2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 海辺のブロンプトンの使い方 | トップページ | まだ描く自転車 »

2007/12/10

スローなパンクにしてくれ(いや、駄目)

i07120901

11月末の連休になりますが、行ってきました御岳山駅付近の峡谷に。正式名はなんつったかな…。昨年来たときにはその紅葉と黄葉の見事さに圧倒され、以来季節になると来たくなったり。

で、今回はDFR.さんとKIMIと立川8時集合で行ってきました。まぁ面子を考えると、立川駅集合ではなく、多摩川上のどこぞの橋集合とした方が良かったのですが。みんな自走で来るんだもんなぁ、南から。立川「駅」にする必要なかったね。ごめんごめん。今後の教訓にしよう。

で、その後の途上は…基本的に書くことないかな(^^;)ぉぃ…と思いましたが、いくつか。

多摩川CRの左岸を走ったわけですが、いつぞやの台風の爪あとがまだ残っており、MTB以外走行に適さない、そもそも通行止めになっている等々の箇所があり、ちっと走行に戸惑うところが…。迂回路とかあらかじめ決めておいた方が良いかもしれません。

しかしあれから結構経っているのに…。修理も予算次第らしく、来年度までは不便のままのよう…。

まぁ、全体が不便というわけではないので、今後も利用しますけれどね、多摩川CR。

ただ、そういった理由で路面が荒れていたからかどうかはわかりませんが、おいらのBSMの後輪がパンク。ぬぅ、またかよ。まぁそろそろ後輪の溝が薄れてきたから、ちっと怪しいとは思っていたんだけれど(^^;)ぉぃ。

パンクといってもすぐにチューブが割れるようなものではなく、いわゆるスローパンクと言われる現象。実際、青梅付近で一度空気をいれ、いもうと屋までそのまま走行できたし。

もっとも、帰るときに改めてチューブを確認したところ、見事に空気が抜けていたので、やっぱりチューブ交換。正味15分、5分の前後の幅…ってところで、20分程度の作業でしたか。日陰だったので手がかじかんで、うまく作業できなかったんですけれど(^^;)。もうちっと早くなりたいな。

まぁそんなトラブルに見舞われました。つきあわせてしまってごめんね>お二人。

自転車のエピソードとしてはそんなもので、他は…いもうと屋に向かう前に日向和田あたりで買い物をしたのもありますな。

日向和田のあたりはいくつか面白いお店もあるので、つい立ち寄ってしまいます。

KIMIが紹介した紅梅苑だけど、一応おいらも知ってたど。ただ、「梅ほの香」は初めて食したけれど、美味かったな、あれは…。また買いに行かねば…。

あと、昔からさしみこんにゃくの「とろさし」目当てに通っている(最近は青梅自体ご無沙汰でしたが(^^;))吉野梅郷のこんにゃく屋にも寄ってみたり。とろさしだけでなく、色々売っているのよね。そこら辺の品定めも楽しい…っつーか、店のご主人(当日いた方ではなく、お父さんの方)の正体にびっくりですが(^^;)謎。

さて、その後はいもうと屋に向かいましたが、近辺を見てみればやはり見事な紅葉が。ただ、前回ほどの感動にはちょっと足りません。見ると、結構落葉しているような気が…。色の鮮度が落ちているような…。

前回の日記を見ると、時期は一緒のはずですが、今年は見頃が早かったのかもしれません。今年は去年に比べ、季節の訪れが早かったのかな?なかなか見極めが難しいところですなぁ…。

とはいえ、十分綺麗な紅葉を愛でることが出来る、なかなかいいところではあります。

その前に、いもうと屋で食事ですが(^^;)。有名どころなので混雑するところですが、とりあえず10~20分程度の待ち時間で入店できました。しかし、我々の入店も待ち時間があったわけですが、その後の来店者にはもっと長い待ち時間が控えていたようで、まだましだったのかも。

07120902 ともあれ、おいしくおぼろ豆腐御膳をいただいて、12時前にはいよいよ撮影タイム。のんびりと散策しながら、紅葉を写真に収めていきました。

そういえば去年はR-D1が故障で持ってこれず、LC1で撮った覚えが。まぁそれはそれで28~90mmのズームで便利でしたが、CCDが小さいためにあまりボケ味で遊べなかった覚えもあり、リベンジの意味でM8+ノクトン50mmF1.5を動員してみました。65mm相当ですが、まぁギリで「標準レンズ」と捉え、明るい開放のボケ味をばしばし楽しもうと。ノクチほどシビアじゃない分、気軽…って考えましょう(^^;)。

ただ、それだと広角がカバーできない…ってことで、R-D1+カラースコパー21mmF4も動員。32mm相当で「広角」とは言いにくいですが、RF機的には35mmも「広角」という立場のようだし、「広角」ということで(^^;)。

しかしやはりもう少し広い画角もカバーしたい…て時用に28mmレンズ搭載のTC-1もモノクロフィルム装填済みながら、携帯。勿論マクロやメモ用途用にF10も持ち、「いざというとき」用にデジカメ搭載の携帯も…って、いくつ持っているねん!(^^;)

かなり後ろ指さされました(^^;)。

とはいえ、結構楽しめましたよ。さすがにM8とR-D1でいっぱいいっぱいですけれど(^^;)。まぁちっと、コントラストが高くてモノクロで楽しめそうだな…って時にポケットのTC-1…ってくらいで、基本は2台で。

LC1はRAWで撮影してもカラー情報が12ビットだったのでダイナミックレンジ少なく、コントラストが高いシーンなど、特に撮影時に白飛びしていると、現像時にあまり拾い上げきれないとか、露出を調整するとすぐマッハバンドが出てしまうとか(それでもJPEGよりはマシですが)あったのですが、両方とも16ビット撮影の2機種はその辺の心配はあまりありません。…たぶん(^^;)。

ただ、それを抜きにしても、やっぱこのカメラ達はいじっていて楽しいですね。やはりデジイチにはいけません。まぁ失敗があまり許されないシーンとか、ポートレート中心の撮影はAF装備のそちらの方でないといけないとは思いますけれどね。

まぁ、撮った写真は左のサイドバーに掲載されていますので、お時間あればご覧ください。

071203 ぶらぶら歩きながらだったので、目に付いたお店にも入ったり。お蕎麦もいただきましたよ。いい感じに腰が強かったりして、美味しかったな。

ただ、それ以上ぶらぶらしているとあっという間に暗くなりそうだったので、引き上げることにしました。まぁそれでも結構長い時間いましたか(^^;)。しかも、パンク修理でさらに時間を引き延ばしてしまいましたが(^^;)。

まぁ帰りはちと日向側の道路を選んだくらいで、基本的に「来た道を戻った」だけの行程なので、これもまたあまり書くことはありませんが。

ただ、昨今は本当、あっという間に暗くなりますな。こればかりはどうしようもない。

まぁでも普通に帰りましたが、考えてみれば一番走行距離が短かった身なので、皆さんは大丈夫でしたか?

総走行距離は72kmくらい。…だったような(^^;)。紅葉もそうですけれど、やはり空気のおいしいところを走るのは気持ちの良いものですな。紅葉に限らず、また走りに行かねば。

その際は、蕎麦とか釜飯目当てになりますが(^^;)。

« 海辺のブロンプトンの使い方 | トップページ | まだ描く自転車 »

コメント

遅くなりましたが、紅葉狩りの案内ありがとうございました。
南北縦走は(車で)何度もこなしている奥多摩ですが、自転車での東西横断は初だったので楽しかったです。
パンク修理は充分手際良かったですよ。さすがと思いました。

しかし、今回は拝御さんの写真に打ちのめされましたわ~。
薄型コンデジじゃもう限界、正直デジイチ欲しいです。


・・・・・・・・といっても、新車買っちゃったからカメラに回すお金なんてサラサラありませんがー(爆。

ロードに乗るときにメッセンジャーバッグにカメラを放り込んで走っている人を最近知りました。

その人はライカですが、軽量のものならデジイチでもレンズ一本でアリでしょう。…やらねば!(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/17317267

この記事へのトラックバック一覧です: スローなパンクにしてくれ(いや、駄目):

« 海辺のブロンプトンの使い方 | トップページ | まだ描く自転車 »