2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 今日の輪行本 | トップページ | 今日の輪行本 »

2007/07/09

やっとセカンドライフが見えてきた。

Second Lifeに3度目の正直をかける企業、従来型メディア、代理店

 俺の周りの人のこのメディアに対する目と、昨今のマスコミの盛り上がりっぷりの温度差の見事な格差こそが「真の格差社会じゃねぇか?」と思えるほどの落差を感じるのだが、それは一体なぜだろう?…と思っていた。

 別にこの記事の内容が全て、真理…とまで盲進するつもりはないですけれど、なんとはなしに、一部ユーザーを除いて、勝手に熱狂する企業等…という図式がわかってきまつた。

 そもそもさ、一般ユーザーにはハードルの高いハードスペックを要求していない?日本語未対応以上に高いハードルのような気がするのは気のせいでしょうか?

 あるいはVISTAが普及するにつれ、それが必要とするグラフィックチップを搭載すれば、動くレベルなん?でもそれってVISTAの普及速度を見ていると、相当先のような気もするし…。

 まだPS3で近々似たようなサービスを始めるというし、そちらがハードルが低いかと。

 …っていうか、Wiiでいいんじゃない?あちらの仮想空間なんちゃら…というのを使わない、単なるアンケートとかコミュニティとかあるんでしょ?それで十分のような気も…。

 強いて考えれば、「どうぶつの森」Wiiバージョンみたいなのがアバター代わりに使えるというのなら、そちらの方がよっぽどコミュニケーションメディアとして気軽に使えるところかと。

 …大丈夫でしょうか?>セカンドライフに投資している側

 人ごとながら、ちっと心配になってしまう。

 もっとも、現状、リンデンドルの換金である程度回収している人もいるみたいなので、大丈夫といえば大丈夫なのかもしれないが。

 考えてみればおいらはネットゲーというのを知らず、しかしその世界で楽しんでいる人はしっかりいるんだし、セカンドライフも単においらとは別次元の世界の話で、おいらがどうこうというのではない…ってことかもしれないけれど。

 …しかしなー、メディアの取り上げ方と、ネットゲーだったらまだ友人に「休みの時にやる」って人が数人いるけれど、セカンドライフは「仕事にからむかもしれないので、ちょっとやってみた」…って人がやっと一人いるくらいだし…。やはり心配だ。

 …とかいったメモを残しておいたら、こういう記事を見つけた。

フジテレビのアイドル番組が「Second Life」連動企画、バーチャル握手会など

 「3Dである必要あるの?テキストのメッセージ交換で十分やん」とか思っていたセカンドライフだが、これはなんとなくメディアの必然性が感じられるな。どこまでキャラクターを本物っぽく似せるか…にかかっているけれど。

 まぁ、どのみちおいらに対する必然性はまったく無いままだが(^^;)。

« 今日の輪行本 | トップページ | 今日の輪行本 »

コメント

企業にとっては,
 ・商売してもいい(セカンドライフ内で直接お金儲けしてOK)
 ・セカンドライフ内で企業が作ったオブジェクトの著作権は企業のもの(従来はオンライン主催側に帰属)
ってのが嬉しいんでしょうね.だから企業はセカンドライフで企画を立ち上げたがる(会社の中の人にとって社内提案しやすいと思う)し,メディアは企業に乗っかるのでプッシュするんじゃないですか?
もちろん,そんなセカンドライフの特徴が,エンタメ的なサービスの面白さに結びつくかどうかは全く別問題かと.TOKの予想では,“Webサイトと違ってセカンドライフは,セカンドライフ内の(各企業の)個々のサービスプラットフォームとしては中途半端で,3~4年くらいはいろいろやるけど,結局突き抜けた魅力は出せずに定着せず,細々とサービス終了.”というところではないかと.
ちなみに TOKは,人生を2つを持つほど生活に余裕がないのでやってまへん.セカンドライフを制するのは,暇な学生かニートじゃないのでしょうか??(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/15702524

この記事へのトラックバック一覧です: やっとセカンドライフが見えてきた。:

« 今日の輪行本 | トップページ | 今日の輪行本 »