2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« コミケ72にむけて | トップページ | 雨天用自転車の必要性 »

2007/08/20

輪行本2とコミケの反省点

 おかげさまで3日目のサークル参加を無事終えました。

 幸いにも輪行本も好評で、Vol.1、2合わせて200冊以上お買い上げいただきました(管理してなかったので推測(^^;)ぉぃ)。2が30冊くらい余りましたが、考えてみれば知人配布用を確保してなかったので(後から思い出した(^^;))、ちょうど良かったかも。

 そういえばVol.1が完売してしまったんですけれど、予約された方でお名乗りいただいてない方もいらっしゃって、ちゃんと手渡ったかちょっと心配なのですが…(後でご連絡いただいた方もいらっしゃいますが)。

 通販用等は勿論別に確保してますので、順次ご案内いたしますので、今しばらくお待ち下さい。ちょっとまだ色々やり残していることがあって…(冬の申込がまだ終わっていない…)。そもそも宅急便で送っちゃったので、まだ手元に無いし…。


 あと、反省すべき点もいくつか。

 設営から参加している身としては、3日目は体力的に限界に近く、しかしサークル参加なのでラストスパートに出るのですが、へろへろ状態でそれなので、さらに、「200冊も刷ってよかったのだろうか?」という心配というか、精神的プレッシャーもあって、あまり臨機応変に対応できなかったなー…と。

 つまり、売り上げばかり気にして、お買い上げいただいたお客様とかとの交流をおそろかにしてしまったような気が。激しく後悔。

 まぁしかし、やはりこういうジャンルで200冊って多いと思うよ…と痛感。前回の勢いはなにかの間違いだったんだねー。お隣と一緒に反省しましたよ。今回は結果的には数量としてちょうど良かったけれど、別の意味で余裕が無いというか…(まぁ、疲れていたので盲目的になっていたということもあるけれど)。

 やっぱ今回は3日目…って位置が関係したのかなぁ…。かなりローペースで、100冊達したのも前回に比べたら相当遅くて、かなり精神的にキツかったですよ。

 売り切れでご迷惑をおかけするかもしてないけれど、100冊でいいじゃないですか…ってことにしようかな、今度から。代わりに交流に重点を置く。まぁだったら、名刺代わりのペーパーぐらい用意しておけや…ってことですけれど(^^;)俺。


 さらに、やはり販売数量の管理は必要かな。結局、何冊売ったか、正確な数字がようわからんきに。

 あと、お隣様をいじくりすぎたかなぁ…と(^^;)謎。

 面白い反応もひとつ。

 輪行本2の1ページ目。注意書きのカットに演出で文字だらけの背景を作ったんだけれど…、それを読んでいてなかなか先に進めない…と言われた(^^;)。

 いや、あれは演出で、読んでもらわなくて結構なのですが(^^;)。だからわざとちちこましく小さい文字で印字したんだし。

 まぁ他のページでも細かすぎる…というか、詰め込みすぎ…とか言われてしまいましたが(^^;)。まぁ、士郎正宗風…ってことでひとつ(^^;)ぉぃ。

 そういったわけで、感想とかも聞かせていただけると幸いです。よろしくお願いします。

« コミケ72にむけて | トップページ | 雨天用自転車の必要性 »

コメント

お疲れさまでした。
ほぼ目標達成のようでおめでとうございます。
ただ、さすがに販売側の心労までは計算に入れてなかったので、迂闊に増量をあおってしまって
申し訳ありません(^^;ゞ
なにせ、前回の完売御礼の光景が脳裏に焼きついてましてましたもんで・・・。(^^;ゞ
読後はちょっと・・・・・、ホロりと来てしまいました。良い本に仕上がってると思います。
DAHONはまぁ、そのうち私が・・・といっても、自転車を描く予定はないんですけど(爆。
ではまた、冬も頑張って下さいね。<他人事(ぉ

*私信
別口から連絡関係についてメール入れときましたので、のちほどご確認下さいm(_ _)m

拝読しましたよ~。

小径車でも、ドロップハンドルのモデルや、ドロップハンドルに改造可能なモデルが意外とあるんですね。以前自転車雑誌の特集記事で読んだときより紹介車種が多かったです。

最初に買った、軽快車じゃない自転車はランドナーでした。フラットバー(ハンドル)に惹かれるものがあり、2台目はMTBにしたんですが、フラットバーでは長時間走行では腕が疲れるので、次に買う自転車はドロップハンドルにしたいなぁ~って思ってます。近くにショップが無いので、購入には至ってないですが...。

電車に乗るときは、先頭か最後尾車両に乗るのが良いとか、今まで知らなかったので、将来輪行するときの参考になりました。

演出の、文字背景もしっかり読ませていただきました。MTBを買った直後の街中走行中に、うかつにも、低速走行中のロードレーサー2台を追い抜いてしまい、「やば。ロードレーサー追い抜いちゃったよ...」と思いつつ、そのまま走ってたら、あっという間に追い抜かされたのを思い出しました。あたしゃ、無茶はしませんて...。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/16176858

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行本2とコミケの反省点:

« コミケ72にむけて | トップページ | 雨天用自転車の必要性 »