2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« おいしいお店の探し方 | トップページ | ノートの誘惑とデスクトップの立ち位置 »

2007/11/21

折りたたみ自転車でなくても

ちょっと自転車ネタでメモ。

雑記帳 西武池袋線に「サイクルスポーツ号」

なにやら秩父サイクルトレインとかいう企画だったらしい。

考えてみれば、折りたたみ自転車持っている身としては、たいがいの電車に乗れるので、特に気にしなくても良いトピックのような気もするが、そうで無い人もご一緒に…というケースを考えれば、メモっておいて損はないかな…と思う。

ただ…思い返してみると…、折りたたみ持っておらず、しかし自転車は持っている…って人はあまりいないような…(^^;)。

« おいしいお店の探し方 | トップページ | ノートの誘惑とデスクトップの立ち位置 »

コメント

えーーーーーー(^^)っ
もっとやってほしー♪こーゆーの。
毎日。

まゆみの青い自転車に、
折りたたみor分割機能とスピードさえあったら。
どこにでもいけるのにー

いやもう、折りたたみ新車を買うしか(^^;)。

しかしなぁ。書き込みを見ているとなんとはなしにKHSのF-R20関係がお似合いかなぁ…という気も>mayumiさん。

ただ、そんなんチョイスさせるとなおさら、際限なく遠くまで走り去ってしまうような気も…(^^;)。

KHSのF-R20関係がお似合いかなぁ…という気も>mayumiさん。

>先人の言うことは素直に聞くべしと思い、↑これ買おうとしています。

ところが昨日、まちがってロード系onlyの店に入ってしまったとき。ロードじてんさを勧める店員さんに、「免許ないし。信号のルールとかも本当はわかんない。」こと言ったら、すかさず速い自転車を一挙に下げられ、「す、すすめられません。速いのには乗らないように。。。」と言われてしまいました(苦笑)。

本物のロード自転車は無理でも。
HKSのFR20ならちょうどいいかなー。

mayumiさん
>、「免許ないし。信号のルールとかも本当はわかんない。」
それでしたら身近な運転免許所有者から、免許の更新時に貰う小冊子
(「交通の教則」など)を借りられては?免許持ちには今更な内容ですが、
そうでない人には車の動きが判るようになります。
自分も小学生の時に読んで結構参考になりましたよ。

>秩父サイクルトレイン
昔秩父に住んでいた者としては見逃す手はないと思っていたのですが、残念ながら今回は見送ってしまいました。
来年にエントリーしてみようかと思っています。
関東から大きく離れなくてもサイクルトレインを堪能出来るのは魅力ですね。
ちなみに昨年は秩父鉄道でSL輪行をしましたが、全区間に近い距離を輪行したのは少し退屈でした(^^;ゞ
次回は必ず三峰神社までのヒルクライムを完遂せねば・・・。

>mayumiさん
ちょうど私がお世話になっている自転車屋さんがKHS系ショップなので店長さんにしょっちゅう話を聞きますけど、
F20Rは脚力ありそうなmayumiさんにはお勧めかもしれません。
しかし、ブルホーンハンドルの縦位置握りを気にしないチョイスの勇敢さは、さすがです(^^;ゞ<結構怖がる人多いんで<縦握り
ではでは、拝御さんに色々とレクチャーしてもらってのち、いつかご一緒しましょう。

すごいうれしーっ♪
自転車がふつうに乗れそうになってきた気がします。

とんさあさん、「交通の規則」情報ありがとうございます。
どうりで…「↑→やじるし信号」でフライングし、引かれそうになったりしてました。
はやく誰かにもらわないとー。

そしてDFR.@XRFさん、KHSのF20Rの応援ありがとうございまつ。ちょっと勇気がでました(買う)。
「縦位置ニギリ」の見た目はかわいくないけど授かりものだと思って愛してゆきますー。

そいで今のGAIANTのダウンヒル用バイクは、せっかくなのでダウンヒルも(やや)トライしてみようかなと。
春になったらタイヤを太いのに履き替えて、山にいこっかなーーーと。
(ダウンヒルのこともよくわからないけど)とにかく目標?にしました。

つたない経験、つたない知識のわたくしですが
(拝御さんのご指示どうりにしますので)よろしくどうぞ
おねがいいたしますー


読むのはいいですけれど、ちゃんと頭に入ったか確認するために、原付免許くらい受験してもらいましょうか?(^^;)ぉぃぉぃ

デモ確かに交通規則を把握しないと。ロードだったら車道しかなくなりますからね、走るところ。

さもなきゃ他の人の間に挟まって走り、そっちに習うしかないですからね。

それにしてもとうとうダウンヒルまでに…。どこまで行ってしまうのだろうか…(^^;)。

お兄様方ア~!!
(皆様のおん歳も確認せず勝手に“お兄さん”だと決めてます。・・・すいません。)

ついに買ってきましたー「小径車」♪

言われたとおり、和田サイにメールで
「拝御礼さんのアドバイスにより…」と、
KHSの在庫を確認したのち、2日まえに見に行きました。

結論から言うと買ってきたのは、

 BSモールトン-R9(ファイアーレッド) です。

あれ?KHSは(^^;)?
・・・と、いろいろあったのです。

問い合わせ後、KHSが偶然どんどん売れてしまったようで試乗車もなく、
売約済みのを組んで下さるのを待って見せて頂きました。
KHS「F-R20A」か「F-R20AC」どっちにするかーと考えてたら
・・・ふと和田サイ店内の“山”にBSMのパンフを発見。

そこになぜかBSMやらKHSやらに乗ってくるお客さんたちばかりに巡り合い、
「で、で、どうなんすか?」と、しつこく迫った結果、

拝御礼さんのスペシャルなのじゃなく、
(その下の分割式のにしようと悩みつつ)
非分割でも軽くてかわいいのに決めました。

「輪行はどーするの???」ということで
ケンユウさんが「こうしよう」とMTBの大きな輪行袋に
すっぽり“まるごと”入れて完了。

その後、試乗が続き今日夕方帰宅。
2日間どっか行ってました。

「輪行」のタイミングって、
経験ないとつかめないもんですね。
下手だからきれいに袋入れられなくて、
またでっかくて座れなかった(涙)

途中、泣きそうになって(T_T)

二又新町の駅でパン食べちゃいました。

ちょっとこすっちゃったし(泣)。

でもかなりよかったです(満足)。

ということで、私のほうもお休みがばらばらで、
以前のようなご迷惑はおかけするのはしのびないので・・・
どうか天の時にまぜてくださいっ(^^)

 …どうつっこんでいいのかわからない(^^;)。

 ただ、BSMというチョイスは否定しませんし、輪行本2にも書きましたが、オールマイティにオールレンジこなせる車種として文句なしです。ちょい乗りから長距離まで、安心して任せられる車で、オフロードとかダウンヒルといった荒れた路面はどうよ…ってことになりますが、そこは例の「青い彗星」があるわけで、いい使い分けにもなりますし、ちょうど良いのではないかと。

 ただ、非分割となると輪行には向かない…(^^;)。電車に乗るときは必ず最前部か最後部で、電車の取っ手などにくくりつけられるベルトも必須。これも輪行本2に書いたかな?

 …しかし、それはそれで逆転の発想です。「輪行中心」ではなく、「輪行オプション」とすれば逆に走行の幅を広げます。

 つまり「困ったり疲れたときだけ輪行すれば良し。それまではずっと走ってられる。どこまでも走っていける」と。

 そういう意味では「鉄砲玉」のmayumiさんにはいいチョイスだったのかも(^^;)ぉぃ。いや、やっぱり際限なくなっちゃうかな…。

 次の予定はクリスマス前後の鎌倉行きですけれど、まぁまだその長距離(+高速)は無理ですかね。今年はあと16日くらいしか空いてないし、隙見ておいおいどんな走りをするか確認してみたいんですけれどね。大体「2日間どっか」…って、またどこかファミレス泊っすか?(^^;)

#ちなみに輪行袋はMTB用の汎用っすか?タイヤの大きさとか前提が違うので、「きれいに収納」というのはどだい無理なので、そこは割り切って。ただ、余計にベルトを用意して、しばりまくってスマートにする…という手はありますが…。

なるほど。そうだったのかー(何がだ。)
さすが輪行本の作者だけある・・・と、かなりショックなほどに納得しました。

輪行袋はケンユウさんセレクトの緑の袋
(たぶんマウンテンB用。4000円?)。
専用のではないと申しておられました。

前のわっぱをはずしてコンパクトにもなるのようですが、
私の技術力じゃまだ・・・

ちなみにこの日、「泊」というか成田のロイホで「法華経を読む」という自転車とは無縁の本を読んでました(※私は仏教徒ではありません)。
用事の種類が何かと多いので、用事A→用事B→用事C・・・など24時間オンオフの境目なく寝る時は「寝た時」という暮らしをしております。
飽きっぽい自分を飽きさせないためにもいいかなと(苦笑)

クリスマスあたり、
私は「あちら組」でも「こちら組」でも毎年クリスマスは、合唱団のおねいさんか、クリスマスのためのボランティアのだいたいどちらかです・・・・が、どちらもコスプレです。
(サンタの格好やら。合唱は去年、メイド服で第九歌いました)

もしかして年明けて、あらためましてになってしまうかもしれませんが、かならず拝御師匠に走り方を教えていただけるのを待ち望んでおります。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/17148349

この記事へのトラックバック一覧です: 折りたたみ自転車でなくても:

« おいしいお店の探し方 | トップページ | ノートの誘惑とデスクトップの立ち位置 »