2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« プリンタが欲しくなってくる | トップページ | ワンセグの懸念 »

2007/12/16

カメラを持つ意味

デジカメばかりいじっている身に思えるかもしれないが、一応フィルムもいじくっている…というのは以前も書いた。まぁ、年2本だけれども(^^;)。

07121601 で、せっかくなので、プレミアムプリントでプリントしてみた。

これが、自分で言うのもなんだけれど、結構上手く撮れているんだ。まぁ、プリントする方の腕もあるんだけれど、こう…びしーっ!とキマっているというかなんというか、非常によろしい。

こういうのを目にすると、「ああ、俺も結構いい写真撮るでないの」とか勘違いし、「こりゃ、デジタルだけじゃもったいないな」という話に盛り上がり、ライカで「じゃぁMPとかはいかがですか」とか言われてしまうわけだ(^^;)。

まぁ実際、金額は別にすれば、そういうのもいいのではないかと思うわけだけれど、ともかくお金は別にすると、たった一点、それを思いとどまらせる大きい要因が残っていることに気がついた。

写真をどうやって人に見せるのか、と。

デジタルでも「プリントしてなんぼ」として、プリントしてポケットアルバムに忍ばせて人に見せるわけだけれど、正直それよりもWebに掲載している方が多くの人の目に触れ、かつレスポンスもある(少なくともアクセス解析でそれなりに見た人の数はわかる)。

ところが、フィルムとなるとそうはいかない。フィルムスキャン、もしくはプリントしたものをスキャンという手もあるけれど、フィルムはフイルムの味があるのであって、また、六つ切以上にプリントしたからこそある魅力というのもある。ぜひプリントしたものを見て貰いたい…と思うのだが、それをどうすればいいのかがわからない・

…個展でも開かないといけないのか?友人間に見せるのもいいけれど、持って歩くのも面倒な大きさだしなぁ…。Webのように不特定多数の人に見せたいという欲求はなかなか満たされない。

考えてみると、カメラ始めたのがデジカメから…という身(一応フィルムカメラもデジカメ前にいじっていたけれど、家族用だったり、一人で楽しむ記録用なので、趣向が違う)としては、その辺がいまいちわからない。…となると、効果のわからないものなので、どうしていいかわからず、先に進めないわけだ。

今のところはありていのカメラで、限られた枚数くらいしかプリントしないし、自己満足と、ちょっとした公開で収まっているから、今の範疇ならほそぼそと続けていられるけれど、拡充がちっとつらい。

うーん、フィルム派はその辺、どう解決しているのか…。

« プリンタが欲しくなってくる | トップページ | ワンセグの懸念 »

コメント

とりあえず、「芸術だけで食ってくんだわしはー」と決めている“モロな作家活動者”の場合のお話です。

実は私、むかし↑こういう系の人でした。
予備校時代から美大…すいません。
(いまはモロではないので情報古かったらごめんなさい)
ちなみに写真作品もつくってたましたが、私は100%フィルム派でした(ポジ&ネガ両刀派)。

なにか参考になることがあれば…

とりあえず、写真を“芸術方面”から入っていってる人の「作品を人に見せる」方法はやっぱり

1.個展、2.コンクール出品がメインです。

それと普段から“生写真集”(作品集)を用意してました。

これはふつうのプラスチック製のポケットファイル(A4やらA3サイズなど自由に)に、写真を入れて持ち歩くものです。
年代順でもいいですし、コンセプトがあればその順にファイリングすることが多いです。

このファイルを「ギャラリーを借りるとき」や「自己紹介のお供」としてみんな持ち歩いてました。

若手作家はとかく金欠なので個展ひらくのは大変ですが、お金の問題さえなければこれに越したことはありません。

大体、青山や銀座など現代美術系のギャラリーをレンタルすると2週間25万円前後が相場かと。

ギャラリーによっては、ドライに「貸し画廊」としてお金と引き換えに貸してくれることもありますが、中にはオーナーに作品が気に入られないと貸してくれないことも多々あります。

またもしも趣味の粋を越えて、広く作品の名を上げたい場合は、ある一定の時期に集中して頻繁に個展を開くことがあります。
(でもみんなまず資金面で無理)

すると「また拝御礼、発表してるな。」と、作家名と作品が同時に売り込めることになってます。

日本では現代美術系ギャラリーはだいたいみんな行くとこ決まってるのですが、作家や関係者はちくいちギャラリースケジュールをチェックし、週一くらいペースで足を運んでいるかと思います。
(「ぴあ」のアート欄にある画廊や、「美術手帖」の後にある画廊スケジュール欄でみんなチェックしてます)

画廊によしあしやタイプがあるとしたら、その画廊の「おかかえ作家」が誰なのか、どんなタイプの作品を好んでいて、それが今どんな評価を受けてるかというとこをポイントにみています。

自分が発表したいとドアを叩く先もこうして見つけていくのが一般的です。

個展をすると初日にオープニングパーティーがあり、そこがいわゆるビジネス業界でいう「名刺交換会」とか「顔合わせ」のようになって、人脈ができるわけであります。

その後は主にここで知り合った人たちの協力と、自身の資金力なくしては語れないでしょう…。

運よく協力してくれるオーナーが見つかると「企画展」として無料で発表させてもらえるようにもなります(作品を売ることが画廊の目的ですが)。

コンクールですが、特に若手作家は個展開く資金もないし、キャリアを創るためにも出したりします(賞金もあるし)。

この場合、出品するコンクールは必ず自分の意志とベクトルのあったものを選んで出しています。
(たとえば現代美術系のコンクールしか出さない、またたとえば審査員の作品の趣味で選ぶなど…)

コンクールで賞をとると「キャリア」になるわけです。
個展をするときや、PRのとき必ず「作家歴」をオープンにするのですが、コンクール入賞歴があると華も実もついてきます。

話すときりがないのですが、メジャーな発表活動はこんな感じで、ほかは写真がCDのジャケットに使われたり、作品集を出版なんてこともありますが、非情に非情に稀です。

「写真家」として発表するならやはり、コンセプトをきめたりして個展がベストでしょう。

個展やりながらコンクールだしまくる。
(よし決まり)

作品の仕上げはみんな「パネル仕上げ」が多いですよね。。。
あとは何でもアリ。って今はやってると思います。

あ、そうそう、「コンセプト」に非情にみんな気を使ってました。
もうそれ(コンセプト)が作品みたいなもんで。
いっぱいある写真をつかって、そのいっぱいある写真の発表活動や空間を通して、「何を伝える」か。というコンセプト。
またそれも一生とおして同じコンセプトの人多いです。
(↑作家活動する人には実はこのことが一番重要だったりします)

わかりにくくてすみません。

拝御さんのマンガをみて以前からつくづく思ってましたが(ついそういった美術方面系な目で見てしまって申しわけないのですが)すごく「ウマイ」と思ってました。

それと美大出の人はだいたい景色や人物とか、誰でもバリバリ写実的に描けるのですが「マンガ」はかけないこと多いです(笑)。
でもやっぱりデッサンでもマンガでも、その人の作品には元からもってる“線”とかカラーみたいのが出る気がしますけど。
拝御さんのはマンガみてもなに見ても、なんか「うまいな、」と思ってました。
視点が面白い人はいっぱいいても、四角の枠内にそれを表現するのに物と物との間の「スープのさめない距離感」みたいのがあるとしたら、それが0.何mmの微妙な単位できもちよいとこにはまってる感じです。
頭使ってやってるというより…なんか感覚がうまいな、と思ってました。

すいません勝手に。
ということで。

ぜひ有名になられてください。

おわり。

おぉう、生な情報、ありがとうございます。なんか読んでいるといくつか思い当たる節が…。

そういえば何かの勢いで写真展のオープニングセレモニーに行ったことがあるんですけれど、なんか、写真の趣向が違うというのは抜きにしても、自分の相容れない空気があるな…と思っていたのですが、そういうことなら納得できます。

私の場合は写真はあくまで趣味であって、それで生活をどうこう…とは思っていませんので、そこで垣根があったんですね。

いや、それを否定するつもりは無いですが、むしろ私の立ち位置としては、「定年してあまりある余暇と退職金で、せっかくなので昔あこがれたカメラを手に、再び写真を始めた方」みたいな方々と一緒なので(^^;)資金面とかで違いますけれど。

ただ、それにしたって「コンセプト」は持ちたいと思います。やはりなんか一貫したものが無いと、仕事だろうと趣味だろうと面白く無いでしょうし。まぁ、まだ無いですが、私は(^^;)。

それにしても「ギャラリー」なぁ…。なんか2時間サスペンスドラマの香りが漂っているような気がするのは私だけでしょうか?(^^;)曲解しすぎ

あと、漫画に関してはほめすぎです(^^;)。そんなたいそうなものではありません。

ただ、ノンフィクションとして描いている身としては、blogの延長線上でなんか共通したものがあり、もう10年以上Web上の日記を続けている何かしらのノウハウの蓄積に裏打ちされた…何かがあるような気がしないでもないことも無くは無きにしも非ず…(^^;)どっちや。

まぁなんというか、できるだけ説得力を持たせるように…と気をつけているところはありますが。

…これをなぁ…、フィクションの創作にも活かせれば…(^^;)なんか非実話の話を作るのがものすごく苦手らしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/17381009

この記事へのトラックバック一覧です: カメラを持つ意味:

« プリンタが欲しくなってくる | トップページ | ワンセグの懸念 »