2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

雑用巡り

08043001

前日の走行は雨の中断があって、60km程度。それでもなんか翌日、脚に負担を感じるのは引き足を使った走行だったからだろうか?

こりゃもう追い討ちをかけるべきかな…とMっ気を出してみたり(^^;)ぉぃ。

まぁ実は都内にいくつか用事があって、それをこなしに行こうとしていたんだけれど、前日の雨にやられたBSMがかなり汚れまくり、清掃してから出ないと走れない状況。仕方ないのでカテンザで出かけることに。いくつか買い物予定もあったので、ショッパーつけられる自転車の方が良かったのだが…。

あと、前日のこともあったので、走行ペースは抑え目。しかし常に一定の速度で走ることを心がけました。おかげで特に目立った疲労を迎えることの無い走行をできました…が、あまりに抑え目ペースが体に染み付いてしまったからか、いざ加速、いざ高速…という時に速度が出せない出せない(^^;)。

走り始めはあえてテンション高く、速度出した走行しておくのも必要かな…とも思ったり。

 

さて、用事の方。まぁ私用も多いので、詳細はさておいて。グリオットの件は書いたとおり。

他は…おいらにしては珍しく、初めて走行…というパレスサイクリングに便乗した、皇居前走行をしてきた。どうも全コース3kmくらいなのらしいのだが、それを知らずに走り出し、「どこまで続くねん!」…とちとビビったり(^^;)。

08043002 でも結構爽快で良いね。

08043003 無料貸し出し自転車もあるし、輪行に適してない自転車の人を連れてきて、一緒に走っても良いかもね。ママチャリかそれに近い自転車しかないので、鬱憤貯まって、輪行しやすい車に流すのが主目的(^^;)ぉぃ。

 

08043004 あと書けるのは…和田サイかな。ちらっと寄ったり。で、なぜか17BycicleのS-17というリカンベント車に乗せてもらったり。試乗ね。

これが和製リカンベントなのだけれど、特筆すべきは価格。6~7万円台だっけ?かなり安い。和田サイの試乗車はギア周りを中心にかなりいじってあるので、乗りやすく、また価格も高めになっているけれど、標準モデルの基本的な乗り味とあまり変わらないだろう。

そもそもリカでサイドハンドル(アンダーシートタイプっつーの?)だから、開放感が並みじゃない。リカの割には乗りやすく、しかしハンドリングが独特なので、転回など慣れが必要かもしれないが、個人的にはさくりと乗れた。

価格も安いし、駐輪場に置いておけそうな気もするので、ちと食指が…(^^;)。あー、でもいたずらとかされるのだろうなぁ…。珍しい外観してるから。

やはり駐輪問題が解決しないと、ちと手が出せないなぁ。近くの倉庫を借りるという手もあるかもしれないが、割高だしなぁ…。うーん…。

そう、この日和田サイには、自宅前の駐輪場にママチャリを駐輪していたら、いたずらされて、そういうことのないよう、自宅に持ち込める折り畳みを所望していらした方もいらっしゃった。駐輪に関しては無視できないものだしなぁ…。

その方はある意味、ネガティブな理由で折りたたみ小径車にいらっしゃったけれど、輪行は念頭になかったみたい。輪行本を使って勧誘してぉぃ、そういう世界を知ってもらって楽しめれば、いやな思い出も何かのきっかけだった…と昇華できたのかなぁ…といまさらながら振り返るんだけれど、おいらもいくつか用事こなして疲れていたし、その後の用事もあったので、特に何の活動もしませんでしたとさ(^^;)。ちと後悔。うむぅ…。

 

あとは…ああ、予約、しておきましたので>toMoさん。取っ手いるようなら別途連絡しますけれど?おいらも念のため、つけておこうかな…。

2008/04/29

雨の週末

08042901

久しぶりにお見舞いされてしまいました。

ここのところ飯能・岩蔵ラインに出かけていなかったので、ぶらりと向かうことにしました。当然買い物がメインなので、BSMにショッパーをつけて。ただ、久方ぶりのBSM。もともとギアシフト系の調子が良くなかったので、出かける前につらっと整備…のつもりでしたが、リアは比較的簡単に整備できたものの、フロントでハマってしまい、1時間以上費やされたり(それでも完全に調子が出ず、インナーシフトが上手くいかないままです)。おかげでだいぶ出発時間が遅れてしまいました。

それも影響したのかもしれません。

結局10時出発となりましたが、カテンザ購入の経緯で手に入れたハーフクリップなペダルを導入。引き足もいれると結構な速度が出て、早めに飯能に着きました。もっとも、朝飯食ってなかったので、途中で失速してましたが(^^;)。

それでも時間帯としては遅めなので、古久やはパス。燃料補給は四里餅1個のみとしました。

まぁそれは構わないのですが、そのあたりから雨がちらほらと…。天気予報では雨は夜から…という話はありましたが、山間部はもっと早めに降るかも…というピンポイント予報はありました。

とはいえ、小ぶりで予想されたし、実際小ぶりだったので、そのまま進行することとしました。で、たいして濡れることなく赤沢スイーツに着けたし。

赤沢スイーツは幸いにも、春ものの最後の日。春ものが出ている期間は短く、しかしスギ花粉と重なるので、こちらとしては入手しにくいのですが、今回はぎりぎり入手できてよかった。

で、飯能付近の美味しいお店談義や自転車購入裏話など、色々お話もしたり(^^;)謎。ただ、考えてみればもともと出発時間もアレだったので、楽しいお話もそこそこに次のお店に行くことにしました。

まぁ、「麦」なのですが、その手前にあるきのこ園で生しいたけを入手し、焼きしいたけを食いたい…ってのもありましたし。もちろんそこに行くには、山王峠を越えなければなりません。

考えてみれば、今までもこの峠を越えると、山を越えたように天気ががらりと変わっていたことが何度もあります。相変わらず小雨がぱらついているので、山王峠を越えるとさらりと雨もやむでしょう。

ハーフクリップがあるとはいえ、デュラエースのBSMにはキツい登坂をこなし、なんとか峠の頂上までたどり着き、さぁ、勢いに任せてくだりだーっ!と走り出した途端、サングラスの視界が閉ざされる。

本降り。

…確かに峠越えたらがらりと天候が変わりましたけどー。

08042902 あわてて数百メートル進んだところで見つけた雨宿りポイントにたどり着き、ちと雨宿りを。

しかし30分過ぎてもあまり様子が変わらない…。あれ?まだ14時とか15時。予報とだいぶズレているような…。あまりに僻地なので電波も届かず、アメダスも確認できない。

仕方ないので、濡れるのを覚悟で、しかし雨音が弱くなっているときを見計らって走り出しました。おかげで「ずぶ濡れ」まではいかず、ちらっとの止み間もありましたので、例のきのこ園までたどり着けました。そこではきのこスパゲティといった自転車の燃料補給に良さそうなメニューもあったりするのですが、なぜか臨時休業。仕方なく、まぁ一番の目的である生しいたけ詰め合わせは入手できたので良いのですが。

ちなみにこれを家で網焼きにし…ようとしたのですが、グリルコンロ用のそれしかなかったので、仕方なくフライパンにごま油を薄く敷き、それで両面軽く焼き、軽く塩コショウ。火からあげる直前にお気に入りのだししょうゆを軽くふり、香ばしさも引き出してみたところ、かなり美味。焼きしいたけというよりはソテーに近いけれど、美味いからいいや(^^;)。しいたけ自体もいい感じにうまみ成分が濃縮されていて、良かったですな。今度から毎度買って帰ろうかな。

まぁそれはともかく、ここら辺からソフトバンクの電波が入るようになってきたので、アメダスを確認。すると、関東地方はもう雨雲に覆われている有様。…おいおい、夜からじゃなかったのかよ。

一時的な降雨ではないと判断できたので、もう輪行帰宅に決定。ただ、最寄り駅まではまだ遠いので、そこまでは走らないと。これもやはり止み間止み間を縫って走るように。

…とか言いつつ、「麦」に到着(^^;)寄るところは寄る。すると、おかみさんがいらっしゃらない。あれ?おかしーなー…と振り返ると、左腕に三角巾をあてたおかみさんがっ!骨折となっ!あわわ、大変なことに。これはもう次回からカルシウム系のお見舞いをお持ちしなければ(^^;)いやほんとに。

各自も色々工夫するように。

普段だったらお茶もいただきたいのですが、そんなお体に負担かけても申し訳ないし、なによりもう16時も過ぎている、雨宿りしながらの身。ちょうど止み間にもさしかかっていたので、そこは早々に切り上げて帰ることにしました。

で、たまご倶楽部(^^;)寄るところは寄るっつーの。

ちょうど家でたまご切らしていたし、そろそろお気に入りのだししょうゆも切れそうだったので、それも入手。ここでもちらほらと話していたら「シュークリームも美味いよ」というお話。

いや、たまご倶楽部は最近店を改装し、そのたまごにものをいわせて(?)新メニューも作ってるのですよ。前にいただいたたまごロールも美味しかったのですが、他にプリンやシュークリームもあるとか。

じゃぁ一番お手軽そうなシュークリームを…と1個食べてみたら…美味すぎ。こりゃいいわー、もっと食いたいわー!…と追加して買おうと思ったら、食っている間に売り切れ(;_;)。くそう、次は俺が買い占めてやる(^^;)。

ちなみにプリンも美味しいのですが、たまごで美味いこちらもあれば、牛乳で美味い飯田牧場のジャージープリンもあるからねぇ。ちとどちらが一番とは言いにくい。…っつーか、2者が組んだら…?(^^;)なんのタイアップ企画だ

そんなわけで、あとは最寄の河辺駅に…行く前に、KOROMOに(^^;)寄るところは寄るっつーの。

考えてみると、古久やには寄れず、きのこスパゲティもゲットできず、シュークリームを腹に入れたとはいえ、まだまだ空腹のきわみ。少しは食べておかないと(^^;)。

で、KOROMOのメニューを確認してみると、思い出してみればコンブリオの方に「衣も美味しいけれど、自家製ラムレーズンがいいよ」という言葉にのっとってそれ中心にメニューも見ていましたが、改めてそのメニューを見てみると、ツナサラダがあったりと結構多彩。

そこらへんも注文しましたが、これもなかなかに美味。お菓子感覚ではなく、食事感覚のクレープともいった感じ。どうもアルコールとも合うメニューもあるらしいので、ちっとここだけで色々楽しむひとときというのも作ってみたい気が…。

08042903 あとはさすがに河辺駅に向かい、輪行で帰りました。さすがに慣れているので、輪行に際して特に記載事項は…。まぁ、荷物が多かったので、改札が大変でしたが(^^;)。

あと別車両にマウンテンバイク系の輪行者がいたような。…フロントフォークに見覚えがあるので、時々奥多摩方面に向かっている人なのだろうか?…まぁ、詮索しようがないのでこれ以上話はふくらみませんが(^^;)ぉぃ。

そんなわけで、本当はKYANDYにも寄りたかったところだけれど、断念。まぁまた別の機会にでも。

総走行距離はなんだかんだで60km。雨が降らなければ結構なアベレージいったのではないかと。あ、でもスタミナ切れていたか、途中(^^;)。また今度挑戦せねば…。

2008/04/28

どうしてもうかつ

ともかく学習能力が無いのかーっ!?…ってくらい、記憶力がないおいら。


まぁなんだ。たとえば最近の出来事で言うと、よく、Blogの記事も含め、ネームを考えるために家の近くのファミレスに行く。このファミレス、昼は良く混雑しているのだが、なぜか夜になるとたいがい空いていて、どこでも座れるようになる。

席が選びたい放題なので、机を広く使える、入り口から近くのテーブルについ座ってしまう。

するとどうなるのか。

ファミレスのすぐ前を武蔵野線が走っており、その下を道路が通っているガード下になっている。で、そこを自動車がくぐり抜け、登坂してくるわけだが、その角度がちょうどヘッドライトで店内を照らす具合になっている。

一部のテーブル席の話になるのだが、それがおいらが良く座る席にうまくジャストミート。どうしても視界にヘッドライトが入り、そしてそれが各テーブル席から見て横になるものだから、片目だけ照らされることになる。

変に片方だけ刺激されるモノだから、頭ん中がちらちらして創作活動にちっとも身が入らない。

まぁ、単に席を変えればよいのだが、ともかく着席時にいっつもそのことを忘れ、適当なところに座って、しばらくしてヘッドライトに照らされて思い出し悩まされる、学習能力のない自分にいらつくわけだ。

そのままさくりと席を変えればいいだけだとも思うけれど、毎度毎度というのもなんだしねぇ(^^;)。

いや、学習能力が無い訳じゃないんだけれど、「思い出す」ということが出来ないのかもしれない。

そう、思い出し方が悪いというか…、結構記憶はしている方なのだとは思うが、必要なときにそれを思い出せない…というか、思い出すという行為をしないというか、まぁ、思い出すのを忘れていることには違いないので、物忘れに同じことか…。いずれにせよ、客観的に「物覚えが悪い」ことに違いはないと思うけれど(^^;)。


そんなわけで、水曜どうでしょう DVD-BOX Vol.2を予約し損ねた(T_T)。

予約期間は結構長かったのだが、ひたすら忘れ続けてきた。日頃の習慣に「ローソンに行って予約する」という行為があれば別なのだろうが、そんな「習慣」世の中にあるわけがない。

ある時、気の迷いで思い出して向かったロッピーではもう、予約を受け付けてくれなくなっていた…。とほほ…。

まぁもう2度と入手できない…ということもないと思うので、どうにかなると思うのだが…。あるいは誰か、北海道旅行に行く方、いらっしゃらない?(^^;)ぉぃ


他の昨今の忘れごと事情としては、…衣服かな。春物を買いたいのだが、ユニクロあたりで。これもひたすら忘れ続けている。

衣服もあまり買う習慣がないから、どうしてもそちらに足が向かない。毎日は買わないしな。

ユニクロだけでなく、仕事のYシャツとかもそういえばここ数年新しいの買ってないんじゃないかしら。洗濯やクリーニングは忘れないのだが、いい加減痛んできたな。青木とかコナカとか行けばいいんだけれどねぇ…。

唯一のチャンスは関戸橋フリーマーケット後だったが、別件ができたしな。残念(^^;)。


忘れる忘れないの違いは習慣かそうでないか…という違いっぽいが、もっとも、習慣になったところで、忘れるものは忘れるんだけれどね。

たとえば毎朝のズボン裾のベルクロはよく忘れる。財布も時折忘れる。なんつっても会社入場時に必須のIDカードすら忘れるからね。

もう2001年から必須なのに、未だに身につかない

まぁ、さすがにそこは心得ているので、収納場所をカバンだけにしておくと、カバンを忘れない限りは困るということはない。カバンを忘れるということはまずないからね。

ま、ごく希にカバンを換えることはあるんだけれど、そういう時は大抵受付で代替カード申込用紙に記入するハメになるね(^^;)中身を入れ替えるという習慣がない。もちろん、そのまま3日ほど連続で忘れ続けることになる。


…とか、ネガティブなことばかり書いているけれど、意外と悪いことばかりでもないんよ、これ。いやなこともすぐ忘れられるし(^^;)結構ねちねち悩むタイプなんだけれど。

ま、だからおいらも生きていけるのかもしれないけれどね。


#もっとも、この記事自体書き始めてから途中何度も忘れて、仕上がるまでに結構な日数が…(^^;)。

フィルムのニーズ

ついにフィルムカメラ市場終焉 CIPAが統計発表停止

あう…。…つっても、別にフィルムカメラ、フィルム、現像そのものがなくなったわけではないので、これで落胆しきり…というものでもないわけですけれど…ねぇ…。うーん…。

このリンク先のコメントにある「銀塩の時には、一枚の価値が高かった」というのが感慨深いですな。

ただ、失敗を恐れずに撮れるデジタルで構図を模索していき、自分が操る色を自分でも自覚していける…ということもあるので、たとえ一枚が安くても、トータルとしては自分を高めてくれるデジタル様…と思うわけですよ、個人的には。

…で、それで培ったノウハウを銀塩でも試してみたい…という気が(^^;)。まぁ、いつも書いている通り、銀塩だと撮ったところで、見せるところが無いんですけれどね。

…とか言いつつ、ファイリングを持って歩くだけでも良いかな…という気に若干移りつつあります。まぁ、対toMoさん武装をしたい…ってことなのですが(^^;)謎。

しかしそうするとTC-1だと力不足だな。いや、そんなこともないが、広角だけというのも…。

やはり中古でもMマウントカメラを入手すべきか…(^^;)まぁ、口だけですが。

…Lマウントカメラだったら、すぐにでもどーにかなるかな?でも、被写界深度の浅い写真が撮りたいしなぁ…。うーん…。

2008/04/27

そして今、グリオット

ここを良く読む人ならわかってくれると思うけれど、念のために書いておくと「前フリ」が含まれている記事です。

必ず最後の「オチ」まで読んでください…と書いた時点でどうかとも思いますが(^^;))

 

以前、「グリオット」というドレッシングを紹介したことがあります。広島のスタジオ・グリオットというところのオリジナルドレッシングです。

昨年の話なのですが、そのときの記事ももう忘れ去られている昨今、もうすでに読まれている方もいらっしゃると思いますが、そこのスタッフの方から最近コメント欄に書き込みがありました。

…いや、あの、すでに昔の話ですし、昨今購入していないのですから、もう今更書かれても…。

さらに、今、日本橋高島屋のフェアに出展されている?いや、私の住んでいるところ、日本橋から結構離れているんですよ。電車で行けば交通費が。自転車で行けば、時間と体力が持っていかれる。

急に言われてもそうそう買いに行けないのですよ。フェア閉会も近いらしいので、のんびりもしていられないようですが。

そもそも、コメントにそういうことを書かれて、私がなにかするとお思いですか?

 

08042701

よくおわかりで(^^;)。

08042703 速攻で行きました。いや、切らして困って、そろそろサラダ食うとき物足りなくなってきたぞ、さぁ通販申し込もう…というベストタイミングでした(^^;)通販とか送料とか苦手な男らしい>をれ。

しかも都合の良いことにちょうど都内に行くところだったので、それにあわせて。自転車だけど。

まぁ、片道30kmくらい、どうってことないですから。…とか言いつつ、本当は積載量のあるBSMで行こうと思っていたら、前日の雨で汚れまくってしまったので、急遽ピストバイク・カテンザで出撃。メッセンジャーバッグに入る量しか買えないので、ちと不便。それでも賞味期限も考慮し、3本。消費量を考えれば妥当な量かな。

定期的に消費すると思うので、ちょくちょく売りに来てくれるとうれしいな(^^;)ぉぃ。まぁ、いざとなれば通販もあるからいいけれど。

しかしなんですか、どうも山本さんにも覚えていただいていたようで?前回の通販の時には別の方とやりとりしてましたけれど、それでも覚えていただいてうれしい限り。調子に乗って、これを使ったレシピとかも色々聞かせていただきました(^^;)白身魚のムニエルにあうとかショートパスタとか。なんかいろいろな魚料理に合いそう…。…佐島で使えるか?(^^;)ぉぃ

ちょっと持って行くだけ持って行って、試してみようかな(^^;)ぉぃぉぃ。

 

ちなみに、物産展好きとしてはこのグリオットだけでなく、他も巡って色々入手したいところでしたが、先に書いたとおり持って帰れる量に限りがあるので、これ以上はちょっと…。

08042702 …というところでねじ込んだのがこれ。「塩ぽん酢」。

別に普通のぽん酢に嫌気がさしているわけでもないのですが、ぽん酢でもなく、レモン汁でもない、微妙な違いのある風味が気に入って購入してみました。

牛タンとかあいそうだけれど、こちらも何に合うか…、色々試してみよう。…いや、佐島には持って行きませんが(^^;)グリオットより重いって。

ワンセグでビビる

おいらの場合、普段家でテレビを見るときは、モノラルだったりする。なぜか数年前からそう。

まぁ、自室用のテレビなんてそう大きくなくてもいいので、小さいテレビを選ぶと自然とモノラルスピーカーしかついてこなかったわけですよ。

まぁ、そんなに音質にこだわる身でもなかったので、てんでそういう音響環境に慣れて、そのまま映像作品を見てましたね。DVDだけはステレオスピーカーが付いているPCでしたけれど。

で、最近なぜかワンセグでテレビ番組を見るようになりまして、携帯で。まぁ昼休みの過ごし方…ってだけの話ですけれど。


当然自室ではないので、音は出せません。…ので、ヘッドホンで聞くことになります。当然ステレオ。

ワンセグで、Bluetooth転送でも、ステレオ効果は当たり前。効果音などもクリアに聞こえるものだから、見慣れた番組でも「おお、こんな効果音が入っていたのか」と驚いたり、CMの音楽に聴き惚れたりしています。

…いや、それだけの話なんだけれど(^^;)。当たり前すぎてコメントのしようもないような…(^^;)。


いずれ家の、部屋のテレビもいずれ地デジ対応にするし、そのときはモノラルではなく、ステレオにしなければ…(^^;)いや、モノラルにしようというのが逆に難しいかと…。


#そういえば気がついたけれど、時報がズレるのはデジタル放送の宿命としても、時刻表示もズレているのね。

いや、番組によるかもしれないけれど、デジタル放送の横幅の長い画面の端に時刻表示するのが普通だろうな…と思っていたけれど、比較的中心寄りなのね。アナログ放送の比率を考えた位置なのだと思うけれど、妙に中途半端(^^;)。

まぁアナログ停波後はキリの良い位置に行くのだろうな。…予定通り停波するなら(^^;)。

2008/04/26

大幅な変貌の兆し

…というか、すでに変貌しているのですが。

立川が。

立川といえばここ最近、ビックカメラか高島屋か伊勢丹か、サンモリノか陳健一の店しか寄らない身なので、それ以上のことはよく知りませんでした。

で、今年度一杯でサンモリノが閉店したり第一デパートがなくなったりするようなので、立川の常駐場所が無くなって困るような予感。

ともかく、立川で腹が減ったら「まずサンモリノ」な身としては、今後立川の食生活はどうするか…と悩みどころなわけです。当面はサンモリノに通い続け、飽きるようにしないといけないんだけれど。しかしなぁ。飽きないからガンプラの頃から通い続けているわけで…。至難の業だろうなぁ…。


ともかく、要するに新規開拓ですよ。基本、サンモリノのような庶民的なお店が理想的なのですが、武蔵野も閉店している状況から考えると、そんな理想も語ってもいられないだろう…と。


しかしサンモリノ、陳健一以外になんか一人でも寄られそうなところ、あったっけ?…と必死に思い返してみるに、そういえば立川の駅ビル(北口の方)の上~の方のレストラン街に、カレー屋があったような。

昔、横浜のカレーミュージアムで気に入った、カレーライスに卵のっけているようなお気に入りがあったような気が。

結構支店のあるチェーン店だったので、まぁいつでも行けるか…とサンモリノとかばかり行っていたので忘れていたが、あそこだって個人的には捨て置けない(^^;)いや、すっかり忘れていたけれど。

久しぶりに行ってみるか…とその駅ビルに登っていったらあらびっくり。レストラン街自体が無くなっていた。いや、完全にはなくなってはいないが、別の階にあった本屋が移動してきたりしていて、かなり様相が違う。当然、カレー屋も無くなっている。…あら~。

さらには、あの世界堂も隅の方に追いやられ、店舗自体も小さくなって…。あー…、もう画材という時代ではないのかしら?あるいはデジタル画材にやられたか?そうするとおいらも少し荷担したことになるな(^^;)ぉぃ。

しかしおいらも昔はアクリルやらガッシュやらで色々描いた身。ちと感慨深いものが…。とはいえ、復活しようとは思わないが(^^;)。写真なら、フィルムでも作業の大半をラボ任せなら自宅のスペースはそんな必要とはしないけれど、美術となると話は別だからねぇ…。

あと、献血ルームもどこかいっちゃったのね。

立川の駅ビル、北口方面は昔は結構通っていたので、内部構造は知っていたつもりだけれど、だいぶ改装しちゃったのね…。…TAKERUがあった頃が懐かしいわぁ…(^^;)いつの話だ。


ともあれそんなわけで、だいぶ昔からの立川が消えていっているな、変わってきているな…と実感することしきり。昔の装い…ってことで見るなら、最後の砦はひょっとして中武デパートか?ぉぃ

ともかく飲食店はあれだよ。チェーン店かオサレでこぎれいなお店ばかりになって、なんか逆にくつろげないよ。まぁ、美味しい店とかもあるので、まったく歓迎しないわけでもないけれどね。北口の駅ビルの1階のエクレアは絶品だった…。ちと高いけれど。

しかしそう考えていると、飲食店関係ではなんか南口すぐのラーメン屋が最後の砦という気がしてきた(^^;)。まぁ、あそこは別の意味での砦っぽいが…(^^;)ローカルだなぁ…。

2008/04/25

外付けHDDの使い方

ビックカメラにバルクのHDDを買いに行ったら、秋葉原価格よりも高い…のは覚悟していたのだけれど、結構許容できないくらいの差が…。

でもそれでも交通費と手間を考えてみたら、その差もだいぶ縮まるのだけれど。ポイント還元もあるし。あ、でもさらに考えてみれば、おいら、交通費、タダだな(^^;)。

しかし当面秋葉原行かないしな。とはいえHDDがなくてバックアップがないといざという時怖いし…。

そんなことを考えながらふと外付けHDDの棚を見ていたら、まぁ、そこそこ安い品物が…。もちろんケースは持っている。ただ、我が家でバルクのHDDを使用し、ありていのケースを使うと、電源が足りない…ということがままある。…ので、USBケーブル2本差しで、片方はデータ、片方は電力…という接続形態になる。

ただ、店頭のアイオーあたりの外付けUSB接続HDDあたりを見てみると、USBケーブル1本で完動…とある。さりげにEM-ONEで検索すると、X61系でもAC電源いらずの動作保証がされている。ほう。USBケーブルが2本必要となると、せっかくUSBポートが両面にあるのに接続方向が制限されたりして不便だったりして、大変だったのよね。また、安いケースを選んじゃったものだから、ショックなどに対しても不安だけれど、そこら辺も結構作り込まれている感じ。

もちろんバルクに比べるとちと高いが、設定次第でUSB転送速度も若干速くなるというし、許容範囲かな…と、そちらにしてみた。

結果、簡単だったねぇ、確かに。取り回しが楽になった。バックアップ速度も無線LANに比べて早いし(^^;)11a比較。まぁ、11nで有線部分もギガビット化すると話は違ってくるのかもしれないが、投資金額を考えると、まぁこれでも良いか…と。

ちょっと誤算はHDD容量が160GBなんだけれど、バックアップされたデータ量が30GBほど。Cドライブは100GBほど消費していたのになぁ…。空きがまだまだ…。色々データ、入れればいいじゃん…という気もするが、Cドライブもまだ100GBほど余っているし(^^;)。差分バックアップしてもまだまだ余裕のような…。もう少し容量の小さいのにして(80GBとか)安く済ますとかすれば良かったかなぁ…という気も。

このままの容量だったら、いずれシリコンディスクで用が足りる…という時代も来るのだろうか?それも楽そうだが、当面は価格がネックか。まぁ、しばらくは外付けHDDでいいや。無論、ワイヤレスになればもっと便利なのだろうが、なんかレスキュー&リカバリーがUSB-HDDに最初にアクセスしたとき、さりげにブート関係のファイルを放り込んで、USB-HDDだけでリカバリ出来そうな細工もしていたっぽいし(確認してみないと)、これはこれで色々と便利そう…。


#…あ、NAS上のデータ、消しておかないと。

スケジュール管理をしてみよう

…といっても、輪行本原稿作成の話だけれど(^^;)。

思い出してみると、結局はきつきつだった輪行本2の作成スケジュールだったけれど、締め切り自体はなんかゆったりしていた記憶がある。

考えてみれば、2007年の夏コミは土日の位置の関係か、花火大会をよけた経緯か、お盆後の開催だった。8月の後の方の開催だから、締め切りもそれにつられて後になるのも必然。だからたとえば正月を起点にしても、コミケ当日まで日があるので、締め切りにあまり迫られないような感覚にに至るわけだ。


ただ、今年は8月15日からと、お盆開催に戻ってしまった。…ふぅ(^^;)。

腹を決めなければならないが、去年と同じ感覚でいると大失敗してしまいそうなので、改めてスケジュールを確認してみる。

締め切りはコミケ1ヶ月前としよう。ただしカラー原稿締め切りはその前にあるので、7月頭からその締め切りがあると予想される。

そこから考えるに、勢いとしては6月いっぱいでフィニッシュしたい。もちろん、プラス半月ほどはモノクロ原稿作成が可能になる時期があるわけだけれど、勢いは大事よ?(^^;)意味不明


…しかしそうすると、5月6月と、原稿執筆2ヶ月しかないようなっ!?

輪行本2.5は16ページ1ヶ月だったけれど、メジャーナンバーは(たぶん)30ページ以上だから…ひぃ(--;)。

早く構成、ネーム、下書き等々、しなければ!

…と、スケジュールを把握すると、自分が今、どう追い込まれているかがわかる(^^;)。もっとも、今度の輪行本3は、どんなボリュームになるか、まだちっとも見当がついていないのだが(^^;)。

まぁいずれにせよGW前に確認しておいて良かった。GW中にじゃんじゃか原稿描くか。どうせどこか出かけたって、混んでいるんだろうし。ただ、家にいればいたで、油断してあまり筆が進まないのも通例なのだが…(^^;)。

2008/04/24

後の厄日

バックアップ用HDDだけれども、考えてみればUSB外付けケースがあるので、バルクのHDDを入手すればどうにかなるか。その方が安上がりだし。

…ってことに気が付いたのが、秋葉原に寄った翌日(;_;)。さすがに平日、そちらによるのはちっと…。いや、不可能ではないのはこないだ知ったが、手間と交通費を考えると、立川のビッグカメラ寄ったほうがマシ。

さらに言うと、とあるカメラパーツもその日、別のところに寄った時に手に入れ忘れた経緯がある。いや、忘れてはいなかったのだけれど、営業時間が違っていたのね。

他にも目当てにしていた店が改装中で、翌週以降だったり、かなりタイミングの悪い日になった。なんか…もう…、そういう日ってあるよね(T_T)。

もう無いようにしてほしい…。

輪行本3のイメージを固めている最中

やはり初心者を登場させようかと思っている。

輪行本3は一応自転車の買い方から入る話なので、既存キャラがそれを知らない…ってのは話の進め方として不自然っぽい。いや、むりやりこじつける方法もあるけれど、これから買うぞ、という実際の人を登場させた方がやりやすいし、同様の読者を引き込みやすいかも…という思惑もある。

で、輪行本4へもその流れで持って行けば、交通ルールや運転マナーも自然な流れで話が進められるだろう。

将来的に、4までの話を総集編にまとめたいと考えているが、1~2は3と4の間に持ってくる形で、大幅に再編集するしかないか…と覚悟し始めている。まぁ、カタログ的な描写と、輪行の紹介なので、そんな大幅書き直しにはならないんじゃないかな…と思うけれど。

あとは初心者のキャラとして、どういうキャラを設定するか…だなぁ。それ次第で話の進み方や舞台が違うような…。それによって描写も変わってくるから…、手間のない設定にしないと(^^;)ぉぃ。

2008/04/23

今後の予定…っつーか、スケジュール調整

ちと、自転車関係の走行スケジュールを再確認してみた。


4月26日かその翌週に飯能・岩鞍ラインに行ってきます。そろそろ花粉も抑えめになってきたので、パンとか…。要するに単なる個人的な買い出しなので、特に皆さん走りましょう…とか参集せずに行ってきます。

そもそも先週末、自転車整備しそこなったので、リアディレーラーの調整後に出発する予定で…というか、調整しないといけない状態で(^^;)、それが終わり次第ということで出発時間を決められないかと。

まぁ、少なくとも、バーテープを交換している暇はありません(^^;)謎・一部爆。


ご一緒に走りませんか?…というのは5月17日くらいの、GWを外して一息ついた時期にいよいよ鎌倉まで輪行、佐島までサイクリング…というのはいかがかと。GW中だと漁も休みで新鮮な魚が入らないのでは?…という懸念を避ける意味合いもあります。

自転車を持っていない人も遠隔地で自転車サイクリングというのも楽しいのでは?…という提案のツアーですが、あまり来ないような気も…(^^;)。それよか普段輪行してない人用の機会作りにもなりっています。


戻って5月10日にグーワタナベでフロントバッグ製作というのはいかが?>某氏

いつまでも「いつかやろうぜ」と言っているだけでは何も始まらないし、ただ、都合が合わなくてもなんだしね。GW中…というのも良さそうだけれど、ちと適当なスケジュールがない…(^^;)。いや、結構空いているんだけれど、埋まっている日もあったりして、調整が面倒…。


で、それらを調整付けた後、5月末あたりに夜行バス往復でNebulaさんとこに見舞い…ってのはどうだ?>某氏 梅雨に近づいて雨が降りやすくなった頃、自転車にならないツアー…ということで。まぁ、個人的にあまり時期をズラしちゃうと、輪行本製作に影響しちゃうという超個人的事情を差し挟んでいるのですが(^^;)すんません。

…あと、誰かさんは自転車で行くとおっしゃってますが…(^^;)ほんと、無理しないでね。

ライカフォーラムに行ってきた

ちと体調悪かったです。

前日の走行で体を冷やしたせいか、前の晩から倒れそうなくらいの体調不良に…。おかげで自転車に乗れません。まぁ、荒川サイクリングの欠席を早めに決めておいてよかったのかな…という、結果論に(^^;)。

本来はライカフォーラムに自転車で乗り付けようかと思ったのですが、そういったわけでおとなしく電車移動です。まぁ、それでも電車に乗るまでのバス内でふらふらだったのですが。

いや、熱も咳もないのですが、なんか三半規管をやられて平衡感覚が…。

顔も青かったんじゃないかなぁ…。考えてみれば無理していくことも無いような気もしたのですが、せっかく招待券もいただいたし、咳をして回りに迷惑をかける状態でもないので、聞くだけ聞こうかな…と。まぁ、電車で寝てたら、だんだんと回復してきていたし。

…で、行った結果の感想としては…ライカ持ってない人が行くべきイベントだったような気が(^^;)。いや、買い増し狙いとすれば既ライカユーザーでもいいわけか…。

でもデジタルユーザーとしては、フィルムカメラ持って出かけたくなる、うずうずしたくなる刺激的なフォーラムでしたよ。プロカメラマンさんが2人、バッキー木場さん、アルフィーの坂崎さんらが色々話をしてくれましたが、見事にフィルムの話しかしませんでしたね(^^;)。デジタルの気配がこれっぽっちも…。

まぁでも、その作例を見せ付けられると、たしかにいいのですよ。うぬぅ…。個人的にはアイスクリーム食ってるおっさんが良い。あの写真は良かったなぁ…。ハービーさんの写真も好きだけれど、スライドショーという動きと音楽が重なって作品全体が完成する感じなので、どの1枚…とは言いにくいな。もちろんその全体としては上映された3本とも、すべていい。ジャニー系な若かりしハービーさんも含めて(^^;)何の冗談かと思ったよ(謎)。

しかし写真を撮るのに必要なのは、キャラクター…というのもわかってきた(^^;)。確かにハービーさんだから撮れる写真…というのがよくわかる。福山さんがパンケーキレンズが好きということもわかりました(謎)。

カメラ関係のイベントで、客席に、特に年配の方に話を振っちゃだめ、ということもわかりました(超謎)。司会の上手いバッキーさんがうろたえているの、…面白かった(^^;)ぉぃ。まぁでも、時間とネガがあったら、相当面白かったような気も…(惜しい)。しかし中学生がカメラ持って米軍キャンプ近くの繁華街うろつくってどういう状況よ(^^;)超々謎。

ともかく、だ。M3かM6あたりにモノクロフィルムを放り込んで、街をぶらぶらしたくなったよ。まぁライカジャパンとしてはM7かMPにしてくれということになるでしょうが(^^;)、さすがに予算というものもあるので、M3くらいに…。35mmのめがね付きもおもしろそうだしさ(^^;)まだレンズ増やす気か。

…とか言って、それでも先のことだと思いますけれどね。


まぁあれだ。周りにはライカ使いが一人もいないので(実は職場に数人いるのだけれど、あまり仕事以外の話がしにくい)、ついその良さってなんだっけ?…と見失いそうになり、ハーフサイズとかブローニーに流れそうになってしまう(^^;)いや、それはそれで…。

改めてその立ち位置にとどまる…というか、立っているところがどんなところか…ってことを再認識できて、改めてライカを楽しもうという気に戻ったのは収穫だった。

…まぁ、申し訳ないことに、新ハードにあてられる予算がまだ無いのは、ライカジャパンにとってなんの収穫にもならないということでもあるわけだけれど(^^;)ももももうちょっと、時間をください、…宝くじが当たるまでぉぃ。


ちなみに、お年を召した方々も多かったが、女性の方々も多くて、昨今のカメラ人口を考えればそれも驚く話ではないのだけれど、和服の方が多かったのはなんぞや?…と。

まぁ、国際フォーラムで骨董市をやっていたので、それにもあわせていたのかもしれませんが、女性が和服姿で、骨董市をバルナックライカ持って歩かれてみ?おみそれいたしますよ(^^;)いや、ほんとに。

2008/04/22

何となく恒例な告知

そういえば忘れていたが、今年もこういうものがあったんだ…。

===========================
■第20回CGアニメコンテスト入選作品上映会のご案内■

主催: Project TEAM DoGA
後援: 大阪府・大阪市
URL: http://doga.jp/contest/

本コンテストは、“自主制作によるCGアニメ作品の発表の場を
設け、広く一般にPRするとともに、その質的向上を促進する”という
趣旨で、20年前から開催されています。
日本では最も伝統があり、毎年400本もの作品が集まる国内最大
規模のコンテストとして定着しています。また、日本のデジタル
コンテンツ文化を代表するクリエイタを多数輩出してきました。

この最先端のCGアニメ作品が、一堂に会すこの機会に、
ぜひご来場ください。

●東京上映会
開催日:2008年5月5日(月、祝日)
会場: なかのZERO 大ホール
交通: JR「中野」駅下車、南口より東へ徒歩7分

●大阪上映会
開催日:2008年5月24日(土)
会場: 大阪市中央公会堂(通称: 中之島公会堂)
交通: 御堂筋線・京阪「淀屋橋」駅下車、徒歩約5分

●共通項目
時間:開場12:00 開演12:30 終了18:00(予定)
注意:入場無料、予約不要です。
朝10時から整理券の配布を開始します。
来場者多数の場合は入場制限を行う可能性があります。

●内容
・入選したCGアニメ作品を20~30本上映
・表彰式・受賞者を交えての座談会・入選作品集DVDビデオの販売
・CGアニメ作家のオリジナルグッズの販売
・(東京のみ)都市伝説物語「ひきこ」試写会
http://www.anec.co.jp/hikiko/hikiko.html
・(大阪のみ)CGアニカップ日本代表選手発表会

コンテスト詳細や過去の入選作品については
こちらをご覧下さい。(http://doga.jp/contest/)
===========================

東京会場はおいらもスタッフとして参加してます

たぶん混雑対応でしょうから、ハッピか何か来て、会場の外で声を上げてますが…そっとしておいてください(^^;)ぉぃ。

まぁあれです。YouTubeよりも高画質、ニコ動よりもレスポンス良く聴衆と一緒に笑ったりできる面白さがあります。多少作品の並びがマニアックになりますが(謎)。いずれにせよ席が埋まる…ということもないので、開演時間くらいに来られれば十分だと思います。

整理券配布はスクリーンのある場所ではどうしてもど真ん中に座りたい人や、オリジナルグッズ目当ての方向けだと思ってください。後者は意外と数無いのがあったりするもので。去年はDVD作品なのにCG作家自らブルーレイに焼いた限定高画質版…ってのがあったとかなかったとか(^^;)。

東京だったら、GWだけれど遠くまで出かけるのもちと面倒…という方、是非どうぞ。

もっとも、何が上映されるかわからんのに来るのも難しいかもしれませんが(^^;)。いや、コンテストものなので、先に受賞作とか発表出来ないんですよね(大阪は別ですが)。以前そういう話を提言して、先に発表してもらったことがあったのですが、あまり効果無かったみたい(聴衆増)で…(^^;)元に戻っちゃった。

まぁ、何かのクジだと思って(^^;)。

ん~、一応スタッフなので、事前に受賞作見られるんだけれど、作品傾向だけでもそっと告知しておいた方が良いのかなぁ…。もちろん受賞作の名前そのものなどは伏せて、あくまで全体的なイメージとして、呼び込むのと誘われるのに必要最低限のコピーを書く程度のあおりくらいは…ってことなんだけれど、それでも怒られそうな気も(^^;)。

#ちなみに、おいらも一応第8回の佳作受賞者ですねん。えっらい昔の話ですが、初のWindows作成作品入賞者ですねん。

受賞コメントを演台でしゃべらされたんですけれど、えっらい緊張して、何かしゃべったことは覚えているんですけれど、何をしゃべったか、未だに思い出せません(^^;)。

##あと「ひきこ」は意外に…と言っては作者に失礼ですが、でも結構意外に怖いです。CG作家数人一緒に見たことありますが、そういう目の肥えた人も惹きつけられた上に、のめり込みます。恐がりな人はまじめな話、上映前に帰った方が良いです(いやマジで)。そうでない人は是非見ていきましょう。

まぁ、「志村、うしろうしろ~!」とかいうツッコミ(謎)どころも満載という魅力もあるのですが(^^;)意味不明。

輪行本3に向けて

前回の冬コミで購入したComicStudio4をやっとこさインストールした。3ヶ月以上ほったらかし…ってのもどうかと思うけれど(^^;)。

基本的な使用感は変わらなさそうだけれど、ビギナー向けGUIが結構使いやすそうなので、愛用しそうな気も。

ただ、輪行本3用に使用しようと思っていたが、まだそこまで行っていない。

一応アイデアマスターでネタ出しを行って、大体全体の流れを作ったつもり。では下書きでネームだ…と思ったのだが、全体の流れからいきなり下書きを兼ねたメールは難しかった。台詞とかまで組み込んだテキストベースのネームに落とし込んでから、下書きネームに入ろう(^^;)。

今回は自転車の買い方講座みたいな内容なので、誰か初心者を仕立てて、応答式…とでもしようかと考えたが、すでに発刊済みの3冊とVol.3、そして乗り方・マナー編のVol.4をまとめて総集編にすることを考えているので、それを考えると今までの流れを変えるのはちと難しい…。

とりあえず今までどおり、既存キャラで展開することにしよう。…いや、でも、ちと考えてもそれも今回の話を展開させるのは難しいなぁ…。やはり「自転車購入を考えている新キャラ」を考えなければならんかなぁ…。

まぁ、そんなことを考えている今日この頃…。

今年の春の関戸橋フリーマーケット

08042201 今年の春の関戸橋フリーマーケットは欠席するつもりでした。

だって、天気予報で悪天候が予想されていたのですもん。

しかし、当日になってみると見事なピーカン(午前中)。こちとら欠席する気満々だったから、朝寝坊するわ、準備はしてないわで大変でしたよ(^^;)某氏の確認していた天気予報では逆の予報だったらしい。

まぁ、そんなごたごたした感じで関戸橋に向かったので、付いたのは11時過ぎというていたらく。…すまん。

でもなにやら全体的な人出も少なかったということで、同じように天気に迷った方々が多かったんでないの?まぁおいらの時間が遅かったから人が少ないんじゃないの…という声もありましょうが、先に来ていた方々のお話でもそんな感じでしたよ?

ともあれ、天気に大きく左右されるイベント…ってことで(^^;)。

そんなわけで、なぜかあっさりDFRさん、toMoさん、Nashさんとばったり会合。差し入れまでいただいて、ありがとうございます。なんかビニールシート広げてCR脇でのほほーんとしていると、ピクニック気分です。なーんか平和な感じでのほほーんと…。なんか売るのもどーでもいいような気が(^^;)ぉぃ。

それでも、1~2.5が3セット、プラス2.5が3冊といった按配に売れたようです(売上金から推測(^^;))。冊数だけで見ると、前回とほぼ同じ。まぁ、そんな感じでしょうか。

それよか川の土手で1~2時間、のほほ~んとしている方が久しぶりで、よかった気が。

…で、その後は本来はユニクロや自転車整備にあてようかな…と思っていたんだけれど、toMoさんが深大寺で蕎麦食いたい…というので、道案内役を買って出たり。さすがに輪行本の在庫とか荷物は、走行の邪魔になるので途中で投棄させていただきましたが(自宅によって置いてきた、の意)。

大体14~15時くらいにたどり着いたせいか、人も少なく、店じまいする店もちらほら。そこでさくさくと数店はしごしたり(^^;)。

08042202 一休蕎麦の大根付きも美味かったな。「おろし」とともに「つま」もついてきて、しゃきしゃきした触感が面白かった。

08042203 ネタで入った鬼平に出てきそうな屋台っぽい蕎麦屋の蕎麦も美味かったのにはびっくりだ。つゆが濃いので、結構味の好き嫌いが分かれそうだけれど、おいらはぎりぎり範囲内。

で、今度はtoMoさんが三鷹付近に、店頭にBSMを常時置いている自転車屋を見つけた…ということで、市場調査に(^^;)。

「ベロクラフト」というお店で、主にランドナーっぽい自転車のフレームオーダーも受け付けてくれる本格的なお店。確かにBSMも置いてあるけれど、そちらがメインというところ。開店したばかりということで、かなり綺麗な感じ。とはいえ、そういうランドナーっぽい作りの(?)量産的な自転車も置いてあるし、なによりBSMとブロンプトンが並んで置いてあるという、我が家のようなセンス。デキるな!(^^;)ぉぃ

店の、スタイリッシュに綺麗な感じもあれば、年季の入ったランドナーを置いてあったりして、風格もある感じでなかなかに面白い。世の潮流としてはロードとかクロスとかになるのだろうけれど、それを超えるとこちらに行き着く気もするので、こういうお店も大切にしたいところ…なのだが、最近ピスト買ったばかりの身としては、もう自転車増やせねーよ(^^;)。

でもなんかちらほらと非レーサー系なウェアも揃えるようなことを言っていた気もするし(ポッカとソックスとシューズだけで終わるかもしれないが(^^;))、ちとそちらで定期的に監視しておこうかしら(^^;)ぉぃ。ちょっと工夫すれば、和田サイ行く途中になるし。

あとはお店の紹介合戦…というわけでもないけれど、いつぞやのグーワタナベに行ってみたり。いや、1万円で作る革のフロントバッグ製作講座が面白そうなので、誰か誘いたい。でもどういうバッグ作るんだ…という実感がないと、そういうのに乗り気になりにくいだろうなぁ…と思って誰かを誘っておきたかったのだが、ちょうど良かった(^^;)。

まんまとtoMoさんがハマる(^^;)ぉぃ。

近々、一緒に向かうことかと。…近々とか言ってちゃだめだな。もっと具体的にしないと。ただスケジュールもあるしなぁ。調整の打合せしましょう、…近々(^^;)。

あとは幽霊の入るお店とか紹介してもらったり(^^;)謎、まぁぶらぶらと。で、ここまでつい引き回してしまったDFRさんとお別れ(^^;)。toMoさんも輪行で新宿に向かい、おいらも西国分寺まで輪行で帰るといった流れ解散に。

ただ、フリーマーケット中の暖かな日差しはどこへやら。深大寺に向かう途中からもう日が陰りだし、重い雲に覆われて、時折冷たい雨がぱらぱらと。それが無くても気温も下がり、かなりツラい走行に…。

DFRさんは無事に帰れたのかしら?…と心配することもありましたけれど、こちらの体温維持も大変で、まぁ結果から言えば、崩しました(^^;)。風邪引くところまではいっていないかもしれませんが、自律神経がいかれたか、体温調整がうまくいっておりません。朝方にトイレでうなったりと、散々…。季節の変わり目はまぁいつもこんな具合の弱々ちゃんなんですけれど、この日はびっくりするくらい気温の変動がすごかった気が…。

本当に難しい季節です。まだ、寒いなら寒い!…と割り切ってくれた、久々に寒すぎたこないだの冬がマシです。いい加減落ち着いてくれないかな…。

まぁ、5月になれば落ち着くとも思いますが、そしたら紫外線地獄がお待ちかね…(^^;)。

2008/04/21

バックアップできない状態…

困った…。X61TをRescue and Recoveryでシステム全体バックアップしているのは書いたとおりだけれど、このバックアップ先はNAS。HDD容量が大きいのとワイヤレスで扱える…ということで唯一の選択肢なんだけれど、比較的便利に使用していた。

ただ先週から困ったことにこのNASにアクセス出来なくなってしまった。

NAS全体にアクセス出来ないわけではなく、NASのバックアップフォルダに「アクセス権がありません」と言われてアクセスできない。R&Rは困ったことに、フォルダ指定ができないので、過去のバックアップを捨てて新しいフォルダに…ってこともできない。

変なのは、バックアップ先は「\RRbackups」というフォルダなのだが、別マシン(XP)ではさらりと中を覗ける。で、ファイル名をちょこっと変更すると(末尾のsを削除したり)、あっさりX61Tからでもアクセスでき、内容を確認できる。

ただ、X61TからNAS上の「\RRbackups」というフォルダ名が使えなくなってしまった状態になり、R&Rはそのフォルダ指定ができないのでどうしようもない…というわけだ。

レノボのサイトに適当なトラブルシューティングはねーし、他のマシンから見るとデータはなんか古くなっているし…非常にヤバい状態。

今、HDDがクラッシュすると前よりもヒドい状態になるような…。なんでおいらはこう…変なトラブルに見舞われるかな…。とほほ…。

素直にUSB-HDDを買えということなのでせうか?うぬぅ…。

とんぼ

ここのところちとサントリーの伊右衛門をよく飲んでいた。

何かのキャンペーンで、とんぼ玉というキーホルダーのようなものをおまけにつけていたからだ。このとんぼ玉、…まぁ、かんざしに付いている玉みたいなのを連想してもらえればよいと思うんだけれど、あれの小さいバージョン。…ビー玉の小さいバージョンと言ってもいい(^^;)こっちの方がわかりやすいか。日本の12ヶ月をイメージした柄になっていて、おいらはその12か月分をすべてゲットした(^^;)。

おいらにしては珍しいコレクションの完遂事例。

まぁ店頭で該当月のものを集めて買えば良いのだろうけれど、一応毎日立ち寄るコンビニでなにげに購入する1本から集める…というコンセプトがあるので(?)、それで選べる範囲から12ヶ月分…というのは結構難しいものよ?(^^;)

おいらにしては珍しく、どの月がかけているというのを把握して確認していたから、ダブりもなかったし。

そして12ヶ月分たまったものを…とりあえず携帯にとっつけてます。えらい邪魔(^^;)。いずれもっと別の、似合う何かに装着したい。でもなんかね、ガラス玉らしく、2つ以上手の中で転がすと、カチカチ接触する感触がまぁなんかいいんだ(^^;)。できれば持ってあるものにつけておきたい。でもそうすると…携帯か?(^^;)邪魔だなぁ…

しかし…Blog記事にしても…とりとめのない内容だなぁ(^^;)。

2008/04/20

長期計画…か?

まぁ、ピスト関係の話はなかなかに盛り上がって面白かった。TOKさんの考察をメインに、色々再認識とか新しく捉えられた話とかもあって、かなり有意義だった。

ちと小径ピストの実車体験とか、そちらの「実感」が無いのが残念だが、こればかりはどうしようもないかな…と思い、とりあえずこれらの話は一休みとするつもり。

輪行本3のネームとかに取り掛からないと。

無論、時間があれば、で、都内とか荷物が伴わないのであれば、カテンザピストで走るつもりだし、ピストとはこれからも付き合うし、BSMといった普通車(?)ともつきあう。

まぁ、まずはもう少し資料かな。いや、現在の情報を整理して、もっとネームの肉付けをしていくべきか…とか悩みながら書店へ。昨今、自転車関係の雑誌が増えてきたのは良いが、チェックが大変だ…とか思いながら立ち読みしてみたり。

…が、その中で一台のカスタム車に目が留まる。

ダホンのボードウォーク…みたいなホン・ソロをピスト化したものだ。それもハンドルも半端じゃない。どんだけ前傾姿勢よ、…というドロップハンドル。ブレーキもバーエンドに装着されている様。それであのボードウォークのフレームですぜ。何を知らないんだ(?)。

08042001

ただ、モールトンとか、トップチューブのある普通のミニベロのフレームのピストばかり(雑誌の写真で)見慣れていた身としては、なかなかに衝撃もの。ああ、こんなんでもいいんだ!…という、なにかの吹っ切れを自分にも感じてしまった。

そうかー、なんか適当なフレームで安く済ませてもいいかなぁ…と。ただ、さすがにボードウォークは怖いな。でも頑丈なのかな。どーなのかな?関戸橋フリーマーケットとかで適当なフレームを手に入れて、くみ上げていっても良いのかな…という気がしてきた。

そう、「安く済ます」ということを念頭にすれば、一応住処の駐輪場に置いておいてもいいかな…という気がする。駐輪場は家に無いわけではない。ただ、防犯を考えると安心できるところではない。ので、ベランダに駐輪しているわけだが、これだって数に限りがある。安く組んで楽しむなら、気楽に駐輪しておけるだろう。大体、小径のシングルなんて、だれも取りに来ないだろうし。

…とか思っていたのだが、もう一つアイディアが浮かんだ。…というか、前に冗談で書いたところなんだけれど。

トレンクル6500のピスト化。

もともと、我が家でのトレンクルの立ち位置は微妙だった。輪行はブロンプトンにはかなわないし、それ以外の走りはBSMなどにかなわない。

近所の散歩もブロでまったく問題ないし、走りようがないわけ。

ただ、「小径ピスト」という個性を与えられたら話は別。かなり面白いことになるかと。カテンザとカブるかもしれないけれど、タイヤ系と車体の大きさがだいぶ違うので、なんとか分けられるのではないかと思っている。

第一、トレンクルの改造としてはそんなに逸脱していないと思うわけですよ。トレンクルを乗りやすくしたいな…と思ったら多段化といった改造があるわけですけれど、せっかくの超軽量をロストするその手法に疑問をもっていたり(いや、悪くは無いですが)。

ピストなら軽量化を維持する改造だから、トレンクルの特色をそのまま残せる…ってもんでしょう。

問題はBBの位置、耐久性でしょうか。

ピストならいつもついてまわる「バンクしてクランクが接地して転倒」問題。まぁ、クランクを短くして、かつ「バンクしてカーブしない」ということを心がけるしかないでしょう。

耐久性については、パナのトレンクルのページに「適正体重は65kg」とあることに起因します。すでにそれをオーバーしている身でがっつがっつ走りこむような真似はできません。まぁでも先のボードウォークのドロップにもあこがれているので、ハンドルのアヘッド化、トレンクル改造定番のH型ハンドル、それをハンドルポジションチェンジャーなどでできるだけ下位置へ装着&前傾装着…なんてことをしてみたい(^^;)さすがにドロップは凶悪すぎるけれど、前傾は取りたい。

08042002 あとはまぁギア比はあまり凶悪にしない。上記2点の心配もあるので。まぁでも、「頑張れば30km/h」といったくらいにはしたい。

ともあれ、すでにあるものをピスト化すれば、それはそれで安上がりだろうし、駐輪場所の心配も無い。なにより、「ネタもの」という位置づけも生まれる(^^;)。どこかの超軽量のA…なんとかってのにTTハンドルをとっつけたのもあるしねぇ(^^;)ぉぃ。

まぁでもまずはあのタイヤでピスト化できるのか…ってのが一番の問題だよな。和田サイに聞くしかないか…。それとアヘッド化さえしてもらえれば、あとは自作でどーにかなるか?

別に今すぐどうこう…という話でも無いし、折を見て進める…って線かな。

2008/04/19

小径ピストの具体例

雑誌を調べると時折カスタマイズ例として、小径でもシングルギア、ピスト例が出てくる。

基本的にはモールトン系だけれど、アレックス・APB・TSRに集中している。BSMは見た覚えがないような…。


ただ、これに限らず、「ヒラメミニ ピストSS」とか「ブルーノ ミニベロ20インチロード」(輪行本2.5の表紙に描いたやつ)とかもある。

しかしこれは両方ともローロだな(馬車道とかワールドリカンベンツとかの別はあるけれど)。

…ローロだと小径のピスト化ノウハウが多く蓄積されているとか?

まぁ、雑誌の、それもおいらの限定されたコレクションから見た限りの話だし、他のお店だってカスタマイズ出来ないわけでもないだろう。

ただ、ちっと考えておいた方がよいかもしれない(^^;)なにを?。

新しいOfficeへ

MS Office パーソナル2007を購入した。例の安価パッケージ。某氏に安いサイトを教えてもらい、さらに安価に手に入れられた。感謝感謝。

Officeで主に使用するのはOutlook。WindowsMobile機を使用しているため、データの動機を考えるとどうしてもこれを外せない。まぁ、最近はWindowsLive系という選択肢もあるが…って、あまり変わらない気が(^^;)。

ともあれ、インターフェイスも見栄えだけは変わってリフレッシュ!…ってなところだけれど、使用感は変わらないなぁ(^^;)。新機能とか使えばいいのに>をれ。

大体、WordとかExcelなんか、起動すらしていない(^^;)。…良かったのか?>をれ

…っていうか、Blog記事にもならない(^^;)なら書くなよ。

次はATOK2008込みの一太郎2008か?…こっちも書くこと無さそうだなぁ(^^;)ぉぃ。

改めて告知をしなければ…

※注:この記事は4月19日まで一番上部に位置します。それまでの更新記事は、この下に表示されます。ご注意ください。


しまった!考えてみれば、4月19日の関戸橋フリーマーケットまであと2週間切っとるやないかっ!すっかり忘れていた(^^;)。

もちろん行きます。ディーラー(?)側で。前回は早朝出動という意味のない張り切りをかましてしまいましたが、今回はちゃんと…10時くらい?…の出動で、昼くらいまでのほほん…としようと考えてます。雨天の場合は当然中止…ということで(^^;)。

もちろん、なにげに輪行本も1から2.5まで10冊程度ずつ確保してありますので、それをシートに並べて置くつもりです。よろしこです。…今回は「虫との闘い」にはならねーだろうなぁ…(^^;)。

領布本は以下の通りです。

輪行本 Vol.2.5新刊

07121401 
B5/本文16ページ・300円
○今までの輪行本で描けなかった小ネタを集めた話です。1ページ単位で話題が変わってます(^^;)。「オプションが何もない、スタンダードコースそのままですね」と印刷所に言われるくらい、「そのまま」な同人誌になってます(^^;)装丁がね。

サンプルページ、その1その2

ちなみに表紙の車種は、表紙を描く時間が無かったため、「出来る限り線の少ない車種」「小径」ってことで、リアディレーラどころか折りたたみ機構も無い車種で、資料があるやつからさくっと選定しただけのことで、それ以外の他意はありません。まぁ、描いている内に「かっこええなー…」とは思いましたが(^^;)描いてて楽しかったし。

なお、Vol.1~2も再版します。

輪行本 Vol.2
-小径車の選び方-
07072202 
B5/本文40ページ・500円
○輪行の仕方の基礎と、小径車の利点・お薦め小径車の紹介等を盛り込みました。
サンプルページ、その1その2

輪行本 Vol.1
-輪行のススメ-
07072201  
B5/本文32ページ・500円
○輪行に関する基礎情報を盛り込んでいます。
※表紙を初版から差し替えましたが、本文、また、塗り残しはそのままです(^^;)。

いずれも、「すでに自転車を楽しんでいる人が、まだ自転車を持っていない人を誘うために使う資料」というコンセプトを踏襲させた…つもりです(^^;)。

あくまで一個人が、なんの取材もせず、自分の経験と見聞きしたこと、インターネットで簡単に調べられること、雑誌で読んだ範囲のことなどをつらつら書きまとめただけの同人誌ですので、市販の漫画のようなクオリティ、厚さ、情報量の多さなどを期待しないでください。

特に今回の新刊はあてずっぽうに描いたしなぁ…(^^;)どんな本だよ。

※なにか更新情報がある場合は、コメントに追記しますのでご注意ください。

2008/04/18

テレビの見方

NEC、デジタル放送のW録画/W配信対応のホームサーバー「Lui」
・サーバーの画面をWin CE端末にまるごと伝送

うーん…。

ホームサーバPCが「録画してから出ないと視聴できない」「PCリモータはWinCE5.0で、他通信端末には使えない」というのはまだご愛嬌としても、「PCリモータでデジタル放送を録画したものは見られない」…って、リモータとして何の意味も無いような…。

いや、遠隔操作ができるという点で軽量な端末で勝手が良さそうだけれど、そもそもこれらのシステムは「テレビを見るためのもの」でしょ?で、地デジが中心になってくるこれから。大半の録画データはサーバを直接操作、前に座って見ないといけない…ってこととなると、結局操作を全部サーバPCに対して行える距離にいるわけで、PCリモータって要らないのでは?10フィート範囲内用にはリモコンもあるんだし。PCリモータの存在意義がさっぱりわからん…。

ホームサーバPC1台か、一緒に発表されているデスクトップPC1台あれば良い…ってだけの話じゃないの?

まぁなんか、仕組みが難しくて理解しきれていないだけかもしれないが。

そもそもデジタル放送というか、PCを抜きにしても、テレビ周りの仕組みが難しいけれど。

何かの報道で「デジタル家電に五輪特需があるはずが、このところはあまり…」という記事を見た記憶がある。チベットがらみのごたごたで五輪がどうかなるのでは?…とかいう懸念ではなく、単純にそういうことで買うのが難しそう…ってだけのことでは?

おいらも何買うか迷うもん。まぁまだ買わないが。五輪後くらいが、在庫ダブついて安くなるかなー…とふんでいる(^^;)。

もっとも、昨今は在庫のダブつきがないよう、IT技術を駆使しているとも聞くけれど。くそう、IT技術め(^^;)ぉぃ。大体、五輪特需がないとダブつきようもないしね。


#ああ、Luiに話を戻せば、ホットスポットでの使用限定でも構わなくて、サーバ上のアプリを使用するので十分…というのであれば、それはそれで使い方があるかも…か。テレビとは関係なくなっちゃうが(^^;)。

まだ使用イメージが浮かばないけれど。どこかでデモ、触らせてくれねぇかな。もちろん上記設定をした上で。

##まだなにか見方を忘れているような気もするが(^^;)。

改めて小径固定ギア車の検討

別に「買う」「作る」「揃える」という話ではないので、そこらへんはあらかじめ書いておく。

以前の記事のコメントに理論的にピストについて書いてくれた内容があったけれど、小径でもピストの効能(これもまた別の意見があるわけだけれど、ここでは「普通の径に対してあまり違いがないので、ピストらしく振る舞える」という意にしておく)があるわけで、ちと小径ピストにも興味がわいてくる。

ただ、実際のところ、どーなの、実用性は?

一番のネックはBB位置のような気が。車種によるだろうけれど、タイヤ径が小さすぎるとBB位置が低すぎて、クランクだかペダルがバンク時に接地して悲惨な事故に…。

意識してやっと17~20インチ程度でなんとか危機回避も出来る…といったところか?だから雑誌では良くモールトン径のピスト例が多いのか?

…そういえばダブルパイロンをシングルギアにした、超贅沢な車種があったような(^^;)。

モールトンだとBB的に問題ない?BSMでも同様か?フレームキットを元にオーダーしながら作っていくのが安上がりなんだろうなぁ…。まぁ、手ぇ出さないけれど(^^;)。

タイヤがそんなところなら良いのか?タルタルのSとかどうなんだ?

そういえば小径改造車の雄(?)、BD-1とかはどうなんだろう?ちろっと調べたところは無かったみたいだけれど。まぁ、後部スイングの折りたたみ…ってところでもうすでにピストとしてダメなのかもしれないが。

でもそんなこといったら、バイクフライデーのtikitはどーなんだ…ってことになるよなぁ…。OneWayとかあるんだから。あれも後部がスイングするはず…。興味はわいているんだけれどなぁ…。IKDにも試乗車無いような気も…。

…というか、tikit欲しがっていた人がいたな。

…既存自転車と差別化図れるよ(^^;)謎

あるいは誰かさんがバイクフライデーに愛想を尽かして手放す…とか言えばなぁ…。譲り受けて、tikitじゃないけれど、OneWay化とか…。真っ赤な…(^^;)ぉぃ。

2008/04/17

念のためお知らせ

荒川サイクリングは欠席します。

実は一番連れて行きたい人を参加させたかったのですが、諸般の事情により参加できなくなったため、おいら一人だけ参加してもなぁ…と。

別においらだけ参加しても、誰とも仲良くなれる自身があるので良いのですが、そもそもその日、別の用事もあるし(^^;)なぜかライカフォーラムに出席します。

荒川サイクリング参加の場合、コース最後のコンビニ経由の昼食・歓談をキャンセルして都内に向かう予定だったり、国際フォーラム近辺は自転車あると邪魔だなぁ…というところだったので。…まぁ、何とはなしにカテンザで行っちゃいそうですが(^^;)でも駐輪場探す時間はある。

いや、荒川サイクリングはブロで出席予定でした。カテンザの方が面白いとは思うんですけれど、まだ輪行袋を用意していないし(^^;)。


しかしなんだろう。荒川サイクリングは色々、縁がないな…。

EM-ONE困りごと

なぜかはわからないが、最近悩まされていることがある。

EM-ONE2とX61Tでデータ同期していると、お気に入りの中でフォルダに入っているデータがことごとく消去される現象に悩まされている。

BlogをまとめてBlogフォルダに、ニュースサイトもまとめてニュースサイトフォルダに…としているのだが、それがフォルダはそのままに、その中のブックマークデータが消えてしまうわけだ。

一時期、お気に入りのフォルダの下にもう一つ階層を掘ることが出来ない…ってことを知らずに深い階層をPCのIEで作成していたので、それで同期がうまくいってはいないようだった。

ただ、それを改善してもなお、おかしなことになっている。

最初はうまく同期が取れることもある。ただ、最初にEM-ONE2上のお気に入りフォルダがイカれ、その後同期をするとPCのIEのブックマークもおかしくなる…といった案配。しかもIEのブックマークはフォルダ上に数個残っていて、でもEM-ONE2の同一フォルダには一個も残っていない…といった非同期になってしまっている。

他に同期が取れてないデータがあるかどうかは不明。メールとか予定とかも同期しているけれど、あまり利用していなかったり(^^;)。

で、よく使うブックマークがEM-ONE2上で保持できないものだから、まったくもって困っている。


しかし同じ現象に悩まされている人はいないのかなぁ?俺だけの固有の症状か?

怪しいのはSpbMobileShellとMobSyncかなぁ…。これの導入時期と誤動作が同じ時期っぽい。

もちろん、Bluetooth接続による同期がいけない…といわれるとぐうの音も出ない。

ん~、どうしたもんかなぁ…。もう何度IE上でブックマークを編集したことか。あれも編集しにくいから困ったものよのう…。まぁ、IEの編集ツールなんか経由せずに、フォルダを直接空けて、ブックマークをファイルとして直接いじってしまえば良いだけのような気も…(^^;)。


#あと、Bluetooth接続によるダイヤルアップも出来なくなった。設定できて接続確認しても、翌日になると同じ操作をしても動かない…ってなんぞや?

##母艦を再起動したらモデムは問題なくなったな…。なんかおかしかったか?しかしお気に入りの同期は相変わらず…。一応母艦のブックマークをバックアップするようにしたけれど…、同期するたびにだんだんとデータが消えていって、適当な頃合いでリストア…。うーむ。

無駄に長時間

なんか知らないが、ここのところ忙しい。仕事とか創作活動で忙しい…というのであればまだ良いが、雑用でほとんど埋まっているのが悩ましい。しかもひとつひとつの雑用はたいした労力が必要でもないのだが、異様に時間を食われる。おかげで本当にこなしたいことにてんで取り掛かれない。


ほんと、変に時間をかけるんすよ。例えば例のOffice2007アップグレード。安いところを教えてもらったので通販で…と思ったら、支払い方法が銀行振り込みか代引きのみ。

前者だと振り込み手数料を考えると他と変わらなくなってしまう。後者では手数料割引キャンペーン中なので価格が安いまま変わらず良いのだが、発売日直後だと現金を用意できないタイミング。カード引き落としだと思ったから(月末払い)発注しようと思ったのに…。

しかし割引キャンペーン等々考慮するなら、今発注しておかないと安く買える時期が無い。とはいえ用意できない現金だったら、多少高くても他店舗で買ったほうが良いか?…と悩むこと30分(^^;)発注したけれど。


他にはM/Lマウントアダプタでフェイクコードを取り扱える奴。これによって本来はM8でサポートされているライカレンズに見せかけて、他社のレンズも補正かまして広角系も綺麗に写らせる…という手法で、そのフェイクコードを取り扱い易いこれも発注しようとしたんだけれど、その前にフェイクコードのサンプルを確認。そうするとカラースコパー21mmF4もエルマリートM21mmに見せかけてどーにか使えそうな感じ。ほう、ウルトロン35mmF1.7しか念頭になかったが、だったらスコパー用にももうひとつアダプタを用意しなければならないな。

…何mm用を?

アダプタは各焦点距離用のものがあって、それによってカメラ本体のフレーム枠を切り替える。それと6ビットコードとの組み合わせでレンズを判別させるので、フェイクコードだけではなく、マウントアダプタの規格も合わせなければならない(…といううわさ)。

しかし21mmという規格はないので、近い28mmを選ぶべきと普通は考える。…しかしそれで良いのか?

ライカの規格は昔からで、初期のM型ライカのフレームは35mmからで、それより広角のフレームが無いタイプだったりする。大体、28mmフレームが出てきてからも21mmはてんでカバーしていない。フレーミングは外付けファインダーで…という位置づけ。つまり、別に無理して28mmフレームにする必要が無い。…35mmか?

しかし普通に考えれば28mmだろう。エルマリートM21mmって、M型レンズとしては比較的最近のレパートリーのような気もするし。…嗚呼、どっちなんだー!?と、ネットで調べても普通そういう情報が必要…ってケースがまれなので、なかなかヒットしない。そんなわけでこれも時間がかかり…。

まぁ、そんなこんなばっか(^^;)。


おかげで、創作活動については、なんつっても冬コミに購入したComicStudio4のインストールすら済んでいない異常事態。まぁ、一度HDDすっ飛んでいるので、多少そういう作業が遅れた理由はあるのだが…。

ともあれ、なんとかタイムスケジュールを元に戻し、本来の創作活動中心のルーチンに戻りたい。しかし他にもやっておかないといけない雑用もあるんだよなぁ…(;_;)。

2008/04/16

固定ギア走行可能距離

固定ギア初100km走破後、太ももが痛くて悶絶してました(^^;)さすがにもう大丈夫ですが(若干違和感があるけれど)。久しぶりの感触、BSMなどで初めてそれくらい走った時のよう…って感じですが、いや、三浦半島を初めて一周した時くらいの疲労度に匹敵するか?走っている最中とかは平気だったので、それはもう「ガッツの鎧現象」みたいな感じ(^^;)ぉぃ。

軽い距離なら良かったのだろうけれど、往復100kmは無謀だったか…。標準装備サドルでお尻が無事なのはありがたいが、階段が降りられないのはツラかったなぁ…。逆に、もちろん痛いけれど、意外に階段登りはそれほどツラくなかったのはなにかあるのだろうか?

ともかく、固定ギア車では往復50kmを超えたくないなぁ…。でも和田サイ往復程度ではちとつまらない。せめて築地方面くらいは許容範囲としたいところ。

あとそろそろBSMにも乗りたいが、リアディレーラーとか整備しないといけないな…というか、プロの手で調整してもらいたい今日この頃…。でもフレンド商会はダメだろうなぁ。…立川の南口、国立よりの方にそういえば2店舗に分かれているお店があったような。あそこはダメだろうか?スポーツ車専門と言っていたが、デュラエースなら対象だろう(^^;)フレームもスポーツ車でないとダメか?。

あ、その前にバーテープ交換が先か(^^;)。

そういえば、

MXテレビでのらみみの再放送やってるのね。初期の頃は「とりあえず見ておくか」くらいの心持ちだったので、録画も破棄していたし、見返せないのよね。ありがたいわ。

思い出してみると、初期の話は初期なのに、世界観の説明とか詳細に行わず、ほとんど本筋をいきなり始めているので、すぐにとけ込めなかった覚えがあるな。

しかし再度見てみると、全話見た後だと何が見所か理解できるので、印象がてんで違って楽しみやすい。かめばかむほど味が出るアレみたいな感じか(^^;)。キサラギさんがいい味だしてるよなー。

それによく見てみると、なにげに先の話の伏線…とは言わないまでも、先で使う設定がさりげに出ていたりして、細かい。見返して面白いというのもいいなぁ。DVDに手を出してしまいそうだ(^^;)。

ただ、ほーぼ全話録画しそうな勢いなので、未放映収録話とか入れていただかないとー…(^^;)。

2008/04/15

ピストの理屈

※えーっと、すでに別記事のコメントに、固定ギアの解釈というか、理論的で非常にきちんと説明された書き込みがあるので、それを考えるとこの記事はひじょーに稚拙というか、めっちゃ「感覚的」「イメージっぽい」内容なわけで、…まぁ、てんで理屈っぽくないんですけれど、もう書いちゃったので、もったいないのでアップします(^^;)ぉぃ。

まぁあれだ。イメージ的に生きてきている人間なので、こういう解釈するのが一番早い…ってことをご理解の上、お読みいただけると助かります。


【本文】
固定ギア車を入手し、数回走行しました。ロードに併走もしましたが、一応CR上ではそこそこくらいつけます。

固定ギアの仕組みを知っていると、空転装置がないわけで漕ぎっぱなし。ギアもないわけで高速も望めないだろう…と思うもの。しかし競輪では標準規格なわけで、まぁそれはトラックという特殊環境においてレースという状況下から同一レギュレーションにする必要があるからなんたら
だから…であって、自転車としては普通のロードとかの方が秀逸なんだろう…というイメージがあります。

しかし、多々条件の違いがあるとはいえ、おいらがサイクリングでそこそこロードについていけるということは、固定ギア車とはなんぞや?…と認識を再確認せざるを得ない状況に追い込まれます。

まぁあくまで推察ですが、100km超…あ、総走行距離では200km程度あたりで思いついたあたりの自分なりの解釈を書いてみましょう。

まずもう一度話を整理すると、「クランクと後輪が直結しているわけで、走行は漕ぎっぱなし。ギアもないので速度もおいそれと上げられないのでは」という疑念がまず最初。確かに走り始めはペダルが重いのは違いないので、これはどうしようもないところでしょう。

ところが、動き始めると感触が変わってきます。意外にスピードが出ます。これはなんでしょうねぇ?


固定ギア車のもう一つの特性として、車の動きの慣性がペダルに戻ってくる…ということがあります。これは空転装置が無いことに由来し、脚に力入れなくてもペダルに足を固定している限り、足が回しっぱなしになるわけです。…が、考えてみればこれは空転装置の付いている他の車には無い感触です。

で、ここで変な考え方ですが、30km/hで走っているとしましょう、固定ギア車が。そこで、脚から力を抜きます。それでもとりあえず慣性で30km/hで走るとしましょう、摩擦とか考えずに。

で、改めてそこから15km/hくらいの力を加えてみましょう。なんとはなしに45km/hの速度が出そうな感じなんですよ、固定ギア車の場合。ペダル自体がすでに30km/hで動いているので、それに上積みされる感じ?力が。多段ロケットのイメージですかね。まぁ、本来はそんな単純な話ではないですが、あくまでイメージ。


で、ロードとかの場合はどうでしょう。30km/hまで速度を上げたとしましょう。足を止めるとペダルも止まります。これは空転装置のおかげですが、ここで上記の通り改めて15km/hくらいの力を加えてみましょう。しかしこれは30km/hに上積みされるどころか、相殺されてしまいます。

これは後輪がすでに30km/hの速度を出しているため、15km/hくらいの速度でクランクを回しても、リアの方が速度が出ているために、相対速度的に空転対象になってしまう…からですよね?(^^;)ちょっと自信がないぉぃ

つまり45km/hを出したければ、クランクを45km/h相当で回さないといけないわけですよ、空転装置がついている場合は。


もちろん固定ギア車も先の力配分で済む…というわけではありませんけれど、フリーギアよりも力が必要ということではないようです。

フリーギアでしゃかしゃか漕いでいたら、その分の力を入れて漕いでいるのですが、固定ギアでは車に振り回されている分を差し引くと、力はそんなに入れてないのですよ、速度維持とかだった場合。

まぁ、結果脚を回されているので、疲労というか何やらは蓄積されることに違いはないのですが(^^;)。


また個人的には立ち漕ぎがしやすいという感触もあります。これもクランクに現在速度が反映されて力の感触として伝わってくるので安定しやすく、フリーギアの場合、ともかく漕いでいないといけなさそう…という不安定感があったりします。

あくまで個人的な感触で、ロードに乗ったこと無いので実はあまり比較できないのですが(^^;)、立ち漕ぎの安定感は固定ギアの方が抜群と思いますが…どうですかね。

つまりこれは登坂の話ではなく、加速の部分でやりやすいというか、漕ぎだし立ち漕ぎがしやすいので、ローギアに頼らなくても良い部分もあるなぁ…という話。まぁ、さすがに多段ギアの方が楽…ってことに違いはありませんが(^^;)。

ちなみに、ちとドロップハンドルが欲しくなってきた…。立ち漕ぎの腕のポジションが、バーエンドがあるとはいえ、ストレートではキツいし、ブルホーンもたぶん物足りないだろう。

小径ではBSMに装備していましたけれど、あまり…ブルホーン的にばかり使用していて、下の方を握ってないんですよね。立ち漕ぎする必要性が薄いし。ただ、固定ギア車だと、結構「下」を使いそうな気が…。でも、折りたたみがなぁ…(^^;)。あと、せっかく6千円近くも出したグリップがなぁ…(^^;)。


まぁ、なんだかんだでホンマかいな…な話になっているかもしれませんが申し訳ない。なんか、力学的に間違っている気もするし。あくまで個人的感触による個人的イメージと思ってください。うまく説明できない。

おそらくこれは長距離乗ってみないとわからん感触だと思うわけですよ。試乗で短距離走ったくらいではわからない感触ですし。しかしそれを試すために長距離乗ろう…というのはつまり固定ギア初心者が長距離乗る?やめとけやめとけ…としか言えませんな。

大体、固定ギア車の試乗車って聞いたことないし(Y'sROADで聞いても無かった)。

そんなわけで、ある程度覚悟を決めなければ入り込めない世界もあるわけですよ、という話です。とはいえリスクもあるわけで、輪行本などで小径車は乗れ乗れ、買え買えと言えますけれど、固定ギアは絶対に言えません。

大体乗るにつれ、一般的な公道ではブレーキが必須と重々痛感します。何度これに助けられたか。カテンザSoloの標準装備ブレーキはなかなかに効いてくれます。街中でブレーキ装備してないそういう車を見るときもありますが、乗らないうちは格好良いと思ってましたが、今となっては「なんでやっ!?」とツッコミたくなるところ。

聞けば相当速度を出してないとか?…そうなの?確かに慣れるとペダルだけで制動できそうな気もしますが、緊急的な危機回避とかできるのかしら?…とも思います。低速域でも当たり前ですがブレーキが効果的です。

まぁ、CRで一時的とはいえ、ブレーキ付きでも40km/h出している固定ギア車(併走者談)がどうか…という気がしますが(^^;)一応周りを確認して高速出してますよ?。


#それ以前に、フレームが二つ折れする固定ギア車に乗っている時点で「ピストを語るな!」と某方面から言われそうですが(^^;)謎。

書きたい衝動

そういえば、StudioMOMOでもも展が始まっているのね。ここのところ感想を書いてないなぁ…。

書きたい気持ちはあるのだが、どーも忙しいのと、通信環境の都合で、書くタイミングがマッチしない。あう、残念。

まぁ、俺がいない方が落ち着けるかもしれないし?(^^;)

もっとも、他サイトになりますが、動画も手軽にアップできる環境も整ってきているので、おいおいその役割も終えるのかしら?>もも展

とはいえ、ポータル的に同一フォーマットで見出しなども出てくるインデックスがあるというだけでも、「見やすい」というのはあると思うので、それはそれで存続してもらえるとうれしい気もするし。

なにより「短期間募集・展示」という部分で、感想書きにも負担にならないし(^^;)だったら書けよ>をれ。

2008/04/14

鵠沼・江ノ島走行

08041401

えと、行ってきました。先に書いておきますが、特に目新しいことはございません。走っている本人が満足しているだけですので、念のため先に書いておきます。

とはいえ、新機軸はおいらが26インチの固定ギア車であり、それにともなって一緒に走行する友人達もロードで…という、非小径車でのサイクリングとなりました。

おかげで行く先々で「あれ?小径、やめたの?」と言われることになりますが、しかし固定ギアによる反骨精神(?)を説明すると、その漢っぷりを納得してくれるようです(^^;)意味不明。

まぁともかく、いつも通りに自宅からカテンザSolo固定ギア(リアのみ16Tに換装)で走行開始。…慣れない(^^;)。いや、固定ギアに慣れない…というわけではなく、径が違ったりするので、当然巡航速度もBSMと違うわけで、どういうペースが長続きするのかがわからず、ペースをつかみそこねてまふ。

とはいえありがたいことに、体自身は固定ギアを把握してくれているようで、それで困る…ということはあまりなくなりました。ブレーキ標準装備なので、それも簡単に自転車を制動してくれるので、問題なし。

ただ、搭乗がまだ慣れなく、ハーフクリップもなかなか…。止まったときの降車もなかなか慣れません(^^;)。ハーフクリップについては、引き足に慣れてきたらSPDにしてしまおうかな…と考え始めています。まぁ、しばらく先になると思いますが。

引き足どころか「足で止める」のもまだまだ脚力不足で到達できません。これはもう少し慣れるしか。

ただ、友人との併走が始まると、安全第一でブレーキレバーを多用しますが。往路はDFRさんが遅れるということで、KIMIといのっち(謎)と途中合流での走行。

…で、ここでわかったのですが、…どーも私、ハイペースだったようです(^^;)。ロードの併走が大変大変。サイコンをまだ装備していないので、感覚的に「BSMで出せる力」でひたすら漕いでいました。結構な速度が出ていたようです。

でもね、友人達もフロントのインナーの、坂走行用のマイクロドライブで走っていたようなので、それで速度が出なかったんじゃないの?…とは思ったんですけれど、同じCR走っている他のロードにも結構ついて行けたからなぁ…固定ギア車でも結構速度出せて、維持できるのかもしれない。

まぁ、そこら辺の考察は、また別記事で…。

ともかく、でたらめなペースのために、KIMIはともかく、いのっちを振り回してしまい、ちと後から反省(^^;)ごめんね。

でも結構速度出せることがわかって良かった良かった。ロードにそこそこ対抗できる(^^;)。

08041402 で、走行先では某そば屋を攻略。個人的な評価は、DFRさんが食ったのを食うまで保留です。ただ、もうかき揚げは勘弁。いや、悪くはないのですが、デカ過ぎて、自転車走行の体には腹にたまって…(^^;)。あと、KIMIには変な指示してすまなんだなぁ(^^;)謎。

あとは「たぶの木」。実は、人生で初めて「ホット」のみの注文かましてしまいました。ちょっとどきどき(^^;)。なんか、個人的に人生の記念碑的なお店に…(^^;)ぉぃ。

おいらもコーヒーの味がわかってきたのだろうか?ただ、まだ不安。当面は今まで通り、紅茶メインの人ということで…。

あと江島で干物購入(^^;)。鵠沼をぶらぶらしつつ、パルテアへ。店先で向かいのお店も巻き込んで、大自転車品評会&撮影会。…相変わらず何しに行っているのかわからずにすんません(^^;)パルテアはCGソフト等、マルチメディア系ショップです。…っていうか、路上を占拠して通行人の邪魔にもなっているし…(^^;)何してるんだ、ほんとに。

08041403 当然、埜庵にも行きました。裏メニューなんかもいただいたりして、甘美なひととき…なのに、店長のお相手を出来なくてすみません(^^;)謎。いやほんと、埜庵の多忙時期…ってのが読みにくくてツラいっす(^^;)ねぇ、DFRさん。

あとはもう定番通り、モコモコへ。境川CRをさかのぼりに行くわけですが、私が先導するとハイペースのようなので、そういえば書き忘れていましたがたぶの木で合流したDFRさん先導で走行。一定のペースで適度の速度で走り続けるDFRさんのペースにしっかりいのっちもついてきていたようでなにより。

そしておいらもしっかりついていけていたので、やはり固定ギアでもなんとかなるのかも。

まぁ、真っ暗だったから、速度が出せなかった…ということもあるかもしれませんが(^^;)。なぜかいつも真っ暗なんだよなぁ…、あそこ走るの。日が落ちるのも遅くなったのでそうそう遅くなるはずもないのですが、気がつけばいつも境川CRにエントリーするのは日没時。

ただ、気がつけば大体いつもの時間にモコモコにいたような気もするし、そうするとアベレージが小径の時よりかなり早かったのでは?まぁ、タイヤがでかくなったのだから速度早くなるのも当たり前かもしれないけれど、我々、小径でも結構速度出していたので、ちとびっくり。

しかし誰もまだサイコンを装備していない…あ、いや、装備はしていたけれど、暗闇で見えなかったり、バックライトが動かなかったりして正確なデータが不明。むぅ、おいらも早くサイコンが欲しい…。

モコモコでもまったり。ここで休憩、燃料補給しないとその先の坂が登れないので、この時間が大事。まぁでも、事情を知らないいのっちを最後までひっぱってしまって、それもまた申し訳ない(^^;)。ででででも、カレーが美味いから勘弁して(^^;)。

ちと心残りはここのご主人にカテンザSoloのことをしっかり説明しきれなかったこと。またカテンザで行って説明しないとなぁ…。

で、最後の登坂。結果から言うと、BSMで坂を登るより楽でした。やはりタイヤ径と、固定ギアのとある性質によるものと思いますが、これもまたそのうち別記事で。

そんなこんなで結局100kmを固定ギア車で走破できました。Nashさんの「サドルがきちんとしていれば、固定ギアでも100kmは夢じゃない」というのは実証されました。

ただ、走っているときからなんとなく気がついていましたが、漕ぎっぱなしは漕ぎっぱなしなので、体に無理は来ていたようです。

走っている最中は自転車に押されるような感じで体が誤解するのですが、確実に蓄積される疲労は降りたときに発覚します。

それはまるで、ベルセルクのガッツが来ている鎧のように(^^;)。翌日は悶絶してました。なんて恐ろしい呪いのアイテム…(^^;)ぉぃ。

#ちなみに、積載というか、メッセンジャーバッグを抱えていましたが、おみやげに買った干物のにおいが染みついてしまいました(^^;)。…やはり、なにかしら積載方法を考えないといけないかなぁ…。

積載減らしておみやげ等でお金を使いすぎない…というコンセプトもある固定ギア車なのですが(^^;)どういう役割だよ。でも干物くらいは買って帰りたい…。…干物専用バッグを用意するか?(^^;)

EM-ONE2の設定し忘れ

忘れていたけれど、EM-ONEをPCからモデムとして使用する設定をまだ行っていなかった。

USB接続が本筋の商品だけれど、Bluetooth接続も設定しておきたい。

規格上、USB接続だと本来の速度ばしばし出るのだが、Bluetoothだとめっさ遅い。Bluetooth1.2の規格自体が遅いため、EM-ONEがいくら早くてもBluetoothがボトルネックになってしまうのだ。

…が、ワイヤレスが魅力(^^;)。

ともあれ、設定することに。しかし一時期この設定がなぜかうまくいかず、数日四苦八苦してみたり。結果、なんとかつながったけれど…なーんか異様に時間を食われてご機嫌ななめ。ぷー。

まぁそれはともかく、つながってみるとBluetooth接続は確かに遅いが、こないだ解約したウィルコムよりは早いので、とりあえずは快適としておこう。メールチェックとか、簡単な検索くらいなら、そんなにつらい話ではないし。

そんなわけでEM-ONEはX61Tのお供にもなったわけだが、ただ実際はEM-ONE単体での使用で済むだろうし、そうそうEM-ONE経由で接続することもなかろうて。


EM-ONEであと設定してないのはなにかなぁ…。GPSか?(^^;)911Tがあるから通常使用は問題ないけれど、結構郊外とかに行くし、ソフトバンク自体電波が届かないこともあるし、あって悪いものでもないか…。

まぁでも、使用頻度は少ないだろうし、当面は見送りだな。旅行セット(外付けキーボード等)の方がまだ先か。

#あ、あとZEROProxyとか、音楽等マルチメディア関係、そのオプション(音楽鳴らしている最中は画面を消す等)とかか。まぁ、こちらはあまり利用頻度高くなさそうだから、すぐでなくてもいいか…。

2008/04/13

UMPCに残念

HTC、SIMロックフリースロット搭載のUMPC
~Vista/Origami 2.0搭載

意気込みは買うけれど、値段が高め、1.8インチHDD、イーモバイル動作保証外、単体でのSnapVUEのデータとVistaのデータと同期ができない、バッテリー駆動時間VISTA時2時間といったところで個人的には不可。いや、がんばっているとは思うのだけれど。

SSDだったらこの値段でもまぁ納得するかな、といったところ。

バッテリー駆動も実際はSnapVUEで動作させればそれよりは長持ちし、ある程度はそちらでPDA的な使用も可能…なのかもしれない。そしてACアダプタも持ち歩いて、どこか電源供給できるところでVISTAを…ということかも。

そういう設計思想は面白いが、なおさら単体データ同期が必要になってくると思う。Exchange Serverを併用しろといわれてもなぁ…。

あと、個人的にはイーモバイルのSIMが使えないとぉ…。これは通信方式で、絶対ダメ…なのかな。まぁ考えてみれば、Bluetooth 2.0があるので、EM-ONE等中継して…ってのもどうかなぁ(^^;)。あ、イーモバイルにはUSBユニットとかあったか。…でもだったら、スロットのある他のノートでもいいよなぁ。

…惜しいんだけれどなぁ…。まぁあくまで個人使用の視点なので、企業の使用だとまた別なのかもしれないが。


#…とか書いていたら、少なくともデータ同期の面は解決させちゃった方がいらっしゃるそうで。…恐ろしい。世界はなんて、恐ろしいほど広いのだ…(^^;)。

しかしそうすると、VISTAもできるだけシングルタスクな使い方にするとかしてHDDの遅さをカバーするセッティングにし、普段はWM6(リンク先参照)、パワーを必要とするときにVISTA、単体でデータを同期する…となると…、確かに面白いといえば面白いなぁ…。

ただ、おいらの用途で現状、X61TとEM-ONEの隙間を別機種で埋める、もしくは一緒にして1台で済ます用途・必要性は残念ながら…無い(__)。

2008/04/12

素人にも優しい輪行計画

DFRさんから「佐島に美味しい魚屋(?)がある」という情報があったので、行きたいな。でもまんま行ってもなんだし、鎌倉から佐島まで輪行しよう…と計画している。それなら府中からの強行軍…って体力も必要ないし、時間も結構使える(つまり寄り道し放題(^^;))と思う。

佐島のあたりは公共交通機関…というか、電車がないので、自転車で行くメリットもあるわけだし。

しかも、自転車を持っていない人でもレンタサイクルで行けるというメリットもある。鎌倉だとそういう施設もそろっているし、なにより電動アシスト付き自転車を貸してくれるところもある。


…というわけなのだが、ただ、鎌倉から逗子までのルートを迷い中。

海岸沿いが事実上、思いっきり車優先道路になっている。自転車で通れないことはないが、かなり面倒、危険。慣れている身はどうということもないだろうが、初心者がいたら話は別。内陸を通るルートを選択せざるを得ないが、若干遠回りか…、海沿いではないのでちと面白みがないかも。もっとも、それ以上の選択肢がないので、どのみち切り通しなどを通るしかないのだが…。

まぁ考えてみれば、逗子集合…ってことにしてしまえばいいような気も(^^;)あ、でもレンタサイクルが無いか。


しかし、このルートをうまく模索できると、三崎から鎌倉というルートも開拓できる。いや、今までもあったけれど、安全に…という点で。

京急三崎口から南下してたどり着く三崎漁港や城ヶ島で海の幸を堪能し、鎌倉や鵠沼でも遊ぶ…ということ自体がどこまで面白いかどうかは人によると思うのだが、三崎漁港から鎌倉に向かうルートほど、自転車に適したルートはないと思っている。

なんたって、直通の電車がない。頑張って走ると、電車で迂回するルートよりも早く着く>自転車(過去に実証済み)。

そして、車で行くと、間違いなく大渋滞に見舞われる。なんでかは知らないけれど、経験上、このルートで渋滞してなかった試しがないので、なにかしらのルート上の欠点か、許容量オーバーなのだろう。

そういう渋滞を横目に見ながら自転車で走ると、「ああ、自転車で走ってなんて良かったんだ」と感慨に浸れること請け合いです(^^;)ぉぃ。

唯一難点といえば、三崎漁港から三崎口の上り坂なんですけれど、そんなキツい坂が長く続く…というわけでもないので、三崎で食事した後なら体力もあって問題ないと思います。後は主に下りだしねぇ。

まぁあれだ。昨今、いろんな人に輪行とか小径自転車を勧めている身としては、実地としてそういう企画もしないとね。


ちなみに、野比から三浦半島海岸線を走って三崎口まで…というコースも意外に面白いぞ~。

小径固定ギア…か

まだ数日しか乗っていない身で申し訳ないが、「固定ギアって面白い」と思う。もちろん色々なリスクを差し引いても…だ。

やみくもに面白がって危険性に背を向けるといずれ事故るし、おそらく被害はフリーよりもひどいことになる。…ので、つねに危険性を把握しなければならないが、固定ギアで得られる満足感や、普通使わない筋肉まで使う運動が楽しい。

もっとも、自転車を使う目的はあくまで食事等用事の移動手段なので、そのついでにしては…という位置づけに捉えて欲しい(^^;)なんだそりゃ。

まぁしかし、最初の盛り上がりが盛り上がりすぎるとその反動で落ち着きも早く来て、ブームの終焉か盛り下がり…と自分で勝手に誤解すると、またぐのも億劫になりそうな気もするので、そこは適度に自重して、なにより買い物の用事には積載量からBSMも持ち出さないといけないわけだし、臨機応変に使い分けていかないと。

花粉が納まってきたら、飯能岩倉ラインに行かないといけないしねっ!(^^;)

ただ、26インチの固定ギア車の乗り味はわかってきたが、気になるのは小径の固定ギアか…。同じなのだろうか?

固定ギア車は基本、ホイールの回転の慣性モーメントが働いてクランクにそのパワーがフィードバックされるイメージだったけれど、実際乗るとむしろ搭乗者の体重も含めた車全体の慣性がクランクに戻ってきている感じがする。

つまり、タイヤ径は関係ないのか?むしろ小径の方が加速しやすく、速度維持は車重が同じなら同等…ってことになるのか?まぁ、ギア比とかクランク1回転あたりの走行距離の設定とかも関係してくるので、さくりと答えは出ないだろうけれど。

ちっと実車に乗って確認してみたいものよのう…。

…ってところでふと思うのは、手持ちの車をさくりと固定ギアにできないか…?ということ。少なくとも感触の確認くらいで。例えばBSM。あくまで例ね。

まず当然ながら後輪は全交換。ハブとスプロケを専用のものにしなければならないし、当然リムもスポークを外して交換…ってのは面倒この上無いので、新たにホイールを作ってさくりと交換でしょう。

…しかし、基本、そんなものか?例えばチェーン。当然フロントとリアのギア数にあわせなければならないけれど、どのみちエンド部の調整ができないのでテンショナーが必要だし、それはそれ、リアディレーラーにやらせちゃう…ってのは(^^;)。

まぁ、位置関係の微妙な設定は本来は必要でしょう。でないとチェーンに常に横方向の力が加わり、傷むし、パワーロスにつながるし。ただ、あくまで一時の確認とすれば、とりあえずそれで走れることになるのかな…と思ったり。

ただ、実は一番の問題はクランクだろうと思う。

固定ギアは走行中は当然クランクを回し続けなければならないし当然カーブの途中もそう。そして平地でバンクした日にゃ、下手するとペダルが地面を削る…というケースも十分考えられる…のでは?

…となると、短めのクランクにしないといかんのでは?回しやすさも考えないと。そことタイヤ径から適切なギア比を算出して、フロント・リアの設定をしなおさないといけないのでは?つまり全とっかえ?

…面倒(^^;)。

まぁ、大変ってことはよくわかった。あくまでおいらの想像だけれど。しかし小径固定ギアの疑問に変わりは無いので、やはり誰かに試乗させてもらいたいものよのう…。でもただの固定ギア車よりも存在自体が少ないんだろうなぁ。

やはり自分で用意したほうが早いのか。しかしBSMとかブロとかは常用車だし、そんな用途に回せな…あ、トレンクルが…(^^;)。

2008/04/11

使いこなすこと自体を楽しむカメラ

PIE2008で思い出すことがある。

他のブースなどでは新機種などについて性能がどうとかアピールポイントを色々説明してくれるのだが、カシオのEX-F1だけは違った。展示機種が無い(囲いのある体験スペースにはずらっとあったが、行列の時間待ちで行く暇がなかった)ということもあるのだろうが、カタログを渡す前から「あなたならこのカメラ、どう使う?」と、むしろ聞かれるようだった。

こちらも「トレたまで見たEX-F1を見に来た」って言い出したこともあって「知っている人」と思われたのかもしれないが、スペックがどうとかいうことそっちのけで、まずユーザーサイドが想定している用途を知りたい感じだった。

そのときはちょっと「?」くらいに思っていた。次期おいらのコンデジからは筐体の関係で外れていたために、特にそれ以上考えていなかったのだが、最近日経エレクトロニクスに掲載されている、その機種の山田久美夫さんのレビューを見て気がついた。

おそらく開発元ですら、どう使ってもらおうか…という想定があんまり無いのかもしれない。

プロの(それもデジカメのレビューも多く手がける)カメラマンですら、その用途をひねり出すのに苦労しているのだから、ニッチでも良いから何か面白い用途を見つけ、それが使えるならマシンや営業にフィードバックしようとか何とか考えていたのかもしれない。

もちろん推測でしかないが。

しかしあれだけのカメラ、家でミルクぽたぽたたらして見つめているだけではもったいない。何かに使いたいよなぁ。でもなかなか、どこで…ってのが思いつかない。まずそこが難関なのかも。

逆に考えると、それを模索するツールであって、それが楽しみ…ということに当面はなるかもしれない。

それもまた面白いホビー…ってことになるかもしれないな。で、Blogなどに書いてメーカーに情報収集してもらって、新製品に反映を…って、βテスターか(^^;)。


それにしても先にも書いたとおり、まーだこのカメラの立ち位置がメーカーでもはかりかねているようで、内蔵ソフトも作り込みが足りない、機能・使い方を割り切っていない感があるかもしれないが、そのポテンシャルの深さ自体は山田さんの記事を見るとよくわかる。

詳しくは記事を読んでもらいたいが…泣くな、今までのカメラマン(^^;)謎。

しかしそう考えると、レンズ一体型カメラとしては高額だけれど、性能比ではある意味破格値なのだから、…テスター価格?(^^;)ぉぃ

#…ってなことを書いて放っておいたら、カメラが発売になって、ユーザーが増えだし、ニコ動に動画がアップされ始めたようで。完全に旬逃し(^^;)。

しかし…日常の風景でも、スロモーで見ると感嘆してしまうシーンを探す…ってのが当面のトレンディなのかな?しかしそれは写真で言うところの「視点を変えて画角で切り取る」のと「フィルターをかけて意図的に画を作る」ってのを時間軸に対して行っているようなものか。

…やはり、「新しい写真」なのか?

折りたたみの重要性

まぁ、普通なら「ピストに折りたたみ機能なんて要らないよ」とおっしゃるであろうカテンザSoloなわけですが、今回おいらとしては結構必要と言うことを痛感いたしました。

折りたたむとベランダでの収納がかなりコンパクト!予定していた場所よりも狭い、BSMと壁との隙間(ちと語弊があるのだけれど、まぁ予定してなかったデッドスペースだと思ってくれい)にも置けるということが判明し、そこに鎮座しています。

輪行よりもその点で重宝しそうだ(^^;)折りたたみ機構。

ただ、折りたたんだままベランダに放置…となると、接合部がむき出しのまま…ということになって、それはどうよ…って感じだな。うむ、まず注油。んで、全体にカバーをかけるか。…折りたたんだ状態にマッチするカバーなんてあるのかしら?輪行袋は輪行時に使いたいので、普段の使用で痛ませたくないんだよな。まぁ、小径車用のをかぶせておくか。


あとついでなのでカテンザの欠点。

タイヤが黒い。

いや、当たり前の話なんだけれど、なんかどうも汚れる。あのタイヤは接地面が広そうな割には溝が少なくて走りにくそうなんだけれど、素材に秘密があるのか、結構走りやすい。

ただ、だからか、妙にタイヤのゴミが飛ぶ。まぁ、タイヤ成型時のバリがまだ残っているので、それが細かく砕かれて飛散しているのだと思うのだが、白い車体に結構目立つ。

また、ベランダに移設するときも、うっかり衣服にタイヤが接触しようものなら…。ちと面倒ね。早く一皮むけて欲しいわ。…あるいはとっとと700Cに換えろということですか?(^^;)いやがらせかよ

その他は…まぁ、おいおい…。

2008/04/10

近年まれに見る疲労度

つい最近までぐったりしてました。

いきなりピストで80kmとかはマズかったらしい(^^;)。半分とはいえ、慣れない引き足の実地もいきなりかましたからなぁ。疲労がなかなか取れない。ストレッチをもっと念入りにしておくべきだったか…。

ただ、後を引く疲労というのも久しぶりというか、今までも小径車には慣れていて無難に乗りこなしていたから、良い刺激ではある。

あまり後を引いてしまうとその後の作業に影響するので、それも問題だけれど(^^;)。

ま、当面、ピストは日曜禁止…ってこったな(^^;)。


…だからというわけでもないが、土曜に鵠沼行きたい(^^;)ぉぃ。自転車新しくしたからには、パルテア…の向かいのご主人に披露しなければ…(^^;)趣旨が違っている。

しかし往復100kmは保つかなぁ?まだ輪行袋を手に入れてないけれど(適度なサイズが無い)、とりあえず保険としてBSM用のロード用輪行袋を持っていくか。たぶん、使えないということは無いと思うが…。でもカテンザ折り畳みって、結構幅があるんだよなぁ…。

カテンザ所感

まずフレームの印象。…太い。これでもかっ…ってーくらい太い。まぁ普通の人や普通のサイクリストには、「競輪と同じ仕組みの自転車のフレームに、ここまでの太さは必要ないよな」と間違いなく思う太さ。…いやぁ…、まいったな(^^;)ぉぃ。


そしてデザイン。個人的にはあのダウンチューブのカーブが気に入っているのだが、全体として、スローピングのキツいあのデザインは賛否両論だと思う。ただ、実物を両目で見ると、意外に「ふつー」って感じですよん?一度見てみそ。

いや、おいらが、よく広告に出ているSサイズではなく、Mサイズを選んだということもあるんだけれど。一時、和田サイで「ちとこれはデカすぎるんじゃねーか?身長170cmではキツいんじゃねーか」と言われるほどの巨大感があって、でもまたがってみると全然そんなことなくて。色々、錯覚を生むデザインのようです(^^;)。

そんなわけで(?)、実物を見ると個性を発揮しにくいデザインなわけですが、代わりにボディカラーのホワイトが活きてきます。まぁさらに、これに見合うファッションというのが思いつかないわけですが(^^;)誰かコーディネートしてくれ。


そしてカテンザ一番のウリ、折りたたみ機構。六角レンチで折りたたむわけですが、これが結構簡単。まず付属のレンチが格好良い。結構良いモノ。ただ、車体に取り付ける部分がないので、サドルバッグ等が必要。

んで、折りたたみ自体は至極簡単。2カ所のねじをちろっとゆるませる。すると折りたためるようになるので折りたたむ…と、マグネットでくっついて、意外に簡単に離れない。

…以上、って感じ。

ただ、ハンドルが邪魔。これも六角レンチ1本で90度回ってくれれば話は早いのだけれど、なぜかそれは簡単にできない…ので、ステムごと外すことになる。これは六角レンチで出来る(^^;)。外したハンドルは適当に車体にくくりつけることになるのだけれど…これは付属のベルクロでできる(^^;)。

このときに右のペダルを外してベルクロで一緒に車体にくくりつけてしまうと、あまりはみ出しが無くなる。で、車体を袋にしまわないのであれば、前輪を接地して転がすことが出来る。後輪は固定ギアなのでだめ(クランクが回ってしまってあぶない)。BBの下に簡易スタンドがあるので、フロントギアを傷めることなく、折りたたんだまま自立できる。結構安定している。…と、こんなところ。

なんか気軽そうなんだけれど、一番の問題は折りたたみ機構のメインとなる接合部。折りたたむと結果、接合面がむき出しになるので、ここが汚れるとよくない。当たり前だがここにかなり力がかかるので、ゴミでも入っていた日にゃ、接合面がイカれてしまい、ガタつきにつながってしまう。これは接合部のねじにより疲労をためることになり、危険。別にずっと組み立てたままなら問題ないだろうが、折りたたんで保管する身としては、常に気を遣って汚れを拭き取るなり、注油するなり、保護するなりの対処が必要かも。

折りたたみの不満はそんなところかなぁ。まぁ、ハンドルも折りたたみに出来るなら手間も省けるけれど、そこまでする必要あるかなぁ…。こだわればそこまでやっても良いか…。なんか、良いパーツとかあれば…ね。

ただ、ステムごと外す…ってことに違和感を感じなければ、ストレートハンドル以外の選択肢も出てくる。ドロップハンドルはいずれにしろかさばるけれど、サイズの小さいドロップハンドルだったら、結構様になりつつ、折りたたみ時の収納は結構良いかも。径さえあえば、ブレーキレバーも交換せずに済んで、安上がりか?

まぁ、せっかく買ったグリップが高かったし、なにより非常に使い勝手(体重の支え)が良いので、当面こちらを使い続けますけれどね。本当に具合がよい。あ、でも若干ハンドル幅がデカいな。和田サイでカット機材、貸してくれないかしら?


固定ギア…は別記事で書いているのでさておく。ただ、リアは標準装備の18Tではなく、16Tにしてある。普通に18Tで固定ギアも仕入れれば良かったのだが、安いギアがなかったので、いっそのこと…と16Tにした。

…ら、チェーンがあわなくって、チェーンも交換した。…あ、トータルでは高くついたんじゃねーか?(^^;)まぁいいや

一応2T分重く、速くなっているはず。で、踏めない重さでもないし、ちょっとした坂も上れるので、今のところ不便はしていない。

問題はテンションで、偏心ハブで調整するんだけれど、これが簡単に調整できなさそう。クランク外して、専用の工具が必要そう。そういうの持っている人には楽しそうだけれど…むぅ、まだチェーンが少しでも傷んだら、即交換…の方が手軽だわ。


ブレーキ…は特に書くことも無し。ただ、ピストには必須だねぇ(^^;)。トラック走るだけなら当然要らないけれど、街中走るなら必須だわ。ただ、できるだけ、赤信号で止まる…ってのがわかっているシーンでは、足で止めるようにしよう。せっかくのピストなんだから。

でも危機回避では積極的にブレーキね。


あとはハーフクリップか。ペダルはあえて三ヶ島にして、クリップ前提のペダルをチョイス(ARMだっけか)。で、三ヶ島のレザーラバー付きのハーフクリップ。ストラップ付きのクリップはいざというときすぐ外せない気がするので、怖くてどーも(^^;)。

しかしハーフクリップといえど金属製なので、そこそこ力を伝えてくれていると思います…が、まだあまり使ってないので、引き足はこれから鍛えないとなぁ…といったところ。で、BSMにも使う…と。


…こんなところかな?

正直、普通のピスト車の方が勝手がよいと思うのだけれど、折りたたみ時の収納を見ると、これはこれで我が家に適正化されているなという感じ。どこまで走るか…は今度のおいら次第というところでしょうか。

今後の課題は引き足などおいらの問題を除けば、接合部の効率的なメンテ方法の模索、ハンドル幅の調整、サドルバッグ等多少の収納率の向上、サイクルコンピュータ搭載…といったところか。

最後のはブリヂストンの例のSNSに参加できるやつでやってみたいのだが、Y'sで取り扱っていないらしいので、どこで入手すれば…。意外にサイクルベースあさひで簡単に手に入ったりして(^^;)。

2008/04/09

動画キャプチャーソフト品定め中

ニコニコ動画だかによく、絵描きの課程を動画にしているデータがあるんだとか。誰かさんのPCで見せてもらった記憶がある。んでも大抵SAIとかPhotoShopでそ?見てないけれど、Painterもあるような気がする。

…Illustratorでキャラものってないだろう(^^;)。ちと作ってみたい気が。

ただ、どうやって作るんだ?絵を描くこと自体は問題ないけれど、それを動画として録画する方法を知らない。

さて困ったもんだ…と思ったが、たぶんそういう場合は検索しろということなのだろう。ちろっと検索したところ、Jingといったものを見つけた。…これでいいのか?なんか外国製だとついあやしんで、ボットとか組み込まれないか心配してしまう(^^;)ぉぃ。

他に国産フリーソフトもあった気が。そちらの方が良いのかしら?


また、おいらの場合遅筆なので、2日に分けて描画したいというのもある(線画、着色、各プロセス)。まぁこれは別々に録画して、あとてつなげればいいだけの話かもしれないが。

まぁそれで解説とかつければ…良いのかな?

あとは誰かにデータ渡して、アップしてもらうか。…だって、ニコ動のアカウント、持ってないんだもの(^^;)未だ未取得。なーんかやはり取る気がしない。まぁここまで来たら、当面…というか、何か「困る」までこのままでいてみよう(^^;)何の意固地だ。

違和感

結局、カテンザでは2日で100km以上走ったことになるのか。

その後、ブロンプトンに乗ったが…強烈な違和感に襲われた。いや、普通の乗車は勝手知ったるなんとやらで変わらなかったのだが、ペダリング…自体も変わらない。ただ、空転させるために足を止めたときに強烈な違和感が…。

一瞬ブロのBBでもイカレたか…と思ったものの、手で回す分には問題無さそう。しかし足だとなんか…びたっとクランクが止まるというか、操作にクイック感があって、なんか気持ち悪い(^^;)。

思いつくのは、ピストで制動のとき、せっかくの固定ギアなんだから…と少し足で止める努力をしていた。ブレーキ装備車なのでそれを使えばよいのだが、もちろん使いもしたけれど、余裕のあるブレーキングシーンでは、あえてブレーキを使わずに止めていたわけ。

最初のうちはそれはもう、弾き飛ばされそうになっていたけれど、じょじょ~に扱いが上手くなっていった。もちろんゆるやかに止まる…ってだけで、普段はブレーキを使う必要があるのだけれど。

ただ、それで普段使わない筋肉を使っていたので、…張ったか?(^^;)だから違和感があったか。

ピストに慣れると普通の自転車で違和感出るかな…と思っていたけれど、こういうところに…。もっとも、それ以外は普通。まぁ、若干足を止めなくなった気がするが…。


あと、普段使わない筋肉の方の疲労が高いので、体がだるい割には普段使う筋肉の方でどうさするから、しゃっきりしている…という妙な案配。ああ、階段降りるときになんとなくピキーン…とくるか。

まぁ、そういう違和感も…。

2008/04/08

旅行の持ち物

カバンの話をすると、大抵「カメラ(M8系)とノートPC(X61T)が一緒にはいること」というのを前提に考える昨今。ただ、本当にそういう用途を行うだろうか?

カメラはよく持ち出しているが、X61Tはあまり持ち出していない。いや、持ち出すことも多いのだが、特定の場所以外に持ち出すと言うことはあまりない。

近所のファミレスにはよく持ち出して、Blog記事作成とかネーム作成などを行っている。ただ、旅行などはどうか?自転車の日帰り旅行、泊まりの旅行。両方とも、カメラは必須だけれど、ノートPCまで必須とは限らない。

いや、先日までは必須だったけれど、今はEM-ONEがある。画像処理以外は大概これで済んでしまう今の世の中。テキスト作業、Blog記事作成、メール、ブラウジング…。

唯一、デジカメの画像をどうこうしよう…となると力不足ということになるが、それはあきらめる…って線もある(^^;)。まぁ、数日の旅行程度なら、画像処理といえばBlogくらいしか思いつかないし、それだったら家に帰ってからアップ…ってので問題なかろう。

他に考えるならデータストレージって線だが、今の世の中SDカードも安い安い。SDカードを数枚持っていればそれがそのままバックアップ…ってことになるので、問題ないかもしれない。

ますますノートPCは出番がない。…というか、さすがに外での出番を無くしたいのだが。

あとはEM-ONEに対するテキスト作業でのノートPCのアドバンテージだけれど、文字入力のしやすさか。机のない状況での文字入力はEM-ONEに分があるが、長文入力等を机のある環境で…となると、ノートPCなわけだ。

旅のスタイルによるが、夜に長文入力する必要性は若干ながらあるかもしれない。…ともなれば、外付けキーボードか。USBアダプタ経由でミニキーボードか、リュウドなどのBluetoothキーボード…ということになるかな。

あとは…通信環境か。イーモバイルの圏内なら問題はないが、現状の範囲では安心は出来ない。基本、圏外でも構わないが、食事休憩時、宿泊時くらいはなんとかしたい。事前に場所をチェックして、ホットスポットでもあれば無線LANでどうにかなるが、そう毎度都合良くはいかないだろう。場合によってはホテルのジャックを利用してモデム…か?USBかなんかの。

まぁそこまでの話になればあきらめるか、LANを装備したホテルしか選ばないようにすれば良いか。…有線LAN用の対応準備くらいはしておいた方が良いかもしれないが。

キーボード、有線LANユニット。下手するとそれを同時に使うかもしれないから、USBハブも…か?キーボードの接続方式に寄るだろうが。


…ということで練っていくと、カバンにノートPC必須という条件が外れていく。まぁ、輪行本を忍ばせられるよう、A4が扱える柔軟なスペースは必要だけれど(^^;)。で、カメラバッグか。そんなところ。


…そういえば、上記は比較的重装備なカバン(…つっても、カメラとそれ以外の雑具を入れる程度)の想定なんだけれど、M8一台、余裕があれば換えのレンズ1本くらいでいっぱいいっぱいの小さいカバンも欲しい。

意外とそういう「RFにちょうど良い」大きさのカバンって結構無い。でもお散歩(ちょっとのサイクリング)にちょうど良い、お気軽カバンが欲しいのよね。カメラを裸で肩がけして自転車で走るのも、短距離なら良くても、車道を多く走るシーンでは不安この上ない。

…実は一度、甲州街道走行中に、そういう肩がけしていてM8のストラップが外れたことがある。

並外れた反射神経の俺ぉぃがすぐさまM8をキャッチしたから何のトラブルにもならなかったけれど、そういう経験していると安心できるカバンが欲しい。

もちろん大きいカバンで代用できるけれど、小さいカバンで、でもM8と財布くらいを入れるだけの簡単なカバンも欲しいものなのよん。

EM-ONE2の環境、ほぼ固まる

M-ONE2の環境だけれど、ほーぼ決まってきた。


日記データの同期には、MobSyncを採用することとした。Windowsがデフォルトとして設定しているフォルダ以外の場所を自由に設定できる同期フォルダが色々と便利。

出来ればActiveSyncの標準機能でこういう機能を実現してもらえれば、同期時間も短縮できたと思うのだが、どうだろう。これはMobSyncの作者さんに対する話ではなく、マイクロソフトに対してね。作者自身もそう言われているし。

さて、シェアウエアだし、早々に送金してしまおう。

あとなんか送金しないといけないアプリがあったような…。


他には、MagicButtonをWkTaskに変更した。今のところ順調に動作中。

WM5ではMagicButtonが安定してWkTaskが不安定だった。でもWM6では逆…と、なんか相性だかおいらのマシン固有の問題でもあったのだろうか?

まぁともかく便利なタスクソフトが常駐してくれるおかげで、運用も楽になりそう。


まだ一部ソフトの設定でどうしようか悩んでいるところもあるので、完全に環境設定が終わったわけでもないけれど、ほーぼ順調に運用開始している。

WM6にして本当に細かい部分で使いやすくなり、またフリーソフトで使い勝手が向上し、結構「持ってないと落ち着かない」電脳パンツ状態になってきた。やっと200LX以上のPDAに巡り会った気分か。

もっとも、まだ通話可能範囲が狭い…という一番の弱点がなかなか解決しないが(^^;)立川高島屋8階で圏外になったときはがっかりしたな…。頑張っているのはわかるんだけれどね。だから責めはしない。待ってますよ~。あー、でもできれば沖縄県の充実も一つ…(都市部・離島の港湾部だけでも)。

まぁともかくそんなわけで、そういった環境(ソフト)の一覧。メモしておかないとなんかあったときに…。まぁ、バックアップしておけば良いんだけれど。


●メニュー(Todayプラグイン、ランチャーなど)
・SpbMobileShell Ver.2
 Today画面にタブなどを表示し、表示機能を拡張するソフト。Ver.2になって動作が派手になってる(^^;)面白い。もっとも、親指だけで使用できる気軽な操作感は変わらず。まぁ、一番重宝しているのはTodayに表示されるタブの天気予報情報表示なんだけれど(^^;)ぉぃ。

・QuicToday
 TodayにGoogle検索窓を追加するプラグイン。Windowsにも検索窓があるんだし、一番トップの画面にあってもいいかな…と。

●エディタ
・PocketHpte
 ホイールとかと相性の良いエディタを選んでいたら、自然とこれに…。ファイラーのGSFinderと組み合わせて、テキストファイル編集に使うものかと。

●メール
・SHメール(標準機能)
 Gmailを設定。お手軽で機能的にも使いやすい。

●ブラウザ
・Opera(標準機能)
 今のところ。まぁ、おいおい別のブラウザも試してみますか。

●PDFリーダー
・PicselPDFViewer(標準機能)
 他に選択肢がないからね。X61TS+で作業中、ドキュメントが必要になって開くためのツールとして有望視。

●画像ビュワー
・XnView Pocket
 画像ファイル用ファイラーとして。ただ、こちらのジャンルはまだあまりチェックしてないので、おいおいまた別のソフトを選ぶかも。意外と標準装備の画像とビデオも使いやすいかも。

●Blog更新
・MackyBlogPocket
 意外と使いやすいソフト。EM-ONEでBlog更新しようとしたら本来Webで、若干重いページを開いたり、行ったり来たりしなければならないけれど、新規記事、既存記事更新くらいならこれで十分だったりする。ちっとUIが特殊で慣れにくいけれど、気軽に更新に使えそう。もう少しエディタ然と…というか、オフラインエディタとして使いやすくなると良いのだが…。

●お絵かき
・幻彩2
 まぁ定番かと。まだ詳しくは試していません。

●ファイラー
・GSFinder
 定番のファイラーらしいので。今のところテキストエディタのファイラーとしてしか考えていませんが、普通にファイラーとして使っていくことでしょう。慣れでまだつい、標準機能のファイルエクスプローラーを使用してしまいますが(^^;)。

●ユーティリティ
・Tweak_ELF
 筐体スライドで電源ONするのに導入してます。フォントキャッシュなど、どう設定して良いのかよくわからないので(^^;)。ただ、たまーにRealVGA化するのに使っています。機能ON/OFF+再起動で気軽に切り替えられるので。

・WkTask
 これも結構重宝しています。

●同期
・WindowsMoblieデバイスセンター
 単なる同期ソフトでマイクロソフト配布のソフト。あくまで標準装備。でも予定表とか連絡先、ブックマークとかはデスクトップで編集するのが楽なので、それを同期する意味でも必需品。

・MobSync
 任意のフォルダを指定して同期できる便利なソフト。作者自身「本来はこういう機能、マイクロソフト自身がサポートすべきじゃね?」とおっしゃられる通り、これによってだいぶ使い勝手が増します。主に日記データを同期するのに使っています。
 ただ、データ量が膨大なので、更新したデータしか更新しないものの、その更新チェックに時間がかかる有様(^^;)1年前のデータなんて見返さないんだから、整理しろよ>をれ。

2008/04/07

ひょっとすんと、江ノ島まで行けるかも

08040721 え~…やってしまいました(^^;)。もう、細かいことはいいっこ無しです。

当然、固定ギアです。和田サイクルでセッティングしていただきましたが、偏心ハブが難物のようです(謎)。でももちろん快調に走っております。

08040722 後においらもスタンド装着、グリップ換装しています。

08040723 あ、あとペダルにハーフクリップ装着。

で、問題は当然乗り心地とか、走行性能…ってことになるわけですが、ちこっと乗ってます。

とりあえず自宅→有楽町→御徒町→自宅くらいの往復は出来ました。80kmくらいかな?まだサイクルコンピュータを入手していないので、平均時速とかは不明です。ただ、心持ち小径車(BSM-R20)くらいの速度は出ていたような。時間もそれよりも短かったような…。あくまで印象ですが。

実はこの走行、三ヶ島の金属製ハーフクリップを上野クラッシックに買いに行くアレだったので、引き足はてんで使用していません。買ってから装着しましたけれど、まだ慣れていません。

…ので、今後もう少しは速度あがるかな。これで700C軍団に対抗できるかしらん?ぉぃ

…それにしてもあれだね。容赦ないね、固定ギア。てんで止まらせてくれないんだもの。

納車直後、何度無意識に足を止めて、そのまま勢いで押し出されそうになったことか(^^;)。必死こいて走って、固定ギア特有の感覚を体にたたき込みましたよ。まぁなんとか、固定ギアということを忘れない走行にはなってきたかな。

未だに走り出しが慣れませんが(^^;)。

ハーフでもクリップ、ハマんねぇし(特に左足)。

しかし面白いといえば面白いですけれどね。妙に一体感を感じます。ダイレクトというか、ダンシングが楽しい。

これはもうばしばし走りたいですが、問題が一つ。

やはりなんかくくりつけるバッグが欲しい。メッセンジャーバッグを背負ってますが、なんか邪魔。上半身使った走行ができない感じ。

必要最低限のものだけでなく、もう少し色々はいるものはないかなぁ…と探索中です。なんかこないだのグーワタナベのサドルバッグ4あたりなんかも良さそうですが(謎)、とりあえず身近なところで探してみると、

08040724 …こんなんが。

これはこれでいいかも。しかし小径車専用なんだけれどな(^^;)。スローピング万歳?まぁ、これもMサイズで身長170cm以上でないとつかないと思いますが(しかもこれも若干かさんでる)。

Illustratorの使い方

まず先に書いておきますが、某アオバ・クーの方の期待されている回答にはなっていません。私も、その方の疑問への回答は持っていません。おそらくできないのだと思います。

ただ、個人的にはそういう仕様に不便を感じていませんので、特に問題にしていません。

08040701 問題はこういうことですよね?右のように離れたポイントがある。

08040707…ので、くっつけたい。2点を選択して、右クリック。「平均」を選択し、

08040708 2軸とも平均の位置に移動させる。要するにまったく同じ位置に移動させるわけですな。

08040702 すると当然こうなる。しかし見かけ上一緒に見えているようになっているだけで、実際には1点になってはいない。

08040709 そこでこんどはこの2点を選択したまま、「連結」を実行する。

08040710 オプションはスムーズ。これでハンドルを残したまま、結合することが出来る。

08040703 ただ、これだとえらくハンドルの向き、長さがよろしくない。

08040704 おまけに連結されているから、ハンドルを各々調整できない(ALTキーを使えば出来るだろうけれど)。

08040713 そこでこのポイントをハンドル無しのコーナーポイントに変換してしまいます。

08040712 んで、アンカーポイントの切り替えツールで新たにハンドルを引き直します。

08040706こんな感じで。おいらとしてはこれが一番の修正方法かな…と思います。

でもそういうことじゃないんですよね。

個人的には、コスプレイラストでさんざんっぱらベジエ曲線の特訓をしたので、ハンドルを自分で引き直した方が自分の思い通りの曲線になるので、あまりマージ機能の拡充というか、自動化しなくても…という気が。したところで、結局後調整入るような気が…。

まぁつまり、おいらの場合は「イメージをイメージのままで表現する」からこういうアバウトさでいーよー…ってことであるだけのことなのですが。

2008/04/06

やっとアルバムの作成が…

> お待たせしました!
> 「MyBookPhotoshopPlug-in1.0.3」にバージョンアップいたしました。
> WindowsVista・PhotoshopCS3・Elements5.0をお持ちのお客様お待たせ
> いたしました。

お待ちしてましたよ、バカヤロウ!(みなみけ風)

これのおかげで危うく仮想環境を構築するところだったんだぞ、バカヤロウ!(みなみけ風)

主なデータ処理機がVISTAで、SP1が当てられないものだから、ネットワーク経由の処理が重くて別マシンで処理するわけにもいかなかったんだぞ、バカヤロウ!(みなみけ風)

これでやっと輪行関係の写真アルバムが作れるじゃないか、バカヤロウ!(みなみけ風)


…と思っていたのだが、輪行写真をそういえば数年前から整理していなかった。そういえばどれが最近の輪行写真だっけか…。写真データはすべてNASに放り込んでいるので、VISTAからだと読み込み遅い遅い。

…ううっ、新たなる試練が…(^^;)違。


#もう一つ。どういうコンセプトにせよ、一応「輪行本写真版」として、それなりに「輪行の普及」を目的とした文面作りにしたいと考えている。

当然、身近な輪行例などを挙げるべきなのだが…、写真を集めれば集めるほど沖縄輪行の写真ばかりに偏っていく…(^^;)。見栄えは間違いなく良いのだが…それもどうだろう?

あ、それと…

Illustratorの話ですけれど、今晩まで待ってください。いや…何か準備しているわけではなく、…その…色々と忙しくて。

今晩、一気に記事と画像を作って、アップしますので。…期待しないで(^^;)いや、ほんとに。

2008/04/05

自転車でのバッグに迷い始める

以前にカバンが欲しいと書いた。カバンが…というか、吉田カバンのこれが欲しいだけ(^^;)。

いや、メッセンジャーバッグスタイルで、実際その通りに使え、ノートPCとカメラが積めるような内容量。信頼のゴアテックで防水性も抜群故、なかなか使い甲斐がありそう。

さすがに値段が値段なのでおいそれと手が出せないため、ちっと買い控え(?)中。


しかしつい先日、和田サイからの帰りに少しだけ道に迷った(曲がるタイミングを一つ間違えた)拍子に、つい見つけてしまった店がある。グーワタナベというところ。

なんかね、もーね、店頭に飾ってあるモールトンとその装着バッグでもう一目惚れですよ(^^;)。ああ、こういう世界もあるのね、と。

店内にも色々製品があって、なかなか惹かれる。ただ、メッセンジャーバッグとしては、先の吉田カバンの方がおいらにとっては魅惑的。

…しかし、グーワタナベさん。オーダーメイドもしてくれるとか?…カメラバッグ然としていてもノートPCが収納でき、外部ポシェットとかペットボトルホルダーとか付けて、ブロンプトンのぶらぶら撮影カバンにもなったり…とかいった自分好みのカバンも作れるわけだ?

費用がいくらになるかわからんけれど(^^;)。しかしオーダー…ってのはちと惹かれるな。ワンオフってことでそ?…むふ(^^;)ぉぃ。

ちっと相談してみるかな…。

ま、吉田カバンの値段もまだ出せない身なので、こちらもすぐにどうこうできませんけれどね(^^;)。

もっとも、なんかサドルバッグにもフロントバッグにもなる革鞄を1万円で作らせてくれる講座っつーのがあるらしいので、それに参加してみるのも面白そうだなぁ。手軽だし、BSMとかのフロントかサドル、今のところ余裕あるしなぁ(^^;)。

2008/04/04

高まる創作意欲

私は不治の病を患っている。

「金欠病」とか「モテない病」とか、そんな笑いを誘う話ではない。

「しゃべりたくてたまらない病」という特殊なものにかかっているぉぃ。

ある意味、単に自分の知識・情報を「ひけらかしたい」ということもある、卑しい話でもあるかもしれないが(^^;)、知っていることをしゃべらずにはいられない…という困った性格…あ、いや、病(^^;)。

…もうね、飲食店でも隣の席の赤の他人に「これはこうして食べるんですよ~」と声をかけちゃったりしているので、和田サイクルでも「ブロンプトンはこう使え~!」と声かけまくっている昨今だったりする。

…あの、輪行本3に向けての初心者視点とかのリサーチじゃなかったの?>和田サイ通い(^^;)通ってはいないか


しかし気がつくと、結構同じことを言っている気がする>をれ。一人に対してずっと同じこと言っていれば問題だが、違う人に対しての話なので問題にはならない…はずだけれど、こちらがだんだん飽きてくる(^^;)ぉぃ。

どうしたものか…と思ったのだが、だったらまとめればいいんじゃない?…と思い立った。つまり、ブロンプトン本を書く…と。

そういえばアンドリュー・リッチー様からブロンプトン広報部長を仰せつかった身としては(^^;)つかってないつかってない、それくらいはやらないと(^^;)ぉぃぉぃ。当然漫画で。

…って、そんな暇はまだ無いので、今のところ夢物語。まぁ、機会あれば描いてみたいなぁ…。


#そしてそれが一段落したら、BSM本だな(^^;)打倒トラストフレームってか。

北海道情報

…と言えるのかどーなんだか(^^;)。


ちと情報が古くなってしまっているが、有楽町の北海道アンテナショップが閉店した。正直言って、ロイズのチョコはここで手に入れていた。常設のアンテナショップだったのだが、残念な限り…と言いたいのだが、実は改装作業中で、4月半ばに新装開店する予定(具体的な日程は忘れた)。

しかし、実は問題が一つあって、北海道の委託業者が運営していたらしいのだが、その業者が替わるらしい。…扱う商品も替わるのだろうか。そうするとロイズも…?

北海道のアンテナショップはもう1店、東京駅近くになるのだが、そちらでは改装などはないのだが、元々ロイズ扱ってないしなぁ…。うーん…。


あと小耳に挟んだのだが、「フラノデリス」というのが美味いらしい。プリンらしい。物産展などでちょくちょく出てくるらしいので、機会あればちっと食してみようと思う。

ただ…プリン?…前に北海道物産展で食った覚えがあるなぁ…。名前覚えてねぇ(^^;)ぉぃ。


それと、旭川市内のとある居酒屋には…、姫だるまが飾ってあるらしい(^^;)やるな。


まぁ、そんな小ネタ列記でした(^^;)。

2008/04/03

沖縄の思い出

春のセンバツで沖縄尚学が決勝に進んだとか。

沖縄尚学は以前…99年か、優勝したことがあったとか。99年…おいらが沖縄に住んでいたときだ。それはそれはもう、なんつっても初の日本一だけに、すっごい盛り上がり方だった。

…らしい(^^;)。

いや、ちょうどそのとき、おいらは東京に渡っていたのよね。うーん、お祭り騒ぎを見られなくて残念。そこそこ日数経ってから沖縄に戻ったけれど、それでも祭りの余韻は感じられたけれどね。

今回もあるのだろうか?優勝したら。まぁ…個人的にはそれでとっとと高校野球が終わって、HDDレコーダの時計が元に戻る方が待ち遠しいのですが(^^;)ぉぃ。

これからのカメラの運用の仕方

鎌倉花見の際はM8+ノクトン50mmF1.5およびR-D1+UWH12mmF5.6を持って行った(写真はアルバムに掲載中)。

当然2台体制なので、取り回しが面倒…になるはずが、ちこっと改善された。

実はインプレスダイレクトで販売されている「QuickBuckle斜めがけストラップ」というのを各々装着したから。

これはカメラユーザーの意見を取り入れて作成されたストラップということもあって、色々使い勝手の良い工夫がされているのだが、なによりも「伸縮自在」というのが一番のウリ。

ストッパーがあって、これを操作することで結構ストラップの長さが変更できる。かなりお手軽に伸縮自在なので、基本、肩斜めがけでゆったり、自転車に乗るときは狭めて体にフィット・固定…という運用が可能になる。

1台だけでもかなり恩恵があるのだが、2台になると、あるページで読んだのだが「ストラップの長さを変えて上下の位置を調整し、カメラ同士当たらないようにすれば、2台でも結構かさばらない」という複数台カメラ運用の裏テクニックを簡単に応用させやすくなる。

これにより、結構2台でも取り回ししやすくなっちゃったりする。もっとも、ストラップは白一色なので、さぁM8のストラップを伸ばそう…とした場合、どちらだっけ?…と迷うこともある(^^;)。それでも便利さは今までより格段に違う。

1台だけの運用にしても、体に固定する、ゆるやかにしてカメラを構えやすくするという切り替えが簡単にできるので、かなり便利。やはり自転車のお供に最適。もちろん、長距離移動時は鞄に入れないとそもそも危険だけれど、自転車でちょい移動の際は、それがかなり便利なはず。まだ試していないけれど。

むしろ今までこういう自由度の高いストラップがなかった方が不思議だ…。ともあれ愛用していこう。カラーリング的に似合うかどうか、ちょっと不安なのだけれど…(^^;)。

いったい何パターンあるのだろうか?

ワーナー、「ブレードランナー ファイナル・カット」Blu-ray版発売日決定
-2枚組DVD版も新登場。SF映画金字塔の最新編集版

も…、ももももももももうバリエーションないだろうな(^^;)。えっらい数のエディションを見た気がするが…。

しかしそういえば最近、誰かと何かの拍子にブレードランナーの話をしたのだが、「知らない」といわれてかなり驚愕した。とほほ、超金字塔だで、あれ。昨今のSF、ほとんどすべて、この映画の影響を受けていると言って過言ではない映画なのに~。

未見の人は是非ともチェック!きっと「どこかで見た気が…」と思うだろうけれど、こっちがオリジナルなので要注意。

うーん、こればかりは確かにHDで見たい気が…。


そういえばいつぞやテレビでやっていた「UDON」で一番笑ったシーンが「2つで十分じゃろが~い!」…ってのは問題だよな(^^;)謎・一部爆。

…しかしそうすると今回のファイナルカット、

> うどん屋のシーンが短く

…、ヤダなぁ…(^^;)でも確か他のエディションでもうどん屋から立ち去るシーンあたりが削られたんだっけ?そういうことかい?会話は削られてないのかい?。

2008/04/02

テキストシェル

「ネタの種」とか使い慣れたから…というわけでもないのだろうが、仕事でも趣味でもPCを使うとき、テキストエディタ系のソフトがいつも立ち上がっている。「ネタの種」か「メモ帳」。

で、基本絵描きなおいらだけれど、大部分の作業はメールとかBlog記事とかデータ収集・整理とか、結構テキストの作業が多いので、メインにテキストエディタを据え置き、何かあればそこに書き込み、ある程度そのテキストが固まってきたら…そのままにする。

「ネタの種」はファイラーも兼ねるペイン型表示が秀逸なので、簡単に項目別にファイルを分けてしまうが、メモ帳ではどんな話題もとにかく一つのテキストファイルの中に書き込んでしまう。分類もしない、ただの書き連ね。

で、その中から必要なテキストをメールなり、仕事用文書なりに仕立て、コピペしていく。本来のデータはそちらにログ的に残っていくが、テキストファイル上のテキストはそのままにして、新しいデータを上にどんどん積み重ねていく。

一つのファイルの中に履歴が残っていく感じ。テキストの素のデータなので、もし何か検索するなら、先ほどコピペした先のメールなり文書データなりを検索するべきではある。いつ作成したとか、テキスト以外の情報も記録されているので。

ただ、内容の確認だけしたい…というときは、一つのテキストの中にデータが入っているので、検索が容易になる。それがいつ作成されたのか…ということは確認できないが、うろ覚えで「あ、こういうテキストはこういう形でこういうところに保存するはず…」と追跡していくと、なんとはなしに外部文書データなどにたどり着くことが多い。

なんとはなしに、机の上の大きなメモ帳を中心に、各フォルダが周りを囲んでいるイメージだろうか。

個人的にはこういう…フローというのだろうか、性に合っている気がする。ただ、最終的にデータが膨大になってくるので、そのうち問題も出てくるだろうか。「ネタの種」ならそんな顕在化しないとは思うのだが、「メモ帳」だけでは問題だろう。

なにか…MIFESとかいった、膨大なテキストデータを処理できるエディタが必要になるだろう。まぁ、フリーのエディタでも十分だと思うけれど(何だっけ?>K又さん)。

しかしこうなってくると、むしろデスクトップがテキストエディタ状になって、そこからコマンドなりアイコンなりで関連ソフトが立ち上がるようになると面白いような気も。…それも使いにくいか?(^^;)

マイクロソフト、9,980円のOffice Personal 2007アップグレード版

おぉう、こういうのを待っていたよ。Outlookの最新版が欲しかったからねぇ。

しかし気になるのはアップグレード要件のところ。

> アップグレード対象となるのは、Officeスイートの2000/XP/2003/2007および、それらに含まれる単体製品(Office Grooveを除く)のプレインストール製品かパッケージ製品(アップグレード版を除く)。

…Officeは95の頃からのアップグレードの繰り返しなんだよね。大丈夫かなぁ…?2003とかXPとかのOfficeを持っているんだけれど、いずれもアップグレードパッケージなんだよな…。アップグレードできないのかしら?


まぁ最悪、X61TにはMicrosoftOfficeOneNote2007がプレインストールされているので、タイトルから察するにOffieceスイートの単体製品…ってことになるだろうから、アップグレード対象になると思うのだけれど…。マイクロソフトのページを読んでもいまいち確信が持てない。

…若干賭っぽい(^^;)。

2008/04/01

いざ鎌倉へ

08033101

春は定例、鎌倉での花見が仲間内との慣例です。今年もスケジュール調整して鎌倉に乗り込むことにしました…が、どうも最近、マンネリ気味です。何か新機軸が欲しいなぁ…とは思っていました。

そのとき、ふと銀座の某店の2階の写真の師匠(^^;)なんじゃそりゃ…のお言葉を思い出した。

「サンマは目黒に限る」

あ、いや、

「桜は日の出前後の光線に限る」

その頃の光線で映える桜が一番綺麗…ということです。これに習えば日の出前に三脚を持って小金井公園にでも出向け…ということになるのですが、なにぶんにも朝不精の私、そんな早起きはできません。なかなかそういう光景を目にしません。

んがしかし、「桜」「早朝」というシチュエーションに「鎌倉」が追加されたら面白くないわけがない。そんな急な思い付きがひらめきました。

集合はいつもどおり、10時とか11時なのですが、それよりも前に鎌倉に乗り込んで、早朝に写真を撮りまくろう…と。そう思いついたのですな。

ただ、調べてみると結構困難が…。まず電車で行こうとすると、始発で行っても鎌倉に着くのが6時過ぎ。あのあたりの日の出は5時半です。間に合いません。

輪行を併用しても難しい。自転車で直接乗り込むと時間の調整は自由自在ですが、朝出るのが早すぎ。朝…っていうか、ほとんど前日夜…ってな感じ。まぁ、それも面白そうなのではあるけれど、今回の花見が日曜だったり、夜はまだ寒くて衣服の調整が難しく、そもそも夕方雨の予報があったりすると、輪行併用を前提にしても、面倒そう…ってこともあり、今回は除外。

あとは車くらいしか…ってことになったところで、しゃおらどんが「どう?」という話を持ち込んで、車で行くことに。もっとも、前日夜にいきなり電話で決まった話なので、ROUさんあたりが後で「おいらも行きたかったのに~」とうらまれることになったのですが(^^;)。

それに、出立時間も3時半と、やはり早め。花見参加者のだれかさんはこの時間に寝たということだったりして、ずいぶんとまぁ…差のある話だこと。

08033102 ともあれ、某車で鎌倉に向かいます。ルート的には…よくわかりませんが(^^;)、藤沢経由で由比ガ浜にたどり着くまで、1時間半…といったところです。早い早い。当たり前ですが道ががらがらですから、ほぼノンストップです。早いったらありゃしない。

で、由比ガ浜の駐車場の中で24時間営業の300円/1hを見つけて駐車です。探せばもう少し安いところもあるようですが、まぁ無難でしょう。

しかし、1時間半とはいえ、車の中で暖房に当たっていた身でいきなり海岸沿いに出たのはつらかった。寒い寒い。本当に体の心から凍えてしまいました。

東京では桜満開。でも鎌倉あたりではまた満開ではない…ってのがよくわかる冷え込み。あわててあたたか~い飲料のある自販機に駆け寄るわけです。

08033103 で、日の出直前から鎌倉の街中を歩き始めるわけですが…曇天のため、日の出は拝めそうにありません(^^;)。まぁ、東の空が曇天ってだけで、空全体が暗い…ってわけではありませんが、どーも朝独特の光線…ってのは拝めそうにありません。がっくし。

ただ、人がいない。

08033104 当たり前ですが、早朝のため、人手がほとんど無く、これでもか…と桜撮り放題なのはうれしいですね。もちろん同じく人の少ない風景を撮る人もちらほらいるので、完全に無人というわけではありませんが、桜咲く若宮大路も好きなアングルで撮り放題…というのはこの時期では考えられません。定番の鶴岡八幡宮、銭洗い弁天も自由自在。お金もゆっくり洗いました(^^;)。

これだけでも十分早朝に来る価値はありますな。

もちろん、お店とかはほとんど開いていないため、そういうの目当てでは無理ですが、写真だけなら十分すぎます。

08033105 さすがに腹が減ったらスタバとかに行くわけですが、鎌倉のスタバはプールがあったりして居心地が違います。そこらへんを満喫できるのも早朝ならではです。

大体、8時半から混み始めますし。そう。8時半あたりから人が多くなります。まぁ劇的に増える…って感じでも無いですが、じょじょーに撮影の自由が利かなくなります。9時か9時半がリミットじゃないですかねぇ、繁忙期は。

08033106 そうなると、今度はあまり人が来ないところへ…と移動します。今回は鶴岡八幡宮敷地内のぼたん園。なにせ、入場有料ですから(^^;)。でも、撮り甲斐のあるところ。なかなか楽しいですね。

しかしそういうところとなると写真好き、いや、カメラ好きも集まるのか、M8かがけていると結構話しかけられます(^^;)。大概「いやいや、ライカはいいよね。でもフィルムがいいんだよ」という内容です。それは否定しないところなのですが、デジタルから入ってフィルムをあまり撮っていない身としては、面白い話も聞けますけれど、もう受け流すしかありません(^^;)うかつなことにTC-1を忘れてきた。

…某方面から、「やはりここはMPくらいは持っていないと~」とかささやかされそうですが(^^;)。

そんなこんなで本来の集合時間が近づき、北鎌倉に移動した次第。どうも電車は遅延が発生していたようで、遅れる人もちらほら。

しかしこの辺でさすがに早朝組みは疲れが…。考えてみるとしゃおらどんは運転もしていたわけだから、疲れもピークに。

…でも円覚寺とか鶴岡八幡宮とかには行く(^^;)。で、例のうどん屋にも行ってみたり。なんか知らないうちに土日祝日のみの営業となり、事前予約が必要のようです。もっとも、時間の余裕を持って当日に電話しても良さそうな感じですが。

後は色々ぶらつきましたが、雨が降り出したこともあり、14時過ぎに解散とあいなることに。なんとはなしに、早朝組の疲労が原因のような気がしないでもないのですが、申し訳ない限りです。

ただ、雨はそれまでもちらほら降っていたのですが、以降本降りになってしまったようで、傘無いそれぞれとしてはちょうど良かったのかもしれませんが…。

ともあれ、車組も撤収ですが…、すみません。私、助手席で爆睡してしまいました(__)。冗談で撤収までは「帰りは寝させてもらうぜ~」とか言ってましたが、あくまで冗談で、もちろん交代なども考えていましたが、なんか…時折意識を失うんですよ(;_;)。必至に意識をつなぎ止めようとするんですけれど、てんでダメで…。もうめっちゃ役立たずですみません(__)。行きだけでも運転しておけば良かった…。

ちなみに帰りの移動時間は3時間半…。往路と比べると2倍以上というのにびっくりですが、先の意味でもさらに申し訳ない限り。あう…。

まぁそんなわけで、早朝企画は色々と考えないといけないな…とも思ったり。

#ところで誰か(参加者)、人の後ろに人が見える人に、そりゃそうさ…ってくらいの人を連れているぞと言われていませんか?(^^;)謎

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »