2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 小径ピストの具体例 | トップページ | とんぼ »

2008/04/20

長期計画…か?

まぁ、ピスト関係の話はなかなかに盛り上がって面白かった。TOKさんの考察をメインに、色々再認識とか新しく捉えられた話とかもあって、かなり有意義だった。

ちと小径ピストの実車体験とか、そちらの「実感」が無いのが残念だが、こればかりはどうしようもないかな…と思い、とりあえずこれらの話は一休みとするつもり。

輪行本3のネームとかに取り掛からないと。

無論、時間があれば、で、都内とか荷物が伴わないのであれば、カテンザピストで走るつもりだし、ピストとはこれからも付き合うし、BSMといった普通車(?)ともつきあう。

まぁ、まずはもう少し資料かな。いや、現在の情報を整理して、もっとネームの肉付けをしていくべきか…とか悩みながら書店へ。昨今、自転車関係の雑誌が増えてきたのは良いが、チェックが大変だ…とか思いながら立ち読みしてみたり。

…が、その中で一台のカスタム車に目が留まる。

ダホンのボードウォーク…みたいなホン・ソロをピスト化したものだ。それもハンドルも半端じゃない。どんだけ前傾姿勢よ、…というドロップハンドル。ブレーキもバーエンドに装着されている様。それであのボードウォークのフレームですぜ。何を知らないんだ(?)。

08042001

ただ、モールトンとか、トップチューブのある普通のミニベロのフレームのピストばかり(雑誌の写真で)見慣れていた身としては、なかなかに衝撃もの。ああ、こんなんでもいいんだ!…という、なにかの吹っ切れを自分にも感じてしまった。

そうかー、なんか適当なフレームで安く済ませてもいいかなぁ…と。ただ、さすがにボードウォークは怖いな。でも頑丈なのかな。どーなのかな?関戸橋フリーマーケットとかで適当なフレームを手に入れて、くみ上げていっても良いのかな…という気がしてきた。

そう、「安く済ます」ということを念頭にすれば、一応住処の駐輪場に置いておいてもいいかな…という気がする。駐輪場は家に無いわけではない。ただ、防犯を考えると安心できるところではない。ので、ベランダに駐輪しているわけだが、これだって数に限りがある。安く組んで楽しむなら、気楽に駐輪しておけるだろう。大体、小径のシングルなんて、だれも取りに来ないだろうし。

…とか思っていたのだが、もう一つアイディアが浮かんだ。…というか、前に冗談で書いたところなんだけれど。

トレンクル6500のピスト化。

もともと、我が家でのトレンクルの立ち位置は微妙だった。輪行はブロンプトンにはかなわないし、それ以外の走りはBSMなどにかなわない。

近所の散歩もブロでまったく問題ないし、走りようがないわけ。

ただ、「小径ピスト」という個性を与えられたら話は別。かなり面白いことになるかと。カテンザとカブるかもしれないけれど、タイヤ系と車体の大きさがだいぶ違うので、なんとか分けられるのではないかと思っている。

第一、トレンクルの改造としてはそんなに逸脱していないと思うわけですよ。トレンクルを乗りやすくしたいな…と思ったら多段化といった改造があるわけですけれど、せっかくの超軽量をロストするその手法に疑問をもっていたり(いや、悪くは無いですが)。

ピストなら軽量化を維持する改造だから、トレンクルの特色をそのまま残せる…ってもんでしょう。

問題はBBの位置、耐久性でしょうか。

ピストならいつもついてまわる「バンクしてクランクが接地して転倒」問題。まぁ、クランクを短くして、かつ「バンクしてカーブしない」ということを心がけるしかないでしょう。

耐久性については、パナのトレンクルのページに「適正体重は65kg」とあることに起因します。すでにそれをオーバーしている身でがっつがっつ走りこむような真似はできません。まぁでも先のボードウォークのドロップにもあこがれているので、ハンドルのアヘッド化、トレンクル改造定番のH型ハンドル、それをハンドルポジションチェンジャーなどでできるだけ下位置へ装着&前傾装着…なんてことをしてみたい(^^;)さすがにドロップは凶悪すぎるけれど、前傾は取りたい。

08042002 あとはまぁギア比はあまり凶悪にしない。上記2点の心配もあるので。まぁでも、「頑張れば30km/h」といったくらいにはしたい。

ともあれ、すでにあるものをピスト化すれば、それはそれで安上がりだろうし、駐輪場所の心配も無い。なにより、「ネタもの」という位置づけも生まれる(^^;)。どこかの超軽量のA…なんとかってのにTTハンドルをとっつけたのもあるしねぇ(^^;)ぉぃ。

まぁでもまずはあのタイヤでピスト化できるのか…ってのが一番の問題だよな。和田サイに聞くしかないか…。それとアヘッド化さえしてもらえれば、あとは自作でどーにかなるか?

別に今すぐどうこう…という話でも無いし、折を見て進める…って線かな。

« 小径ピストの具体例 | トップページ | とんぼ »

コメント

あぁ助かった。
これでOneWay化を担当しなくても良さそう・・・。
tikitは、出来れば普通のに乗りたいです。(^^;ゞ

拝御さんのトレンクル固定ギア化はまだ車体との方向性が破綻してないので、私の「ネタもの」よりは遥かに
まともかもしれません。w
ただ、やってる本人としてはけっこう真面目なつもりなんですよ。
確かに、結果はまったく伴っていませんが・・・。(^^;ゞ<結論は無駄カスタム(ぉ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/40909256

この記事へのトラックバック一覧です: 長期計画…か?:

« 小径ピストの具体例 | トップページ | とんぼ »