2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« ワンフェス雑感 | トップページ | 週末に向けて »

2007/08/14

モバイルScuicaが敵の理由

 …本来はおーつかさんにお知らせすればいいだけの話なのだが、せっかくなのでここで書いてしまおう。

 おいらにとって、モバイルSuicaは敵なのだ。敵…というか、苦手。苦手…というよりは会いたくない、会ったら裸足で逃げ出す相手なのだ。

 それは何故か…。それを語るためには私の過去をひもとかねばならない…。


 それはとあるイベントのことだった。各社が出展するブースが並び立つ展示場会場を何気なく歩いていたときのことだ。

 そこは都内のとある場所。買い物のために都内に出てきていたが、帰り際、なにかイベントをやっていた雰囲気があったので、荷物がたくさんあったものの、入場無料ということもあったし、何気なくそこに足を向けてみたのだった。

 その中で、ふと目にとまったブースがあった。見慣れたペンギンマスコットキャラクターがたくさんいたそこは、JR東日本だったかと思うが、モバイルSuicaの促進目的のブースだったらしい。あまつさえ、ついでに対応携帯があればそれで加入してしまえー…という啓蒙活動ブース。

 人もまばらだったので、私もすぐに目を付けられたが、そういえばおいらの911Tって、それに対応したような…。

 何とはなしに話が始まり、色々モバイルSuicaのメリットなどを聞かされて、あー、なんかいいかも~…という気にもなってきた。

 ただ、仕組みがいまいちわかりにくい。メリットはメリットであるのだが、定期券ではないSuicaカードをすでに持っている身としては、どこでもチャージと履歴閲覧のメリットがあるとはいえ、2つめを持つ必要があるのか?…という疑問もある。

 なにより、既存のSuicaカードは財布に入れているので、財布を忘れると言うことは…0%とは言わないが、携帯を忘れる確率よりは遙かに低く、携帯率が高いそれに装備していた方が安心。

 また、モバイルSuciaは千円とはいえ、年間維持費もかかるというのもひっかかる。いや、年間千円くらいどってことはないのだが、年間0円のカードと比較すると…ねぇ。

 年会費をタダにする方法もあって、ビューカードを作って、そちら決裁にすると良いらしいのだが、これ以上カードを増やすのもなんだしなぁ…という気もしている。

 しかしビックカメラ連動のそれのカードを作ろう…という話もあったような…無かったような…。

 まぁ…ともあれものは試し…ということでもいいんじゃない?初年度は無料キャンペーンですよ…という話にもなったので、とりあえず申し込んでみるか…とそのブースに腰を下ろして、まず最初に差し出されたのがメモ帳。

 …メモ帳?

 申込には使用する携帯で手続きするのだが、そこでその携帯の番号とかアドレスとかを記入しなければならないので、覚えてない人はあらかじめメモって、後で入力するように…とのこと。

 …まぁ、確かに覚えてないのでメモ帳は必須なのですが…その情報を保存している携帯を使って申し込むのに、手書きメモを介さないと申し込めない…って何?それって情報化社会として正しいの?

 さらに、手続きを始めると、ばしばし操作が山盛りで、そもそもその情報を入力するところまでなかなかたどり着けないし、それまでの操作も結構大変。

 住所やらなんやらも色々入力することになり、その文字入力もまどろっこしいことこの上ない。

 知っている人は知っているとおり、おいらは携帯の文字入力が苦手中の苦手。携帯に届いたメールをPC宛に転送し、そちらから返信するくらい苦手。

 それで自宅電話番号を入力するのも大変なわけだ(ハイフンを挿入するのが大変)。

 考えてみれば、一部情報を除き、そういう個人情報も収納している携帯のはずなんだから、前述したけれどもその情報も自動で入力できるようにしろよ…という気にもなり、自分の行っている作業が理不尽にも思えてきて、時間のかかるその作業にストレスかかりまくり。

 大体、テーピングもサポーターもしてない右手で大量にキーボードぷちぷちしていると、じんじん腱鞘炎が再発してくる感じ。

 さらに考えてみれば、何気なく立ち寄っただけのイベントで、そもそもその後の用事も控えているのに、そこで時間をかけるわけにはいかなくなってきた。数分で終わると思っていた作業は10分を過ぎたあたりでもうどーでもよくなってきた…というか、その後の用事を考えると、早く帰らないといけない段階…というか、気持ち。

 しかし説明員はにこにこしながらこちらを見ている。アドレスとか個人情報を記入したメモが机上に置かれている。おいそれと「もう止めます」とは言いにくいし、なんか周りにも続々と申込者が集まってきた。

 …抜けにくい。

 なんかもう、実際にはだれにもそんな意図は無かったのだろうが、なんとはなしになんとかセールスみたく、契約書に判を押すまでは抜けられないよ…的な空気が…。

 でも抜けなければ時間が…。

 そこでおいらが採った手段とは…。


 気がついたら走って逃げていた。

 机上のメモをひっつかみ、いくつかの手提げ袋やカメラバッグを脇に抱え、ひたすらその展示会場を全速力で走って出口に向かっていた。

 …なにやってるんだろ?

 なんかもう、「泣きながら走っている」感覚で「僕には無理です!」とか叫びながら走っていたような…。

 まぁ会場を後にしたところで振り返ってみたけれど、別段、普通に途中で断ってりゃいいだけの話なので、誰が追いかけてくる話でもないのだが、もう「なにやってるんだ」的後悔の念が強くて、もうこの手の話には載るまいぞ…とか、わけのわからん覚悟をしてしまった次第。


 そういうことですわ、おーつかさん。

 しかしまぁ、なんでそういう体験をしたその日に、おーつかさんにこの話をすることになったんですかねぇ…(^^;)。

« ワンフェス雑感 | トップページ | 週末に向けて »

コメント

あ、そんな事があったんですね。(^^;)

「モバイル Suica はオレの敵だ!」とか言っていたから、
「はて?仕事上 Suica のライバル関連の事をしているの
 だっけか?」とか思ってました。

でも、さっきまで書類書いていた人がいきなり走って
逃げ出すとは・・・。係の人もさぞ驚いた事でしょうねー。

モバイル Suica は、グリーン券がいつでも(車内でも)
事前料金で買えるのが良いっす!例えば、藤沢から輪行で
帰るとき、一般車両が空いていれば一般車両で、混んでたら
グリーン車で行こう!なんて選択が電車に乗ってから
できるんですよ~。

オイラはこれに気づいてから、すぐに申し込みました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/16110891

この記事へのトラックバック一覧です: モバイルScuicaが敵の理由:

« ワンフェス雑感 | トップページ | 週末に向けて »