2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/31

げ、

ナショナル、電子レンジ、冷蔵庫、衣類乾燥機をリコール
~不具合発生ではなく「事故防止のため」

 ヒットでありんす~!\(ToT)/乾燥機

 不具合じゃねぇと書いてあるが、メーカーの謹告にしっかり「電気部品のはんだの亀裂により、発煙・発火に至る可能性がある」と書いてあるので、「不具合が発生する可能性による事故防止のため」…ってこったろう。

 まぁなんにせよ対応してもらわなぁ。

 せっかくなのでこのblogで今後の経緯を書きたいところだけれど、対応は今後の対応の性格上、家にいる時間の長い人が行うべきだろう…ということで、家人が行うことになり、詳細が不明になる模様なので、大したことは書けないだろう。その辺は期待しないでね。


 しかし面白いのは、製品名で言ってくれねぇのな。勿論型番のチェックで問題はないんだけれど、うちのを見ると「愛妻号」と書いてある。

 「愛妻号の一部の製品に…」とか書くと、ブランドイメージに影響を及ぼすので、それと直接結びつきにくい型番での周知ということなのだろうか。

 勿論絞り込みを厳格にする意味では正解とは思うが、色々細かい部分で戦略というか保険というか、言い回しというか、まぁ感じる次第。


 何にせよ、ちゃっちゃか直してもらわないとな。とはいえ、全部合わせて数百万台…って。

 いや、さすがに全部稼働中…ってことでもあるまい。しかしやはり数が多くなるんだろうなぁ…。

 梅雨も近いし、やはりちゃっちゃか直してもらいたいが、他は料理が出来なくなるとか、冷蔵庫に至っては使用すんな…って言われてもなー…と、より緊急性が高いか。

 …ん?冷蔵庫の方は「「異臭がする」などの異常にお気付きの際は、ご使用をお控えいただきますよう」と、異常が起こったら止めてね…ってスタンスか?まぁさすがにそこは書き分けるか。

大画面の誘惑

 絵を描くのに最近使用しているのはタブレットPCなわけで、それだけ便利だっつーことなんだけれど、残念ながら高画素タイプがないので、作業効率はあまりよろしくない。

 それや大画面でないと把握できない作業があったので、ちとT40pに外付けタブレットを接続して行ってみた。

 タブレットPCほどダイレクト感は無いが、便利といえば便利。そう突っ込んだ描画をしていないので、外付けタブレットによるペン先と画面の位置の違いも、昔取った杵柄でギャップ無しに扱えた模様。

 こうなってくるとちょっと誘惑が出てくる。そんな時にちょっと立ち寄ったのがこちら。

古田雄介のアキバPickUP!:
「ウチは静止画に強い。そして動画にも強くなった」――ナナオのモニター体験イベント

 本当にちらっとだけ寄っただけなので詳しくは見てないし、説明も受けてないが、ちっとくらくらと来た。画面は普通に綺麗だし、大きいし、チューナーがあればテレビも見られるし、扱いやすそう。フルHD対応の画面って実はUXGAとかよりも大きい…の?

 ワイドだし、VISTAでも扱いやすそうだ。

 ちとあってもいいかなぁ…という気もするが、考えてみればあまりこれを活かすPCを持っていない。今あるデスクトップをつなぎ替えるだけでも即使えそうな気もするが、なんとはなしにもったいない。

 デュアルコアとかで用意したいところ。

 幸いにも、拡張性を重視して大仰なケースのものを…という気はあまりない。

 勿論、3Dもそこそこやるので、それなりにビデオカードに気を遣うし、多少ビデオ編集に有利なスペックでいてもらいたいが、その限りでは別にキューブなケースでも構わない…のであれば、最近は…どうなのかな?安く・小さく済むのかな?

 ちといっぺん考えてみる…か?>デスクトップ

 ただ、全部揃えるにせよ、25万で抑えたいというのは…横暴か?(^^;)

 あとそこまで揃えたなら、せっかくなのでPS3も横に置いて、非作業時はBlueRayとか見られた方がいいのかしらん?(^^;)

 いやぁ…でも熱くなりそうだなぁ、筐体が。ひいては室内が。あとうるさそうだし。まだBDドライブの方がいいか?むしろPC再生の方が、作業しながら脇で映像再生…ってことができて面白いか。デュアルコアなら何とかなるか?

 …っていうか、縮小画面になるから、HDの意味が無くなるな(^^;)DVDでいいじゃん。

2007/05/30

どこにあるかわからない需要

3分LifeHacking:
電話機の「コードねじねじ現象」が発生する理由

 よ…、世の中にはいろんな便利グッズがあるのなぁ…。

 アイデアとしては面白いけれど、果たしてどこまで「必要と思う人」がいるかどうかだなぁ…(^^;)。


 しかしこういう着眼点を持っているのは面白い。この調子で「携帯音楽プレーヤーのイヤホンを鞄にしまっておくとからまく」のを対処するグッズを出して欲しいのぉ。

 そちらの方がよっぽど実用的でしょう。

 …ってか、コード巻き取りイヤホンとかが、ワイヤレスとかがそれにあたるんだろうけれど(^^;)。

まだWiiは行き渡らず

 …つっても、自分は買う気はないのだが。

 元来、ゲームというのが苦手というか何というか…。やる暇があったらクリエイト作業にいそしむか、DVD見ていた方が幸せ…って人間だし、なによりあのコントローラを振り回すスペースが無い。

 …ので、買うつもりはないのだが、こういう記事は気になってしまう。

「2007年中はWiiの端末不足が続く」--アナリストが予測

 どこだったか…、5月ですよ確か。5月中の話で、どこかの主要駅の連絡通路を歩いていたら、なんか学生だか留学生だかとおぼしき若者が数人、山ほど紙袋を抱えて…というか、壁際に置いてたむろっていたんだけれど、どーもそれらがすべてWiiらしかった。

 なんか待ち合わせしていたみたかったけれど、紙袋の中身が大体見えていたんで、間違いない。まぁ、こちらはそれを横目に見ながら通り過ぎ、用事に向かったわけですが。で、早々に用事を済ませ、同じ通路を戻ってきたら、なんかかぶせて中身がわからんようにしてましたが。

 全部で…、1台当たりの箱の大きさを知らないのでなんともいえないんですけれど、20台は超えて、でも50台は無いな…ってくらいの山積。

 つまり…転売ヤー…ってことでしょうな。まだそういうのが横行しているわけだから、まだまだ品薄が続くんだろうな…というか、そういうのが横行しているからなかなか需要に供給が追いつかないのか、でも全体から見ればそう大変な数なのか?…と思いつつ、でも主婦もDSliteとかでお手軽にやっている…ってのも聞くし、やはり転売ブームがある程度供給の足を引っ張っているのかなぁ…とか思ったり。

 ただ、任天堂も市場状況を見ながら生産数を調整していると思うので、いくらなんでもいずれ需要と供給が逆転する日が来るのではないかと。そうすると、転売ヤーどもの在庫が余剰になって、痛い目に…ってことになってくれねぇかなぁ…と密かにPS3の再現(実際どうだったのか知らないが(^^;))を願っているのだが、…どうなんでしょうね?

 ゲームやらない身だと、そういう「ゲーム」を見ているのしか面白みが無くて…(^^;)ぉぃ。


 しかしゲーム機自体の話としては…今更ながら最近PS3が気になり始めている。まぁ、それはゲームとは別の理由に起因するんだけれど。まぁその話はまた後日、別記事で…。


 そういえばセカンド・ライフってのも騒がれてますな。ゲームとはちと違うようですが。

 あれも何がいいのかわからん。色々情報が乗っかっているのでそれなりに楽しめそうだと思うが、あれで楽しもうと思うのなら、同じ時間で外に出かけた方がよっぽど「セカンド・ライフ」って感じがすると思うのだが…どうなんだろう?

 まぁ、自分のモデリングデータが反映できる…というのであれば、若干モデラー魂が燃えてきて、供給側に回りたい気はするのだが…。

2007/05/29

Bluetoothが聞こえる

 やっとおいらのBluetooth環境が整ってきた。

 …つっても、SONYのDR-BT21Gを購入しただけなのだが(^^;)。


 今のところおいらの環境ではBluetoothの中心的役割が911Tになる。…というか、911T…というか、新携帯端末ではBluetooth使用前提となっていた…というか、携帯着信に気がつかないことが多く、ヘッドセットくらいしていろよ…ということで、だったらBluetooth規格のそれが一般的かな…と。

 ただ、911Tでヘッドセットを使用する場合、いくつか制約があったりする。

 ヘッドセットとして使えるだけでなく、音楽も聴けて、ワンセグ音声も飛ばせるようになっているので、それの規格もサポートしていないと、911Tの全ての機能を使えない。

 単に「Bluetooth対応」というだけでヘッドセットを選ぶと、痛い目に遭うわけだ。


 幸い、911Tは発売から時間が経っているので、ネット上に先人達の情報が掲載されており、それらを頼りに「一番問題がないもの」を検討させてもらった結果、DR-BT21Gに落ち着いたわけ。

 実を言うと911T純正オプション…という手もあったのだが、SONYのバッテリーの保ちの良さを優先させてみた。入手性も良かったしね。

 使用感としては今までイヤーパッド同士もコードでつながっているタイプばかり使ってきたので、プラスチックガードな筐体がまだ慣れないが、逆に「絡まる」といった心配が皆無な安心感があって良い。

 音質はよくわからないが、外で聴く限りは問題無さそう。ボリュームやいくつかの操作ボタンが搭載されているので、携帯を鞄に入れっぱなし、DR-BT21Gだけで選曲等操作ができるスマートさがいいね。

 バッテリーも意外と持っているし、なかなかのものかと。ただ、ちっと感度が弱いのか、時々1秒くらい音が途切れることがある。DR-BT21Gか911Tの問題かはよくわからない。ひょっとすると近くに強い電波源があると、混信して電波を見失う…なんてことはないのだろうか?

 まぁそこらへんと、若干筐体がでかい、もう少しスマートに折りたためないかな…ってあたりで不満がないわけではないが、互換性等々も考えたらトータルでは他デバイスより相当いいんじゃないかな?

 あとは一応ヘッドセットなので、通話とかできるかどうか気になるところなのだが、相手の要ることなので、まだ確認していない。イヤーパッドの外側にマイクが付いているので、会話が成り立つのか、すごく心配…。

 しかし、着信は問題なく出来そうだが、ヘッドセットを使った発信の仕方がよくまだわからないし…(^^;)。

 あと、携帯のバッテリーを食っている…というのが若干気になる。まだそんなに長く使用していないが、DR-BT21Gよりも911Tのバッテリーが先にヘバりそうだ。

 こうなってくると、携帯音楽プレーヤーを別に用意するのもやはり手。今のiPod miniにBluetoothアダプタを付けるという手もあるが、そろそろ買い換え時なのでnanoあたりか?

 いや、せっかくバッテリーの保ちで替えるんだから、その保ちの良さでウォークマンのAシリーズを狙う…というのも手だな。

 専用のBluetoothのアダプタもあり、親和性(Aシリーズとの形状の親和性とDR-BT21Gとの相性の親和性)も問題ないだろう。あまり見ないと思うけれど、動画も扱える(確かnanoって動画はダメなんじゃなかったっけ?)し。そもそもAACもOKなんでしょ?あまりiPodにこだわる必要がないような…。

 いや、勿論オプションの豊富さでiPodを選ぶ価値は十分あるのだが、「とりあえず聴くだけ」「携帯のバッテリーを保持」「携帯音楽プレーヤー単体でのバッテリーの保ちも良い(充電を忘れても多少使える)」ことを考えると、ウォークマンも…。

 さて、どうしたもんか…。

2007/05/28

原稿は進むよ、牛歩のごとく

 忘れる、忘れる…と言っている割には、輪行本2の原稿は進んでいる。

 家にいると絵を描く…という習慣だけはしっかり身についているので、タブレットPCとペンを握って、じゃぁ何を描こう…、輪行本くらいかな…ってことで描いているだけなんだけれど(^^;)ぉぃ。

 ただ、本編についてはちっと手を休め、カラーページなんかにいそしんでみる。

 まぁまずは表紙。考えてみればここのところ、あまりカラーイラストなんて描いていない。いや、描いていないことはないのだが、ちゃんとした原稿、それも風景込み…というのはちょっとね。

 表紙、それは中身の第一印象を決めるものなので、輪行本1についてはあまり気にせずに描いてしまったが、意外に輪行本が一般向けにも配付されることを考えると、ちっと表紙の第一印象から気を配らないといけないな…と今更ながら配慮に気を使い始めた。

07052801 そんなわけで今のところこんな感じ。知る人ぞ知る時計塔。ちっと時計塔の模様が怪しいが、自分なりの簡略手法なので勘弁してくれい(^^;)。

 で、手前に自転車に乗るキャラ達を載せる予定。

 なぜかガッシュ系っぽい描き方にしてしまったが、…まぁいいか(^^;)。

 しかしちと地味だな。昔取った写真を元に描いているけれど、あまり「表紙に使うぞー!」と意気込んで撮ってねぇしなぁ…。

 とはいえ他にそういう感じで撮った写真も無いし…。

 …もうちょっと探してみるか。考えてみれば輪行本1も再販する予定だし、そちらにこの表紙は使って、2はもう少しすがすがしい写真を資料に…(^^;)そんな時間はあるのか?>をれ。

忘却王

 ひたすら忘れ続けている。

 自分が忘れやすいということ自体を忘れているので、どうしようもない。

 日記のネタにするくらいだから、そんな忘れていないんじゃないの?…と思われるかもしれないが、PCに向かってネタ出しに頭ん中を引っかき回して出てくるだけの話なので、そもそもその時に、ちょっと前に思いついた日記に最適なネタを忘れて、わざわざこんな、周りにはどうでもいい話を書いているだけの話かもしれない。


 そんなわけで、たかだか「2007年を間違って2008年に設定している」だけの間違いなのだが、ファイルの管理を考えるととっとと修正しなければならないM8の時刻設定を直すのを忘れ、またこの週末撮影をしてしまった。

 用事に出かけた途上で撮っただけで、廃棄しても構わない写真なんだけれど、ともかく自分が手に持っている機器の問題をすっかり忘れ、手元にないときに思い出すというこの間の悪さ。

 ちと、逆にいつまで忘れ続けるだろうか…という期待も出てきてしまうというもの(^^;)ぉぃ。


 なんかCS3無償バージョナップ申込とか、911T購入時、スパボに勝手に付いてくる留守番電話サービス豪華版の解約とか、アンチウィルスソフトの更新とか、やることはいくつもあるのだが、ひたすら忘れ続けている。

 さっきタスク表を見返してみたら、10個もあった。

 タスク表を作っているくらいなんだから、なんとかなるだろう…というとさもあらん。そういうのを作っていること自体を必要なときに忘れているので意味を成さない。


 まぁもう何十年もこういう性格とつきあってきたので、慣れてきたといえば慣れてきたのだが、現状は結構金銭に絡む事柄が多いので、なんとかせねばならんと思うが…。


 ちなみに、最近親と話してわかったのだが、おいらは昔むーやん(今は亡き飼い猫)の命を救ったことがあるらしい。

 救ったとまで言うほどもなく、単に押し入れに閉じこめられていたのを機転を利かせて救い出しただけの話なのだが、…まったく覚えていない。

 我が家では一大事の部類に入る話だと思うのだが…覚えていないんだよなぁ…。むーさんのことまで忘れているというのは…ショック…。

 まぁ、そのショックもいずれ忘れるんだけれど…(^^;)。

2007/05/26

Adobe税、節税対策

 Adobe国は税金が高額で知られる。これでなんのメリットもなければたんなる暴君のはびこる国…ってことになるのだが、一応デファクトスタンダードだったり、高機能だったりするので、国民としてはあまり文句が言えない。

 それでも昨今、低機能ながら「普通の人が使うには十分な高機能」なソフトが低額で出回るにつれ、「そういう向けの低額商品」も企画しているらしい>Adobe。

 とはいえ、おいらとしてはそれなりにがしがしツールを使用しているので、一応プロユースなソフトが必要で、納税を続けていかなければならない。

 ただ、これにもコツがあって、バージョンアップが発表されたら必ずアップグレード…ってことをしなくても構わないわけで、機能が現状で十分だったら、そのままでも構わない。

 アップグレード可能対象が3世代前のバージョンまで…という規定を守れば、必要があるとき・お金があるときのそれ…ってことでいいわけ。


 さて、問題はCS3。先にも書いたとおり、おいらとしては是非欲しい。CS2も欲しい機能があったところだけれど、納税してまで…ってところでCS1.3に留めておいた。

 ただ、これにはもう一つ理由があり、CS1.0→CS1.3にした後にCS2が発表されたわけだが、CS1.3→CS2のアップグレード料金と、CS1.0→CS2のアップグレード料金にあまり差が無く、ちっと損したな…と後ろ向きになっていたこともある。

 いや、料金的にCS1.3→CS2<CS1.0→CS2という図式に違いはないのだが、CS1.0→CS2用パッケージはヨドバシなどでも扱っており、10%還元も効く。しかしCS1.3→CS2用パッケージはアドビストア限定取扱となり、割引とかはあまり無い。

 で、先の10%還元を考慮すると、むしろそちらの方が安くなっていたような。

 こりゃ毎度毎度アップグレードしておくと、損なんやないかっ!?…と。

 まぁさすがに必要性のある機能のためのアップグレードの場合は、そういう考え方は捨てなければならないと思うけれど、CS2はおいらにとって劇的な新機能というものでもなかったので(いや、あっても良いとは思ったけれど)、やめておいたわけ。


 …そして今回のCS3。今回は是非欲しいので、CS1.3→CS3となる。

 確認すると、CS2→CS3の料金と変わらない。CS2.3→CS3だけちょっと安いらしいが、これもまたアドビストアのみの取扱らしい。ポイント還元使って買える方がお得かも(計算してないけれど)。

 ただ、金額が10万超と、個人ユーザーにはちとキツい。なんとかならんもんか…と考えていたところ、合法的に安くする方法を発見した。

 こちらのページを参照させていただいたのだが…っていうか、まんま真似なのだが、CS1.x→CS2.3アップグレードパッケージを購入し、そのパッケージに添付されいてるCS3無償アップグレードを利用する…という手。

 最終的にCS3が手にはいるが、金額はCS1.x→CS2.3アップグレードパッケージ。これが8万6千円だったりする。正規アップグレードだと13万円ちょいだったりするので、これはお得よね。まぁそれでも個人ユーザーにはキツいんだけれど(^^;)。

 ちっと登録手続きとか必要になってくるけれど、4~5万円のためならどうってことないし~(^^;)。

 面白いのは、現状CS2.xを持っている人は、この手を使えないかもしれない…ということ。CS2→「CS1.x→CS2.3」パッケージ…って手が使えるのかわからんし、CS2→CS2.3アップグレードパッケージではDreamwaverしかアップグレードされなかったりと、あまりよろしくない。

 CS1.xユーザーのみ、簡単に正規に使える技だったりするので、先のCS2断念は大正解だったかなぁ…と思ったりもする。

 とはいえ、CS2で出来たことを数年行っておらず、その生産性を見えない犠牲にしていた…という考え方もできるので、果たしてトータルで本当にお得だったかどうかは…謎。

 ま、目先の金額ではお得なんだから、いっか(^^;)。

2007/05/25

TabletPC Watch

 一応メモ。

Dell、同社初のTablet PCを2007年後半に投入

 DellからタブレットPCを出してくれるのは頼もしい限りだが、日本で出るかどうかは不明。

 また、絵描きとしてはやはり高画素、筆圧あたりが必須になるのだが、情報ではタッチパネルだし、写真を見るとアイコンの比率からWXGAあたりで、「XGAにVistaのガジェットを表示させる余白を付けました」程度の画素数しかないように思える。

 XGA止まりよりはまだマシだが、やはりもう少し画素数が欲しい。

 とはいえ、出るだけ無駄か…というとそうでもなく、タッチパネル…ってだけでも結構通常のオペレーションの中では利便性が上がるので、これはこれで絵を描かない人にお勧めしたい。

 で、こういうジャンルが認知され、高機能タイプとして絵描きが要求するスペックを満たしたモデルも登場する…と(^^;)そううまくいくかね。

#まぁ考えてみればDellだから、BTOで高画素タイプも選べる…って可能性も…あるのかなぁ…?

Bluetoothの現状

 …つっても、おいら個人の環境の話だけれど(^^;)。

 携帯にはBluetoothがついてなきゃイヤだー!…とか言って911Tを購入しておきながら、その後1度もその機能をいじってない(^^;)。デバイスも購入していない。

 いけませんねー。なにかしないと。


 さて、もう一度話を最初に戻すと、なんでBluetoothか…というと、着信に気がつかないので、イヤホンをしておきたい。ただ、有線だとうざったいので、無線。…となると、汎用性の高いBluetoothが良い。

 しかし、音楽をiPodで聞く身としては、普段iPodで音楽を聴き、着信があるときだけ知らせて欲しい。

 この機能を搭載する製品は存在する。そんなに高くもないし。

 ただ、一つ気がかりなのが、ワンセグへの対応。外でワンセグを見るときに気になるのが音声。スピーカーからならす…ってわけにもいかないので、イヤホンで聴きたい。しかしこれも無線なら便利。911Tでは確かワンセグ音声もBluetoothに載せてとばせたと思うので、それを利用すれば屋外の利用も面白そう。

 ただ、通話のプロファイルと、そういう音声・音楽のプロファイルとは別なんでしょ?>Bluetooth

 iPodで音楽を聴くとなると当然音声・音楽のプロファイルを使い、着信は通話のプロファイルで割り込むという形。そういうペアリングをしている…ということで、なにげに急にワンセグが見たくなったとき、するりと切り替えられるものか?ペアリング設定し直し…ってことはあるのか?見終わったら戻したり。

 まぁ、911T単体で音楽を聴いていて、その最中に着信があったら割り込まれる…っていうから、そういう手間が無いかもしれないし、あっても…そうそう何度も無いか?

 …まずやってみるか。話はそれからかのう。


 ただ、それ以前に、いよいよiPod miniがへたってきた。いや、バッテリーが。

 3年目後半でいよいよ…か。2年目中だったらバッテリー無償交換のサービスが受けられたんだよなぁ、そういうオプションだったし。

 まぁ今更miniをどうこうするなら、nanoに買い換えた方が良さそうだし、あるいはSONYとかに浮気するのも手だろうか?

 しかしそうそう曲数多く聴いているわけでもないので、microSDに音楽放り込んで、911Tで聴く…って手もあるんだよな。おそらくそれが安上がりで、接続も一番簡潔だろう。

 ちとバッテリーの保ちが気になるが…。

 とりあえずiPod nanoはさておき、microSD 2GBとBluetoothヘッドホンだかヘッドセットを入手して、問題があればnanoを追加…って線かな。

2007/05/24

携帯電話の使い方

 そろそろ5月も終わる。携帯でのパケット通信無料期間も終わる。…が、結局基本的に何もしなかった。

 おそらく普段と全く変わらない通信量だと思う。ちょっとネット経由でニュースをたくさん見たかな…って程度の増。

 考えてみると動画のダウンロードとか、無料着うたダウンロードとかしても良かったと思うのだが、どうすればいいのかもよくわからない。

 なんで携帯を替えたか…といえば、通話可能範囲の改善が主だが、昨今の携帯だらけの世の中についていけない身としては、携帯を替えてリフレッシュしたのを機に、時代の流れに乗ろう…という魂胆も含めていたのだが、…てんで乗れていない(^^;)。

 ちょーっとだけ、GPSを使い始めるかな…という感触はあったけれど。


 PC-98の頃から、Cバスにユニットつけて同軸ケーブルでネットワークにつなぎ、DOS…ではなく、確かNEWSにログインして、そちらのmailを使っていたような記憶があるので、ある意味根っからのデジタル人間っぽいが、意外に新しいことに対応しにくい性格であり、好きは好きなのでノれば高波のてっぺんに乗るくらいの勢いのテンションになるのだが、乗らなかったらもう永遠に乗らないんじゃねーか…というくらい本流から外れる身。

 端末替えた程度では携帯文化に染まらないか…。

 まぁしかし、端末替えたのが無駄だったとは思わないけれどね。意外にスライドボディが使いやすく、二つ折り筐体より性に合う感じ。まだそんなに使い込んでないけれど、クリアボタン以外、意外にボタンも押しやすいし。

 最近発表された2007夏モデルでは意外に911Tのような大画面(高画素)を活かすモデルがあまり無い感じなので(…っていうか、auも含めるとバラエティに富みすぎて、把握しきれない)、夏モデル発表1ヶ月前の購入もあまり気にしていない。

 まだてんで使いこなしていない携帯だけれど、のんびりといじくっていこうかな…と思いつつ、それっきり…という予感もしないでもない拝御であった…(^^;)。

自転車を描く楽しさ、難しさ

 相変わらず輪行本2の原稿を進めている。

 モノクロページ分を遅々と進めているが、ちとカラーページにもとりかかりたい。考えてみれば先にくる締め切りはカラーページなんだから。





 ただ、ちっと予告というか、宣伝も描いておかないとね…ってことで、本家ホームページの表紙部分に描き下ろしを掲載しておいた。タイレルなんて描くの初めてだけれども、フレームがシンプルなので、楽だから…という意味ではなく、楽しいね。

 本編でも「小径車はフレーム形状がバラエティに富んでいる」とかなんとかネームを入れている。描く方としてもそれがなかなか楽しい。

 小径車ばかり乗っていたわけで、そういった魅力は早々に知っていたわけだけれど、逆に言えば「普通車」(小径車ではない…の意)…というか、ロードとか、そちらは比較的フレームが共通化して、そうそう違いも無ぇな…と、魅力をいまいち理解してないでいた。

 ただ、輪行本を描くに当たって一応書籍なども買い、その中に出てくる普通車をよーっく見ていると、ロードだけ…というくくりを見ても個性があるということにやっと気がついてきた。

 いや、ロゴとかではなく、シルエットというか、個々のパーツのラインとかとかを見ても…ということで。

 小径車らほどの大きな違いではないのだが、シートステーの微妙な曲線というか、フロントアームのバラエティというか、やはり違う。

 ロードに限らず、いつぞやの「自転車人」のビルダー特集なんか見ると、違い…というか、個々のフレームのオリジナリティがひしひしと伝わってくる。

 ただ、困ったことにこれを絵として表現しようとすると、かなり難しい。1枚絵なら入魂してどないかしようと思えるが、漫画となると生産性も考慮しなければならず、さらりと簡易な線で描けないといけないわけで、なかなか3次元曲線の魅力を描ききれないと思う。

 金属の質感…とかいうとさらに至難の業だ。


 そういう意味では、小径車の方が「漫画映え」がいい…、描き分けがしやすい…という意味で、まだいい素材かな…と思っている。

 それでもなかなか面倒なんだけれどね(^^;)。細かい立体のくせに平面的で、しかし可動部もありーの、キャラクターと大きさを合わせなければいけないとか、それでいて重心をどうこう…とか考えないといけない。

 それはもう、むっちゃ難しいシロモノなわけ。線を引くだけでも大変。

 まぁそれでも勢いで描いてしまうと、パースが若干狂っていても、それなりに様になっちゃうみたいだけれど。「目が良い」人が見ると、一発でバレちゃうだろうけれど(^^;)。


 まぁそんなわけで、今のところ「ギアの歯」は省略し、まっさらな円盤で表現しているけれど、勘弁して(^^;)。

 しかし考えてみると、Illustratorを使っているんだから、歯車くらい簡単に製図できそうな気も…。

 とはいえ、手描き感を出した描画にしたいし、コマの大きさが小さいと歯の部分がごちゃごちゃしてバランス的によろしくないと思うし、あまり頻発しないようにしようかな…というところ。そもそもまだやってないけれど(^^;)。

 …いや、やっちゃおうかな。フィルタとかの機能で、ちっとパスをランダムに散らす…ってこともできたはずだから、そうすれば手書き感じは出せるかもしれないし…。

 それで更に手書きの手間も減らせるなら省力化になるかしらん。

 んでもIllustratorCSでは、歯車を生成するコマンドがなかったような…(^^;)CS3にはあったかも。いくつか図形を組み合わせて、ブーリアンとかかまして作り出さないといけなかったような…。

 …かえって手間?(^^;)

2007/05/23

写真の間違った撮り方

 とりあえずまた5月撮影分を更新したのでお知らせします。

 昨今はその更新頻度から察してもらえるとおり、写真を撮るのが楽しくてたまらない。M8が色違いの代替機…というのはマイナスポイントだが、とりあえずは性能的に違わない…はずなので、ボディとレンズの色違い、アンマッチは気にしないようにしている(^^;)。

 しかしまぁ、撮った写真を並べていて気がついたが…、本来の目的と違ってきたなぁ。

 …というのも、考えてみればおいらが写真を撮っているのって、基本は…というか当初は「絵描きのための資料写真」という根本だったような気がする。

 気がつけば、写真撮影自体を楽しんでいて、完全に「手段が目的化」している。

 楽しみは楽しみで楽しんでいるんだからなにか問題でも?…と思われるかもしれないが、標準や望遠でばしばし撮っている以上、風景の資料写真にはなりにくい。広角でないと…(^^;)。

 輪行本2で「さて、カラーページはピンナップ風に描くとして、背景はどれを使うかな?」と写真を並べてみると、使えないものばかり(^^;)。うーん、どうしたものか…。

 M8とかR-D1を持ってない頃まで遡るとちらほらと使えるのが出てきたので、そちらを利用することにしてみるか…。

 ともかく、広角の楽しみを取り戻さないと、絵と写真の両立とか、相互の琢磨がしにくいような気がする。


 …そういえば、広角って「28mm以下」という印象があるけれど、「35mm以下」というのがライカのラインナップらしい。

 で、例の赤外線問題では「35mm以下では補正が必要」ということになっている。周辺にシアンシフトが発生し、えらいことに。

 ただ、こないだウルトロン35mmにIRブロッキングフィルターを装備して試写したところ、これといったシアンシフトは無かったように見受けられる。

 とりあえずその範疇では気にせずIRブロッキングフィルターを常備することにしよう。んで、エルマリートM28mmF2.8はM8の標準機能で補正…っと。

 ただ、先の「広角の面白さを取り戻す(俺的に)」のを考えると、21mmとかも使いたい。しかしライカ製レンズではないので自動補正は効かないはずだ。

 黒いテープを使うなどしてエミュレーションさせる…という手もあるが…、まぁ広角系はフィルターを装備せずに撮影…ってことにすればいいか。先の用途だと「資料」ってことで、色は自分の創造で作ればいいんだし。


 それにしても正直言って、写真というものがわからなくなってきている。自分としては自分のスタンスなりで、特に構図などにこだわっているつもりではあるが、果たして世間一般的に「見て」もらえる写真なのかどうなのか…。

 …面白いんかねぇ?見てて…。

 まぁ本分は絵の方だと思っているので、写真にそんなにこだわらなくてもいいとは思っているが(その割には金かけ過ぎだけれど(^^;))、まったく見てもらえない…ってのもつまらないしねぇ。

 いつぞや、せっかくアップした写真が見てもらえない…と嘆いたことがあるけれど、アクセスログなどを確認すると最近は結構そちらも見てもらえている。

 ただ、検索の結果でたどり着く人の方が多いような気もするが。

 それでもその後キーワードに関係ない写真にまでアクセスしたりすると、やった!…とか思っちゃったりもするのだが(^^;)。

 しかし、それも1秒とかいう短時間で進まれると、なんかキーワードに関したものを探しているだけなんかなー…とか。

 まぁそれはともかくとしても、いまいち興味を持続させる写真というのが撮れてないんじゃないかなぁ…という気がするわけだ。まぁ、それはそれでも構わないんだけれど、問題なのは、じゃぁ「いい写真とはなんぞや?」といったところでなんの手がかりも持っていないところ。

 絵とかを見て「ここが良い」とかいった感想を書くのは得意なのだが、写真に関しては、もっともらしいうんちくを語ることもあるけれど、どーも的外れなことを言っているような気もする。果たして一般的な解釈と多少なりと含んでいるのかいないのか。

 写真を生業にしている人の写真はそこからにじみ出てくる説得力というか、魅力があるわけだけれど、実際おいらもそれを感じるわけだけど、それが何なのかがまだわからないわけだ。

 …誰かさくっと教えてくんない?写真とはこういうものだ。おまえに足りないのはこれだ。…とか。

 いや、自分で模索しろよ…と言われるとは思うけれど、その時間で絵を描きたいから…(^^;)ぉぃ。


#そういえば関係ないが、代替機のM8。時刻設定が尋常じゃない狂いっぷりだったな。最初に借りたときに12時間くらい狂っていたのはまだいいとしても、なんで2008年になってんねん?(つまり最初から1年と12時間ズレていた?)

 時間の狂いっぷりが目立っていたので、日付と時間しか確認せずに200枚くらい撮ってから気がついたから、収集つかないよ(;_;)Exifの設定変更ってどうやるんだ?(フリーウェアかなんかにありそうな気も…)。

 まぁさして時刻が重要ではない写真だからまだ良いけれど…。

2007/05/21

子供連れの謎

 よくタブレットPC関連の情報を検索させていただいている、ライター兼イラストレーターのキタさんはお子さんもおいでで、娘さんがお父さんのバイクの後ろに乗るのを夢見る、世のバイク乗りなお父さん達の涙腺をゆるめまくってしまうエピソードをお持ちのライダー様なわけでもあるわけですが、だがしかし、最近小径車をお持ちであることも発覚し、だったら謎の岸和田さんがお持ちのバイクフライデーとそのお子様乗り用タンデムオプションなんかお乗りになられても良いのではないですかー?…とかコメントを振らさせてもらったり(^^;)迷惑な話だな、おい。

 なんとか興味持っていただいて、「で、これっていくらくらいすんの?」「さんじゅうまん…(もっとしたっけ?)」「ふざけんなー!」という展開に期待しているのだが、まだそこまで至っていない(^^;)ぉぃぉぃ。


 しかしこういう話を少しでも展開させると、世の中的に、あるいはおいらの人生的にフラグが立つのか、偶然にしても関連した出来事が起こってしまうのが面白い。

 書き込みの数日後、飯田牧場から、「素人はすぐにアイスに走るけれど、やはり通はプリンだよなー。あの濃厚な味わいがたまらん…」と余韻に浸りながら境川CRに再度エントリーしようと側道から向かっていると、目の前をあの「バイクフライデー+お子様タンデム」と見まごうばかりのシルエットを発見。

 む、なんてタイムリーな!…と思ってちと追尾すると…なんか変。

 バイクフライデーとは似つかわぬシルエットだし、なによりタンデム側に「前輪」がついている。

 後ろから観察したり、ゆっくり追い越してわかったのだが、先のフライデーとは全くの別物だとわかった。しかも「お子様タンデム専用車」でもないことがわかった。

 どういうことかというと、普通のクロスバイクと、お子様自転車を、特殊なオプションでつないでいるだけ…なのだ。

 図解した方が早いので、こんな感じ。

07052101

 構造は簡単だ。簡単だけれども…パーツの強度がしっかりしてないと、洒落にならん展開になると思うのだが…どうなんだ?

 親機側は大した負担にならないと思うけれど、…子機側も一応強度的にはそんなに…なのか?

 ただ、接続アタッチメントどのどこかに亀裂でも入った日にゃ、即破断、かつ分離してお子様が相当危険な目に…(それもあってか、先の自転車は結構速度を抑えてました)。

 JIS規格とかなんとか、そういう保証が無いとおっかなくて使えないけれど、逆にそういう信頼があるのであれば、汎用性も高く、また分離も出来るのでツブしの効くところで便利そうではありますな。

 しかし、メーカーも値段もわかりませんが(^^;)どう検索して良いかも見当がつかん。

江ノ島一人旅

 以前から書いているとおり、5~6月の週末は原稿作成に「できるだけ(^^;)」割り当てようと考えているので、最後にちこっと長距離走って走り納めにしようと考えた。

 ただ、土曜の走行は天気が不安だったので、日曜に延期。しかし、日曜はいつも遅起きだったからか、かなり寝坊(^^;)。10時過ぎに出発となった。まぁ、それはそれで昼飯時に江ノ島になって、ちょうど良いか。

 走行についてはこれといったトピックも無し。朝飯食う暇もなく出てきた割には、結構がっつんがっつん走行出来て、結構なハイペース。江ノ島3時間は結構コンスタントになってきたかも。

 ちなみに、「土曜が雨模様だから、日曜にでかけよう」と考えたのはどうもおいらだけではなかったようで、どこもかしこも人が一杯。飯田牧場しかり、江ノ島しかり、埜庵しかり。境川CRが比較的走行しやすかったのが救いだが、なんというか…考えることは一緒なのね(^^;)。

 ともあれ混雑している江ノ島をかき分け、いつも空いている例の食堂に行くと…外に椅子が並んでいる。さすがにこういう時期は客待ちもあるワケか。まぁさすがに一人で来ていると、さらりと座れたが、満員になることもあるので、やはり注意が必要ね。

 ここでは焼き魚定食を注文し、久々に焼き魚を堪能。ただ、やはりこのお店のメインは煮魚。隣の客のカサゴ(メバルだったかな?)の煮魚の盛りつけのデカさにはびっくりした(^^;)。まぁ、それくらいの煮魚はこないだまで散々食ったから、さすがに今回は煮魚でー…ってことになったんだけれど、次はまた初心に戻って煮魚かな。

 で、その後は特に用事もないので、鵠沼海岸に向かってやはりぶらぶら海岸沿いを…。しかしとうとう海の家建築のどだい作業が始まってますよ。また賑やかになってくるなぁ…。

 埜庵では「濃いWいちご」ですか、そちらを堪能。濃い…っていうか、イチゴゼリーが入っていて、色濃く堪能できるというか、相変わらず面白いデコレーション。楽しませていただきましたが、先にも書いたとおり人にあふれかえる埜庵でしたので、ご主人とお話しもままならず…。15時という、考えてみればおやつ時ど真ん中に行っておいて繁忙で無いこともなかったな、考えてみれば。失敗失敗。

 ただ、あまり混雑する埜庵もあまり見ていなかったので(^^;)夏になればいくらでも見られるが、ちと嬉しい(^^;)ぉぃ。んでも今後は閑散期を狙わないとあかんね。

 まぁそんなわけで席を占有していてもなんなので、早々に退散。基本、食事しに来た江ノ島近辺を後にした(^^;)。

 …で、ここでトラブル発生…というかなんというか。…スタミナ切れ?

 行きは追い風ということもあって快調に走行していたけれど、帰りは向かい風ということもあって、なかなかペースをつかめず。また、追い風とはいえ、調子に乗ってペース高く走行していた分のツケが回ってきて、しかし昼飯は魚料理とかき氷…という、いまいちパワーのある食材ではなく、また考えてみると他の客に気を遣ってゆっくり休憩しない間に走り出しているので、調子が狂ったかもしれづ。

 結局、途中のベンチで寝ころんで、しばらく休むことに…(^^;)。せめてきちんと朝飯食っておけば違ったような…。

 かなりへろへろ状態になったので、町田のモコモコでスタミナ補給することに…っていうか、そういうの無くても最近はこのコースではいつもここに寄っているような(^^;)。

 こないだ行ったときで大体のカレーのメニューを制覇して、やはり個人的にはグリーンカレーが一番うまいので(あくまで主観。以前3人で別々のカレーを注文し、ルーを回して全部味わったら、全員が全員、イチオシを別々に選んだエピソードもある)、今後はそれ一本で行こうかな、でもたまには他のチキン・豆カレーもいいかなー…と思いながら食したり。

 またここはチャイも逸品なので、食後にそれを食してまったり~。最近はこちらのご主人や奥さんともダベったりして、それで落ち着いたりもするので、かなりなやすらぎの場。そういえばNebulaさんは「なんで美味しいメニューが揃っているこのお店が繁盛していないのか不思議だ」と言われてましたが、その分フレンドリーにお話しが出来るので、このままの雰囲気でいてくれた方がいいなー(^^;)ぉぃ。あー、でも財政が逼迫されても困るので、やはり流行って欲しいなぁ…。

 ともあれ、エネルギー、休息をしっかり取らせてもらい、帰宅…しようとしたところ、日が落ちたところで急激に気温が低下。BODYTECHを来ている身としては冷え込みがキツかったので、念のために持っていたTシャツを1枚着込んでなんとか難を逃れる。うーん、まだ温度調整が難しい。

 まぁともかく、適度な体温調整も加わり、後はかなり快調な走行が出来た。途中の上り坂も結構息切れせずに登れたので、やはり町田の食事は重要だなぁ。

 そんなわけで無事完走。90kmちょいな距離でつた。

 一応、これでしばらく走り納めという形だけれども、まぁ短距離だったら気分転換に走ってみるか(^^;)。


#なんかモコモコのご主人がNebulaさんの奮闘の甲斐もあってか、自転車に染まりつつあるようです(^^;)。おいらも啓蒙に努めておきましたが、一人だと荷が重いです。

 早く戻ってきてー>伝道師。

2007/05/20

草加煎餅は草加で

 これもちょっと以前の記事なのだが、

転入者にせんべい配布 「本家」の埼玉・草加市

 こんな記事を見かけた。

 ネタにしたいのはこの記事の本題ではなく、ちろっと書いてある「「草加」を名乗る海外産も」と「地元では「本家」をアピールしようと商標登録を申請中」という部分。

 …まだ登録されていなかったのか…。

 今までに何度も書いているが、一説に「煎餅発祥の地」といわれる「草加」の冠を煎餅に付けると箔が付くのだが、その使用においてはなんら法的制限がないため、どこ産であっても「草加」と冠ってしまっても違法ではないため、世に草加煎餅が氾濫してしまっているのだ。

 地名の使用に制限のある例もあるにはあるが(例:関サバとか)、草加は色々あって現状制限無いのよね。

 おかげで未だに「草加煎餅って美味いよね」と話を振っても、「そうかぁ?」と洒落なのか本気なのかわからない返答されることが多く、他県製草加煎餅が多く氾濫している現状を思い知らされる。

 特に「とりたてて美味くない」という印象を持たれている現状に、草加煎餅ファンとしては、なんとも歯がゆい思いをしているわけだ。


 …まぁ、ちゃんとご当地しか「草加」の文字を使ってはいけなくなり、それによりブランド力が強まり、味の評判も上がり、しかし手焼きが多いためになかなか供給が追いつかず(手焼きでないのも多いが、結構手焼きの方が美味かったりするから不思議)、それより前からのファンであるおいらも手に入れづらくなってきたら、それはそれで歯がゆいが(^^;)。


 ちなみに、なんの認証かはわからないが、最近現地で草加煎餅を買うと、「本場の味」保証シールみたいなのが付いてくることがある。これはこれで信頼の味…ってことなのかもしれないが、ちとまだ弱いような…<認知度。

 ともあれ、いつか何人かひきつれて、ご当地草加煎餅を食べていただきたいんだけれどなぁ…。いつになるかなぁ…。

デジタルラジオの聴き方

 またのっけからちと古い記事から話を振って申し訳ないが、

デジタルラジオ、4月から9ch体制で新編成スタート
-エスケイネット/ピクセラがチューナ展示。XPでの動作予定

 こちらの記事を以前読んでいて、メモっておいた。

 何が気になったって、

> 東京での試験放送はVHF帯域の空きチャンネルである7chで放送されているため、隣り合う6/8chに影響が出ない程度の出力範囲に留める必要がある。

 …というくだり。そういえばJ-comを利用している我が家では2chや5ch、9ch、11chは埋まっているが、なぜか7chだけ砂嵐だった。

 ひょっとしてそれか?デジタルラジオが念頭にあったから、空きチャンネルにしていたのか?…っていうか、すでに電波は入っているのか?

 だとすれば、有線でデジタルラジオを受信すれば、すぐに対応できるのか?…って、有線受信用ユニットがあるとも思えないが(^^;)対応チューナーは出るかもしれないが。

 しかし先の記事では、ケーブルテレビでは別チャンネルを割り当てているかも…とも言っているな。…どうなんだろう?我が家は試験放送エリアマップで見ると、範囲枠ぎりぎりの位置。室内ではあまり期待しない方がよさそうなので、普通にアンテナ立てる以外の方策があるなら、ちっと気になるところではある。

 そういえばワンセグも室内ではぎりぎりNHKが映るか…ってところ。モバイル機器に搭載されるワンセグだけれど、意外に室内、それも自室で見ることが多くなると思う。

 なんにせよ「どこでも見られる」のなら、自室くらいは映って欲しい。

 …ま、デジタルラジオに話を戻せば、そもそもチューナー自体があまり無いのだが。

 …と思っていたところで最近の以下の記事。

エスケイネット、ワンセグ/デジタルラジオ搭載USBチューナ
~Windows XP/Vista対応、受信感度を向上

 ほうほう。これなら色々とお手軽ね。…あり?

> 屋内のF型コネクタのTVアンテナを装着可能な変換ケーブルと

 …とあるな。F型コネクタってテレビの後ろについているアレか?…J-Comにつなぐと、7chで聞けたりして(^^;)。

 まぁ、別に聞かなければならない…ってことでもないんだけれどね>デジタルラジオ(^^;)。普通のラジオで何が悪いんだ…と。…でもまぁ、新しもの好きだし(^^;)ワンセグにはすぐに飛びつかなかったくせに。

2007/05/19

消されたライセンス

 なんか今日はソフトウェアライセンスの話に終始して申し訳ないが、

アドビ、FreeHandの開発を終了へ

 …あり?おいら、FreeHandのライセンス、持ってなかったっけ?…ああ、7だけれども、あったみたい。

 まだIllustratorに染まっていなかった頃、FreeHandの方が使いやすいかしらん?…と試行する意味合いで入手したんだっけか。んでも身につかなかった記憶が(^^;)。

 今となってはそれも正解だったようだけれど、そういう模索のあとが伺える話だのう。

 しかしこれもライセンスと考えると、199ドルでIllustratorCS3にバージョンアップできるのか。

 でもこれってアドビジャパンの26,250円に相当するのかな?そうすると…そういえばIllustrator10のライセンスもあるし、それとあまり変わらないなぁ…。

 …あ、記事中に

> バージョン11である FreeHand MX

 という記載があるな。今のAdobeもそうだけれど、合併前のMacromediaの規定では「2世代前までがバージョンアップの対象」ってことだったような。

 なんだよ、元から対象外じゃん(^^;)無駄な投稿だったな…。

お金が無くなる理由

 例のAdobe2007大バージョンアップ祭りだがぉぃ、とりあえずまずはAdobe Creative Suite 1.3 Premiumのライセンスを使い、Adobe Creative Suite 3 Design Premiumを入手しようと思っている。

 ちなみに、海外ではどうも、CS1.x+Macromedia Studio 8のライセンスがあれば、さらに安くなるらしいぞ。おいおい、日本にそんなプランはねーど。

 CS3 Design PremiumにはFlashもDreamwaverも入っているので、Studio8とライセンスが被ることもあるので、安くしてアップグレード出来る方が良いのだが…なんとかならんのだろうか?

 要望とか出した方がいいのか?実はこっそり、アドビストアではそういうコースが用意されていたりしないのか?(CS2.3からのアップグレードはアドビストア限定で安値コースが用意されているらしい)

 うぬぅ、なんとかしていただきたい。ただでさえ、出費がかさむんだから~…。


 …金に困っているのなら、考えてみればすぐにアップグレードしなくていいんじゃないの?お金を貯めて、それから…でもいいんじゃない?…とか言われるかもしれない。

 ただ、おいらの作成環境をかえりみると、結構不満もあり、また今回のCS3で結構改善されそうな予感があるのだ。


 おいらのお絵かきメインツールはIllustratorなのは普段書いているとおり。ただ、それをblogなどにアップすると、線画で終わっているケースが多いと思う。これはIllustratorで線を引くのは簡単だし楽しいのだが、色を塗る行為が面倒だからだ。

 線を引くのは文字通り線を引くのだが、色を塗る場合、筆で塗り塗り…というわけにはいかず、「色を塗る部分」をパスで囲う…といった、直感的ではない彩色作業が強いられるのだ。まぁ写真のマスク作りにベジエ曲線を山ほど触ってきた身としては、やってやれない話ではないのだが、陰影とか言う部分になると結構感性を使う作業で、2D絵だと。そうなると筆のような直感で操作するツールでないと、個性が出しにくいというか…。

 筆で塗るような彩色…も出来ないことはないのだが、諸般の事情により私の環境ではやりにくいのと、やり過ぎるとデータ量の増大を招き、取扱が難しくなってしまう。


 そんなわけで線画Illustrator、彩色Flashという分業も考えたが、メーカーが違った経緯があり、データ互換がいまいち徹底しておらず、また片方は印刷原稿作成用、片方はWeb等データ作成用という位置づけもあり、ドキュメント全体の取扱も微妙に違ったりして、取扱に気配りしたり配慮したりと、それだけで心労が溜まってしまう有様。

 そんなわけで併用も面倒で、線画・彩色と一貫した作業が必要な場合は、気合いを入れた勝負と相成るわけ。


 ただ、AdobeとMacromediaが合併したことにより、これらのソフトがそのうち互換性高くなるはず…と踏んでいたら、実際そのようになり、

FlashCS3の新機能

 を参照すると、

> 1. Photoshop とIllustrator のファイルをダイレクトに読み込み

 …とあるので、その辺の心配はなくなるのでは…と踏んでいる。

 ただ、このページを更に読んでみると、

> 6. Illustrator 譲りの最新ドローイングツール群

 …とある。ぬぬっ!これはっ!?

 先に「線画Illustrator、彩色Flash」と書いたが、「だったら線画もFlashでもいいんじゃね?」と言われそうな気がする。

 しかし、意外にこれが難しい。両方ともベクトルデータで線を描くことが可能なのだが、補正の仕方が双方違っており、Illustratorの方がより繊細に線を描くことが出来る…と思っている。

 Flashではまともな線が引けない…ということはまったくないのだが、自分なりの線のタッチを曲線にも活かせるのはIllustratorの方…といった感じで、FlashはFlash独自の曲線になり、比較的作家の個性が平坦になってしまう…という印象なのだ。

 FlashにはFlashなりの良さがあるのだが、どーもおいらのタッチとしてはFlashを使うのはやりにくい…ということになる。

 まぁ、そんな偏屈はおいらだけかな…と思っていたが、Flashムービー作家には、おいらと同じく「線画Illustrator、彩色Flash」という人がいるらしい。もっとも、プロになると生産性の問題から、オールFlashに移られたそうだが。

 おいらはアマチュアなのでそのままだが、アマチュアでも面倒なものは面倒。どーにかなんねーかな…と思っていたのだが、Flash上で線をIllustrator感覚で引けて、塗りがFlashベースで「ペイントソフトのごとく」塗り塗りして塗りパス完成…となると、かなり簡単にベクトルベースのイラストが作れそう。

 そういえばキタ印工房のキタさんもIllustratorで線を引いているのは間違いなさそうだけれど、色塗りはどうやっているんだろう?元々Flashでやられているのかな?彩色が面倒だったら、試していい機会かもしれない。

 おいらもひょっとすると、Illustratorメインに使っていたのが、Flashメインに移るきっかけになるかもしれない。

 しかしWebベース、アニメーション用途だと問題はないけれど、印刷原稿となると、Illustratorにまだ分がある…というか、Flashにはまだ原稿サイズとか印刷関係の概念が取り込まれていないので、位置・サイズ合わせは難しいだろう。

 IllustratorはIllustratorで必要なので、それはそれで用意することになるから、やはりCS3 Design Premiumまるごと必要…ってことになるのかな。

 いずれにせよ、お金がかかるということなのね…(^^;)。


 ただ、ここまで大きな改変なので、不安もつきまとう。結構バグが潜在しているような…。

 Adobeといった有名どころのソフトで、使用に問題が出るようなバグって残っているもんなの?…と問われそうな気もするが、Illustrator10では筆タッチの線をパスのアウトラインに変換するのにハングしたんじゃねぇかというほど時間がかかったり、ちょっとパスが多くなるとソフト自体が重くなったり、CSでは筆圧検知の強弱線を引こうとすると「ダマ」になったりして使えなかったり、色々あるのだ。

 「ダマ」問題はドライバとの相性問題じゃねぇ?ということも考えられるが、いずれにせよ「アップデート」ではなく「バージョンアップ」を待たなければ改善されなかったりして、かなり泣いた記憶もある。

 ただ、こういった問題はかなりニッチな使用方法で始めて発覚するようで、この問題に泣いている人は結構少なかったような…。


 ともかく、そういう「おいらの用途で発覚する、ニッチな問題」にぶち当たると面倒そうなので、ちと億劫にもなるが、しかし今までの問題が解決するのではないかという期待もデカい。

 今の内にCS2を買って、無料バージョンアップを狙うという手もあるが(CS3で問題があったら、CS2に戻る)、CS3ほどの問題解決にはならないし、管理も面倒なのでやはりCS3待ちだろう。

 一度体験版を使うなり(発売前希望)、どこかで体験コーナーとかいじくり回したいところだが(デモ見学ではなく)、どっかやってくれねぇだろうか?

2007/05/18

小説、2時間ドラマに最適なネタ?

強盗後7年潜伏、時効成立は勘違い…結婚申請の中国人逮捕

 なにを勘違いするものなのか?…と気になって読んでみると、

> 単純計算では時効は成立していたことになるが、共犯者の公判中は時効が停止するとの規定が刑事訴訟法にある。

 …とある。

 「勘違い」というか、「知らなかった」ってことだと思うし、…っていうか、日本人でも知らない人が多い規定じゃない?おいらも知らなかったし…って、自分が基準かいっ!?(^^;)

 しかし、外国に出国していると停止する…ということを知っている人は多いと思うけれど、やはりこちらは聞いたことがないなぁ…。

 これは…ネタになるんじゃない?小説とかのいい材料かも。ただ、作家側では周知の事実で、取り立てて新しいトピックでもない…ということはあるのかしらん?もうすでに盛り込まれた話も多かったり?ん?

拝御の過去を暴く

 急に思い出したが、今もあるのかは知らないが、昔「アニメージュ」というアニメ雑誌があった。

 これの読者投稿欄に毎月アニメ作品のお題を定めて、イラストコンテストを行っていたのだが、そういえばおいら、ここで1度、1位になったことがある。

 「レイズナー」か「おそ松くん」だったように思える。…レイズナーは2位だったかな?他にも「シティーハンター」とかで佳作を取ったような…。他にもなんかあったかな?

 ランク付けする投稿欄はそれしか覚えがないが、他の投稿欄ではニュータイプとか、ファンロード、B-CLUBとかに投稿した覚えがあるな。B-CLUBはマイナーだけあって、結構掲載率が高かった覚えがある(^^;)。

 やー、懐かしいな。なんでそんなことを急に思い出したかというと…、

 理由はない(^^;)ぉぃ。

 なんとなく思い出したので書いてみただけ。なので、オチは無い(^^;)。

2007/05/17

輪行本2状況

 進行状況としては、ここにきて減速気味です。

 いや、とりあえず章を8P単位に区切って作成し、「ネーム」「下書き」「ペン入れ」のセットを繰り返す作業体制を取っています。作業のマンネリ化に陥らないように、フレッシュな気持ちで作業に当たる…という意味合いもあるのですが(^^;)、単位が小さくなるので、効率とかテンポが良くなるかな…という思惑もあるのですが。

 で、現在は2章めのペン入れに取りかかっていますが、急に本業が忙しくなり、時間が割り当てられません。日曜も出勤していたし…。

 そもそも現状自転車のカットも多くて、遅筆ゾーンでもあるので、時間があっても果たして順調に進んでいたか疑問なんですけれど(^^;)。

 ともあれなんとか盛り返したいけれど…どうなるかな。3章あたりがメインになると思うので(ネーム切ってないのでわからんけれど(^^;))、なんとかそこは追いつきたい。…本当に6月で脱稿できるかしら?また夜更かしの日々が続くのかしらん(^^;)まぁ今回はやりがいがあるからいいけれど。

07051601 ちなみに、こんなカットもあったりして(^^;)。やー、ちとANTが大きかったなぁ。バランスを間違えたか…って、実はそういう問題ではないのですが(^^;)謎。

旅の企画

 他にもちらっと書いたけれど、6月の土日はもう輪行本2の原稿作成に割り当てたい。

 衝動的に土曜朝に築地に走ってしまいそうな気もするが(^^;)、メシを食ったらとっとと戻って原稿作成にいそしみたい。

 作成スケジュールとして7月入稿でも間に合うはずだが、色校などを行っておきたいので、6月中原稿完成くらいの勢いでやっておかないとダメだろう。…っていうか、考えてみれば締め切りが早いはずのカラー原稿を後回しにしているしなぁ(^^;)。

 5月ももうあと1回くらいに留めておこうかな。


 その最後の走行は…、岩鞍・飯能ラインは行ったばかりなので、鵠沼海岸・江ノ島ラインかな。

 最近魚を食っていないので、今度こそ例の食堂の焼き魚定食を食ってみたい。あそこでは煮魚・刺身メインになるので、悪くはないが焼き魚も堪能したいしさー。

 定食でとどめるには…ふらっと寄ってさくっと入って、さくっと注文する、スピード勝負だな。事前の挨拶は一切抜き(^^;)超謎・一部爆。

 で、デザートに埜庵かき氷…っと。現在の限定氷は…メロンかー。メロンは好きじゃないんだよなー。埜庵のメニューは嫌いなモノでも食えるんだけれど、メロンは遠慮して、Wいちごを予約しておこうかな。

 そんな感じ。


 あと、先に朝の衝動とか書いたが、朝といえば武蔵村山の天乃屋工場近くの文明堂の釜揚げカステラも気になる。

 いつぞやのアド街で紹介されたときには時間などが不明だったが、それがきっかけで問い合わせが殺到したからか、工場周辺の立て看板等で午前の部、午後の部の時間が周知されていた。

 午後の部は混みそうだから、午前の部くらいを目当てに行ってみたいものよのう…(何時だっけか…。写真に撮っておいたはずだが…)。釜揚げなのでその場で食うのが美味しかろう。

 で、近くの「4席」な喫茶店でお茶…っと。


 …なんか「出かけない」という話をしておいて、出かける話ばかり書いているような気もするが…ほら、クリエイト作業は脳を使うから、そっちにエネルギーを補給してから執筆活動始めないと…(^^;)言い訳。

情報統制…か?

 「自転車やっている」…と人に言うと、TOKさんばりにサイクルウェアに身を固め、朝から遠出して郊外をばしばし走る…と連想されてしまうのだが、ご存じの通り、おいらの場合は違う。

 自転車で走ることに違いはないが、どちらかというとそれによって向かうところでのことに主軸を置いている…というスタンスにしている。

 つまり、「買い物(主に食い物)」「食事」等のこと(^^;)。

 たぶん、おいらの性格上、「走ること自体」を目的にしていたら、長く続かないと思う。ただ、人間の三大欲求の一つ、食欲に主軸を置くことにより、しかも交通費低減というメリットも享受することにより、永続性を持たせ、食い物主体でありながら目的地を遠く設定することにより、消費カロリーを上回らせ、ダイエット目的を達成することに成功している。

 …ある種のマインドコントロール?(^^;)

 まぁ自転車が主目的ではないといっておきながら、じゃぁ何台買ってるの?…とか言われると非常に困るので、あくまで自分のための建前なので、あまり突っ込まないで欲しい。


 ともあれ、そういうわけで自転車の情報より飲食店等の情報に多く接するようになってしまった…というか、そういう行き先のネタを漁る昨今なわけだが、考えてみると情報源、あるいはきっかけは友人・知人間のクチコミが多いような気がする。

 ネット上で検索したり、目的地近辺の情報検索で引っ張ってきてそうな気もするが、友達のblogの「どこそこのあそこは美味しかった」という情報もクチコミにカウントすると(^^;)いいのか?、意外にクチコミの方が多いような気がする。

 ちなみに次点はテレビかも(^^;)。ただ、ちら見程度の情報なので、補足でネットで調べて情報を固める…ということはある。それをいうなら、クチコミが元でも情報が足りず、ネット上で検索するということはあるので、情報の補強という点ではネット依存率は100%に近い。

 まぁさすがに出先で「この先のお店が美味い」とか言われてそのまま案内されれば、ネットにアクセする暇も必要もないので、100%ではないといった感じ。


 そういうわけで、ネット依存が強いわけでもあるので、そこの情報の充実度も期待したいところだし、ある意味おいらもそうしなければならないのかな…と思うところもある。

 折を見てblogでそういった情報を盛り込んでいきたいのだが、昨今は必ずしもそうしない…とも考えている。

 きっかけは例の「3人単位」のうどん屋なのだが(^^;)、果たしてネット上に情報をアップするのが良いのかどうか…と悩むケースもあるということ。

 つまり、知名度の低いお店がある日突然に有名になってしまい、混乱してしまうとか。お店の空気とか雰囲気とか壊してしまったりね。

 まぁそもそも日に300PV程度のblogで何の影響力があるのだ…という気もするが(^^;)。

 ただ、結構検索で引っ張られるネットでもあるので、慎重にならざるを得ない。


 「情報」というものの恩恵を享受している身でなんなのだが、しかし「その場」を知って果たしてその「情報」を広く知らしめることが、自分にとって、また情報元にとってメリットなのかどうか、マスコミだったらそれも考えるところなのだろうが、ネット社会の今は、個人でも考えなければならないのかもしれない。


 …ので、激烈にスコーンとかジャムとかが美味い、4席しかない紅茶のお店(勿論紅茶も美味い)の情報は絶対にネット上にはアップしませんので念のため(^^;)座りきれねー。

 間違っても「ジオクリ」とかでGPS携帯で写真を撮って、位置情報込みで店舗等情報を投稿したりはしない。そもそもまだ911Tは対応していないようなのだが(^^;)。


 もっとも、ネットにアップしないってだけで、友人に教えないという気は全くないので念のため。そもそも、先の「クチコミ」情報元数ランキング第一位のNebulaさんには是非教えたい。

 早く元気になってもらいたいと切に願っています。何故か折り紙の仕入れに失敗し続け、てんで鶴を折り損ねていますが…(--;)。

2007/05/16

写真掲載更新

 そんなわけで、5月撮影分のアルバムを追加しましたのでお知らせします。

 あまり枚数更新してないんですけれど。M8にIRブロッキングフィルターが揃い始めたので、もっとばしばし撮りたいところなのですが、そろそろ輪行本2原稿もさしせまってきて、週末はその原稿作成に割り当てるようになり、あまり撮れなくなってくるかもしれません。

 まぁそのまま写真を撮るのをやめる…ってわけでもないので、おいおいまた復活するはずですが。

今年の暑さ対策

 …というよりは、紫外線対策。

 去年は痛い目に遭っている。強い直射日光下、半袖で出かけて両前腕をやけどとおぼしき日焼けを負い、かなり苦しんだ。

 実は10年近く前にもバイクで似たようなことをしてしまった覚えがある。

 学習能力無いんか?…とか言われそうだが、相当前の話だし、なにより去年出かけたときは天気予報で「曇る」と言っていたものだから(^^;)。

 ただ、いずれにせよどちらも5月の出来事、紫外線については4月から気にはしていた。厚着から急に薄着に変わる季節でもあり、その意味で「紫外線の影響が出やすい時期」ということもあるので気をつけて欲しい。

 とはいえ、5月だけ気をつければいいのかというとそうでもなく、夏の期間、紫外線対策を施し続けなければならない。

 しかしそうなると、暑さ対策も考えなければならない。紫外線対策には長袖が有用なのだが、そうるすと暑くて汗かきまくって、脱水症状に陥ってしまう可能性もあるし、水分補給していても追いつかずに熱中症にならないとも限らない。

 サイクルウェアが動きやすさも含めて最上かもしれないが、露出も多いので日焼け止めも面倒だし、なにより「降りたときは普段着」のポリシーがある身だと、妥協できない。


 さてどうしたもんか…と日々考えていたところ、ふと寄ったユニクロで長袖のBODYTECHを発見。BODYTECHは常日頃からインナーに使用し、いくら汗をかいても肌触りがかわらないし、風に当たれば気化熱で涼しい…と結構いい感じの機能性衣料として使用していたのだが、シャツは何故か半袖しか手に入らなかった。

 今回初めて長袖を入手し、それにより紫外線対策を施しつつ、暑さ対策も兼ねた装備を考慮してみた。

07051501 まぁどうということのない右の服装なんだけれど(^^;)。メットは紫外線対策とは関係ないけれど、意外と自転車用ヘルメットってムレないのね。さすがに4時間を超してくると話は別だけれど、それまでは帽子よりも快適…というのは某氏も言われていたことだけれど(^^;)。ちなみに描画はてきとー(^^;)まだ形状を把握しきれない。

 サングラスは目の保護なんだけれど、紫外線対策と言うよりは虫とか、風とかによる乾燥からの保護が主目的かも。そういう意味では夜もかけられるサングラスも欲しいところだけれど、実は最近入手した。まぁこれはまた機会あれば後日別記事で。

 で、肝心の長袖なんだけれど、これはなかなか具合が良い。BODYTECHだけあって、汗の揮発性…といっていいのだろうか?今のところの季節だとさくさく乾く。んでもその時にちっとヒヤッとするのでちょうど良い。

 ただ、あまりにヒヤヒヤしすぎるとそれはそれで体力消耗につながるので、適度に体温調整できるよう、Tシャツくらいは羽織っておこう…と。

 しかしBODYTECHの色のバリエーションがあまりなく、手元のは黒のみ。販売されているものでも他に青と白くらいしかない…ってのがちと難点で、Tシャツとの組み合わせにちと困る。

 あとはまぁこれも速乾性の長ズボンで日差しを避ける…という感じ。

 実際これで走行してみたが、とりあえず今の季節「暑くてたまらん」ということはなく、動きやすいし、さして問題もなかった。

 腕の部分が薄手なので透けて焼けるかな?…と思ったが、とりあえず平気だった模様。もっとピーカンだったり、夏至に近づく(角度がキツい)などするとまた違うのかもしれないが、とりあえず体中日焼け止めを塗る苦労を考えると、かなり上々。無論、鼻や頬は塗る必要があるが。


07051502 もっとも、万全と思っていたこの服装なんだけれど、1日走った後で気がついた。手首に隙間があったらしい。走行後、そこがじんじん痛む(^^;)。

 …油断も隙もねーなー。

 実は手袋にも隙間があり、親指と人差し指の各々の付け根の間くらいも焼け易いのだが、そこはあらかじめ日焼け止めを塗っておいた…が、手首までは気が回らなかったな…。

 そこも塗るか…サポーターとかしておいた方がいいのかしらん?


#しかし、同じく日にさらされていたはずの首周りが平気だったのはなぜだろう?

2007/05/15

ちょっとしたもの買い物メモ

 買ったものメモではなく、これから買おうかな…というメモ。

 ちと通販でよく利用するジャストショップで、どうもおいらがシルバー会員として認定されて、ちこっと買い物が便利…らしいので、ちとそういうキャンペーンにのせられて買い物してしまおうか…と、いいものがないかとカタログ(?)を見てみた。

 結果、興味が出たのが2つ。


置く充電池

 非接触型の充電池というのは技術的にはあったような記憶があるが、乾電池型でしかもそれを筐体に入れたまま充電できるとは思わなかった。

 まぁ携帯で非接触で充電できれば、応用でこういうのもできなくはないだろうが…できるんだねぇ…。

 んでも充電池は今、エネループに夢中なので、買わないかな…。

 いや、置いておくだけで充電できるので、電池取り出すのも面倒、充電器に置いておくぐらいは面倒でない、リモコン用に用意するのは悪くはないか…。


安心缶

 防災意識は結構薄い身ながら、なにかしら用意しておくべきだろう…と心づもりしているつもりながら、やっぱり何もしていないとなると、せめてこういう機会にこれくらいのものは用意すべきではないかな…とも思うワケなのですが…家にあればあったで腹減ったときに食ってしまいそうな自分もまた情けない(^^;)。

 まぁ別にこれに限らなくても、この手のモノはほかにもあるしねぇ…と油断していると、買わないんだよな(^^;)。

 まぁ、通販でさくっと買うなら、ここが気軽でもあるので。

2007/05/14

動画メモの使いどころ

 ところどころで、キャノンのTX1が話題になっているような気がする。

 今更動画デジカメどうこうということも無いと思うのだが、画作りに定評のあるキャノンだから、静止画のグレードも保ちつつ、動画もしっかり撮れるぞー!…ということを期待しているのだろうか?

 しかし動画の圧縮コーデックがモーションJPEGなのよね。MPEGとかが出てくる前の圧縮コーデックで、画像1枚毎に圧縮しているので、時間軸も含めて圧縮しているMPEGよりも圧縮率が悪いのよね。

 反面、編集しやすい、1枚毎の画像がMPEGよりもクリア…という利点もあるが、メモリカードに納まらないというのはどうよ。

 まぁ逆に、画質にこだわるキャノンだからこそ、動画の画像品質もこだわってモーションJPEGにした…ということならわからんでもない。

 ただ、気になるのは、そんな短時間録画でええのん?…ということ。もっとも、昨今は秋葉原なら2GBでも気軽にSDカード買えるので、ばしばしSDカード増やせ…ってことかもしれないけれど、それ以前に世の中の需要は短時間録画でも問題ないのだろうか?

 こちとら、最近はしてないけれど、旅とかを機会ある毎に撮って、あとでおもろいところをピックアップして編集してDVDとかに焼く…って用途なので、録画可能時間は結構重要になる。

 ただ、昨今の動画デジカメを見ると、そう長時間を問わない仕様のような気がするし、そもそも長時間撮っても早々編集しない…というか、大変だから、短時間録画でいいじゃん…ってことなのかもしれないけれど。

 でもそうするとその短時間録画なデータは…どう昇華されるの?そこらへんがピンと来ない。

 まぁ、友人にワンカットずつ再生して「こんなことがあったんだよー」と見せればいいだけの話かもしれないが、どーももどかしいというか…。

 ただ、前にも書いたけれど、blogなどに簡単にワンカット動画を投稿できる環境もできつつあるので、日常メモ的に使えばいいのかなぁ…という気もしないでもない。

 具体的にどう撮るか、どういうネタで投稿するか、いまいちイメージできていないのだが(^^;)。


 ただ、思い出してみると、沖縄旅行でがしがし撮った動画があった。沖縄日記の中にワンカットでも、こんな場所をこう走ったとか、こういうところを泳いだ…といったことを動画で紹介できれば、確かに臨場感が沸くか。

 それはちとやってみたいなぁ…っていうか、前にも書いたな、それ(^^;)また忘れていた。

 なんとか思い出して、過去日記に追記する形でどうにかしたい。…家でPCいじっていると、そのまま忘れてしまいそうなのだが…(^^;)輪行本2の原稿に集中しているんで…。

M8日記

 忘れないうちに投稿。

 M8(最新ファームウェア)にズミクロン50mmF2を装着。レンズ検出は6bitコードがついていないので、切にし、ライカ製IRブロッキングフィルターを装着した状態で撮影。現像ソフトはCaptureOneLEの最新版。

 まずはカラープロファイルM8General。

07051201irgeneral

 次にカラープロファイルがIRブロッキングフィルター用のもの(当然B+W用ではない)。
07051202irgeneraluvir

 また、ついでに赤被り対策用であるM8_JHR_v1…だっけ?それを使用したもの。
07051203irjhr

 次にフィルタを外し、赤被りするきまんまんで撮ったものをM8Generalカラープロファイルで現像したもの。
07051204nonirgeneral

 次にフィルタ無しでM8_JHR_v1を使用して現像したもの。
07051205nonirjhr

 ↑をカラーコントロールをいじったり、PhotoShopで加工して、一番最初の色合いに近づけたもの。
07051206nonirjhrcolorctrl

 ↑だいぶよくなったけれど、そもそも画像全体が緑に覆われているので、簡単に修正できるだけのことで、他要素が多かったらどうなっているか。川面あたりを見比べて確認してください。

 当然イメージ通り…というか、見た記憶に近いのは1番目か2番目。まぁこれからの季節…というか、緑が少しでも入り込むようなら、IRブロッキングフィルターは必須かもしれない<M8。


 ただ、そうすると広角側のシアンフリンジはどーすんだ?…ということになるが、とりあえず6bitコードレンズを利用すると、そこらへんは解決していそう。JPEGを見る限りはそう。では、DNGはどうなんだ?…という気もするけれど、DNG+JPEG同時保存で得られた画像を見比べる限り、あまーりシアンフリンジに関する問題は見受けられなかった。

 RAWってCCDのメタデータのハズだけれど、保存時に補正がそちらにも入っているのだろうか?うん?

 まぁ、広角側はエルマリートM28mmF2.8を使う限りは問題ないと言うことか。でも35mmとかは広角になるのか?21mmだってあるしなー…ってこともあるので、そこらへんはおいおい…。

 ともあれあれだ、高いだけあって、えらく長く楽しませてくれます(^^;)若干皮肉。

2007/05/13

携帯替えました

 そういえばついこないだまでぐだぐだやっていた携帯機種変更騒動ですが、結局MNPを使わず、ソフトバンクのままで行くことにしました。

 機種は911T、料金プランはオレンジプランっす。継続期間が長かったので、割引を考えるとこちらの方が無料通話分を引いても、安くすみます。

 んで、無料通話はじゃぁ使い切るのか…というと、繰り越しすることになるでしょう(^^;)。ただ、特定の時期だけいきなりばしばし使うことがあり、繰り越しが使える方が便利といえば便利なので、まぁホワイトプランよりは良かったかなtねんと。


 ただ、問題は端末費用。最初に端末を購入し、縛り無しでいこうかな…とか思っていたんだけれど、ちっと金のない時期だったので、新ゴールドプランの分割払いで行こうかと。

 しかしそのとき知ったのだが、機種費用に対する割引ではなく、電話代プラン等にかかる割引で、8万する911Tの端末代はしっかり払うという位置づけらしい。

 つまり、割引を考慮すれば「4万円相当」の911Tの実費はしっかり払い、もし途中解約するならば、割引効いてない金額での残金払いになるからくり。おいおい、そりゃなんか公取委から文句も出るよ。

 ただ、これは契約直前にしっかり係員に詳しく説明してもらっていたので、まぁ個人的には覚悟の上ですわ。

 思い出せば、この説明がえらく丁寧で、非常にわかりやすかったのだが、口頭での説明でないとわかりにくいのかもなー…と確かに思う。おそらく今までに何度も七面倒くさく説明してきたんだろうなぁ…。立て板に水…ってわけでもなくて、いい感じに要点に抑揚付けて説明するので、やっぱりわかりやすい。

 統一して教育されているのかしら?…とか思ったが、隣を見れば別の販売員がちっと違う図説を交えていたので、個々で編み出しているのかもしれない。…ソフトバンクモバイル社員(か?)は大変だ?

 そういう苦労は同情するところだが、とはいえしかし購入検討時の事前説明は欲しいところよのう。まぁ、聞いた時点で何も書類作っていなかったので、十分断る余裕はあったんだけれど。


 もっとも個人的には、端末費用よりもむしろ自分割の2年に1度の更新で、それ以外のキャンセルは9千円以上必要…という方が滅入るんですけれど…。

 …2年過ぎたら、自分割だけ解約しようかな?

 ちなみにホワイトプランに切り替えるとそれがいつであれ、更新付き以外解約料というのが無くなるのだが、6ヶ月はホワイトプランの維持(縛り)が発生するそうで。まぁ、月980円×6ヶ月くらいはどーでもいいのだが…。

 まぁ、端末代払い終わるまではこのまんまかな…。


 さて、新端末にしたとなると、問題は通話可能範囲。これの改善が一番の主目的といっても過言ではない。

 実は既に先の三浦半島一周にも持って行っていたりして(^^;)。

 いつぞやはSH53でまったく歯が立たなかったまるよし食堂で使ってみた(アンテナゲージを見てみた)。

 …ら、店内では圏外(;_;)。[es]はかろうじてつながるのにー。

 ただ、店外に出た途端、アンテナが立ちました>911T。…影?SH53はそもそもまるよし食堂のだいぶ手前からつながらなかったので、多少はフィールドが広がったかな?


 ただ、携帯の感度が良くなっても、着信に気づかなければ意味がない。

 実際、5日にDoGAスタッフの打ち上げに参加したんだけれど、その最中の着信に一切気づかなかったり…(^^;)。ちと相手先が不明だったので、そのままにしているが…(--;)ぉぃぉぃ。

 ともあれ、Bluetoothのヘッドセットが早急に必要かな。ただ、iPodと共存して欲しい(普段はiPodの音楽を聴き、着信があったら割り込みでお知らせ)ので、その辺のシステムを構築せねば。…ああ、なんか出費がかさみそうな予感が…(^^;)。


 ところで、GPSも使用してみた。アプリはナビタイム。加入しても安く済むようだけれども、しなくてもGPSだけは使えるんでしょ?…まぁ、加入しておこうとは思うけれど。

 で、感度的には…どうなんでしょ?積極的に使うシーンに直面していないので、いまいちどうなんだかよくわからない。

 実は三浦半島一周の際、初めての観音崎コースでちっと走っているコースが本当にコース上なのか不安になり、「ここでこそGPSだ!」と勇んで使い始めたものの、そもそも初期設定を行っていなかったために時間がかかり、正味のGPSの使い勝手がよくわからなかった(^^;)。

 まぁ若干auの端末より遅いらしいが、まぁそのうち…。


 ワンセグは、たまに見ます。残念ながら家では見られず、職場では自分の席だと窓方向にアンテナを向けたときだけぎりぎり見られます。位置が非常にシビア。昼休みにニュースを見る程度の使用。

 まぁそれは音の方の問題が大きく、ヘタにワンセグ使うと周りに迷惑がかかり、かといって音を下げると自分が聞こえないし。

 ヘッドセットが手に入れば、もう少し積極的に使うかな。…先の条件とこの条件とかねあうヘッドセットだかなんだかってあるのかしらん?

 ともあれ、出先で余りワンセグ見ることもないかなぁ…と思ったけれど、意外と使うかもね(^^;)一人旅が多いと。

 ただ、建物の影など、なかなか電波が届かないところも多い。ここらへんはどうにかしていただきたいところ。


 他にも機能満載の911Tなんだけれど、いまいち把握し切れてない(^^;)。今月いっぱいはパケット通信無料らしいので、ばしばし使い倒したいところ。

 んで、自分なりの使い方を身につけたいものよのう。

2007/05/12

私に若さがあったなら…

興隆商事、Samsung製32GB SSDを発売

 おお、ついに国内のエンドユーザーが普通に入手出来る時代になったか。

 ただ、実売価格を見て愕然。32GBに10万円はちょっと…。まぁ、以前の記事で算定した金額が8万円だったことを考えれば、的外れな価格とは思わないが、実際問題として8万円でも…という気はする(^^;)。

 ただ、効能が抜群に発揮されるのであれば話は別だけれどね。スペック的には実際そのはずだし、X41Tで唯一足を引っ張っている1.8インチHDDを換装すれば、相当恩恵が大きそうだ。ベンチマークで早くなる…ということもあるだろうが、なんとはなしに体感速度が相当速くなりそうな気も…。

 まぁ、システム自体をX60Tにする…という手もあるし、CPUコア化、HDD2.5インチ採用、内蔵メモリ量の増加等々を考えるとトータルバランスはそちらの方がいいはず。

 ただ、20万円ちょいで画面がXGAのまま…なら、10万円でX41Tを延命させ、その間SXGA+版X60Tを待つ…というのも手といえば手か。

 ただなぁ…、10万円かぁ…。ちとなぁ…。若かったら飛びついていたような気もするが(^^;)。俺も年を取ったということなのだろうか…?(^^;)

 まぁまずはどなたか、人柱よろしく(^^;)ぉぃ。

OnenoteMobileの使い方

 先に書いたとおりOneNote2007を購入したのは、それだけではないが、[es]と連携が簡単そうなOnenoteMobileが便利そうだったということもあったのだが、そのOnenoteMobileについての情報があまりない。

 …ので、自分の経験をメモっておくので、興味のある人は参考にして欲しい。

 なんか、マニュアルらしいマニュアルが無いのよね。

 とはいえ、マニュアル代わりになるほどの情報は無いのだけれど(^^;)。わかったのはただ一点。OneNote2007を起動している時にActiveSyncで[es]を接続すると、自動認識して、OneNote2007とActiveSyncが自動的にOnenoteMobileをインストールする算段になっている。無論、一度インストールしてしまえば、接続する度に「インストールしますか?」なんて問いかけも無い。

 OnenoteMobileはインストール時、本体か外部メモリかにインストール先を選ぶ事はできる。確認はしてないが、同期データも同じ所に保存されると思われるので、私は外部メモリを選択した。

 以降は、ActiveSyncの同期オプションにOnenoteが追加され、またOnenote上に同期専用ノートセクションが追加され、そこのデータと同期が行われることになる。

 ノートごとに一ファイルとして扱われるのかな?…と思ったが、Onenote上は普通のノートとして扱われるんだけれど、OnenoteMobileではテキストボックスごとに「1ファイル」と扱われているようで、ノートのレイアウトをいくら凝っても、意味無さそう。

 なので、テキストボックス単位でのリンクを念頭に置くべきなのだが、では写真や画像はどう同期するのか。コピー&ペーストでテキストボックス内に入れ込めばいいらしい。

 [es]上ではそのテキストボックス毎のメモになるわけだが、そのメモの名前は[es]の方でしか変更できないみたい。

 で、ある程度の大きさの画像はOnenoteMobile上では縮小表示されるが、クリックすれば拡大表示されたりと、同期はしっかり行われる模様。まぁぁぁ、使えるか。

 ただし、手書きメモは同期されなかった。グループみたいに一括してコピーしてテキストボックス内にペーストすれば同期してくれるかな、と思ったが、それもダメだった。

 インクはドローデータなので、うまくビットマップ化するなどして自動処理してくれてもいいような気もするが、そうすると同期が難しいのだろう。

 別途ビットマップ化すれば取り込めるとなんとかなると思われるが、Onenote単体では難しいかもしれない。おいらはその辺のツールは充実しているのでいいんだけれど。


 つまり、Onenoteからのデータ同期に関してはそれほど高度な話ではないのだが、OnenoteMobile上ではテキストを打つ上に画像挿入ができ、デバイスの内蔵デジカメで撮影を行い、キャプションをつける…といった操作が可能になっている。

 このあたりは、たとえばblogの下書きにを写真付きで…というのが想定できる。

 OnenoteかOnenoteMobile上にblog投稿機能が付加されているとさらに良いのだが…。

 そんなわけで、同期機能としては装飾テキスト・画像程度をちょっと便利に同期できる程度…というところだが、OnenoteMobileをデータ入力端末としてとらえると、テキスト、画像、写真、また録音もできるので、それらを一元的に管理、または転送できるツールということになる。

 ま、使い方次第ということだろうか。

 しかし録音スタイル…って、電話機のように持てと?…メモ打っている途中で急に電話、すぐまたメモ…ってスタイルになっちゃうか?(^^;)Bluetoothか、外部マイクが欲しいところよの。まぁおいらの場合、そうそう録音…って用途は無いと思うが。

2007/05/11

一応忠告

SuicaとPASMO、2枚同時に使う法

 おいらは知っていたんだけれど、この手の非接触式カードは、ヘタに同一の財布に入れておくと、干渉するのかどうかは知らないが、カードリーダーがどちらのカードを読んで良いかかわらなくなり、エラーを起こすらしい。

 そんなわけで、干渉し合うカードを持つ身では、運用を工夫しなければならないので、お気を付けください。

 まぁ過去にメモっておいた記事を今更出しても、実際そういう状況の方達はもう直面されて、解決策を編み出してはいると思うけれど(^^;)。


 しかしそういえば、おいらはEdyとSuicaを一緒の財布に入れていたが、それで問題になることはなかったな。

 これは最近WBSの「技あり」で知ったのだが、この2枚は内蔵アンテナの違いにより、干渉しないようになっているらしい。それは知らなかった。

 他のカードの組み合わせでも、実は同じ財布に入れておいてもOK…ってことがあるのだろうか?しかしアンテナの形状は傍目にはわからないので、実際に使ってみないとわからないかも。うーん、微妙に不便?

昨今のテレビはどうよ?

 ドラマ系…というか、フィクション方面で。

 実写ドラマでいくと…、これというのが無いなぁ。なんかお薦めはないですか?


 アニメでいくと…、とりあえず進んでみているのは「瀬戸の花嫁」か。あの妙なパワーがなんとも(^^;)。

 お話とか演出とかのパワーで、あとマサさんの魅力で立っている作品だけれど(^^;)ぉぃ、作画パワーで立っているのが「グレンラガン」か。…4話は作画崩壊と思わないんですけれど(確かにテンポは悪かったけれど)。

 ん~、あとは「らきすた」か。OPの勢いはすさまじいね。しかし本編ののったり感。原作が4コマというのがわかるテンポというか…。ただ、悪くはないが若いキャラばかりなので、深みが無く、長く楽しめないような気が…。とはいえ、こないだ婦警さんが出てきて、ちっと盛り返したか(なんか妙に話し方に惹かれる…)。OPを見ていると、まだ新キャラが控えてそうなので、そちら待ちかなぁ。

 あと、ネトゲの単語がまったくわからず、逆にそこが面白いでつ(^^;)。

 そして困ったことに、あきら様に惹かれつつあるわし…(^^;)。

 あと何故か見ているのが「ぼくらの」。なんか察するに救いのない話に終わりそうなんだけれど、後半で一波乱かどんでん返しがあるんでふか?妙に悲壮感が薄いんですけれど、見続けて少しは充実感に浸れるんですか?カタルシスとかあるんですか?逆にそちら方面にドキドキです。

 あと時折「デスノート」。

 「オーバードライブ」はこないだちらっと見ましたけれど…自転車を登場させないおつもりですか?まぁそれでもいいけれど、それならそうと言ってくださいね。見ないからぉぃ。

 あとなんかあったかなぁ…。ああそうそう、なんとかゴールデンエッグは見ろっていってんだろー、…Just do it!


 あとテレビ関係は…、困ったことに「sakusaku」の再放送時間が前倒しになり、WBSやらなんやらとカブってしまったので、見たり見なかったり。いや、見ない日が多くなってしまった。うぬぅ…、Just do it。

2007/05/10

週末の予定

 赤沢スイーツから夏のメニューに切り替わったというお知らせが来た。

 そういえば4月はほとんど行った記憶のない岩鞍-飯能ライン。そろそろまた行って買い出しとかしなきゃなー…と思ったり。花粉ももうおしまいでしょうし。

 久しぶりに壺小屋でカレーを食いながらのんびりし、赤沢スイーツ、麦、たまご倶楽部…といった線だろうか?


 まぁそろそろ新機軸も欲しいので、それに沿わない形でもいいけれど…というか、別の日に別コースも探索しないとなぁ…。

 とりあえず12日はその線で。ちと暑さ対策の試行も含めて…。

軽いめまいを起こす

 アドビからPhotoShopCS3が発表された。…というか、各種アドビ製(旧マクロメディア製含)ソフトのアップグレードが発表されたわけなんだけれど…うー…、発表された製品群が多く、理解するのに時間がかかる…というか、知恵熱が…(^^;)。

 ともあれ、各Suiteの製品構成については、以下の記事が詳しい…というか、見やすい。これで把握した方が早いかな。

アドビ史上最大の製品発表――「Creative Suite 3」日本語版

 ただ、正直、この記事が、あるいはITmediaが…ということはまったくないのだが、こういった情報には時折間違いもあるので、リストはAdobeのサイトと見比べてチェックした方が良いかもしれない。

 まぁともあれ、これでチェックし、かつこちら(注:PDFファイル2.8MB)のアップグレードコースを確認すると、なんとはなしに自分が取るべき道筋が見えてくる…気がする(^^;)。

 まぁ一番てっとり早いのは、Master Collectionを手に入れてしまえば話は早いような。

 ただ、高い。べらぼうに高い。

 振り返ってみると、持っているライセンスはCreative Suite 1.3の他に、実はProduction Studioに加え、MACROMEDIA STUDIO 8も持っていたりする。

 これらのライセンスを使用するとMaster Collectionへの道筋は、

「ADOBE CREATIVE SUITE 1.x / 2 の PREMIUM もしくは STANDARD+ADOBE CREATIVE SUITE PRODUCTION STUDIO PREMIUM もしくは STANDARD の2製品お持ちの方」

 …を用いて、249,000円が一番最安値コースなのだが、それでも高い。…っていうか、通常価格398,000円からあまり安くなっていないような気が…。いや、149,000円安くなっているけれど、CreativeSuiteとProductionStudioの2つから…ってことを考えると、もう10万安くてもいいような気も…。ちと微妙…。


 まぁしかし、とりあえず現段階での自己努力ということで、すこしでも安く済ます方法は無いか…と、製品構成をじー…っと見てみると、個々のソフトについて要・不要を考えてみる必要があるような…。

 一応各ソフト、アップグレードしたいとは考えている。PhotoShopとかIllustratorが高機能になって、新ツールが使いやすくなっているかもしれないし、Flashも含めて連携しやすくなっているのであれば、データも作成しやすくなっているだろうし。

 また、最近はなかなか映像作成にかまけていないが、SD映像だけでもまだやりたいと考えているし、After Effectsが現状Standardだけれど、比較的安価にProfessionalになるんだから、しておかない手はない。

 ただ、振り返ってみると、Contribute、Fireworksあたりはあまり使わない。覚えている限り、Contributeは使ったこと無いし、Fireworksはコミケ申込用サークルカットの画像フォーマット変換に使っただけだ(^^;)。

 また、Webに関しては最近はblogで十分なので、Dreamweaverも旧バージョンでも構わないかと考えている。

 InDesignは至極たまーに使う…かな。輪行新聞みたいなのを作るとき(^^;)。

 Acrobatは現状Ver.7だけれど、最新の8にする必要性はあまり感じていない。


 そういうことをちょこちょとチェックしていくと、先の手段とは違う方法が見えてくる。

 まずアップグレードをア.とイ.の2段階にし、

ア.
ADOBE CREATIVE SUITE PRODUCTION STUDIO STANDARD

ADOBE CREATIVE SUITE 3 PRODUCTION PREMIUM
 を、98,000円で。

イ.
ADOBE CREATIVE SUITE1.x / 2 PREMIUM

ADOBE CREATIVE SUITE 3 DESIGN STANDARD
 を、87,000円で。

 こうすると抜けるのがDreamweaver CS3・Contribute CS3・Fireworks CS3の3つになるのだが、総額185,000円で主要なソフトをアップグレード出来る。(プランA)

 MACROMEDIA STUDIOがソフト単体毎にアップグレードできるなら、ウ.として26,000円でDreamweaverだけをアップグレードするという手もあるな。


 また、

ア.(プランAと同等)
ADOBE CREATIVE SUITE PRODUCTION STUDIO STANDARD

ADOBE CREATIVE SUITE 3 PRODUCTION PREMIUM
 を、98,000円で。

イ.を
MACROMEDIA STUDIOMX / MX 2004 / 8

ADOBE CREATIVE SUITE 3 WEB STANDARD
に、¥49,800で。

 今度はInDesign CS3とAcrobat Professional 8.0が穴になるが、こちらだと総計147,800円となる。(プランB)


 ただ、…頻度としては今までの経緯を考えると、プランAの方が高いような気がする。

 …プランAとBの差額、4万円でAcrobatとInDesignがアップグレードできればいいが…ちと無理か(^^;)。

 CREATIVE SUITE1.3から各ソフト単体アップグレードできれば26,000円×2で52,000円か…。できるのかな?でもできればMaster Collection相当に比較的安価にできる…ってことか(ぎりぎり20万円を下回る)。


 まーしかし、プランBの低額も魅力だなぁ。AcrobatもInDesignも、現バージョンで不満は無いので、このままでもいいという気もしないでもないのだが…。


 もっとも、ア.のみ…という手も使える(プランC)

 98,000円でとりあえず主要なソフトは最新バージョンにする。たまにしか使わないソフトは現行バージョン…という体制も…悪くないか。

 考えてみればアップグレードできるのは今の時期のみ…ってわけでもないんだから。とりあえずプランCで、後からAかB(オプション(?)の有無も含めて)にする…っていうのが、コスト的負担も軽くて良いのかな。

 それでも10万円近い負担は個人ユーザーにはちとキツいが(^^;)


 あと、プランAとBについては、ライセンスがいくつかカブることにもなりそうで、管理も大変そうだ。

 まぁ、PhotoShop、Illustratorあたりのよく使うソフトなので、複数のマシンにインストールできると考えると、悪くはないが…。

 いずれにせよ、Adobe税はいろんな意味で重くのしかかるわけだ(^^;)恩恵もあるからいいんだけれど。

2007/05/09

そういえば「塗り」を考えてなかった…

 なんだかんだでちまちまとネームとペン入れ進行中の輪行本2ですが、今のところ、カラーページは無い予定。

 いや、演出上必要なら、輪行本1のような挿入の仕方はしたいところではあるんだけれど、今回はそういう必然性が無いし、なによりお金がかかるのよね(^^;)。

 まぁ、時間的余裕があれば、口絵くらいは用意したいとは思う。


 ただ、問題は本編の方で、当然モノクロなんだけれど、トーンを貼るなりして仕上げ処理をする必要がある。

 ただ、Illustratorで作成しているので、気軽にスクリーントーンを貼るというわけにはいかない。前回はパスでモノクロの陰影を線画の裏に貼った。印刷段階で印刷機の機能で網点になるわけだが、仕上がりはともかくとして、それなりに手間。仕上がりもなんか単調に…なるのは、塗りが均一過ぎるところもあるし。

 どうしたもんかなー…と考慮しながら、まずはペン入れを優先して作業している。

 先の方法は入校の時、オールベクトルデータでデータ渡しになるので、最後の最後までデータの劣化が無い綺麗な印刷になるはずなのだが、考えてみればそこまでクオリティを問うような内容ではない(^^;)。

 …ので、ペン入れこそIllustratorにするにしても、ビットマップ化してPhotoShopCSで彩色しようかな…と思う。筆で塗り塗りした感じの方が早くできそうだ。

 無論、ComicStudioで正統にスクリーントーンを貼る方法もあるが。

 さて、どっちにしようかな?まぁ、ペン入れだけで終わって、トーン貼る暇無く入校…という線もあるのだが…(^^;)。

2007/05/08

M8日記

 いつぞやのM8ブラックの記事に「ええっ!?M8、もう1台買ったのかよ!?」というリアクションを少なからず期待していたのですが、てんでそういうコメントが付いてこないのでこちらから先に種明かししてしまいますが(^^;)、あれは代替機です。

 …とかいう原稿を用意していたら、約一名ひっかかった人がいらっしゃいましたねぇ(^^;)ありがとうございますぉぃ。ともあれ、代替機なのです、あれ。

 実は、4月のことだったと思いますが、我がクロームシルバーのM8で築地をばしばし撮っていたら、急にシャッター巻き上げが起こらなくなり、慌てて近くの銀座に持ち込んだら、故障修理が必要だー…ということで代替機を出してもらった次第。

 いや、なにかシャッター幕がひっかかり、チャージし直せなくなったようで。

 まぁそれくらいはなんかひっかけ棒でちょちょいと直すのかな?…と軽く考えていたら、「ドイツに送らないと直せない」と言い出して、3ヶ月コースと相成りました。…そりゃぁ、代替機くらい出してもらわないと困りますよ(^^;)。

 しかしその代替機のカラーが黒。人気はあるけれど、おいらは好きじゃないブラックモデル。…まぁ、代替機に感情移入せずに済むので良いといえば良いのですが、逆に積極的に使おうという気もしないしなぁ(^^;)。

 性能は同じだし、「今までのと同じように使ってやってください」とも言われたので、がしがし使おうとも思うけれど…うーん、早く愛機、帰ってきてください。


 それにしても今回の騒動で保証書を改めて見たけれど、保証期間が2年なのね。電化製品にしては長いけれど、ライカのカメラにしては短いのよね。

 …いや、購入前に知らされていたけれど、せめて機械部分だけは5年…とかしてもらいたかったなぁ…。

 有償修理に早くなってしまうのは仕方ないにしても、ちょっとした修理にいちいちドイツ送り…ってのもなぁ…。

 将来的には銀座のラボが各修理に対応できるようになる予定…とは聞いているものの、早く対応してほしいぞ…。


 あとは…、B+W製の、52mmのIRブロッキングフィルターを手に入れたわけですが、はたと気がついてステップアップリングをいくつか入手。大抵のレンズにIRブロッキングフィルターが装着できるようになりました(^^;)。

 あまり褒められた手法ではないですけれど、なかなか無償フィルターが届かないので仕方ないです。

 …とか書いていたら、やっぱり届きました(^^)めでたい。とりあえず39mmと43mmなので、40.5mm(ロシアレンズ2本)、48mm(キャノンレンズ)をステップアップリングで対応…ということになるでしょう。

 さて、問題はこれを使用した場合のシアンずれとか諸問題にどう対応するか…なんだけれど、現在やる気が削がれているので(^^;)、おいおい追跡調査をしようかと。

 なんとはなしに、撮影時間を原稿作成時間に割り当てちゃうような気がしてならないのだが…(^^;)。


#話は違うんだけれど、M8の苦労は山ほどあるんだけれど、非ユーザーはデジイチに興味があっても、M8のことはてんで知らない…というか、距離計が分かれているということ自体知らない人も多いわけで、M8のネタをまとめて本にしたら、同人誌として面白いのだろうか…?とか思ったり(^^;)。

 なにやらクラッシックカメラに関する同人誌はあるにはあるらしい。ただ、漫画は無いだろうなぁ…(^^;)。

2007/05/07

今更聞けないTabletPC事情

 ちと最近、「お絵かき用にタブレットPC買おうと思うんだけれど、どうよ?」と聞かれた覚えがあるのだが、おいらにしては珍しくまともに答えていなかったような気がするので、振り返る意味でも改めてまとめておこうと思う。


○お絵かきに最適なマシンか?
 要するに、「紙にペンをあてがえる」がごとく使用できるため、お絵かきに最適そうに思えるタブレットPC。それは果たして有用なのかどうか。

 回答として、「最新機種ならスペックによってはお絵かきに使えるかも」程度にしか答えられない。それは何故か。

 最新機種では他のノートPC程度のスペックは十分クリアしているので問題はないが、何世代か前の機種はタブレットPCとして使いやすくするために軽くしよう…と、スペックを犠牲にして軽量化に努めたため、ちっと重いアプリなどを動かすのに苦労する傾向がある。

 また、そもそもタブレットのパーツの品質があまり良くなく、線が綺麗に引けないといった不都合のある機種が多かった。HPのTC1100でも結構これに悩まされていたらしい。

 心象としては、X41Tabletかそれと同時期に発売された機種からは確実にそのあたりは問題なくなったと思われるので、お絵かき目的に中古を当たるつもりなら、その辺のチェックを既ユーザーのblogなどでチェックしておくといいかもしれない。

※最新の機種であっても、仕様上筆圧検知機能を装備していない機種もある。

 お絵かきに筆圧が必須…ということでは決してないのだが、筆圧がないとなんのタッチも再現できないという人も結構多いので、その辺も注意のこと。


○必ず妥協が必要な日本事情
 では、最新機種ならタブレットPCはどれも恵まれているか?…となると、そうでもない。実は日本市場のタブレットPCではお絵かき目的としては重大な問題がタブレットPCユーザーを常に悩ましている。

 それは、画面がXGA止まり…ということ。

 やってみればわかるのだが、大概のお絵かきソフトはXGA画面よりも大きくなくてはやりにくい。画面が広ければ広いほどお絵かきはしやすいのだが、何故か日本のタブレットPCはXGA規格のものばかり、あるいはそれよりも小さいものになってしまい、非常に厳しい。

 海外ではレノボだけでなく、ASUSからもXGAオーバーのタブレットPCが出ているようなのだが、何故か日本には入ってこない。結構潜在需要はあると思うのだが…過去に東芝が出していたSXGA+機種があまり売れなかったからだろうか?…って、その頃はそもそもタブレットPC自体が売れてなかったし、先の「ちゃんと線が引けない」問題もあったしなぁ(東芝の該当機種にそのような問題があったかどうかは未確認)。

 ともあれ、ちらほらとXGAオーバーの機種も出ていなくはないが、液晶自体が小さくて使いにくかったり、筆圧機能を装備していなかったり…と、問題も多い。

 海外ではSXGA+液晶機種もあるX60Tabletも、日本のラインナップではXGA機種のみと寂しい状況だったりする。

 なんとかSXGA+液晶搭載機種の登場を願いたいのだが…。それが待てないようなら、XGA機種で手を打たざるを得ない状況…ということで。あるいは個人輸入とか…。


○タブレットPCをお絵かきで使う上で必要なこと
 …が一つある。

 ワコム製のタブレットをインストールしないと、ごく一部のソフトしか筆圧情報などのインターフェースの互換性が無いために正常に動作しない可能性がある。

 PhotoShopすらまともに動かないので、要注意のこと。

 なお、ついこないだまでそのドライバがX60Tに対応していなかったのだが、最近は使えるようになったようで、開発環境はしっかりしているのかなぁ…と、タブレットPCもちゃんとサポートされているとの実感も伴ったり(^^;)。

 ただ、WinXP TabletEditionの話で、WinVISTAではどういう状況なのかは不明。


○タブレットPC以外の選択肢と、共通のチェック事項
 お絵かきに最適そうなタブレットPCだけれども、一般のノートPCに比べても結構使いやすいので、一般にも広まって欲しいPCではある。

 ただ、パーツが多い分高くなってしまうのも間違いなく、他のパーツを入れ替えて総額を低くするようにしていることも間違いなく、大概グラフィック内蔵チップが使われている。

 2D描画にあまり問題はないが、3D能力は最新通常ノートPCにはかなわないことが多い。その部分で不満を感じる人もいなくはない。

 そこで出てくる選択肢が液晶タブレット。デスクトップになるが(スペックを満たせばノートも可か?)自分好みのPCを用意し、外付けモニタとして液晶タブレットを使用するわけ。

 これならグラフィックチップに3D用のものを使用すれば、グラフィック全般に強いPC環境ができあがる。

 お薦めなのはCintiq 21UX。勿論コストがかかり、また大きいので設置場所の問題もかなりシビア。ただ、手に入れて後悔することはあまり無いと思う、ばしばし絵を描く人なら。

 ただ、さすがにちとこいつは困る…ということであれば、サイズの小さい同社の液晶タブレットを用いれば良し…ということには実はならない。

 ここで要注意なのは、ワコムの最新機種であっても、モノによっては視野角の狭い、(お絵かきには)質の悪い液晶が採用されているものもあるということ。

 これはタブレットPCにも共通した注意点なのだが、実は液晶の視野角が広くないと、絵が非常に描きづらいことが多い。

 X41Tabletなどは問題ないのだが、ヘタすると右目と左目で見えている色が違ってしまい、ちらちらして目を悪くしてしまう可能性もある。

 液晶の特性上、横画面だと問題のない場合もあるが、せっかくの縦型での描画が出来ないというのも考え物。

 そういったこともあるので、カタログで広視野角をうたっていないものは、実物を見て自分で問題ないか確認する必要があると思う。

 液晶タブレットに話をもどせば、現行機種の21UXの次に画面の大きい機種がこれの評判で悪いと聞いているので、その下…となると、XGAになってしまってタブレットPCと変わらないやん…という選択肢の少なさになってしまうらしい。

 無論、触ってみれば21UXの次の機種でも問題はなかった…という個人差ということも考えられるので、なんとも言えないんですけれども、重要なチェック事項ではあるので、ご注意ください。


○触ってみることが大事…なんだけれども…
 そんなわけで、まぁなんにせよ自分で触ってみて、フィーリングだけでなく「目」に合うかどうかしっかり確認する必要があるということ。

 ただ、困ったことにタブレットPCをしっかり展示している…というか、そもそも取り扱っている店舗があまり無いのが実状なのだけれど。

 とりあえずお薦めなのはハイパーファクトリーか。ここは展示機も豊富なので、お薦め。おいらもX41Tはここで購入している。

 しかし秋葉原でもこの1店舗くらいしかまともにタブレットPCを扱っていないので、地方となれば…。


 ま、XGAで3D能力を問わないのであれば、レノボのX60Tか、HPのtc4400でよろしかろうと。それではダメであれば、無理をして21UXしかない…ってところだろうか…。

 現状、もうそれくらいしか選択肢無いのよね。ただ、ハイパーファクトリーによれば、なにやら東芝の隠し球が出てくるかもしれないとか…。


#…何か書き忘れているような…。

復帰中

 とうとうゴールデンウィークが終わってしまいましたね。とほほ。まぁでもblog更新も放って、休養がしっかり取れたので良しとしますか。

 それでも一応、計260kmくらい走ったり、DoGAの上映会のスタッフをやったりと、それなりに外にも出ていましたが。

 だから…というか、それよりも食事をあまり採らなかったせいか、痩せてしまいました。…いや、なんか知らないですけれど、長い休みにはいるとむしろ食事回数・間食が減る要因の方が働いて痩せる傾向にあるんですよね、最近。

 まぁ無理やり長距離走行を組み込んだりしているからかもしれませんが…。

 仕事が始まるとストレスを紛らわす為に間食が増えて体重も増えるんだよな(^^;)。

 今の体重を維持できればいいんだけれど…。


 ちなみに、連休中のメインは輪行本2の原稿作成です。ネームは8ページ単位で切って、随時作成…という体制を取っていますが、すでにネームを切っていた分のペン入れ中心に進めました。

07050701 …それなりに快調に進んだんじゃないかな?前回のこの時期はまったくネームも進んでなかったしな(^^;)。

 ただ、まだネームを切っていない後半にばしばし自転車描写がてんこ盛りの予定で、それも資料を見ながらじゃないと描けないようなページになると思うし、…そっちに時間が取られるんだろうなぁ…。

2007/05/05

ご無沙汰しています。

 すみません、音沙汰無くて。

 いくつかお返事しなければならないことにも返信してなくてすみません。いくつかは参加・作成の意志はあるのですが、もうしばらくお時間をください。

 なお、明日…というか、5日はいつものごとく、DoGAの上映会にスタッフとして参加していますが、今回は何故か表に出ないスタッフなので、あまり一般参加者の方々にはお会いする機会は無いものかと…。

 なにか用事があれば、受付にご連絡ください。たぶん…取り次いでくれるはず…(^^;)。

#あ、携帯ならしてくれればいいのか。でも上映の最中は勘弁ね。

2007/05/02

ぶらっと行ってきちまいやがりました

07050201

 考えてみると1年前だったと思うんですけれど、ふらっと…というわけでもないんだけれど、三浦半島1周走行に行ってきたわけですよ。

 そのときは初めての長々距離走行だったため、かなりへろへろ。その後今年になってリベンジにあたり、今度はすらりと走れたような。数ヶ月も走っていると、体力もつくわけですな。

 ただ、そのときは友人と一緒だったので、ちょっと余力をセーブしたり、そもそも帰り道に雨に降られて雨宿りしたりして、どーも一貫した走行という感じがしない。

 そこで機会あればもう一度くらい走っておきたいな…というところで、この連休で天気も良い、陽気も良い、風も無い…という29日の予報だったので、ぶらっと出かけてしまいました(^^;)。

 ちなみに今回の旅のお伴カメラはF10。普段ならM8とかなんですが、なんだかんだで荷物だし(体にくくりつけておかないと距離計狂うし、それなりに重量がある)、もう3度目なので、そうそう撮るものもだいだろーなー…ということで、お気軽カメラ。

07050202 ただ、それでも道すがらシャッターを切っていると気になる点がいくつか。一番は画像の縦横比。M8、R-D1では3:2なのですが、F10はデジカメで一般的な4:3。どーも構図が作りにくい。

 これだけでも取り上げて、3:2を使えるコンデジが欲しいなぁ…と思ったり。当然、F10に求めるタフさを兼ね備えている必要もありますが…何があるのかなぁ。そのうち探してみよう。

 ともあれ、ぶらぶら、でもそれなりのスピードで走りました。とりあえず個人的ランドマーク(?)でもある妙蓮寺に2時間かからないうちに着いたので、ペース的には比較的早いかな。

 ちなみに妙蓮寺は東神奈川近くにある我が山田家の菩提寺(^^;)。ちと気まぐれに墓石を掃除してきたり(^^;)実は最初の三浦半島一周の時も磨いている。

 んで、横浜中華街でかるく燃料補給…と肉まんをいただこうとしたところ、のきなみ準備中でゲットできず。…そうか、10時頃は中華街はまだ準備中なんだ。

 …10時。そういえば前回友人と回った時は11時だったな。1時間のアドバンテージがある。…だったらちっと余裕のあるコースも取れるかな?…と、観音崎を通るコースを選択してみた。

 そう、三浦半島一周と今までさんざんっぱら行っていた割には、観音崎をてんで通ってなかったり。

07050203 そんなワケなので横須賀を経由して、ひたすら南下。観音崎付近に到達したわけ。写真はその近くに最近出来たという美術館。…そういえばそんなニュース、最近見たような…。

07050204 まぁちょっとどこが観音崎だったのかよくわからんかったけれど、まぁそこを通って一応一周コースかな…ってな感じで走っていると、今度はなんか船を見つけたり。

 どーも浦賀のあたり、橋でなくて船による「渡し」があったようで、短距離でも自転車載せられて、しかもこちらの走行コースを短くパスしてくれるいい案配だったので、ちと惹かれたり。

07050205 ただ、自転車の保持がちっとぞんざいと言うか、スタンドがヤワなBSMだと渡っている最中に海に落っこちそうなので、断念したり(^^;)。

 ま、そんなこんなでペリーなんとか公園とか、金谷行きフェリー乗り場近くとか、野比海岸を走り、いつもの三浦海岸コースに出ると…前回の一周と同じ時間帯に復帰。

07050206 そのままありよし食堂に向かい、遅い昼食…ということで青のり段々定食をいただくことに。うーん、ヘルシー。

 んでも実は観音崎付近で、屋台のフランクフルトとか食っていたりするんだけれど(^^;)。

07050207 まぁともかく、昼食休憩でうだー…っとしていると、午後3時。うむ、そういえば前回はここを午後4時に出て、埜庵に向かうのにかなり苦労したんだっけか。今回も埜庵でシメたいし、ここは早々に向かうべきか…と、走り出した。

 んで、また再び「逗子の奇跡」と呼ばれるぉぃ、100km走行過ぎたところなのに原チャリとバトルを繰り広げる高速走行を繰り広げるのかな…と思いきや、ありよしで血合い肉のみりん干しを食わなかったせいか、いまいち走行にハリがなく、そこそこのタイム。

 …っていうか、そもそも逗子のあたりの渋滞がすさまじく、てんでアドバンテージが稼げない。…うーん、葉山のあたりで右に曲がるべきか、今後…。

 あと鎌倉でちと土産とか買っていたら、やはり時間を食ったりなんだり(^^;)。

07050208 えーっと、そういえばここまで書き忘れていたけれど、実は走行時、風に悩まされていた。天気予報では風はおだやかと言っていて基本的にはそうだったんだけれど、海岸線付近では海風が結構強く吹いていて、観音崎付近以降はかなり負担になっていた。ごく稀に追い風になることもあるにはあったんだけれど、向かい風の方の印象が強く(^^;)、かなりロスした感じ。

 2月…だっけか、その頃走ったときには特に感じず、昨年同時期に走ったときには同じく悩まされているので、時期的なつきものなのかなぁ…と若干あきらめ気味。

 海風…。海面温度は日に照らされてもそう急激に上昇しなくても、地表の方は簡単に暖められ、その気温差から風が吹く…と考えると、暑い季節の方が吹きやすい印象がある。ただ、だったら夏はばしばし風吹きまくっているか…というとそういう印象無いし…(沿岸に暖流がやってきて、温度差が縮まるのか?)、冬の方が風が吹く…って印象もあるしなぁ…。

 まぁともかく、ツラかった(^^;)。1年前よりは楽だったけれど。…慣れたか?それとも意外と流線型のヘルメットが風を軽くいなしてくれたか?なんかあおられる感が無かったんだよね。そういう意味でもヘルメットは効能あるのかしら?

 …とか言いつつ、総走行時間が長いので、時折ヘルメット外したまま走ったりとかもしていたのだが…(^^;)車の通りが少ないところとか。

 あ、で、埜庵。勿論閉店時間前にたどり着きましたけれど、そんなんでやっぱ時間食われちゃって、余裕ある到着にならなかったのがくやしい(^^;)。

 で、走ってきたコースを主人に言ったら、相変わらずあきれられましたが(^^;)自転車をやっている他のお客さんにも。

 ちなみに、今回は埜庵に事前の電話をしていなかったので、通常メニューを注文。それでも憩いのひとときになるのがいいね。

 ちょっと他のお客さんとお話しさせていただいて、気がつけばちと日が沈み始めている頃。風も大敵だけれど、暗闇も自転車にとって大敵なので、早々に帰ることに。

 しかし日が落ちると体感温度もぐっと下がる、まだ難しい季節。幸いにも上着やら、厚手グローブを用意していたので、それに着替えて走行開始。境川沿いを走行していると…追い風が楽(^^;)。しかしあっという間に日も沈んで慎重な走行を心がけたつもり。

 で、町田に到着…となると、やはりモコモコで燃料補給しないとね(^^;)。…っていうか、個人的にはチャイでリラックスするのがもう習慣になっていますが(^^;)。ちなみにこちらでも顔を覚えられたようで、ちとまた自転車談義に…(^^;)。

 んで、こちらを夜9時出たところでがしがし走行。10時くらいに家に到着しましたとさ。

 結局総走行距離は180km程度。観音崎付近を通ったせいで10kmくらい距離が伸びましたね。ただ、以前のコースだと上り坂がキツかったのですが、観音崎コースは距離が伸びても勾配があまり無いので、走行がキツいといったことにはあまりなりませんでしたね。

 無論、代わりに風がキツいときにはキツいのですが…。

 ともあれ、翌日もあまり脚もあまり痛くならず(帰ってから風呂に入りつつ鬼のようにもみ下したからなんですけれど…、ちっとふくらはぎが張ってますが)、それなりに走行も楽しめたかなー…と思います。


追伸:
 どーもモコモコの主人は、Nebulaさんも三浦半島一周したと誤解していたようです。

 …A-Bikeで(^^;)。

 いくらなんでもそれはなんなので、訂正しておきました(^^;)。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »