2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 当たり前といえば当たり前なんだけれど | トップページ | 今年の上映会の見方 »

2008/05/12

元ネタ疑惑と眼鏡の問題

そういえば、少なくとも2カ所から、輪行本主役の香月に関し、「私に似てるでないの。モデルにしてる?」と言われている。

確か元キャラはモデルがいたような気がするが、今言われている人がモデルではないのは明らかなので念のため。

どういうことかというと、まずこちらの記事を見てもらえればわかる。このキャラが香月の元キャラなのだが、少なくとも眼鏡をかけていない。この時点で眼鏡をかけた人がモデルになっている…ということはないことをご理解いただけると思う。

ではなんでこのキャラが眼鏡をかけることになったか…というと、まず輪行本を作るにあたってサブキャラが必要になったことが挙げられる。ただでさえ描き分けがなってないおいらのこと、明確にキャラを分けるアイテムが欲しい…ということで、追加が簡単な「眼鏡」をかけるに至ったわけだ。

もちろん、それだけではない。説明キャラなので、理知的に見える必要がある。また作者に対するツッコミや「あきれ顔」が必要になることから、「目」を消しても不自然に見えないのも利点になっている。

まぁ単なるキャラ立ちさせるためのデザインだった…ってことかもしれないけれど(^^;)。でも一応本当にそういった計算の元にキャラ作りをしているのよ。本当なのよ。

もっとも、輪行本3ではできるだけ作者を出さず、創作キャラだけで運用しようと思っているので、メリットが一つ消えるような気もするが…(^^;)。

…っていうか、何を言い訳がましくこんなことを書いているのやら(^^;)。


ただ、そもそも、自分で言うのも何だけれど、視力が良い身としては、眼鏡に対する造詣が無い…という、描写上の不得手という問題もある。実は眼鏡描くのは苦手なのだ。

まぁ、今のところ簡略化…というか、イメージ的に描いてお茶を濁しているが(^^;)。

眼鏡の細かい使い勝手とかはてんで不得手。考えてみると、自転車に乗る上での眼鏡の注意点とか、全くもって知識がない。

一応眼鏡かけて走る友人は数人いるので、彼らの話を聞いてみると、

・普通の眼鏡は自転車走行時、サングラス代わりにならない。
 風よけ、ほこりよけにならない。

・しかしサングラスだけだと度が無いので危険。遮光性も欲しいので、眼鏡とサングラス両方かけたいのだが。

・眼鏡の上からサングラスというのは難しい。可能なサングラスも無いことは無いが、デザイン的に選択肢が狭まる。

・度付きサングラスは高いイメージがある。ただ、これも工夫次第で安く解決する方法もあるらしい。詳しいことはわからない。

…ってなところまで行き着いている。最後の問題を調査すれば情報提供として終わりかな…という気もするが、他の使い勝手の問題もあれば教えて欲しいな。

逆にコンタクトだとこういう問題がある、こういう解決策がある…とか。

まぁ、描くのは輪行本4になると思うけれど(^^;)忘れそうだな。

« 当たり前といえば当たり前なんだけれど | トップページ | 今年の上映会の見方 »

コメント

>・度付きサングラスは高いイメージがある。ただ、これも工夫次第で安く解決する方法もあるらしい。詳しいことはわからない。

度付きサングラスは,普通の眼鏡とそれほど値段変わらないです.
度付きサングラスだろうと何だろうと「フレーム価格(A)+レンズ価格(B)」という基本は一緒.
(A)フレーム価格 = まさに普通のサングラスフレーム価格に該当
(B)レンズ価格 = サングラスレンズ(OR インナーレンズ)に度を入れる工賃

(A)は,まぁ説明無しで良いですよね.(w
(B)は,具体的にはレンズ代+度入れ工賃です.実はやってることは普通の眼鏡レンズに度を入れる作業と同一なので,金額もたいして変わらない(ハズ)です.スポーツサングラス専門店ならば当然やってますし,普通の眼鏡屋さんでもレンズ持込みで対応してくれるお店はあります.つまり,スポーツレンズの技術を持ってる眼鏡屋さんならどこでもOKということ.
ただ,スポーツ用レンズは利用環境が厳しい(転倒・衝撃リスク)ので,激安眼鏡の安物プラレンズではなくてポリカーボネートの強化レンズが推奨されます.なので,レンズのお値段が激安眼鏡に比べると高級です.「スポーツサングラスの度入れは高い」というのは,このあたりに起因するんじゃないかなと思います.
(実のところ,私のようなド近眼の場合,普通の眼鏡でも高級圧縮レンズにしてレンズの厚さを薄くする必要があるので,スポーツ用ポリカーボネートレンズとレンズ代はあまり変わらないのです.)

僕の場合はアディダスサングラス+純正インナーレンズ(普通のアディダスサングラスの中に装着できる度入りインナーレンズ)を使ってます.アディダスサングラス+純正インナーレンズを街の眼鏡屋さんで作ってもらったところ,(A)+(B)で総額 4万円強でした(元のアディダスサングラス自体が高いですから)が.僕の普通の眼鏡が 総額 4.5万円くらいですから,ほぼ一緒の値段ですね.
サングラスレンズそのものに度を入れなかったのは,利用環境によって色を交換したいからです.イエロー,ピンク,透明あたりから選んでますが,それぞれに度を入れるとコスト高いので・・・.ただ,慣れの問題とはいえ,見え方がより自然なのは,やはりサングラスレンズそのものに度を入れる方だと思います.
コンタクトは風の巻き込みで飛ぶことがある&汗が目に入ったときに死ぬほど痛いので,使ってません.
目下のところ,すごく気になってるのはレイシック手術です.(w

私はコンタクトレンズ派。
好きなサングラスを選べるのが良いです。

適当な時はO2レンズ(要するにハードレンズ)で、激しい運動する時は一日使い捨てのソフトレンズ。
……なぜかというと、すでに持っていたというだけです(笑

ハードレンズの場合はゴミが入ると死ぬほど痛いですが、ソフトレンズなら大丈夫です。
私は乾燥しやすいため、どちらにせよ目薬は必須になるのですが(^^;

風で飛ぶとは良く聞きますが、私は一度も有りません。
その代わり、使い捨てのソフトレンズを付けて川でラフティングしたりそのまま泳いでいたりしたら、無くなっていたという事はありました(笑

今まさにアイウェアをどうするか悩んでいるだけに、コメントも含めて参考になります。コンタクトが合わなかった過去があるのでエクセプション……いくらかかるかなぁ、とか。うっかりすると自転車本体に近い額をその他諸々で使ってしまう恐怖(^-^;

しまった…。こんなに奥の深いものだったとは…。

眼鏡等のことはコメント読むになかなか難しそうだから、輪行本4とかでは「関係ある人は自分で調べてね」と済まそうと思ってた。

しかし考えてみると、主人公…眼鏡かけてるな。知らないで通せないな…(^^;)どうしよう…。

取り敢えず自分は専門店にお願いするつもりですので、都合が合えば一緒に行ってみます?拝御さんなら色々話を聞き出せるでしょうし('-'*

ちなみに、私のエクセプション制作代金は6.5 万円です(爆。
フレーム+オプションカラーレンズ+インナー(最高級非球面レンズ)という組合せなので、
無駄にお金掛かってます。
普通に作るだけならもっと安く済むはず。
が、結果的にはインナーレンズを軽く薄くしたことで、重みでフィッティングがずれるのを
最小限に抑えられてますし、好きなレンズカラーを選択した訳ですから、満足度は高いですよ。

サイクリング眼鏡本(?)に関しては、輪行本4.5として2.5的に取り扱うと良さそうですね。
恐らく、このネタだけで1冊作れるかと。
上手く行けば『眼鏡っ娘本』としての需要も喚起出来るかもしれません(ぉ。

こんにちわ。先日は教室ご参加ありがとうございました。また本を頂きありがとうございました。弊ページにリンクを貼らせて頂きました。不都合な記述などありましたら、ご連絡下さい。訂正させて頂きます。よろしくお願いします。
http://www.guu-watanabe.com/kyositu.html

ところで,「輪行本」なのに“小径車”の輪行しか書かれていないのはどういうことかとクドクドクド・・・.(笑)

ロードバイクで輪行ってのもネタ豊富です.
・重量が圧倒的に軽く(僕ので 7.1kgくらい),実は運びやすい.
・バラしやすいので 15分もあればパッキングできて,意外にコンパクト
・輪行先での機動性は圧倒的
・いざとなればコンビニでゴミ袋輪行・・・(よくやる(汗))
ヘロヘロになるまで峠越えコースで練習して,動けなくなったらさくっと電車に乗って帰ってくるのはチョー快適.(w

まぁ,ロードとは言いませんが,
輪行の裾野を広げたいならば,(初期投資を極力下げるために)手持ちの自転車(クロスバイク,MTBルック車,低価格折り畳み車)とかで輪行体験してみるってアプローチが必要な気がします.
低価格折り畳み車でも,畳んで巨大なトートバックにずっぽり入れれば結構いけます.
クロスバイクとかも,エンド金具とMTB用輪行袋を用意すればイケると思いますよ.

そこはそれ、多少なりと計算した結果ではありんす>小径車のみの輪行紹介。

時々言っているけれど、輪行本のそもそもの発端が「ロードレーサーでかっ飛ばしている人が自転車に乗っていない人も誘うために、試乗車を用意するにしても同じロードで、あまつさえ秋川渓谷などにいきなり誘っていてはいかん。まずはママチャリとはちがう楽しい世界を、簡単に気軽に紹介しないといけない」ってことがあるので、あえて小径で簡単に輪行で、新しい旅を気軽に…と提案しているわけですよ。

まぁ、気軽…って割には高額な自転車を紹介しちゃっていますが(^^;)。2.5にも書いたとおり、自転車に乗ってない人に自転車を紹介すると大体「で、何段?」と聞かれたりする訳で、「いやいや、そういうのなくても大丈夫ですよ」と説得するのもありですが、あまり初心者の先入観を取り除くことばかりに注力するよりは、妥協できる部分は妥協して、紹介をすんなり受け入れてもらいたい…とギア車ばかり紹介しているわけですよ(A-Bike、ストライダ除く(^^;))。

ま、「安くても、手持ちの自転車で、ちっと苦労して輪行をしてもらう」のと「多少金を出してもらって、簡単に輪行してもらう」のとどう敷居が違うのか?…と聞かれるとちとツラいところでもありますが(^^;)、ただ、お金は本人か誰かか時間が解決してくれると思うのですよ。でも先入観や恐怖心、疑心暗鬼は一度抱いてしまうとなかなか解決できない。

そこを自転車雑誌やら何やらが図解して解説して和らげようとしているわけですが、せっかくおいらは別のアプローチが図れるし、お金で助けることはできないので(^^;)なんか視点が間違っている、こういうことにしているわけですな。

大体、小径の輪行くらいで目くじら立てないでください~(^^;)立ててないでしょうが。輪行本3なんて、輪行自体がほとんど出てきませんので!(^^;)ぉぃぉぃ

#一応小径車以外の輪行も、Vol.1で多少フォローしていませんでしたっけ?

アイウェアですか・・・。
自分はワークマンで買った作業用保護メガネを使ってます(爆)
ツルの角度3段階・長さ4段階に調整可能で、隙間が少なく、
視界のほとんどをカバーする上、無色なので昼夜晴雨問いません。
価格は3,500円ぐらいでした。

TOK さん
>15分もあればパッキングできて~
初心者の場合「パッキングに“15分も”掛かる」と思ってしまうんですよsad
普通の折り畳み自転車なら2分程度ですからね。
それと駅前で「店を広げる」のは恥ずかしいというのもありますね。
かつてAPBのパッキング練習をした時に、その光景を想像して
「コイツで輪行はやめよう」と思いましたから(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/41180984

この記事へのトラックバック一覧です: 元ネタ疑惑と眼鏡の問題:

« 当たり前といえば当たり前なんだけれど | トップページ | 今年の上映会の見方 »