2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 物欲ネタ | トップページ | 輪行をしないワケ »

2007/03/06

東京の憂い

 東京に住んでいて、残念なことがある。地方局の番組が見られないことだ。

 主要なテレビ番組は東京や大阪、名古屋などのキー局で作成され、地方に順次配信される。ただ、地方においてローカルな情報提供の必要性で、ローカルな番組が作成されることがあり、基本は情報番組が主であるけれど、ドラマやバラエティなども作られることがある。

 何の話題かといえば、デジタル放送に向かうにつれ、アナログだと隣の県や離れた場所でもなんとかUHF局が見られたものの、デジタル放送だと…仕組みはようわからんが、見られなくなる可能性がある…らしい。

 なんとはなしに、電波がキャッチできればいいんじゃないの…とか思ってしまうが、考えてみればうちのテレビはケーブルテレビ経由だし、…どうなんだろう?

 そもそも、チャンネルは地方ごとに割り当てられていて、本来その地方でしか見られないようなきまりになっているらしい。どうも、キー局が地方でも見られたら、配信番組がバッティングする地方局の視聴が少なくなり、廃れてしまう…というのを防ぐのが主たる目的らしい。

 しかしそれがそれほど重要なことだろうか?もちろんバッティングしていると無駄になる気はする。しかしだからといって地方局はオリジナルコンテンツを作ればいいだけの話であって、それは昔よりも簡単になっているはず。

 ようするに機材そのものがデジタル化のあおりで高品質化、低価格化、コンパクト化しており(一部では画質劣化と捉えられているかもしれないが(^^;))、少人数などで番組を作成することも可能。

 あとは内容…ということになるのだが、あえてキー局が作成するような豪勢な予算のかけ方をあえてせず、予算の少なさをアイディアでカバーし、あるいは逆にその予算の少なさをアピールしたり、地方色を前面に出したり、金をかけずに番組を作成する方法はいくらかあるわけで。

 実際それで全国に通用する水曜どうでしょうやsakusakuといったものも出てきているし。もっとも、そういう人気番組の他方局への配信はまだ地方局→別の地方局といったルートのみしかないようだが、過去には水曜どうでしょうを東京キー局が買った…という経緯もあるので、不可能ではないはず。

 もっとも、不定期、ド深夜というさんざんな扱いに、どうもキー局の変なプライドが働いたかなんかしたらしいが。

 あとはCMとか。ローカルCMだと他地域の住民には効果のない広告になり、意味が無いんじゃないか…とか思われるかもしれないが、隣の県くらいならそちらに行くこともあるし、こちらも気がつけば神奈川のショッピングモールやトンカツ屋、ジャガーの販売店まで詳しくなっていたりして(^^;)、いざ行ったときに困らないということもある。

 なによりこれからデジタル化に進むというのであれば、CMとデータ放送を連動させて、通販の申込なども行えるようにすれば、地域の食べ物ならむしろ他地域へのアピールが効果的だし、逆に他地域への放送にメリットが出てくるんじゃないの?


 なんとはなしに漠然とした地方局のあるべき姿をイメージして羅列してみたけれど、別段、放送法で区切られた地域に配分する…という発想自体がもう陳腐化しているのではないかと思ったり…というか、この手の話を記事などでみかけるにつれ、書いている人は「水曜どうでしょうとかsakusakuとか知らないのか?地方局がキー局より秀逸なコンテンツを作る才能や素地もあるんだぞ」ということをわかってないのではないか…と思う記述もあったり。

 まぁそういう周知性の無さが地方局の最大のウィークポイント…ってわけなんだけれど、じゃぁなんで水曜どうでしょうは全国的に流行るのか…といえば、ネットのクチコミがきっかけだったわけだし、そうなるとやはり時代は地方局にも風は吹いているわけで…。


 …だから、というわけでもないのだが、

独立U局6局がネット設立 番組を共同制作へ

 …というニュースを発見。キー局に頼らない、地方局独自のコンテンツ作成を…という観点では賛成なのだが、どーも資金面で対抗しよう…という意図が見えなくもない。

 別に少しはそういうのもあってもいいかもな…と思うけれど、なにも同じ土俵にあがらなくても…とも思う。

 キー局にしたって、金をかけたから面白いコンテンツになる…というわけではないんだし。


#…言いたいことがうまく書けてないなぁ…。うーん…。

« 物欲ネタ | トップページ | 輪行をしないワケ »

コメント

そんな贅沢な by 広島市民。^^;;;


ってゆーか、TVKとか東京MXが映りませんか?
以前住んでた渋谷区某所では、映像は汚いもののTVKが映りましたよー
(アナログしか確認してませんが。^^;

たまに潜伏してる世田谷区某所では東京MXの
デジタル放送が入ります。デジタルだけあって映像はクリア。

以前は、テレビ東京を見るためだけでも関東に住む価値は
あると思ってましたが、いまはU局のがガンバってる感じですね。
広島ホームテレビも、ハルヒやってたし。^^;

あとは、広島でも今はBSデジタルがあるのでそんなに
首都圏との格差は感じません。WBSも見れるし。
ビックカメラのCM(都内と同じヤツ)やってるし。^^;

あ。タモリ倶楽部の供給が不安定なのが唯一の不満かも。(--;;;
もっとガンバってくれ。>広島ホーム

ん~…、そういうことではないんですよ。やっぱうまく書けなかったか。

要するに、せっかくデジタル化の勢いで機材が手軽になったり、一地域あたりのチャンネルが増えるのに、法的問題で地方局はどんどこエリアを狭められてないか~?ということ。

俺の見られるエリアなんかどうでも…いや、良くないが(^^;)。

…っていうか、ちみ、アニメに限定した話っすか?(^^;)


あー、あとついでに、地方局には地方局なりの「やり方」がある…と藤村Dもおっしゃられていたので、在京キー局に対抗…とかばかり考えずに、地域に根ざしたコンテンツ作りとかも忘れないで欲しいな…ということもあります。

そういうのを目撃したりすると、すげぇうらやましいわけですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/14157344

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の憂い:

« 物欲ネタ | トップページ | 輪行をしないワケ »