2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 写真の間違った撮り方 | トップページ | 携帯電話の使い方 »

2007/05/24

自転車を描く楽しさ、難しさ

 相変わらず輪行本2の原稿を進めている。

 モノクロページ分を遅々と進めているが、ちとカラーページにもとりかかりたい。考えてみれば先にくる締め切りはカラーページなんだから。





 ただ、ちっと予告というか、宣伝も描いておかないとね…ってことで、本家ホームページの表紙部分に描き下ろしを掲載しておいた。タイレルなんて描くの初めてだけれども、フレームがシンプルなので、楽だから…という意味ではなく、楽しいね。

 本編でも「小径車はフレーム形状がバラエティに富んでいる」とかなんとかネームを入れている。描く方としてもそれがなかなか楽しい。

 小径車ばかり乗っていたわけで、そういった魅力は早々に知っていたわけだけれど、逆に言えば「普通車」(小径車ではない…の意)…というか、ロードとか、そちらは比較的フレームが共通化して、そうそう違いも無ぇな…と、魅力をいまいち理解してないでいた。

 ただ、輪行本を描くに当たって一応書籍なども買い、その中に出てくる普通車をよーっく見ていると、ロードだけ…というくくりを見ても個性があるということにやっと気がついてきた。

 いや、ロゴとかではなく、シルエットというか、個々のパーツのラインとかとかを見ても…ということで。

 小径車らほどの大きな違いではないのだが、シートステーの微妙な曲線というか、フロントアームのバラエティというか、やはり違う。

 ロードに限らず、いつぞやの「自転車人」のビルダー特集なんか見ると、違い…というか、個々のフレームのオリジナリティがひしひしと伝わってくる。

 ただ、困ったことにこれを絵として表現しようとすると、かなり難しい。1枚絵なら入魂してどないかしようと思えるが、漫画となると生産性も考慮しなければならず、さらりと簡易な線で描けないといけないわけで、なかなか3次元曲線の魅力を描ききれないと思う。

 金属の質感…とかいうとさらに至難の業だ。


 そういう意味では、小径車の方が「漫画映え」がいい…、描き分けがしやすい…という意味で、まだいい素材かな…と思っている。

 それでもなかなか面倒なんだけれどね(^^;)。細かい立体のくせに平面的で、しかし可動部もありーの、キャラクターと大きさを合わせなければいけないとか、それでいて重心をどうこう…とか考えないといけない。

 それはもう、むっちゃ難しいシロモノなわけ。線を引くだけでも大変。

 まぁそれでも勢いで描いてしまうと、パースが若干狂っていても、それなりに様になっちゃうみたいだけれど。「目が良い」人が見ると、一発でバレちゃうだろうけれど(^^;)。


 まぁそんなわけで、今のところ「ギアの歯」は省略し、まっさらな円盤で表現しているけれど、勘弁して(^^;)。

 しかし考えてみると、Illustratorを使っているんだから、歯車くらい簡単に製図できそうな気も…。

 とはいえ、手描き感を出した描画にしたいし、コマの大きさが小さいと歯の部分がごちゃごちゃしてバランス的によろしくないと思うし、あまり頻発しないようにしようかな…というところ。そもそもまだやってないけれど(^^;)。

 …いや、やっちゃおうかな。フィルタとかの機能で、ちっとパスをランダムに散らす…ってこともできたはずだから、そうすれば手書き感じは出せるかもしれないし…。

 それで更に手書きの手間も減らせるなら省力化になるかしらん。

 んでもIllustratorCSでは、歯車を生成するコマンドがなかったような…(^^;)CS3にはあったかも。いくつか図形を組み合わせて、ブーリアンとかかまして作り出さないといけなかったような…。

 …かえって手間?(^^;)

« 写真の間違った撮り方 | トップページ | 携帯電話の使い方 »

コメント

ロードレーサーはUCIのレースレギュレーションでダイヤモンドフレーム形状じゃなきゃいけないのです。
それでも、メーカーやデザイナーによってかなり違いますよ。特に成形の自由度が高いカーボンフレームは。

LOOK 595やBH Global-Conceptのようなインテグラルシートポストとか、
サーベロの翼断面形状のフレームチューブとか、
オルベアの新型 ORCAや、デローザの IDOL、MBKの2007年モデルのようなエロチックなデザインフレームとか、
ピナレロの ONDAフォークとか、
シルエットとしてもディティール的にも、かなり形状違います。

規定の緩いタイムトライアルバイクは尚更個性的ですよ~!

はじめまして。
おっしゃるように小径車のフレームって個性的ですよね。
ちなみにGIANTのエスケープminiなんてどうです?
買い物用っぽいグレードからスポーティーなグレードまで幅広くあります。
フレームもけっこう良い形してますよ(笑)

↓ウチの嫁さんのエスケープmini
http://www.flickr.com/photos/7940758@N07/505801358/

エスケープminiって、フレームが他フレームん中つっきってるのが面白いですよね。ちっと怖いですけれど、強度としては問題無さそうですし、日常の足としておしゃれでいいですよね。

うちの職場でも女の子が通勤に使ってますので、結構人気があるのかもしれません。

まぁMujiTraさんの場合、自転車がどうこうより、先のリンク先に見られる写真がカッコいい方が気になりますが。花をしっかり目立たせて、しかし自転車の存在感も忘れない、いい構図を狙われましたね。

真ん中の隙間にロゴを入れたら、そのまま自転車雑誌の表紙に使えそうですよ。


ところでTOKさん、日本語しゃべって(^^;)ぉぃ。

いやいや、本当に個性というのがわかってきましたよ、ロードの方も。レギュレーションの中で、デザインを追求…というわけではなく、機能などを追求した結果得られた個性というのは、媚びておらずに輝いてますよね。

ただ、やっぱり描きにくいものは描きにくい(^^;)。考えてみればシルエットをうまく再現できても、フレームに描かれた模様とかロゴとか、大変っすよ。ダイヤモンドフレームの1本1本にご丁寧に企業ロゴ入れてるわ、ロゴを外しても、あの細いフレームに何色塗らないといけないの?…とかいうくらいライン引かれていたり、考えてみればカーボン…ってだけで「黒く塗る」だけで済まされないような…(^^;)。

いずれにしても、鬼門のようです(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/15184714

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車を描く楽しさ、難しさ:

« 写真の間違った撮り方 | トップページ | 携帯電話の使い方 »