2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 動画キャプチャーソフト品定め中 | トップページ | 近年まれに見る疲労度 »

2008/04/10

カテンザ所感

まずフレームの印象。…太い。これでもかっ…ってーくらい太い。まぁ普通の人や普通のサイクリストには、「競輪と同じ仕組みの自転車のフレームに、ここまでの太さは必要ないよな」と間違いなく思う太さ。…いやぁ…、まいったな(^^;)ぉぃ。


そしてデザイン。個人的にはあのダウンチューブのカーブが気に入っているのだが、全体として、スローピングのキツいあのデザインは賛否両論だと思う。ただ、実物を両目で見ると、意外に「ふつー」って感じですよん?一度見てみそ。

いや、おいらが、よく広告に出ているSサイズではなく、Mサイズを選んだということもあるんだけれど。一時、和田サイで「ちとこれはデカすぎるんじゃねーか?身長170cmではキツいんじゃねーか」と言われるほどの巨大感があって、でもまたがってみると全然そんなことなくて。色々、錯覚を生むデザインのようです(^^;)。

そんなわけで(?)、実物を見ると個性を発揮しにくいデザインなわけですが、代わりにボディカラーのホワイトが活きてきます。まぁさらに、これに見合うファッションというのが思いつかないわけですが(^^;)誰かコーディネートしてくれ。


そしてカテンザ一番のウリ、折りたたみ機構。六角レンチで折りたたむわけですが、これが結構簡単。まず付属のレンチが格好良い。結構良いモノ。ただ、車体に取り付ける部分がないので、サドルバッグ等が必要。

んで、折りたたみ自体は至極簡単。2カ所のねじをちろっとゆるませる。すると折りたためるようになるので折りたたむ…と、マグネットでくっついて、意外に簡単に離れない。

…以上、って感じ。

ただ、ハンドルが邪魔。これも六角レンチ1本で90度回ってくれれば話は早いのだけれど、なぜかそれは簡単にできない…ので、ステムごと外すことになる。これは六角レンチで出来る(^^;)。外したハンドルは適当に車体にくくりつけることになるのだけれど…これは付属のベルクロでできる(^^;)。

このときに右のペダルを外してベルクロで一緒に車体にくくりつけてしまうと、あまりはみ出しが無くなる。で、車体を袋にしまわないのであれば、前輪を接地して転がすことが出来る。後輪は固定ギアなのでだめ(クランクが回ってしまってあぶない)。BBの下に簡易スタンドがあるので、フロントギアを傷めることなく、折りたたんだまま自立できる。結構安定している。…と、こんなところ。

なんか気軽そうなんだけれど、一番の問題は折りたたみ機構のメインとなる接合部。折りたたむと結果、接合面がむき出しになるので、ここが汚れるとよくない。当たり前だがここにかなり力がかかるので、ゴミでも入っていた日にゃ、接合面がイカれてしまい、ガタつきにつながってしまう。これは接合部のねじにより疲労をためることになり、危険。別にずっと組み立てたままなら問題ないだろうが、折りたたんで保管する身としては、常に気を遣って汚れを拭き取るなり、注油するなり、保護するなりの対処が必要かも。

折りたたみの不満はそんなところかなぁ。まぁ、ハンドルも折りたたみに出来るなら手間も省けるけれど、そこまでする必要あるかなぁ…。こだわればそこまでやっても良いか…。なんか、良いパーツとかあれば…ね。

ただ、ステムごと外す…ってことに違和感を感じなければ、ストレートハンドル以外の選択肢も出てくる。ドロップハンドルはいずれにしろかさばるけれど、サイズの小さいドロップハンドルだったら、結構様になりつつ、折りたたみ時の収納は結構良いかも。径さえあえば、ブレーキレバーも交換せずに済んで、安上がりか?

まぁ、せっかく買ったグリップが高かったし、なにより非常に使い勝手(体重の支え)が良いので、当面こちらを使い続けますけれどね。本当に具合がよい。あ、でも若干ハンドル幅がデカいな。和田サイでカット機材、貸してくれないかしら?


固定ギア…は別記事で書いているのでさておく。ただ、リアは標準装備の18Tではなく、16Tにしてある。普通に18Tで固定ギアも仕入れれば良かったのだが、安いギアがなかったので、いっそのこと…と16Tにした。

…ら、チェーンがあわなくって、チェーンも交換した。…あ、トータルでは高くついたんじゃねーか?(^^;)まぁいいや

一応2T分重く、速くなっているはず。で、踏めない重さでもないし、ちょっとした坂も上れるので、今のところ不便はしていない。

問題はテンションで、偏心ハブで調整するんだけれど、これが簡単に調整できなさそう。クランク外して、専用の工具が必要そう。そういうの持っている人には楽しそうだけれど…むぅ、まだチェーンが少しでも傷んだら、即交換…の方が手軽だわ。


ブレーキ…は特に書くことも無し。ただ、ピストには必須だねぇ(^^;)。トラック走るだけなら当然要らないけれど、街中走るなら必須だわ。ただ、できるだけ、赤信号で止まる…ってのがわかっているシーンでは、足で止めるようにしよう。せっかくのピストなんだから。

でも危機回避では積極的にブレーキね。


あとはハーフクリップか。ペダルはあえて三ヶ島にして、クリップ前提のペダルをチョイス(ARMだっけか)。で、三ヶ島のレザーラバー付きのハーフクリップ。ストラップ付きのクリップはいざというときすぐ外せない気がするので、怖くてどーも(^^;)。

しかしハーフクリップといえど金属製なので、そこそこ力を伝えてくれていると思います…が、まだあまり使ってないので、引き足はこれから鍛えないとなぁ…といったところ。で、BSMにも使う…と。


…こんなところかな?

正直、普通のピスト車の方が勝手がよいと思うのだけれど、折りたたみ時の収納を見ると、これはこれで我が家に適正化されているなという感じ。どこまで走るか…は今度のおいら次第というところでしょうか。

今後の課題は引き足などおいらの問題を除けば、接合部の効率的なメンテ方法の模索、ハンドル幅の調整、サドルバッグ等多少の収納率の向上、サイクルコンピュータ搭載…といったところか。

最後のはブリヂストンの例のSNSに参加できるやつでやってみたいのだが、Y'sで取り扱っていないらしいので、どこで入手すれば…。意外にサイクルベースあさひで簡単に手に入ったりして(^^;)。

« 動画キャプチャーソフト品定め中 | トップページ | 近年まれに見る疲労度 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/40831037

この記事へのトラックバック一覧です: カテンザ所感:

« 動画キャプチャーソフト品定め中 | トップページ | 近年まれに見る疲労度 »