2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 小説、2時間ドラマに最適なネタ? | トップページ | 消されたライセンス »

2007/05/19

お金が無くなる理由

 例のAdobe2007大バージョンアップ祭りだがぉぃ、とりあえずまずはAdobe Creative Suite 1.3 Premiumのライセンスを使い、Adobe Creative Suite 3 Design Premiumを入手しようと思っている。

 ちなみに、海外ではどうも、CS1.x+Macromedia Studio 8のライセンスがあれば、さらに安くなるらしいぞ。おいおい、日本にそんなプランはねーど。

 CS3 Design PremiumにはFlashもDreamwaverも入っているので、Studio8とライセンスが被ることもあるので、安くしてアップグレード出来る方が良いのだが…なんとかならんのだろうか?

 要望とか出した方がいいのか?実はこっそり、アドビストアではそういうコースが用意されていたりしないのか?(CS2.3からのアップグレードはアドビストア限定で安値コースが用意されているらしい)

 うぬぅ、なんとかしていただきたい。ただでさえ、出費がかさむんだから~…。


 …金に困っているのなら、考えてみればすぐにアップグレードしなくていいんじゃないの?お金を貯めて、それから…でもいいんじゃない?…とか言われるかもしれない。

 ただ、おいらの作成環境をかえりみると、結構不満もあり、また今回のCS3で結構改善されそうな予感があるのだ。


 おいらのお絵かきメインツールはIllustratorなのは普段書いているとおり。ただ、それをblogなどにアップすると、線画で終わっているケースが多いと思う。これはIllustratorで線を引くのは簡単だし楽しいのだが、色を塗る行為が面倒だからだ。

 線を引くのは文字通り線を引くのだが、色を塗る場合、筆で塗り塗り…というわけにはいかず、「色を塗る部分」をパスで囲う…といった、直感的ではない彩色作業が強いられるのだ。まぁ写真のマスク作りにベジエ曲線を山ほど触ってきた身としては、やってやれない話ではないのだが、陰影とか言う部分になると結構感性を使う作業で、2D絵だと。そうなると筆のような直感で操作するツールでないと、個性が出しにくいというか…。

 筆で塗るような彩色…も出来ないことはないのだが、諸般の事情により私の環境ではやりにくいのと、やり過ぎるとデータ量の増大を招き、取扱が難しくなってしまう。


 そんなわけで線画Illustrator、彩色Flashという分業も考えたが、メーカーが違った経緯があり、データ互換がいまいち徹底しておらず、また片方は印刷原稿作成用、片方はWeb等データ作成用という位置づけもあり、ドキュメント全体の取扱も微妙に違ったりして、取扱に気配りしたり配慮したりと、それだけで心労が溜まってしまう有様。

 そんなわけで併用も面倒で、線画・彩色と一貫した作業が必要な場合は、気合いを入れた勝負と相成るわけ。


 ただ、AdobeとMacromediaが合併したことにより、これらのソフトがそのうち互換性高くなるはず…と踏んでいたら、実際そのようになり、

FlashCS3の新機能

 を参照すると、

> 1. Photoshop とIllustrator のファイルをダイレクトに読み込み

 …とあるので、その辺の心配はなくなるのでは…と踏んでいる。

 ただ、このページを更に読んでみると、

> 6. Illustrator 譲りの最新ドローイングツール群

 …とある。ぬぬっ!これはっ!?

 先に「線画Illustrator、彩色Flash」と書いたが、「だったら線画もFlashでもいいんじゃね?」と言われそうな気がする。

 しかし、意外にこれが難しい。両方ともベクトルデータで線を描くことが可能なのだが、補正の仕方が双方違っており、Illustratorの方がより繊細に線を描くことが出来る…と思っている。

 Flashではまともな線が引けない…ということはまったくないのだが、自分なりの線のタッチを曲線にも活かせるのはIllustratorの方…といった感じで、FlashはFlash独自の曲線になり、比較的作家の個性が平坦になってしまう…という印象なのだ。

 FlashにはFlashなりの良さがあるのだが、どーもおいらのタッチとしてはFlashを使うのはやりにくい…ということになる。

 まぁ、そんな偏屈はおいらだけかな…と思っていたが、Flashムービー作家には、おいらと同じく「線画Illustrator、彩色Flash」という人がいるらしい。もっとも、プロになると生産性の問題から、オールFlashに移られたそうだが。

 おいらはアマチュアなのでそのままだが、アマチュアでも面倒なものは面倒。どーにかなんねーかな…と思っていたのだが、Flash上で線をIllustrator感覚で引けて、塗りがFlashベースで「ペイントソフトのごとく」塗り塗りして塗りパス完成…となると、かなり簡単にベクトルベースのイラストが作れそう。

 そういえばキタ印工房のキタさんもIllustratorで線を引いているのは間違いなさそうだけれど、色塗りはどうやっているんだろう?元々Flashでやられているのかな?彩色が面倒だったら、試していい機会かもしれない。

 おいらもひょっとすると、Illustratorメインに使っていたのが、Flashメインに移るきっかけになるかもしれない。

 しかしWebベース、アニメーション用途だと問題はないけれど、印刷原稿となると、Illustratorにまだ分がある…というか、Flashにはまだ原稿サイズとか印刷関係の概念が取り込まれていないので、位置・サイズ合わせは難しいだろう。

 IllustratorはIllustratorで必要なので、それはそれで用意することになるから、やはりCS3 Design Premiumまるごと必要…ってことになるのかな。

 いずれにせよ、お金がかかるということなのね…(^^;)。


 ただ、ここまで大きな改変なので、不安もつきまとう。結構バグが潜在しているような…。

 Adobeといった有名どころのソフトで、使用に問題が出るようなバグって残っているもんなの?…と問われそうな気もするが、Illustrator10では筆タッチの線をパスのアウトラインに変換するのにハングしたんじゃねぇかというほど時間がかかったり、ちょっとパスが多くなるとソフト自体が重くなったり、CSでは筆圧検知の強弱線を引こうとすると「ダマ」になったりして使えなかったり、色々あるのだ。

 「ダマ」問題はドライバとの相性問題じゃねぇ?ということも考えられるが、いずれにせよ「アップデート」ではなく「バージョンアップ」を待たなければ改善されなかったりして、かなり泣いた記憶もある。

 ただ、こういった問題はかなりニッチな使用方法で始めて発覚するようで、この問題に泣いている人は結構少なかったような…。


 ともかく、そういう「おいらの用途で発覚する、ニッチな問題」にぶち当たると面倒そうなので、ちと億劫にもなるが、しかし今までの問題が解決するのではないかという期待もデカい。

 今の内にCS2を買って、無料バージョンアップを狙うという手もあるが(CS3で問題があったら、CS2に戻る)、CS3ほどの問題解決にはならないし、管理も面倒なのでやはりCS3待ちだろう。

 一度体験版を使うなり(発売前希望)、どこかで体験コーナーとかいじくり回したいところだが(デモ見学ではなく)、どっかやってくれねぇだろうか?

« 小説、2時間ドラマに最適なネタ? | トップページ | 消されたライセンス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/15113415

この記事へのトラックバック一覧です: お金が無くなる理由:

« 小説、2時間ドラマに最適なネタ? | トップページ | 消されたライセンス »