2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« ビデオの撮り方 | トップページ | コミケと築地の楽しみ方 »

2007/12/26

子供達に夢を与える走行

07122601

ちょっと遅くなったけれど、昨年に引き続き、クリスマスイブを鵠沼-江ノ島ラインの草稿に費やした。

07122602 サンタの格好で(^^;)。

いや、昔、ちと因縁があって…というか、ノリで(^^;)サンタの格好で走ったことがあるんだけれど、それがまぁみずぼらしい格好だったので、そのリベンジに衣装を一新して走ってきたわけだ。

昔の経緯についてはこちらを参照のこと。

…で、今年は、気合を入れて衣装を探した。某氏はダイソー製。去年と同じ販売元だけれど、去年はクリスマス当日だったのでノーマルな衣装が軒並み売り切れ。そこでそれが売り切れないうちに入手したとのこと。

それはそれで安上がりで悪くは無いが、以前に同じ記事素材の衣装を着た身としては、「1日しか着られない」「記事の繊維がほぐれて他の衣料に付着する」のが気に入らず、また今回は「しっかりした見栄え」の衣装がいいなぁ…という思いもあったので、ちと本格的なのを入手した。まぁ、数千円程度のものだけど。

とりあえず、某氏とお互い「サンタの衣装で疾走する」準備は整い、あとはクリスマス(イブ)当日に走るだけ…と相成った。

…ただ、なぁ…。試走しておけばよかった気も。

衣装を換えて走るということは、「厚着になる」だけかなぁ…と思っていたのだが、それ以外の弊害があるとは思わなかった。

一番自転車走行に問題だったのは「スベる生地」ということ。サドルに座っていると、滑る滑る。腰のベストポジションを維持していられない。お気に入りのサーファスのサドルは微妙に角度が付いているので、顕著にその問題が出る。逆に言えば、普段はここまでスベらなかったのか…と感心してしまうが、ともかくスベって仕方が無い。

あと暑い。結構。下も履いているし、上着も以外に防寒機能が高く、普通の防寒インナーの上にサンタ衣装を着ると、この上なく暑い。さすが、真冬にサンタが着るだけのことはある。しかも暑いだけならともかく、「すこし開ける」といった調整機能が無いのがツラい。

まぁサンタ衣装で「汗をかくほど自転車をこぐ」というニーズを想定することは普通無いので、仕方ないといえば仕方ないのだが、ともかくツラい。

またヒゲ。結構凝って作られているのだが、この毛を吸う、食う。息苦しい。もう、たまったもんじゃないです。

そんなこんなで、結構ハードな走行となってしまった。とほほ…。しかも走行中の周囲のリアクションも薄いし…。

…といっても、それは府中から町田までの話で、町田からは某氏も加わったからか、境川CRという場所柄か、結構ウケる。通りすがりに「サンタさんだ」と声を発しているだけでなく、実際に声をかけられる。

休憩所で休んでいれば他のサイクリストとも話が弾むし、苦労して着て来た甲斐があったということか。

意外に、例の食堂とかパルテアとか埜庵でも好印象だったのが印象的。ただ、某所では「正月はなにになるのかしら?」…と、「ダイ・ハード」のラストかよ、とつんのめってしまう発言をいただいてしまったのはご勘弁(^^;)。

また、某女子にはまったく通用しないというか、攻撃されまくったのはなんだかな(^^;)。

ともあれ、通りすがりの人に記念写真頼まれたり、いろいろ声かけまくられた1日でした。

ただ、全体的に人の通りが少なかったような気がする…。去年はもっと人出が多かったような気が…。

ちなみに走行自体は基本的に往路は順調でしたが、復路が問題おおありで…。

まず向かい風。これがキツかったのと、フロントディレーラーがイカれ、アウターでこげなくなり、スピードが出せなくなってしまったこと。

また、ハンガーノックダウンに近い症状が出て、予定より早い夕食を求めた…というか、併走者皆を巻き込んで予定外のお店に連れ込んでしまったこと(^^;)すんません。

フロントディレーラーはチェーンがあたる症状だったのだが、イカれる前に途中の停車時に自転車を倒してしまった経緯があるので、それかもしれない。

ただ、この日は異様に荷物が多く、リア側のショッパーに積んだ荷物のせいで、片手で車体を持ち上げられない状態になっており、この車重のせいでディレーラーが沈み、普段はあたらないチェーンがちゃりちゃりいっていたのかもしれない(^^;)。それまでは繁華街の雑踏でうるさくて、そういう音、聞けなかったし。

ハンガーノックダウンは思い出してみると、昼食、あまりカロリー取ってないのよね。でも食事量は大体みな均等のはず…と思ったものの、途中、カレーうどん食っている人や、軽い自転車・大きいタイヤの人もいたし、トータル的に不利だったかもしれない。

いや、それ以前に、パワー出す分、効率の悪いエンジン積んでいる(燃費が悪い?)ので、スニッカーズ常備しろよ…と指摘されましたが(^^;)。

ただ、食事後もあまり改善されなかったので、前々日の疲労が残っていたか、ブランク明けで60km以上走る元気がなくなっていたか…。

あとサンタの衣装の疲労が意外に蓄積されていたかもしれない。動きが制限されたり、発刊の効率が悪かったり、つけヒゲのせいで呼吸が満足にできなかったり…。まぁいろいろ。

ちょっと…長距離トレーニングをもっと頻繁にやらなければいけない気がしてきた(^^;)。

んーと、とりあえずそんなところかな?

グルメ方面では飯田牧場は相変わらず。クリスマス記念(?)イチゴ味が美味かった。プリンも欲しかったけれど、連休のせいか工場が稼働していないため、入手できず(;_;)。

江ノ島の某食堂では衣装ウケまくり…っていうか、客の方に(^^;)。でも小さい子供ほど「にせものだーっ!」…と、夢を抱いてくれないのはどういうこと?(^^;)大人の方がノリが良い。

07122605 おかげか、常連メニューというか、良いものをいただきました。なんだったかは忘れたけれど(^^;)ぉぃ。


グルメじゃないけれど、パルテアでも大盛り上がり。選挙違反もしました(超謎・一部爆)。

07122603 埜庵でも良かったですな、リアクション。でもお子様の方が冷静においらを見ているのは相変わらず(^^;)それがふつーだ。

 

 

 

 


07122604 ちなみに食したかき氷は赤ぶどう。恐ろしいまでのぶどうの存在感!でも、しつこくないバランスが絶妙。しかし、DFRさんのバナナ杏仁…だっけ?それも気になる(^^;)。

なお、モコモコは定休日につき、スルー。…むぅ、残念。

ま、そんなクリスマス走行でした。そこそこ楽しめたので良しです。今度はたぶの木だぉぃ。

ただ、来年は23日で、独立した休日でしょ?うーん、どうかなー。

#他にサンタ衣装の反省点としては、ポケット等が一切無いため、カギとかデジカメ(コンデジ)を装備しにくかったこと。カギはまだ良いとしても、シャッターチャンスをだいぶ逃した気がする。ちょっと装備を考えないといけないな…。

« ビデオの撮り方 | トップページ | コミケと築地の楽しみ方 »

コメント

濃いー、

濃いー、ですね(^^)♪

カキ氷も濃いーそうで。

どこまでも「衣装のまま」とおしたこだわりに感動しました。

ごちです。

いやはや、お疲れ様でした。
あの格好で100km走るってことは実質5割増で
150km分のエネルギーを消耗したんじゃないでしょうかねぇ。
それに途中の補給食無しですからハンガーノックも頷けます。
でも一般市民を恐怖のずんどこにってのはある程度目標達成したと
いうことでまずはめでたし、めでたし~。

お疲れさまでした。
こちらは廉価版の衣装が幸いして生地がぺらぺらでしたので、廃熱と動きやすさへの干渉問題は少なかったと思います。
予想外の疲労困ぱい振りは、たぶんこの衣装の違いが一番大きいんじゃないでしょうか?
あのゴージャスさ加減は、一見しただけで防寒具合が凄そうでしたし・・・(^^;ゞ

今年は今年で、走行時に帽子を被れなかったり、カウベル取り付けが甘くて色々ご迷惑掛けたりと心残りが出来ました。
まだコチラ組に在籍していたら、来年もリベンジしますよw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/17487784

この記事へのトラックバック一覧です: 子供達に夢を与える走行:

» サンタクロース走る [晴れのち自転車時々猫]
毎年やって来るクリスマス・シーズン、多くの人々は家族や友人達と団欒のひと時を過ごしたり、恋人としっとりとどこかにしけこんだりと有意義な時間を過ごされたと思います。しかし世の中、そうはいかない人達もいる訳... [続きを読む]

» サンタが街にやってきた [果てしなく、自転車操業録]
えー、コレ(↑)に関しては特にコメントはございません(^^ [続きを読む]

« ビデオの撮り方 | トップページ | コミケと築地の楽しみ方 »