗談のつもりですが…

古い記事にコメントして申し訳ございませんが...。

乗って参りましたよ、ひたちなか海浜鉄道。(法事で実家に帰るので、乗ってみるかな...と拝御さんにメールしてしまった手前もありまして...)。

かれこれ、31年ぶりだろうか。金上まで乗ったんだけど、「えー!?金上って、こんなだったっけが?」(茨城弁) 。通学してたときは、結構乗降客がいた記憶があったけど...。

金上から勝田駅に戻る車両には、なぜか、スタッフジャンパーを着た方が...。勝田駅に戻ったら、団体客が待っていて、そのエスコートのために乗車していたスタッフさんのようでした。

金上駅で乗車したときにとった乗車券は、「記念にもらってっていいですか?」と言ってもらってきました。

勝田からそのままJRに乗り込もうとすると、勝田着の乗車券って回収しなくても良さそうな感じでしたね、そういえば。言えばもらえるのか…。おいらもそうしようかな…。

まぁ仲間内では、金上よりも中根の方が「誰が利用するんだ?」と超疑問なのですが(^^;)。

あ、ごめんなさい。乗車券じゃなく、乗車駅証明書でした。バスの整理券みたいな、白い薄い紙。

中根か...。中根は、31年前も、今も、たぶんあんまり変わってないと思う。

(またコメントしてしまってすみません)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/43780641

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、ひたちなか海浜鉄道へ:

« 一応どこでもiPod Touch | トップページ | ちょっとショック »