2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 今年の上映会の見方 | トップページ | 筆のノリ »

2008/05/14

Tow hours

2時間。

果たして拝御は、その意図しない短い時間の中で、テロリストが仕掛けた爆弾を処理し、監禁された大勢の人質を助け出し、裏に隠された陰謀を暴くことができるのであろうか!?

…という、全米が泣いた話ではない(^^;)当たり前だが。

まずは鞄だ。

カテンザには今のところ鞄が付いていない。ブロンプトン常備の小径用サドルバッグがなぜか装着できるが、それ以外にも装着したい。そうさなぁ、ハンドルにちろっと取り付けられるのがいいなぁ。携帯電話とか入れておけるし。…ってところで見つけたのがグーワタナベの皮製サドルバッグ。

サドルバッグではあるのだが、ベルトで装着するためその選択肢は選ばず、カテンザのハンドルにも装着できるわけだ。もちろんBSMにも装着できるし、ブロンプトンにもつくだろう。若干リクセンカウルのアダプタが邪魔しないような気もするし、そもそも容量的には問題ないので、ブロンプトンには使用しないかもしれないが。

しかし皮製のそれとなると費用も結構かかるんでない?…という気もしたのだが、聞いてみると1万円程度!安!な、なぜにそんなに安いのですかっ!?…と聞いてみると、自分で作るから…ということらしい。

…ああ、キットですか(^^;)。

さすがにキットじゃ無理だなぁ…という気がしたのですが、お店が場所と工具を提供してくれて、アドバイスもしてくれるとか。

「誰でも2時間くらいでできますよ」

というお言葉と、革鞄のかっこよさに惹かれ、toMoさんと2人でいざ製作に挑んでみました。

とはいえ、かなりな部分は製作済みなのですが(^^;)。私のはノーマルなサドルバッグに取っ手をつけていただいたオプション版ですので、スタンダードとはちょっと、金額も含めて違いますので念のため。

ちなみに取っ手は無い方が作りやすいです(謎)。でも作った後は扱いやすいです。

…で、やることは

・糊付け
・圧着
・穴あけ
・縫合
・ネーム入れ

ネーム入れの順序は前後することもありますが、まぁおおまかな流れはこんなところ。

正直、どの作業も地味な工程ではあるのですが、それほど難しくもないので、指導もあってお手軽に行えます。

08051203 詳しい工程は省きますが…、私の場合は性悪ポンチにしてやられました(^^;)超謎。おかげで一部の穴の形がよくありませんが、…まぁそれも味です(^^;)。

そう、ある程度形になったキットとはいえ、自分の作成する部分で「ゆがみ」が出てくるわけですが、それが「味」になってくるわけですよ。既製品と同じじゃない、ある意味悪い味付けになるわけですが、よほど変に加工しない限り、実用上問題になりませんので、それが個性に見えてくるわけですよ。

まぁわざといびつに作ろうとする必要も無いですが(^^;)、手作業なのでどうしてもゆがんでくるところもあるわけで。最初は「ああっ、うまく作れない!」…というはがゆさもあったりするわけですが、やがてそれが「ああ、これでもいいんだ」と人間らしさを許容するおおらかさが自分の中に芽生えてくるわけで…。

…って、なんのメンタルケア?(^^;)

まぁ、楽しいわけですよ。性悪ポンチ以外は(^^;)だから何?。

08051201 そんなわけで完成した鞄。残念ながら所要時間は2時間半といったところ。私は性悪ポンチに、toMoっちはリクセンカウルのプレート取り付けというオプションの手間もあったし、あと雨も降っていたから湿度の関係もあったからではないでしょうか、ちと余計に時間かかってしまいましたが(^^;)、晴れていてオプションもなければ十分2時間で出来たことでしょう。うーん、外的要因がなければ…(^^;)。

ちなみにこの革鞄キット、通販も行っているようで、工具をそろえれば来店しなくても作れるようです。工具も若干特殊ではありますが、革製品作成工具というか、そういう工具も扱っているところも多々あるようで、それさえ入手できれば後は難しくないようです。

ただ、初めての革製品としてあたる人も多いでしょうから、マニュアルが必須になるようです。今写真を含めたマニュアル整備中のようですが、針の通し方とか説明が難しいような…。

08051202 図解マニュアル、お手伝いしましょうか?こんな感じで(^^;)ぉぃ。オーダー鞄制作費とかを割り引いてくれるなら(^^;)ぉぃ。

まぁちと描いている暇ないか、輪行本3が出来上がるまでは…。

ともあれ、お気に入り鞄の完成ですよ。先ほども書いたように、雨が降っていたので、本来だったら自転車で乗り付けてそのまま装着。颯爽と帰っていくところですが、残念ながらそれは不可能。メッセンジャーバッグに放り込んでの帰宅です。

もっともその前にグーワタナベのご主人の色々話しこんでしまった気がしますが(^^;)ちなみに結構コーヒーが美味かったです。

さて、晴れていればそのまま帰宅なわけですが、電車だし、そういえばtoMoさんが行きつけの(?)サイクルウェアのお店を教えてくれる…ということだったので、ちと足を上野まで伸ばしてみました。

08051204 rin projectというお店ですが、住所的には浅草で、えらく住宅街の込み入ったところにあります。店頭販売はあまり念頭にないのだろうな…と思えるところだったのですが、GW中のセール商品が残っていれば、割引セールでまだ販売…というお話だったので、そこらへんでウェアを仕入れようかな…と店に入ってみたわけです。

ただ、気が付けば、社長と2時間話しこんでいました(^^;)あれ?。

いまだになんでそんな流れに至ったのかよく思い出せませんが、昨今の日本の自転車環境、ヨーロッパの事情、世界の自転車パーツ製造メーカーシェア、チタンフレームの価値(一部笑)、啓蒙活動、ツーリングの楽しみ方等々の話を色々してしまったような…(^^;)。えっと…初対面のはずですよね(^^;)toMoさんは違うようですけれど。

ツーリングのお誘いもいただいたけれど、小径とかピストしか持ってないってのは、話したっけかなぁ…?(^^;)

何しに行ったのかわからなくなるので、とりあえずサイクルウェアの話に戻そうとセール品を物色したわけですが、残念ながらサイズの合うそれは見つけられず、ただ、以前より欲しかったカスクをゲット。

いや、ソフトなヘルメットとでも申しましょうか。ヘルメットは自転車の走行には必須とは思いますが、街乗りにはちと仰々しくなってしまいます。

そこでノーヘル・ヘルメット装着の間を埋めるなにかがあれば…と思って物色していたのがカスクなわけなのですが、これがなかなか店頭で見かけなかったんですよね。そしたらそこのお店には豊富…っつーか、作っているし。

種類も豊富でしたので、一番カスクを使いそうな車種、ブロンプトンにあわせた赤色を選んでみました。おいらの場合頭がデカいので、似合っているのかどうなのかあやしいところではありますが、帽子とあわせてなんとかかぶっていこうかと思います。ちなみに佐島輪行がカスクデビューになるのかな(^^;)。

で、2時間も話し込んでりゃ外も真っ暗になるわけで、腹も空いたので近くの飯田屋でどぜう鍋としゃれ込みました。まぁ、「鍋1500円、丼800円で酒を合わせても3000円ちょいだよ」とは言ったものの、つい、他につまみを頼んだり、調子に乗って酒も追加したりして結構な費用に…(^^;)すんません。あ、でも珍しいどぜうのからあげとか食べてもらいたかったんだよぅ~(^^;)ならおごれや>をれぃゃぃゃ…。

ちなみに、こちらは1時間くらいでおいとまです。短かったけれど、そこの汁物と同様、濃かった…(謎)。

まぁ、そんな1日でした。もっとも、一人当たりとっくり1本の日本酒をあけたわけで、おいらとしてはえらく飲んだ身。もうグロッキー状態でしたが(^^;)ビールではなかったので悪酔いはしてませんでしたが。

« 今年の上映会の見方 | トップページ | 筆のノリ »

コメント

グーワタナベで時間が1時間ほどオーバーしたのは、雑談に花が咲き、そちらに気を取られて手が動いていなかっただけと思うのですが(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/41187991

この記事へのトラックバック一覧です: Tow hours:

« 今年の上映会の見方 | トップページ | 筆のノリ »