2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 使いこなすこと自体を楽しむカメラ | トップページ | 素人にも優しい輪行計画 »

2008/04/12

小径固定ギア…か

まだ数日しか乗っていない身で申し訳ないが、「固定ギアって面白い」と思う。もちろん色々なリスクを差し引いても…だ。

やみくもに面白がって危険性に背を向けるといずれ事故るし、おそらく被害はフリーよりもひどいことになる。…ので、つねに危険性を把握しなければならないが、固定ギアで得られる満足感や、普通使わない筋肉まで使う運動が楽しい。

もっとも、自転車を使う目的はあくまで食事等用事の移動手段なので、そのついでにしては…という位置づけに捉えて欲しい(^^;)なんだそりゃ。

まぁしかし、最初の盛り上がりが盛り上がりすぎるとその反動で落ち着きも早く来て、ブームの終焉か盛り下がり…と自分で勝手に誤解すると、またぐのも億劫になりそうな気もするので、そこは適度に自重して、なにより買い物の用事には積載量からBSMも持ち出さないといけないわけだし、臨機応変に使い分けていかないと。

花粉が納まってきたら、飯能岩倉ラインに行かないといけないしねっ!(^^;)

ただ、26インチの固定ギア車の乗り味はわかってきたが、気になるのは小径の固定ギアか…。同じなのだろうか?

固定ギア車は基本、ホイールの回転の慣性モーメントが働いてクランクにそのパワーがフィードバックされるイメージだったけれど、実際乗るとむしろ搭乗者の体重も含めた車全体の慣性がクランクに戻ってきている感じがする。

つまり、タイヤ径は関係ないのか?むしろ小径の方が加速しやすく、速度維持は車重が同じなら同等…ってことになるのか?まぁ、ギア比とかクランク1回転あたりの走行距離の設定とかも関係してくるので、さくりと答えは出ないだろうけれど。

ちっと実車に乗って確認してみたいものよのう…。

…ってところでふと思うのは、手持ちの車をさくりと固定ギアにできないか…?ということ。少なくとも感触の確認くらいで。例えばBSM。あくまで例ね。

まず当然ながら後輪は全交換。ハブとスプロケを専用のものにしなければならないし、当然リムもスポークを外して交換…ってのは面倒この上無いので、新たにホイールを作ってさくりと交換でしょう。

…しかし、基本、そんなものか?例えばチェーン。当然フロントとリアのギア数にあわせなければならないけれど、どのみちエンド部の調整ができないのでテンショナーが必要だし、それはそれ、リアディレーラーにやらせちゃう…ってのは(^^;)。

まぁ、位置関係の微妙な設定は本来は必要でしょう。でないとチェーンに常に横方向の力が加わり、傷むし、パワーロスにつながるし。ただ、あくまで一時の確認とすれば、とりあえずそれで走れることになるのかな…と思ったり。

ただ、実は一番の問題はクランクだろうと思う。

固定ギアは走行中は当然クランクを回し続けなければならないし当然カーブの途中もそう。そして平地でバンクした日にゃ、下手するとペダルが地面を削る…というケースも十分考えられる…のでは?

…となると、短めのクランクにしないといかんのでは?回しやすさも考えないと。そことタイヤ径から適切なギア比を算出して、フロント・リアの設定をしなおさないといけないのでは?つまり全とっかえ?

…面倒(^^;)。

まぁ、大変ってことはよくわかった。あくまでおいらの想像だけれど。しかし小径固定ギアの疑問に変わりは無いので、やはり誰かに試乗させてもらいたいものよのう…。でもただの固定ギア車よりも存在自体が少ないんだろうなぁ。

やはり自分で用意したほうが早いのか。しかしBSMとかブロとかは常用車だし、そんな用途に回せな…あ、トレンクルが…(^^;)。

« 使いこなすこと自体を楽しむカメラ | トップページ | 素人にも優しい輪行計画 »

コメント

>乗るとむしろ搭乗者の体重も含めた車全体の慣性がクランクに戻ってきている感じがする。
当たり前じゃん


>エンド部の調整ができないのでテンショナーが必要
つ 偏心ハブ

一番ポピュラーで安全な方法はWhite Industriesの偏心ハブでしょうね。
BikeFridayでもこれです。私もグランテックで使ってますがテンション調整も簡単で見た目もグッドです。
あとは今のホイールのフリーボディーをSurlyのFixxerに交換してしまう手もあります。
ただこちらはテンション調整機能は無いので別途何とかしなければなりませんが。

固定の場合、回転するホイールの慣性力に助けられる訳ですがそれ故に大口径ホイールでないと
意味が無いように言われてます。
でも小径ホイールって案外と重いのですよ。
なのでその重さから来る慣性力はそんなに変わらないかもっということで私も興味津々ですよ。

上の書き込みは「とりあえず感覚を試すために、必要最低限のパーツで」ということであるので、そこまでは…(^^;)>偏心ハブ。

ただ、もちろん本格的に…って話になれば必要になるでしょうが…BBとエンド部の間にサスが介在しているBSMにはやっぱテンショナーでないと対応できないような気も…。

まぁともかく、ここのところ乗っていての感覚としては、「ホイールの慣性力」というより、「車全体が前に進む慣性力」という感じがしているので、ホイールの大きさは意外と関係しないのでは…と思うわけですよ。

ただ、それを試すにも、色々と難しいわけで…(^^;)。大体、それでよかったとしても、今の持っているBSMを固定ギアにするつもりも無いし、新しい車をおろす余裕も無いし(^^;)。

社会人ならば,感覚論ではなく定量的に語ってみる.(笑)

学校の理科の授業によれば,物体が持つ運動エネルギーは,(1/2)mv^2 (= 速度×質量).
同じだけ加速または減速する場合は,速度の2乗と質量に比例するしたエネルギーが必要となります.
ここでの質量は(当然ながら)自転車の質量とライダーの質量を合計なので,つまり,自転車+ライダーの質量が重いほど,加・減速にはたくさんのエネルギーが必要となります.
そして,物体の運動エネルギーの変化(加・減速に必要なエネルギー)は,物体に与える仕事量(力×時間)に等しくなります.固定ギア車の場合は,クランクに対して脚力を一定時間加えることで必要な仕事量(=運動エネルギー)を入力します.先の説明ではこのエネルギーは自転車+ライダーの質量に比例しますから,一定時間で加・減速を完了するために必要な力にも自転車+ライダーの質量が影響します.

>固定ギア車は基本、ホイールの回転の慣性モーメントが働いてクランクにそのパワーがフィードバックされるイメージだったけれど、実際乗るとむしろ搭乗者の体重も含めた車全体の慣性がクランクに戻ってきている感じがする。

(使ってる言葉はともかく)「イメージ」は正しいです.

>つまり、タイヤ径は関係ないのか?むしろ小径の方が加速しやすく、速度維持は車重が同じなら同等…ってことになるのか?まぁ、ギア比とかクランク1回転あたりの走行距離の設定とかも関係してくるので、さくりと答えは出ないだろうけれど。

エネルギーに関係するのはあくまで質量なので,「タイヤ径は関係ない」は正しくて「小径の方が加速しやすく」は間違いです.

但し,タイヤ径が小さいとトルク面で有利なので,仮に 700C等とギア比が同じ場合は全体的にローギア側に振ったのと同じ効果があり,加速しやすいように感じると思います.(700Cでもその分だけギアを軽くしてやれば,加速性は同じになります.) もっとも脚の回転数には限界があるため,直ぐに回しきっちゃって出力は頭打ちに(加速しない)なってしまいます.
もちろん回転体であるタイヤ+リム質量については,タイヤ径の違いによる慣性モーメント差の影響を受けますが,高々 数百グラムですから全体の質量からすれば誤差の範囲だと思います.(1センチで順位が入れ替わる競技レベルになると,これは無視できない(無視したくない)のでしょう.)

一方で,速度維持については「等速度運動」なので運動エネルギーの出入りがありません.車重に関係なく等しく「0」です.
但し,実際の走行では「空気抵抗」があるので,常に進行方向逆向きへの力を受けています.小径車・MTB・クロスバイクと,ロードバイクとの間では,実はこの差がでかい.特に前面投影面積が全然違う影響が大きく,結局,小径車や MTBは高速巡航は不利なのです.

実際,うちのロードと Gaap君とでは,下記のような感じです.
 ・最初のひと踏みは Gaapが良い
 ・ロードも適正ギア域に入ってくる ひと踏み以降は,抵抗の小さいロードの方が良い
 ・平地高速巡航は,抵抗の小さいロードのほうが楽
・上りも,車重が軽くて,力の出やすいフォームが取れるロードが楽

>固定ギアは走行中は当然クランクを回し続けなければならないし当然カーブの途中もそう。そして平地でバンクした日にゃ、下手するとペダルが地面を削る…というケースも十分考えられる…のでは?

小径車は概して BB高が低いので厳しいですね.うちのハンディバイクはしょっちゅうペダルが地面にキスしてます.
また,歩道側に寄りすぎて縁石の高くなってるとこにペダルが接触ってのも良くあるケース.
固定ギアの場合は「ペダルと地面が接触=跳ね上がって,即,転倒」なので・・・恐ろしい.(ガクブル)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/40843724

この記事へのトラックバック一覧です: 小径固定ギア…か:

« 使いこなすこと自体を楽しむカメラ | トップページ | 素人にも優しい輪行計画 »