2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/31

輪行本3の進捗

てんで進んでいません(^^;)。

プロットはラストを除き、ほぼ決まりかな…というところまでは来ていますが、テキストでのネームが…。

ストーリーに悩んでいる…というよりは、演出というか、進行方法で悩んでいます。しかし悩んでいるだけでは先に進まないし、テキストではなくコマ割とかで考えると発想も変わるかな…と、若干見切り発車で、ラフ画でのネームを同時進行させてみることに。

ただ、それを始めてから気が付いたけれど、ComicStudio4でちこまかとやっているんだけれど、これが意外と使いやすい。

まだごく一部の機能しかいじってないけれど、Ver.3 よりも、とりあえずネームはやりやすいぞ。テキストが入力しやすいというか…。

まぁ、今までの仕様がちょっと…ってなところがあったんだけれど(^^;)。

ただ、今度のテキストはなんですか。入力したテキストからその大きさに合った吹き出しを作成してくれるのですか?なんて便利そうな…。

もっとも、主な作画はIllustratorが慣れまくって使いやすいので、そちらでやろうと思ってますけれど。

…どこで折り合いをつけようかしらん?(^^;)

人と違う趣味

趣味というか、趣向というか。

自転車雑誌をことあるごとに買っているけれど、見ていて気になるのはカスタム車。

おいらの車もたいがいどれもカスタムされている方だけれど、デザインからコンセプトから…というオリジナル自転車に仕上げてみたい…という欲求に駆られてしまう。

では具体的にはどういう車を作りたい?

そらまー、金に糸目をつけないのならば、モールトンのダブルパイロンのシングルギアでしょう(^^;)ぉぃ。

ピンとこない人はこないでしょうが、もう↑のフレームを揃える時点で100万円を越しています(^^;)。明らかに現実的ではない。

では現実的な路線で…となると?

まずその前においらの自転車に対するポリシーはなんだったか?一番大切にしているのは「走った先で普段着」ということ。まぁ、若干サイクルウェアに寄ってはいるが、それでもなんとかメットとか装備を外せば、「電車で来たの?」と思わせるウェアを心がけている。

自転車の用途が「買い物・食事」ということに由来している訳なのだが。

つまり、がつがつ走っているところを見せたくない…ということもあるわけ。でもスピードは出せるときには出したい。こっそりロードに追走し、ロードでない格好でもロード並みのスピードを…という、「爪を隠した鷹」的ポテンシャルも秘めていたい(^^;)なんじゃそりゃ。

そういう意味では、自転車自体に完成形を求めない…というか、どこっか崩したい…という気持ちもある。

別にブロンプトンは輪行車としては完成形と思っているのでそれを崩したいと思っていないが、そもそもロード並みの性能は持っていないし、求めてもない。

BSM-R20が唯一、機能的にロードに匹敵する装備をしている(実際の最高速度は別にして)。ただ、それにあえてカゴを付けているのはおいらなりのこだわりなわけ。

カテンザSoloを選んだのもそう。正直言えば、ピストの美学で言えば、出来る限り不要な装備を外し、スマートで原点回帰な自転車にするのが理想だと思うが、あえて折りたたみ機構を盛り込み、かつフレームにダホンっぽい主張を残しておく…という、ピストにしては余分な装飾が多いところにおいらなりの魅力を感じてしまった。


これらを総合すると、「お買い物に使える街乗りピスト車」とかがオーダー車として適合するところではないかな…と思っている(^^;)どういう結論だよ。要するにカゴのついたピスト車。

シングルギアなら安く済ませられるのではないの?…ということもある。

これを実現するなら…TikitのOneWay…ってことになるのかな?…という気もするが(^^;)、小径ピストはトレンクルで計画中なので、それ以外…ということにしたい。

カテンザSoloは折りたたみピスト…というコンセプトがあるので、たぶん競合しない(^^;)ぉぃ。

しかし…26インチ以上のピストで、タイヤを細く、ドロップハンドル装備でがっつんがっつん走るぞ…という全体的なデザインでありながら、カゴ装備…とはいうものの、さすがに無骨なカゴを付ける気はないし、あくまでトータルデザインが格好良くないと…って、そういう自転車って…作れるか?

カゴはせめて…江島屋の干物くらいは入れられないとねぇ(^^;)ぉぃ。

実際発注するしないにかかわらず(そもそももう置き場所がない)、ちとデザインして遊ぶのも面白いかなぁ…。素案すら、全然思いつかないけれど(^^;)。

2008/05/30

ケーキの悩み

バターがない!長引くかも 最低輸入枠前倒し 増産…効果見えず

こういう話はだいぶ前、マスコミに取り上げられる前から「そういう兆候(バターの品不足)があるわよ」と、某スイーツ屋にお話を伺っていた。そのときは「まさか」と思っていたが、本当だったとはなぁ…。

原因もそのときのお話内容と実際が適合してるし…。郊外のお店ながら、かなりの情報通…って感じぉぃ。

そういえばあの店、客からの情報だったけれど、某アニメ作品についての事前情報もあったし、意外にディープな情報交換の場?…という気が(^^;)ぉぃ。

まぁそういえば、またお話聞かせて…っておかみさんが言ってましたよ>某氏。

それはともかく(謎)、おいら自身はあまり直接のバター消費量はないが、そのお店のケーキ作りに影響するかも…といっていたので、そちらの方が心配ですよ。結構な距離を走って買いに行ってますから(^^;)だんだん何処の話か特定されてきたな。

まぁ、おいらの場合は品不足よりも、天候の都合でそこに行けない…って方の心配が頻度高いような気がするが(^^;)。

動画撮影欲

東芝、フルHD AVC撮影対応gigashotなど値下げ
-40GBフルHDモデル「A40F」は半額以下の59,800円に

おいおい、なんだよこの下げっぷりは。直前に買った人は泣いてるんじゃないか?ただ、実売価格はこれ相当になっていた…とかあるのかしらん?

まぁともかく、これくらいの金額になるとちと欲しくなってきますわな。最近、おいらが昔作った映像編集作品を人に見せたらリアクション良くて、気をよくしてなんかまた創作意欲が(^^;)だから時間無いって。

ただ、編集しないとおいらにとっては意味無いわけで、ハイビジョンなんてそれ相応のスペックなマシンでないとならないような気が。あ、でも720pだったらX61Tでも良さそうな気も。こないだ、ザクティのそれを簡単なカット編集したら、できたし。…1080iもそんなに変わらないか?…いや、720pにしておいた方が無難か(^^;)。どーせそうそう1080iが公開・再生できる環境もないわけだし。でもハイビジョンソースの恩恵はVGA、QVGA公開だったとしても、繊細さに反映されるわけだし。

もっともそういうことする時間があったら、数年前から撮り貯めているデータをどうにかしろよ…ということも…(^^;)。

さらに言えば、他作品の創作時間にあてろよ…と(^^;)


あー、いや、でもなんか自転車の旅を映像にしてねぇ、動画共有サイトで公開してねぇ、楽しみとか共有できたらねぇ…。あ、でもHDDモデルだと振動が心配か(^^;)。やっぱザクティか?

写真更新のお知らせ

今月のアルバムの写真を更新しておきました。

主にこの記事の関係の写真の更新ですが、佐島輪行ん時のアップし忘れた写真も2枚ほど追加しておきましたので、気になる方はそちらも見返してみてください。

2008/05/29

SSDへの道(半ば)

【特別レポート】Super Talent「FTM20GK25H」
~10万円を切る120GBの大容量SSD


個人的には、X61Tに組み込むなら、160GBが5万円を切った段階で…と考えている。そんなわけで、そういう兆候が見えてくるこの記事は気になる気になる。

確認すっと、性能が5,200回転相当だっつー話もあるし、7,200回転相当になってくんねーかな…とも思う。

まぁ書き込みの話であって、読み込みはすでにHDDを凌駕しているなら、そこはそんなにこだわる必要はないかな…という気も。


ただ、個人的に一番気になるのはOSの対応か。

昨今のOSは気を利かせて勝手にデフラグしてくれる機能があるようだけれど、これがSSDだと寿命を縮める命取りになるとかなんとか。VISTAはSP1で対応して、勝手にしない…とか何とか言う話があったような無かったような…どうなのだろう?

金額とOSの件が解決してくれれば、速度面は多少妥協でSSD化を進めたい気持ちもある。

HDDクラッシュとか、振動に強いとか、その辺のメリットはもうすでにあるのだから。考えてみると、おいらが今まで使ってきたノートPCって、ほとんどクラッシュ、経験しているのよね。それを考えるとSSD化は必然のような…。

「え?そこまでHDDってクラッシュするものなの?」…とか言われそうな気も。…いや、俺、自転車では「パンク王」でもあるし(^^;)謎。


#そういえば…X41Tが未だ家に転がっているが、1.8HDDがSSDに取って代わって、サブマシンとして復活するかなー…という思惑もあった。

ただ、そもそもインターフェースがシリアル化が進んでいるようで、X41T用に使えるSSDは無い、あっても大容量で無いような気が…。

…潮時か?(^^;)

テストショットの猛省

さて、6ビットのフェイクコードの記入がうまくいったので、ここは室内で悶々とせず、ちろりとテスト撮影に出かけようかと思う。

で、ぶらりと吉祥寺に出かけ、がしがしお気に入りアングルで撮影し、自分でお気に入りショットを収めていった。まずはカラースコパー21mmF4。35mm換算で28mm相当。おお、広角広角。これで狭い空間をしっくり収納。暗いところもばしばし撮って、うひひ、楽しいなぁ。

そんなわけでひとしきり撮影を楽しんだ後、次は35mmかなん…とレンズ交換時にはたと気が付いた。


IRブロッキングフィルターをつけてねぇ(ToT)。


フィルターをつけてこその6ビットコードであって、それでシアンシフトする画像を補正するのだから、フィルターを付けてないと意味ねー…というか、むしろ悪化。

本体内蔵の液晶モニタでは気がつかなかったが、家に帰って大きいモニタで確認してみると、確かにシアンシフトと逆のシフトが起こっている。…あうぅぅぅ…。

まぁ、テストショットで良かったといえば良かったのだが、初めての場所(吉祥寺のハモニカ横町)での撮影だったので、そこそこリキ入れたのよね。それがごっそりリテイク…となると、最初の撮影時から人が多くなったこともあり、テンションかなり低め…。

ウルトロン35mmF1.7での試写も早々に切り上げてしまいましたとさ…。その後、ユニクロで鬱憤晴らしのお買い物をしたのは内緒だ(^^;)ぉぃ。


ともかく、39mmフィルターって結構多用するから、もう1枚くらい買っておこうかな…とも思ったり。

2008/05/28

呪われた土曜日

つ…、次の土曜も雨予報…(byウェザーニュースの週間天気予報)。

土曜は必ず雨がからんでくるな、4月から…。「ブレードランナー」か「セブン」の世界かよ。

おかげで飯能方面にかなり不便している。…どうしよう。今度の土曜こそは「麦」のパンとか調達したかったのにな…。

うーん…、いよいよもって車を動員してしまおうか…。でもすっかりペーパードライバーなので、一人はすげぇ不安。困った困った…。まぁ、あきらめても代替案とかあるので、良いといえば良いのだが、負けを認めたようで、どーも…(^^;)ぉぃ。

ライカに嘘をつく

M8でレンズを使う際、その特殊な構造から、赤かぶりを注意しなければならない。

大概のデジカメではCCDの手前に装着されている赤外線カットフィルターが猛烈に薄いかつけられていないせいで、高性能なCCDが赤外線まで拾ってしまい、不可視光線ながら、ご丁寧にRGBに変換して画像化してくれるものだから、人間の見た目と違う画像になってしまうわけだ。

そこでユーザーレベルの対処として、レンズにIRブロッキングフィルターを装着するという手がある。これなら問題なさそうだが実は新たな問題が発生する。

50mm以上の画角なら問題はないがそれ以下の画角、広角だと、フィルターの周辺部に入る入射光の角度が浅くなる関係で(プリズムのように屈折して)画像周辺部での色が変化してしまう。シアンシフトという現象で、根本的な解決策はない。

そこでM8ではレンズの種類を自動判別し、ファームウェアで画像補正を行っている。その自動判別するのがレンズに取り付けられた6ビットコードであり、マウント部の白黒で判別している。

残念ながらこれのコードはライカ製の比較的新型のレンズしか割り当てがなく、他社のレンズでは広角のシアンシフトに対する方法がなかった。

しかし、6ビットコードと入っても結局はマウント部の白黒コードで判別しているにすぎず、補正も画角度があっていれば、そんなに厳しい目で見なければレンズ別の補正の違いもわからんだろうて、…という考えの元(…なのか?)、他社製レンズにも6ビットコードを書き込んでしまおう…というのがフェイクコードというもの。

既にM8を使われている方には周知の事実で、そこそこソースも知れ渡っているので、今更リンクも紹介しない。

ただ、それ以上に知られているのは、その白黒の塗り方が以外にシビアで(ちょっとムラになっていたりかすれていてもだめ)、それ以上に位置合わせが難しい。


さすがライカ。そこだけは厳しい…って、別に意地悪でそういうことになっているのではなく、パーツが小さいというか、レンズが小型でマウントの余白が少ないせいなんだけれど。

…で、大抵の人は試行錯誤するわけだけど、ある人がそのためのガイドを作成し、センサーが判別しやすいペン(ぶっちゃけ、ゼブラのただのマッキーペンなんだけれど)を使い、正確な位置にコードを書き込むキットが最近発売された。

個人制作の個人発売っぽいが、まぁレモン社とかで手にはいるので、そんなに入手性は悪くない。

ただ、そういうコードを書き込むキットに数千円はどうよ…という気もするが、カメラは写真を撮るのが本分、その前の試行錯誤なんて…と思っている身としては、さくさくレンズを認識させて撮影に出かけたいので、労力削減のための金額と思えば、そんな…。

実際、カラースコパー21mmF4をエルマリートM21mmF2.8 ASPH.に、ウルトロン35mmF1.7をズミクロンM35mmF2にあっさり認識させることに成功した(一回、塗りが足りないことがあったが(^^;))。

まぁ、マウント部にマーカーで塗っているだけなので、いずれはがれてくることが予想されるので、再度塗り直し用のキットと考えると、しっかり自分で入手しておいた方が無難だろう…って気もしてくる。もっとも、コシナから出ているマウントアダプタのType2を使用しているのだが、これにはマウント部わずかなすきまがあって(塗る部分のみ隙間になっていて、マウント全体の遮蔽性は確保されている)、マーカー塗部ができるだけ接触しないようになっているので、そうそうはがれないとも思う。

そんなわけで、とりあえず広角域の手持ちで赤かぶりやシアンシフトであきらめていたいくつかのレンズも、M8でも使用できるようになってきた。ちと試写してみなければ。

もっとも、これでズマリットとかズミクロンの35mmが必要なくなる…ってわけでもないけれど。解像度のスゴさは、おそらくあちらのレンズにはかなわないだろう。ただ、あまりプリントアウトしていない身としては、そこまで画質を追求せず、安いレンズの味とかを味わっていた方が分相応…。

うーん、でもあえて高価なレンズを買って、それを活かす活用をしようとする意欲を高めたりとか…。そもそも所有欲の問題でもあるわけだし(^^;)。うーん、うーん…(^^;)。

2008/05/27

最悪な通勤

フィアット500といえばルパン三世で有名になったなぁ。あのターボ装備した車って、日本にあるのだろうか?あったら何台くらいか?当然改造車なんだろうな。

街中で見かけたら、頭の中でルパン三世のテーマが流れるんだろうな。

…あれ?ルパン三世のテーマって、どんなんだっけっか?


…ってなことを、通勤時、自転車漕ぎながらうかつにも考えていた…というか、何も考えていないレベルだったのか。

おかげでまったく油断していた。

気づかないうちに口が開いていた。唇だけでなく、顎も開いていた。ただ、本当にちょっとした隙間だった。

そこに虫が入り、ストレートコースで食道まで一気に到達し、勢いで引き返せないところまで突っ込んでいきやがった。

吐き出せやしない。もう飲み込むしかなかった。

本当に一瞬の出来事で、何を飲み込んだのかも一切わからない。ただ、唇あたりの感触からすると、蚊以上ハエ未満の大きさな感じだ。…もう、例えからしてイヤな話だけれど、まぁ針を持つアブや蜂ってことはあるまい。腹の中で暴れて針を刺しまくる…ってことはあるまい。

しかし、ひどい胸焼けはする。どちらかというと精神的なものだろう。気持ち悪いったらない。その日はえらく気分の乗らない一日になってしまった。

毒とか感染とかは無いと思うけれど、ある意味「ヤラレ」ちゃったよ、まったくもう…。

今まではアブラムシだって口に入ったら吐き出せていたのに、でけぇ羽虫を…うぬぅ…。今度からマスクして通ってやろうか。数十年通勤していて、通勤以外の走行を含めても、ここまでひどい体験は初めて…ってくらい稀な話だとは思うが、精神的には結構重い。

皆さんも気をつけてください…って、俺だけか?(^^;)

M8考

つらりとライカ銀座店に行ってきた。なぜかここのところ行っていなかったので、近くの用事のついでに。

で、いくつか聞きたいことがあったので日本の修理体制とか聞いてみたり。いつぞやまではすぐドイツ送りになっていたのだけれど、最近はそうでもないみたい。

そういったこちらの想定していた質問をし終わったあと、さぁ帰ろうか…としたところで、「あ、そういえばこういうサービスも始めたんですよ」とシルバーと黒のM8ボディを差し出された。

…このM8が一体何か?…と眺め、しばらくしてから気がついた。軍艦部にライカの刻印が彫られている。あまりに収まりが良いので、普通のM8との違和感にまったく気がつかなかった。

M8の軍幹部といえば、のっぺらぼうで有名。外観はしっかり「ライカ」なので、カメラマンが多いところでM8を使っていると、お年を召した方なんか特に話しかけられたりする。それは構わないのだが、大概「寂しい軍幹部だねぇ」と言われてしまう。

くそぅ…とか思っていたのだが、これで解決できるわけだ。

もっとも、通常のライカマークでも5万円台…というので、ちと要検討。もっとも、さらに追加料金になるが、こちらの指定するフレーズを打ち込むことも出来るし(自分のサインだっけか?)、9万円台になると軍幹部のファインダー側側面に書き込むことができるとか。いやぁ、自分なりの、唯一無二のなにか…思いつけば、それだけの料金で自分一つのM8に仕上がるなら、それもいいなぁ…と思う次第。

とはいえ、今のところそういうのに適したフレーズとか、まだ全然思いつかないんだけれど(^^;)。やるやらないはともかく、まずどういうのを考えておくのもいいよね。おいおい考えていくことにしよう(^^;)なんか忘れそうな予感もあるが。


ちなみに、他にもM8カスタマイズサービスが計画中らしいのだが、どういうことをやるかは聞いたけれど、開始時期、価格が未定らしいので、ここでは控えておきます。

まぁでもM8買った誰もが「ここが換えられれば、もっと面白いのに」…って思う話ですよ(^^;)。


そういえばM8発売後…1年以上経っているのか。まだまだ楽しませてくれるな。

誰かはM8を普通のデジカメと同一に見て「どうせ1年もすればすぐ型落ちするんだから」とその価格からしてバカにしたものだが、そういう一般的な「製品」と同一に見てはいけない。

もちろん、最新技術を常に取り入れ、先進的な製品を常に出し続ける企業努力もそれはそれで否定しない。そういうのでも欲しいのあるし(^^;)。

ただ、M8購入時にいやってほど「待つ」という経験を経ている身とすると、そういう急いでばかりの人生というのもどうよ…という悟りを得てきた(^^;)ぉぃ。まぁそれだけでなく、結構「待つ」というのもまた楽しみ方の一つかもしれないとも思ってきたし。

これは別に購入前の「待つ」ということではなくて、その後、持っている機材が熟成されるというか…まぁ自分が何かすることも含めて、そういう行為の中でそれが熟成されていくのを「待つ」ということの意味の方が主かなぁ…。

要するに、最新機種を追うのではなく、自分の手持ちをいかに掘り下げていくか。普通のフィルムカメラでは普通にあった感覚をデジタルにも戻してきてくれたのがM8だと思う。

まぁだったら、フィルムの現像を待つ許容も持てよ…という気もするのだけれど、これだけはどうしても急いてしまう(^^;)まだまだじゃのう…。

もちろん、本体のフィルムカメラよりは、劣化する部分が多かったり、陳腐化…というかCCDが他社製だったり、色々不安要素があるのは重々承知しているけれど、個人的にはデジタル化のメリットの方が大きいので、とりあえず良しとはしている。

ともかく、購入時は結構な金額の支払いに迫られたわけだけれど(未だローン返済中(^^;))、撮影以外の楽しみも含めたって、それだけの価値があるな…と今のところ楽しめているので、後悔はしていないっす。もっとも、さすがに昨今のユーロ高を含めた金額はなぁ…と思う部分もありますけれどね(^^;)。

2008/05/26

天気を読む

ここのところ天気に振り回されている土曜日。今週こそは安心して走りたい!…と土曜日前に週間天気予報を確認してみると…雨(;_;)。

土曜が近づくにつれ、詳細な予報が固まってくると、午前は晴れていても午後には急転直下、強い雨が降るという。…いつぞやの土曜と同じパターンだな。その時の予報は「降るのは夜から」といっておきながら、見事に昼から降りやがったパターン。

そんな経験があると、どうしても今回の予報では物怖じしてしまって、ここのところきちんと走れていない飯能ー岩鞍ラインを走るのを取りやめてしまう。

仕方ない。都内でいずれこなさないといけない用事もあるし、それを済ますか…と、電車移動などの予定をセッティング。

…しかし、金曜の夕方になってもなおその空は快晴で、夕焼けこそ見えないけれど、本当に明日には降るのか?という案配。うーむ…。

そして翌日、遅めに目が覚めると、見事な快晴。あれ?

あわてて天気予報を確認すると、雨は夕方か夜から…に変わってやがる!?おいおい。

おそらく早めに走り始め、がんばって高速度を維持すれば、飯能-岩鞍ラインもこなせたな…と後悔してしまったが、もうどうしようもない。第一、都内に用事作っちまったしなぁ…。

そんなわけで都内に出かけるも、せっかくなのでカテンザで出撃。

距離的にはここのところ長距離走っていないので、物足りない。ただ、固定ギアだとフリーギアの1.5~2倍走ったことになると自己換算しているので、走行距離はそこそこ短くても、まぁいい運動になるだろうと。

実際いい運動でした。ただ、メッセンジャーバッグで長距離は体の負担が偏るんだよな。肩だけだけど。ちっと考えないとな。

で、用事については省略するけれど、そういうわけでのんびり走れたか…というとそうでもなく。晴れてはいたものの、急に突風が吹いたり、雲が広がってきたり、小雨が一時的にぱらついたりと穏やかじゃない。

走っている最中に降ってくる…という事態も十分考えられる西の空模様。ううっ、いつぞやの二の舞か?とあわてて帰る次第。

幸いにも家に付いたとたんに降りだし、あっという間に本降りに…あぶないところだった…。いくつか忘れた用事や、突発的に時間をとられた出来事とかもあったのだが、総合的にプラスマイナス0でスケジュールが収まったようだ。

しかし、結局天気に追われたことには違いなく、落ち着いて走れる日はいつくるのやら…と思いながらストレッチする夜だった。

2008/05/25

レンズの買い方

M8用に35mm域の最新レンズ、そだなー、ズマリットM35mmF2.5あたりが欲しいなぁ…と書いているが、もし手に入れるとしたら、どうするか?

やはりセレブにライカ銀座店で入手か?(^^;)

ただ、間違いなくローン、クレジットカードかショッピングローンになるので、金利が気になるお年頃。まず確認しないとね。


…ってことで考えていたら、渋谷で

世界の中古カメラフェアー
5月30日(金)~6月4日(水)
東急東横店(渋谷駅ビル)西館8階 催事場
AM10:00~PM9:00(日曜日PM8時・最終日PM5時まで)

…ってなフェアがあるとのNashさん経由で情報が。

中古カメラ市といえど、新型ズマリットくらいはあるだろう。で、こういうフェアというのは低金利ローンがつきもの。…気になる(^^;)金利が。

それ次第では…(^^;)。


#…ってなところを書いた後、何気なくレモン社を確認したら…新品レンズがえらく安い!たぶん上記の金利のケースを考える必要ないくらいの安さ。申し訳ないが、多少高くてもライカ銀座店でのセレブ気分を選んでしまうおいらでも(本当はそちらのアフターサービスとか云々)、つい目先の安さに惹かれてしまう差額(^^;)すべてビンボーが悪いんや~ぉぃ。

おそらく輸入品で円高が効いているっぽいけれど、日本語マニュアル使わない身としては問題なさそうだな。…ううっ、そっちでのクレジットとか確認してみようかしらん(^^;)。


##ついで話で、関係ないけれど某所でデジタルモジュール込みで格安のR9が提示されている。

出せない額ではないし、かなり気になるのだが、遠慮しようと思う。あれって…重いんでしょ?ちっと重い一眼レフが持てない右手の腱鞘炎なのよね。以前、銀一でニコンだったかと思うけれど、一眼のフェアやっていて、展示機がずらりとあったわけだけれども、ほとんど全部持てなかったからなぁ…。いや、持てたけれど右手がうずいて使いにくいったらありゃしない。

もちろん両手で持てばいいのだろうけれど、最初の持ち上げとか保持とか、自信なし。あー、くやしいが、それで右手さらに痛めて絵が描けなくなったらそれこそ本末転倒なので、M8のような軽量カメラでつきあっていくことを心に固く誓おう…(;_;)。

2008/05/24

ちこっと物欲

日本HP「HP 2133 Mini-Note PC」
~5万円台からのWXGA液晶搭載ミニノート

う…、ちっと欲しいかも(^^;)。

昨今のミニノートの話題は結構気になってはいたものの、まともに使おうとすると、もちろんミニノートなりの用途限定にしての意味での「まともに」ということであっても、どーもセットアップに手間を取られて「面倒そう」ということで手が出にくかった。

ただ、今回のはシングルタスクにしてしまえば、大概の用途に問題はなさそうに思える。

今のおいらとしてはEM-ONEがあるとあまり利用シーンがないような気もするが、ストレージも兼ねてデジカメと一緒に使うと良さそうな気もする。

立ったままが多ければEM-ONE。座る機会も多ければ2133ということになるのかな。

もちろんノートPCを持ち歩くにX61Tという選択肢もあるけれど、重量が1kgも違うからなぁ。外出先でグラフィックも多用した作業となれば重くてもX61Tだけれど、画像は扱ってもリサイズ・転送くらいとなれば、2133でもよかろうて。

さて…果たして購入するかのう…?>をれ


#…あ、そういえばウィルコムのD4って選択肢もあったっけ。ただ、通信回線までは要らないんだよなぁ…。そうすると金額とか折り合わなくなってくるわけか…。うーん…。

写真の公開の仕方

最近、旅先のプライベート写真…というか、友人との写真を友人間で公開するときにはmy Picturetownを使用している。

単に2GBまで使用無料、限定したユーザーにのみ公開…ってことが気軽に出来るから。他にも同様サービスはいくつか入会していた気もするが、必要なIDがあったり、制約があったりするので、今のところ容量いっぱいまではここを使用しようかと。

M8原寸サイズのJPEGファイルも適当にぶっこんでいるので、容量制限には結構近々に達してしまいそうだが、昔のは削除してしまっても良いか。

…で、佐島輪行の写真も早々にアップしようかな…と思ってアップロードしよう…と思ったら、できねぇ。ブラウザにドラッグ&ドロップして写真をアップロードできねぇ!

かなり色々試行したが、結局アップロード出来ず仕舞いだったので、もうこのサービスの利用はあきらめようかな…と思った。

ただ、よく調べてみると、ドラッグ&ドロップ以外に、ファイルを指定してアップロードする方法もあり、そちらの方法でアップロードしてみると…うまくいった。あり?

思い出してみるに、my Picturetownは最新のブラウザには対応していなかったような>ドラッグ&ドロップのアップロード。ただ、VISTAにSP1を当てる前は偶然動いていたけれど、SP1をあててから動けなくなったのかや?SP1のせいかや?

まぁ、とりあえずファイル指定でアップロードできるので、よしとするか。面倒くさいけれど。

佐島輪行に出席された方でまだメールを私宛に送られてない方、ご連絡下さい。折り返し写真のページをお知らせします。

2008/05/23

嗚呼…

なんか…ローポリモデリングしたくなってきた…(^^;)なんか知らないが。

でもたぶん、これは輪行本3からの逃避行動なのだろうなぁ…。

大体、ローポリモデリングするモデルもねぇし。…輪行本キャラと自転車でもモデリングすればいいか(^^;)。実は自転車は1台、そういうオブジェクト作ってあるし。

あとはキャラだけ…にしても、時間ねーけど(^^;)。

輪行の仕方

佐島輪行を行って思ったのは、もっとのんべんだらりと輪行しても良いよなー…ということ。

誰か、一番遅い人のペースにあわすべき…という意味ではなく(それもあって良いと思うが)、もっと「よそ見」をする余裕を持つ心を育てる意味でのたのたしたい…ということ。

佐島輪行ではそれが出来なかった…ということではなく、それを行うポイントポイントが微妙に遠い位置にあり、つい「走行」の方に夢中になってしまうということ。

せっかく小回りの効く小径車だったりするのだから、合羽橋とか柴又、深川とかの入り組んだ路地をぶらぶらしたり、時には自転車を駐輪して1時間くらいのんべんだらりと歩いたりと行ったことを組み込んで楽しみたいところ。

都電巡りというのも面白そうだな。無理に全線ではなく、どこかの範囲だけ巡る。

で、都電輪行も1駅分くらい織り交ぜて(1駅だったら走った方が早そうだけれど(^^;))ぶらぶらするとか。

これからの夏企画として、たとえば自走ネタは個人的には水分補給前提だけれど、汗だくでもコースによってはいいかなぁ…と思っているのだが、一緒に走ってくれる人はいまい。まぁ、おいらも自分のペースを維持するのに必死になるだろうし、あまり積極的に誰かと走ろうとしない方がよいと思うけれど。

でも輪行ネタだったら、そういうことで汗だくで走るという話でもないので、いいのかなぁ…と。まぁでも要するにイベントスポットの間が開いていない地域を走ろう…ということなので、街中…ってことになるだろうし、そうするとちと暑いかなぁ。下町の涼しいところを探そう…という企画でも良いのだが、もちろんもっと涼しいところの方がいいかな。具体的に思いつかないけれど。

あ、海辺走行とかがいいのかな?佐島までは何もない地域が続いたけれど、もう少し…こう…なんか連続してある地域があれば、ぶらぶらと…。

2008/05/22

土曜の憂鬱

5月24日の土曜の予報が雨になってきた。ちょっと岩鞍-飯能ラインを走ってこようかと思っていたのだが、家に缶詰になりそうだ。

…それにしても、ここのところ土曜に雨が続いてやしないかい?5月だけ…いや、ちと順々にさかのぼってみようか。

5月17日→晴れのち雨(日が出ている間は晴れていたけれど、日が沈んでから降ったところがちらほら)
5月10日→雨(革サドルバッグを作った日)
5月3日→雨のちくもり(某氏との走行をあきらめた覚えが)
4月26日→雨(岩鞍-飯能ラインを走って、途中で雨に降られた)
4月19日→晴れのち雨(関戸橋フリーマーケットの日、15時くらいから降った)
4月12日→晴れ(初めてのカテンザでの鵠沼走行。天候で不便を感じた覚えがない)

…えっ!?5週連続で雨!?なんか、2005年か2006年の10月か11月に似たようなことがなかったっけか?

いや、4/19と5/17は比較的まともに走行できたけれど、降ったことには違いないし(^^;)その日の走行予定に影響したという意味で。次の土曜に降ったら、何週連続なんだよ…(いや、数えられるけれどさ)。

大体、岩鞍-飯能ラインは土曜に走らないとあまり意味がないし、なかなかそちら方面に行けやしない…。

まぁ、走行欲だけは満たすために、日曜に青梅走行+岩鞍くらい走ってこようかな…。

たぶん、6月とか7月、人が原稿描いている頃の土曜は、梅雨まっさかりだろうと晴れるに違いない…(;_;)。

そのNASは煙を吐くことがあるらしい

アイ・オー、発煙事故が発生したNAS「HDL-U」を無償点検修理

おいおい、家にHDL-120Uがあるよ。一応現役だよ。こないだの地震騒ぎの時に電源落としているけれど、使用するときは電源入れて使っているよ。どどどどどどーすんだよ…と。

まぁしかし、放っておく訳にもいかないでしょう…ということで、相談窓口に連絡しないと。

あ、まずはその前にシリアルナンバーを確認しないと。えっと…、


…ズレてたー!(^^;)対象外


ほっとしたような…残念なような(^^;)ぉぃ。…なんか数人、そういう人(修理に出せない人)がいらっしゃるようで…。出せれば出したでステイタス?ぉぃ


#でもここ数日電源入れていないのに、シリアルを見るために筐体に手をかけたところ、あきらかにほのかに暖かいのにちとビビったり…。いや、コンセントはつないでますけれど、前部ですぜ?暖かいの…。大丈夫か?

2008/05/21

南へ走れ!134号線を!

08052106

その人は佐島に美味い魚屋があると言った。

美味い魚と聞いては黙っていられない。

そんなわけで、鎌倉まで輪行し、佐島まで走ろうという企画です。この場合、「鎌倉輪行」と「佐島輪行」とどう書けばいいのやら…。まぁ、最終目的地を書いておきましょう。

ふと、鎌倉までいつも自走しているんだから、ちこっと足を伸ばして佐島まで行ってしまってもいいような気もしますが、まぁそこはそれ、まだおいらもカテンザに慣れてないし(^^;)固定ギアかよ。

ただ、そうすると片道20kmもない、いつもの面子には正直物足りないコースになってしまいます。もちろん美味しい魚が食えればそれも満足ですが、走り自体も楽しみたいな…と。

しかしここで逆転の発想。普段はハードだけれど、今回はソフト。…ハードに物怖じしてこられない方も誘えるな…と。そこでまずはレンタサイクルなどを利用して「旅先のサイクリング」の提案で勧誘したところですが、まぁひっかからねぇ(^^;)ぉぃ。

そこでちょっとだけ路線を修正。「ソフトな輪行を楽しみましょう」として、輪行未経験者、普通の輪行を望んでいる方用募集に内容をシフトしてみました。内容は変わらないんですけれど、声のかけ方を変えただけ…(^^;)。

そんなところで募集したり、こちらから勧誘したところ総勢が結局…10名(^^;)。小径車がずらり10台、並んで走ることに(^^;)ひぃ。

…面白そう(^^;)ぉぃ。

いやしかし、そういう大人数で「いきあたりばったり」で果たしてよいのか、若干困惑するところもあり…。

まぁしかし、やれるだけやってみましょうや…と当日、鎌倉集合を果たした次第。途中、新宿からHARUさんと合流して新宿湘南ラインに乗車してみたりしたわけですが、同じ車両…というか、背後2mの場所にtoMoさんがいたり(^^;)。

混雑による人ごみでてんで気がつかず、横浜ではじめて気がついたていたらく(^^;)。おまけに同じ列車にぐれいさんもいらっしゃったようで、「斜め右15度事件」もしくは「逗子流事件」(謎)を経て鎌倉駅降車後、たった10円足りなかったSuicaで改札通過を阻止され、清算中に合流するという体たらく。そういえばこちらから列車を指定したのに失礼致しました(__)>ぐれいさん。

あ、前述の「事件」の話ですが、ぐれぐれも運転席後部での会話には、注意しなければなりませんよ>ALL(^^;)超謎。雑談禁止ぉぃ。

ともかく、鎌倉駅前で小径車が続々と集合。ブロンプトン3台をはじめ、ANT、Frog、MC-1が2台(内1台は2×2×9…だっけ?という、摩訶不思議なギア構成)、Mobiky(インター8換装済)…と個性派揃い。DAHONのヘリオスSLも十分かっこよい、レアな車体なのに、地味に見えてくる不思議なラインナップ(^^;)。

08052107 そこへ登場するDFRさんのロードレーサー輪行袋。おいおい、この中で700Cですか?…とのたまうところですが、「いやいや、あらゆる輪行揃いと考えれば、こういう手段も中にないと」とのこと。なるほど、一理ある。個人的にはこれだけの小径車の中に1台700Cという見栄えが面白いと思いますけれど(^^;)。

拝御:で、どこから輪行してきたの?
DFR:いや、車体トラブルとかあって直していたら、時間無くなって、自走してきた。
拝御:…?でも輪行袋につめてるじゃん。
DFR:だから、鎌倉駅西口まで走ってきて、そっちで輪行袋に詰めて、歩いてきた。

えーと、どうツッコめと?(^^;)

で、走行コースとしては134号線に乗って一直線に走ってしまえば早いものの、逗子までは登坂コースで、かつ自転車走行には不向きな車道メイン、路肩ほとんど無しの高速路線と、ちと不向き(ちなみに反対車線を帰宅時に走ろうとすると、車は渋滞して、横道もほとんど無いためほとんど車線は固定。その脇をするする自転車が走れるので、逆に便利(排気ガスくさいけれど))。

…なので、DFRさんやtoMoさんが過去に走ったことがあるという下道コースを逗子までのんびり走行。

途中、自転車抱えての階段下りもありましたけれど、それもまた味ということで(^^;)。

葉山御用邸から先は海岸線沿いの国道をひた走る…という状況で、ちと走りに夢中になるあまり、初心者の方にペースをあわせていなかったかなぁ…という反省点も。

08052108 一応秋谷海水浴場んとこの公園とかで休憩とかも挟んだつもりだけれども、回数も少なかったかなぁ…。色々反省するところが…(^^;)。



08052102

それでもなんとか佐島にたどり着き、目的の「海辺」というお店に到着。本来は魚をさばいて売ってくれる「魚屋」が目的地でした。

魚屋なので、食材を買い付け、海辺に移動してそのまま刺身なり焼き魚なり調理しようか…という元々の話だだったのですが、近くに適当な海辺も無かったり、人数も多くてそれを焼く処理も大変だろうよ…ということになり、さばいたものを直接卸す直営店もあるというのでそちらで食事ということに落ち着いた次第。

しかしそのお店も有名店だったようで、なかなかの人気。席がすぐに空くわけも無く、予約表に名前を書くことに。どうも1時間待ちコースっぽいし。ただ、ちと空き順監視役にDFRさんが店に張り付き、残りは周りを散策してみたり。ちかくに海岸があったりしたのでそこを覗きに入り、さて、次の交代要員はどうしましょうか…とDFRさんに電話しようかと思ったその瞬間に着信が…。

「急いで今すぐ来い」

…10分も経っていませんが?(^^;)慌てて海岸沿いをひた走る9人。すぐに食事できるのはありがたいですが、あの予約表はいったい…?

08052103 で、食事は当然お刺身系なわけで、ほとんど刺身定食を注文したわけですすが、海鮮丼もよかったなぁ。あと一人、なぜか海鮮てんぷら丼…だっけ?揚げ物系を頼んでしまった輩もいたわけですが、それはもったいないのでは?…とか思ったが、考えてみれば築地の仲屋(だっけ?)のエビフライを頼む大泉洋のよう(超謎)に、「通」の注文だったか?とか思ったりもする今日この頃。

でも刺身も美味かったからいいや~。ご飯がすっげぇ少なくて不満爆発してましたが、別テーブルだったDFRさんより途中、「あ、ここの定食、ご飯、おかわり自由だから」発言をきっかけに評価が一変。急遽おかわり合戦に(^^;)ぉぃ。おいらもつい調子に乗ってご飯3杯いただいてしまいましたが、これが後に影響を…。

食事自体はのんびりと満喫し、さぁ、出立。今度はどこに行こうか、帰るだけか…というところで、とりあえず先の「魚屋」くらいは覗いていこうか…という話になって、数百m離れたそのお店の見学に。

見ると漁港から直接卸した魚を直接販売…というか、本当にその場でがつがつさばいている、ザ・魚河岸といった感じのお店が…。まさに男の職場…って感じで本当に魚買う客でもない限り近づけない雰囲気が(^^;)。いや、買いたいのは山々ですが、輪行でも自転車で買って帰るのはなかなか…。

まぁそもそも活魚系しか売って無いし、いまさら携帯コンロでどうこうできないしなー…と思っていたら、お隣のお店では干物が…。さんまのみりん干しとは、レアな干物でないかい?しかも試食させてくれ、美味しいったらないし、めざしの干物もあったりして、携帯コンロ持参のtoMoさんの目が輝く輝く。

しかも店主、そのお店のテラス…というか、お庭で焼いてっていいよ、炭火のコンロも使っていいよ…とのお申し出。なんとありがたいことか…と思う反面、こちらは10人でちと入りきれないんですよ、残念ながら(^^;)。そんなわけで今回はご辞退申し上げた次第。

しかし次の機会があったっら、お隣のお店を目的に行ってしまってもいいような気も(^^;)。

いや、だから、最初から白いご飯持って行って、あそこのテラスのようなところにコンロ持ち込ませてもらって、その場で食べさせていただいたり。たぶん、あのご主人はそれを許してくれそうな人柄を感じる(^^;)ぉぃ。

そんなわけで(?)、しかしめざしとさんまの干物はしっかり入手。あとパン(謎)。…ひじきも買ったっけ?

それをtoMoさん持参の携帯コンロと網で焼こうと、そういう魂胆だす。ただ、適当な場所がない。天神島自然教育園は見晴らしはいいが、火気厳禁。どこか適当なところは…というところで思い出したのが秋谷海水浴場んとこの公園。あそこの前の海岸ところならいいだろう…と早速移動。

ちなみに途中、若干キツい登り坂がありましたが、自転車のギア比とかは問題ないものの、腹にたまったご飯が漕ぎを邪魔して…(^^;)。

08052105 ほどなく到着してめざしやらなんやら焼き~の、食い~の、美味い~の、酒がねぇぞごらぁ!…と不満たらし~の…と満喫(?)(^^;)。

やぁ、携帯コンロでも結構きちんと焼けますな。そもそも携帯コンロや網があんなに小さく収納できるとは思わなかった。おいらもちと考えたくなってきたな、携帯。使用後の収納が熱くてすぐにできないような気がするのだが、そこら辺の解決策とかあるのだろうか?

ちなみにここで、某氏曰く「今日一番のイベント」」が発生したのですが、記載は省略。…いや、テキストにしてもたぶん面白くないから(^^;)話にしてもあまり面白くないと思うけれど。あれは「タイミング」と「シチュエーション」命のエピソードだからなぁ…(超謎)。

次にNashさんが「美味しい沢庵を売っているところがある」という話を持ち出したので、その公園から近くということなので移動開始…したら、いきなりこんなところ連れて行かれるし(^^;)。

どうも小さい菜園の無人販売所らしいのだが(上のリンクはあえて詳しい場所を示していません(^^;)ただ、少なくともここまでは走らされた)、ここまでの坂がキツいぞ~。そしてたどり着いた販売所にはたまたまそこのご主人がいらっしゃったのだが…、

「沢庵?ありゃ大根を干して作る冬の食べ物だよ。今、あるわけないじゃないか」

と一喝(^^;)。ああ、あれか。そんなわけでNashさんのたくらみ…あ、いや、たくあん入手はかなわなかったけれど、つけものやらふきやらツタンカーメンという炊き込みご飯用の豆を入手したりして、それはそれで良かったみたい。やはり地のものは美味しいからねぇ。

さて、ここまで結構のんべんだらりと走ってきたので、もう結構いい時間。まだ日は高いですが、そろそろ帰らないといけない方もいらっしゃったので、鎌倉に向かう…はずでしたが、混雑しているところで自転車折りたたんでも…とか、考えてみれば逗子始発の電車があれば、座りやすい、自転車置きやすいじゃない、ということになり、逗子へ。あ、そういえば逗子駅、見たこと無いな。なんか、なーんもない駅前だ…っつー話だけれど。

でも行ってみたら行ってみたで、あまり混雑、鎌倉と変わらないんですけれど(^^;)。でも駅前ロータリーというか、歩道は広いか。

そんなわけでそこで解散…ということになりましたが、そういえばここまで来て埜庵に行かないのもなんだなー、次に埜庵行けるの、いつになるかわからんしなー…と、ちと個人的に行きたくなったので、有志募って行くことに。

賛同者、おいらも含めて8人。

減ってないやーん!(^^;)

ともあれ、逗子から埜庵に向かう時点で、埜庵閉店まで約1時間!急がねば!…ということで、「のんびり」走行から一転、ひたすら高速走行の段。もちろんロードのDFRさんは高速に走り、Capreo装備のANTが追走。脚を残しまくっていたおいらがくらいつき、他は引き離される有様(^^;)ぉぃ。

ただ、urielさんのMobikyがなぜか高速走行組に食らいついてくるのが異様なのですが(^^;)ぉぃ。インター8装備とはいえ、なぜにそこまでの速度が…!?

08052104 まぁ、そんなこんなで埜庵の閉店時間には間に合いました。速度出してみんな走ったものだから、汗だく。そこでかき氷だから、元が美味くてもさらに美味い美味い。外のテラスでいただいたのですが、どうもその日は寒かったようなのですが、「暑いところにひんやりして気持ちいー!」とか叫んでいた集団は異様だったかもしれません(^^;)ぉぃ。

あとはいつものごとく、パルテアで自転車屋撮影会(謎)。ああ、そういえば埜庵でまた別のサイクリストの方とお話ししたのですが、パルテアの存在をご存じなくてご案内したのですが、意外と盛り上がっていたなぁ…、Macとかで(?内容聞いてないのでわからんけれど)。輪行参加者の中でもパルテアのご主人とPC関係でお話しされていた方もいらっしゃったようなので、いつものごとく「…自転車の会なのに、なぜにPCソフトショップ?」という、何のために寄ったのかよくわからない会にならなくて良かった(^^;)。

パルテアの奥さんも、Mobikyに興味津々だし(^^;)まだ売ってますよー、彼のインター8改造がもう無い(改造したくない)ってだけでー。

で、この時点で空はすっかり真っ暗だし、なんと雨がぱらつく有様。ぬれるほどでもないのだけれど、予報でそういうお知らせがあったようで、ニュース見た人が午後の外出を控えたのかもしれないな、埜庵の集客が午後衰えたようで。そこでの訪問だったので、今回は「常連」としては合格な来店だったらしい(^^;)なんだそりゃ。うむうむ、今後も常連として最適なタイミングを模索しようぉぃ。

えと、後はさすがに流れ解散。ただ、4人ほどで町田のモコモコには行きましたが。定期的にあそこ行かないと、スパイスとかで体の内面がリフレッシュしないから(いやマジで)。

ちなみに今回はそんなにカロリー消費してないから、ライスをやめて麺でカレーをいただいたんですけれど、結構辛い!ライスだとそんなに辛さを感じていなかったんだけれど、ライスはカレールーを吸い込み、またライス自体の甘みでカレーの辛さを多少中和していたようで、麺だとそういう効果がないので、ルーの辛さをダイレクトに感じるみたい。

うかつにも辛い方のグリーンカレーを注文してしまったので、悶絶しながらいただきました(^^;)。辛いんだけれど、美味いから残せない。いろんな意味で堪能しました(^^;)ぉぃ。

で、雨のぱらつきも若干強かったので、引き続き輪行での帰宅。11時頃着…だったかなぁ?

結局総走行距離は40kmくらいかなぁ。まぁ基本、のんびりとした輪行でした…けれど、もう少しゆったりしてもよかったかなぁ…という気も。

あと、翌日以降、右腕が痛い…。…つっても、別に「走り」でどうこう…というわけではなく、どうも輪行で折りたたみブロを色々持ち回った負担がかかっていたらしい(^^;)。

いや、結構折りたたみを転がすだけでも結構力いるし、なにより転がせない、転がしていられない状況がいくつかあって、それで車体を持って走り回った区間が多かったりして、どうも右手に負担がかかっていたらしい。おかげで右腕が強烈に筋肉痛。

うーん、腕力を鍛えないといけない…って話ですか?いや、やはり余裕を持った行動でころころ転がしていけば良かっただけのような気も…(^^;)。

2008/05/20

東名ルートと中央ルートの違い

後日、ちと名古屋に行ってきます。わかる人にはわかる理由。そう、それです。

ただ、お金がないので、高速バスで行くことにしました。なんとなしにスケジュール確認したら、ほとんど日帰り。少なくとも新宿出発から新宿着まで24時間経過しないことが判明。…う(^^;)。

まぁ詳細はともあれ、何気なく往復をセッティングしたところ、行き帰りで東名と中央と両方通ることになった次第。

…東名は走破していたはずだが、中央道は駒ヶ岳ICより向こうには行った覚えがないな。名古屋から駒ヶ岳ICまで未走破区間をいよいよ走破か。…まぁ、自分では走っていないけれど(^^;)。

いや、東名もそうなんだけれど(^^;)。


…で、何とはなしに思い出すのが、新幹線で名古屋から東京まで来られた方で、イーモバイルの回線がほとんど途切れずに使えた…という報告をBlogにされていたこと。

エリアマップを確認すると確かに、東名までカバーしていそうな勢いなので、名古屋までずっとアクセスしっぱなしも夢ではないか?

しかしそうすると中央道はどうだ?…という気がする。見てみると…ちょっと虫食い状態。まぁ、ひと頃よりはエリアが増えているような気もするが、東名と比べちゃうとなぁ…。まぁ仕方ないか。


もっとも、どっちのルートにしても、寝てるから関係ないけれど(^^;)移動する車内で作業があまり出来ないクチ。


#そういえばお袋の田舎の田切付近はどうだろう?

ついでだから確認してみると…なんかぎりぎり…「2008年9月末までの拡大予定サービス提供地域」って範囲に含まれているような…。あ…あのADSLすらない(…のかどーなのかよく知らないが)ド田舎地域がっ!?

そういえばここ数年行ってないし、調べに帰ってみるか…って、わざわざ電波が入るかどうか調べるだけに?(^^;)

どうでもいいつぶやき

キタ印工房のキタさんのBlogを普段から読んでいると…なんとかバイクから自転車に移行させたい気が(^^;)何故?。ルイガノのJEDIも持っていらっしゃることだし。

ただ、来るべき、娘さんがキタさんのバイクのリアにまたがって走る日(そういう記載がある)までは、バイクを続けていただきたいな…という気持ちもあるので、抑えておこう(^^;)…っていうか何者>をれ。


…とか書いてアップしようかなぁ…と思った矢先、ご本人さんが「ダイエットしたい」とかなんとか。

…そのJEDIに乗ればいいのに(^^;)初期投資0。それで大概の移動をこなし、ガソリン代や交通費を浮かしたりすれば、経済効果も向上。ダイエットに成功すれば、それをネタに漫画化し、「ダイエット」「自転車」の2大ムーブメントの波にも乗れて、仕事もウハウハ…にはならないかなぁ(^^;)ぉぃ。

まぁなんとはなしに、自転車漫画家が(作品を作る方に)増えてくれないかなぁ…という期待というわけで(^^;)本当につぶやきなので、特にリンク無し。

2008/05/19

最新レンズを考える

佐島輪行の記事はなんか長くなっているので、掲載はもうしばらくお時間をください。


…で、その佐島にはM8にエルマリートM28mmF2.8を装着し、途中からズミクロンM50mmF2に取り替えて使用した。

帰ってから写真を確認したけれど、どうもエルマリートM28mmF2.8の方がクリアに思える。

クリアというか、ズミクロンM50mmF2もクリアでは味わい深い画を作ってくれるが、明るい場所ではオーバー気味に、フレアっぽく写ってしまう。

まぁそれが味っぽい画にしてくれるし、RAWで撮って現像時にコントラスト等調整すれば、きっちり綺麗な画を出してくれるが、手間がかかる。

シャープさと色再現性を取るなら、エルマリートM28mmF2.8の方が明らかにいいわけで、新しい場所をしっかり撮りたい…というときはそういうレンズでないと。

逆に何度も訪れていて、画的な写真にチャレンジしたい…って時にはズミクロンM50mmF2がいい感じ。

そういうチャレンジングな写真は、色々なレンズで挑めるわけだけれど、逆に言うと、信頼できるレンズはそうすると何があるのよん…となると、エルマリートM28mmF2.8くらいしか思いつかない。

いや、50mmでノクトン50mmF1.5があるか。Lマウントだけれど、色に関しては50mmなので8ビットコードに関係なく使えるし。IRブロッキングフィルタもBWのだけれど、装備しているし。

しかしそれだけだとなんか物足りないな…と。35mm域でそういうのが欲しくなってくる。…となると、現実的(費用的)にはズマリットM35mmF2.5かと。中古のズミクロンM35mmF2でもいいような気もするが、前述の趣旨を考えるとやはり最新レンズ…ってところで揃えないといけないでせう。

ちと考えるか…、ローンを(^^;)ぉぃ。

2008/05/16

輪行本3の進捗

なんか知らないが、ここのところ雑用が多い。前々から言っているような気がするが(^^;)、その頃の雑用はすべて終わらせてます。…が、なぜか新たな雑用が生まれて、四苦八苦中。

おかげで創作活動ができない、依頼されているイラストとかが描けないよ~…とすったもんだしています…が、なぜか輪行本3のネームだけはしっかり(^^;)それだけはしっかり時間を割いている。

前々から輪行本3のプロットの一部資料などを出したりして色々ご意見を聞いて、うん、まぁ、なんとか輪行本3もいける…かなぁ、と手応えを微妙に感じてかどうか、ファミレスに入り浸ってネーム作成に移行した昨今。

プロットを表示しながらキャラの会話をテキストにしたネームを打ち始めると…おお、進む進む!すごい勢いでネームが進む!

さすが、プロットをきちんと作ってあると、ネームもすごい進むな!…と我ながら感心…してたら、

…やたら脱線しているような(^^;)。

当初予定していたプロットをこなす前に予定ページ数をオーバーしてしまうような…(^^;)。いかんいかん、Blogじゃないんだから抑えないとー(^^;)。

2008/05/15

なんだかんだでSP1

まだX61TのVISTA上のWindowsUpdateにラインナップされていませんでしたが、しびれを切らしたのでSP1スタンドアロン版をさくりと入れてしまいました。

インストールに1時間くらいかかりましたが、今のところ不具合とかは出ていないようです。

むしろ、確かにネットワーク関係、NASとの相性が良くなったかもしれません。スピードが上がったというか、さくさく動くようになったというか。

まぁ、まだ11aなので、11nドラフトにするといった余地はあるかもしれませんが、とりあえずSP1にして良かったな…といったところです。

…はやくしておけばよかった(^^;)NASのアクセスでかなり悩まされていた。

なぜかNAS上のファイルを削除できない…という不具合は直っていないのだが…(R&RがNAS上にバックアップするのがうまく動作しなくなったのは、指定数差分バックアップ作成したあと、リフレッシュしてバックアップ作り直すのがこれでうまくいかなくなったから…と踏んでいるのだが…)。


どうしてもNAS上のファイルを削除したい…って時にはT40pから削除してしまうのだが、そういえばT40pはWinXPが動作中だけれど、そちらへのSP3適用は当面先にしておくか(^^;)不便無いっちゅーか、SP3が「当面」不便そうっちゅーか。

2008/05/14

筆のノリ

GWあけて、輪行本3のプロットやらのテキスト作業を進めていますが、いくつかイラストも描いています。

GW中は無理せず…というか、遊びに遠出したいのも無理して抑えて(いやまじで)、休息たっぷり取ることを優先していました。

08051301おかげでリフレッシュが行き渡り(?)、イラストとかの筆のノリが違う違う。

GW前は本当に筆の進み自体が遅かったけれど、今はもう、何かが宿ったかのように筆が走るわけです。…テキストにもそういうなにかが宿ってくれないかなぁ(^^;)宿っていないらしい。

まぁともかく今が描き時なわけですが、それと知ってか、すでにいくつか依頼が舞い込んでいるので、これ以上はもう勘弁(^^;)。


ちなみにROUさんの依頼は入れ込み済みだけれど、そろそろ発注書を出してもらわないと…。

あるいはコピー本だから、オフセット(…というか)本の締め切り後の執筆でもよいのかい?ただ、そうするとそのときはたぶんGW前みたくなっていると思うな(^^;)。

Tow hours

2時間。

果たして拝御は、その意図しない短い時間の中で、テロリストが仕掛けた爆弾を処理し、監禁された大勢の人質を助け出し、裏に隠された陰謀を暴くことができるのであろうか!?

…という、全米が泣いた話ではない(^^;)当たり前だが。

まずは鞄だ。

カテンザには今のところ鞄が付いていない。ブロンプトン常備の小径用サドルバッグがなぜか装着できるが、それ以外にも装着したい。そうさなぁ、ハンドルにちろっと取り付けられるのがいいなぁ。携帯電話とか入れておけるし。…ってところで見つけたのがグーワタナベの皮製サドルバッグ。

サドルバッグではあるのだが、ベルトで装着するためその選択肢は選ばず、カテンザのハンドルにも装着できるわけだ。もちろんBSMにも装着できるし、ブロンプトンにもつくだろう。若干リクセンカウルのアダプタが邪魔しないような気もするし、そもそも容量的には問題ないので、ブロンプトンには使用しないかもしれないが。

しかし皮製のそれとなると費用も結構かかるんでない?…という気もしたのだが、聞いてみると1万円程度!安!な、なぜにそんなに安いのですかっ!?…と聞いてみると、自分で作るから…ということらしい。

…ああ、キットですか(^^;)。

さすがにキットじゃ無理だなぁ…という気がしたのですが、お店が場所と工具を提供してくれて、アドバイスもしてくれるとか。

「誰でも2時間くらいでできますよ」

というお言葉と、革鞄のかっこよさに惹かれ、toMoさんと2人でいざ製作に挑んでみました。

とはいえ、かなりな部分は製作済みなのですが(^^;)。私のはノーマルなサドルバッグに取っ手をつけていただいたオプション版ですので、スタンダードとはちょっと、金額も含めて違いますので念のため。

ちなみに取っ手は無い方が作りやすいです(謎)。でも作った後は扱いやすいです。

…で、やることは

・糊付け
・圧着
・穴あけ
・縫合
・ネーム入れ

ネーム入れの順序は前後することもありますが、まぁおおまかな流れはこんなところ。

正直、どの作業も地味な工程ではあるのですが、それほど難しくもないので、指導もあってお手軽に行えます。

08051203 詳しい工程は省きますが…、私の場合は性悪ポンチにしてやられました(^^;)超謎。おかげで一部の穴の形がよくありませんが、…まぁそれも味です(^^;)。

そう、ある程度形になったキットとはいえ、自分の作成する部分で「ゆがみ」が出てくるわけですが、それが「味」になってくるわけですよ。既製品と同じじゃない、ある意味悪い味付けになるわけですが、よほど変に加工しない限り、実用上問題になりませんので、それが個性に見えてくるわけですよ。

まぁわざといびつに作ろうとする必要も無いですが(^^;)、手作業なのでどうしてもゆがんでくるところもあるわけで。最初は「ああっ、うまく作れない!」…というはがゆさもあったりするわけですが、やがてそれが「ああ、これでもいいんだ」と人間らしさを許容するおおらかさが自分の中に芽生えてくるわけで…。

…って、なんのメンタルケア?(^^;)

まぁ、楽しいわけですよ。性悪ポンチ以外は(^^;)だから何?。

08051201 そんなわけで完成した鞄。残念ながら所要時間は2時間半といったところ。私は性悪ポンチに、toMoっちはリクセンカウルのプレート取り付けというオプションの手間もあったし、あと雨も降っていたから湿度の関係もあったからではないでしょうか、ちと余計に時間かかってしまいましたが(^^;)、晴れていてオプションもなければ十分2時間で出来たことでしょう。うーん、外的要因がなければ…(^^;)。

ちなみにこの革鞄キット、通販も行っているようで、工具をそろえれば来店しなくても作れるようです。工具も若干特殊ではありますが、革製品作成工具というか、そういう工具も扱っているところも多々あるようで、それさえ入手できれば後は難しくないようです。

ただ、初めての革製品としてあたる人も多いでしょうから、マニュアルが必須になるようです。今写真を含めたマニュアル整備中のようですが、針の通し方とか説明が難しいような…。

08051202 図解マニュアル、お手伝いしましょうか?こんな感じで(^^;)ぉぃ。オーダー鞄制作費とかを割り引いてくれるなら(^^;)ぉぃ。

まぁちと描いている暇ないか、輪行本3が出来上がるまでは…。

ともあれ、お気に入り鞄の完成ですよ。先ほども書いたように、雨が降っていたので、本来だったら自転車で乗り付けてそのまま装着。颯爽と帰っていくところですが、残念ながらそれは不可能。メッセンジャーバッグに放り込んでの帰宅です。

もっともその前にグーワタナベのご主人の色々話しこんでしまった気がしますが(^^;)ちなみに結構コーヒーが美味かったです。

さて、晴れていればそのまま帰宅なわけですが、電車だし、そういえばtoMoさんが行きつけの(?)サイクルウェアのお店を教えてくれる…ということだったので、ちと足を上野まで伸ばしてみました。

08051204 rin projectというお店ですが、住所的には浅草で、えらく住宅街の込み入ったところにあります。店頭販売はあまり念頭にないのだろうな…と思えるところだったのですが、GW中のセール商品が残っていれば、割引セールでまだ販売…というお話だったので、そこらへんでウェアを仕入れようかな…と店に入ってみたわけです。

ただ、気が付けば、社長と2時間話しこんでいました(^^;)あれ?。

いまだになんでそんな流れに至ったのかよく思い出せませんが、昨今の日本の自転車環境、ヨーロッパの事情、世界の自転車パーツ製造メーカーシェア、チタンフレームの価値(一部笑)、啓蒙活動、ツーリングの楽しみ方等々の話を色々してしまったような…(^^;)。えっと…初対面のはずですよね(^^;)toMoさんは違うようですけれど。

ツーリングのお誘いもいただいたけれど、小径とかピストしか持ってないってのは、話したっけかなぁ…?(^^;)

何しに行ったのかわからなくなるので、とりあえずサイクルウェアの話に戻そうとセール品を物色したわけですが、残念ながらサイズの合うそれは見つけられず、ただ、以前より欲しかったカスクをゲット。

いや、ソフトなヘルメットとでも申しましょうか。ヘルメットは自転車の走行には必須とは思いますが、街乗りにはちと仰々しくなってしまいます。

そこでノーヘル・ヘルメット装着の間を埋めるなにかがあれば…と思って物色していたのがカスクなわけなのですが、これがなかなか店頭で見かけなかったんですよね。そしたらそこのお店には豊富…っつーか、作っているし。

種類も豊富でしたので、一番カスクを使いそうな車種、ブロンプトンにあわせた赤色を選んでみました。おいらの場合頭がデカいので、似合っているのかどうなのかあやしいところではありますが、帽子とあわせてなんとかかぶっていこうかと思います。ちなみに佐島輪行がカスクデビューになるのかな(^^;)。

で、2時間も話し込んでりゃ外も真っ暗になるわけで、腹も空いたので近くの飯田屋でどぜう鍋としゃれ込みました。まぁ、「鍋1500円、丼800円で酒を合わせても3000円ちょいだよ」とは言ったものの、つい、他につまみを頼んだり、調子に乗って酒も追加したりして結構な費用に…(^^;)すんません。あ、でも珍しいどぜうのからあげとか食べてもらいたかったんだよぅ~(^^;)ならおごれや>をれぃゃぃゃ…。

ちなみに、こちらは1時間くらいでおいとまです。短かったけれど、そこの汁物と同様、濃かった…(謎)。

まぁ、そんな1日でした。もっとも、一人当たりとっくり1本の日本酒をあけたわけで、おいらとしてはえらく飲んだ身。もうグロッキー状態でしたが(^^;)ビールではなかったので悪酔いはしてませんでしたが。

2008/05/13

今年の上映会の見方

ちと前の話になるが、DoGAの20thCGAコンテスト東京上映会に行ってきた。…つっても、スタッフ側としてなのだけれど。

相変わらずGW中の開催ということで、しかも他のホビー系イベントも開催されている日に強行しているので、一般入場者が増えない増えない。

もちろん主催者側もGW中では観客も増えないというのは重々承知しているようなのだけれど、中野ZEROホールも人気の施設のようで、関西の団体が日程調整しやすく、抽選に参加しやすい日程を調整していくと、どうしてもそういう日程にならざるをえないらしい。

うーん、どこか、一般客を千人程度収容できる大ホールで、上映設備もあって、使用料も安く、GW後くらいの土日に日程取れるようなホールが東京、もしくは交通の便の良い周辺都市にないかなぁ…。見つけたところで受け入れてもらえるかどうかはわからんが(^^;)。


そして昨今気になるのは動画配信サイトとの兼ね合いか。要するに作品発表の場が少ない…ということでそういう場の提供を考えてきたCGAコンテスト及び上映会だったわけだけれど、少なくとも前述の通り発表の場は増えてきているので、役目が終わったと見るべきなのかどうなのか。

ただ、今年の2月の締め切りで見ても、応募総数は増えているので、クリエーター側から見れば、CGAコンテストのニーズはあるのかな…とも思える。実際、プロになる登竜門的役割を今まで果たしてきているし。

しかし今後、動画配信サイトにオリジナルを提供する作家がプロになるケースが相次げば、また状況は変わってくるのかしら?あるいは「コンテストはプロ作家志望向け、動画配信サイトはプロにならないけれど作品を発表したい人向け(もちろんお小遣いを稼ぐのにもやぶさかではない)」という棲み分けになってくるのかしらん?


さらに気になるのは「見る側」か。そちら側はそういう区別、しないものね。果たして会場までに足を運び、大人数で大画面を一緒に視聴し、一緒に笑い、つっこむ…という楽しみ(?)が受け入れられ続けるかどうか、ちと不安。

ただ、そのニーズが減少傾向に現れるなら、もっとごそっと減っているだろうね>入場者数。結構数をキープしている感があるので、こちらもまだ棲み分けか?


一番の心配は大阪会場という気がしないでもない。あちらは地域挙げてのアニメ制作振興活動があるらしいが、財政難の某自治体とかなんとか次第で今後、変わっていくのかしらん?


まぁ雇われスタッフながら、余談的にそんなことも考えるイベントだったり。

ちなみに受賞作品群は、個人的には正直「通好みのラインナップ」というところ。映像に精通している人には「後学のために見ておくと良い」と思う反面、単純に面白いものを見たいという、特に映像に関して知識が無い人にとっては、何が面白いのかようわからんラインナップだと思う。

映像系の解釈が得意な人と行って解説付きだと、面白く噛み砕けるとは思うけれど…そうでないとどーかなー…というところ。決して出来がどうこう…ということではない。ただ、カンヌ映画祭とアカデミー賞は違う…ということですよ。今年はカンヌなわけですよ。いや、むしろベルリン…(^^;)謎。


#念のために書いておくけれど、この記事の記載はあくまで個人的雑感のみで、DoGAとしてどうこうということではまったくありませんので。私はあくまでお手伝いですから。

2008/05/12

元ネタ疑惑と眼鏡の問題

そういえば、少なくとも2カ所から、輪行本主役の香月に関し、「私に似てるでないの。モデルにしてる?」と言われている。

確か元キャラはモデルがいたような気がするが、今言われている人がモデルではないのは明らかなので念のため。

どういうことかというと、まずこちらの記事を見てもらえればわかる。このキャラが香月の元キャラなのだが、少なくとも眼鏡をかけていない。この時点で眼鏡をかけた人がモデルになっている…ということはないことをご理解いただけると思う。

ではなんでこのキャラが眼鏡をかけることになったか…というと、まず輪行本を作るにあたってサブキャラが必要になったことが挙げられる。ただでさえ描き分けがなってないおいらのこと、明確にキャラを分けるアイテムが欲しい…ということで、追加が簡単な「眼鏡」をかけるに至ったわけだ。

もちろん、それだけではない。説明キャラなので、理知的に見える必要がある。また作者に対するツッコミや「あきれ顔」が必要になることから、「目」を消しても不自然に見えないのも利点になっている。

まぁ単なるキャラ立ちさせるためのデザインだった…ってことかもしれないけれど(^^;)。でも一応本当にそういった計算の元にキャラ作りをしているのよ。本当なのよ。

もっとも、輪行本3ではできるだけ作者を出さず、創作キャラだけで運用しようと思っているので、メリットが一つ消えるような気もするが…(^^;)。

…っていうか、何を言い訳がましくこんなことを書いているのやら(^^;)。


ただ、そもそも、自分で言うのも何だけれど、視力が良い身としては、眼鏡に対する造詣が無い…という、描写上の不得手という問題もある。実は眼鏡描くのは苦手なのだ。

まぁ、今のところ簡略化…というか、イメージ的に描いてお茶を濁しているが(^^;)。

眼鏡の細かい使い勝手とかはてんで不得手。考えてみると、自転車に乗る上での眼鏡の注意点とか、全くもって知識がない。

一応眼鏡かけて走る友人は数人いるので、彼らの話を聞いてみると、

・普通の眼鏡は自転車走行時、サングラス代わりにならない。
 風よけ、ほこりよけにならない。

・しかしサングラスだけだと度が無いので危険。遮光性も欲しいので、眼鏡とサングラス両方かけたいのだが。

・眼鏡の上からサングラスというのは難しい。可能なサングラスも無いことは無いが、デザイン的に選択肢が狭まる。

・度付きサングラスは高いイメージがある。ただ、これも工夫次第で安く解決する方法もあるらしい。詳しいことはわからない。

…ってなところまで行き着いている。最後の問題を調査すれば情報提供として終わりかな…という気もするが、他の使い勝手の問題もあれば教えて欲しいな。

逆にコンタクトだとこういう問題がある、こういう解決策がある…とか。

まぁ、描くのは輪行本4になると思うけれど(^^;)忘れそうだな。

2008/05/11

当たり前といえば当たり前なんだけれど

ここのところRAW現像をAdobeBrige、つまりAdobeCameraRAWに頼りっきりだったのだが、ふと思いついてR-D1だけはEPSONのPhotolier、つまりR-D1専用RAW現像ソフトに頼ることにした。

どーもCaameraRAWで現像すると、特にR-D1の撮影画像が妙に赤かぶりしているように見える。

M8はCCDの手前に赤外線カットフィルターが装着されていないのは常日頃書いている通りなのだけれど、実はR-D1も薄かったりする。…ので、それが原因…と思っていたのだが、でもだったら前から赤かぶりしていてもおかしくないよなぁ…という気が。

で、ふと思い立って、先のソフトをインストールしたわけだ。するとそちらで現像する限りは、これといった赤かぶりは見受けられなかった。当然、赤かぶりやろ?…と思っていた写真を現像して…だ。

まー、ちゃんと設定してなかった…と言われればそれまでなんだけれど、しかしCameraRAWではカメラのICCプロファイルとか読み込む機能が無いのよね。

とりあえずCaptureOneをインストールすると、その辺のICCプロファイルがセットアップされるせいか、M8の分までPhotoShopCS3でICCプロファイルが読み込めるようになる。ただ、あくまでPhotoShopCS3で設定する話なので、CameraRAW自体ではそこら辺の設定が行えない。

1枚1枚現像していくのならまだよいが、多数の写真を一括してJPEGに現像したい…という時には使えない手段。うーん。しかもどうもR-D1のICCプロファイルはPhotolierが使っているのとは別っぽいし…。

やはりPhotolier独自のプロファイルか?

まぁそんなわけで、R-D1の現像はPhotolierでやるしかないなー…ということに。…でも結構あれ、使いにくいんだよな(^^;)。妥協してCaptureOne。やっぱAdobeBrigeとCameraRAWが使いやすいんだよなー。なんとかなんねーかなー。

2008/05/10

遠のくフィルムの足音

富士フイルム、「110フィルム」の販売終了

110フィルムって何かと思ったけれど、「あ~る」でまことがいつぞやの撮影会に持ってきたカメラで鳥坂さんを唖然とさせたあれのフィルムか(^^;)どういう例えだ。

あのフィルムは…まぁいいか(^^;)ぉぃ。


しかし大丈夫かなぁ…、他のフィルム。ポラロイドのインスタントフィルムがもう無い…ってのが信じられないしなぁ(一応夏まで生産するんだっけ?)。SX-70…どうしよう?元々使用頻度も低いし、誰かに譲った方が良いかしら?

あるいは万円単位でフィルム買い込んで(結構高いフィルムだけれど、箱買いすると結構割安になる)、使える限りコミュニケーションツールとして使用して使い切った(?)方が良いかしら?


他のフィルムも色々あるけれど、だんだんと廃止されていくのかねぇ…。

35mmは残ってもらいたい…けれど、それは心配ないか。使ってないけれど、ブローニーとかも大丈夫かしらねん?

他でなくなって困るのってあったかな?>をれ

…APS…は、どうでも良いか(^^;)ぉぃ。

あとあれだ。規格自体が残っても、種類が減衰していくのが…なぁ…。いや、まぁ、別に好みのフィルムがあるってわけでもないのだけれど(^^;)。

…意外と、フィルム無くても大丈夫な人種か?>をれ(^^;)

脚の使い方

久しぶりにGパンなんぞをば購入したが、…相変わらずだなぁ…ということが。

いや、ウェストは珍しく細くなっているんですよ、計ってみると。だから小さいサイズで良いのかな…と思って試着室で試着しようとすると、太ももに引っかかってはけないのですよ。…脚がだいぶ太くなってますな。

おかげでズボンのサイズは変わらないままです(^^;)。まぁ、胴回りにシワが出来まくっておりますが…。とほほ…。


このネタではもう1点。やはり利き脚の右脚が明らかに太い。Nashさんもそういう非対称に悩まれていますが、確かにこのアンバランスは色々と問題。走行時も意識して左脚を使わねば…と思うわけですが、ふと気が付くと、右脚が…(^^;)。

もうハーフクリップもあるんだから、一度右脚を縛って、左脚だけで走りに出てやろうかしらん(^^;)ぉぃ。

2008/05/09

輪行本3経過情報…っつーか、なんつーか…

相変わらず輪行本3のネームで唸っています。実をいうとまだネームではなく、プロット段階ですが(^^;)。

ただ、少し光明が見えてきたかな…という感じ。もう少し、ファミレス等でフリードリンク片手に唸ればなんとかなるかなぁ…という気が。

同人誌だけに一人で唸って苦労しなければ…と思っていますが、週間天気予報を見てみると次の土曜は雨模様、でもグーワタナベにサドルバッグを作りに行く…ってことで、自転車乗らずに吉祥寺に行く予定。

つまり、X61Tとかも持って行けるし、更にはtoMoさんとご同道してもらえるし、一服するときにちと相談…というか、編集会議につきあってもらえないかなぁ…とか思ったり(^^;)。


いずれにせよ、平行して表紙くらいは描き始めないとな。写真選びから入るから。あ、でも川越(北)、江ノ島(南)ときているから、次は西か東か。…何か適当な写真、あったかな?

無かったら…表紙用写真撮影走行とかしないとな(^^;)。


ネームの話に戻せば、ちとX61Tの画面が狭いのがツラい。複数の資料を見比べながらのテキスト作業ができない。

いや、SXGA+の画面が狭いということは無いのだが、どーも愛用しているソフトが複数起動に対応してない、もしくは同時に複数のテキストを表示できなかったりするので、やりにくいというかなんというか…。

無理くり色々なソフトを立ち上げて画面に表示させていますけれど、微妙に不便というか、右脳の活動が微妙に阻害されるというか、無理やり難癖付けて逃避しているというか…(^^;)。

…がんばらねば(^^;)。

歩行者天国の通過の仕方

秋葉原の歩行者天国 もう一つの「暴走」

耳が痛い。

個人的にはやってないし、友人とそこを走るときには「歩行者天国は自転車走行ダメなんよ」と促すが、知らない人にまではどうこうしてないしなぁ。しても、憂鬱になりそうだしなぁ(^^;)。

アキバがどうこうではなく、歩行者天国は基本的に自転車走行不可ですわな。銀座も厳しいです。歩行者天国区間まで走り、ちょっと入り込んでさぁ降りようとした瞬間に「ここで乗っていてはいかん」的に怒られます。素早いです。乗り降りが素早いBSMでも間に合いません(^^;)ぉぃ。

人の密度とか、その他の問題とかが多い秋葉原では、入り口付近での対処が追っつかないんだろうなぁ。で、中で走られてしまうと、注意が追っつかない…と。


いずれにしても、自転車が「軽車両」という認識が無いのが問題なのだろうし…。うーん、自転車が「歩行者と同等」と乗り手に思われ続けるのも困るし、乗らない人が「自転車は迷惑なもの」と思われるのもなんだしなぁ…。

なんかしたいものだね。どうすれば良いか、具体的に思いつかないけれど(^^;)。大体、日曜なら郊外に出かけたいし(^^;)ぉぃ。

2008/05/08

ちと意見を聞かせてください

自分で原稿を描くんだー!…とか言っておきながら、ちと皆さんにお伺いします(^^;)。

輪行本3では自転車の買い方講座ということで、お店の選び方とかからなにかしらの解説を考えているのですけれど…その中で「自転車屋も色々ある」ということを示すために「分類」を考えているのですが…以下のような分類でどうでしょうねぇ(^^;)。

どうも世の中には明確な分類が無いようです。…ので、おいらが無理くり、勝手に分類してしまいました。業種的に分類するのもどーかと思いますが、ある意味初心者に安心してもらえるよう、タイプを見極めて…って説明しやすい方が良いのかな…と思うわけですよ。

ただ、自分の知っている範囲でしか書けないのでどーにも…。

まぁ、分類して、どの分類を選べ!…とかそういう話ではなく、まぁいろいろな自転車屋があるので、これは参考程度に覚えておいて、まずは身の回りの自転車屋を調べてみるといいよ…という話をするための材料なので、そう詳しく、正確でなくても良いと思っていますが(^^;)。

ただ、工賃の違い、修理の受付優先度の違い…とかはジャンル別になりそうな気もするので、ある程度は目安としてきちんと機能させたいという思いもありますし…うーん…(^^;)。


○大型専門店
Y'sROADなど、いかにも「自転車専門店」であり、大型の店舗を指す。
・取り扱いが豊富、ママチャリは含まれない。
・修理は自社販売優先。

○大型汎用店
店舗規模は「大型専門店」とほぼ同一ながら、扱う自転車はママチャリ中心。サイクルベースあさひなど。
・取り扱いが豊富ながら、ママチャリ中心。若干輪行本向きの自転車の取り扱いもあり。
・修理は自社販売優先?持ち込み等格差無し?

○小型専門店
扱う車種は専門的なもので多岐でも、店舗自体は小規模。ローロ、サイクルハウスしぶやなど。
・ノウハウが豊富。ちと込み入った改造なども店により可。
・修理は自社販売優先。

○スポーツ専門店(スポーツ小型専門店)
店舗は小規模ながら、ロード系に充実した品揃え。なるしまフレンドなど。
・取り扱い範囲内にはとことん充実。
・修理は自社販売優先。スポーツ車限定など。

○町の自転車屋(小型汎用店)
文字通り町の小型店舗、自転車の販売と修理を扱う。
・取り扱い自転車の種類は少数で、ブリジストンやパナソニック等明示してあるところのみ。リサイクル自転車なども含む。
・修理は自社販売、持ち込みの別無し。ただし、車種・トラブルによっては対応しきれない場合あり。
・修理は自社販売優先の場合もある。

○修理専門店
販売は行わず、あるいは小規模で、修理を主に行うところ。
・修理は自社販売、持ち込みの別無し。ただし、車種・トラブルによっては対応しきれない場合あり。

○DIYショップ併設店
ビックカメラ、オリンピック、D.I.Y.ショップ等大型ショッピング店に併設される自転車屋。ただし内容は小型汎用店に近い。スポーツ専門店よりの取り扱いがあるかもしれない。
・修理は自社販売優先。

○特殊専門店
実は特殊でもなんでもないのだけれど、フレームから自転車をオーダーメイドするお店とかをさす。輪行本から取っつく人には一番敷居の高いお店。…アマンダとか?
でもベロクラフトを考えると、敷居高いと思えないけれど(店の雰囲気とかの話ですが)

○複合店
和田サイクルのように、基本「町の自転車屋」なのだけれど、小型専門店でもあるところ(自転車修理の取り扱いが町の自転車屋並))。またはベロクラフトのようにオーダーの自転車だけでなく、市販車の販売もメインっぽく行うところ。

○その他
以上の分類で分けきれないところ。


○通販店
通販専門店、もしくは自宅から遠すぎて、通販しか申し込めないところ。


…こんなところかな?区分の仕方は私見が入るのは仕方ないと思うけれど、漏れがあるのが怖いのでごわす。

ううう、

地震にたたき起こされてから、目がさえて眠れない…。あうぅぅぅぅ…。

2008/05/07

鎌倉-佐島輪行計画

そろそろ具体的に考えないとね。一応日付は以前に5月17日(土)とアナウンスしておりましたので、それでよござんすか。

で、内容は大体、

・鎌倉まで輪行し、鎌倉駅に集合。
・そこからは自転車で移動、佐島にお魚を食いに行く。
・ふたたび鎌倉まで移動して輪行で帰宅。もしくは鵠沼海岸まで移動してかき氷デザート、帰宅。

こんなところですか。魚屋の詳細はコメント欄にDFRさんが書いてくれる、きっと示してくれると信じてる(^^;)ぉぃ。魚屋…というかそれに付随する食堂を想定していますけれど、ひょっとすると携帯コンロで海岸であぶるかもしれませんよね(^^;)。

まぁそういう食事の形態はともかくとしても、スケジュール的には10時くらいに鎌倉集合か?1~2時間で佐島に行けば、お昼にちょうど良い時間ではないかと。

…とりあえずこれだけ決めておけば、あとは「いきあたりばったり」で良いよね(^^;)。


ちと心配事はルート上、ちと起伏がある…ということで、少なくともギア車でないとキツいかも…と心配しています。まぁ、急勾配のある部分はそんなに長くないと思いますが。

とはいえそういうところを走って運動すれば、メシも美味いことかと(^^;)。

…というわけで参加者募集。まぁ、少人数で小回り良く…でもいいですけれど、人数多くなって困るということもないでしょう(楽観主義)。

基本輪行出来る人募集というところですけれど、鎌倉駅前にはレンタサイクルもありますので、自転車持ってない人も鎌倉駅前から走ると言うことも可能かと思います。もっとも、普通のレンタサイクルはママチャリとかでどうかと思うわけですが、電動アシストを貸し出してもらえるところもあるので、そこを利用するのが打倒かなぁ…と思ってますが、どですかね。

デザイン的にはママチャリですが、登坂能力はありますからね。

1時間500円くらいなので…総ルート5~6時間…くらいになるのかな?そういう費用でも良ければ…。どうですか?>自転車の旅未経験者

まぁ、おいらの友達はのきなみ自転車買わしてしまったので(^^;)ぉぃ、普段輪行してない、最近してない方々になるとは思いますが。

2008/05/06

欲しいものリスト、その後

時々思い出さないと、物欲自体を忘れてします。…いや、忘れていて良いような気もするが(^^;)。


まずコンデジ。まーだ決めかねていたり。まぁ、カテンザ買ったりしてお金が無いので、「これ!」…と決まってもおいそれとお金出せないんだけれどね(^^;)。

まぁともかく、第一候補かな…と思っていた「FinePix F100fd」だけれど、ダイナミックレンジ関係は確かに違いがあることはわかる。わかるのだが、おいらの用途でこだわるほどの機能ではない…ってことが判明。

プリントアウトして、しかし白飛び・黒つぶれをしているところを見せたくない…って写真品質をこだわる見せ方をするならもちろん良い話だけれど、ただ、コンデジにそこまで求めていない私。

そういう用途はM8などに任せ、コンデジはメモ用途…と割り切ると、そこまでは…と。いや、細かいディティールの再現までに至る機能だったら話は別だけど、そうでもなさそうだし。こだわっても良さそうだが、盲目的になるのもどうか…といったところか。

とはいえ、別にF100fd自体が候補から外れるという意味ではない。そのほかの機能も充実しているし、これはこれで。

ただ、そういえばチェックするのを忘れていたニコン系をなぜか思い出す。

【新製品レビュー】ニコン「COOLPIX S600」
~キビキビした動作の28mmレンズ搭載モデル

基本的な機能は押さえていると思う。特色としては安さと起動速度の速さ。それは、メモ用途とすると結構重要だと思う。なにより、

> 無骨だけど芯の通った職人気質。S600はそんなカメラに感じた。

そう言われると惹かれるな(^^;)単純。

…とか言いつつ、リコーのR8にも惹かれるし、あとパナのDMC-FX500だってあるわけだし…。てんで絞りきれない(^^;)。

メモ用途のコンデジ…と考えると、混戦して選びきれない感じ。


そこで趣向を変えて、もちろんポケットにはいるようなデジカメ…というところは変えないんだけれど、そもそも自転車でM8とか運ぶのが面倒な部分もあるので、持ち運びはしやすいけれど、M8等の代わりにもなるマニュアル重視なカメラ…という基準にすると、価格がこなれてきたG9が最有力選択肢。

性能と言うよりは操作性の方になるけれど、出先で撮影自体を楽しむ…というのなら、先のコンデジよりもだいぶ多彩になるわけだ。

ちっと考えるところでもあるけれど、とりあえず資金がある程度できてからの話だけれどね。それまで、G9の在庫と値崩れが続いていてくれるかどうか…(^^;)。


あとはカテンザとかOfficeとか手に入れちゃったから、

○バッグ
○M8用35mレンズ
○NAS・ギガビットイーサ環境
○地デジ視聴・録画機能付きPC

こんなところか。新しいエントリーが無いな。いや、無理してエントリーさせる必要もないが(^^;)。

あ、いや、

○三ヶ島のビンディングペダルとシューズ

カテンザのおかげでこれもエントリー…か(^^;)。

GWの過ごし方

ほとんど外に出かけていません。

いや、お金がないから(^^;)。

…というか、休んでいて気がついたのですが、やっぱ毎週末自転車で出かけてばかりいると、結構体に疲労がたまっていたようで、あまり出かける気になりません。

もちろん「走れる時に走る」というコンセプトもあるにはあるのですが、「休める内に休む」ということも逆に必要でしょう。運動が体を痛めつけて再構成を促すと言うことなら、その再構成期間が必要なわけで。

そういえば何かに書いてあったような気がしますが、本当に運動しまくったら、逆に1ヶ月間、必要以上に体を動かさない休養期間を設ける…という必要があるとかないとか。

まぁそれはアスリートの話だったかと思いますが、素人のおいらでもあえて体を動かさない休養期間が必要かなぁ…と、あえてGWをそれにあててみました。

もっとも、1日ほどサイクリングを設けていましたが(^^;)、雨で流れてしまいました。とほほ…。輪行で、ならし運動にはちょうど良いと思ったんだけれどなぁ。


ともあれそんなわけで、ゆっくり休養期間なわけですが、うっかり創作活動も休養してしまいました(^^;)。輪行本3のネームが進まねぇ進まねぇ。

これは休んでいた…というより、どーしてもうまく進行を設計できない…ってところが問題なのですが。一応考える時間も設けていたりしたのですがねぇ…。

しかしそれ以外の創作活動もなぁ…(^^;)してねぇ。

まぁ実は一枚だけ描いてみたけれど、GW前よりは筆の走りが良くなっていたような。休みの成果が出てきたか?

GW明けたら、がつがつ創作できるといいな…。

2008/05/05

サイクルコンピュータの入手性

ブリヂストンのEMETERSが手に入らなくて困っている。

例の、走行距離等データをSNSにアップするあれなのだが、なぜかY'sROAD系に無い。しょうがないので通販でも…と思ったら、売り切れが多い。

…売れているのか?

それでも通販可能なサイトを見つけたが、その後ごたごたして後回しになっている。…カテンザに付けたいんだけれどなぁ…。空転しないし、ケイデンス要らずの信頼できるデータ…ってことになるのかしら…と(消費カロリーとか(^^;))。


まぁ、それだけそういうデータの使い道を悩んでいた人たちが多かったのかなぁ…という気もするし、コミュニティとして成立するのか、そちら方面の興味も沸いてきた。

…というところで秋葉原のヨドバシに大量にあるとの情報をいただいた。よっしゃー!…と思ったが、当面秋葉原に行く用事や時間が無いんだよなぁ…(^^;)しまった…。


まぁ、いずれにしろ、金額が金額なので、すぐには買えないんだけれどね(^^;)ぉぃぉぃ。

謎のベロクラフト

そういえばここのところ、「ベロクラフト」で検索に来られる方が多い。

例の三鷹と吉祥寺の間の自転車屋さん。関戸橋フリーマーケットの帰り(?)に寄った時の記事がヒットしているらしい。

まぁ、おいらも検索してみたけれど、当時は本家ホームページも無かったようなので、今でも内容ならおいらのようなつたない記事も参考にされるしかないですわなぁ(^^;)。

でも、家が近いなら、ぶらっと言ってどういうお店か、話聞いてみる方が早いと思いますぜ。そんな敷居の高いお店ではないし。

単に「ここはどういう自転車を扱うお店なんですか?」「クロスバイクの修理とかもしてくれます?」って聞くだけでも十分でしょ。

そうして手持ちの自転車を持ち込んでいるうち、店内の自転車に惹かれはじめ、やがてそちら方向に…いらしてくれるとうれしいな。

…って、なぜおいらがそう誘う(^^;)。

…ツーリング車本とか描いた方が良いのかな(^^;)ぉぃぉぃ←注:拝御はそういう車に一切造詣はありません。


#それにしても「ツーリング車中心店」だったのか。そーかそーか、そう言われるとイメージが合うなぉぃ。

2008/05/04

輪行本3の苦難

ネームで詰まっています。

おそらく家で書いていても煮詰まるままなので、X61T持って、適当にファミレスでネームをひねり出すしかないでしょう。

実は人に相談したい気持ちもあるのですが、大体コンセプトが固まってきたので、専門的なこと以外はあとは自分の頭からひねり出してなんとかネームを完成させようと思っています。

How toものなので、ネームの構成は山ほどあるわけですが、あくまで拝御としてのネームにこだわらないといけないでしょう。同人誌ですし。

本当の商業ベースなら少なくとも編集さんとかと組んで模索していくところなのでしょうが、あえて同人誌らしさを追求しようかな…。

あくまでおいらの考えとしての自転車の購入の仕方。

ただ、同人誌に慣れている人ならそういう「個人の本」というのは簡単に理解してくれるとは思うけれど、そうでないと一般の本と同じく文責を問われかねないような…。

もちろん、自分の考えには自信を持つけれど、この本自体が唯一の解というわけではない。そこら辺はしっかり把握してもらわないと…ということで、最初のページにはそういうお断りを入れるつもり。

まぁ、既刊の輪行本にももう入れてありますが。

人によっては責任逃れに取られかねないかもしれないが、あくまで「1冊の本」としての立場を明示することも必要なので、今後もその注意書きは忘れない。

…っていうか、そんな心配する前にネームを完成させないとねぇ…(^^;)。

2008/05/03

当たり前といえば当たり前なんだけれど

ここのところRAW現像をAdobeBrige、つまりAdobeCameraRAWに頼りっきりだったのだが、ふと思いついてR-D1だけはEPSONのPhotolier、つまりR-D1専用RAW現像ソフトに頼ることにした。

どーもCaameraRAWで現像すると、特にR-D1の撮影画像が妙に赤かぶりしているように見える。

M8はCCDの手前に赤外線カットフィルターが装着されていないのは常日頃書いている通りなのだけれど、実はR-D1も薄かったりする。…ので、それが原因…と思っていたのだが、でもだったら前から赤かぶりしていてもおかしくないよなぁ…という気が。

で、ふと思い立って、先のソフトをインストールしたわけだ。するとそちらで現像する限りは、これといった赤かぶりは見受けられなかった。当然、赤かぶりやろ?…と思っていた写真を現像して…だ。

まー、ちゃんと設定してなかった…と言われればそれまでなんだけれど、しかしCameraRAWではカメラのICCプロファイルとか読み込む機能が無いのよね。

とりあえずCaptureOneをインストールすると、その辺のICCプロファイルがセットアップされるせいか、M8の分までPhotoShopCS3でICCプロファイルが読み込めるようになる。ただ、あくまでPhotoShopCS3で設定する話なので、CameraRAW自体ではそこら辺の設定が行えない。

1枚1枚現像していくのならまだよいが、多数の写真を一括してJPEGに現像したい…という時には使えない手段。うーん。しかもどうもR-D1のICCプロファイルはPhotolierが使っているのとは別っぽいし…。

やはりPhotolier独自のプロファイルか?

まぁそんなわけで、R-D1の現像はPhotolierでやるしかないなー…ということに。…でも結構あれ、使いにくいんだよな(^^;)。妥協してCaptureOne。やっぱAdobeBrigeとCameraRAWが使いやすいんだよなー。なんとかなんねーかなー。

2008/05/02

メールの謎

ある人のメールがいつも読めない。

非常に謎なのだが、OutlookでDTIのメールサーバを読みに行くと、なぜかその人のメールが読めないのだ。

迷惑メールに分類されているだけならまだ話もわかるのだが、そちらでも受信していないし、どこかに仕分けされているようでもない。

受信してないならずっとそのままわからないまま…になりそうな話なのだが、G-Mailでは受信できていたりする。ふらっとEM-ONEでメールの受信確認をすると、そちらでメールを確認できるわけだ。

しかしG-MailはDTIのメールサーバを読み込んでいる、Outlookと変わらない設定のハズだが?

もうなにがなんだかわからない。とりあえず仕方ないので通常はモバイル端末でしか使わないG-Mailだが、PCでも定期的にG-Mailを確認し、特定の人のメールがあれば自分宛に転送してOutlookで読み込めるようにしている。当然、差出人ソートなどできなくなるが。

別に素性の悪いドメインでもないのだけれど、この現象が気持ち悪くて仕方ない。しかし確かPutlook2003でもその人のは読めなかったような。2007でも改善してないし…。いったいなにが…?

2008/05/01

BSMの一つのソリューション

ちょっと自分メモ。

以前からBSMのフロントディレーラーには問題があると書いている。

具体的には、後部サスが沈むとフロントディレーラーも一緒に沈み、チェーン・フロントギアとのクリアランスが変わってしまう。自転車のメンテは基本的に自転車に体重かけずに行うわけで、しかし乗って体重がかかるとディレーラーのセッティングが結果的に変わってしまう…というわけだ。

ディレーラーにとってそこらへんのクリアランスは非常に重要で、ギアシフトに支障が出るばかりか、最悪パーツを傷めかねない。乗ってからわかる悩みというやつだ。

まぁ慣れてくるとそこら辺を最初から鑑みて調整するので、結果的には他と変わらなくなってしまうのだが。やはりスマートにメンテナンスできるなら、その方が良いなぁ…。でも解決手段が無いなぁ…と思っていたら、こんなページを見つけた。

ブリヂストンモールトンの改造

このページの中のフロントディレイラーアタッチメントというのを使えば、問題は解消しそうだ。

さすがに2万円は、単純な絶対値としておいそれとは出せないが、BSMに乗っていればそれだけの価値はあると思う。いずれは手に入れたいな…

なんか、取り付けが大変そうな気がするのだけれど…(^^;)。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »