2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 次期携帯端末は? | トップページ | tikitは近いか? »

2007/06/03

輪行本企画進行中

 輪行本2を執筆中です。執筆…っつーか、ペン入れをしているんですが…。

 今回は「小径車の選び方」ということで、まず小径車の良さを説いて、その後、輪行に向き不向きでこういう車がある…という構成で、これからその小径車紹介の章を描き始めるわけですが…、これからネーム…というところです。

 まぁ軽く構成を考え、そこからネームを切っていくわけですが、先に考えなければならないのは、どの車を紹介するか…というところです。

 一応自分なりの経験もあるので、ある程度分類を分け、その中でいくつかの自転車を挙げて紹介していこうと思っていますが、ある程度個々の自転車の特徴・難点を挙げていかなければならないでしょう。

 …となると、以下のようにメモ書きをしているのですが…合ってますかね?(^^;)

 とりあえず挙げるだけ挙げましたが、さすがに全部を描く余裕は時間も労力もページも足りないので、1部類2~3台に留めるつもりですが(それでも多いような)、なんか指摘事項とかありましたらお知らせください。

 それと、誰かブロンプトン・ブリヂストンモールトンの欠点を教えてくださいぉぃ(^^;)意外に思いつかない。


○より輪行に適しているタイプ
・A-Bike
長所:ともかく小さい・軽い・扱いやすい
難点:整備しにくい・数km走行くらいしかできない・積載能力がない
※必ず一番最初に紹介するつもり。ただし、まだ実績がない分、強度・耐久性の疑問や、「偽物」の言及なども考慮するつもり。

・KOMA
長所:縦に細長くなるので、折りたたみ時フットスペースが小さい・それらの割には速く、長く走れる
難点:小ささの割には重い・若干構造が複雑

・mobiky genius
長所:転がしやすい・折りたたみが簡単・誰でも乗れる
難点:積載しにくい

・STRIDA
長所:メンテナンスに手間がかからない・構造が簡単
難点:図体がでかい・改造しにくい・ギアが1速のみ・積載しにくい

・MC-1
長所:頑丈・ある程度改造しても保証内・転がしやすい・折りたたんでも荷台が使える
難点:構造が複雑・デザインが無骨(個人的には美と思っているけれど、女性にも紹介するコンセプトだもんで(^^;))

・ANT
長所:大きさの割にスピードが出る・転がしやすい
難点:パーツが多いので、清掃が大変・メンテもそう(?)


○輪行に適していながらもその他の性能に長けているタイプ
・BD-1
長所:一番世に広まっているので、ノウハウやパーツがたくさんある・オールマイティ
難点:意外に高速走行に弱い

・BROMPTON
長所:折りたたみ性能が良い(?)←芸術的といいたいらしい・安定した走行性能
難点:高速走行には向いてはいない?


○輪行では若干面倒ごとが伴うが、その他の性能に長けていて、輪行したくなるタイプ
・Tartaruga Type-S
長所:高速性能に長けていて、ツーリングなどに適している・結構積載しやすい
難点:折りたたみがというよりは分解

・KHS F-20RAC
長所:高速性能が高い
難点:折りたたむと転がせない

・Gaap
長所:カスタマイズ次第でいろんなモデルに変身可能・それらの性能を損なわない
難点:折りたたむと転がしやすいが、座りが悪いので自立できない

・DAHON Mu
描きたいだけ。具体的な使用感は不明…だけど、このポジションかと(^^;)


※ここから先は折りたたみ性能は無視して、特色のみ

○頻繁な輪行には適していないが、その他の性能が他の輪行車よりも長けているタイプ
・Bridgestone Moulton(分割フレームのこと・非分割フレームは下の部類)
意外とクセのない走りが可能で、低速から高速まで扱いやすい


○輪行するには普通車並みの苦労があるが、日常の使用に適しているタイプ
・Tyrell
フレームによっては、日常の使用というよりは、休日の走りを楽しむタイプ

・GIANT ESCAPE MINI
・MV2

・DAHON Mako
…これも実は描きたいだけだなぁ(^^;)


○輪行にはまったく適さないが、魅力ある小径車
・GIANT REVIVE

・LOUIS GARNEAU SK
スカートでも乗れるとかいう紹介。Ciao P8は別ページで描いているので、こちらを。


○変わり種紹介
・タルタルーガ Type-F
・Chord liner
これも描きたいだけなんだけれど…意外と面倒そうだなぁ(^^;)

・Dog Bicycle
小径ということは重心を低く設定でき、荷物…の延長線上で動物も積みやすいという紹介。さらに延長して子供を乗せる…ということは、プラス電動アシストなどが欲しいところなので、あまり突っ込んだ紹介はしないつもり。

« 次期携帯端末は? | トップページ | tikitは近いか? »

コメント

予約3冊入れて置きますんで、確保お願い致します(^^;ゞ

 >・A-Bike
補足に、『独自規格で構成されているのでカスタマイズ性・メンテナンス性が低い』も加えておきます。

 >※必ず一番最初に紹介するつもり。ただし、まだ実績がない分、強度・耐久性の疑問や、「偽物」の言及なども考慮するつもり。

あ~これは耳が痛い(^^;ゞ
本物を買ってない分の仕打ちは受けておりますので、ご容赦頂きたく・・・。
本家には、自転車普及規格を採用した、日頃のメンテがしやすい2代目の開発を期待したいですね。

 >・DAHON Mu
 >・DAHON Mako
この2台が出るとは!ちょっと期待です。

 >・KHS F-20RAC
行きつけのショップによると、カーボン採用の為に気を使うとのことです。クランプ強度の関係で
センタースタンドが付けられないとか。

 >ブロンプトン・ブリヂストンモールトンの欠点
ブロは持ち上げるとリアが収納されてしまうので、走行時途中の担ぎ(階段)がしにくいかも?
BSモールトンは・・・これといって思いつかないですね。
あえて言うなら、収納サイズが大きいってくらいでしょうか。

ともかく当日を楽しみにしております。
そういえば、肝心の当落はいつごろ出るのでしょうか?(^^;ゞ

あ、いや、別に個人攻撃をしようというつもりは毛頭無く>A-Bike偽物。ただ、安ければ安いなりのリスクがありますよ、と書くつもりでしたんで。

ただ、本物でも個人的感想としてそれなりにメンテに苦労するんじゃないかと。そうするとそれなりに知識が持った人用では?…と、他のクルマを持った上でのセカンドカーにどうよ…と書こうかなと考えてまふ。

でもこの手の本としては1台目に外せないかと>A-Bike(^^;)。


>>・DAHON Mu
>>・DAHON Mako
>この2台が出るとは!ちょっと期待です。

あ、これは単純に描きたいから描くだけで、なにかクルマに関して情報が載る…ってわけではありませんので念のため。雑誌で写真集めてる程度で、それ以上の情報持ってないので(^^;)。

んー、カラーページで済まそうかな(^^;)カラー描画もちっとスランプ中なんですが…。

>おいらの持っている自転車の欠点

あ、そういえばそういう欠点があったような記憶が(^^;)>ブロ。あれって駐停車ん時も色々問題になるんすよね。なんで自分で思い出さないかな(^^;)。

それも含めて色々情報ありがとうございます。当落は…今月中だったような気が。

antに一年以上乗ってみてのコメントです。
実のところ長期間乗るとネジ止め部がガタついて来るので、増し締めが必要になるかもしれません。しかもそのときは結合部分が多いので大変(^^;)
おっしゃるとおり掃除は大変です。でも、それ以外は本当にメンテフリー。

stridaについては、上り坂で負荷をかけすぎたりするとギアボックスが不調になるかもしれません。(インターナショナル版ですが)
実際、自分が乗ってたstridaはギアボックスが不調になって、パーツが割れた事が原因で、異音が発生した経験有りです。

有名だと思うのに何にも書いてないですが、Bike Fridayってどうですか?

バイクフライデーも良いと思いますよ。

型番はなんだったかわかりませんが、パイプがそのままフレームになって、しなりでショックを吸収するようなあの構造とかよさげですし、tikitの構造も別記事に書きましたけれど、もえもえです。

ただ、実際おいらがまたがったりしたこと無いし、結構高額だし、入手店が限定されていたり…と、初心者を対象とする輪行本では外しておこうかな…と描かなかった次第。

…まぁ、上のリストの中に、フライデーよりも入手しにくい車種があったらアレなんですけれど…(^^;)。

Google経由でお邪魔いたします。私もぜひ拝読したい一人です。

> A-Bike

通勤で10kmほど平地を走っていますが、さほど苦にはなりません。もっとも、行程の半分がサイクリングロードという好条件ゆえかも知れませんが。ちょっとした段差や点字ブロックにも気を使うので、確かに長距離には向きませんね。

> Brompton

一番重いギアでちょっとがんばれば30km/hは出ますが、高速走行と言うには足りませんね。がしがしとごげる人なら大丈夫かも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/15301591

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行本企画進行中:

« 次期携帯端末は? | トップページ | tikitは近いか? »