2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 復帰中 | トップページ | M8日記 »

2007/05/07

今更聞けないTabletPC事情

 ちと最近、「お絵かき用にタブレットPC買おうと思うんだけれど、どうよ?」と聞かれた覚えがあるのだが、おいらにしては珍しくまともに答えていなかったような気がするので、振り返る意味でも改めてまとめておこうと思う。


○お絵かきに最適なマシンか?
 要するに、「紙にペンをあてがえる」がごとく使用できるため、お絵かきに最適そうに思えるタブレットPC。それは果たして有用なのかどうか。

 回答として、「最新機種ならスペックによってはお絵かきに使えるかも」程度にしか答えられない。それは何故か。

 最新機種では他のノートPC程度のスペックは十分クリアしているので問題はないが、何世代か前の機種はタブレットPCとして使いやすくするために軽くしよう…と、スペックを犠牲にして軽量化に努めたため、ちっと重いアプリなどを動かすのに苦労する傾向がある。

 また、そもそもタブレットのパーツの品質があまり良くなく、線が綺麗に引けないといった不都合のある機種が多かった。HPのTC1100でも結構これに悩まされていたらしい。

 心象としては、X41Tabletかそれと同時期に発売された機種からは確実にそのあたりは問題なくなったと思われるので、お絵かき目的に中古を当たるつもりなら、その辺のチェックを既ユーザーのblogなどでチェックしておくといいかもしれない。

※最新の機種であっても、仕様上筆圧検知機能を装備していない機種もある。

 お絵かきに筆圧が必須…ということでは決してないのだが、筆圧がないとなんのタッチも再現できないという人も結構多いので、その辺も注意のこと。


○必ず妥協が必要な日本事情
 では、最新機種ならタブレットPCはどれも恵まれているか?…となると、そうでもない。実は日本市場のタブレットPCではお絵かき目的としては重大な問題がタブレットPCユーザーを常に悩ましている。

 それは、画面がXGA止まり…ということ。

 やってみればわかるのだが、大概のお絵かきソフトはXGA画面よりも大きくなくてはやりにくい。画面が広ければ広いほどお絵かきはしやすいのだが、何故か日本のタブレットPCはXGA規格のものばかり、あるいはそれよりも小さいものになってしまい、非常に厳しい。

 海外ではレノボだけでなく、ASUSからもXGAオーバーのタブレットPCが出ているようなのだが、何故か日本には入ってこない。結構潜在需要はあると思うのだが…過去に東芝が出していたSXGA+機種があまり売れなかったからだろうか?…って、その頃はそもそもタブレットPC自体が売れてなかったし、先の「ちゃんと線が引けない」問題もあったしなぁ(東芝の該当機種にそのような問題があったかどうかは未確認)。

 ともあれ、ちらほらとXGAオーバーの機種も出ていなくはないが、液晶自体が小さくて使いにくかったり、筆圧機能を装備していなかったり…と、問題も多い。

 海外ではSXGA+液晶機種もあるX60Tabletも、日本のラインナップではXGA機種のみと寂しい状況だったりする。

 なんとかSXGA+液晶搭載機種の登場を願いたいのだが…。それが待てないようなら、XGA機種で手を打たざるを得ない状況…ということで。あるいは個人輸入とか…。


○タブレットPCをお絵かきで使う上で必要なこと
 …が一つある。

 ワコム製のタブレットをインストールしないと、ごく一部のソフトしか筆圧情報などのインターフェースの互換性が無いために正常に動作しない可能性がある。

 PhotoShopすらまともに動かないので、要注意のこと。

 なお、ついこないだまでそのドライバがX60Tに対応していなかったのだが、最近は使えるようになったようで、開発環境はしっかりしているのかなぁ…と、タブレットPCもちゃんとサポートされているとの実感も伴ったり(^^;)。

 ただ、WinXP TabletEditionの話で、WinVISTAではどういう状況なのかは不明。


○タブレットPC以外の選択肢と、共通のチェック事項
 お絵かきに最適そうなタブレットPCだけれども、一般のノートPCに比べても結構使いやすいので、一般にも広まって欲しいPCではある。

 ただ、パーツが多い分高くなってしまうのも間違いなく、他のパーツを入れ替えて総額を低くするようにしていることも間違いなく、大概グラフィック内蔵チップが使われている。

 2D描画にあまり問題はないが、3D能力は最新通常ノートPCにはかなわないことが多い。その部分で不満を感じる人もいなくはない。

 そこで出てくる選択肢が液晶タブレット。デスクトップになるが(スペックを満たせばノートも可か?)自分好みのPCを用意し、外付けモニタとして液晶タブレットを使用するわけ。

 これならグラフィックチップに3D用のものを使用すれば、グラフィック全般に強いPC環境ができあがる。

 お薦めなのはCintiq 21UX。勿論コストがかかり、また大きいので設置場所の問題もかなりシビア。ただ、手に入れて後悔することはあまり無いと思う、ばしばし絵を描く人なら。

 ただ、さすがにちとこいつは困る…ということであれば、サイズの小さい同社の液晶タブレットを用いれば良し…ということには実はならない。

 ここで要注意なのは、ワコムの最新機種であっても、モノによっては視野角の狭い、(お絵かきには)質の悪い液晶が採用されているものもあるということ。

 これはタブレットPCにも共通した注意点なのだが、実は液晶の視野角が広くないと、絵が非常に描きづらいことが多い。

 X41Tabletなどは問題ないのだが、ヘタすると右目と左目で見えている色が違ってしまい、ちらちらして目を悪くしてしまう可能性もある。

 液晶の特性上、横画面だと問題のない場合もあるが、せっかくの縦型での描画が出来ないというのも考え物。

 そういったこともあるので、カタログで広視野角をうたっていないものは、実物を見て自分で問題ないか確認する必要があると思う。

 液晶タブレットに話をもどせば、現行機種の21UXの次に画面の大きい機種がこれの評判で悪いと聞いているので、その下…となると、XGAになってしまってタブレットPCと変わらないやん…という選択肢の少なさになってしまうらしい。

 無論、触ってみれば21UXの次の機種でも問題はなかった…という個人差ということも考えられるので、なんとも言えないんですけれども、重要なチェック事項ではあるので、ご注意ください。


○触ってみることが大事…なんだけれども…
 そんなわけで、まぁなんにせよ自分で触ってみて、フィーリングだけでなく「目」に合うかどうかしっかり確認する必要があるということ。

 ただ、困ったことにタブレットPCをしっかり展示している…というか、そもそも取り扱っている店舗があまり無いのが実状なのだけれど。

 とりあえずお薦めなのはハイパーファクトリーか。ここは展示機も豊富なので、お薦め。おいらもX41Tはここで購入している。

 しかし秋葉原でもこの1店舗くらいしかまともにタブレットPCを扱っていないので、地方となれば…。


 ま、XGAで3D能力を問わないのであれば、レノボのX60Tか、HPのtc4400でよろしかろうと。それではダメであれば、無理をして21UXしかない…ってところだろうか…。

 現状、もうそれくらいしか選択肢無いのよね。ただ、ハイパーファクトリーによれば、なにやら東芝の隠し球が出てくるかもしれないとか…。


#…何か書き忘れているような…。

« 復帰中 | トップページ | M8日記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/14984983

この記事へのトラックバック一覧です: 今更聞けないTabletPC事情:

« 復帰中 | トップページ | M8日記 »