2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/28

輪行本の危機

困った。輪行本3が出せなくなるかもしれない。

問題は本業。実は20世紀末、意図して夏コミにサークル参加していない時期があった。本業でどうしても原稿作成時期が多忙に重なり、時間が割けなかったからだ。

ちなみに21世紀に入ってからは時期こそ違えど、同じ理由で冬コミはサークル参加していなかった。去年だけは両方ともたまたまスケジュールが空いたので両方サークル参加できたけれど。

ただ、今年急に夏の陣(?)に割り当てられることが発覚。正直、原稿作成時間があるかどうか、怪しい。

なんつっても某氏から教えられた締め切りの某土曜日なんか仕事で、入稿できねーもん。…ってゆーか、本業の締め切りがその日だもん。

やー、困った。最良で「線画とベタのみ」になるかもしれないけれど、ご勘弁のほど。

もちろん最悪のシナリオは「落とす」。そうならないように励んでみますが、結構コマを埋めるのに手間取っています。とほほ…。

2008/06/27

最後のレンズ

一部の方から…というか、お一人からメールをいただいたのだが、

ライカ、「ノクティルックス」最後の100本を限定販売

買え、買えとせっつかれました(^^;)。

え~、確かにレンズ沼にハマっている身としては、限定という文句に弱かろう、というご推察は実に的を得ております。確かにそういう傾向はあります。

ただ、ね。とある情報では「200万円」という話もあると、とても手が出せないですよ。

最後の100本以外の正規販売でも、5~60万円したんじゃなかったっけ?中古でもそんなもんです。とても手が出せる代物ではありません。

一時期は安いモノだと10万円台での中古があったようですが、もうそういうことはないでしょう。

なーんか、中国方面で好景気のために、あちらの方で需要がかなり沸いたみたいで、どんどんそちらに流れていっているようです。もっとも、あちらでは主に「新品」が好まれているようで、供給がおっつかずに新品の方の値が上がった…という噂が。まぁ、中古も上がっていますけれど。


レンズ自体は、元々のフィルム・ライカではその被写界深度の浅さからミスショットの連発で、それを防ぐためにピンをズラして数枚撮るわけで、ある意味「コストパフォーマンスの低いレンズ」としても有名だったらしいですが、M8という「その場で撮影結果が確認できるカメラ」との相性を考えると、かなり楽しめるレンズなのではないかと。

もっとも、もともとF1.0なんて開放値、あたいに使いこなせるわけがありません。重いし。

まぁ、なにかの機会があれば…という気はないでもないですが、経済的問題をクリア出来ない限りは、決して手を出さないレンズの一つですね。


昨今は10万円台で手に入るM6ボディが気になって仕方ありません(^^;)ぉぃ。

2008/06/26

誰かさん宛限定の話になるのだが…

なんというか…おいらからすると、「同人=二次創作」とほぼ限定されていることに違和感を覚えているのですけれど…(^^;)。

おいらにもそういう時期もありましたけれど、とりあえず現在はオリジナルで活動しとるだす。その範囲では閉塞感とか後ろめたさを持ってないけれどなぁ…。むしろ、これからまだまだ広がるフロンティア。まぁ、それが大勢なのかなのかどうなのか…というと、…違うと思うけれど(^^;)。

まぁなんというか、自分のやりたいことをやる、ひょっとすると望まれているのかも、需要を掘り起こしているのかも…と思える創作活動をしていると、楽しくってたまりません。まぁ、その分「生む苦しみ」というのもあるわけで、かなり悶絶もしておりますが。


どう?こっちの世界に来てみない?もちろん、楽しい自転車生活に…(^^;)そっちかよ。

2008/06/25

BSMをいじりたくなってくる…

本屋でちらっと自転車雑誌を立ち読みしてみる。

デュラエースの新型の記事が多い。ほうほう。おいらのBSMもデュラエース装備だけれど、取り立てて取り替える必要もあるまいて…と思っていたのだが、ある記事を読んだときに驚愕の事実が判明!

今度のデュアルコントロールレバーユニットって、シフトワイヤーが内蔵になったのっ!?

…ドロップハンドル周りに、もう一回り大きくバッグがつけられるな(^^;)そこかよ。

いや~、本来のデュラエースの購買層とはまったく視点が違うような…(^^;)。

2008/06/24

ああ、そうそう

そういえばもう輪行本原稿シフトなので、日記更新が不定期になりますので、悪しからずご了承を。

輪行本3の進捗状況

気がつけば締め切りまで1ヶ月か…。それでもまだネームの清書中。

こないだComicStudioからIllustratorに作業を移したというのに、ネームの清書ってなんやねん?…と思われるかもしれませんが、ネームの大半をComicStudioでおこし、Illustratorでそれにも基づいて絵を描く際、データの互換性が無いため、再度Illustrator上で文字を入力し直すんですよ。

もちろん、テキストに保存してコピペしても良いわけですが、ComicStudioとIllustratorでは微妙、文字組、作画等の画面のイメージが異なるため、コマ割のイメージも違ってきます。…ので、打ち直ししてイメージを詰めた方がクオリティ良いかなぁ…と勝手に思いこんでいるわけです。

しかしそうすると…、気がつくと違うネームの流れになっていたりするのですな(^^;)。

そうするとその整合性チェックなので二度手間分、時間がかかると…(^^;)ぉぃぉぃ。

ただ、そうしたチェック機能を通すことで、よりクオリティが高く…というか、大概「あ、これ、2度言っているな」「ここはぐだぐだ長いから、すぱっと短くすっか」…といった手直しをするわけですけれど。

もっとも、本来はテキストからComicStudioに移すときも、そういうことしているはずなのですが…(^^;)。


しかし、そういう作業でネーム効率(?)を上げているはずなのに、ページが減らないというのはどういうわけだか…(^^;)。


#あと悩むのが、印刷数量。新刊は思い切って300でいこうかと思いますけれど、果たして既刊はいくつにすれば良いのやら…。

##あ、1ページ減った(作業中)。やったー(^^;)。

2008/06/23

HDDへのバックアップの仕方

そういえばX61Tのバックアップですが、USB-HDDへの定期的なバックアップを快適に行っております。やはり便利。

しかしそれでバックアップは完璧か…というと、そうでもなく。いや、X61Tはいいのだけれど、データのバックアップは別なのですよ。

データといっても、今作成しているデータとかではなく、沖縄時代から撮り溜めてきたデジカメデータとか。そういった膨大なデータはNASに放り込んで、時々別のHDDに丸ごとコピーしてバックアップ代わりにするって案配。

ただ、昨今、NASを常時ONにしておかなくてもいいんじゃないかということに気が付いたり。ラジバンダリ。

いや、そうそうNASに放り込んだ古いデータにはアクセスしないんすよね。頻繁にアクセスする必要があるならローカルのHDDに移せばいいし、現在そういうことが許せるローカルの容量だし。

そう考えると、そもそもNASの必要もあるのか?という考えにも至ったり。必要なときにアクセスすればいいんだけれど、それはそう長い時間でもないし、だったらその時間だけ有線でもいいかな…と。

複数のPCでデータにアクセスするのも面倒そうだけれど、X61Tにしてからほとんどその一台で大概のことが済むし、NASの共有性がそれほど重要でなくなってきたんですよね。

そんなわけで、こんなんでもいいかなー…という気が。

アイ・オー、HDDを2台内蔵したRAID 0/1対応USBストレージ

バックアップのバックアップという意味で、最低RAID1は欲しい。さすがにRAID5までは必要ねぇよ…というところなので、それでUSB接続なら安いし(NASに比べて)十分かなぁ…と思えてきている。

実売も5000MB×2なら、3万円切っているみたいだし?どうしても複数PCでのアクセスが必要なんだ!…ってことになったら、今のNASを稼働させればいいんだしさぁ…。

うーん、そのうち購入するかも…。

2008/06/22

自転車の前の刷り込み

なんとなくバイクに乗っていた頃を思い出した。

BE FREE!にあこがれていたわけではないけれど、VT250Fに乗っていた時期がある。人から譲ってもらったバイクで中古なわけだけれど、なぜかよく焼き付けを起こしていた。

焼き付けといっていいのかよくわからないけれど、回し過ぎて高温になると、エンジンが止まり、動かなくなる。

回す過ぎて…っていっても、そんな無茶な走行ではない。時間的に長く乗っていると、そんな感じになってしまう。しばらく放っておいて冷やすと、やがて走るようになる。

バイク屋に見てもらったりもしたのだが、ラジエーターがおかしいというわけでもなく、原因不明。うーん、なんやろ?馴らしに失敗してたんやないか…という説があったけれど…。

熱が原因にしても、冬でもなるし、夏は必ずなってしまう…というわけでもなく、当たり外れがあったりするやっかいな事情。

…だもんだから、なんとなく「今日は大丈夫じゃないか」と思ってでかけると、外出先、それも途上で足止めくらって立ち往生となってしまうわけだ。

そう、立ち往生。

外出先でバイクが動かなくなると、そこから動けなくなってしまう。

いずれ走れるようになることはわかっているのでそれほど悲壮感もないが、しかしかなりな制約になるなぁ…ということを痛感した。

そんなわけで当時はあまり時間に制約をかけない旅を心がけるようにしていた。


やがてバイクも…飽きたからというわけではないが、手放し、しばらくして自転車に移ったとき、別にバイクを意識したつもりはない。

ただ、先のようなことがあったから、「外出先で何かあっても、別の手段で移動できる、簡単に別の移動手段に移行できるツール」ということに惹かれたのかもしれない。それがより簡単にできる小径車…ってのも、そこらへんにルーツを見いだせるのかもしれない。


結構刷り込みというのは影響が大きく、例えばおいらの他の場合、ノートPC派で、3DCGまでノートでやってしまうのにも刷り込みが影響している。

昔、某3DCGソフトイベントで短時間モデリング大会に引っ張り出されたのだけれど(いや、自分から志願したのかな?)、PCの割り当てが唯一のノートになり、マウスもなく、タッチパッドあまりの操作性の悪さに超低成績を記録。

もっとも、元々モデリングの腕自体も悪かったのだが、実際、今でもその会場の「失笑にも至らない失笑」を思い出すと身の毛もよだつ。

それで奮起し、顔モデリングとか特訓しまくり、ホームページで作例とか載せたら、先のイベントの同じ会社が「セミナーで使わせて欲しい」と言われたときは、自室で喜び飛び跳ねたもんだ。
閑話休題

それと同じように、ノートでもモデリングできるようになってやらぁ!…と思ったのが最初じゃなかったかな、ノートでなんでも主義。まぁ、逆にタッチパッドはいやがっていますが(^^;)トラックポイント派。


そんなわけで、人間、なにが「刷り込み」になるかわからない…ってお話。まぁ、おかげでしばられちゃうことにもなるけれどね(^^;)。

2008/06/21

簡易スタジオの必要性

Blogをいくつも持っている身としては、全部しゃきしゃきと更新したいのだが、実質、このBlogしか現在頻繁に更新していない。他はほぼ放りっぱなし。

まぁ、3DCGをまた再開すれば、紙原稿以外の執筆が頻繁になれば、グラフィック系のBlogも少しは活発になってくると思うけれど、それ以外はちょっと…。

ただ、カメラ関係くらいはどうにかしたい…と、ジャストブログに設置してある「気ままに、レンジファインダー」をちこっと更新した。…そんな暇があれば、原稿進めればいいのに…(^^;)撮影見本をチョイスしたりするのが結構手間。

ちなみにそちらのBlog、レンジファインダー、それもデジタルの…ってことでレアなテーマなだけあって、アクセス解析を確認すると、1日あたり20アクセスくらいはあるものの、ほぼすべて検索でたどりつく人たちばかり。レアな情報だけあって、調べている人は調べてこちらまで来ていただける。

そういう方達のアクセスがあるだけでも十分と思うのだが、見栄えとしてはもう少し工夫したい。

せめてレンズとかの鏡胴の写真くらいは置きたい。こういうレンズだよん…と外観だけでも載っていれば、たまたま来られた方にも多少は興味持ってもらえるのではないかなー…とも思ったり。


ただ…ねー。実は少し撮り溜めているのだが、いまいち公開するのにしのびないというか…なんというか…。

室内のごちゃっとしたところで、コンデジで、感度あげて撮っているので、どーにも…。

せめて照明とか背景とかびしっ…と決めて撮れば、コンデジでもある程度、あるいは外に持ち出すとかすれば、なんとか。

もっとも、後者は面倒だし、モノ撮り用の簡易スタジオというか、撮影キットみたいなのがあるらしいので、ネットオークションが流行りだしたときに品撮影用に発展したらしいので、それを利用するのも手だとは思う。

とはいえ、持っているレンズを公開するだけなのに、そういうのに金とかスペースとかかけなくてもなぁ(^^;)。

…いずれ外で撮る…という線だろうか?

輪行本3進捗状況

モノクロ原稿が遅々として進んでないので、カラー原稿も同様かと思われるかもしれないが、なぜかさらりと進んでいる。

カラー原稿といえば表紙なわけで、既刊もそうだったことから、シリーズものだし、いつもの通り写真を元に背景を描く予定ではあった。そこそこ手間がかかるし、カラー原稿の締め切りは早いので、さくさく進めようと、まずは元になる写真の選定から取りかかった。

結果、日本橋となった。

…どう考えても、橋のあの像のディティール描写が、元々大変やないか>をれ。なんで選んじゃったかな…。

そんなわけで、もう最初っから「折れ」て、写真画像加工で行こうと、すっかり弱気なおいら。

とはいえ、明らかに写真を元にした…とはいっても、手書き感は残したい。醜いあがきにしても(^^;)。

08062001そんなわけで、どーにかそういうタッチにならんかな…といくつかフィルタを試してみたが、レイヤ分け等併用したら、意外にあっさり自分のイメージ通りに仕上がっちゃったり。

ハイライトなどを追加してもう少し深みを出す加工をしても良さそうなところもあるが、セル画調のキャラを乗せることもあるので、対比を考えてそれはやめておくことにする。

うーん、これまでもやっておけば良かった(^^;)。

ただ、元画像加工にもコツがあったり(今回は通行人や車両をごっそり消した。また、完成後のカラーを考えて、彩度を高くする加工もしてある)、色々レイヤー分けのためのマスク加工などもあり、まったく手がかからないわけではない。

とはいえ、手書きよりは楽だし、効果は高いのでこれからもやりたいとは思うけれど、撮影時からそういう利用を心がけないといけない。

そういえばM8のレンズは、特にライカのレンズは、なんのことない環境光の淡い色もしっかりとらえ、PhotoShopのフィルタ等を用いて誇張するとうまくその色が個性として画像に出てくるからすばらしい(別のレンズでも別の出方しそうだけれど)。それが今回のような加工に向いているので、表紙だけでなく、アートとしてこれからも作っていこうかな…。

もちろん、原稿が終わってから(^^;)。


#ちなみにモノクロページはツールをIllustratorに移し、下書き作成中。そこから清書したり、枠線引いたりする。

 ただ、締めの数ページがまだ確定していない。うーん、早くネームの神様が降りてこないかなぁ(^^;)。

2008/06/20

やっとこさ終わった…

そういえば書くのを忘れていたが、ようやっと先週、歯医者への通院が終わった(^^;)。

2月から通っていたような気がするが…、長かった…。毎週通っていたと思う(GW除く)。最初に銀歯取れてからも、通院中ぽろぽろと他の銀歯が取れ、何の大規模融解か?…と思う感じの口内大惨事だったわけだけれど、まぁなんとかすべて直り、「今のところ虫歯はありませんね」状態。

非常に健康的な口内に戻ってきた。ほっ。

仮歯の時には思う存分噛めない時もあったので、ようやっと気兼ねなく食事でき、美味しいものも存分に食べに行けるな…と思うところではあったのだが、原稿に追われてそれどころではない…(^^;)すいか氷食いに行こうとはしているけれど。

それでもComicStudio4

けちょんけちょんにけなしてしまったComicStusdio4だけれど、基本的に怒っているのは一部の機能の不備のみ。それもとりあえずは工夫・苦労すればなんとかカバーもできるので、とりあえず使用を継続しています。

で、とりあえずはネーム作成に使用。まだ作画機能には信頼が置けない…というか、Illustratorべったりな体になっているので、なかなか…(^^;)。一つのソフトで作業完結できた方が良いのはわかっているんだけれどねぇ…。

まぁ時間のあるときに検証してみようかな。Ver.4になって使い勝手も変わっているわけだし。


…で、とりあえずネーム作成で気になったのはストーリーエディター。これが秀逸で、頭に流れが思い浮かぶと、それを文字に起こしていくのにやりやすいというか、今回のネーム作成では結構役だったような。

ぱすぱすと台詞が思い浮かんだら入力していって、それが誰の台詞…ってタグをつけられて、ページ配分を変えることも可能。さすがにページ内での位置調整までは行えないけれど、ばしばし台詞を打ち込んで、その後でページ配分を調整…ってことがしやすいのは楽。

ただ、誰の台詞…ってタグを他で利用できない(原稿上に表示できない)…というか、データのインポート・エクスポートに対応してない…ってのが難だなぁ…。もっとツブしが利くようになる面白い機能なのに。

それにしても、オリジナルな機能ではないとは思うけれど、おいらの手持ちのソフトでは無い機能なので、とりあえずこれだけでも重宝かな。

2008/06/19

埜庵の誘惑、埜庵の制約

あるBlogから埜庵が「すいか氷」を始めたことが発覚。…すいか氷!食べたい!すいか自体はあまり好きではないが(嫌いでもないが)、すいか氷は夏の風物詩なので、食いに行かねばなるまい!

ただ、原稿が…という以前にもう一つ問題がある。混むんだよね、そろそろ。埜庵が混み始めると大変だったりするわけで、時期的にオンシーズン、つまり夏真っ盛り前に行く必要があるのですよ。

まだ「梅雨ですね」という時節だと「かき氷って季節じゃないだろう」というイメージに結びついて、一般的な方々は来られないわけですよ。まぁ、常連となると真冬であろうとなんであろうと来られるわけで、むしろそういう方達とはご一緒したいのですが、とりあえずはゆったり座れる時に…ね。

…で、ですね。「時間がない」「人の少ないときが良い」…という2点を考えると…梅雨の時期の雨の日…ってことかな、と。

某所からは「せめて鎌倉から輪行して行こうゼ」という声も聞こえるのですが、いや、至極もっともなお話なのですが、繁忙期の埜庵を知っている身としては、もうそろそろ「そういうことが出来る天気の時は…」と警戒心を抱いてしまうわけです。

しかし、雨ともなれば、お客もそうそう来まいて。だからそこを狙えばいいかなー…と思っているわけ。

当然、輪行でも自転車で行けないけれど…。

電車だと登戸経由で大体1時間半…ってところかな。まぁ…原稿作成の休憩だと思って…(^^;)あるいは車内でネームを切るか?。

次の土日は雨降りそうだし、ちっとキリの良いところで出かけてみるか…。そのままパルテアでコマを割ろうかなぁ(^^;)。

#…日曜にして、例の「日曜しか開いていない喫茶店」を覗くってのも手だなぁ…。

2008/06/18

ベロクラフトの検索

ちっとアクセス解析してみると、ここを「検索」して訪れる人も多いわけだけれど、その検索ワードで一番多いのが「ベロクラフト」だったりする。…当然、吉祥寺のあのお店…ってわけですわな?

そんなわけで、ちっと追加情報。まだホームページは立ち上がっていないようですけれど、以下の新聞記事が出てきたようで。

吉祥寺にオリジナルフレーム扱う自転車店-米から帰国の技術者合流
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000000-hsk_kj-l13
http://kichijoji.keizai.biz/headline/492/

どういういお店かー…ってのはこの記事が一番イメージしやすいかも。

ただ、記事中にある車種よりも安い市販車と、ブロンプトン、ブリヂストン・モールトンも取り扱っている…ということは、特に後者はよく注意してもらいたい(^^;)。

段々とイメージしやすくなってきたそのお店ですけれど、やはり直に行ってみるのが一番だす。ホームページ出来たとしても、行くのがいいと思うなぁ。入りやすいし。

大体お店の「情報」としてもネット上で揃うけれど、空気とか雰囲気とかは伝わりにくいしね。

あと、例えば「輪行本3」では自転車屋の選び方…ということでチェック項目をいくつか考えているんだけれど、取り扱いジャンル、メーカーとか記事でわかる範囲以外に、持ち込み(他店で購入した自転車の持ち込み)修理に対応してくれるか、その対応車種は限定されるか、工賃に違いはあるか…とかも確認しておいた方が良いと思う(特に地域住民)。

そういうのは実際足で調べないとねぇ。別に電話でも良いと思うけれど(^^;)。

2008/06/17

iPhone考

まだiPhoneの購入について考えていますが…、まーてーよー?

孫社長が「ホワイトプランを基本に」とかなんとか言っているなぁ…。

うーん、ホワイトプラン+データプラン…ってことか?新規契約…ってのも手か…。で、音声通話は基本、無し。データ送受信のみ。そもそも音声通話、今もあまりしてないし(^^;)待ち合わせくらいか。

…っつーのも悪くないか、トータル月額料金次第だが…1万ちょいって感じになるよね。


あ、でも、Bluetoothも搭載しているんでしょ?基本、EM-ONEを中継しての通信でできるだけ摂生すれば…、ダブル定額みたいなもんなんだから、意外と安く済んだりしないか?(^^;)

果たして「携帯」が他の「携帯」をモデムにしてくれるか、怪しいところではあるけれど(^^;)。

そもそもできたとしても、操作がものすごく煩雑になるしなぁ…。でも…興味あるな(^^;)ぉぃ。iPod Touchでいいやん…って話にもなるけれど、個人的にはBluetoothの方が好きなもんで(^^;)。

ついつい新レンズ…

すでにアルバムとかではさらりと書いてありますが、まぁ色々あって、ズマリットM35mmF2.5を購入してしまいました(^^;)ローンが…。

…原因は、主に原稿のネーム作りのストレスかなぁ

いや、でも結構、あれってストレスなのですよ。詰まってくると、吐き気すら感じるくらい…。

そんなストレスを解消しようとすると、走行か買い物か…って(^^;)。それでもなぜにこんな高額なものに…と自分でも疑問に思ってしまうのですが、なにぶん、カメラ中古市では10回ローンまでは無金利よ?


そんなわけで図らずも…いや、元々欲しかったのは認めます(^^;)。しかしどうせならもっと明るいレンズがなー…というとことなのですが、いかんせんローンでもキツい金額。

なにより、M8の6ビットコードにしっかり対応したレンズが欲しかった。シアンシフトを気にせず、くっきりした写真を撮りたかったわけですよ。そうでもない、周辺減光を「味だ」といって撮るのももちろん好きですが、そうでない手段をとりたくなる時もあるわけですよ。

そんなわけで、考えてみればM8が出てから後では初のレンズとなるズマリットなわけですが(エルマリートM28mmF2.8はM8と同時)、その分M8のことは考慮されているかなぁ?…と思ったらまさにその通りで、M8との相性は抜群すぎる。

まず、フィルターをつけててもレンズキャップが取り付けやすい(^^;)そこかよ。

他のカメラだってフィルターくらいつけてても普通にキャップくらい…とか言われそうですけれど、意外とフィルターつけたままのレンズキャップって閉めにくいのが多い。フードとフードキャップがあれば別だろうけれど。

しかしズマリットMは、フィルターの1枚くらい付けたままでもレンズキャップをかぽっとハメられる。明らかにIRブロッキングフィルターつけっぱなし運用を意識している(^^;)…と思う。


ま、それはそれとして、やはり性能が抜群。「性能の良いレンズ」を今まで使ったこと無いから、どういったところが「最高性能」なのか、実は良く知らないんだけれど、ともあれこのレンズはM8のデータを見ると解像度の抜けの良さが際だって高く、画像周辺部でもそれが衰えない感じ。

デジタルの補正も効いているのではあろうが、エルマリートM28mmF2.8よりも高精細な感じがするので、より適正化が進んでいるのかもしれない。まぁWeb掲載写真ではわからない差だけれど。等倍比でやっとわかるので、プリントしても変わらないかな(^^;)。まぁ、自己満足ででも。

もっとも、数値的には同スペックの「カラースコパー35mmF2.5も同様だよん?」…とか言われると、相当凹むけれどね(^^;)知らないけれど。

ただ、6ビットコードが付与されているのはズマリットであって、特性をしっかり把握しているM8とは相性が良すぎ。意外に解放値を気にするほど、暗いレンズ…というか、解放時にボケが足りない…ってことは今のところ無いみたい。

ライカレンズの中では廉価版…って印象があったけれど、なかなかどーして、侮れねぇと思うが、そこら辺を活かすためにはプリントしないとねぇ(^^;)それも大きく。プリントしたくなる写真がなかなか撮れないのは自分次第だけれど(^^;)。


しかしこうなってくると、他のズマリットMシリーズが…(^^;)ぉぃ。

2008/06/16

珍しく映画を見てきた

ちと調べてみたら、某劇場がある日のみ千円だったので、ちと予約。

で、何を見てきたというと…「インディ・ジョーンズ」当然最新作。

なぜかたまたままったくの予備知識無しだったので、逆に色々楽しめるかな?…と思って見てきました。

正直、面白くはなかった。…が、楽しかった。

どういうことかというと、つい脚本の整合性とかリアリティとか、そういったところを映画に求めてしまうクチなので、ともかくアクションとかなんとか楽しめよ…って映画だってことを忘れていたもので(^^;)。

しかも考えてみるとこのシリーズってそもそも「オカルト」だよね。「ムー」ネタだよね(^^;)。昔は結構そういうの読んでいたので、決して世界観がハマらないはずはないんだけれど<をれ、あまりに久しぶりだから忘れちゃっていたよ(^^;)。

しかしそれでも今回は、さらに突き抜けた世界観になっちったので、すぐに追いつけなかった(^^;)。

それと、少なくとも終戦後の時代背景…ということくらいは知っておいた方が良かったかも。意外と「アメリカの内輪ネタ」が冒頭多かったので、ついそれに乗り遅れてしまった感が…。

予備知識の無さが逆に働いちゃった…。

ただ、金額が安かった分、後悔はしてません(^^;)。今度から見方を考えよう。予備知識も有効なんだなぁ…。


まぁそんなわけで個人的にはちと下準備が足りなかったという気がするけれど、それがなかったら純粋に楽しめたはずなのに~(^^;)。ラストの決着のシーンのCGとかがすげー壮大で(「去った後」とかね。「回転」ではないです)、さすがILMといった感じ。

アクションもまーすげーというか、楽しめるというか。旧作知っていると一部「にやり」とするシーンがあったりと、なかなか…。

なによりラストのラスト。旧作からのファンとしては、おー、これは…と胸躍ったりするのよね。どうということのないシーンだけれど、それが重要。たったひとつの仕草が映画全体を締めるかっこよさがあるのよね。それが見られただけでも大満足。

ちなみに、予告の中では「ダーク・ナイト」が一番面白そうだった。まぁ、予告の出来が良すぎて、本編をしのいじゃう…ということがあるし、前作では初っぱなで見事に世界観を狂わせて、(個人的に)最後まで尾を引いてまともに見られなかった身としては心配なんだけれど、今回は舞台が最初から最後まで同じらしいので、大丈夫…なの…かな?と。

そもそも今回はリメイクで、旧作のオリジナル(まぁそれも原作付きなんだけれど)がインパクトありすぎたので、リメイクはうまく旧作のイメージを払拭できるのか…という心配もあったんだけれど、予告見る限りは見事に、いい意味で裏切っていてくれて、旧作・新作で比べるなら、新作が好きになりそう。

いや、決してティム・バートンが嫌いとか、苦手ということはないんだけれど、新作の方のリアリズムの作り方が面白いというか…。ちと楽しみなわけです。

…、「バットマン」の話だってわかってます?(^^;)

ちなみに映像の「バットマン」では実は「デッドエンド」が一番好きなんですけれどね(^^;)。

ただ、今回のヒース・レジャーは尋常じゃなさそう…。ジャック・ニコルソンも尋常じゃなかったけれど、…凌ぐか?ご本人は撮影が済んだところで急逝されてしまったそうだけれど、故・松田優作と同じく、なにかを燃やし尽くした迫力が予告編だけで十分にじみ出てくる。

…怖い。

2008/06/15

集中力の違い

輪行本3のネームを悶々と考えるのは、主にファミレスとかモスというのは常々書いているとおり。

ただ、大体2時間前後が限度ですねぇ…。集中力の。それ以上は進まず、進んでも後で直しが入るような状態になるので、切り上げて帰ります。

人間、集中力ってそんなもんかな…?と思いますが、絵を描くとそれ以上に長持ちします。


そういえば仕事の打ち合わせで議事録を取る…ってのを結構やるのですが、それは15分から20分が限度ですね。

もちろんそれ以上PCで議事録を取っていたりもするのですが、集中力が散漫になって、あまり正確な語句はとらえられなくなります(^^;)大まかな流れは把握しているので、あまり問題にはなりません。


そういえばテレビの番組かなにかで同時翻訳の通訳の方のお仕事の取材を見ていたんですけれど、結構脳を使いまくり、血糖値が下がるので15分くらいを目途に休みを取って、チョコなどで糖分を補給するとか。

議事録取るのも、聞き耳、語句の理解、構築、打ち込み等々、脳をフル活動させて休まず動かしているのかな?…と思ったり。

次に集中力の続かないネームは、…うーん、0からの語句の構築とか作業量は多そうだけれど、基本、自分のペースで考えを進めるので、アイドリングは入っている方かも。

そうすると議事録作成より時間を自由に使える分、長く保つわけか。

絵はまだ下書きから線を起こすだけ…とも言えるし、なんとなく脳の一部しか(しかし普段使わないところ)使わないような気もするので、さらに長くなるのかも。いや、色々休み休み筆を進めているペースだから、おいらの場合。それが影響しているのかもなぁ(^^;)。


創作活動でもう少し効率良く作業できればなぁ…と思っているけれど、ここら辺に改善の余地があるのかも?

アキバの思い出

●大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」●
アキバの名物おやじ、本多さんが亡くなって思うこと

ぷらっとホームの本多さんか…。思い出が全くないわけではない。

店頭販売していた頃の…何年頃だろう?前世紀だと思うが、とある正月になんとなく立ち寄ったら、店先でたまたま本多さんと鉢合わせ。で、なんかイベントがあったらしく、ふたを開けたばかりの樽酒があって、升を渡されちゃったり。

当然下戸なおいらなので遠慮したのだが、結局飲むハメになり、1杯だけ…。しかし結構美味しかったような気が…。

で、そこからちと記憶があやふやになりはじめて、気がついたらビデオカードを買ってビルの前に立っていたという…(^^;)予定になかった。

しかしなんだろな。ISAバスかVLバス、PCIバスのなんだったかは良く覚えていないが、同じバスで複数ビデオカード持っていて、とっかえひっかえ使っていたと思うけれど、そのとき買ったカードを一番長く使っていたのは覚えている。

なんで酒の勢いで買ったカードが一番長持ちやねん…と、不思議に思っていたもの。

正直、本多さんとの思い出…っつーか、コンタクト…というかニアミスがそれくらいな話で、ぷらっとホームは他にも買い物した覚えはあるけれど(主に入力装置)、全然面識はない。

しかし、店頭販売が終了して久しい気もするけれど、パソコンショップの街という雰囲気もかなり薄れ、例の秋葉原無差別殺傷事件と同じ時期にこういうニュースを聞くと、確かになにかが終わった気がするのは、私だけだろうか?

考えすぎだとは思うけれど。いや、思いたい。

2008/06/14

しつこく輪行本3進捗状況

ネームを進めていて気がついたけれど…Vol.3は情報誌というよりは、初心者の不安、疑問を取り除くことをコンセプトにしたみたい…って、人ごとのように…(^^;)。まぁ少なくとも、ますます「輪行」から離れていっています、順調に(^^;)。ただ、小径に限らず、自転車購入のための自転車屋選びのなにかの参考になる…かなぁ?なってくれればいいな。

でも、モチベーションを高めてもそれ以上の対応ができない本になりそうだなぁ…。

ただ、そこで自転車雑誌とか、輪行本2に移って、カタログを調べ始めてもらえれば良いかな…ってところか。

まぁ、それでもよかたい。もう少し、具体的な情報を書きたかったが、どうも概念的に終始しそう…(^^;)。いや、そこは単行本化の際に書き足して…(^^;)ぉぃ。


総集編は、そんなわけで、3(自転車の買い方入門)→1(輪行の紹介)→2(小径車の紹介)→4(乗り方、マナー、交通法規等々)→2.5(一部を抜粋しておまけ扱い)…という構成になるのかな?

序章として、「自転車とは」…という章を入れ込むかもしれないな。「ママチャリと自転車の違い」くらいは書き記しておかないと。


で、輪行本3のネームはなんとか全体像が見えてきたかも。下書き、清書段階でも変更する可能性があるけれど、ほぼ全体の流れは決まりな感じ。

もっとも、ネーム(台詞)を各ページの配分しただけで、コマ割自体はまだ終わってない…っていうか、ほとんど始まっていないんだけれど(^^;)大丈夫かなぁ…。

そもそも、ラストのネームがまだ決まっていない…。そこらへんは「神」が降りてくるのを待つしかないかも…。先に他の部分を進めておこうかな…。

ちなみに総ページ数は輪行本2より減るかな。製作時間も減ると良いんだけれどなぁ…(^^;)。

そば屋の誘惑

先週末はちっとカロリー消費と気分転換に、青梅方面に走ってきた。コミケ当落発表後、原稿作成期間に入った途端、降雨の心配のない空模様な土曜って、どーゆーことよ?

まぁともあれ、時間もそんなに無いし、とりあえず…日向和田かな、と走ってみた次第。車は久しぶりのBSM。整備だけはきっちししていたので、エアと油を確認しての走行。…実際体力落ちているような…。正直、体がなまっていた。そんなに運動不足だったかなぁ?

これからしばらく、もっと落ちるしな(^^;)。

そういえば多摩川CRをさかのぼりましたが、まだ昨年の台風豪雨、増水の影響が残っていますな。もっとも、年度が変わっただけあって、改修工事も進んでいます。ありがたいことです。走れなかった区間だったところで走れる区間が増えてます。もう少し待ちましょう。

で、いつもの日向和田のこんにゃく屋に寄った後、「梅の内」(めのうち…と読むらしい)というそば屋に。

いや、実は前にこんにゃく屋に寄ったとき「よく紹介する美味いそば屋があるんですよ」とお話を伺っていたので、今回はそこで昼食を…と考えてました。…が、場所を忘れてしまったので(^^;)ぼんやりとは覚えていましたが、確信が持てなかった。

で、案内だけしてもらって(^^;)、そのまま「梅の内」へ。店名はそこの地名にちなんだそうですが、店自体は3年くらい前にできたそうです。とはいえ、昔からあった民家を利用したようで、なんとも趣のあるお店です。

てっきり人気店かと思いましたが、意外にひっそりとしています。シーズンは混んでしまうのでしょうな。人が少ないお店はなんか落ち着いた雰囲気があって、のんびり過ごすには実に良い。自転車でここまで来て、一杯かっくらって、天ぷら蕎麦をいただき、輪行で帰る…ってのがオツって感じ(^^;)。今度やろう。

まぁ今回は運動不足解消なので、禁酒。天ぷら蕎麦のみいただきました。…しかし蕎麦も旨いけれど、天ぷらも美味いぞー!いやいや、いいよ、これ。

しかしなんのしゃれっ気か、梅干しの天ぷらなんてのもあります。その味は…是非ご自分でご確認のほどを(^^;)ここで書いてしまうのはもったいない。

ともあれ堪能しました。今度誰かと一緒に行こうっと。

あとはこんにゃく屋に再度襲来。さしみこんにゃくを入手。ああ、そうそう。「はら」が再開したらしいっす。ご主人が替わったとかで、土日しかやってなさそうですが、あそこのお店の雰囲気も好きなので、おいおい伺いましょう。

あとは供給が過ぎるそば屋談義とか…(^^;)謎。

あとは普通に「KOROMO」「たまご倶楽部」「KYANDY」という順ですな。

「KOROMO」も完全に顔を覚えられたなー(^^;)。血糖値の大事さを教えられました(謎)。

「たまご倶楽部」はもう、シュークリームの虜です。ちとおもしろい楽しみ方も教えてもらったし(謎)。

「KYANDY」はもう行きつけの喫茶店ですな。もちっと頻繁に行っても良いとおもうけれど、さすがに毎週はちと遠い。…隔週か?(^^;)


ま、そんな60km程度の走行でした。…まだ運動量が足りないと思う…。

2008/06/13

気温差

ところで、名古屋へのお見舞いには、もう一つ問題点があった。

出発時、東京の気温は3月下旬相当の14度。しかし予報によれば昼になると、5月下旬相当…というか、季節相応の24度になるとか。その差10度!服装とかどうしよう…?

しかしよくよく考えてみると、移動するので名古屋での気温を考えなければならず、そちらを調べてみると、予報では7月上旬と夏日の28度!

じゅ…14度差!?どどどどどうしよう。

まぁ結局、暑い時用の服装に、一枚上に羽織って保温…という体制でいたところ、バスの空調や、結局電車内等室内が多く、あまり問題にならなかったみたい。駅-病院への移動は暑かったけれど(^^;)。


まぁ、大事に至らなくて良かったなぁ…という話。しかし思い出してみれば、東京-沖縄間での移動でもそういう気温差が…あったな(^^;)。

冬でも沖縄ではTシャツ一枚で過ごせるから、そのまま年末に東京に帰ったら、ひどい目に…(^^;)死ぬかと思った。なんであのときは何も考えてなかったのか…と。上にはおるものも無しでなんで帰ったのか…と。

結局、家に帰る前にお台場とか友人と寄っていたんだけれど、その間中、友人の上着を借りていたような…(^^;)。ファッション…とかでなく、体温維持に服装は大事…というお話…なのかな?(^^;)

拝御、一生の不覚…の巻

08061301

前回までのあらすじ
名古屋七番勝負の第四勝負、巨大梨対決で危ういところを、機転を利かせたtoMoによる「二十世紀作戦」により、なんとか勝利した。

勝敗をイーブンに戻した拝御は、第五ステージである「カフェレスト・ラディッシュ」に向かった。しかし偶然にも日曜日は定休日であったため、主催者は急遽「喫茶マウンテン」への勝負場所の変更を宣言!

しかし拝御はすでにとんさぁに連れられ、JR太田線で多治見に向かっていた…。


目を覚ますと、多治見でした。

もう降りるよ…との二人の声に目を覚ました私は、すぐに飛び降りましたが、まだ頭がはっきりうとしていませんでした。自分としては、もうその二人についていくだけで精一杯。次は乗り換えだ…と認識していたものの、深くは考えていなかったのです。

そう、中央本線乗り換え時、事件は起きたのです。

いえ、乗り換え時点では何も起こりませんでした。到着ホームの向かいに、名古屋行きの普通列車が来ていたからです。なにげにその車両に乗り込み、着席して発車を待つ間、ふと周りを見渡しました。

違うホームになりますが、快速の名古屋行きの車両も見えました。ほう、あちらの方が速そうだ。

ただ、車内に貼ってある路線図を確認して「普通」と「快速」の違いを確認すると、あまり発着駅に差がないため、そうそう時間も変わらないだろうと推察されます。だからか、こちらの車両とあちらの車両、あまり乗客数に差が無いように思えます。むしろこちらの方が多い?

まぁともかく、元々余裕を持って美濃太田を出てきたので、ゆったり旅でもしようじゃないですか、と普通列車で名古屋に向かうことに。しかしそうのんびり…となると、ちとやっておくことがあるな、と。

そんなわけで、改札口付近のトイレに向かうことに。

荷物を友人らに任せ、手ぶらで改札口付近に向かいつつ、快速列車の動向に気をつけていました。快速が出た後普通列車が出ますから、快速が動き出したら危険信号。それを目安にしていました。

実際、トイレを出た後も快速列車を注視。うむ、動く気配すらない。…なんかおかしいな?そろそろ発車の時刻じゃなかったっけ?乗客すらほとんどいない。…と、普通列車のホームに通じる階段を下りている最中、携帯電話が鳴りました。普段だったら携帯も荷物に放り込んでいるところなのですが、なぜかこの日に限ってはGパンのポケットに放り込んでいました。

ん?何かな?…と携帯を持った途端、目の前の列車が動き出したのです。

「普通」の方が。

あーっ!…と叫んでも、列車はおいらを置いて、走り去っていきます。

「拝御さん、電車、出ちゃうよ?」

…と携帯から聞こえてきても、しばらく身動きが取れませんでした(^^;)取りようがない。

どうも、時刻表とかではしっかり、「普通」の方が早く出る、「快速」は後…というのは表示されていたようなのですが、寝ぼけていた頭では中央線や京王線の間隔で「快速と普通が並んでいたら、快速が先に走り出す」と思いこんでいたようで、見事に「普通」の列車に乗り遅れてしまいました。

しばし呆然としてしまいましたが、幸いにも通信手段はある。あと財布だけは持っている。電車に残してきてしまった荷物にしても、友人がいる。あまり心配事はないように思えました。そのまま会話を続け、「じゃぁ、次の駅で待っているね」と話をつけ、電話を切った後、「快速」が来ているホームに向かいました。

発車時刻は…ん~、10分ほど後かな。

ただ、もうこの時は、自分のドジっぷりに落ち込み、ひたすらその時間が過ぎて欲しい…と、その一念でした。うーむ…。

で、暇をもてあましつつ、やっとこさ発車の時刻を迎えました。乗車率は先ほどの列車並。ああ、やはり皆さん、発車時刻、順のことをご存じでしたのね(^^;)当たり前だ。

快速だけになかなか速度も早いです。これですでに一駅先で降りている友人達にあっという間に追いつきます。

…一駅先?

…どっちの?

そう、さっきは「普通」、私が今乗っているのは「快速」。その停車駅は違うはずです。

でででででででも、さっき見た路線図では、そんなに停車駅に違いはなかったはず…と、慌てて車内の路線図を確認すると…「普通」の最初の停車駅は見事に「快速」の通過駅です。

やられたっ!

こうなると、あとは友人が「拝御は次の快速に乗ってくるだろうから、その最初の停車駅に向かわないと」としてくれると無問題なのですが…。しかし確認しようにも山間部の走行、携帯も通じません。

やがて、その「普通」だけの停車駅、古虎渓駅が近づいてきます。なんとはなしに気になって、ホームを注視していると…、

見慣れた人影が二人…(^^;)おいらの鞄まで視認できる。

08061302…ってゆーか、あきらかに写真撮ってるな…。

あああああ、やっぱりそっちで降りてしまったかぁぁぁぁぁ。いや、おいら自身「次の駅で待っていて」と言った身なので、仕方ありません。しかし、なぜに電話の時に「普通」と「快速」の差に気がつかなかったかな…>をれ。

どういう列車に乗る…というのは私が選択するので、それで決めて友人に言わなければならないのですが、「乗り遅れた」というショックのあまり、その他のことを考えられなかったのですなぁ…。

もうがっくし…。うなだれながら「快速」の最初の停車駅、高蔵寺に向かい、下車しました。

早速時刻表に向かい、次の「普通」の時刻を確認。…お、意外に本数多いし、すぐ着きそう。

早速それを確認しながら、友人に電話しました。何分の列車に乗ったかを確認し、それで到着ホーム…がいくつかあるらしいので、そちらに向かわなければなりません。

さっきは移動中でしたが、今回はちゃんと通じ、友人と打ち合わせできました。

「すまねぇ、先に高蔵寺に来ちまった。何分の列車に乗った?10分間隔くらいで普通列車が発着しているみたいだから、ホームを移動しないといかんのだよ」

「…まだ乗ってないよ」

「…あ?」

「時刻表見て驚愕しているんだけれど…、この駅、1時間に2本しか列車、停車しないみたいなんですけれど…」

どうもおいらが確認している「普通」は、ほとんど「高蔵寺発」のようです。

もうこの時点で、当初の予定より30分押しが決定(友人んところではもっと前に決まってしまっていたわけですが)。

ちっと乗り遅れただけで、この遅れかーっ!

いやぁ、余裕持って美濃太田を出たのには、名古屋でバスに乗るまでに「味噌カツ」あたりを矢場とんでいただこう…という計画があったからなわけですが、見事にその時間が無くなってしまいました…。まぁ、頑張れば食えないかもしれないですけれど、行列の出来るお店だし…。

他のメニューにせよ、下調べしているお店もないし、そもそも早食い出来ないだろうし…。

ああああ、迷惑かけてすまなんだ…>toMoさん、とんさぁさん。

そんなわけで、あとは無事に高蔵寺で合流。名古屋に向かいましたとさ。

08061303 案の定、名古屋の時間の無さっぷりといったら…。もちろん矢場とんには入店できませんでしたが、一応テイクアウトな弁当はゲット。途中のS.A.でいただきました。toMoさんには評判でしたが、なおさら、作りたてをいただいていただかないと…次は…!

…そんな、本来はNebulaさんのお見舞いだったわけですが、あまりに最後のエピソードが強烈で、別記事にしてしまいました(^^;)本末転倒。

今度は平穏なお見舞いにリベンジしたい(^^;)ぉぃ。

そういえば、いまいちゆっくりお見舞い自体…できていないような気も。食事時間挟んじゃったからなぁ…。それでも2時間超していたような気もするが(^^;)。でももう少し、もう1時間は欲しいな。次はもう少しうまく時間配分をしよう。

あるいは…2泊になってしまうのか?(1泊だと今回とあまり変わらない気がする…)

2008/06/12

PSPだらけ

最近、輪行本3のネームをひねり出すために、ファミレスとかモスによく行く…のは、常々書いているとおり。

で、パソコン開いてぱこぱこしているわけだが、ふと脇目を振ると、携帯ゲーム機を持っている人が多い。

…それも、PSPで対戦しているっぽい光景をよく見る。前はあまり見なかったけれどなぁ。たまにDSを見かけるくらいで。いや、DSは単独で、子供がよくやっているか。PSPを見かけるのはここ最近か。

…モンスターハンター効果か?

そういえば発売時期と重なるような…。友人同士でも、カップルでもやっている。あきらかに業種の違う服同士の人たちでさえやっている。

携帯ゲームに興味のない身としても、好奇心が沸いて、やってみたくなってくる(^^;)。…って時点で、ネームに注力してないな…と実感するわけだけれど(^^;)なかなかどーも…。

輪行本3進捗状況

ちとここのところネームが進まず、進捗が芳しくなかったが、根を詰めてファミレス缶詰で頭をひねったら、なんとか進行に光が差し込んできた気がする。とりあえず…一部解説を除き、20ページはいったか…。

正直、アドバイス等漫画に書ききれない部分があるが、時間もなくなってきたことだし、今回は完成させることを目標に直し、がしがし進めていこうと思う。

…まぁ、いつもそうなんだけれど(^^;)、今回は自転車購入指南なので、漏れ無いようにしよう…と思うものの、完璧を目指すとどうしても時間がかかってしまうので…。

もちろん現バージョンもできるだけ漏れ無いように頑張るつもりだけれど、初心者視点からズレていたり、補足が必要になったら、総集編でリカバリすることにしたいと思う。…あまり褒められた方法ではないのだが、今、自転車欲しい人にすぐに与えられる情報を…ということで考えると、そういう対応しか今のおいらには…。

総集編は早くても来年だしねぇ…。


で、またポプルスに発注の予約と、締め切りの確認をしてきた。

…先に書いたとおり、すでにヤバい(^^;)おいらの遅筆・原稿量から考えると。

たぶん今回は根詰めた自転車描写が数多く無いと思うので、それほど時間はかからないと思うけれど…自転車屋描写がどんなもんかわからんしなぁ…(^^;)自転車は輪郭線だけ…といった描写にするぜ?。

コマ割してから自転車屋の写真を撮りに行く必要もあるかもしれんし、そういう作業時間も必要だしなぁ…。

まぁ、そういう時間的逼迫が肌に感じられていたから、先の進捗が良くなったのかもしれない。


…本来はスケジュールに余裕を持って、コンセプトとかネームをゆったり考えてコマ割まで仕上げていきたかったんだけれど、締め切りが無いと際限なく考え続けて、しかも完成形に近づかないものだから、堂々巡りっぽくなってしまう。

かといって、締め切りわかった時点では、もうネームの大枠くらい出来てないと間に合わない状況だから、ネーム面で妥協を迫られたり…と、なんか両極端。

うまくバランス取れないもんやねぇ…って、すべて自己管理の失敗のような気がしますが(^^;)気のせいではなく…。

2008/06/11

アルバムのお知らせ

サイドバーのアルバム、4・5・6月分に新しいのを掲載し、解説も付け終わりましたので、お知らせします。今月はこれでおしまいかな?出かけないはずだし。

まぁ…逃避したら載っかるけれど(^^;)。

携帯構想

iPhone3Gが正式に発表された。日本国内の、サービスを含めた料金等が不明だけれど。

あー、しかしiPhoneだと、X02NKでやりたいと思っていたマルチメディア系なことも、やれるんだろうな、考えてみれば。くるくるピッピ…というか…ねぇ(^^;)。さくさく動かしてさ。

ちと気になる。

もうちっとサードパーティのアプリの情報が欲しいな。日本語入力も。多少妥協しても通常の携帯以上の文字入力が出来れば、OKとするかな。

ああ、いかん、だんだんと欲しくなってきているかも(^^;)。Xシリーズ並みの月額なら、良しとするかなぁ…(^^;)。

しかしな、こう…気持ちだけが先走ると、イタい思いするだけなのは何度か経験しているし。どうせすぐには入手困難だろう。機種変更で割り当て少、金額高。そもそも買ってすぐばりばり使い倒すようには思えないし、だったら解説本が出てからの方が、月額料金を有効に使えるだろう。

無いと死ぬ…ってことでもないし、不便でも無かろう(不便であることがわからない)。

色々こなれるまで待つか。…半年くらいか?…我慢できるか?(^^;)

あ、でもそもそも原稿真っ最中の発売か。やっぱり禁止せねば(^^;)。


#ちょっと気になるのはイーモバイルの誰かの発言か。タッチスクリーン搭載機が増えてきたので、もうiPhoneの独壇場は終わったとかなんとか。

大丈夫か?

iPhoneの人気はタッチスクリーン自体ではなく、それによる快適な操作性でしょ。ボタンの代替ではなく、スライドさせて「アルバムをめくる」とか。さくさくした操作性、プラスそういうオペレーションを実現させている設計が良いのであって。

まぁ、おいら自身、iPod touch自体もあまり触ったこと無いので、そういう魅力なのかようわからんけれど、WM機のボタン操作を画面でできるようにした…ってだけでは、ボタン搭載機と何ら変わらないわけで、iPhoneには絶対勝てない気がする。

もっとも、買う方が「あ、変わらないんだ」として非iPhoneも購入し、そちらで「タッチスクリーンって便利ね」と、そこで満足してしまう人続出してしまったら、確かにiPhoneの独壇場ではなくなってしまうが…。

残念ながら市場のシェアって、本来の性能、使い勝手で決まるものじゃないからねぇ…。

2.0

攻殻機動隊がリメイクされているとは知らなかったな。2.0だって。見に行きたい。

1.0は劇場でも見たし、DVDも持っている。ただ、正直あまり面白くないんだよね。出来としては良いのだけれど、士朗正宗と押井守の(俺にとって)良いところが双方出てて、でもかち合っちゃって、中途半端な出来になっていると思う。

イノセンスはその辺、完全に押井色に染まったので、ある意味安心して見られる。悪いところがあっても、完全に押井監督の責任ということで(^^;)ぉぃ。

2.0が果たして、映像面の作り直しでそこらへんのバランスを変えてくれるものなのかちと疑問だけれど、なにか勝算があってやっているのだろうし、気になるので…。

ちなみに映画版以外の攻殻機動隊は見ていない。いや、ちらりと見たのだが、どーもソリが合わない。押井ファンらしい>をれ。そういえばパトレイバーも初期のビデオ版ばかり見ていたような気が…(^^;)。

2008/06/10

コミケチェック

えぇと、コミケットアピールが届いた。当然チケットも。

アピールを読むと次回コミケ申し込みのために…という一文がある。次回、つまり冬コミを申し込む人は、アンケートで当落通知の到着日を教えてもらいたい…とのこと。なんか当落通知の配送の集計をして、日本郵政になにかお願いをするらしい。

まぁおいらは6月9日…っと備忘録代わりに書いておこう。ま、書いたこと自体を忘れるんだけれどね(^^;)おいらの場合。


アピールを読んでいると、少し大がかりな変更があることがわかる。

おいらには直接関係ないけれど、コスプレ関係の更衣室が移動して、全然違うところに移動するらしい。

コミケットアピールを手にせずコスプレ参加される方は、必ずカタログを購入して色々把握しておく必要があると思うですよ。あ、Webでも確認できるんだっけか?

もっとも、西1ホールから近くなった、行き来しやすくなった…と見てよいのかしら?(^^;)また売り子をお願いしてしまおうかしら(^^;)でも今回は大変そうだしなー…。


むしろ、企業スペースが広くなった方が、だいぶ影響が大きいかも。西館の上のブース、ほぼ全部らしい。更衣室をどかしたスペースを活用するとのこと。…そんなに手狭だったのか…。

そんなわけで、西館周りの人通りがどうなるかようけわからん。いや、そんなに変わらないかな?いずれにしても…怖い(^^;)。3日目はスペースでずっとおとなしくしておこう。でもフランチェスカさんにもお会いしたいしなー…。


コミケットアピールにマップが載っていたので、「も-01」の場所を確認してみた。

…青ざめる。なんつーところや…。

大丈夫か?…行列が想定されているのか?絶対そんなん必要無いし。あ、他のスペースが必要か(^^;)で、通しやすいスペースにうちらがいれば、通しやすい…と。


あと気のせいだろうか?3日目、西1と西2は平和な気がする…。すばらしい…(^^;)ほんとか?。

#売り子は…どうしよう…。3日目だしなぁ…。

ComicStudioPro4、使えねぇ機能が…

ComicStudio4で輪行本3のネームを少し書いて、Illustratorで清書するためにテンプレート用に出力しようとしたところ、任意のサイズで出力できないというバグが発覚。

普通に使えば問題ないと思うのだが、見開きページを設定していた場合、たとえばA4用紙縦×2で全体A3横だとするじゃないですか。しかし画像の書き出しはページ設定A4縦としか認識できず、それを無理矢理出力しようとするものだから、なぜかA4横に縮小されて出力されてしまう。見開きを分離して単一ページに出力しようとすると、それをA4縦に認識すりゃぁいいものを、A4横の1/2でA5縦として出力されてしまう。

…ので、出力画像を他ソフトでテンプレートとしてA4サイズで利用したい場合、出力サイズをかなり工夫して出力せざるをえなく、リサイズ処理も必ず必要…と、相当手間を必要とする。数十ページ分とすると相当の手間。Ver3ん時は何の苦もなく他ソフトにデータ渡せたのに…。

…くそう。Ver.3ではなんの問題もない操作だったのに。

そもそもこうしなければならない…と結論がでるまで、何時間これで四苦八苦してると思ってるねん。

工夫すれば使えるかもしれないけれど、ユーザーに制約を持たせるソフトってなんやねん…と。

今からセルシスに報告して改善されるにしても、輪行本3には絶対間に合わないし、そもそももっと詳しく検証している時間がない。

あとで報告するにせよ…、コミケ会場で直接指摘してみるかな。単に、(技術スタッフに?)なんの関係もないセルシススタッフが困るだけだろうけれど。そもそも出力画像がどう…って問題にする人は、俺だけか?

(注:掲載当時、怒りにまかせて書いたあまり、不適切な表現などがあったため、修正をさせいただきました。ご了承ください。)

2008/06/09

これから携帯をどうするか…

基本的に現在使用中の911Tに、あまり不満はない。不満はないが、「今までのおいらの携帯の使い方から逸脱していない」という意味の不満がないという意味で、911Tだからこその使い方をがしがしはしていない。

ふつーに待ち合わせの時の通話、ニュースの確認、着信メールの確認、外での音楽・ワンセグ視聴…と、それくらい。それ以上のことはほとんどしていない。いまいち操作が苦手なもので…。

ケータイをさくさく動かしているのが格好良く思えるので、そうしたいなー…とは思うのだが、親指オペレーションだとそれもなかなか難しく…。


そうすると922SHが魅力的に思えてくる。実用を考えると、メールが打ちやすくなる…という点でかなり良さそうな気がする。アプリケーションが少ない気もするが、そういうのはEM-ONEに負かし、さくさく携帯を操作してメールの送受信…と考えれば、かなり良さそうな気が。


ただ、toMoさんのX02NKも気になる。メールの打ちにくさは変わらないものの、Symbian OSがかなり良い感じ。使っているのを見ると楽しそう。積極的に携帯で写真を撮りたくなるような機能が満載されているような。で、それを閲覧するのに非常に良い端末のような気が。携帯を使ってマルチメディアを楽しむなら、これのような気も。

そういえば無線LANも装備していると言うし、EM-ONE経由で接続とかできるのかな?EM-ONEがあればそっちでブラウジングしてしまっても良いような気もするが、なんかX02NKでのブラウジングって楽しそうなんだもの(^^;)。

Bluetoothもあるなら、色々とツブしが効くような気がする。

もっとも、問題は先の「メール環境が改善されない」のと、toMoさんも言っていたけれど、Xシリーズだけあって、結構月額料金が高くなってしまう点。パケットし放題をつけると月額ほぼ9,800円らしい。…現在の倍額じゃん。

無線LANでEM-ONEを併用したとしても、そうそうパケット代は節約できない?いくら楽しそうでもちと躊躇してしまう。


うーん、しかし911Tを使い続けても、なんも変わらない気もするしなー…ってな記事を書いて、どういう結論にしようかな…と考えていたら、こんな話が伝わってきた。

「iPhone」はソフトバンクから発売

WindowsMobileじゃないってところがいいな(^^;)ぉぃ。

でもどーせ新規契約者優遇で、機種変更は後回しなんでしょ?おいらはすぐに手に入れられないんでしょ?今、ソフトバンクだからって、なーんも恩恵無いと思うな。


あとXシリーズ扱いになるんじゃない?先のX02NKと同じ、月1万円コースなー。うーん…。

でもX02NKとは違うさくさく操作とかできそう?

どうなんだろーなー。メールを使うようになるのなら、文字入力が問題になるだろう?打ちやすいのだろうか?X02NKよりも。いや、iPod touchでまともに文字入力したことないからわからんわ。ちらっと触った限りでは、結構隣のキーを押してしまったような気が…。おいらの指の太さではダメ?

でも、サードパーティーのアプリも増えるというし、気になるんだよなー。EM-ONEとの相性も良いだろうし(^^;)持ち運びとか。うーん…、やっぱり結論が出ない(^^;)。

まぁ、割賦割引で購入しているので、割賦が終わるまで動かない…って可能性の方が高いような…(^^;)。

2008/06/08

お見舞いのハズが、ローカル路線旅行

08060801

Nebulaさんが名古屋方面に転院されて久しい。転院されてから1度お見舞いに行ったことがあるが、やはりまたお見舞いに行かないと、励ましにならないだろう。

回復具合はお父様が結構定期的にBlogに記載されているので、結構わかるのだが、やはり直に見ないと実感伴わないし。そもそも輪行本2.5もお渡しにいかなければならないし、。

そんなわけで久しぶりに名古屋にお会いしに行くことに。

ただ、色々買い物している割には…というか、そのせいでビンボーな身としては、新幹線でさらりと行く…ってのも難儀な身。高速バスでの移動を早々に決めてしまいました。

で、金額も安いところ…と色々調べていったところ、JR高速バス以外の高速バスに行き着きました。…JR以外は初めてのような…?ちと不安(^^;)。大体、バスターミナル以外の乗降って何?道路の使用許可とか、そういう営業形態に問題はないのだろうか?(^^;)まぁだから施設維持費とかかからない分、安いのかと思うけれど…。うーん…。

…しかし、安さには勝てず、さくっと往復9,500円で予約。

これは往復ともゆったり3列シートなのでこの値段で、夜行バスが入ると、少し高くなる。昼間の高速バスで、4列シートのものを使用すると、もっと安くなるみたい。

まぁ、宿泊とか時間とか色々考えると、夜行バスを挟まないというのは難しいと思うので、最安値の利用は机上のシミュレーションでしかないかもしれないけれど、往復8千円というのも可能…なのかな?

ちなみに、往路夜行バス、復路、往路の到着日の夕方発、夜間着…と、1泊2日の様相ですが、出発時間がほぼ0時、復路の着が22時と、ほぼ日帰り(^^;)。微妙にハードだなぁ…と思いましたが、同じバス会社を使っただけあって、ドライバーも一緒(^^;)そういえば日帰り浜松もそうだったような…。なんだかなー(^^;)。

08060802 まぁともかく、そんなわけで新宿でtoMoさんと合流し、そのまま乗車。toMoさんからの電話を受けるまで、目の前のバスに気がつかなかったことは内緒だ!(^^;)。

ちなみにそのバス。例の3列シートのゆったり感がなかなかよろし。首固定枕を別途用意しただけあって、基本的に快適に過ごせました。後から気がつくと、ふくらはぎを支えてくれるシートを使うのを忘れていましたが(^^;)。

あと、休憩が2回あったのですが、そのS.A.でびかびか照明照らされるので、安眠妨害されてたたき起こされる気分ってのが…。夜間照明のような設備もあったので、それだけで照らしてくれれば良いのに…。もっとも、暗すぎて降りる人の不便だと、それはそれで怖いか…うーん。

08060803 まぁそもそもおいらの場合、前に名古屋→東京の深夜バスで、深夜の、誰もいないところの休憩所とかの、滅多に味わえない非日常的なわびしいまでの雰囲気が結構好きになったので、それに連れてってくれたって考えればむしろありがたい話で、責めない(^^;)。写真も撮りまくったし(挙動が怪しかった:toMo談)。まぁどうしても寝たいというのなら、アイマスクを用意しろと言う話ですな。

もっとも、おかげで後まで睡魔が襲うことに…(^^;)。

08060807 ともあれ、深夜でも売店や飲食店まで営業していたのにびっくり。さすがに食事は食わないが、今はそこまで便利になってるのねー。

そういえば前の深夜バスはどうだったかな…。2回休憩場所に寄った覚えがあるが、2回目は覚えがあるだけで、復路の疲労度の高いところだったので、そこで何をした…ってのをまったく覚えていない(^^;)。

08060804 そんなこんなで(?)名古屋に早々に到着。ほぼ5時。…到着予定は5時半だったような…。

まぁ何はなくとも…何をどーして良いか、わからん(^^;)。

いや、実は何かの番組で、名古屋は喫茶店天国みたいな話を聞いていて、朝から地元の方々が朝食代わりにモーニングを食しているような土地柄だから、行けばその辺の喫茶店でどうにかなるんじゃないかなー…みたいな楽観があったわけですよ。

でもそういうのって、名古屋というか、愛知県…って考え方で、ベッドタウンでの話かもしれない。

そういうわけで駅周辺では喫茶店はあっても、「名物モーニング」ってのはあまり無い…というか、そもそも早くても7時開店の喫茶店ばかりで居所がない。そんなわけで、5時から放浪の旅…とあいなった。

まぁ、こういう時の漫画喫茶なんのねん…という話を聞いて、そちらにも向かったけれど。なぜか妙にそういうお店、多いし。

しかし、同じ境遇の人が多いのか、あるいは前日から泊まり込んでいる人が多いからなのか、どこの漫画喫茶も満室。マクドナルド等も同様。

居所無し(;_;)。

まぁ結局、デニーズで空席待ちに落ち着きましたが。しかしいつも満員に見えたそこですが、待ってみると意外にあっさり店内通されて、今までの苦労はなんだったの?…状態。うむぅ…。

ちなみにここまで散策がてら、結構M8+エルマリートM28mmF2.8で色々撮りまくっていたのですが、IRブロッキングフィルターを装着しわすれていたという事実が判明。

こないだの決心はなんだったのっ!?…と、すっかりおいらの心がシアンシフトですわ(;_;)。

まぁ、大概モノクロ加工を念頭に置いた写真でしたので、全滅…ってわけではないですけれど、すっきりとした名古屋の青空は赤くくすんでしまいました…。とほほ…。

で、いよいよとんさぁさんが新幹線で合流っつー話だったので、改札口前に移動して網を張っていたら…突破された(^^;)

我々に犯人逮捕は無理です(^^;)意味不明。

でもまぁ無事捕獲ぉぃできたので、再度ちょっと腹ごしらえに喫茶店のモーニングに寄りつつ、名鉄経由でいよいよNebulaさんのところへ!

…ってところで、早速どこ行きに乗れば良いか、迷う(^^;)。Suicaも使えないものだから、券売機の前で右往左往(^^;)どこの田舎ものだか。

おまけに乗ったら乗ったで行き先を間違えていたというていたらく。…ダメじゃん(^^;)。

08060805 ただ、ここで親切な名古屋人に助けられ、無事に犬山線への乗り換えに成功。…名古屋人、ありがとうだぎゃぁ(^^;)ぉぃ。いや、でもご当人もおっしゃってましたが、名鉄、わかりにくすぎ。まだ京王線の時刻表下の路線図とかわかりやすいけれど、名鉄のその手の掲示って、わかりにくいような…。

しかし無事目的地まで向かえる…とほっとしたせいか、一気に意識を失って眠ってしまい、気がつけば犬山あたりで、もう新鵜沼手前…っていうか、外の風景がだいぶ田園風景のような…。

…こ、こんな田舎だったかなぁ?(^^;)

ともあれ、新鵜沼から鵜沼に移動し、JRの太田線に乗り換え…ってところで、切符の生産などにも手間取ったり(^^;)アジバンダリー。しかしそこの太田線が、なんともまぁ、トイレもついているような鈍行列車。…っていうか、ディーゼル車!単線だし、ますます旅情あふれる旅路に…。

同じ車両に乗る人も少ないものだから、お見舞いだっつーことを忘れ、ほとんど旅行気分で振る舞ってましたな(^^;)車内。

もっとも、2駅ほどで目的地到着。…短い旅路だ(^^;)いや、だから目的が違うって。

で、その目的地の駅、…駅前のさびれた感がなかなか(^^;)田舎だなぁ。

ただ、昨今、駅前よりも郊外が繁盛している傾向もあるようで、駅より離れたところに観光地とか色々あるよ…と観光案内所の人にも教えられているので、あまり駅前で判断しない方がよいかもしれない。

反対口の方が繁盛していたのかもしれないし(^^;)。

まぁ後はてくてく歩いて目的地まで。…暑かった。

さて、本題のお見舞いですが…考えてみればここで詳しく書く話じゃないね(^^;)ならなぜBlog記事に…。

ただ、久しぶりに顔を合わせたtoMoさんも、そもそも毎週来ているはずのご両親もびっくりするくらいの回復っぷり。まだ先は長くても、ちと安心してしまうところです。

どうもお見舞いがあるとハリが出るようなので、やはりまた来ないとなー…という決心にもつながったり。そんなわけで帰りに色々観光案内所で資料をむさぼったのは内緒だ(^^;)。

ちなみに、帰りは同じルートというのもなんだなー…ということで、若干交通費がかさむものの、JRのみの、多治見経由ルート。名古屋と目的地を結んで、その西側を通ってきたのが往路だったけれど、復路は東側になり、環状線を名古屋を起点に一周する感じ。いや、環状線じゃないんだけれど(^^;)。

で、まぁその太田線も相変わらず単線ディーゼルで、おまけにワンマンときたり。

08060806 車窓からはのどかな田園風景が望め、ますますほんわかしたいい気持ちで夢うつつ…(^^;)。

しかし、その気のゆるみが後の大事件につながるのです!

(つづく)ぉぃ

2008/06/07

今度の夏コミ…は…

とりあえずコミケの当落は封筒が届くまでどきどきでしたが、昨今はネットで検索して確認できるんですね。オンライン申し込みといい、なんと便利なことか…。

ただ、期間限定の検索なので、ようやっと確認できるようになりました。

で、早速検索してきました。

…おお、受かっている模様。3日目やね。西館の「も」の01b。


…01b?


誕生日席じゃねぇか!?


…コミケ行ってない人にはわからないでしょうが…とんでもないことなのです。どどどどどどどどどうしよう…(--;)。

ところで…

開始されてからだいぶ日が経ち、最初はマスコミを中心に盛り上がっていたけれど、だんだんと下火になり…、しかしまた最近、またぞろ「そろそろまた旬じゃない?」的な報道がちらほらと見え始めたけれど、実際のところ、その後、始めた方、いらっしゃいます?

セカンドライフ。

知り合いだと3DCGクリエーターが一人くらい、仕事上、やらざるをえなくなって、でも意外と面白いよん?…という話は聞いた。あと、昔、某草の根BBSでシスオペ(懐かしい単語だなー、おい(^^;))してた某氏がやっているのは知っている。

当初、身の回りだとそれくらいだったけれど、その後、広がったのだろうか?広がっているようなら、「浸透度は時が解決してくれる」という話もわかる気がするのだが、相変わらずだったりすると…そろそろ同情の域に…(^^;)ぉぃ。

まぁ、いずれにしてもこちらは「リアル世界でのセカンドライフ」を満喫しますけれどね。あ、でもそろそろ新規開拓もせんとあかんか(^^;)鵠沼・飯能ばかりでもねぇ…(いや、これからも通いたいけれど)。

2008/06/06

6~7月、走行休止宣言

…って、いつものことというか、わかっている人はわかっている通り、例年この時期はそのような対処に移りたいと思います。

いや、梅雨がどーのこーのということではなく、輪行本の執筆がね…。こう…自分で退路を断たないと(?)原稿進まないから~(^^;)。

そんなわけで、基本的に誰かと走るということはしない方向でしばらくいきますので。よほど面白そうな企画は別ですが(^^;)ぉぃ。いや、自制、自制…。

あと、まったく走らないというわけではなく、ストレスの溜まる作業ですから、突発的に走行するかもしれません。しかしあくまで突発なので、誰それを誘って…ってのはないと思います。

それになんとか日のある内に帰れる範囲で済まさないと…。まぁ、そういうことです。


もっとも、現時点で原稿が致命的に遅れているというわけではないのですが、なんか軽いスランプに陥ったか、調子が取り戻せない状態にいて、そもそも名古屋に行ったとき、結構カロリー過多に…(^^;)謎。

普段の生活でカロリー消費できない量っぽいので、今週末は晴れるというし、上記切り替えとカロリー消費のために、青梅、その先の御嶽くらいまで走ってくるかな(^^;)ぉぃ。

運動だからカテンザで行きたいところだけれど、ここのところBSMがとんとお休み状態なので、そっちも運動させたらんと。

まだバーテープ、巻き直していないけれど(^^;)一部怒。

エルマー90mmF4の活かし方

Lマウントの、それも相当古い、おいらのエルマー90mmF4は、36mm径という今現在では特殊な径となってしまい、フィルターの類は入手困難となっている。

特にIRブロッキングフィルターの場合、そもそもM8くらいしか必要としていないため、なおさら作成される径が限定され、入手不可能に近い。

ステップアップリングを用意にして39mm径のフィルターを装着できるようにするかなぁ…とも思ったが、だからその36mm径が特殊すぎるので、そういうステップアップリング自体がないらしい。あっても→37mm径へのアップ(別規格のレンズ用らしい)で、なおさら応用できなかったり。

しかし望遠のレンズとなると、赤外線の影響を多く受ける自然系の被写体も多く、無視できないし、フィルターを装着できなかったら、お蔵入りかな…と思っていた。

んでも中古カメラフェアを覗きに行って、フィルター関係、ステップアップリングを探していたところ、変なリングを見つけた。

39mm径のフィルターを付けられるようにねじ山は切ってあるのだが、36mm径側はかぶせてネジ止めする形になっている。なぜかはわからないが、しかしそれでしっかりエルマーのレンズに39mm径フィルターを取り付けられるようになる。

まぁ、純正のステップアップリングということだろう。そこそこの価格で入手。さっくりIRブロッキングフィルターを装着することが出来た。

ただし、今までのエルマー用のフードがかぶせられなくなったのが困りもの。ハレとか出ちゃうかな?フィルターのコーティングでなんとかなるかな?機会を作って試写しに持ち出さなければ。

フード自体は39mmにかぶせるタイプが使えるようになるかもしれないので、そちら方面で探してみよう。

いずれにせよ、70年くらい前のレンズが再びM8で使用できるようになってきたわけで、なかなか楽しめそうな予感が…。


#ちなみに、こちらの「A36 - E39mm 変換アダプター」という記載を確認すると、他にもこいつが使えそうな、つまり、IRブロッキングフィルターを装着できることになる名器なレンズがあるとかなんとか。…困りもの(^^;)ぉぃ。

2008/06/05

気楽な自転車

こないだ、久しぶりに自動車を運転した。実質、今年初めてじゃないかしら?いや、そんなことないか?

ただ、普段自転車で走っているコース、往復60km程度を走ったけれど、それだけの距離は数年ぶりだと思う。そういうペーパーな状態での運転だと、それはもうおっかなびっくりな運転になってしまうのだが、今回は目的がはっきりしすぎていたので、妙に落ち着いて運転できたのだが…あれはなんだったのだろう?

まぁそれはともかく、要するに飯能-岩倉ラインを走って、自転車でしてた買い物をしてきた…ってだけの用事だったわけですが、自動車では「こんなにさくりと走れて、普段自転車でどんな苦労してんねーん!」…といった落ちを予想していた…ら、自動車の移動の方が時間がかかったという結果が出た。

往路往路は、府中街道から所沢あたりで463号線(西武池袋線の南側)、圏央道脇の笹井で299号線に左折、西進して東飯能横に抜けるルート。

一番のネックは、上藤沢あたりでの三井アウトレットパークの渋滞だったりする。あれのせいか、2車線のどちらかが埋まってしまい、まぁ右車線走っていればよいかな…と思ったりすると、なぜか右折渋滞に巻き込まれ、どちらにせよ動かなくなってしまう罠。…なぜ右折が混む?(パークは左なのに)

ただ、所沢付近でもその他の自然渋滞があるので、アウトレットパークがあろうとなかろうと、トータルでは自転車の方が早い気がする。

復路は新青梅街道経由だからか、明らかに車の方が早かったけれど。

でも運動を兼ねる、自動車のシートに座ったままだと、逆に体が痛い…ってことも加味すると、トータルではこのくらいの距離なら自転車が楽しい…という結論に至る。

…まぁ、そうでなくてもおいらは自転車を選ぶけれどね(^^;)。

ベロクラフト追加情報

ああ、いかんいかん、書き忘れていた。こないだぶらっとベロクラフト行ってきました。

本当は街乗りピストを、そちらの取り扱いフレームから組めますかね?何か問題とかないですかね?…という相談をしたかったんですけれど、気がついたらツーリング車の話しかしていなかったような…(^^;)なんか話を振るタイミングを見誤ったらしい>をれ。

ただ、ツーリング車にも興味出てくるくらい、色々お話を伺わせていただきましたよ。やはり専門店ということで、しっかりした基本の上でのお話は、安心して聞けます。そういうお話の中で初心者にもとっつきやすいお店ということをほとほと痛感しましたので、どういうお店なんだ…と検索してここに来られる方は、それよかさくっと行かれることをお勧めしますよん。

でも、まずはWeb上の情報から…という方には、ベロクラフトもホームページ準備中ということはお知らせしておきましょう。定期的に検索しておくと良いかもしれない。

もちろんそのお店の見た目で、「おいらはレーサーな自転車しか乗りたくねぇ」という人には合わないお店なのはよくわかると思いますが、そういうこだわりさえなければ、ツーリング車に限らず、色々な楽しみ方とか提案してもらえていいのではないでしょうか。

こういう、専門的でありながら敷居の低い…というか、入りやすいお店…ってのがどんどん増えてくれると良いのですが。和田サイクルも入りにくいからなぁ…(^^;)いや、あちらは物理的に入りにくいという話なのだがぉぃ。

2008/06/04

まずは反省点?

本来ならさくりとNebulaさんのお見舞いの様子を書けば良いのでしょうが、行程が長かったもので、ついその行程も日記のネタにしてしまいます。

ただ、今回は妙にネガティブ(?)な点も多かった。「いい話と悪い話とあるけれど、どちらから聞く?」…といった場合、先に悪い方の話をして、いい話でしめる…という私の性格なので(^^;)、まずはその行程でのイヤな話というものを…。

起こった順序で列記すると…、

01.カナル式イヤホンのイヤーパッド部分の紛失
02.睡眠中、休憩S.A.立ち寄り時のライト点灯による睡眠の中断
03.予定時間より30分も早い到着…による、路頭放浪時間の延長
04.全漫画喫茶等満員による、休憩場所確保の失敗
05.マクドナルド入店タイミング読み違いによる、空席確保の失敗
06.デニーズ満員による入店待ち
07.この時点までのM8撮影分、IRブロッキングフィルター未装着発覚(またかよ)
08.新幹線改札でのとんさあ氏包囲網失敗
09.食べ放題喫茶のあまり美味しくないパン、もしくは食べ放題なのに食べきれない読み違い
10.私鉄名鉄での路線間違い
11.この日だけの猛暑
12.木曽川周辺下見失敗
13.Nebulaさんとの一緒の昼食失敗(これはまぁ可能性高かったので仕方ないといえば仕方ない)
14.帰路電車乗り換え読み違いミス、また待ち合わせ打合せ失敗による合流遅延
15.そのための余裕時間の亡失による名古屋名物満喫計画の中止
16.食いすぎ(謎)
17.赤福だと思って買ったおみやげが赤福じゃなかった

…とまぁ、こんなところ。08.はまぁどうでもいいんだけれど(^^;)到着予定時刻がわかっていたので、改札で網を張っていたのに突破され、スムーズな合流が出来なかったことを悔やんでいるらしい<をれ。


全体的なスケジュールはあまり変わらず(バス乗車時間に遅れる…といった、決まった時間への遅れ等はなかった)、一番の目的とかはしっかり果たし、遅れそうな高速バスもたいした遅延も無かったので、全体的な流れとしては問題ないように思える。

ただ、時間関係だと14.と15.はおいらの大きなミスで(いずれ詳細を書くけれど)、toMoさんにゆっくり矢場とんを満喫していただけなかったり、その他もろもろのご迷惑をおかけして、個人的には近年まれに見る大失敗。ほんと、申し訳なかったっす>お二人。

正直、もう電車なんて乗らない…発言も飛び出したけれど、当時は結構本気でそこまで考えていたくらい。

一応テイクアウトで矢場とんは食えたけれどね。でもやはり揚げたて矢場とんを食っていただきたい。そんなわけで、コミケ原稿脱稿打ち上げは銀座矢場とんに決定いたしました(^^;)ぉぃ。

でも言い訳させてもらうなら、ローカル線の挙動はまったくわからない(謎)。まぁ、時計と時刻表をしっかり見ておけば良かった話なんだけれど、実は(^^;)超謎。

田園風景を眺めながら単線ローカル線をガタゴト行くのは非常に気持ちが良いのだが、それで大変な目にあっていては仕方ない。

目的地沿線の時刻表は目を通しておこうかなと。別に時刻を覚えるということではなく、挙動ですよ、挙動。

中央線、京王線の、特別快速停車駅では特別快速を先に行かして、各駅停車は後から出発…といったことを分単位で行っているのだが、そういう効率化を行っていない…というか、そこまで厳密なタイミングを要求するのではなく、快速はどこの駅だけ止まる、普通は各駅止まる…ってだけの違いで、どちらで早く行くことをどうこうするというダイヤの組み方をしていないところということがよくわかったし、また違う性格のところもあるとは思う。

今回のことは本当に懲りた。どーにか今後に活かしたい。おそらく次の輪行、それも初めての路線となると、そーとー細かい下調べが入るので、よろしこ(^^;)下見するかもぉぃ。


04.~06.の名古屋駅周辺の朝の放浪はちとキツかった。あそこはいろんな意味でターミナルになっているせいか、休憩場所の確保が至難の業らしい。

どこか周辺駅で手軽なところを探しておき、早朝でもそちらに移動して暖を取るなり(?)なんなりした方が良いのかもしれない。

それをどこにすれば良いのか、皆目見当が付かないのだが…。


#書き忘れていたけれど、出発時、toMoさんに電話で言われるまで、目の前(正確には「横」(謎))のバスにまったく気がつかず、へたするとそのままずっと気づかずに出発時間迎えていたかもしれない気がつかなさっぷりのヤバかった気が…。

本当にすぐそばの予約していたバスに気がつかず、他のバスがたくさんいたとこばかり気にしていたので、電話無ければそのまま乗れなかった恐れが…。まぁ、バス券持っていたのはおいらなので、toMoさんがおいらを拾ってかない…ってことはないのだが(^^;)。


…そういえば「アレ」をしだした時に「アレ禁止」ってアナウンス…ってのも書き忘れているな(^^;)謎。

サイコロ制度

昨今、事件の報道なWebページに、コメントを付加できるところもでてきたのですな。ネットユーザー限定とはいえ、世間の反応的なものがわかってまぁ面白い。それが世の大勢の意見…なんて誤解しちゃうと大変ですが。

で、当然、凶悪な犯罪がらみだと、「そんな犯罪者は即刻死刑だー」って話があり、それの反論として「死刑なんて」という話も出てくる。

個人的には「死刑制度存続派」なんですが、理由はいくつかあるものの、逆の理由もあって、盲信ということではないです。もっとも、存続希望理由では「終身刑が無い」ところが一番大きいです。終身刑が出てきたら、ゆらぎます。ただなー。終身刑ってコストかかるからなー。それって税金だしなー。そこら辺のコンセンサスはどうなるんだろーなー…と。

反対理由としてはえん罪予防…というか、対応というか…。あと、稀にとはいえ「死刑になりたいから殺した」みたいな犯罪があるじゃないですか。あれもなー。

でもたぶん「生活できないので刑務所で暮らしたい」という犯罪者はおそらくそれ以上に多いわけで、終身刑が設定されたら、それこそ「一生暮らせるように犯罪を犯さないと」…ってことになりはしないかね?大丈夫か?

そんな輩なんてふつーいないだろう…とは思うものの、趣味人のおいらからすると理解しにくいんだけれど、まったくの無趣味、日々の生活が出来れば良し…みたいな人もいるというので、ちと心配。そういう人が犯罪を犯す…という意味ではなく、高い壁に囲まれ、何の娯楽も無いところでも、3食がつけば「不自由が無い」という解釈が出来る人がいるという意味。

…だもんで、終身刑もどうか…となると、死刑を目的とする人いるにはいる。しかし終身刑も目的とする人も出てくるかもしれない。

どちらにすれば…というよりは、犯罪抑止効果を主として考えると、嫌がる方を割り当てる…と考えると良いかもしれない。重罪人には、死刑か終身刑のどちらか嫌な方を課します…と。

当然「まんじゅう怖い」って話になると思うので、そこはもうサイコロで決めるしかないんじゃない?

不真面目な話でしめた感があるけれど、抑止効果としてはありではないか…と勝手に決め付けたり(^^;)。運任せでしょ?行きたい方向に行けるかどうかの運。しかしそういう運がある人はそもそも「死刑か終身刑か、どちらを望む?」…ってところにまで来るわけがない。

…とすると、そういう選択肢に迫られる人は、そこでも運の悪い方向に行ってしまうのでは…ってことに考えが至れば、抑止効果に…ならんか(^^;)そもそも視野が狭い>をれ。


#しかし…ここまで書くとなんか、フィクションとして面白く脚色できそうな気も…ぉぃ。「国民クイズ」みたいな感じでどーにかならんか?(^^;)ぉぃぉぃ

2008/06/03

輪行本3の心配

そこそこコマ割ながらのネームが進んできた。ComicStudio4のビギナーズアシスタント状態でのテキストが打ちやすいので、テキストエディタ打ちよりもコマ割というか、全体的な雰囲気をつかみながらネームが進むので、やりやすいっつーか。

でもおかげでコマ割のノリでがしがしネームを切っているので、途中までとはいえ、結構密度濃く書いていたネームをほとんど無視して進行していく…。ああ、せっかく打った台詞がほとんどなくなっていく…(^^;)。

まぁ、今のところ当初のプロットは反映されているネームではあるので、これはこれで試行錯誤の結果…と考えるか(^^;)。

こういう模索もまた創作活動の醍醐味…と思わないとやりきれん(^^;)ぉぃ。

X61T復活

リカバリは、「OSとプログラムだけ最新のバックアップにして、データ関係のファイルはそのままにする」という項目があったので、そういえばここ2週間はシステム自体はアップデートしてなかったな。SP1はもっと前にしていたし、以降の更新(WindowsUpdateやウィルスバスター)はすぐに対応可能だろう…と。

ただ、これを行ってもうまくいかない。まったく同じ、起動できない状態になっている。

こりゃ、HDDを丸ごとリカバリしないとならないか?あるいは一度工場出荷状態にするべきか?


ただ、ここで起動時、いつもエラーが出るianvstor.sysというファイルが気になってきた。ふと思いついてこれだけバックアップからリカバリしたが、それでもうまく起動できない。

そもそもこのファイルは何のファイルかな?…と思って調べてみると、どーもTurboMemory関係らしいことがわかってきた。

…そっちか?一応ハード診断は一通りやっていて、HDDも含めて異常は無かった。ただ、miniPCIスロットより先のハードは、診断できていない。

そちらのハードに異常が起きたのなら、PC使用中にブルースクリーンが出たことや、起動中、そのファイルがハードに異常アクセスしてエラーが起きることも納得できる。

そこでキーボードやらパームレストを外し、TurboMemoryを外して再起動してみた。すんなり起動した。

試しに再度、そのメモリを挿入して起動させると、同じエラーが出て起動が完了しない。


…別ハードの故障かよっ!?

リカバリ意味ねーじゃん!…っていうか、余計じゃんかよーっ!


再起動後、WindowsUpdateや諸々、多少面倒だったぞ…。くそう…、不具合原因見極めが難しすぎるっつーねん…>PC。


#ちなみに、ターボメモリが原因にしても、ドライバの実装(設定?)が狂った、ソフト的なエラーというのも否定しきれない。一度ドライバを除去しまくって、再インストールすると戻る…という可能性もなくはない。

ただ…検証…、面倒そうだなぁ(^^;)。一応ターボメモリ無くても使えるので、ネームや締め切りもあるし、しばらくはこのままで行こうかな。ただ、Windows再起動は時間がかかるようになっちった。IEの起動もそんな感じ。うぬぅ…。

エクスペリメンスのHDDの値は変わらなかった。あの速度は7,200回転の恩恵だったか…。


##また、PC内蔵HDDから、特定ファイル・フォルダのみ吸い上げてUSB-HDDなどに待避…というのは、R&Rでも出来た模様。最新データファイルはそれで吸い上げ…ってことやね。なるほどなるほど。

いくつかリカバリ訓練できた…と解釈するしかねーなー…。

2008/06/02

繰り返すトラブル

Nebulaさんのお見舞いに行ってきました。早速その後報告をしたいところなのですが…、帰ってきてX61Tで、撮った写真をすいだし、ついでにメールとかも確認していたところ…、


HDDがクラッシュしました(ToT)。


Windowsが起動しません。またかよー!…と。別に何かハードな使い方をしているわけではないのですが、おいらの環境下ってノートPCのHDDクラッシュ率が、他と比較すると尋常では無いような気がするのですが…。

しかし、以前に書いたとおり、USB-HDDを用意して、Rescue&Recoveryでバックアップしているのだから、平気でしょ?…と思われるかもしれません。


ここ2週間、バックアップとっていませんでした(T^T)。


もう馬鹿かと。阿呆かと。バックアップは毎週土曜日行っていたのですが、確か先週、先々週と忙しくて、後回しにしていたらこのていたらく…。あの、結構輪行本3のネームデータ、ここのところで進んでいたのですが?(T_T)

ただ、さすがメーカー製USB-HDD。ユーティリティがWindows無しで立ち上がってくれて、がばちょとデータのフォルダを吸い上げてくれました。…ので、R&Rで2週間前の状態にリカバリし、最新データをコピーすれば終了…という段取りになりました。まぁ、いくつか確認事項があるので、すぐにそういう手段にはならなないかもしれませんが。

そんなわけで、しばらく復旧に時間がかかるので、代替マシンや代替方法によるネットのアクセスやら連絡やらになりますので、不定期的な活動になりますが、ご容赦のほどお願いします。

2008/06/01

久米島の魅力の一つ

ちょっと気になった記事をメモ。

捕ったどー!超大物 8時間の格闘で本マグロ314キロ

個人のブログ

久米島ファンだとは常々公言していたけれど、釣り関係は特に気にしていなかった。

とはいえ、知人が何度か久米島に出かけ、マグロ釣りに挑戦していることは聞いていたので、「大体何kgのが釣れる」みたいな話も聞いていた。


…これはデケーよ!


その某氏も当初ビギナーズラックか何かは知らないが、結構デカい方のマグロを釣り上げ、持って帰るのに苦労した(分配などもあったらしい)とかも聞いているけれど、ここまでデカいと、どーすんだ…?と心配してしまう(^^;)。いやぁ、ご苦労様でした。

ちなみにその某氏。手軽さの方を買って、最近は久米島ではなく新島だったか、そちらの方に釣りに出かけているらしい(つまり都内)。

…逃した魚はデカかったようですよ?(^^;)ぉぃ

今日の会話

とりあえず昼飯はおにぎりと、それが販売されている自販機へ。


俺:まずこのおにぎりと、これっ…と。

某氏:お、結構なボリュームだねぇ。

俺:2つで?いやいや、そんなことないですよ。うーん、あと…どれにしようかな…。

某氏:2つで十分ですよ。


…はっ、俺はデッカードかっ!?(^^;)ぉぃ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »