2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/28

輪行本2.5進捗状況

ネームも終わり、本文のペン入れも進み、「ペン入れが済んでいないコマがある」ページが残り5ページといったところ。おお、意外と進んでいるな…と思う反面、手間がかかりそうなコマを残しているのであって、これから時間がかかるので、ちっとも順調ではない。

トラストフレーム描くのに、平日の夜、一晩まるまる使っているんですけれど(^^;)…というか、なんでそういう車種を選んで描く>をれ。

そもそも表紙、裏表紙に加え、内側の表紙(?)、後書き、奥付など、本文以外はまったく手を付けていないし、そもそも本文だってベタやトーンが残っている。

…ざわ。…って感じ(^^;)ぉぃ。

しかしネームというのは面白いね。最初はエディタでテキストベースで、頭の中で大体のコマ割りを想像して書くわけだけれど、実際原稿に載せてコマを割ると不都合が出て、その場で修正とか、書き直しになってしまう。

テキストエディタの原稿を見る限りは不自然は無いのだが、ネームの修正版の方を見ても、自然は自然。どちらも正解…ってのがなんとも…。

まぁでも、そのページのペン入れ寸前まで台詞の微調整とかしたり、結構シビアな問題なのかも。

…とか考えつつ、でもそんなんぐだぐだ言ってる暇無いくらいにせっぱ詰まってます(^^;)。

2007/11/22

ノートの誘惑とデスクトップの立ち位置

とあるルートでT61pが30万円を切る値段で買えることがわかり、かなり心惹かれるところだけれど、なんとか自制している今日この頃。

まぁ今のところX61TS+で大概間に合っているからね。3Dとか、WUXGAが必要になる映像編集とかになったら欲しいところだけれど。もっとも、そういう用途が発生するか疑問だし。発生するならまだ先じゃないかな?

…ただ、そういうことを書いておいて、とりあえずX61TS+があるところで、他に必要なPCってなんぞや?…ってことになると、今のところ特に必要も無し…ってことに気がついた。意外とオールマイティに役立ってくれるな>X61TS+。小さい割に結構パワーがあったり、高画素だったりするのが良い。

ただ、本当は実は要るのさ>他マシン。

例えばそろそろMyBookで作成したいアルバムとかあるんだけれど、PhotoShop+MyBookという組み合わせでデータを作成しようとすると、WindowsXP+PhotoShopCS1とかいった環境が必要で、そうするとデュアルブートを設定するよりは、昔のノートの環境をそのままに流用すればいいだけの話で。

ただ、新しい環境を…となると、今のところわざわざ新しくマシンを導入する必要性は無いと思う。

とはいえ、そろそろ地デジもどうにかしたいなぁ…と思うところでは、デスクトップで地デジ、あるいはハイビジョンをこなせるマシンがあれば、通常テレビマシン、予備でPC…という使い方もいいかなぁ…という気もしている。

そう考えてデスクトップのカタログとか見てみると、最近は結構そういう方面もいろいろあるなぁ…という気が。世のニーズもおいらとそんな変わらないのだろうか?

ただ、それとは別に、純粋に高機能を目指して発展するPCでもあるわけで、そういうのはゲーマーが望むところなんでしょ?…PCのゲーマーって、どれくらい数がいるんだろう?

まぁそれはそれとして、ふと昨今のデスクトップは…と思うと、「省スペース」「地デジ・ハイビジョン対応マルチメディア」「ゲーマー向け高機能」…他に何があるんだ?

いや、サーバとかワークステーションといった業務用向けも他にあるだろうけれど、デスクトップはノートに駆逐される…とは言わないが、だいぶ特定用途向けに絞られてきているかもなぁ…という気がしないでも無い。

上記に当てはまらない、普通のデスクトップPCも世に多いけれど、どちらかというとオフィス設置のクライアントマシンが単に一般向けにも窓口開いているだけ…ってことかもしれないし。あるいはノートよりもはるかに安価な「安価モデル」とか。

そうそう。コスト的にノートよりもメリットあるというのはわかりますよ。デスクトップはデスクトップで、パーツ単位での交換が可能だったり、液晶モニタそのままに、本体をアップグレードするのも安価…という利点も重々承知しているけれど、普通の人のノートPCのサイクル…って、そんな短くも無いし、ついでに液晶も交換しても、そんなたいそうな費用でも…ってことになるのかもしれない。

別段なんか感慨を感じているわけでも無いけれど、まぁそういうことを考えたり。

2007/11/21

折りたたみ自転車でなくても

ちょっと自転車ネタでメモ。

雑記帳 西武池袋線に「サイクルスポーツ号」

なにやら秩父サイクルトレインとかいう企画だったらしい。

考えてみれば、折りたたみ自転車持っている身としては、たいがいの電車に乗れるので、特に気にしなくても良いトピックのような気もするが、そうで無い人もご一緒に…というケースを考えれば、メモっておいて損はないかな…と思う。

ただ…思い返してみると…、折りたたみ持っておらず、しかし自転車は持っている…って人はあまりいないような…(^^;)。

おいしいお店の探し方

ミシュランガイドの東京版が出たね…っていうか、出るね。

美味しいものに目が無い身としては気になる本ではあるけれど、今まで自分の足でそういう店を見つけてきた身としては、逆にそんなんに頼りたくねー…という自負も有る。

まぁでもこちらの守備範囲は「郊外」だから、ミシュランの範囲とバッティングしてないから、都内はそっちを参考にしちゃおうかなぁ…という気がしないでも無い(^^;)。

おいらが初見で「ここは美味しいお店かも」とアタリをつけるのは一応「勘」だけれども、それなりに培ってきた経験を生かして、店構え、雰囲気、におい等々、結構総合的に見てはいる。

ただ、都内の店だと、ビルの一部…ってところは特にそうなんだけれど、画一化されて、なかなか外見から察するのが難しくなってくる。そういう意味では「実際食し済み」なガイドはありがたいっちゃーありがたい。

しかし考えてみると、このガイドを使うにあたり、もうひとつ敷居があることを忘れてはならない。

紹介されているお店は、結構お高い。

まぁ比較的安いお店もあろうけれど、三ツ星のとあるお店の平均客単価が2万円?勘弁してください(__)。

とはいえ、個人的にはそれを避難するつもりは毛頭無い。高いには高いなりの質があると思う。

おいらも中華街でわけあってお高いメニューを食したことがあるけれど、その後別の安い店で似たようなメニューを食したら、がっかりしたことあるもんね。

もちろん高ければ美味いというものでも無いし、安くて美味い店も知ってるし。ただ、金額によって、同じ中華だとしても「ジャンルが違う」捉え方もできるわけで、別物と考えたほうが良いかもしれない。

だったら、それはそれで機会を作って味わいに行くのもいいんじゃないの…ということになる。

まぁでもしばらくはミシュランに載ってるお店は星の数に関係なく激混みなんだろうなぁ。

もっとも、まずはその前にお金を貯めないとね(^^;)。で、誰かと行きたい。一人じゃ…ねぇ(^^;)。単価1万円くらいで誰かつきあってくれねぇかな。まず貯める方が先だが(^^;)。

2007/11/20

いよいよ紅葉狩り?

とりあえず、今週末はもう23日にさくっと行ってしまいますか?>紅葉 翌日でも構いませんが(日曜はダメ)。

とりあえず前回どおりとすれば、青梅に8時…はさすが早すぎるので、立川南口8時集合…ってところでしょうか。

んで、多摩川サイクリングロードを遡って青梅経由、御岳山駅近くのいもうと屋まで一気に行って(途中梅園あたりで休憩するかも)、まずは食事してから紅葉巡り…って線ですか。

週間天気予報では問題なさそうだし、色づきもちょうどよいかも。

前回の反省点を振り返れば、「カメラはフル装備」「見る前に食べる」…っていうのだけはおさえないといけませんかね(^^;)なので朝飯は抜くか軽めに…。

…他に何か教訓、ありましたっけ?(^^;)

#…帰りに立川でサンタ衣装物色してく?(^^;)

2007/11/19

週末の季節

07111901

先週末はサイクルモードをけって、ちとぶらりと飯能-岩倉ラインに行ってきました。

基本的には代わり映えはしないコースではありますが、寝坊したり、ポプルスの打合せに間に合わすために「古久や」「KYANDY」をパスしてしまったのがちと物足りなかった(^^;)。

まぁでも久しぶりに赤沢スイーツ、麦、たまご倶楽部は押さえましたよ。

赤沢スイーツは秋メニューが終了。一度も食さずに終わるところだった。あぶねー。でも冬は冬でショコラも出てくるし、それはそれで楽しみ。

麦ではまた紅茶もいただき、ありがたい限り。ちょうどいらしたおかみさんのお友達と久米島話に花が咲いたりして楽しかったです。

07111902 たまご倶楽部は店舗を改装するという話は聞いていましたが、ちょうど新装開店日だったようでびっくり。夕方に行ったので新装開店記念品みたいなものは無かったですが、まぁそれはそれ。今後はケーキとかも販売されるようで(当日は売り切れ)、あの卵を使ったケーキがどんなんなるか、気になるところ。

グルメレポートとしてはそんなところですか…。あ、いや、もう一店あったか。

例の山王峠の飯能側手前に隠れたお店があるんだけれど、そこでちこっとトマトパスタをいただきました。

07111903 これが結構美味。まぁ正直って「丁寧」って感じの味付けじゃないんだけれど、家庭的なジャンルで、豪快に美味い…というか、まぁ一度食べに行きましょう(^^;)。

しかしほんと、あの辺はいろいろ隠れていやがんな。

 

グルメ的にはそんなところ。あとは「寒さ」ですか。

TOKさんあたりはとっくのとうに感じていただろうけれど、こちらのサイクリング組もいよいよもって「防寒」を考えなければならない「寒い時期」に突入してまんな。昨今山沿いまで走っていなかったので、いまいち実感が無かったです(^^;)。

まぁこちらは基本、ヒートテック素材のインナーの上下を履き足すだけなんですけれどね(^^;)。結構それで温まってしまうというか。

ただ、それでいつまで保つのやら。寒さが厳しくなってくると、ジャケットの厚さも考えないと。でもそうすると動きが鈍く…。まぁしばらくはインナーで対処ですな。

07111904 あとは紅葉。色づきも好調というか。もみじ関係はまだそんなに色づいていないけれど、週末に急に冷えたので、ぐんぐん色づくんじゃねーかな。

地域の差もあるだろうけれど、沢の井あたりも楽しみやで。

2007/11/18

お買い物リスト

そういえばもう年の瀬も近い。今年はなぜか出費がかさんでしまったので、もう今年は…というか、今年度は買い物とかかさむ出費はしまい!…と決意したいところ。

ただ、ちょっとちらほらと欲しいものも…(^^;)。

こないだ「PFR-V1がいいね」と書いてしまったが、「必要性」とか「なにか作るために」とか、そういった点で考えると、また違うリストができあがったりするわけで…。

まずはCinema4D10.5アップグレードパッケージ。最近とんと取り掛かっていない3DCGだけれど、少しはしたいのよ。マシンも新しくなったし。

ただ、昨今輪行本の製作(2.5が終わっても3がある)にハマっているので、果たして使う暇があるかどうか…。

次にScanSnapS300か。このシリーズは前から欲しかったんだけれど、結構コスト高、すでに持っているAcrobatがカブって不経済…等々個人的環境問題があって手が出せないでいた。

とはいえ結構、捨ててしまいたいんだけれど、取っておきたい記事があるので捨てられない雑誌というのもあるし、チラシとかもそう。こういうのは欲しいところだった。

チラシなんかその広告の品をWebで確認し、URLをメモったら即捨ててしまってもよさそうな気もするが、物産展や展示会でのそれだとチラシのみ…ということがあって、それをblogネタにしようとすると、そこそこ取っておかないといけなかったりして、そしてそのまま山積みになっていく…なんてことも。

そういう家の中の整理を考えると、ScanSnapは欲しかったのだけれど、ようやっとリーズナブルなのが…といったところ。

これで年末年始、部屋を掃除できたりすれば一石二鳥というかなんというか…とかなんとか言いつつ、怠ける予感が…(^^;)。

他は…とりあえず無いな。若干バッファローのHDD2台搭載NAS(1TB…ミラーリングすれば500GBか)も欲しい気もするが、340GBのNASも半分以上空いている身とすれば、まだ早いか。

そ、これ以上は抑え目に…。

いやまぁ、確かにライカのズマリットの35mmとか惹かれるけれどね、…高すぎる(^^;)。

2007/11/16

ちょっと欲しいスピーカー

 そういえば、何度かPFR-V1を視聴する機会があった。

 結論から言えば、なかなかいいヘッドホンだなぁ、という感じ。

 記事などで時折「スピーカーにしては小さいし、イヤホンにしてはデカいし、オープンだから外で使えない」とネガティブに書いてあるのも見る。

 ただ、個人的には「スピーカー置く広さも無いし、イヤホンでせせこましく聴くのも室内なのにもったいない」と考えれば、PFR-V1もアリという気がしている。

 実際、イヤホンとは比べ物にならない音のよさが耳元で広がるし、それでいて頭周りしか機材が無いので、設置とか考えなくてよいのがいい。

 もちろん、もっと贅沢にした音響環境を整えるのも手だと思うし、簡素化したヘッドホン環境もあるとは思う。ただ、PFR-V1はそれはそれで絶妙なバランスで用途が確立するような気がするのだが、おいらだけだろうか?

 とりあえずDVD見るには最適そう。まぁ、5.1chじゃないけれど。

 問題は…なんかつねに耳、それも内耳にひっかかる感触があることだろうか?確かに視聴する限りでは妙な違和感を覚える。ただ、嫌悪というほどでもないし、慣れるような気がしないでも無い。

 あとは価格。絶対値として5万円程度というのはおいそれとは…ねぇ。まぁ、くるくる回るスピーカーよりはおいらの環境には導入しやすいことを考えると、現実的(?)ではあるけれど。…うーん。

ブーケレタスの出所

 興味ない人はとことん興味ないだろうが、個人的にはありまくりなので、備忘録代わりにまだ記事にしていくつもりの「ブーケレタス」。

 追跡調査をおこなったところ、こないだの物産展の千葉ブースに来ていたのはどーも「葉っぱや」っぽい。ブーケレタス情報も記載されているので、興味のある人…がいるのかどうか知らないが、そういう人は参照してくらはい。

 ただ、イベント出展履歴に実りのフェスティバルがカウントされていないのが怪しい。やっぱりここじゃないのかも…。

 まぁ、「ここだ!」…と調べ上げたところで、別に何がどう…ということはないんだけれどね(^^;)。


 ついでに、あのドレッシングが通販でどうにか入手できそう。現在交渉(?)中。まぁこれも楽しみにしているのはおいらしかいないんだけれど(^^;)。

 …っていうか、某広島県民、こんないいドレッシングがすぐ近くで入手できるんだから(三越の地下でも買えるらしい)、うらやましいぞ!

2007/11/15

輪行本2.5進捗状況

 まだ、本文16ページか20ページか決まってない状態。ただ、一応ネームテキストはできあがっている。これを絵コンテ代わりのネームにすると、必然的にページ数が決まるし、その作成途中で「あ、ページ数多くなりそうだから、これはばっさり削ってページ数を減らし、締め切りに間に合わそう」とかなんとか試行錯誤が行われる。

 ただ、冒頭の数ページはもう描くことが決まっているので、すでにネームを越して、ペン入れまで進んでいる。背景の一部を後回しにしていたりもするけれど、5ページめにとりかかっている。

 …ここ数日。

 もう何日かかっとるんやね、5ページめ。極小径自転車を数台描かなければならないページで、四苦八苦中(^^;)。たはー、やっぱ折りたたみは展開時、折りたたみ時と描くの大変だわ(^^;)。しかもシルエットから違う車種なので、経験が使えない…。

07111501 まぁでもなんとかちまちま描いています。逆に言えば、時間かかりすぎて、ちっと入校が不安…。

そういえば、デルって…タブレットPCを出したか?

 秋くらいに出すとか言っていた気がするが、音沙汰無いよね?

 あるいはさりげにラインナップに加わっているとか?でも調べた限りでは見つからなかったけれど?

 うーん、おいらはもうX61TS+があるから関係ないけれど、「タブレットPC」というのを広めてくれる役割を担ってくれそうだったのに…立ち消えなら惜しい話だ…。


 ついでだからX61TS+の話も書いておくと、トラブルは指紋認証センサーか。

 認識率は結構高いので重宝していたのだが、立ち上げてからしばらくスリープを繰り返すと、起動時「指紋読み取りセンサーを接続しています」とかなんとか表示され、それっきり。指紋センサーを用いたログインが出来なくなることが多い。

 キーボードログインができるので、ログインがまったく出来ずにこまる…ということはないのだが、指のワンアクションで済む話がパスワード打ち込むコトになっていて、ちと面倒。最初の頃はなんともなかったので、経年劣化…ということか?ぉぃ


 拡張バッテリーを入手。セル数が単純に倍になっているので、使用時間も単純に倍かなぁ…と思ったら、本当にそんな感じ。これで最初から拡張バッテリーがついてくるX41Tabletと同じ使用感(時間)になったような気が。

 ファミレスで原稿とか2時間書いていても、半分近く減っている程度。うむうむ、いいね。これならモバイル中、バッテリーが切れる前にこちらの集中力が切れるから(^^;)。


 3GBというメモリ容量が結構重宝。自分の必要なアプリを複数立ち上げる程度なら、メモリ不足になることはまずない。

 まぁまだ大きな画像を複数扱う…というハードなケースに陥ってないからかもしれないが。

 とはいえ、通常使用ではアプリ立ち上げ数を気にしなくて良い…というのは結構精神衛生的に良いような。


 それら環境とSXGA+という画面を含め、輪行本原稿作成にはかなり役立っている。X41Tん時に比べると、生産性の高さは段違い。…ただ、それが時間短縮に結びつかないのはなぜだろう?(^^;)

 それにしても、ふつーにアプリ一つで描画している分には問題ないが、2画面…というか、Webなど参照する場合などは、「もう少し画面が物理的に広く、あるいは高画素だともっといいなぁ…」と思うときもあるが、まぁとりあえずは問題なし。

 ただ、ごくまれにIllustratorCS3上でファイルを保存できなくなるケースがあり、あやうく描画したデータを不意にするところだったことが2回あった。

 一応データをいろいろな方法で保護して難は逃れたが、作業が中断してしまうので、何が原因かわからない以上今後を考えると頭が痛い。

2007/11/14

おいら流のクリスマスの迎え方

 気がつけば、結構店先がクリスマスシフトになっているところもある昨今、てんで実感が無い。

 理由は簡単で、「暖かい」から。…地球温暖化の影響?

 まぁおいおいクリスマスムードが高まってきたら、独り身の寂しさを痛感するか、達観して「おいらは仏教徒だから」と静観するかのどちらかにおちつくものかと思われます。

 …ただ、思い出してみれば「クリスマス走行」…というのもあったんだなぁ…。Nebulaさんがあんなことになってしまったから、すっかり忘れていた。

 そのまま忘れようかと思っているが、クリスマスムードの高まり次第でどうなるか…(^^;)ぉぃ。

 Nebulaプロジェクトではキャリーだかトレーラーを引いて、ほんとにプレゼントを乗せて走ろう…という話もあったが、そこまで凝らなくてもまたサンタ衣装で走ってもいいかな…という気持ちもある。

 どちらかというと前回、ちゃんとしたサンタの格好をした人に対する対抗心に近いのだが(^^;)。

 そうでなければ俺、Nebulaさんのサポートでトナカイの衣装だったはずだし(^^;)。

 まぁともかく、サンタ方向でちょっと衣装を探してみようかな…という気もしてきた。それでまた境川方面走って、写真を撮ってNebulaさんに送って刺激にするのも手でしょう。

2007/11/12

そういえば

 2007年11月13日(火)20:00~11月14日(水)10:00の約14時間、ココログのメンテナンスに入るので、記事の更新はおろか、コメントも打てなくなりますので、あしからず。

 くわしくはこちら

週末はどうしよう…

 今週末はサイクルモードか…。面倒だな…>幕張メッセ。でも行ったほうがいいのかな?輪行本3以降の情報収集とか考えれば。でもなぁ、メーカー側のイベントだから、それとはあまり関係ないようにも思えるが…?

 行きたくないわけでも無いけれど、すぐに欲しい自転車があるわけでもなし、積極的に行く理由もないんだよなぁ。もちろん、行ったら行ったで興奮してはしゃぎまくると思うけれど(^^;)。

 ただ、それよりはここ最近行ってない飯能-岩倉ラインとか、キャンディとか行っておきたいんだよね。そちらのコースは9月の頭からこっち、全然行ってないよ。もう赤沢スイーツもご無沙汰だし…。

 でもサイクルモードは年1回だし。自転車展はもう無いし。

 原稿はあるし。

 …あー、どうしよう…。

アイディアのまとめ方

 輪行本3の構想だけれども、まぁとりあえず「自転車の買い方イロハ(仮)」にするとして、じゃぁどういう話の流れにする?…と聞かれると、実は構想すらない。

 …というのも、おいら自身何とはなしに和田サイクルに行ってストライダを買い、その流れでブロンプトン、BSMと買ってしまったので、じゃぁどうやって店を選ぶ…と聞かれたときに指南の仕方を思いつかない。

 こうなると、こないだのように「初心者はこう悩むだろう」とある程度いくつかの疑問を立てて、それをいろいろなタイプの店にぶつけ、おのおのの答えを並べて本としての全体の流れを作っていくしかない。

 「まずは取材」これしか無いだろう。とりあえずは。

 そのために必要なことは…まずは輪行本2.5をとっとと終わらすこと(^^;)。その次が輪行本1~2の増刷。

 なんでや…ってことになるかもしれないが、「こういう本を作る」ということをまず説明しないと、取材先が聞いてくれないかなー…と思うのだが、どうだろうね?何も告げずになにげに聞いてしまう…というのも手かもしれないが、なんとはなしに「これは取材」と名乗って今回やってみたい…気がする(^^;)なんでや?。


 ま、とりあえず今回の話の本題はそこではなく、ともあれ取材していろいろ回答を手に入れたら、それを元にプロットをひねり出すことになるわけだけれど、その際に情報が多すぎるとおぼれてしまう気もする。

 当然、データを整理しないといけないわけだけれど、個人的にそういう時に使用するのは「アイディア。マスター」という代物。実際、輪行本の作成時、これを元にネタ・ページ構成の整理を行って、結構重宝している。

 当然3も…と思うのだが、その際のデータは「店ごとの回答」「質問ごとの回答」と視点を変えて見る必要がある。そうしないと一方向的な視点に陥り、うまく話を考えられない可能性もあるからだ。そうするとアイデアマスターはちっと力不足になってくる。

 そこら辺、なにか解決してくれるツールは無いかなぁ…と思っていたら、「Frieve Editor」というのを発見した。基本的な機能はアイデアマスターと同じなのだろうが、視覚的な機能が大幅に増強され、マップを設定によってアニメーションして書き換えてくれるらしい。

 アニメーションはともかくとしても(楽しそうだが)、設定ごとに表示を切り替えられるというのは、模索段階でアイディアを練るには魅力。また、フリーソフトということで、複数のマシンにインストール出来るのも魅力(^^;)。いくら高画素画面だったとしても、Frieve Editorとシナリオ用エディタと並列して表示するのも難しいだろうし。

 ネックは動作確認がWinXPでしか行われていないことか。「VISTAでは動かない」と断定されているわけではないが、X61TS+で動かないと、データ収集とか整理ん時、不便しそう。

 実際はWinXPのT40pとか、SXGAモニタデュアルなデスクトップがあるので、そちらで表示し、それを眺めながらX61TS+でシナリオ…ってのがシナリオ作成時の作業になるだろうが、なんとかVISTAで動かしたいところ。


#ちなみに最近、こういうツールこそ、PCの独壇場では…という気がしてならない。実際には大きめの付箋にアイディアとかメモとかを書き連ね、机上に広げて複数人で会議する…ってアナログの方がもっと直感的でやりやすいのだろうが、一人で…って時とか検索性、さくさくデータの入れ替えをする必要がある時などは、PCの方がよかばい。

 別段、アイディアをひねり出すのにそういうマインドマップを作成するツールしか役立たないとは思わない。実際、記事などの話をひねり出すのによく使うツールは「ネタの種」。

 「紙copi」などのファイラー付きテキストエディタ(?)が、結構重宝する。もうこういうツール無しにはPCがいじれない。

 Macとかこういうツールは苦手なんじゃないかなぁ…とか思ったりもするのだが、ぐれいさんのblogでNewNOTEPAD Proというのを知った。なんだ、Macにもあるのか。マインドマップ作成ツールとかもありそうね。

 しかもMacの方がこの手のツールはきめ細やかそうな気もするなぁ(^^;)イメージとして。

 若干アイディアひねりようツールとしてノートなMacが欲しくもなったが、画素数、手書きメモを単体で出来る…という意味合いでX61TS+がぬきんでているので、残念ながらお蔵入りの模様(^^;)。

2007/11/11

輪行本2.5の進捗

 ポプルスと打合せを行い、締め切りも把握できたので、なんとはなしにやる気になってきた。打ち合わせてから原稿の自転車描画の気合いの入れ方が違うのが自分でもわかる。

 ただ、気合い入れすぎて時間かかってるんですけれど…(^^;)。

 今回はモノクロで本文16ページくらいと少ページで区切っているので、そう時間はかからないと思うんだけれど、どうかなぁ。ページ数はまだ未確定だし。

 表紙もモノクロなんすけれど、結構どうすればいいかわからなくて模索中。なぜか今までずっとフルカラーだったなぁ。紙を何色にするかとか、スミ一色でいいのか…とか。もちろんそれが映える図柄とかね、考えないと…。

 ま、そうやって費用等抑えて、なんとか300円/冊にはなりそう。ページ数だけでなく、内容も他に比べてうっすいので、あまり期待しないでね(^^;)魂込めません。


 あと輪行本1~2も増刷しておこう。ポプルスにデータが保存してあるらしく、入稿の手間が必要無いので楽。ただ、カラー原稿も混じっているんだから、2.5と同じ締め切りに考えちゃだめよね<をれ(^^;)なんかのんびり考えすぎていた。

 近々、正式に増刷の発注をかけておこう。ただ、いくらになるのかしら?見積もり貰わずにはいられない体になっちゃった(^^;)謎。


 そういえばちろっと「とらのあな」の委託方法を調べてみた。間違っている可能性もあるが、まず「審査要請書」みたいのを取り寄せ、それと一緒に見本誌を送り、審査して貰うらしい。

 それで「要らない」だの「何冊送れ」とかいうやりとりが発生するらしい。うぬぅ、面倒そうでもあり、逆に挑み甲斐があるとも思え、かつ、納入冊数が最初に見当付かないので、下手すると対応しきれない可能性も出てくるのかしらん?…と若干物怖じしたり(^^;)。

 どうしようかな…。

俺の頭の中は?

 そういえば今更ながら、脳内メーカーをやってみた。

 いや、流行った頃にもやったんだけれど、ページが重くてそもそもそのページにたどり着けなかった。

 今は少し落ち着いているので、さくっと調べてみたり。

 とりあえずは「拝御 礼」かな。一応オフィシャルな見解としては、「拝御」と「礼」の間は全角スペースを空けるのですよ。それで検索した結果がこれ。

 …え?脳内だけじゃないの?

 しかしなんとはなしにわからんではないことにはなっているような…。なんか知らないことを見て、それを元に妄想したりするもんね。実際、輪行本3は初心者にとっての謎を元にどう本にしてやろうか…と、いわば妄想しまくっているようなもんだし。

 …つっても、さすがにそれに「H」は絡まないが(^^;)。しかし周りに「友」が居るのがいいなぁ…。友あっての私でございます。


 ちなみに、本名でもやってみましたが、すげぇ判断に苦しむ結果になりましたので(名前にスペースがあろうとなかろうと)、紹介は割愛させていただきます(^^;)。

2007/11/10

振替輸送の不思議

 こういうblogを運営していると…というか、実際あった人はわかると思うが、偉ぶって話すせいか、結構ものを知っているように(たまに)思われるおいら(^^;)…なのか?。

 しかし、それ以上に知っている人は知っているとおり、意外に「常識」というものがない。

 いや、多少はあるよ?ただ、不意にある事項について無知ということが露呈することがあったりするわけで、まぁある意味blogのネタに事欠かない…というかなんというか(^^;)。

 で…だ。今回知った常識は、振替乗車券で電車とかバスとか乗れること!そうか!これがあると迂回路の他線とかに乗車できるんだ!


 …いや、今までの人生の中で電車に乗っている最中に路線上で人身事故とか発生して迂回するなりなんなりする必要とか、あるにはありましたよ?ただ、復旧まで待ったり、なんとはなしに迂回したりして、あまり振替輸送云々にお世話になるということはなかったんですよ。

 しかし今回、帰路にかなり影響される形で、人身事故の影響による振替輸送にぶちあたったのですが、バスに乗っている人が振替乗車券のみを差し出して降りていくのを見て、「おおっ!振替乗車券って、そういう風に使うんだ!」…と初めて知った次第(^^;)。

 いや、あの、俺、ふつーに改札出て、ふつーにバス乗って来ちゃったので、そういえば改札でなんか配ってるのを見たけれど、あれがそうだったのか…。も、貰っておけば良かった!

 …そんなわけで、「振替乗車券」というものを知らなかった身なのですが、そういえば以前、定期券ではないsuicaだと振替輸送時にどうこう…という話があったのを思い出してもみたり。…よく覚えていないけれど。

 そんなわけで、そういう目に遭って帰ってきてから、きちんと知っておこうかな…と、とりあえず

振替輸送
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 こちらを見たりして。うーむ、寄付せんとあかんな。

 …ただ、よくわからんかった。正直。うーん、文字ばかりだとわかりにくい(^^;)言うに事欠いて…。

 ので、もう少し検索してみたら、こういうページを見つけた。

乗車券・振替輸送

 ここが一番わかりやすい。そーか、振替輸送って「すでに買った切符のルートだと事故等で目的地に着くのが困難なため、その代わりに振替乗車券でタダで行ってくださいよ」というシステムなんだ!

 これは知っておかないといけない気がする…。

 ただ、それはあくまで「先にお金を払って買った切符」があるための話であって、定期券でないsuicaの場合、これはこれで先払いプリペイドカードだけれど、同じ区間を切符で乗るのと比較した場合、後払いになっているので、振替乗車券でタダ…というわけにはいかないんだ。

 ああ、そーか。おいらsuicaだったし、だから振替乗車券、もらえなかったのか。まぁ、催促してないけれど。

 まぁそういえば、かなり昔からsuicaとかイオカードとか使っていたから、結局振替乗車券とかもらえなかったのかもなぁ。

 …ただ、新宿から西国分寺に行こうとして、見事に中央線が止まり、京王線、南武線、武蔵野線と乗り継いで帰ったけれど、えらく遠回りで費用もかかったけれど、これは自己負担な訳でしょ?…これは…どうなのかな?

 乗車区間がきっちし決まっている場合、suicaがあったとしても、切符を買っておいた方がいい…ということかしらん?

#ただ…ね、他にも疑問があるんですよ。事故で西国分寺に電車が行けなくなったので、国分寺で降車することになったんだけれど、そこで「Suicaの方はここでいったん改札を出てください。記録が取り消されるので、切符を買って…」その後、迂回の私鉄がどーとか言っていた気がするのだが、「記録が取り消される」というのがどういうことだったのか…。

 あと、なんか配っている駅員さんは見たんだけれど、それとは別に改札口付近に並んでいた行列はなんだったのだろうか?

2007/11/08

幻のドレッシング

 以前、日本各地の名産物を巡るで書いた「ブーケレタス」だけれども、家の近所の某所で販売されていることが判明。みのりのフェスティバルで購入したのよりも50円ほど高めのようだが仕方ない。食べたくなったらそこで購入することにしやう…。

 ただ、千葉県ブースで一緒に買った広島製ドレッシングが見つからない。いったいどこで売っているのか、千葉県ブースの人に聞いておけば良かったと後悔中。

 しかし考えてみると、商品名やらなんやらで検索すれば、少なくとも製造会社くらいはわかるかしら、そこからたどるしかないかしらん…と調べてみた。

 …ら、製造元とおぼしきホームページがヒット。とりあえずここでしょ?

ステュディオ グリオット

 ここのgriotteというドレッシングがそれで、おいら自身はマルチカラーがお気に入り。これはもう通販しかないね…と思ったが、まだ通販は行っていないみたい。…うぅぬ、どうしろと?

 しかし、もう少し調べてみると、griotte 通信というblogも発見。ここでgriotteドレッシングのことを少し書いてある。少なくとも広島の三越の地下では売っているようだ!

 …広島?確かにドレッシングの瓶には広島の会社と書いてあったけれど、卸しているのも広島かよ…。とほほ。どこの三越でも手にはいるなら、せめて武蔵村山のダイヤモンドシティでどうにかするけれどもさ。あるいは銀座か。しかし広島でしか手に入らなかったらどうしよう…。

 …某氏に上京する度に、数本単位で買ってきてもらうか(^^;)ぉぃ。

 まぁ、おいおい都内で手に入る方法を調べてみよう。…っていうか、なんで千葉県ブースは売るほど持っていたのか…謎だ。

輪行本3の構想

 実を言うと、輪行本3で書きたいな…と考えているのは、「自転車の買い方」「ショップの訪ね方」だったりする。

 自分のポリシーとして「人が描かないことを描く」のをできるだけ目標にしているので、あまり人の描かない自転車、それも小径車をテーマに同人誌を作っているわけだけれども、小径車そのものの情報はだんだんと雑誌などで紹介されてきている。

 自転車の紹介ならば、むしろそちらをご覧ください…というところなのだが、やはり自分でももう少しそのテーマを追求したい。

 …となれば、雑誌も取り上げないことを取り上げねば…ということで、ショップに関すること…と思惑を立てたわけ。輪行本2で「自転車選び」ときたのだから、次は購買フェーズだろう…ということもあるし。

 …1年かけてそのフェーズ移行というのもどうかと思うが(^^;)。

 しかし雑誌だって別にそういうことに触れていないわけではない。

 ただ、もうちょっと素人っぽく考えた疑問というのはあるんじゃないの?…とは思うわけですよ。

 例えば、「雑誌を見てお目当ての自転車があるんだけれど、家の近くの自転車屋に注文すればいいのかしら?」とか「通販で注文したら、故障したときはどうすればいい?」とか。

 雑誌だと最初からお勧めショップとか紹介しているのだけれど、地方で、近くにそういうショップが無く、「サイクルベースあさひ」とかに注文すればどうにかなるのかな?…とか、その辺のあたりを取材して明らかにしてみたいのら。

 あるいはバイクフライデーのオーダーメイドって、具体的にどういったことをすんのか…とか。そもそもまずはどうお店にコンタクト取ればいいのか。まずは買わない気持ちで相談するだけでもええのん?…とか、そういう心持をどう持てばいいのか…とか。

 そういったところ掘り下げて取材をして、漫画にしたらどうなるだろう…と考えると…わくわくする(^^;)ぉぃ。

 ただ、…さすがにおいらみたいな個人が取材して受けてくれるもんか?

 いや、別に取材だ云々言わずに、単に聞くだけでもいいような気もするが…。


 ともあれ、初心者が「高い」自転車を買うともなれば、将来的な整備・修理も見据えなきゃいけないわけで、「友人の玄人」にたよるだけでない道筋も示してやらないと、小径車伝道師としてはぉぃいけないかなー…と思うわけですよ。

 …えっと、まとめると…、

・サイクルベースあさひ(例)でママチャリ以外の自転車を注文できるか?
・フレンド商会(あくまで例)の店頭にない自転車が欲しい場合、雑誌などでの指名買いの場合、どこまでのジャンルに対応してくれるもんか?納期はどれくらいか?
・町の自転車屋はどういうレベルの故障対応をしてくれるものか?通販で買ったものなども対応してくれるのか?他のお店は?
・雑誌に載っているお店はどれくらいの対応をしてくれるのか?気軽に声をかけれるもんなの?
・ユーザー環境別、修理まで見据えたベストな自転車の買い方は?

 これに加えて特別編として、

・バイクフライデーに見る、オーダーメイドの仕方
・和田サイクルの声のかけ方

 あたりでまとめると、結構初心者向けになるんじゃないかな…と思ったりもするのだが、改めて書いてみるとめちゃくちゃ面倒そうな気が…(^^;)。

 やっぱ…、別のアイディアをひねり出そうか…(^^;)。

2007/11/07

今年の冬コミの話

 そういえば冬コミの当選通知が来ました。

 1日目の土曜日:東館、P-09a「拝御光房」になります。

 今回は1日目とは面白い日程だなっ!これは楽しまないとな…ってところなんですけれど、輪行本新刊のVol.2.5はさしてボリューム無いのでご勘弁を。今もちまちま原稿を描いていますが、いまいちペースに乗り切れない…。

 まぁ、合格通知をもらってからは、少しペンのノリが良くなった気もしますが。

 近々ポプルスにも予約に行ったら、少しは覇気もよみがえってくるかな?

 Vol.1と2も増刷しておこうかな。まぁ今回は100冊でもさすがに余るだろうけれど(100冊単位くらいでないと原価割れしてしまう)、そしたら本当にどこか自転車屋に卸させてもらえまいか(^^;)。

 あるいは…「とらのあな」とかへの委託はどう申し込めばよいのだろう?(^^;)ぉぃできれば秋葉原店に置いてもらって、そのまま上野クラッシックに行く流れを作りたい(^^;)ぉぃぉぃ

#今回の前日設営は東館か…。

自転車本の影響

 こないだは「俺の本で影響を受ける人」の話を書いたけれど、今回は逆に「この本に影響を受ける俺」…って話で。

 つまりね、最近よく読む自転車雑誌といえば、「自転車生活」なわけですよ。想定読者層がばっちしおいらがハマっているようで。

 他にも近いコンセプトの雑誌もあるにはあるけれど、相性良さそうなのはこれかなぁ…という気が。


 …で、今回読んでいて気になったのは、ユースケサンタマリアが自転車カスタムを依頼していた件。車種がブリヂストンモールトンぢゃん!

 これがカスタマイズされまくった結果、おいらのR20に結構近いモデルになってしまった。

 まぁ、ハンドルがブルホーンだったり、サドルが違ったり、そもそもタイヤが18インチに換装されていたりするけれど、それでもコンセプトはおいらのR20に結構近い。

 そのスタイリングで赤色…というのも結構似合うなぁ…と思いつつ、いい自転車に仕上げているな…とほめたら、それは自画自賛に近いのかな?(^^;)

 しかしまぁ、フロントが2段だったり、ドロップハンドルでポジションが多彩なこちらにはまだまだだな、ユースケ…と言っておこうかな(^^;)ぉぃぉぃ。


 …つまり、記事中の車種が幸いにも「下位互換」なので、影響されて自分のBSMにもどうこう…と影響されずに済んだという話(^^;)ぉぃ。

 …とか言いつつ、気持ちはすっかり下町銭湯巡りに惹かれているのだが(^^;)。

2007/11/06

相も変わらず今週末の予定

 今週末ですが、「初心者集まれ! 初めての実地サイクリング指南 ~村山うどんが呼んでいる~」…で良いですかね?

 和田サイクル集合で、五日市街道(か、吉祥寺までのガード下)・井の頭通りを通り、多摩湖自転車道を通って多摩湖周遊道路やら村山うどんやらKYANDYやら天乃屋工場やらダイヤモンドシティやら、その場のノリで走っていきたいと思います(^^;)早い話が「いきあたりばったり」。

 ま、そういう予定をころころ変えられる臨機応変さのある自転車の旅の利点とか、欠点を体感してもらうのもまたいい経験かなー…と(^^;)自分の無計画さを棚に上げる。


 ただ、ね。時間的に制約があるのが「うどん屋」なんですよ。なにやら美味しいうどん屋は13時には早々に売切れてしまうというお話が…。

やはりはじめての旅で美味しい思いもしておいた方が刷り込みとしていいんじゃないかなぁ…と思うこともあるので、それを基準に時間設定を行わせていただきたいと思います。

 具体的にはこちらのマップを参照してもらえれば良いかと思いますが、村山うどん屋は総じて11時開店ですので、それに間に合うように出かけた方がよろしいかと。

 ただ、今回このような情報を収集するにあたり、武蔵村山の主…というか、某氏より「ここを食っておけ!」と言われるお店があり、そこを目指しても良いかな…と思うのですが、どうでしょう。

「きくや」レポ地図

 多摩湖自転車道沿いだし、どうでしょうね…と。

 まぁ、うどんに興味なければ適当にパスしてもらっても構いませんしね。おいらは翌日か翌週行ってもいいんだし(^^;)。

 ただ、時間としてはここ11時とするなら、和田サイは1時間前の10時かな…と思うのですが、どうでしょう。

 ただ、問題は天気ですね。一応10日(土)の予定ですが、予報筋(?)によっては降雨の予報も出ています。「一時雨」っぽいので平気かもしれませんが、保障のほどではありませんし。

 翌11日(日)は比較的問題なさそうな予報が多いので、そちらで開催してしまうのも手です。本来は草加輪行を予定していましたが、なんか人気無いので、中止ってことで…(^^;)。

 まぁ、主賓の予定と木曜あたりに出ている予報次第で日程、もしくは決行・延期を決定すればいいですかね。

日本各地の名産物を巡る

 行ってきました「みのりのフェスティバル」。物産展好きとしては外せないイベントですよ~。もう何年通っているのやら…。いつもは「自転車展」となぜか一緒に開催されることが多いのですが、今回はビジネスショーに特化してしまった自転車展のため、単独開催になってしまいました…って、別に併設のイベントでもなんでもないんですが…(^^;)。

 ともあれ、ここで毎年赤福を買うのが通例な身としては、例えそれが無くっても、行くのであります(^^;)。

 ちなみに交通手段はBSM。自転車展に行っていたときの名残…と言いたいところですが、フェスティバルでは宅急便受付も控えている魔の買い物地獄。へたに入り込むと際限なく買いまくってしまうので、「ショッパーに入りきるだけ」制限を設ける意味でも、あえて自転車で行くわけであります。

 ちなみに、BSMで大体築地まで2時間というのがいつものスピードなのですが、何をどう勘違いしてしまったのか、有明まで2時間と勘違いし、8時発設定(集合は10時設定)。かつ20分出発が遅れてしまったため、「10時20分くらいになります」とアナウンス。おいおい、それは築地にそれくらい遅れて到着する、築地から有明はそれから20分くらいだろう…という大ポカをかましてしまいました。

 いやー、こりゃマズい…と思いながら走っていると、ロードとか、えらく早いクロスに出くわしたり。そーだ、この人達に(勝手に)引っ張ってってもらおう…と何台かにむりやり着いていったらら…、築地に1時間半で着いちゃいました(^^;)。

 いやー、さすがにそこに来た時点でへとへとで、そこから有明までは大したスピードは出していませんが、大体10時10分くらいに着いてしまいましたね。…なんやねん(^^;)。人間…出せるときには出せるのですな…。まぁ…普段は抑えた方が良いと思いますが…。

 で、ビッグサイトはそれはもうすごい人だかり。うぉっ!こりゃ名産物とか根こそぎ無くなっているか!…とちっとびびったものの、大半はオンワードの社内販売イベントに来た人達らしく、フェスティバル方面はまだそんなに人入りは無かったとです。ほっ。

 で、入り口付近でDFR.さんを待つために係員となぜか仲良くなっていたり(^^;)ぉぃ。


 そういえば会場内ではおーつかさんとばったり。あとで知ったのですが、メールくれていて、こちらと合流する予定だったようですが、メール届く前に出かけてしまったので、特に打合せもなく…。でもばったり。それなりに広い会場なのでよくもまぁ会えたものだな…と思うのですが、考えてみればこっちはヘルメットとか持っていて、それなりに目立つ格好だったかな(^^;)。


 ともあれ、ここから県産品のお話。さすがに全都道府県はカバーしていないので念のため。


 まずは富山県。ここではせんべい(えびせん)を入手。職場の「煎餅部」への献上品として(^^;)。しかしまぁ、富山県は「いきいき富山館」が有楽町にあるし、結構通っているので、そこそこスルー(^^;)。


 次に石川県。ここで初めて「いしる」という魚醤を知る。いや、あの場では「ああ、魚醤ね」って言ったものの、初めて知る調味料だったり(^^;)。

 後で調べてみると、醤油の代わりに位置づけられる…というか、しかしそれよりも塩分高めで、むしろすたれ気味…というかわいそうな調味料らしい。

 ただ、それで大根を煮た煮物が結構美味かったので、つい買ってしまった。…なんか料理に使ってみよう。

 ちなみにDFR.さんは同じもの食って、大根の方を購入してました(^^;)性格の違いか?。


 神奈川県は結構通っているのでスルーしようかと思ったけれど、知らないものがあれば逆に新しくチェックや~…ってことで覗いてみた。

 …っていうか、試食を勧められたんだけれども。それが「湘南一本」…という名前の新ネギらしい。通常品種の焼きネギと一緒に並べて、食べ比べてください…ときたもんだ。

 基本的においらは「麺類に入っているネギ」が嫌いということでラーメンとかネギ抜きで頼んでいるが、そのほかの料理に調味料的に入っているのは平気…ということにしている。納豆にはすすんで刻みネギとか入れるしね。

 ただ、基本的にはネギ嫌いで、焼きネギとなると食えないわけ。…だもんで、最初通常の焼きネギを食ったところ、悶絶して「お茶、お茶」とブースの人に勧められたり(^^;)。

 しかし湘南一本は焼きネギの程度では普通に食えた。お茶無しで平気だったねぇ。なんというか…焼きネギ嫌いの一番重要な問題の臭みが無いというか、ぬるっとしてないというか…あっさりしてるのね。それでネギの風味が残っているので、焼きネギ食えとこれを差し出されたら、普通に食えるね。

 逆にそれ以外の料理法ではどういう味になるのか興味があるが…。

 まぁ機会あれば買ってみたい。ちなみにホームページはこちらだそうで。

 ちなみにこの時、ネギ嫌いがなぜに湘南一本が食えたか…ってのを語り出したら、神奈川の係の人が必死にメモを取ったり、おーつかさんにウケまくっていたりした(^^;)なんやねん。


 東京都もスルーしようかな…と思ったが、東京の酒のラインナップときたもんだ。結構東京都にも蔵本が存在するらしい。

 それらを網羅した蔵本マップなるものが存在し、なんとはなしに都内巡りのいいネタをもらったような…。

 しかしブースの前でなんとなくマップを眺めていたら、なんか見覚えのある建物が…。えっ!府中の旧甲州街道沿いにある野口酒造店って、酒造元だったのっ!?ただの(趣のある)酒屋かと思ってた。國府鶴というブランドも持っているようで…。は~…、地元の酒があるとは思わなかったな…。今度行ってみよう…。

 そういえば多摩川CR沿いでいつも気になる嘉泉の情報もここからたどれるな…。おいおいなにか企画してみるか…。


 埼玉県はなんだったかな。ミオ・カザロのベーコンがDFR.さんがお気に入りでしたな。

 豚肉加工品のお店らしいのですが、自転車の話になるとブースで販促されていたお店のご主人ががぜん盛り上がる。どうも荒川CRからこのお店によく寄るサイクリストの方々がいらっしゃるらしい。

 ほう。それは気になる。なんか、そこで各種買って、川辺でバーベキューとかする人達もいるんだとか。

 そういえば最近川越行ってないしなぁ。ちと来月でも時間あれば行ってみるかな…。


 千葉県ブースでは葉物野菜の試食を勧めているのでちと食ってみた。…ら、そのレタスが結構美味い。

 先に書いてしまうと2玉購入したのだが、普段は野菜はあまり食わない親父ががつがつ食ってしまい、それでも足りなかったという、野菜嫌いの人にもお勧めな「ブーケレタス」という代物だった。

 ネットで検索するとなかなかヒットしないので、まだ出たての新品種らしい。確かに変わった葉の形をしていた。

 ただ、1本800円と妙に高いながら、それもまた美味い(ジャンルとしてはイタリアン)ドレッシングと組み合わせると、それでご飯も食えそうなコクというか、歯ごたえというか、そういうのがあるのがいい。

 水耕栽培で作り上げるらしいので、施設が整えば量産体制もそんな難しい話でもないと思うし、人気も出そう。個人的にもコンスタントに買いたいので、ぜひ潤沢に流通に乗せて欲しいな。

 ちなみにドレッシングもどこで手に入るか調べておかないとな。製造会社が広島って書いてあったぞ。千葉県ブースなのに(^^;)。

 また、隣でDFR.さんがベーコン買っていると、「レタスにくるんで食べたら、ここで?」…とか言われたり(^^;)いやいや、焼かないと、ベーコンは。

 ただ、埼玉県には試食用コンロがあったんだし、無理言って一切れぐらい購入して焼かせて貰えば良かったかなぁ…と後悔中。レタス、おごってくれそうな雰囲気だったし(^^;)。


 妙に一番惹きつけられたのが福島県でしたでしょうか。

 いやまぁ、特産ジェラート売り場の方がクロスバイク乗りでいろいろ走っている、今度四国八十八カ所巡りもする…ってことで、そこから盛り上がったりしたのが原因のような(^^;)。

 いやまぁ、ジェラート自体も美味かったんですけれどね。名前はなんだったか忘れちゃったけれど、塩バニラ…とかいう奴?(^^;)超うろ覚え

 他にも、梨ジャムやキウイ、リンゴジュースにももジュース、そのほかジャムなどなど、いろいろありましたな。

 梨ジャムとキウイはフルーツガーデン関本というところのらしいです。試食で食ったキウイがえっらく甘みがあって美味かった。そのキウイを買ったのだが、入っていたチラシを見たら、その農家の奥さんがほんとに売り場に居たのね。いや、ご本人もそうおっしゃっていたけれど(^^;)。遠地はるばるご苦労様です。

 …ああ、いやまぁ、フェスティバルに来られている皆さん、そうなんですけれど(^^;)。


 山梨県ではやはりワインを推していたが、個人的には「ナイアガラ」が好きなので、指名買い。親父は「甘すぎ」といって一口で遠慮していたが、しつこいほどの甘さでは無いので、個人的には気に入っている。


 日本酪農乳業協会では牛乳とジュースのブレンドの試飲をやっていた。7:3で3の方をジュースにして混ぜるとちょうど良いらしい。…味がそうなのかと思うが、パインとか野菜ジュースとか、確かにふつーに美味かった。牛乳飲めない身というわけでもないのだが、たまにはそういう飲み方もしてみようかな…。

 ちなみにここでやなせたかしキャラデザインのプリントが入ったエコバッグを入手。結構可愛いが、それよりも「やなせたかしって仕事選ばないなー」…という印象の方が強い。あ、いや、日本酪農牛乳協会がどうというわけではなく、今回のフェスティバルで他にもやなせたかしキャラを見かけたものだから…(^^;)。

 …素材がカブるということはないのだろうか…?と、いらぬ心配もしてしまうというもの(^^;)。


 福井県は越前おろしそば強力にプッシュ!…っていうか、それしか出していない。ブース全部を蕎麦の出店にしている潔さ!普通のブースは各種取りそろえている出品なのだけれど、ともかく「越前おろし蕎麦、400円!」…のみ!潔いにもほどがある(^^;)。

 しかし目の前で手打ちしているからかどうか知らないけれど、恐ろしいまでの腰の強さだったなぁ…。二八蕎麦なのでつなぎのせいもあったかもしれないが、それでも恐ろしい腰の強さ。

 いやそれよりも、なんとはなしに芳醇なそば湯がびっくりだ。つゆにそば湯を入れて飲むのが普通だと思うけれど、そば湯だけで十分美味かったな、あれは…。あのそば湯だけをまた飲みたい…。あ、いや、そば湯だけ飲みたいのではなく、「そば湯のみ」の飲み物を飲みたいわけで…(^^;)。


 …えーっと、印象に残ったのはそんなところかな。

 心残りは栃木県のとちおとめか。結構安く買えそうだったのだが、パッケージがイチゴむき出しになっており、ショッパーで「立体テトリスみたいだ」と言われるくらい品を積み込んでいたので、とてもいちごをいちごの形のまま家まで持って帰る自信がなかったので、今回は辞退。

 …でも安かったなぁ…。今考えれば、屋上で食ってしまっても良かったのかも(^^;)ぉぃ。どうでしょうでそういうシーンがあったような…。


 安いと言えば何県だったか…、ちりめんじゃこ…だっけ?山盛り3升千円の激安をDFR.さんが購入していたので、ちと販売員の人をおいらがあおってさらにおまけさせたという…(^^;)。

 今考えるとおいらも「え~、それだけの量買えるのか~。じゃぁ私も~」って一緒に買っておけばよかったと後悔中(^^;)。形無いから何とか鞄入ったと思うし。


 香川県の「ひげた鰤」も惜しかった。

 試食で一切れ刺身をいただいたのだが、これが脂がのっているというか、歯ごたえが良いというか、こくがあるというか…もう絶品。買って帰りたい所だったが、小さくて「半身」で、どう詰め込んでもショッパーからはみ出すという代物。

 ちと持って帰る勇気が無かった…。ああ、でもひげた鰤…。いつか四国を巡る時には食してみたい。

 …でも時期は10月から年末かよ…。嗚呼…。


 そんなこんなで帰りは甲州街道から途中多摩川に抜けるコースを走行。DFR.さんをお見送りしないとね。

07110601 ただ、二人して普段よりゆったりした走行に。…いや、やはり後ろに引っ張られるんですけれど…(^^;)ショッパーが…。お互いショッパー満杯だったしね。

 ひさしぶりにショッパー満杯になる買い物して、沿岸部から内陸に向かうルートを取ったもんだから、ペダルが思いのなんの。普段ショッパーが重くなる買い物をする場合、山間部に近いところなので、帰りはゆるやかなくだりなのであまり気にしなかったけれど、やっぱ荷物が多くなると…ペダルが重くなるのねぇ…。

 ともあれがつがつと走って帰りましたわ。


 写真がてんでありませんが、買い物とか試食に夢中で、全然撮る暇ありませんでしたわ(^^;)。

トラックバックの罠

 久しぶりに「雑記帳」の方を更新したら、ある時ばしばしトラックバックがかかった。おお、なんか興味のある人がいるのかな?…と思っていたら、スパムばかり。

 …コスプレイラストの何がスパムを呼び起こすねん…と思っていたら、特定の記事ばかりにトラックバックされていることに気がついた。タイトルに「じよしこーせ(ロボット避け表記)」という単語が入っていた。

 …それかよ。

 早速削除してみたところ、以来音沙汰無い。…なんだかなー。まぁ今後は気をつけるべきか…。まぁ、今のところトラックバックかけられたところで、管理者チェックが入らないと実際記事に盛り込まれないから、打つ方も意味無いんだけれどね、本当は。

 まぁ、そんなこと気にしちゃいないか、業者は。

2007/11/05

ひさしぶりに雑記帳更新

 先週末の「みのりのフェスティバル」のレポートがまだまとまっていない今日この頃。

 だからか…というわけでもないんですが、コミケ72のコスプレイラストを暫定版ですが、更新して見ましたので、興味のある方はどうぞ。

 描き貯めてはいたんですけれど、なかなかフィニッシュまで持っていくことも出来なかったり、輪行本2.5の原稿に追い込まれたり、コミケ73が近づいていたりするので、とりあえず現時点での放出です(^^;)。

 解説もろくにそろっていませんが、ご勘弁のほどを。

 また、本来はコスプレイラストページの目次からのリンクも張らないといけないのですが、FTPソフトやアカウント情報が入っているX41Tが現在起動不可に陥っていて、すぐにホームページメンテできないというていたらく…。嗚呼(^^;)。

コンデジの選び方

 ちょっと気になるなぁ…。

リコー、高級コンパクト機「GR DIGITAL II」
~正方形の撮影など改良点多数

 メモのための携帯性・ズーム・バッテリ長時間駆動なF10の代わりにはならないだろうけれど、マニュアルで楽しむために、M8は持ち出せない軽快性が必要な時のメインカメラとしては面白そう。

 個人的には広角が好きだけれど、広角だけに頼るのもどうかなぁ…と思っている昨今、コンバージョンレンズで「40mm相当」にするテレコンが出るあたりにちと魅力を感じる。

 まぁ、付けたら付けたで携帯性が損なわれる気がするが(^^;)。まぁ、そこはそれ。

 もちろんすぐには買えないが、寿命の長いカメラでもあるし、何か「交差」したら買ってしまうかもね。

2007/11/02

ちと気になるハード

 ちっと、ちらほらと思い出したことを書いてみる。

ワコム、プロ仕様の12.1型ワイド液晶ペンタブレット
「Cintiq 12WX」
~WXGA表示対応で1.8kgの軽さに

 メモったまま、忘れていた。基本的に高画素タブレットPCを所有していると関係ない話ではあるけれど、2台目とかセカンドPCにもタブレットPC的機能を追加したい…となれば、関係なくもあるまい。

 とはいえ、SXGA+に慣れた身とすると、1,280×800ドット(WXGA)画面が若干狭いように思える。

 ただ、よく考えてみよう。

> 「マッピング画面切替機能」を割り当てている。これは液晶タブレットとしての動作から、メイン画面を操作するタブレットへと機能を切り替えるもので、マルチディスプレイ環境での操作性を向上させるという。

 …とある。操作性の実際はわからないが、、これでツールウィンドを元のモニタの方に移し、また切り替えで操作し、液晶タブレット部をキャンパスとして出来るだけ広く確保する…と言うことが出来るかもしれない。

 そうすれば、SXGA+並かそれ以上の操作性の良さを確保できるかもしれない。あくまで想像上のことだけれど。

 ともあれ、実物を一度見てみたいね。で、ドットの大きさがほぼ同じモニタを使用するマシンと一緒に使用すると、具合がいいかもね。お絵かき目的では。

 ただ、個人的には値段的にはそんなに高いとは思わないが、これを接続するためにマシンも新調する…なんてことになると、だったらタブレットPCの方がまだ安上がり…ということも考えられるので、既存マシンがすでに高スペックなもの…という制約ができてしまうかもね。

 重さ的にももちっと軽かったら良いのだが、この重さだとノートPC持っているのと同じだしねぇ。ケーブルが付いてノートよりも取り回しが難しくなるんだから、せめて軽さの面でノートを上回ってほしかった…。

個人的には青天の霹靂

コシナ、東京のフォクトレンダーサービスルームを閉鎖

 なーっ!?

 あそこ、なくなっちゃうのかよ。ベッサRのピン調整とか無償でやってくれたのでありがたかったんだけれどなぁ…。

 …って、そういえば最近そこを…というか、ベッサ自体を使ってないな…(^^;)ぉぃ。そりゃぁ…、閉鎖されるか。

 とりあえず現状狂ってはいないと思うけれど、無償だし、今の内にもう1回くらい行っておこうかな…。


 ベッサRだけでなく、TとかLとかの革とか金属パーツ交換とかもしてくれなかったっけ?おいらだけでもなく、同カメラユーザーは一度くらい、閉まる前に行っておいた方が良いのかも。

 おそらくどこかでやってもらえるとは思うけれど、パーツや例などが目の前にあるのはここくらいだと思うし。

2007/11/01

写真更新

 写真の更新というか、とっくにアップし終わってた久米島写真にようやっと解説入れ終わった…ってことなのですが(^^;)。

 それにまぁ、大した解説ではないし(^^;)。

 まぁ興味があればどうぞ。


 しかしやっと9月分が終わったところか…。10月分もアップせな…って、あまり撮ってないな。まぁ、11月分とあわせるか。…いやいや、12月分も…(^^;)。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »