2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

携帯その後

 その後でも何でもないのだが、一応911Tにしようかな…と考えている。単に同じキャリアの方が面倒なさそう…ってだけのことなんだけれど(^^;)。

 料金プランがまだちょっと悩んでいて、どうしたもんかなぁ…と考えている次第。

 ただ、「年間割引」…だっけか?あれの更新月がたまたまもうすぐでもあり、比較的安価にMNPを利用できるチャンス月間も近づいている…となると、他キャリアも気になっちゃったり(^^;)。

 とはいえ、なにげにO ROKRも欲しいしなぁ…(^^;)うーむ。


 悩んでいる割にはてんで一歩を踏み出さない身だがが、携帯を使って何をやりたいか…ってのは一応決まっている。

 「検索」

 旅先などで、時刻表やら天気予報やら確認したい時、携帯をささっと出して、ぱぱっと表示させたい…ってのがある。SH53やら[es]でもできるとは思うのだが、どーもなんか…おぼつかない(^^;)慣れないというか…。

 ただ、店頭で911Tとか触ると、さくっとYahooページが出て、さくっと時刻表までたどり着いた気がする。なんか色々さくっと調べられそうで面白そう。

 他にも、GPS機能…というか、サービスがauと比べてどうなのよ…と思っていたが、NAVITIMEがつくなら、まぁなんとかなるのではないかと。

 まぁぐだぐだ悩んでないで、ちゃっちゃか決めちゃった方がすっきりとすると思うのだが。大体今でも、旅先で検索を人任せにしちゃっているからなぁ…。

2007/03/28

ワンオフ本

07032801 そんなわけで、以前MyBookに注文していた、オーダーメイドの写真集ができあがって、届いた。ほぼスケジュール通り。1日早かったくらいか?

 配達伝票を見て気がついたのだが、MyBookの本拠地って広島にあんのね。東京にいる身だと、配達で時間を食われているような気も(^^;)。

 まぁともあれ、受け取った第一印象は…小さい(^^;)。予算とのせめぎ合いでこちらが180mm四方のサイズを注文したのは確かだし、定規を持てばそのサイズも実感できたはずだが、ホームページを確認すると小さいモデルさんが持っているせいか、定規の実感よりも大きく感じられ、そちらの印象が強く残るので、なんとも…(^^;)。

 しかし、当たり前だがクレームは付けられない(^^;)。

 とはいえ、不満はサイズくらいで、装丁はかなりしっかりしている。このまま本屋に置かれてもなんら不自然じゃない感じ。外見も中見(?)もいい。これはお金出して作った甲斐があったなぁ…という感じ。

 さて、肝心の解像度等はどうだろうか?悪くはないが…一つ欠点を見つけてしまった。

 1冊からの注文も受け付けると言うことで、プリンター製本とばかり思っていた。カラーコピー機のようなプリント方法で、インクをべた塗りしていると踏んでいたが、意外や意外、網点印刷だった。これもある意味高級感を醸し出すのに一役買っている。書店に並んでいる雑誌とかと変わらないからなぁ…。

 しかし、結果、271dpiというスペックに十分対応したデータを用意したつもりだったのだが、「線数」ということも気にしなければならなかったことに後から気がついた。…うーむ、盲点だった(^^;)。具体的な線数などはわからないが、ドット集合体のLCDで編集したときの印象より微妙なディティールが十分再現し切れていない感じになってしまった。

 1000万画素データを原寸で配置している場合、細部のディティールはしっかり残っているのだが、縮小したデータだと、細部のディティールがつぶれてしまう…。うーん。

 ただ、かなりシビアな見方の場合で、こちとら今回はM8の写りを確認する写真を見せたいんだ…というコンセプトなので、そういう評価になってしまうが、逆に網点であると、多少解像度の低いデジカメ画像を拡大しても、ジャギが目立ちにくい…というメリットにもつながる。

 そういう意味ではあまりソースがよろしくない旅先の写真を並べまくる輪行写真集を作るなら、今回のサイズでも十分な気がする。

 ただ、もう一度M8写真で写真集を…というのなら、本のサイズをでかくして、網点を相対的に小さくする対応をせざるをえない。勿論その分価格が高くなるので、1冊1万円くらいは覚悟しないとならないだろうが。


 …とかなんとか書いてしまったが、トータルとしてはものすごく気に入っている。やはり自分の撮った写真がそれなりに形になって、持ちやすく、見やすくなっていて、合成だとかなりご満悦(^^;)。

 カバーケースも用意されていて、持ち運びもしやすいので、あちこちに持ってみせびらかすかもなぁ(^^;)。

 さてこうなると、もっとばしばし作りたくなるなぁ(^^;)。まずは一番最初の企画だった、輪行写真集だな。以前作ったときから宮古島のソースも増えている分、写真にはことかかないし、夏コミ前には完成させて、ブースでYour eyes only.で公開しようかな。

 何か企画を立てて、一冊作ってみる…というのも面白いかもしれない。具体的に思いつかないが…。

 あと、せっかくコスプレ写真とか撮っているなら、それをまとめるのも手だな。イベントでの撮影ソースはどうかと思うけれど、企画で特定の人を重点的に撮っている写真もあるので、それを装丁するのも手だね。

 そういう企画をアクティブに行っていたのは数年前…ということもあって、RAWもなければ解像度も低い、色深度も浅いと悪条件のソースばかりだけれど、デジタル技術と網点でどうにかなるかも(^^;)ぉぃ。

 まぁそれ以前にモデルさんとしては数年前の写真を今更装丁されるのはどうなんでしょうね?(^^;)


 ちなみに、先の解像度の問題により、R-D1(で撮影した)写真集の作成はキャンセルとします(^^;)。…あー、でも600万画素だと、逆に有利か?


 あと、MyBookばかりにべったり…というのもなんだから、他にも同様サービスがないか探してみようかな。

2007/03/27

M8日記っつーか…

 こと、ネタにはことかかないM8。今度はIRブロッキングフィルターを入手してみた。

 いや、本来はライカから無償提供のそれを待つべきところなのだが、これがなかなか来ない。いつまで待っても来ない。まぁそこらへんは慣れたのだが、後述する理由により、そろそろ無いと困る。

 …ので、別メーカーのそれを、無償提供とは別の口径のものを入手して、使ってみることにした。ただ、IRブロッキングフィルターというのはなかなか市場に存在せず、唯一簡単に手にはいるのがB+W製で、「簡単」といっても「比較的」の話であって、大抵取り寄せになってしまい、なかなかすんなりと手にはいるしろものではない。

 しかし、たまたま寄った新宿のヨドバシのカメラ専門店舗に行くと、ずらりとB+W製のそれが並んでおり、比較的小径のものもあった。

 とはいえ、そもそもL・Mマウントに多い小径のものは40.5mmからのラインナップで、それは取り寄せ。…っていうか、もちっと小さいのも欲しいのだが…。

 まぁそれはそれとして、43mmは在庫があったような気がするが、ライカの方に注文しているので、持っていても仕方ない。で、52mmとなると…唯一ノクトン50mmF1.5が合致し、ライカにも注文してない(というか、ラインナップにない)ので、それを購入してみた。

 しかし1万円…って。まぁあとは40.5mmを手に入れれば、ライカ無償提供のものを合わせてほぼ手持ちのレンズすべてカバー…とはいっても、結構な出費だのう…。うーむ…。

 で、実際に撮ってきましたが、あまり改善の効果はよくわかりません(^^;)ぉぃ。いや、曇天で、あまり赤被りに理想的な(?)環境でなかったのと、自転車移動でありながら途中で雨に降られたりと、さんざんな内容で、とても比較写真云々言っていられない…というか、撮影を始めると撮影自体が楽しくて、フィルターあるなしの比較写真を撮ること自体を忘れてしまったというていたらく(^^;)。

 まぁ、撮っている間は楽しかったから、いいか~(^^;)ぉぃぉぃ。


 で、もうちょっと深い話となると、RAW現像派としては、カラープロファイルを赤被り対策用の、ライカフォーラムで公開されていたものを使用していたわけですが、これをM8のデフォルトファイルにする必要があるわけで、それで見てみると、緑関係がいい感じに鮮やかに発色しているのが見受けられます。うん、これはいいね。

 まぁ、今までの彩度が抑えめなのも、ライカっぽい…と自分に言い聞かせてきているので、それはそれで魅力的(^^;)。

 ただ、これから新緑の季節を迎えることを考えれば、IRブロッキングフィルターの重要性は増してくると考えられ、やはりなおさらとっととライカもフィルター配付を行っていただきたいところです。


 しかし、IRブロッキングフィルターにも難点があって、レンズ前にフィルターを装着する以上、フリンジという問題が発生するようです。

 これはフィルターを斜め方向から眺めてその向こうの白いものを見るとわかりやすいようですが、入射光が斜めだと、フィルターの効果により光線が緑っぽくなるようなんです。

 標準域のレンズなら問題ないそうですが、35mmとか28mmの広角となると、広い範囲の光を広う関係から、斜めの光も多く、フリンジが発生するらしいのです。赤外線を抑えるあまり、画面周辺の光がおかしくなる…というのもどうか…という気は確かにしますねぇ…。

 しかし、そこはさすがのライカ。ファームウェアによってレンズを判別し、補正するようにするようです。…6bitコードのあるレンズに限って。

 …え?

 すると、今持っているカラースコパー21mm、アベノン28mm、ジュピター12(28mm)、ウルトロン35mmは?(あと40mmもあるけれど…そこらへんはどうだろう?)

 うーん…、まぁどれもR-D1専用にして、個人的にはズミルックス35mmなんか惹かれるところなので、エルマリート28mm、ズミルックス35mmで広角域はカバー、ズミクロン50mmとエルマー90mmで標準から望遠域を…って手もあるんやね(^^;)。

 しかしズミルックス35mm…って。結構するぞ、中古でも(^^;)。

 うーん、フィルター無し撮影も強いられるかー…っていうか、そもそもフィルター自体、まだ無いのだが。

 そもそもファームウェアの公開も遅れているし、フィルターの発送もそれと同時と考えているのか?しかしズミクロン50mmだとフリンジ関係無いと言うし、それに合うフィルター(39mm、ライカ無償提供)もとっとと欲しいところなんだけれどな。

 ノクトン50mmF1.5もいいんだけれど、鏡胴デカいので、散歩撮影にはズミクロン50mm沈胴の方が楽ちんでいいのだが…。

2007/03/26

鎌倉降雨コールド

07032601

 こないだの週末はまたぶらりと鵠沼海岸あたりに行ってきた。

 無論かき氷目当てだが、ついでにカメラの試写も兼ねるつもりだったし、なにより、本業のストレス発散も兼ねる予定だった。思いっきり自転車を漕いでやろうと。

 ただ、なにがうかつだったのかわからないのだが、普段だったら欠かさない天気予報のチェックをまったく行っていなかった。週間天気予報と予想天気図を照らし合わせ、独自に降雨予測等々行って、天気予報とは別に「行こう」「やっぱ雨がヤバそう」とかいった段取りに欠かせない行為なのだが、なぜかこの週末に関しては全く行っていなかった。

 …疲れてたか?(^^;)

 なにせ、天気に関して思いついたのは、出かける10分前くらい。ああ、そういえば天気はどうだっけ?…とやっと気がついてウェザーニュースを見たところ、「曇りのち雨」予報。

 …げっ!?BSMで完走しようとしていましたけれどっ!?

 あわててブロンプトンによる輪行に予定を切り替えるわし。うーん、本当にどうかしていたな…。予報を見る限りでは日曜にした方が良かったかも。

 ただ、結果からすれば、日曜はもっと長い時間雨が降って、より輪行にも向かなかったわけだけれど…。


 ともあれ、本当に雨が降るのかしら?…といういい陽気の中、登戸まで自転車で移動。小田急で藤沢まで電車移動し、藤沢からは自転車で埜庵に。

07032602 埜庵ではカレーうどんを所望。スープがなかなか独特で、ただのカレー味に終始しない奥深さが面白い。ネギの新鮮な辛みなども合わさり、埜庵オリジナルの味覚を醸し出している。

 DFR.さんはチャーシュー丼だったけれど、そちらも美味そうだったなぁ(^^;)今度はそちらを頼んでみるか。

07032603
 一番の目的の「さくら氷」もなかなかのヒット。いかにも「さくら」!…という味の存在感が、なかなかに面白し!季節的に非常にマッチした味覚で、かなり楽しめました。

 あとは埜庵のご主人と色々ダベったりしましたけれど、色々面白いお話も聞けたり、新しいお店も教わったりして、いい情報交換になりました。


 そして別の目的だった試写も。実は赤外線フィルターを装備していないM8用にとりあえず1枚だけそれを入手したので、それの試写を行うつもりだったのだけれど、曇天であまり日光(赤外線含む)が降り注がず、あまりいい試写にならなかったのが残念。

 まぁ、それでも明らかに以前と違う発色だぞぅ…という写真もちらほら撮れたので、それはまたアルバムの方でご確認を…。新作はこちらから先。

07032604 今回はブロンプトンということもあって、果敢に坂道なども攻め、本当に気ままなぶらぶら旅で、いくつかスポットを見つけたりしたんだけれど、途中で降雨コールドゲーム。

 いや、ウェザーニュースで「いずれ雨が降る」とは知ってはいたんだけれど、東京では午後にちろっと降って、夜から本格的に、湘南あたりでは夜から本格的に…と、降雨のズレがあったので、湘南で楽しむには時間的猶予があるかな…と思っていたら、見事に15時あたりから本格的な降りに…。

 やむなく、サイクリングを切り上げ、江ノ電輪行で帰宅の途につきましたとさ。うーん、埜庵のご主人にご紹介いただいた「あそこ」を確認すら出来なかったのは悔しい…。

 しかしそれ以上に悔しかったのは、帰路、藤沢過ぎてしばらくすると、「降った跡すら無い」状況で…。悔しかったな(^^;)。先の地方毎の予報がまるっきり入れ替わっている…というか…。とほほ…。


 まぁ、あとは以前に書いた絵日記の通り、新百合ヶ丘を出発したらいきなり「次は下北沢」と言われて、「え?登戸は?」というローカルネタに突入したり(^^;)、下北沢ではエスカレータもエレベータも無く、Uターンするのにえらく苦労したり(下北沢から走って帰るのも考えたけれど、今日は知ったところしか行く予定でなかったため、地図を持っておらず、下北沢が日本のどこかを知らないため、その勇気は出なかった)、帰りは帰りで変な地名が終着駅で、また変なところ連れて行かれるんじゃないかと不安におののいたり、君、何日風呂入ってないの?…って人のすぐ近くに居ざるをえない(自転車という大荷物を持っている以上、空いているところに行かざるを得ず、ある種の「バリヤ」を張っているそこら辺に行かざるを得ない…)等々、かなり不愉快な目に(^^;)。

 多忙の鬱憤を晴らすどころではなく、翌日、寝込んでしまったり…(^^;)とほー(回復しましたけれど)。


 …とはいえ、輪行本2のネームを切っている身としては、かなりネタ収集にはつながったので、まぁこれはこれで貴重な経験かなぁ…と前向きに考えることにします(^^;)。

 しかし、いつか湘南ぶらぶら旅のリベンジを!

2007/03/25

なぜか今頃テツトモ

 なんでだろ~、なんでだろ~、

07032501

 なんでだろ~、なんでだろ~、

07032502

 なんでだろ~、なんでだろ~、

07032503

 なんでだろ~、なんでだろ~、

07032504

2007/03/22

ちょこっとお知らせ

 現在当blogは更新がちと延滞気味です。本業が忙しいのと、ちと他にちろちろとやっていることがありまして…。

 まぁ、外向けの話ではないので、特に書く予定も無いですが…。いや、あるかな?

 ともあれ、元のペースに戻るまで、もうしばらくお待ちを。ちなみに週末はしっかり休めてますので、今週末も走りに行きますけれどね(^^;)…っていうか、食いに…。

2007/03/20

M8日記

 …というわけでもないのだが、某所で、流通に乗り始めた、しかしその数がまだほとんど無い新トリエルマーを拝見させていただく機会があり、ついつい撮らせていただいた。

07032001

 正直言えば、その新トリエルマーは広角域をカバーするため、内蔵ファインダーのブライトフレームではおっつかず、外付けファインダーが必要になるわけだがmその外付けファインダーが妙に大型で、取り付けると異様なスタイルになるのだが、今回はそこが面白い。

 …っつーか、シャッタースピードダイヤルが一部覆われて、今いくつか…ってのがわからなくなるんでねぇ?(^^;)

 それにしても某銀座店の店員の言葉を借りるなら、これを構えていると「測量しているよう」という様になるらしい。

 コンパクトさが信条のMシステムのハズなのだが、しかしこうしてシルエットからがらりと変えられるのもまたMシステムの面白さであり、レンズの性能だけではなく、今日はこのスタイリングで…と構成を決めてからレンズが決まってくる…という本末転倒的なレンズチョイスであっても、それはそれで面白いということになるわけですな。

 個人的にはこういうスタイルもアリかと。…しかしこれで「超広角」っていうんだからどーも…(^^;)。

07032002 面白い点はもう一つ。鏡胴の前玉の周りが妙に目立つ色になっているけれど、これが警告色だったりする。

 写真の状態はフードを外した状態なのだが、それをつけろ、というわけ。でないと、絞りの指標がそちらにくっついているから、今絞りがいくつかわかりにくいことになってしまうらしい(^^;)。

 また、魚眼レンズっぽく、前玉が前にせりだしているので、フィルターを付ける際にはフードを外し、フィルターアダプターを介して取り付けることになる。…フードとは排他とか(^^;)。

 なかなか面白いコンセプトのカメラで、なかなかわくわくさせてくれる(^^;)。勿論、目玉が飛び出るほどの値段で、そもそもレンズとファインダー込みだとM8本体より高くなるんじゃなかったっけ?同等くらいだっけ?とても手が出せない。

 そもそも今、おいらは標準域がマイブームだし。

 ただ、広角域にまた戻ることがあるようなら、高価だけれどひょうきんな(^^;)、このレンズとファインダーは視野に入れておきたいと思う。勿論、超低金利ローン前提だけれど(^^;)一部爆。

2007/03/19

写真更新のお知らせ

 そうそう、3月の写真アルバムを更新してますので、興味のある方はご覧あれ…つっても、また築地なんだけれど(^^;)。でも、ちょっと変わったレンズも使ってますので、ちっと視点が違うかもね。

 ちなみに新規写真はここから先。

今後の予定

 どんどん桜の開花宣言が先延ばしされている東京地方だけれど、なんとかその季節で花見をしようか…と話を進めようと思っています>旧みるきぃ組。

 ただ、TMXくんが上京するのが4月中旬になるというので、それを待っているといくら開花が遅れている(…といっても例年よりは早くなる予定)東京でも、葉桜になってしまって風流もへったくれもねぇ…という話なので、それと別の鎌倉旅行を企画しています。

 くわしくは新みみネットからたどれる別のBBSで話を進めますので、ご確認ください。あ、あくまで旧みるきぃ組のことね。アドレスがわからん人(旧みみネットはプロバイダのサービス中止により閉鎖されています)は連絡をくれ…って、前にここにアドレス挙がった気がするが…。


 ただ、今のところ、4月1日の予定。開花宣言が遅れていることもあり、予定がなかなか立たなかったんだけれど、おかげで24日はなぜか空いてしまったので、そういえば埜庵の前回の限定氷を食い損ねているし、4月1日までにまた一つくらい幻の氷になってしまいそうなメニューになりそうなので、行っておこうかな…と思ってます。

 …なにかっていうと最近、あちらばかりだな(^^;)。

 えーっと…どうする?>自転車組(^^;)

 今度は鎌倉まで行かず、行っても極楽寺あたりまで…とフィールドを限定して、撮影旅行…といそしんでみたい。…まぁ、花見ん時に鎌倉はばしばし撮りまくるから…ってことなんだけれど(^^;)。

 あえて江ノ島~湘南あたりで観光ぶらぶら旅…って感じで…。昼飯はあえて埜庵でランチ…とか(^^;)ちょっと江ノ島の食堂にビビり気味ぉぃ。

拝御の落ちぶれよう(わかる人にはわかる)

 スーパーで「沖縄さんぴん茶」を買ったつもりが、「沖縄うこん茶」を購入してしまい、気づかずに口に含んだときのうろたえよう…。

2007/03/18

2007年の記録

 とりたててこのblogで取り上げることでもないと思うんだけれど、将来、自分のページで検索するかもしれないので一応記事にしておこう。

東京で初雪 観測史上、最も遅く

 2007年の冬は暖冬で、都心でてんで雪が降らず、「初の雪のない冬か?」と騒がれたが、3月16日に都心で5分間ではあるが、降雪が確認されたらしい。

 ただ、府中や国分寺近辺では特に…。自転車通勤途中、寒い上に、鼻っ柱になにか冷たいものがあたった気はしたが…。

 気象庁によれば、気象観測上の「冬」に3月は含まれないそうで、記録的に「冬に雪が降った」ことになるのかどうかはあやしいところだけれど、雪のない東京…ってのは免れたらしい。


 しかし、「都心」にこだわらないのであれば、おいら自身、1月20日に町田で降雪を確認している。あまり「雪のない冬」という印象は、そのときの記憶が強くて、イメージになかったんだけれど、ニュースでしきりに騒がれて、えらく不自然だった。

 積もりこそしなかったが、結構な量が降って、自転車で走るのに苦労した記憶もあるしね。数時間後には雨に変わっちゃったけれど。

2007/03/17

ザクティの不満と暫定策

H.264対応の“2.0”Xacti、発進

 昨今、静止画ばかりにかまけていたからか、映像系の話題がとんとわからない身になってしまったうかつな私。

 しかし元々ユーザーでもあるので、「Xacti」という単語のつくニュースには聞き耳を立ててしまう。うーん、しかし今回のはどうだ。

 実を言うと、「H.264」というのがよくわからない…のだが、圧縮コーデックの一つとして捉えていいのよね?(^^;)編集機材のスペックは高くないといけないのかしらん?

 圧縮率向上により、メモリカードあたりの収録時間が増えたところがウリっぽいが、バッテリーが変わらないところがいつも思うのだが、ヌけている。


 新ザクティ発表の度にオプションなどの発表に注目しているのだが、毎度なんとかならんものか…と思ってしまう。

 こうなると自力でどうにかしたい…ということになるのだが、過去にザクティのC4のワイコンを作った記憶はあるが(ヤワな上に、取り回しが面倒なので、とっととやめてしまったが(^^;))、バッテリーはそういえばない。

 C4の尻にあるコネクタはクレードルとつながるための特殊な端子なので、そこらへんにあるモバイルバッテリーとかをおいそれとは使えない。

07031701 ただ、思い出してみれば、クレードルを使用しないで電源供給するための接続アダプターがあったはずだ!そうだ、ちょっと筐体がそれでデカくなってしまうけれど、規格さえ合えば、そちらで電源供給してしまえばいいんじゃないの?

07031702 …と思うわけだが、確認してみると、そちらの電源端子も独自仕様。…どないせーっちゅーねん。

 ジャンクパーツから端子を取り出して自作する…って手もあるけれど、ケーブル自作には過去何度か痛い目に遭っているので(謎(^^;))、極力避けたい。

 新しい方のザクティ(CG6等)では、直接USB接続が出来、USB充電も可能というので若干希望も持てたのだが、USB充電中は撮影が出来ないらしく、どうも自ら首を絞めているんじゃねーか>三洋。昨今の経営苦しいのは、その体質からじゃねーか?…と思いたくもなるこの所行。うーん。

 そんなわけで、今のところハイビジョン撮影非対応ザクティでは、なかなか外部バッテリーのユーザー調達がままならない状況らしい(CA6はオプションを使うと可能との噂も…)。


 ただ、ハイビジョン撮影の方はどうだ?…と。調べてみると、HD1も接続アダプターが附属し、これがなーんか、普通の「口」っぽく見えるのは気のせいだろうか?

 HD2は確実に普通の形状でしょ?こちらの右上とか。あとは電圧等の規格さえ合えばなんとかなるんじゃない?

 当然有線になって取り回しが面倒になるけれど、バッテリー交換などに比べればよっぽどマシ。その有線をどのように邪魔にならないよう配置するか苦心するくらいは、楽しみとして昇華できそうだし。

 新モデルがそのようになっていてくれればいいのだが、ダメなら…HD1の中古などで安く買って、SD映像のみ撮影…ってのでもいいか(^^;)。

2007/03/16

何かの確認

 えーっと…、

バッファロー、2万円の16GB USBメモリ

 16GBが2万円?するってーと、32GBだったら4万円ということか。

 で、

SanDisk、2.5インチサイズの32GBシリコンディスク

 こちらは350ドル?1ドル120円としても…4万2千円か。

 おお、結構同等?まぁ、色々経費とかの話もあるだろうし、後者を単体で秋葉原で手に入れようとして、それくらいでうまくいくかどうかわからんけれど。

 大体、手に入らないってこともあるし。

 まぁ、計算の上で大体合致しているから、満足満足(^^;)なにがよ?。

2007/03/15

新聞の投稿欄風

全日空機・胴体着陸:ボンバル機前脚ドア、ボルト脱落で開かず--事故調調査で判明

 金属盗難がここにも…。


#死傷者いなかったから、平和にこう…ネタにさせていただけるなぁ…(^^;)ありがたいなぁ…。

またblog

 こっそり写真集をつくってやがるな…と思われる方もいらっしゃったかもしれないが、実は新しいblogも立ち上げている。…とはいえ、まだ準備段階なのであまりおおっぴらに宣伝できないけれど、まぁちろっと紹介しておこうかなぁ…と。

気ままに、レンジファインダー

 blogとはいっても、その機能を活かした「日記」ではなく、記事にしてなかった情報や分散しているデータをまとめ、データベース的に構築しているだけのページなので、日々見てもらいたい…ってシロモノではない。

 ただ、カテゴリ別に閲覧できたり、それなりに「blog」というシステムを利用する意味合いはある…んじゃないかなぁ…と思われる今日この頃(^^;)。


 そうそう更新するものでもなし、だったらこのblog上でカテゴリ分ければいいじゃん…とか思われるかもしれないけれど、カテゴリもただでさえもうすでに多いのに、記事自体が膨大なので(もうすぐ2,000の大台に…)、分けた方が管理も便利。

 そういうわけで、M8やR-D1を使用したり、興味のある方はそちらもご参照くださいませ。まぁ、あまり実になる話が多いとは思えないけれど(^^;)。


 しかし考えてみれば、今回新しいblogを立ち上げるまでもなく、最近手つかずのblogがいくつか残っているんだから、そちらを再利用すればいいのに…という気持ちもある。

 まぁ、「気ままにRF」はジャストblogを使ってみたかった…というのもあるんだけれど、それにしても申し込んだだけで、多少構築してそれっきり…というblogがいくつか。

 …なので、…そうだなー、はてなのblogに関しては、リニューアルして岩鞍・飯能ラインの紹介blogみたいな感じにしたいな。

 ショップリストとか。

 ちっとは役立つblogに仕上げないとね(^^;)。

大事なイベントの予定が狂う…

 静岡の桜はまだ咲いていない。

 記録的な暖冬により、桜の開花もかなり早いのではないか…と予想された桜開花予想。特に静岡などはなぜか日本最速で開花すると予想され、暖冬傾向の象徴とも表されることに。

 しかし、その予報が出された後に、急に日本を襲う寒気団。

 暖冬はエルニーニョの影響によるものという説があり、そのエルニーニョが2月におさまった故、3月に急に冬が戻ってきた…ということらしい。まぁその仕組みは本当にそうなのかはわからないけれど。

 しかし寒の戻りが実際あったのは確かで、桜の成長がぴたりと止まり、残念ながら静岡の開花予想は外れたわけだ。

 ま、自然が相手だから仕方あるまい…といったところ。

 ところが、


気象庁の桜開花、データ入力ミスで予想狂う

 おいおい。

 「予想が外れる」というのは自然が相手だから仕方ないけれど、「予想の下地になるデータが間違っていた」というのは、人間だから間違いがあるとはいっても、記録的「ズレ」のある予報を「間違いないかな?」とチェックすることもできなかった…というのはどーよ。

 おかげで、花見の時期を予想して組み立てた予定が、ちっと狂いそう。

 …いや、ちょうど良いかも?(^^;)

2007/03/14

テレビ局のスキャンダルを大目に見る方法

「理想的だ」と胴体着陸を評価 現職パイロットら

 ぜひどこかのテレビ局に、森山周一郎さんに「いい腕してるぜ…」とか言わせていただきたい(^^;)元ネタは当然…。

 フジがやったら、「あるある」問題はもう勘弁しますからぉぃ。

 他局も同様です(^^;)ぉぃぉぃ。

写真集作成中

 本業忙しくてなかなか創作活動にいそしめない…とは書いてはいるが(書いたっけ?(^^;))、その裏でこっそり写真集を作成している。

 写真集…つっても、M8でいろんなレンズで撮った写真を掲載するだけだけれど、以前に書いた記事での写真集作成が気になって気になって、とりあえず出来を確認する意味でも、一度作成してみよう…ということでやりはじめた次第。

 元々M8などで撮った写真をプリントして人に見せるときに使いたい…という用途もあったし、だったら「本」という形の方が楽かな、面白いかな…と思った次第。ダメならダメで別の方法(単純な写真プリント)もあるし、良ければそれで別のコンセプトの写真集(輪行とか)を作ってもいいし。良い見本だ。

 その見本に5,000円ほどかかることになる180S・30Pというのもなんだが(^^;)。

 確か180mm四方の正方形フォーマットじゃなかったかな?いまいちサイズの実感がわかない。ただ、解像度としては業者の受付規定が271dpiくらいの固定で、M8の1千万画素だと比較的収まりが良い。いや、ちゃんと写真の全体をページに載せるなら縮小しなければいけないんだけれど、画像データ原寸で載せると見開きをカバーする大きさなので、ちょうど良い大きさだったみたい。

 逆にR-D1の600万画素オンリーな写真集…とすると、この大きさだと不利になる可能性もあるわけだ。


 んで肝心の製作については、写真並べて、はい、おしまい…と簡単に済むかな…と思っていたのだが、思いの外手間取った。大きさの実感がないために、1ページ1枚の写真を据えていたり、複数枚入れ込んだりしているのだが、視覚的にそれで収まりがいいのか、きゅうくつなのか、まったく実感が湧かなくて困る。

 実寸でプリントアウトすればいいのかもしれないが、それも面倒だし(^^;)ぉぃ。

 まぁそれも含めてテスト印刷・製本なんだから…と自分に言い聞かせる昨今。

 しかし作り込みの難しさはそれだけではなく、配置の順序もなかなか頭を悩ませるところ。あまり関連のない物同士を並べてもな…というのもあるし…。別段、関連づけなければならない…ということもあるので、あえてばらばらな被写体を並べて…ってこともしているのだが、ともかく案配が難しい。

 そんな試行錯誤をしながら、なんとか原稿完成に近づいてはいる。今月中に発注・印刷・完成にたどり着けそうな(10日はかかるらしいが)。

 興味のある人は、おいらに会うときにでも「持ってこい」と声をかけてちょーだい。


 ちなみにワンオフものなので、タイトルに凝る必要もないかな…とは思うものの、以下のようなタイトルにした。

07031401

 単に「拝御 礼がM8で撮った写真」ってだけの意味合いで、「M8」だけ大きくしたもの。当然、英語がからっきしダメな身なので、自動翻訳サービスを用いて作った英文なのだが…、これでいいのかしらん?(^^;)誰かおせーて

2007/03/13

Appleの希望

 今のところ、予算がないのですぐには無理な話だけれど、次期マシンを購入するならば、X60Tの高画素タイプが欲しい。

 無論、日本では発売されていないが、米国からの個人輸入、という手を使いたい。某氏が「様子を見てやる」みたいな話をしていたので、場合によっては一緒に頼ってみたい。

 ただ、アメリカでも、AmazonなどでX60Tabletなどで検索してみると、SXGA+モデルがヒットしない。…品薄なんじゃないかしら?

 前にもちらりと書いたけれど、パーツの品薄が要因で日本で発表できない…ということならば、それはそれで仕方ないと思う。

 そういう状況ならば、米国に頼んでも難しいだろうし、供給が安定するまで待って、その間にCor2Duoになった日本のものの方を狙う…って線も悪くはない。すぐには無理だろうけれど、そう先の話でも無い気がする。

 …どれもなんの根拠も無い話なのだが(^^;)。


 まぁそんなわけで、XGAのタブレットPCで我慢している昨今。時折Macなどにもあこがれるわけだが、しかしあちらにはタブレットPCと同等のカテゴリが無いために、とりあえず見るだけ見ておくくらいのことしかしていない。

 ただ、ふと気になる記事を見かけた。

アップルの次なる一手はマルチタッチディスプレイ!?(最新ブログより)

 つまり、X60TのXGAモデルと同等の機能…ってこと?

 とりあえず外付けモニタから始まりそうなムーブメントだけれど、いずれノートにも派生し、あまつさえ筆圧機能まで内蔵されたら…。うーん、惹かれる(^^;)。

 無論、そのシナリオもなんの根拠もないが、そういう機能の実装はMicrosoftよりもよっぽどエレガントっつーか、スマートに行ってくれそうで、絵描き以外にも有用な機能に…なりそうな気がする…って、それもなんの根拠もないのだが(^^;)。


 ま、そんなわけで、何の立脚点も持たないこの記事だけれども、こっそり手持ちのソフトのクロスアップグレードの可否くらいは調べておこうと思う私であった(^^;)なんだそりゃ。

買い物メモ

テレビドラマ版「のだめカンタービレ」のDVD-BOX化が決定
-5月25日発売。6枚組みで23,940円

 おぉう、「買い」決定!

 それにしてもまだ発表にはなっていないけれど、特典内容は何かしらん?

 あまりこの手の物のそういうのを気にしない性格なんだけれど、今回に関してはむっちゃ気になるデス。

 NGカットとか、未使用カットとか、あまつさえ撮り下ろしとか、なんならサブキャラのスピンオフストーリーとかでも入っているといいんだけれどなー。

 いや、できれば玉木様のピンナップでもぉ~(^^;)ぉぃ。

 それにしても、リンク先の宣伝材料の写真、なかなか面白いんですけれど、玉木様が玉木様に見えないんですけれど(^^;)。

2007/03/12

最近音沙汰無いT40pは…

 …とか言いつつ、まずはとりあえずAVCHDがらみのメモ。

松下、SDカード記録の業務用AVCHDカメラ
-SD1ベースで業務向けの色再現。HDDストレージ同梱

 これもまた不二…いや、死蔵記事で申し訳ないけれど、一応備忘録メモ代わり、ということで。


 まぁこの記事自体は別にどうということではないんだけれど、4GBのSDカードにそこそこの時間録画でき、ポータブルHDDストレージと組み合わせ…ということであれば、もう1枚4GBのSDカードとローテーション組めば、まぁバッテリーの限り繰り返し録画し続けられるのかな…と気がついた。

 HD映像の記録においても、長時間録画環境が整いつつあるな…という意味のメモ。


 もっとも、個人的にはまだ日常の録画でHD品質が必要かどうか…と疑問ではあるのだが。そんなに綺麗に写したければ、写真でいーじゃん…という想いがある。縦構図好きだからか?

 まぁ、家族を持って、可愛い我が子を綺麗に記録しておきたい…というニーズはあるだろうから、それはそれで否定はしないが、編集したい身としては、機材のハードルを高くされて迷惑だ…というところ。

 逆に言うと、録画だけして(メディアを移すにしても)それっきり…て何が満足できるのかな…といつも思っているのだが、無編集の映像にそんな愛着が湧く物なのかのう…?


 出力媒体については、ちょろっとだが次世代録画ディスクも出てきて、とりあえず保存は問題ないのかな。機器の互換性というか、規格の互換性というか、機材のメーカー統一とかはかっておかないと面倒そうだけれど。

 大体、映像保存だけならそれだけの話だが、誰かに配るとなると、それらの人かどちらの規格を使っているか、そもそも次世代規格に対応していないかも…という問題もある。


 HD品質での録画、編集、配付はまだなかなかに難しそう。

 まぁ、HD品質で録画し、編集前にSDに圧縮してしまう…という技もあるようだけれど。手間が一つ増えるが、以降の手続きはSDなので簡易だし、画質的には有利だそうだ。うーん、考えておこう。


 ともあれ、編集ならまだSDだなぁ…と思いつつ、その編集を怠けている身で何を言うのか…といえば、だってその編集環境だったT40pのHDDが飛んじゃったんだも~ん…というネタにここに初めてつながるわけだ(^^;)。

 最初の頃はさくさく環境を再構築していたのだが、壊れたHDDのデータファイルのサルベージに思いの外手間取ったり、飽きていたぉぃので時間がかかってしまったが、静止画ベースの環境は整ってきた。

 あとは動画ソフト等のインストールになるわけなのだが、ちょっと停滞気味。

 …というのも、最近そちらでの静止画編集が頻繁だから。

 やはり画面が手軽に(ノートPCなので)広いのはやりやすい。視野角が狭いというか、ちょっと画面の角度が変わると色が変わってしまう品質がどうよ…というところなのだが、そこらへんは妥協して(^^;)すんのかよ、メモリも1.5GBに増やして、HDDも7200回転のものに換装したし、そもそもWindowsもクリアインストールしたばかりのような感じなので、結構快適に作業できることに気がついてしまったからだ。

 それでこっそりMyBook用原稿を作成中だったりする(^^;)。

 しかし、当然デジカメ写真データを元に写真集を作っていくのだが、1千万画素のデータが元だと、CapuOneLEを写真のファイラー代わりにし、PhotoShopCSで編集している状態だと、画像をいくつか開いただけで1.5GBでもなかなか重くなってしまう。

 やはりメモリは2GBにするべきか。

 また、HDDをセカンドベイに内蔵し、そちらにPhotoShopなどのテンポラリを持っていく…という手もある。確かあちらも7200回転だったような…。

 しかしそうすると割を食うのはDVDドライブ。そうそう頻繁に使うメディアではないが、無ければないで困ってしまう。ただ、最近そんなこともあろうかと、USB接続の外付けドライブを入手したので、それを接続すれば問題ないか。

 セカンドHDDがつけば、動画編集も楽になるし、一石二鳥というところか。

 …ただ、今のところ静止画編集に夢中なので、そうそう動画にまでたどり着かないかもしれないが(^^;)。

 いやー、無編集動画が山ほど残っているのだが…(^^;)。

2007/03/09

PCも…携帯も?

 ちょっとここのところ本業が多忙で、他をやる余裕が無くて…。おかげで日記もあおりを受けて、ネタをメモっているものの、記事として掲載しない間に陳腐化していく有様…。

 しかし、そのまま埋もれさせるのももったいないので、旬を過ぎているとわかっていても、あえて記事にしたてて掲載していく次第。

 名付けて、「不二家記事」(^^;)ぉぃぉぃ。

 そんな不死身記事(…ということにしておこう(?))の一つ目はこれ。


コンピュータなしで1日を――3月24日は「シャットダウンデー」

 なお、発見当時、Yahoo!ニュースの見出しでは「PCや携帯無しで…」と書かれていた。記事には特に携帯の文字は見受けられなかったんだけれどね。最近の携帯は高機能だから、コンピュータ相当…ということだろうか。

 しかしなぁ、PC無しかよ。うーん、まぁできないことはないと思うけれど…。

 えーっと、24日というと、土曜日か。

 …自転車でどこかに走りに行けば、コンピュータを使わないな。

 ただ、誰かと一緒…ということになれば、「出かけます」といったblogへの書き込みもダメなわけで、携帯もダメとなると、待ち合わせなども慎重にしないと。

 前日までに綿密に打合せ、その日の午前0時を持って、一切のアクセス禁止。天気予報を調べるのも、177以外はダメ。それも公衆電話等の固定電話のみか(^^;)。

 ただ、それって昔は当然のことだったし、やれて当たり前のような気も。ちょっとイベント的になってきたし、やってみたい気も。

 …あ、でもサイクルコンピュータもダメでつか?(^^;)


 コンピュータ的な動作を行うものも含める…ということになると、…デジカメもダメっすか?…カメラもフィルムオンリーとかにしてみるか(^^;)ぉぃ。

 まぁ、個人的にはTC-1とか、久々にベッサの出番ということで、ある意味わくわく感が増すような。しかし桜の季節に使い慣れた機種を使えないのは痛いな。…ライカは許してくれねぇか?(^^;)

 あとは…旅先での調べ物もしにくくなるけれど、これはあまり影響しないような気も。こないだ鎌倉で焼き芋屋台を探したときも、地道に地元の人に聞き込んだし、なんかアナログ的な手段の方がやりやすいような。大体、それはそれで面白かったし。

 ちょっと考えて、企画立ててみるか?


 あ、目覚ましを携帯電話使っているんだけれど、これもダメか?(^^;)遅れること必至ぉぃ

2007/03/08

防水デジカメの優位性

 誰かが旅行に行く際にデジカメを持っていくのなら、それが水辺が主な場になるのならなおさら、防水等機能を持ったデジカメを薦める。

 別段、普通のデジカメでもいいだろうし、いざ泳ぐ算段になったら防水使い捨てカメラでもえーやん…という話も聞くが、体験上、旅が楽しければ楽しいほど公開する憂き目に遭ってしまう。

 どこでも、いつもと同じ延長線上でデジカメが使えると、これが楽しい記録につながるし、それを見返せばその思い出も蘇る。

 そんなわけで、F10にハウジングを買い与えたことは一切後悔していない。宮古島、石垣島では大活躍です。費用分は完全に回収し、どんどん利益(?)につながっています。

 ただ、問題もひとつ。ハウジングを付けてしまうと、デカい、かさばる。結構面倒。操作性等は問題ないのにね。

 …ともなれば、これからデジカメを揃える段の人には、そういった防水機能を装備したデジカメを薦める。生活防水にもつながり、取り回しにそれほど気を遣わなくても良い…という意味でもいいわけだ。

 通常の撮影ではデジイチで高画質に。しかしフィールドによってはそちらのコンデジに…という棲み分けにもつながるし。まぁ、これはこれで2台持つのかよ…という面倒にもつながるけれど(^^;)。

 しかしまぁ、普通のデジカメに防水機能ついただけなら、それだけの話かな…と思っていたのだが、最近こういうデジカメが発表されていることに気がついた。

オリンパス、10m防水の耐衝撃デジカメ「μ770SW」
~圧力センサーで気圧や標高をExifに記録

 発表当時はあまり気にしていなかったが、良く読めば圧力センサー付きで、潜ったときなどは水圧、そこから推測するのだろうが、水深まで計ってくれるらしい。

 防水機能が無くてもそのセンサーをつければ、海抜より上の「高さ」は記録してくれるだろうが、「低さ」までとなると、防水機能があるからこその面白さかも。

 しかし、シュノーケル程度の行動範囲の身としては、そんなに水深情報が役に立つのかわかりませんが(^^;)。スキューバだと、10mまで…って方が問題になってくるだろうし。

 まぁいいか。個人的にもちと惹かれるね。ただ、問題なのは常用出来る手ぶれ補正が無いのと、メモリがxDピクチャーカードってことか…(^^;)。

2007/03/07

輪行をしないワケ

 輪行本2が控えているから…というわけでもないが、以前の鎌倉輪行の翌週もたまたま輪行してしまっていた。

 その日は強風吹き付ける日で、自転車で自走するにはつらそう…ということもあって、しかし目的地での移動も伴うので、自転車もあった方がいい…ということで輪行。無論、便利だったが、ブロの重さも慣れてきた。

 しかし、満員電車はキツかった。かなりブロが邪魔になり、周りに迷惑をかけたかも。考えてみればあまり都内にムカっての輪行って覚えがないし、都心通過は輪行にとってそういう意味で大敵かも。

 問題になるのは容積…よりも、フットプリントの面積かも。いくらコンパクトになっても、床面積を大きく取るブロよりも、KOMAといった満員電車でもあまり迷惑にならないコンパクトさが要求されるのかも。


 あと、自走ではことのほか便利なショッパーだけれども、輪行時は荷物が増えるので逆に不便。

 勿論、旅先で買い物をすれば便利なショッパーなんだけれども、輪行時は背負いのリュックとかの方が便利かも。

 何か探してみようかしらん。最悪、ブロと良くペアで使うキャリー付きバッグかな?一応背負うこともできるので、それでショッパー無しの輪行の旅にしてみるか。


 …とまぁ、輪行の不満点をチェックをしてみたけれど、これらが最近、おいらが輪行しない訳…というわけではない。

 いや、自転車にハマると外に出かけるのが楽しくてたまらなくなり、その頻度が高くなるのだが…、輪行を続けているとどうしてもかさんでしまうのが「交通費」。

 そう、輪行ばかりしていると、自転車の旅で楽しいのだが、実は同時に交通費も発生していて、これがバカにならない。

 ただ、自走となれば、交通費0円。水分補給代とかは多少要るが、他地域の美味しい食べ物も、地元感覚で食べられるので、非常にリーズナブル。

 そんなわけでついつい自走に走りがち(^^;)自転車だけに。

 …輪行って、意外にブルジョアな趣味なのか?(^^;)近場にとどめりゃいいじゃねーか>輪行

2007/03/06

東京の憂い

 東京に住んでいて、残念なことがある。地方局の番組が見られないことだ。

 主要なテレビ番組は東京や大阪、名古屋などのキー局で作成され、地方に順次配信される。ただ、地方においてローカルな情報提供の必要性で、ローカルな番組が作成されることがあり、基本は情報番組が主であるけれど、ドラマやバラエティなども作られることがある。

 何の話題かといえば、デジタル放送に向かうにつれ、アナログだと隣の県や離れた場所でもなんとかUHF局が見られたものの、デジタル放送だと…仕組みはようわからんが、見られなくなる可能性がある…らしい。

 なんとはなしに、電波がキャッチできればいいんじゃないの…とか思ってしまうが、考えてみればうちのテレビはケーブルテレビ経由だし、…どうなんだろう?

 そもそも、チャンネルは地方ごとに割り当てられていて、本来その地方でしか見られないようなきまりになっているらしい。どうも、キー局が地方でも見られたら、配信番組がバッティングする地方局の視聴が少なくなり、廃れてしまう…というのを防ぐのが主たる目的らしい。

 しかしそれがそれほど重要なことだろうか?もちろんバッティングしていると無駄になる気はする。しかしだからといって地方局はオリジナルコンテンツを作ればいいだけの話であって、それは昔よりも簡単になっているはず。

 ようするに機材そのものがデジタル化のあおりで高品質化、低価格化、コンパクト化しており(一部では画質劣化と捉えられているかもしれないが(^^;))、少人数などで番組を作成することも可能。

 あとは内容…ということになるのだが、あえてキー局が作成するような豪勢な予算のかけ方をあえてせず、予算の少なさをアイディアでカバーし、あるいは逆にその予算の少なさをアピールしたり、地方色を前面に出したり、金をかけずに番組を作成する方法はいくらかあるわけで。

 実際それで全国に通用する水曜どうでしょうやsakusakuといったものも出てきているし。もっとも、そういう人気番組の他方局への配信はまだ地方局→別の地方局といったルートのみしかないようだが、過去には水曜どうでしょうを東京キー局が買った…という経緯もあるので、不可能ではないはず。

 もっとも、不定期、ド深夜というさんざんな扱いに、どうもキー局の変なプライドが働いたかなんかしたらしいが。

 あとはCMとか。ローカルCMだと他地域の住民には効果のない広告になり、意味が無いんじゃないか…とか思われるかもしれないが、隣の県くらいならそちらに行くこともあるし、こちらも気がつけば神奈川のショッピングモールやトンカツ屋、ジャガーの販売店まで詳しくなっていたりして(^^;)、いざ行ったときに困らないということもある。

 なによりこれからデジタル化に進むというのであれば、CMとデータ放送を連動させて、通販の申込なども行えるようにすれば、地域の食べ物ならむしろ他地域へのアピールが効果的だし、逆に他地域への放送にメリットが出てくるんじゃないの?


 なんとはなしに漠然とした地方局のあるべき姿をイメージして羅列してみたけれど、別段、放送法で区切られた地域に配分する…という発想自体がもう陳腐化しているのではないかと思ったり…というか、この手の話を記事などでみかけるにつれ、書いている人は「水曜どうでしょうとかsakusakuとか知らないのか?地方局がキー局より秀逸なコンテンツを作る才能や素地もあるんだぞ」ということをわかってないのではないか…と思う記述もあったり。

 まぁそういう周知性の無さが地方局の最大のウィークポイント…ってわけなんだけれど、じゃぁなんで水曜どうでしょうは全国的に流行るのか…といえば、ネットのクチコミがきっかけだったわけだし、そうなるとやはり時代は地方局にも風は吹いているわけで…。


 …だから、というわけでもないのだが、

独立U局6局がネット設立 番組を共同制作へ

 …というニュースを発見。キー局に頼らない、地方局独自のコンテンツ作成を…という観点では賛成なのだが、どーも資金面で対抗しよう…という意図が見えなくもない。

 別に少しはそういうのもあってもいいかもな…と思うけれど、なにも同じ土俵にあがらなくても…とも思う。

 キー局にしたって、金をかけたから面白いコンテンツになる…というわけではないんだし。


#…言いたいことがうまく書けてないなぁ…。うーん…。

2007/03/05

物欲ネタ

時限爆弾処理で目覚める朝

 欲しーっ!!こ、これは燃えるなぁ。朝からハイテンションになるだろうけれど、たった今知ったばかりなので、果たして今から予約して間に合うか?…っつーか、どこに予約すれば良いのやら。

 なんとなく、同じような輩が多くて、争奪戦になりそうな気も。まぁいつかは手にはいるだろうから、Amazonでさくっとしておけばいいのかな?

 んでも某氏のiMac miniとかの買い物を見ていたりすると、それも怖いなぁ(^^;)謎。

しつこく、細かく

 今度は3月分のアルバムを更新しました。

 しつこいくらいに更新報告していきますよ~(^^;)。撮ったからには見てもらいたいから。

 んでもそろそろ印刷メディアをどーにかすっか。こないだのアレで。


 …あ、そういえばリンク先のメモリの件。1GB1万円くらいでどーにかなりまつた。お金がなかったので1枚しか買わなかったけれど、機会あればもう一度購入すっかな…。

ちっと欲しい…かも

 基本的に通販をあまり利用しない身の上なのだが、そこでしか手に入らない、それがどーしても手に入れたい…というときは、やむなく手に入れる。それが拝御クォリティぉぃ。

 まぁともあれ、たまにAmazonなどを利用するわけだけれども、意外にもっとよく利用しているのがJustMyShop。もうここで鞄をいくつ買っているのやら(^^;)。

 買わないまでも、結構惹かれるオリジナル商品が多いのがまた悩ましい(^^;)。

 ここのところ、ちっとおとなしいな…と思ってそこらへんを見ていたら、こういうグッズがあるのを発見した。

大人のこだわりグッズ(ヒーローグッズ編)

 …う、なにげに鉄人モデルがちっといい感じ(^^;)。何気ないボールペンの割には、マジンガーなどのように、さりげない、デザインのワンポイントの主張がなかなか面白い。

 ただ、ボールペンという実用道具なので、おいらも欲しい所なんだけれど、万年筆みたいな太さが欲しいんだよね、俺。ちーっと惜しい…かな。

 それにしても、一番最初にマッハGOが売り切れている人気の高さが謎だ(^^;)。

2007/03/04

とんびがくるりと輪を描いた

07030415  心残りがありました。

 以前、鎌倉に焼き芋屋台を探しに行った訳ですが、屋台は見つかったものの、閉店時間と相成って、肝心の焼き芋を食べ損なったのです。

 その瞬間に雨が降り出した実話は本当にドラマチックだったものです。

 そこで、せめて再度、焼き芋くらいは食っておきたい…ということで、再度鎌倉に来訪することになりました。

 …つっても、本当は埜庵の限定「りんご氷」を食べるために鵠沼海岸に行くついで…なのですが(^^;)。

 しかしせっかくそこらに行くなら、魚も食っておきたい…ということで、江ノ島の例の食堂にも行くことにしてみました。

 …結構食のてんこ盛り(^^;)。

 ともあれ、目的地でゆとりあるのんびり走行もしてみたかったので、早めの出発、早々の移動…と考えてみました。

07030401  しかし、出がけにちょっと便意に襲われて(^^;)。10分の遅刻。とほほ~…と思ったら、 途中で派手な交通事故処理に遭遇。へたするとこの事故に遭遇していたかも…とは、同行のKIMIの弁。

 そのKIMIはロードで参加。前回、こちらのBSMにBD-1でついてこられなかったのが相当こたえたらしい。しかし、 だからって26インチのロードで来るかね。

 まぁそれならそれで、こちらも全速も出せるというもの。体調的には問題ないし、コンディションも無風。日差しも強くないし、走行には快適… ってことで、ばっしばし走り込んだら…府中から江ノ島まで、3時間かかりませんでした(^^;)無休憩。

 まぁ、せっかく開いていた、まだ食べたこと無いいちご大福もありそうだった松埜に寄ろうと「休憩でもすっか?」とKIMIに言ったら「あ、 ロードだから別に疲れてないっすよ」と、ぬかしやがるので、むしろ「てめー、もっと疲れさせてやる」という意味で休憩撤回。

 それでもアイスくらいは食っておきたい…と思ったら、飯田牧場は開店前。寄り道「できなかった」というのが正解なのだが(^^;)。

07030402  とはいえ、梅の撮影会もあったりして、 縮めようと思えばもう少し縮められたのかもしれないなぁ(^^;)本当かよ。

 ただ、集合時間前に早く着きすぎたので、軽く食堂のご主人にご挨拶をしてから観光でぶらぶらと。

 今から考えると、これがいけなかった。

07030403  観光自体は面白かったです。まだ人の少ない江ノ島でぶらぶらして、 のほほ~んとした雰囲気を味わったり。人の少ないとびっちょを見たり(^^;)ぉぃ。 満潮寸前で歩ける余地の少ない砂浜を駆け抜けたり、あまり人が近づき無さそうな場所を楽しんだり。

07030404  そうこうしている内に集合時間。例の食堂に向かうと、もうお一人の面子、 DFR.さんも揃っておりました。さて、ここで問題が。どうも食堂のご主人、先にご挨拶したときに気を利かせてくれたのか、 いくつか料理を用意してくれていて、1品料理定食で軽く済まそうとしていたつもりが、 気がついたらいつもの料理コースになってしまい、食いきれないことに(^^;)。

 いや~、軽く済まそうと提案したおいらが逆にそういう事態を招いてしまってすみませんでした。まぁ、 KIMIをひっぱるつもりでがしがし走り込んでいたおいらは、おかげで腹は減っていたので、ばしばし箸を他の人の料理にまで及ぼして、 食いまくって、派手に残すようなことはありませんでしたが。

07030405  ただ、DFR.さんの前に出てきたサザエの壺焼きには手が出せませんでした。いや、 貝類が苦手で…(^^;)今思い出してみれば以前そこでトコブシ食ったことあるんだから、イケたかもしれない…。

 しかし、巨大。巨大すぎる。身もえらく巨大!おいらは撮りそこねましたが、某氏のページには掲載されるでしょう。 その大きさに脅威してください。

07030406  そんな、ディナー匹敵のランチを過ごしつつ、江ノ島を後にしたのでした。いや~、 走るのがつらいつらい。…ので、スローペースでの鎌倉移動です。

  途中、滅多走らない裏道を走ったり、逆にのんびりできた…かな?

07030407  場所もしれているので、焼き芋屋台も今回はあっさり見つかります。早速買ってみました。

07030408  …デけぇ…。

 ペットボトルホルダーでちょうど良い大きさって何ですか?今日はあれですか?巨大祭りですか?

07030409  あまりにデカすぎるので、とても街中でのんびり食べていられません。 海岸に移動してのんびり食すことになりました。

 しかしそこで事件は起こったのです。

07030410  とんびに襲われました(^^;)。

 海岸に着くと、適度な休憩場所があります。しかしその上空に明らかにとんびが滞空しています。

 そいつらが人間の食べ物を上空から盗みとるのはニュースで知っていましたし、看板でさんざんっぱら忠告もされています。私自身も以前、 その現場を目撃したことがあります。

 そんなところで焼き芋を食うのですから、襲われそうなことは容易に想像できます。

 が、こちらもそういう事前情報もあります。柵を背にすれば大丈夫だろう。そうそうこちら、人間様だってバカじゃねーぜ、 と言いながら食べてました。

 そんな私が見事に焼き芋の片割れをさらわれました(^^;)。

 奴ら、本当に死角から音もなく襲って来ますな。柵の高さなどを考慮してないこちらの隙を物の見事に襲ってきやがりました。

 いやー、言っときますけれどね、襲われて焼き芋奪われたのは、おいらだけではなかとですよ。誰とは言いませんが(^^;)。

 しかし、さらわれた焼き芋ですが、こちらもとっさのことで手をブレさせたのか、そもそも焼き芋が大きかったのか、つかみそこねて落とし、 慌ててこちらが回収したので、完全敗北ではありません。

 やつらは人間から食物を奪うときには必ず死角から、というセオリーと、タッチ&ゴーで離脱する必要がある以上、 ある程度の角度をもった滑空コースを確保する必要があります。

 それらを鑑みて、柵の高さでその滑空コースをつぶした姿勢のとりかたで、以後の強襲を阻止することに成功しました。

 まぁ若干隙を作って、おとり捜査というか、わざと襲わせて、逆技しかけようとは思いましたが、 そこまでは至りませんでしたけれどね(^^;)。

 ともあれ、とんび被害者を笑える立場には立てなくなりましたねぇ(^^;)。

 まぁ、それ以上に、大きい焼き芋が食いきれない…というのが問題でしたが(^^;)。

 それでも、DFR.さんが手に入れた自然塩などでなんとか完食しました。うーん、なんでいつもこう、食べ物地獄になるのやら(^^;)。

 あとはもうぶらぶらと鶴岡八幡宮あたりを散歩したり。

07030411  なんかもう…春の装いですな…。桜まで…。

 で、予約していた時間も近づいてきたので、今度は埜庵に移動します。

07030412  こちらではお目当てのりんご氷のお出ましです。 かき氷はあまり腹に溜まらないので助かりますな(^^;)。

 シロップ…というよりは、メレンゲに近いムースがシロップ代わりにかけらていて、シロップは別にあります。自分でシロップをかけて… ということなのですが、そのムースの食感と酸味が氷と面白い組み合わせになっていて、しばらくシロップをかけ忘れてしまいました(^^;)。

 かけてもかけなくても美味しかったのですが、そのシロップも結構手間暇かけられて作られていたようで、 ちと残してしまったのが心残り(^^;)。

 やはり通常メニューも美味しいですが、限定氷も面白いですね。制覇したいところですけれど、スパンが短い中での展開ですので、 全部食いきれるかなぁ…?(^^;)

 あとは埜庵の中での歓談やらなんやらで、なんとか自転車人口を増やそうと必死(^^;)。しかし、境川沿いに住んでいて、車で来訪… というのはもったいない。是非自転車でお越しいただかないと…(謎)。

 あとは町田でこないだ食い損ねたカレーを…ということで、また自転車移動。さすがに来たときのような全速力は出せませんが、 無風だったので快適に走行できました。

07030413  ちなみに、飯田牧場にも立ち寄り、プリンをいただきました。…やはりこのプリンはいいなぁ。 隠れた名品だ。

07030414  カレー屋は「モコモコ」。以前、「ロコモコ」と書いて、誰かに指摘されたような… (^^;)。

 ここではハーフ&ハーフなどでいくつかのカレールーを満喫。ライスだけ後で追加できると知って、 多少ルートライスの配分を間違えてもどうにかなると知って、なおさら気軽に寄れるような気が。

 それにしても向こうも「今日はあの方はいらっしゃらないんですか?」と、 すっかり自転車ネタで気軽に話しかけられて(^^;)Nebulaさ~ん…。

 ま、そんな感じで解散となりました。走行距離はいつも通り、100km…以上。ああそうか、ぶらぶらした分の距離があるのね。

 アベレージ的にはだいたいいつも通りだと思うけれど、行きだけで見ると22km/hちょい…といったところで、自分としてはハイペース。 むぅ、おかげでいい運動したけれど、これから暑くなってくるとそういうペースも難しくなってくるな…。抑えていくか…。

2007/03/02

TabletPCWatchの続き(^^;)ぉぃぉぃ

 まだまだ火が点かないTabletPC。火が点かないどころか、点いていたところが消えかけたこともあったり。

X41Tがおかしくなった

 あうう、TabletPCの勇ぉぃのキタさんがっ!?

 …とか思っていたら、

いつものパターン

 解決したらしい(^^;)。なんか、「マーフィー」という単語が脳裏に浮かんだのは、おいらだけでしょうか?

 しかしながら、それがきっかけか、

オレがおかしくなった

 こういうのを買われていたり…(^^;)さすがだ。

 あきらかにこちらの方が便利そうですけれど、キタさんならX41Tもきちんと使い続けてくれそうです。


 私に関連する情報とすれば、先の記事中にちらっと記載のある、従来マシンのタブレットに関して、

> …なんかドライバがかなりバージョンアップしてて、昔泣き濡れたダマができちゃう問題もかなり解消されてるっぽいな。む~ん。

 という記載。

 え゛っ!?治ってるの?ちっとT40pの環境復旧を急いで、そちらの大画面で作業できるようにしてしまった方が、結構効率が良くなっちゃったりして(^^;)。

 マルチ画面のデスクトップに接続するという手もあるけれど、横に広すぎだしな(^^;)。

 しかし、久しぶりに「背中で描く(画面は目前に、タブレットを体の背面に持って、タブレットを見ずに描く)」感覚を取り戻してみようかな…。


 …って、話題がTabletPCから離れちゃったな(^^;)。

 それ系の話題といえば、ハイパーファクトリーのホームページに書いてあるけれど、英語版ワコムドライバが更新されたようで。

 勿論、日本語環境では無保証と覚悟しないといけないけれど、おそらく日本語環境でも動くっぽいし、なにより、前のバージョンは、英語版言いながらメニューにはしっかり日本語も組み込まれていたので、今回もそんな気も。

 で、肝心のX60T不動作問題も、これで無事に動いている模様だし、またこれでX60Tでの描画をレポートしてもらいたいところ。

 おいらとしては、X41Tでもダマ問題が解決されていると良いのだが、とりあえずバックアップを取って試験導入してみようかしらん。


 ハイパーファクトリーといえば、そこでX60Tの一部が完売の模様。以前もX60T登場前夜、X41Tが似たような形で姿を消していたので、なんとはなしにX60Tの高画素タイプの足音と期待したいが、単にWinXPプリインストールタイプが無くなって、VISTAプリインストールタイプだけが残っただけなのかしらん?…と。

 …出てくれないのかしら?>高画素タイプ(;_;)

 まぁ、今出していただいても、すぐには入手できないのだが(^^;)。

2007/03/01

ワンフェスに行ってきました

07030101

 掲載が遅れてしまいましたが、ワンフェスに行ってきましたですよ。

 模型も作らず、最近はポリゴンモデリングも怠けているくせに、そういうものの祭典のワンフェスには行くわけですが(^^;)。

 いや、作らない…というわけではなくて、ただちょっと発憤材料が乏しいというか、他の趣味の方が刺激的すぎて、そちらばかりにタスクが向くわけですけれど、そういうのの刺激は欲しいわけですよ。


07030102 その割にはこんなのを購入してしまいましたが(^^;)。いや、末吉晴男さんという方が作られた腕時計なんですけれど、やっぱこの突飛な見かけも面白いし、写真には取り損なっていますが、その無駄にギミックの多い装着の仕方も面白い。

07030103 世の中には電波時計という正確さを追求したものもあるようですが、こういう遊び心というか、ご本人のホームページを拝見するとむしろ「時計」というものに対するアンチテーゼ的表現をその時計にぶつけてくるという面白さに惹かれるわけです。

 まぁ、時計部分は純粋なクオーツのようなので、それなりの精度で時を刻むみたいですが(^^;)。

 ただこの時計、デザインでどうこう…というだけでもありません。親指側に文字盤が向いているので、自転車のハンドルを握っていても(特にドロップハンドル)、文字盤がよく見える…という利点があります。無論、それを狙ったわけではないと思いますが、自転車乗りにはぴったりそうなので、他のモデルもありましたがあえてこれを入手してみました。

 実際、BSMに乗っても文字盤見えるしなぁ。もっとも、サイクルコンピュータの時計表示に目がいくように慣れていますが(^^;)。


07030104 あとはカエルの根付け。以前に見かけたものの、売り切れで涙を呑んだ一品。今回再販があってよかったー。

 いや、なんか知らないんですけれど、自分、カエルのオブジェとかが結構好きみたいです。…なんでやろ?まぁコレクションに至る…というところまではいかないんですけれど…。

 まぁともあれ、根付けということもあるので、携帯に付けておこうかな…と思いますけれど、なんか擦れちゃいそうでもったいないな(^^;)。


07030105 ちなみにカエルといえば、こういう精巧なフィギアもありました。…うぉ、すげぇ。しかし価格も2万円。とはいえ、先の腕時計を買っていなければ、ちと買っていたかもしれづ…(^^;)。

 次回も出してくれる…というのなら、まじでこれ狙いで行こうかな。…っていうか、ブース情報取ってくるのを忘れた(^^;)。どこのブースかご存じの方はお知らせくださいませ。


 あとワンフェスといえば販売イベント…と思われている方も多いと思いますが、「造形の展示イベントぢゃん」と捉え、商業的な造形にアンチテーゼを投げかける、草の根レベル的な展示もあったりします。

07030106 今回圧巻だったのはこれ。紙粘土で作られていると思うオブジェなんですけれど、大きさが半端ねぇ。アルバムに掲載した写真は、これの一部だったりします。50mmじゃどこも入らないし、マクロを使わない方がピンが合うってどういうことよ(^^;)。

 だいたい、コンデジでも入りきらないし…(^^;)。

 しかし気合いは入りまくっていて、圧倒されますね。作者の方も当然いて、それ以上に熱の入った語りが熱い!なんか刺激されちゃいます(^^;)。

 こういうのがあるから、買わなくても行きたくなっちゃうのよね。

07030107 あとは定期観測中のフェ部。…今回増加数があまりなかった気が…。


 …こんなところかなぁ。あとは芳賀一洋さんのオブジェを写真に撮らせてもらっていたら、M8+SOMKY+ズミクロン50mm沈胴という珍しい組み合わせに気がついたのか、「渋いカメラだねぇ」と声をかけてもらって、名刺代わりの年賀状用ハガキをもらってしまったり、やはりM8効果はそれなりにあるなー…と実感してしまったり(^^;)ぉぃ。


 ま、そんなこんなのワンフェスでした。え~、オチ無し(^^;)ぉぃ。

なにげにスランプ中?

 ここのところ筆が進まないなぁ…と思ったのだが、どうもスランプらしい。…あれ?自覚無いぞ?んでも確かに思い通りの絵が描けない…というか、絵を描こうと思えない。

 おかげでいくつか進めないことも…。うーん、困った。

 まぁ、締め切り抱えている案件はないので、そのうち解消すりゃぁいいや…くらいに軽く考えようと思うけれど、さて、どうしたもんか…。

 …あ、リハビリにコスプレイラストでも描こうかな(^^;)。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »