2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/30

輪行本3の通販受付中

※この記事は11/30までトップに記載されます。

現在、以下の同人誌をポップルートで通販受付をしています。11月いっぱいという期間限定ですので、申し込みはお早めに。

輪行本 Vol.3  -自転車の買い方、自転車屋の探し方-
08080305
B5/本文34ページ・500円
○今まで紹介してきた自転車を購入するなら、いや、それ以前にどう自転車を選べば良いか、そのためにどう自転車屋を選べば良いか…の指南本を目指してはいます。 ただ、正直、初心者向けに描いたつもりですが、ちゃんとそういった方々に役立つ内容なのか…ちと不安。うーん…。 サンプルページ、その1その2

2008/11/28

SSDメモ

SSDの低価格化が著しい。SSD時代は来年から…という話もあったけれど、気がつけば

CFD販売、書込み90MB/secの高速SSD
~30GBモデルが実売9,000円から

この記事のようにそこそこの性能で(HDDに比べればだいぶ速い?)結構低価格でSSDが手に入る時代になってしまった。このシリーズで256GBも単純に倍価格で出れば、おいらが「できれば6万円以内で」と言ったのも実現してしまいそうだ。

ただ、やはり金額以外の面で心配がつきまとう。特に寿命かな。MLCでも心配自体が無駄…というのならそれはそれでいいのだけれど、いまいち問題ないという根拠がはっきりしない。確かに自分でもイメージ的に数年は大丈夫でしょう…という気がするのだが、どうしても確信が持てない以上、そこから先に進めない。

安易に「速い」「安い」とだけ謳われているSSDが心配なわけだ。

…となると、こういう記事に掲載されている事項が早々に色々な製品で実現して欲しいと思えてくる。

SanDisk、SSD向けファイルシステム「ExtremeFFS」を解説
~“プチフリ”と無縁な、高速化技術

OSに依存しないレベルでHDDと違うファイルの扱いをして寿命を延ばすだの、寿命をわかりやすく明示化するとか、PCに詳しくない人でもある程度の手間でHDDの代わりに入れてもいい気になるためのアピールポイントを明確にして欲しいですな。

まぁこちらのように「3年保障」でもいいし。

バッファロー、環境移行ソフト付きのIntel製SSD

もっとも、さすがにこの容量と金額はちょっと…(^^;)2割引でもキツいなぁ…。

うーん…

ここのところ仕事がらみでExcel2007をよく使っているのだが…、なんかリボンインターフェイスに慣れてきている自分が…(^^;)。

な、ななななんか、便利のような気が…(^^;)。

2008/11/27

X61Tabletの不調

X61Tabletのネットワーク接続が勝手に切断され、(今のところ)再起動以外の復旧手段がない症状。悩まされています。

原因は不明でしたが、さすがにこう何度も症状が発症すると、発症のきっかけくらいは推察できてきます。

どうもタブレットモードの切り替えが怪しい。つまり、画面をハード的に回転させて開閉させるコンパチモードとピュアタブレットモードとの切り替え時、特にピュアタブレットモードからコンパチモードに戻るときにネットワーク関係の処理を落としているらしい。

…あの、ピュアタブレットモードにしないと、私、作画できないのですが…(T_T)。

切断された後の復帰策がどーしても見つからず、やはり再起動しかないらしい。

ここらあたりが非常に症状が似通っているので、記載されている対応策でどうにかなるかな…と思っていたのだが、残念ながら解決には至っていない。一時的な対応策も通用していない。


さらに検証してみると、どーも一緒にタブレットPC特有の、ソフト的に画面を回転させる画面ローテーション機能が伴わなければ、ネットワークを切断するといったことはしないらしい。

そこで昨今は液晶画面をくるりと回して自動出来に画面が切り替わらないようにしている。慎重にボタン操作で別途画面切り替えをすれば、どうにかなるかな…と思ったが、手動画面切り替えでもおかしくなるものはおかしくなる。

…ので、ソフト的に画面を回転させる画面ローテーションを一切行わず、ハード的にタブレットモードと行き来すれば問題は起こらない。

だったらそのまま作画すればいいじゃないか…というと、そうもいかない。

一応横画面のままの作画…というのは問題はない。今までもそうしてきたから。

困るのはタブレットモード時に画面を回転させないと、マシン全体の傾斜が画面の向きと一致しないこと。画面奥が沈み込んでいる形になり、前のめり体勢を取らなくてはならず、体に悪いし、作図に悪影響を与えてしまう。

筐体の下に何かを置いたりして角度を変えて対応しているが、場合によってはマシンが不安定になってしまう。

なにより、タブレットボタンが配置されているベゼルが下側に来てしまい。作図中手がボタンに触れてしまい、カーソル等が勝手に動いてしまうという症状が頻発してしまう。これも設定を変えなければならないが(割り当て機能を殺すとか?)、ピュアタブレットモード時にカーソル操作が必要になったときに困ってしまう。


そういったわけで非常に不便を感じているので、とりあえずの対処法だけでもと模索は時折しているが、暫定策すら一切見つからない状態。

タブレット切り替え時にいったんスタンバイモードで電源を切り、ハード的に画面を切り替えてから電源を投入する…といったこともしているのだが、意地か親の敵なのか、「タブレットモードで画面ローテーション」をしていた後にコンパチモードに戻していることに気がつくと、必ずネットワークを落とすという念の入れよう。

指紋センサーのこともあるし、もうハード的に壊れているのではないかと疑っている。ただ、だとすると、ピュアタブレットモードからコンパチモードの時だけおかしくなり、逆の時におかしくならないのが説明がつかないのだが…。

修理に出して直る部類のことなのかもようけわからん。まぁ、原稿作成中だったりするので、出しようが無いのだけれど。


正直、次期マシンはタブレットPCでなくても良いかなぁ…という気はしている。勿論ベストはタブレットPCだけれども、高解像度が無いしなぁ…。レノボとHPの選択肢だったら、今度はHPで…という気がしなくもない。どこまで便利なのかはよくわからないが。

高解像度優先で、なんとかその中で軽めのノートPCにワコムのタブレットをつけてもそれはそれで構わない。画面とペンの位置が違う状態の描画にまだおいらの手が追いついているかはちと疑問だけれど。まぁでも意外にトラブルはそちらの方が少ないかもね。

ただ、「どこでもお絵かき」と考えると、タブレットPCにはとてもかなわないし、意外にそういう使用があるんだよね、俺。そう考えるとX61TabletSXGA+は名機だったなぁ。今でも使っているけれど。ほんとにもう1台買っておくべきだったか…。中古で見かけたら即保護せんとな…。


まぁともかく、今のトラブルに話を戻せば、タブレットモードにするときはもう気合い入れて、そのモードでしかできない作業をやる。それ以外の作業(長文入力等)は一切行わない(最悪、外付けキーボードを装着)と覚悟してあたらないとダメだ。

で、作業をすべて完了後、再起動…と。…なんだかなー。普段は再起動なんて数週間に一度しかしないのに、1日最低1度ということになってしまうと、PCがすげぇ億劫でたまらない。まぁ寝しなにやってしまえばよいのかもしれないが。

…はぁ、原稿作成が終わったら、本格的に対処せんとあかんなぁ…。

ポメラの使い方のコツ

まだ「何度か」しか使っていないポメラ。あまり評価は変わっていないのだけれど、1点、気がついたことがある。

ポメラは筐体も液晶画面もが小さいので、ついつい手元に引き寄せてしまうが、忘れてはならないのはノートPC並みのキーボード装備ということ。ノートを机上で使用するときは、ちと体から離して使用する。すると手首の角度に余裕が生まれ(?)、さくさく入力が出来るようになるというわけだ。

そんなわけで、机上でも体から少し離して使うことを心がけたい。

2008/11/26

メガネの必要性

気のせいか、原稿を描いている時、目が疲れるような気がする。どーも近くが見づらい。…いよいよもって老眼か?

まぁ、もともと視力がいいので、「そういう人は早く老眼になる」と暗示のごとく言われ続けていたので、そこはそれ、別段ショックでもないのだが、原稿描きに影響するのはなんだかなー…と。

こりゃ、眼鏡かな…と考えるところなんだけれど…人生の中で眼鏡が必要になったことが一度も無いのでわからんのだけれど、老眼鏡って、老眼鏡っぽい老眼鏡しかないのかい?老眼鏡っぽくない老眼鏡もあるのかい?ふつーに眼鏡として使用するなら、老眼鏡っぽくない老眼鏡の方が良いなー。

まぁまずは眼科に行って、正確な診断を受けるべきか?

いやまてよ。眼科じゃなくて眼鏡屋でもいいのかな?でも銀座とか…歌舞伎座の前だったかな?眼鏡が必要かどうかの視力検査だけやってくれるようなところもあったような…。

うーん、わからん。


#まぁそれ以前に、ただの疲れ目…って線もあるが(^^;)。

今年の冬は寒いのか?

なまらしばれる…20年ぶり北海道で11月「-20度以下」

このニュースに限らず、なんか冬の訪れが早いだのなんだのといった知らせが多い気がする。「例年よりも遅い」という語句も聞いている気もするが。

ともあれ、前回の冬は走るのが苦痛なくらい寒かったのだけれど、その分今年は反動で「そんなに寒くない」冬にならねーかな…と期待していたのだが…。


まぁ、入り口だけ寒くて、本格的な季節になったら気温が下がらなかった…ということもないでもないし、今から一喜一憂する必要もないとは思うが…、ユニクロのヒートテックはもう少し仕入れておこうかな(^^;)。

2008/11/25

地デジまだまだ考え中

そろそろ地デジ対策を講じたい。まだ視聴できる環境がワンセグ以外に無いからねぇ(それもあまり見てないが)。

とりあえず大型ディスプレイ+HDD付きBDレコーダが一番無難だと思うけれど、前にも書いたとおり自室用なので、PC用途も一緒にこなし、省スペース化を図りたい。

…となると、パワーの有るVAIOtypeRかなぁ…と思っていたのだけれど、最近は「そこまでハイパワーなマシンが必要かなぁ?」と考えが改まってきた。別段、動画編集を頻繁にやっているわけでもなし、写真整理もリキ入れているわけでもなし。

そうすると、10万くら下げてtypeLだったかな。同じく一体型大画面だけれど、一般的な機能のPCに落ち着く。それで十分のような気が。

BS・110度CS放送に対応していないけれど、どのみち色々視聴している時間もないし、地デジ対応だけで良いだろう。

まぁそれ以前に、地デジ用PCではVAIO以外、BDの使い勝手を考えると、あまり選択肢が無いような気がするのは気のせい?


とはいえ、液晶ディスプレイ+録画用PC…という考え方もスペース的に可能であればありかとは思うが、どうだろう?何かの際にテレビとPCがくっついていると、両方不便を被りそうだ。

…となると、こういうディスプレイも用意したい。

三菱の「VISEO MDT221WTF(BK)」で3波デジタル放送を“ながら視聴”した

これを中心にPC環境を整えられれば良いのだが、VAIOなみに快適な地デジ+BD環境というのが他に無い気が…。

さらば、すかいら~く

すかいらーく 店名消える?…「ガスト」などに転換へ

ほほう。すかいらーくといえば、「幸福のジョッキ」事件の印象が強烈すぎて、その他の記憶が無いなぁ(^^;)超謎・一部爆。

幸福のジョッキ事件…。文字での説明だと何が「事件」なのか説明しづらいのでここでは書かないが、あれを思い出すと…、「すかいらーく」の文字が消えるのが非常に喜ばしい(^^;)ぉぃぉぃと思う反面、一抹の寂しさが…。


…まぁ、おいらにとってはおいらん家の前のデニーズさえ無事なら、どーでも良いのだが(^^;)ぉぃ。

2008/11/24

仕事とテキストエディタ

ふと、メモ帳・タスク表代わりに開きっぱなしにしているメモ帳のテキストファイルの容量を確認してみた。7月から基本開きっぱなし、メモしっぱなしで200kBに手が届く程度。5ヶ月でそんなところだから、1年で500kB行くかな?

最近は超整理術とかノート一冊術とか、いろんな仕事のメモの活かし方とか言われているけれど、ちょっと聞きかじる範囲ではいまいち自分のものに仕切れない。手帳とかメモ帳、ノートが使いこなせない…というか。

ただ、今現在行っている、Windows標準のメモ帳で開いている1つのテキストファイルに仕事のメモ・タスクを取りまとめている範囲では、自分なりに使いこなして仕事に活かしていると思う。

まぁ別に自分のオリジナルということではなく、超整理術の「情報は一つのポケットに」というのは踏襲してはいるつもり。だったら紙ベースのメモ帳とかでも良さそうな気もするが、タスクメモも兼ねているので、テキストを結構頻繁に入れ替えたりするので、紙メディアはその点で扱いにくい。

しかし、本当にあとはそれと単語検索で過去の情報を検索する程度の使い方なので、それ以上の機能も必要ないわけ。


スケジューラーとか、グループウェアとか使いこなせばいいような気もするけれど、一つの、上から下までのテキストエリアがあれば、なんとかまかなってしまうのがまたなんというか…。

まぁ、テキストファイルなので、いざとなればどのデバイスにもコピー可能なので、プラットフォームを選ばないという利点(ポメラを除く(^^;))もあるけれど、いまのところまだそういうのが活きた機会というのは無い。

ただ、さすがに一つのテキストファイル上に複数のプロジェクトが混在してしまうとややこしいことになる。せめてファイル単位で分けたいところだけれど、そうすると操作性と検索性が損なわれてしまう。

そこで出てくるのがネタの種や紙copiといったテキスト表示・編集機能を装備したファイラー。ファイラーというくくりもどうかとは思うけれどそれはともかく、複数のテキストを横断した検索もできるので、基本的には便利。実際、日記作成とかには使用している。仕事にはまだだけど。

あまり職場のマシンにSEが管理していないソフトを入れるというのもどうかな…という気がしていたので。まぁ紙copiくらいはいいとは思うけれど。あるいは紙copi netって手もあるか。

これだとブラウザが使えれば、同期の必要も無いか。まぁ、電波が届くところ…という前提はあるけれど、仕事でそんな電波の無いところは行かないか。

ハード的に一番いいのは電子手帳がATOKとネタの種(紙copi)を装備してくれることかな?電子手帳も気が付けば結構いい筐体、親指打ちで快適そうなキーボードや、視認性のいい液晶を装備してくれているようだし、SDカード類を装備して、ストレージもそんなに不便を感じないようになっているようだし。もっとも、他プラットフォームとの連携を考えると、先の紙copi netの方が便利そうだけれど(^^;)。

まぁ、そんなことを考える今日この頃。

2008/11/23

青ざめる恐怖

輪行本3.5…の話ばかりで恐縮だけれども、色々あって間に合わなさそうな感じではある。

おかげさまで体調を気遣っていただいて、無理しなくても…と声をかけていただいている。おいらもいざというときは…というちと甘い考えではいた。来年の夏コミだってあるんだし。

ただ、それでもそれなりにやる気もあって、今まであまり描いたことのない「カメラ」とかは描画に時間がかかってしまうのではないだろうか…という懸念が強かった。

08112301…ので、先に描いてしまった。自転車よりは楽なものの、スクリーントーンなどの処理をどうしようか、…という頭の痛い問題も山積している。

まぁ、今回はその辺は線画処理で勘弁してもらおうとは思っているのだが、もっと大事な問題があることがわかった。

自分なりのお薦めラインナップを描いた後、これが遅れて夏コミになったら…と思うと、描いたカメラのおそらく7割方は過去モデルになってるな…と。

結構時間をかけて描いてはいるのだが、これ、冬コミ落とすと大半描き直しになるのではないか…と。

自転車の小径車をカタログ形式に描いた輪行本2にも、もう新車では手に入れられない車種もあったわけだけれど、そんなに割合大きくないし、多少なりと現行モデルにもそのまま通用する描画もあったので、そこそこ長続きしているかと(そろそろ描き直さないとならんページもあるかとは思うけれど(^^;))。

ただ、デジカメは違う。パナソニックなどのデジカメがたくさん載っているようだと、半年もするとなんと陳腐なページになることか!

…ヤバい。ヤバ過ぎる。出た後で古くさくなるならまだ許せるが、出る前から古くさくなるなんてっ!(--;)

なんとしても完成させなければ…。

欲しくなってきたSSD

Samsung、256GバイトのSSDを量産開始

ほうほう。今、秋葉原などで一般的に手に入るSSDの最大容量ってば128GB程度でしょ。

X61Tabletで使用している200GBをフルには使ってはいないけれど、128GBで収まるようになっていないので、せめて180GBが出てくれないとなー…と思っていた。

ただ、考えてみればモノは半導体なわけで、倍々でふえていくわけだから、128GBの次は256GBだったのですなん?容量的にはOKだけれど、果たして価格は?

妥協できる値段だったら、X61Tabletに入れてみたい…。ん~、なんとか6万円以内で(^^;)無理か。

夢のマウント

宮本製作所、マイクロフォーサーズ用Mマウント・FDマウントアダプター

ついにキましたな。誰かが作るかとは思っていたけれど、G1以外まだ出ていないのに気が早いなー。しかしこれでMマウント、Lマウントレンズも他のカメラで使える訳か。

とはいえ、個人的には焦点距離2倍はないなぁ…と。

なんてたっても35mmでも70mm、50mmでも100mmでしょ?広角が望遠、標準が望遠と、感覚がつかみきれないような…。まぁでも80mmF1.4とか変なレンズができるわけで、面白いといえば面白いか。

で、ファインダーやライブビューもあるわけだから、RF機みたいな心配も無いわな。

しかし周辺減光の影響を受けにくく…というか、レンズの一部分しか使わないわけで、そういう意味でレンズの味を出し切れない不満はあるけれど、これから出るボディの方の価格や性能、試写結果によっては、それなりに考えても良いかなぁ…。

まぁまずは使えないレンズってのがどれかがわからんと。R-D1の制約よりきびしそうだ。なんだかんだでそこそこ飛び出ているのも多いからなぁ…。

2008/11/21

来年以降の輪行本を考える

最近コミケごとに立て続けに輪行本を出している。一応。2、2.5、3、そして今3.5にとっかかり中。

まぁ、本業の件や天気のせいもあるので輪行本のせいとばかりは言わないが、輪行本作成に注力するあまり(結果的にまだあまりしてませんが(^^;))、昨今あまり走っていない。走れない。輪行本は元々啓蒙目的の他に、友達を作ってもっと走る…という目的もあったわけだけれど、そのために自分が走れないのであればある意味、本末転倒のような気がする。

そういえば昨今、ネームの悩みっぷりや、詰め込み過ぎもどうかなぁ…という気がする。


一度原点に戻らないとな…という気が。

そんなわけで、年1巻発刊コースに戻そうかな、と思っています。

あと、マナー編にあたる輪行本4は作成の義務感が無いことも無いんだけれど、一度「好きに作る」という原点にも戻りたいので、来年の夏くらいはあえて「ぶろぽん」にしようかな、と。2009年モデルが結構デキがいいので(とあるたった一つのささいな改良点なんだけれど(^^;))、ブロンプトン専門本を作ってみたい気がわくわくしておるわけですよ。

まぁそんなわけで、来年からはちっと発刊が変則になるかもしれません。まぁ、元々コミケでしか頒布してないんで、あまり変わらないかもしれませんが(^^;)。


#ちなみに3.5はちとネーム構成を変更し、一部内容を削除してなんとか2ページ減。うーん、さて…。

2008/11/20

スケジュールを絶つ

先にも書いたとおり、輪行本3.5が落ちそうな気がするが、最後まであきらめないためにがっつり原稿作成に取り組んでいくつもり(紅葉狩りが終われば(^^;)ぉぃ)。

…なので、12月14日以前のスケジュールは大体もう出られない…ってことで(;_;)。忘年会もだいぶ欠席する予定。新しい職場に来て、まだ一度も飲み会とか出た覚えが無いような…。なーぜかこういうプライベートな用事にいつもぶち当たっているような…。

他の所の忘年会や、その他のイベントのお誘いも受けているが、残念ながらお断りせざるをえない(T_T)。10日のイベントなんて面白そうなんだけれど、とても出られる状況に無い…。

…まぁ、その時点で明らかに「落ちる」のが明確なら、開き直って出かけてしまいそうだけれど(^^;)ぉぃぉぃ。

今週末の1日くらいは…絶対、紅葉を見に走…りたい

輪行本3.5の原稿が、結構ヤバい状況だと思う。

ペース的に間に合わないような…。もっとリキ入れて原稿作成に注力したいが、やはりとっかかりと前半のスケジュールの遅れ(静養)と、PCの原稿作成環境が改善されていない点(別記)、馬鹿なページ構成(30ページ(^^;))のせいで、いまいち効率が上がらない。

これからは締め切りまで、基本的に原稿作成シフトでいくしかない。


ただ、気がつかないうちに世間は紅葉シフト(?)だったのね。…行ってないなぁ。…行くか(^^;)ぉぃ。


…1日だけ(^^;)ぉぃぉぃ。

いやもう、アウトプットするならインプットもしておかないと。

でも手近で済まさないとおっつかないから、御嶽渓谷のいもうと屋あたりに…。でももう見頃過ぎたかな…?

昭和記念公園の銀杏並木がもう見頃だとかいう記事を読んだ記憶もある。なんか知らない間にあっという間にシーズンが駆け足できた感じがするなぁ…。

とりあえず土曜に御嶽渓谷に向かい、そこで、あるいはその途上で「見頃過ぎてるな」と発覚すれば、返す刀で昭和記念公園だろうか。若干強行スケジュールっぽいけれど、もうともかく紅葉を頭に入れておきたいよ。

あ、あとR-D1+M8コンビの紅葉撮影も(^^;)。

2008/11/18

実りに感謝

L1000989 実りのフェスティバルに行ってきた。

今回は開場直前から乗り込んでいただけあって、かなり空いた会場を満喫できたのは良いが、会場直後はまだ試食が用意し切れていないという状況であったのもまた事実。なかなか良いポイントが見つからない(^^;)いやまぁ、ぶらぶらしていればだんだんと試食も増えてくるのだけれど。

まぁともかく、面白かったですよ。最近はなんですか。テレビ番組でも「地方色」をメインに捉えたバラエティも複数ありますし、各地方の売りが見えてくるわけですよ。で、昨年を知っていると、「あ、路線変えてきやがったな」なんてところも見えてくるわけ。

例えば千葉。昨年は新産業を推していこうとしていたのか、ブーケレタス(水耕栽培し始めたばかりの新品種)とか出していたのだけれど、今年は初心に立ち返ったのか、ピーナッツのオンパレード。なんか「今、千葉を支えている農業もしっかりアピールしてくれよ!」と誰かに言われたか?

東京都はちと観光的に交通の便が悪いながら、都としてアピールを欠かしてはならない伊豆諸島や小笠原諸島といった離島の名産を推しつつ、昨年評判が良かったからか、都内の蔵の日本酒キャンペーンを再び展開。しかし毎年同じことばかり…というのも芸が無いと思ったからか、「東京はソース」という新キャンペーンのコーナーも新設。有る意味欲張った構成を展開。

その他は無難に名産物キャンペーンを展開。別に頭をひねらなきゃいけない…ってこともなく、地道なキャンペーン活動も必要なわけで、有効でもあるし。

神奈川県は横浜開港150年記念を推していたね、そういえば。あと地元産の野菜。地ビールには惹かれたが、さすがに自転車だったので遠慮。ちっ。例の葱は無かった(一部爆(^^;))。

L1000991 で、例の「伝説の蕎麦湯」があった福井県だけれど、ブースの雰囲気は前年と変わらないながら、今回は手打ち蕎麦作り体験キャンペーン。参加したかったけれどエントリーできず。むぅ。しかもイートインコーナーはおにぎりと味噌汁という、一見蕎麦から離れた展開。いや、一応蕎麦を使ってはいるのだけれど、例の蕎麦湯がないと昨年の伝説を知っている身としてはさびしい限り…。

ちょっと本分を見失ったのは埼玉県か。名産を推していたのはいいんだけれど、アンケートを中心に展開。その内容は「どの名産物がお好きですか?」。どれだけのアンケートじゃないけれど、その名産を推すため、周知度を上げるためのキャンペーンで、それらをもともと知っている…という前提のアンケート展開がよくわからない…。

他にも色々とあったわけですが、さすがに多すぎるので省略。

L1010001 で、戦利品ですが、こんな感じです(^^;)。

長崎では「俵物」と呼ばれていた練りもの…ですよね?呼び名が違うのかなぁ?まぁ、酒の肴に…と思って購入。まぁ、基本的に親父の胃袋に収まるようですが(^^;)。

鹿児島だったかな?ボンタン漬けというものも発見。ボンタンアメというのがあるけれど、
あれのボンタンを青い内に収穫し砂糖に漬け込んだものらしい。漬け物というよりはお菓子で、これがなかなかの美味。これもまた家族内での争奪戦に陥っているけれど、有楽町のアンテナショップでも扱っているらしいので、補給はそんなに心配なし。

なんとなく買ったのは桜エビ。駿河湾だから静岡か?本当になんとなーく買ってしまったのだけれど、カルシウムとかミネラルとか足りてなかったか?(^^;)その時 まぁ、でもなんか料理に使うか、直にかじるか。

栃木ではとちおとめを購入。安めの値段設定っぽかったので(相場を知らないが(^^;))、あえて「型くずれですけれど、味は変わらず大粒のイチゴパック」ではなく、きちんと形の整ったもののパックを選んでみたり。これがまぁ甘くて食べやすいっつーかなんつーか。いいね。

淡路島のタマネギを使ったスープの素もあり。アメ色にソテーしたタマネギ真空パックというのもあったけれど、そんなに量を使わないのに使い切りパックだったので断念。まぁ、スープの素が調味料にも使えるようなので、風味付けにも利用しようかと。

能登の塩は単純に粗塩なんだけれど、天日干しで作っただけあってしょっぱいだけでなく、甘みもあるような、ミネラル分もあるような感じがして、なかなかのもの。なんかの料理に使っていくか…。

喜多方の10割蕎麦はその日の内にいただきました。美味かったですが、10割ともなるとゆで方にコツがいるようです。ちぎれちぎれにゆであがり、若干ヘコみぎみ(^^;)。ちなみに購入時、皆試食に並んでばかりで、肝心の打ち立て蕎麦がさっぱり売れないという案配。ああ、なんてもったいない…。

あとは熊本の椎茸か。焼いて食いましたが、「海水と同じ濃度の塩水にさっと通してから焼いた方が美味しいよ」と言われて実践しましたが、塩水にくぐらせずに焼くのを忘れ、比較ができませんでした(^^;)。まぁ、美味かったからいいか。

ちなみに東京ブースで購入したドレッシング風ソースも、キャベツのみじん切りで食ってみました。美味かったですね。ただのソースでもええやん…という気もあるのですが、妙に味がつやっぽいというか…。面白い味です。これならソースが混じるような皿でも、あえてこちらのドレッシング風ソースを使ってみようという気にはなります。ただのドレッシングだとソースと混ざると変な味になりますからなぁ…。

まぁ、そんなところです。

2008/11/17

サイクルモードを活かさない男

そういえば、サイクルモード2008に行ってきたんだっけか。

記事として書き起こしたいこともいくつかあるのだけれど、資料みながら精査したりするのもあるので、また後日。

ただ、そういうのを関係なく書ける話の中で、まぁ間違いなくコメント欄で「おめぇ、何やってるの?」と言われるトピック…と言えば、「試乗しなかった」ということか(^^;)。


いや、仕組みや雰囲気がよくわからなかったので、さくりと入場してしまったんだけれど、あらかじめ登録が必要だったのね、試乗の。

まぁ、そこら辺なんか長い列出来ていたので、「面倒だからいいか~」とか思ったんだけれど、曇天模様の8日だったからか、人気のモデルを選びさえしなければ、比較的すぐに試乗できた模様。うーん、失敗。

ただ、やはりそういうところをあまり考えてこなかったので、荷物を多く持っていったため、あまり身軽でなかったのも、試乗を活かしきれなかった点。うーん…。

ただ、ブースを回った方の充実度はいいね。廃れていった自転車展と違って活気あるし。色々情報を収集した…というか、自転車の楽しさを再確認した感じ。危うく、「もう一台…」とか思うところでした(^^;)。

2008/11/16

11/16コミティアにて輪行本Vol.3頒布

※この記事は11/16までトップに記載されます。

長らくお待たせして申し訳ありませんでした。冬コミ前に一応他イベントになりますが、輪行本3の頒布を行えることになりました。 場所はタイトルにも書きましたとおり、11月16日にビックサイトで開催されるコミティアです。 スペースは友人の所に間借りするので、当方のサークル名では検索できませんのでご注意ください。

スペースNo.:そ19b
サークル名:まんぼう通信局

こちらになります。


輪行本 Vol.3  -自転車の買い方、自転車屋の探し方-
08080305
B5/本文34ページ・500円
○今まで紹介してきた自転車を購入するなら、いや、それ以前にどう自転車を選べば良いか、そのためにどう自転車屋を選べば良いか…の指南本を目指してはいます。 ただ、正直、初心者向けに描いたつもりですが、ちゃんとそういった方々に役立つ内容なのか…ちと不安。うーん…。 サンプルページ、その1その2

なお、都合上輪行本3のみの持ち込みになります。既刊も必要であれば、あらかじめこちらにご連絡ください。別途持参します。

また、、コミティアに来られない方向けに通販もご用意しております。こちらのページをご確認ください。

2008/11/14

15日の死角

原稿原稿と騒いでいる以上、15日の実りのフェスティバルもさくりと終わらせて、速攻帰らなくては…。

いや、フェスティバル自体はじっくり楽しむつもりだけれど、銀座とかの誘惑に負けないように…ってこと(^^;)。


だったら電車移動すべき…という気もするが、運動不足解消の他にもう一つ理由を見つけた。

当日はJR新宿駅の高架工事のため、ダイヤ編成が大幅に変わるらしい。おいらが使用するルートが使えなくなる…ってことは無いようだが、あ、いや、乗り換えがちっと面倒になるのか?

少なくとも行けなくなるということはないが、混雑しているであろうと予想されるところにわざわざ飛び込む必要もなかろうて。だったらさくりと自転車で行った方が早いかな…と。


他の方々も新宿を経由する場合、あるいは経由する路線を利用される場合はご注意のほど。

その後のポメラ

ポメラでなんでもかんでもこなそうという気は毛頭無い。あくまでメモ入力用としてとらえ、それに適したシーンに持ち出そうと考えている。

おかげで、漫画原稿に注力していることもあり、なかなか使用するシーンが無い。ただ、やっとこさ、本業で4時間ほど議事録のようなものを取る機会があったので、使用してみた。

他の参加者の中にはノートPCを持ち込み、しかしAC電源で四苦八苦している人もいる中、出しっぱなし、電源入れっぱなしは精神衛生的に良い。時折、オートパワーOFFで切れているときもあるが、すぐに復帰できるので問題ない。

オートパワーOFF時間を長く設定してもいいような気もするが、まぁいいや(^^;)。

入力上の問題と言えば、やはり縦幅狭なキーと、変換候補の数字入力確定ができないところか。

前者はときおり間違ってしまう。ファンクションキーが微妙に使い慣れているマシンとズレているところも問題かも。後者も気がつけば誤変換と数字を入力してしまっている。ここだけはファームアップかなんかででも修正して欲しいなぁ…。

ただ、それ以外は問題なく使えている。かなり楽。上記問題も慣れが解決してくれるかなぁ…と楽観。


画面が小さいのが問題になるかなぁ…と思ったが、視認性がいいのと眼球を動かさなくていい分、逆に小さくて良かった感が。あまり多くの行数を入力できないのは、編集を伴わないところでは問題ない。

ただ、個人的には改行マークとかは表示できるようにして欲しかった。

画面が小さくベゼルが広いのもどーかなー…と思っていたが、キーボードを持てない以上、机上のちょっとした移動(ポジション変更)の際にベゼルを持つ余裕があるのは便利といえば便利。


…そう、キーボードの右側の固定がすぐに外れるのはちといただけない。実用上(キーを打つ上)では問題ないのだけれど、ちょっとしたことですぐにトランスフォームしてしまいそうなヤワな固定は精神衛生上、ヤダなぁ…。


…とりあえず、そんなところ。

2008/11/13

今日の富士山

…は、よく見える。ほとんど真っ白。

最後に見たときは…いつだったか、山頂部がちょろっと白くなっている程度だったのに、あっという間に冬は近づいているのね…。

ポメラの使い勝手

せっかくなので、ポメラのインプレッションはポメラ自身で書いてみる。

もちろん実際に日本語入力を行ってみて実感を確認してみないと、使い勝手なんかわからない。

とりあえず短時間いじった限りでは、そんなに違和感はない。やはりパソコンと同じようなキーボードを装備しているだけあって、扱いやすい。

ただ、やはりなにげに微妙にレイアウトが違うので、若干うちにくさはある。それはまぁ機種の違うPCをいじっている違いなので、いずれは慣れるでしょう。

あとちょっとポイントは、「姿勢をきちんとしなければならない」「爪を切っておかないと」といったところか。でないとやっぱちょっと打ちにくいところが。

寝ころびながらとか、タイながらのタイピングはなかなか難しいところ。スペースキーが押しにくくなっちゃったりして…。

でも結構扱いやすいですね。とりあえず文字を入力するだけいじってみるのは問題ないです。

あとはPCとどう連携させていくか…ですね。さて、どうしたものか…。

輪行本の不覚

一応、3.5のコマ割が終了した。本文、30ページ。

…あれ?2.5より10ページ増えているんですけれど…(^^;)。トーン貼りも含めて1日1ページでも締め切りに間に合わない計算になるのですが…(^^;)。どどどどどうしよう…。

いや、実はラストの6ページ、ごっそり削除しても内容は変わらないので、かなり減らせることは減らせるんだけれど、実は一番描きたいのがその6ページなんだよなぁ…(^^;)。うーん、どうしよう。想定はそのページの描写はそんなに時間かからないはずなので、なんとかなるとは思うけれど…。

まぁともあれ、またも多難な原稿描きなシーズンです、はい(^^;)。

2008/11/12

来週末の予定

いかん…。輪行本3.5の原稿があるのであまり外出はできないけれど、一度も紅葉を見ずに冬に突入なんていやだ~。でも今週末は2日とも予定が埋まっているし…。


…うむ、そうするとなんとかして次の3連休のうちの1日くらいはどこかに…、とりあえず御岳渓谷とか澤の井あたりには行かなければ~。…っていうか、行きたい~。

まぁ、見頃を向かえていれば、どこでもいいけれど…。

そして日帰りで、帰ってからすぐ原稿に取りかからねば…。

一生の不覚

友人が沖縄で挙式した。都合により駆けつけられなかったんだけれど、考えてみれば電報やお花送ったりすりゃぁいいのに、すっかり忘れていた…。いかん!原稿とポメラにすっかり心奪われていた!ぉぃ(^^;)

昔はPCショップの開店にも花輪を送っていたのにっ!(^^;)どういう比較だ

いやぁ、今回もこれくらいのお花を贈れば良かった…(^^;)迷惑だ。

2008/11/10

献血報告

ひさびさに献血をした。

最近血圧高いと言われている身だが、そういえば血を抜くと若干血圧下がるなー…と思い出し、立川に用事ついでに400cc抜きに行ってきた。

立川の献血ルームといえば昔は駅ビルの上の方にあったが、今は別のビルに移動している。前から大体の位置は聞いてはいたが、ちと迷った(^^;)。入ってみれば全体の雰囲気は変わっていなかったけれど。地下1階に変わり、「地に落ちたな」とかかまそうとしても、なーんもウケないくらい、変わってない。

そんなわけで、所定の手続きを踏み、さくりと血を抜いて、休憩して帰った。

基本的な流れも前にやったときとあまり変わっていない。昔からはだいぶ変わったけれどねー。まぁ、問診をタッチパネルで行う意義はどうしても見受けられないが…。チェックシートがあるんだし、自分で塗ればよっぽど早いような気が…。そんなに塗りの甘いマークばかりだったのかしらん?

ま、以降調子いいので、たまに血を抜かないとあかんなぁ…と思いつつ、しかし白いまま変わらない原稿の前では、うなることに変わりの無い拝御だったぉぃ。

人の悩みに応えたいのはやまやまだけど…

> 空間を画面に落とせる能力を高める訓練" はどうやったら効率的にできるか、また、具体的にどのようなレベルになれば良しといえるのか、知恵のある方教えてください。くだらないことだけど結構切実…。実は「設計図を手を動かしていっぱい描いてみろ、そのうち身に付く」とかだったりするのかなぁ。そんな気もする。


…どうしたらいいんだろう?

まず観察眼だよね。奥行きの理解等も含め。

で、描画のテクニックと演出。うそでも遠近法の誇張のために手前に物を置くとか。


観察眼は、訓練のために「空間っぽい」ってところを見つけるところから始まるのではないかと。鳥取砂丘とかは話にならないし、鹿鳴館なんて空間以前にディティールの方で力つきそうだし。

まず、「こういう空間が面白い!」という趣向を確立させるのが先かも。電線(電柱)萌えとかでもいいし、空調室外機がある路地萌えとか、日本家屋萌えとか(意味不明)。


そして描写。デッサンと同じだけど、空間の認識としては普通のデッサンとは逆に認識した方がいいかもしれない。

つまりキューブという個体を描くならそれを外から描くわけだけれど、空間だったらその内側を描くわけで。それがパースということかしらん?

そしてその空間を演出するためになにを配置するか、どう置けば効果的か、考えるわけ。なにかタンスとか置くならそららはパースにあわせて描くデッサン力が必要になるけれど。

それらを組み合わせて空間描写をすることになる…のですが、それをの具体的な訓練…ってのはどうなんでしょう?


個人的には我流でしたが、ひたすらパースというか、補助線だらけの空間設計図みたいの描きまくって、「感覚」を養っていたような…。

正直、正確なパース表現をまじめに目指さず、「それなりに格好良く見える見せ方」を追求したようなものかもしれません。そんな人間のアドバイスなので…というか、アドバイスにもなっていないのでアテにならないかもしれませんが(^^;)。


まぁ、「これでよし」というのはさすがにご自分の判断だと思いますけれど。

仕事の話だったら…勘弁してください(^^;)。

2008/11/09

メモリの使い方

ちょっと前に話題になった話を。

アイ・オー、32bit Windowsの管理外メモリを使える
RAMディスクソフト

おいらの場合、用途としては、PhotoShopやIllustratorのテンポラリフォルダくらいしか思いつかないな。でも高速にそこら辺が動作して、しかも「余っているメモリ」というのなら、使わないのももったいない。

現在の所、余っているメモリは無いが、このためにわざわざメモリを4GB用意しても面白いかもしれない(^^;)。

で、HDDの恩恵もSSDにして、メモリフル…というか、メモリづくしというか、そういうマシンに仕立ててみようかな(^^;)>X61T。

果たしてそのスペックにする意味のある使い方ができるだろうか?>をれ(^^;)


#…とまぁ、むかーしのネタを引っ張り出してくる状況に至っているのは、日記ネタの執筆時間を原稿作成に割り当てているわけで…(^^;)ネタが無いわけではない

2008/11/08

ドレッシングの買い方

結局、先週辺りの高島屋日本橋の味の百選(物産展)に、グリオットさんは来ていなかった。

おかげで気落ちして、あまり買い物しなかった(^^;)お吸い物とか買ったような気がするが…。

まぁともかく、こうなったら通販で手に入れるしかない。しかし、先にも書いたとおり、「セルフィユ軽井沢 立川店」という、のバラエティ豊かなドレッシングがなかなか侮りがたかったりして、そっちに惹かれているのも事実。危うし、グリオット!(俺の中で(^^;))

しかし、セルフィ軽井沢の唯一の欠点が「量が少ない」ということ。内容量がね。

そう考えるとグリオットのコストパフォーマンスのなんと良いことか!…って、前にスーパーで売っているようなドレッシングと比較してどうこう言っていたような気もするが(^^;)。

ま、ともかく通販で手に入れないと。


…いや、まて。来週には実りのフェスティバルがあるな…。グリオットとの最初の出会いは実りのフェスティバルだったな…。

カメラの運用の仕方

MPはいじっていて楽しい、撮影しても楽しい良いカメラですけれど、速報性のある写真が撮れない。すぐにカラー・モノクロと切り替えられない等々の問題もあり、ブロガーでもある身としては、デジカメも一緒に持つ必要があります。しかしMPと一緒にM8を持つにはちと重い。

ともなればF10といったコンデジを併用するわけですが、マニュアル操作部分が無く、本当にメモにしか使用できません。もちろんそれはそれで便利ではありますが、MPで撮影を楽しんでいるところで、デジカメはメモ…というのも面白くありません。


…ので、撮影そのものも楽しめるコンデジも欲しいなぁ…と思っていたところでパナソニックのLX3ですよ。

レンジファインダーでは標準から望遠域を今楽しんでいるとはいえ、広角域もカバーしたい。さらには明るいレンズで面白そうだし、マニュアル操作も行える。性能的には十分。

ただ…せっかくならライカブランドで統一したいよねぇ…という気も(^^;)。


そんなわけで魔が差してD-LUX4になってしまいました。RAWで撮影してしまえば、パナとライカの違いなんてないと思いますが。

ただ、手に入れて少しいじりましたが、RAW+JPEGで撮っても面白いですね。HD撮影を念頭にクラス6の8GBのSDHCカードを手に入れましたが…今、2千円で手に入るのね…。ともあれ容量たっぷりだから贅沢に撮ってみると、JPEG自体はライカっぽい?画質でプレビューできて楽しいですな。で、後でRAW現像も出来る…と。

なんかJPEGに反映されているホワイトバランスがRAWで記録されていないような気がしますが。まぁ、現像時にいくらでも変更できるので、実害が無いと言えば無いような…。

あと縦横比率が変えられるのが結構エキサイティング。16:9って面白いですな(^^;)。意外に縦構図に多用しています。もちろん横でも使用するときは使用しまっせ。4:3はなかなか使用せず。

そんなわけで、今後楽しめそうな気がします。


不満点もないわけではなく、ウリの外部ファインダーですが、一応25mmファインダーを持っているので取り付けてみました。ポップアップフラッシュが引っかかって出ないのはご愛敬ですが(純正品はそんなことはない)、個人的には多用しなさそうなので、たぶん今後も使わないでしょう。

すっきりとしたボディもお気に入りですが、おかげでグリップしにくくなっています。うむむ、ここはやはりパナかぁ…。

適度に合うケースもなかなか見あたりません。純正もまだ発売になってないし…。うーん。

動画撮影機能も画質が良いのはいいのですが、あくまでおまけ機能と割り切るしか無さそうです。撮影中のズーム・フォーカス・露出の変更もできなさそうですし。


まぁ、まだ使い始めたばかりですし、色々遊んでみますわ。これがブラックペイントだったら、使い古していっても味のあるボディになってくれるのだが…(^^;)。


ただ、そうするとわからなくなってくるのがM8…ってことになりそうですが、MP+D-LUX4がM8であって、「M8」か「MP+D-LUX4」のどちらか…ってことになります(荷物をとことん減らさなければならなくなると、「D-LUX4」のみということに)。

M8はM8で良いんですよ?レンズを楽しめるし、すぐに写真をたしかめられるし。片方あるから片方使わなくなる…というものではありません。

まぁ、R-D1の出番がなかなか出てきませんが(^^;)。ただ、暗所で多用する…ってことがあれば、R-D1の方が使いやすいんですけれどね。どうでしょ?そういうシーン、あるのかしらん?(^^;)

2008/11/07

枕を変えてみた

昨今、首の筋が痛いことが多かった。肩も凝るし。

まぁなんとなく枕が悪いような気がするなー…という気はしていた。以前、安眠枕を購入していたのだが、えらくヘタってしまい、役に立たなくなってしまうので新しい枕を買おう…とする間のつなぎ用に押し入れにしまってあった昔の枕をそのまま使い続けていたし。

なぜか新しい枕を入手していなかったのだが、やっとこさ百貨店にある枕工房を来訪。店員に首の後ろの寸法などの具合を見てもらいながら、いくつかの枕を試用。

その過程で今までの枕が高く、気道が押さえられたり、肩が張ったりして睡眠中に疲労が取れていなかったことが判明。

同時に、低めの高さの2号の枕(低い方から1号、2号という号がつけられている)が最適と判明した。

ただ、肩幅があるので、基本的な高さは2号ながら、寝返りを打つときに首を支える脇の高さを3号に…というカスタマイズを施してもらう。どのようにカスタマイズしたかのカルテのような書類も残してもらい、次回以降それがあればまた同じ枕が作れるといういたれりつくせりっぷり。

ただ、1万5千円とそれなりの値段でもあるし、枕の素材で数年は経年劣化も保つような話なので、それまでその書類がどこに残っているか、甚だ疑問…(^^;)自分の問題だけれど。


なにはともあれ、自宅に持って帰って早速その晩使用した結果、ぐっすり眠れるようになった。

目覚め後も、首・肩の痛みも無い。やはり枕だったかー。なかなか高価ながら、買い換えた効果があったというもの。

大変ありがたいのだが、弊害もあった。眠りすぎ、朝がつらく、なかなか起きれない(^^;)ぉぃ。

会社もそうだけれど、サイクルモード、実りのフェスティバル等々に遅刻しなければ良いのだが…(^^;)ぉぃぉぃ。

冗談抜きで超ピンチ

輪行本3.5のことです。

ここ数日、X61Tabletのネットワークの調子が悪い。普通に使えているときは良いのだが、急にネットワークにつながらなくなることがある。

どうもAccessConectionsがコケているっぽいのだが、そうなのかは不明だし、原因も不明。対処は再起動しかなく、最悪1日2回も再起動するハメにも陥り、作業がまったくもって進まない。

単に執筆するだけならスタンドアロンでも最悪なんとかなるのだが、今はまだネームや下書き段階。資料を検索したり、写真を引っ張り出したりと、とてもネットワーク無しには何も行えない。


ともかく、なんでネットワークにつなげられなくなるのかが謎。家のネットワークだけでなく、外でのネットワークでも同様なので、X61Tabletの問題だと思う。

最悪新品でも…としたいところでもあるが、困ったことに、レノボダイレクトでX61Tablet SXGA+モデルの販売が終了しちゃってからのこういう症状というのがいやらしいというかなんというか…。

いやー、まじでこのままor症状が進んじゃったら、どうしよう…。本当にこれ以外の作成手段、無いからなぁ…。

2008/11/06

最近の不調

…つっても、おいら自身ではなく、X61Tablet。

指紋センサーが効かなくなってきた。

以前から、効いたり効かなかったりはしていた。大概、起動直後は問題なく動く。で、しばらくスタンバイを繰り返している内に、不意に指紋センサーが効かなくなる。デバイスを認識できない感じで、指紋によるログインができなくなってしまうわけだ。

まぁ、VISTAのことだし、スタンバイからの立ち上がりの際、デバイス再接続を失敗しているのかな…と思う次第だったのだが、最近はOSを再起動しても、最初から指紋センサーが認識されていない。

おかげでX61Tabletを使うことができない…といったことはなく、普通にキーボードでパスワードを打てば普通にログインできるので、不便が無いというか…、ワンアクションのみの利便がなくなっちった…。

ハード的な故障だろうか?しかしこれだけのために修理には出したくないなぁ。

SSDか…

SSDなー。MLCでもいいけれど、寿命が短いってのが気になるなー。

ユーザーレベルではそんなに頻繁な書換えもしないので心配する話ではないのかもしれないけれど、OS側がどういじくっているのかわからんし。そこらへんの管理をしっかりハードレベルなりソフトレベルなりで対処してくれれば、安心なんだけれど。

そんなところを左右するOSが正式にSSD対応になって、160GBが5万円未満になったら、X61Tにでも導入しようかな。そういう気はする。

VISTA以外はOSでの対応は無いだろうし…。


しかしいつからだ?>OS側の対応

そのうちなんとかすると言っていた様な気がするが…。Wintelとか考えると、インテルがハード出したから、マイクロソフトも追ってなんかするかや?


#…ってメモっておいたら、こういう記事が…。

十分高速で120GBが実売4万円以下?うおー、惹かれるのぅ。ただ、X61Tには入らなさそうだ(^^;)。あと、容量がもう少し欲しい。一応120GBでもなんとかなるとは思うけれど、最近デジカメデータもちこっとHDD内に保持していたりするので、やはり容量はがばちょと欲しい。

たのんまっせー。来年初頭にはどーにかなっか?

2008/11/05

週末の予定

9日は「サイクルモード」で幕張メッセに、15日は「実りのフェスティバル」でビックサイトに行く予定。

前者はさすがに電車で行くけれど、後者は天気次第でBSMで行こうと思っている。これはリハビリのためもあるけれど、買う物をショッパーに入るものまで…と制限しないと、あの場で色々買いまくってしまうため(^^;)抑制策。

まぁともかく、サイクルモードは特に目的もないので(一応輪行本の取材という名目はある)、マイペースにうろうろ巡るつもり。


ただ、実りのフェスティバルの方は、開場すぐに入らないと色々と出物が手に入らないので、開場時間前にたどり着かなくては!

…で、後者の方はどなたかご一緒されません?またネギ1本で5分、熱く語っちゃいましょうか?(^^;)謎


#ちと武蔵野線で乗り換え無しに海浜幕張駅まで直行したかった(寝っぱなし)のだが、土曜の時刻表を調べてみると朝早くの便か14時台くらいしか直通便が無く、がっかり。

うーん、だったら東京駅経由でいいか…。

高いノートと安いノート

要するに「クリエイティブに使えるか否か」だと思うんですよ。


昨今、ネットブックが隆盛を極めていますが、スペックを見るとあまり使う気になれない自分がいます。

用途を限れば問題ないとは思います。それもテキスト入力とかビュワーとか。メモ・メール、ブラウジング等…と。その程度だったら別にネットブックでも問題ないでしょう。後者は大画面が欲しいところではありますが、携帯よりは広いわけで、携帯では満足していないところがネットブックを欲しているというところでしょうか。


ただ、私の場合はテキスト打ちながら調べ物したり、そのままBlogにアップロードする作業もあれば、写真データを編集したりなんやかんやと色々ソフトを並列して立ち上げることもあります。ずっと平行して作業するわけではないのでデュアルコアまでは必要ないにしても、HTテクノロジくらいは欲しいし、広大なメモリ・画面は必須…ってなるわけです。

ただ、ずっとそういう作業ばかりか…と言われるとそーでもなく、テキスト打ち・ただのブラウジングに終始する場合だってあるわけで、そういう時は別にネットブックでも構わないとは思います。

もっとも、そこをあえて「ポメラ+EM-ONE」という選択肢を最近選んだわけですが(^^;)。


とはいえまれにファミレスや、これからはこたつなど、場所を移動して、でもクリエイティブ作業を行おうとする場合もあったりするわけで、それでネットブック…ってのは困る場合もあるわけですよ。

困る…っていうか、困らない時はポメラまで割り切れるけれど、きちんとやるならネットブックでは力不足。

そういう訳でちゃんとしたモバイルのハイクオリティノートはそれはそれで残って欲しいわけですわ。


MacBookも「ネットブックと比べると高価」とか言われているようですが、そもそもクリエーター所有率の高い機種ですから、その人らの用途に耐えうるスペックでネットブックとは一線を画している以上、必然的なスペックでもあるわけでしょう。

そういう意味ではMacBookも全然問題ないなー、いや、グラフィックが早くなっているなら、むしろ欲しいなー…とも思うわけですな。ソフトの問題さえ解決すれば良いのですが、VMWareでどうにかなりそうな感じも。ただ、タブレットとか大画面とか考えると、すぐにはなかなか…。

あ、あと、地デジを任せられればなお良いのですが、さすがにそれは無理そうなので(見るだけならともかく、録画やら保存やらなんやら…)、やはりVAIOtypeRかなぁ…。

勿論筐体の移動は出来ないけれど、モバイル用途はX61Tとポメラ等に任すということで…。

復調の兆し

11月最初の三連休を過ぎ、やっとこさ、10月頭までの疲れが取れた…という感じが出てきた。

足の裏、痛くないし。

ただ、すり減ったスタミナがまだ全然回復していない。なんとかしてまた鍛えないと。とりあえず3連休中はカテンザSoloで(たぶん)100kmほど走行(まだサイクルコンピュータつけてない(^^;))。しかし翌日、筋肉痛にのたうち回ったり(^^;)。

でもなんとか体力をつけていかないと…。

…でも原稿も描いていかないと…(^^;)。

2008/11/04

冬のお知らせ

えーっと、一応受かりました(^^;)。

日曜日 東地区 "Q" ブロック 23a

です。うひー、原稿落とさないようにしなければ!

数が出てくれないと…

またサイトの紹介記事みたいになるけれど、念のための周知活動。

インプレス、アルティザン&アーティストとの共同開発ストラップ第2弾

おいらが愛用している、伸縮可能なカメラ用ストラップの第2弾。知る限り、簡単に伸縮できるストラップはここくらいしかない。コンデジには流用しにくいので念のため。

購入方法など詳細はリンク先を確認してください。まだ発売ってことではないらしいです。しかし手に入れたいならまずは予約しないと。

おいら?予約しますよ。

現在の、結構幅が狭くて痛くて…(^^;)これから厚着のシーズンはしばらく大丈夫な気もするが。

2008/11/03

たまにはお勧めサイト紹介

たまもなにもあんまりしてないけれど。

児島商会

ちとライカ系な検索をしていたらぶちあたったサイト。九州だもん。なかなか巡り会う機会、ないよねー(^^;)なんか違う。


そういえばNashさん、まだベッサ使っていたんだっけ?ぜひベッサ・ブッテーロをっ!(^^;)

あ、でも、対応モデル、持ってましたっけ?


開発ページを見ると、MP用のレザーケースも開発してくれているようだけれど、停滞中の模様。

MPはブラックペイントなので、できれば裸で持ち歩いて擦り傷を増やしたいのだが(^^;)いや意図的には嫌よ、ここのケースだったら着せてもいいなぁ…。


着せる、といえばTシャツなんか、toMoさんが欲しがりそうなデザインのような気が…。いや、おいらも(^^;)。ただ、季節がもう合わないな。来年だな。あ、七分丈もあんのか。


あとはストラップか。「レザーロープDG」なんか、D-LUX4にいいかもなー。D-LUX4用ボディスーツも作ってくれねーかな(^^;)絶対数でねーけど。

「レザーロープRF」はおいらが欲しがりそうだけれど、残念ながら伸縮自在のストラップにべた惚れしているため、たぶん買わない。

モノは決して悪くないんだけれどねー。カラーも自分で選べる…っていうか、各所組み合わせられるのね。

ブラックに裏地赤とかなら、ライカにぴったりかも。……DGも同じカラーになるな…(^^;)芸がないなー>をれ。

でもおそろい…って考えればいいのか…。…やっぱ、予備に…(^^;)ぉぃ。

2008/11/02

ブロンプトン・メンテナンス

そろそろブロンプトンもリキ入れてメンテナンスしないといけない気がする。

記事には全然してないけれど、通勤には毎日使用しているし、休日でも駅前駐輪場まで乗って、あとは電車で…と思ったら、駐輪場が満車でそのまま輪行したり…なんてことをしょっちゅうやっているので、そろそろ一部部品が摩耗しまくっている。

まぁ、今までメンテナンスを全くしてなかったわけではないが、

・チェーン交換
・ブレーキ・シフトワイヤー交換
・インター8・グリスアップ

くらいはそろそろしたい。チェーン交換は経験があるのでパーツを揃えたらとっととやってしまいたいが、それ以外は一度指南を受けたいなぁ。書籍に載っている図解だけだと、どーも頭に入らない…。

和田サイで一度御指南いただけないだろうか?仮店舗は無理かな?(スペース的に)

いや、それ以前に和田サイ行っている暇がないなー。なにげに予定が埋まっているかも。

しかしなー、命に関わりそうな部分もあるしなー(^^;)なんとかせねば…。

よどんでた

何気ない話…というか、メモ。

うちの職場は4階なので、西を望めば結構広く見渡せて、富士山方向に目を向けることが出来る。天気が良ければ見えるわけだけれど、7月からこっち、あまり富士山を見た覚えがない。

あるにはあるが、数えるほど。

夜は除くとしても、日が出ているのに、雲も目立たないのに、なぜかガスって富士山が、その手前の山脈の稜線も見えない。

湿度のせいか、空気自体が曇っているのか、スモッグか、あるいは他の何か…。

まぁ夏場はそんなもんだとは思うが、これからの冬場はどうだろう?去年の今頃は多摩川から富士山を望めば結構よく見えた覚えも多い。さて…。

2008/11/01

輪行本3.5のゆくえ

やべぇ、製作途中のネームに簡単にページを割り振ってみたら、現段階で28ページもある…。1ページ内にキツキツにネームを押し込めてのこのページ数はキツいなぁ…。しかもあと1ヶ月…。

まぁ、9月みたいな本業は無いにしても…うーん。

どうにかしてスリム化しなければ…。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »