2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 衣服の値段 | トップページ | 三浦半島一周まとめ »

2007/02/11

二つの顔を持つ男

07021001

 以前、17インチ程度の自転車で東京の自宅から三浦半島を1日で1周したことのある身なのですが、思い返してみると、いまいちちゃんとした走行でなかった気もするし、なにより途中から、へろへろになって走行していて、いまいち覇気に乏しい走行だったような思い出も…。

 そう思うと、ちゃんと納得のいく1周をしてみたい!…というわけで、1年ぶりのリベンジをしてみようということにしました。

 …って決心をblogに書いたら、いつの間にかツアーになっていましたけれど(^^;)あれ?。

 まぁさすがに経験豊富な方は、170kmっつーふざけた距離(でも誰かさんはさらっとANTで走っていた記憶も有りますが(^^;)しつこい)の意味をよくご存じで、途中の区間みの参加と最初から言われてましたけれど、学生時代の後輩のKIMIはなんとなく、最初から最後までつきあう~…って雰囲気で、ナメているとしか思えない。

 …が、それをあらかさまにネットで指摘するのもなんだし、考えてみれば彼の走り仲間はおいらだけではなく、他の友達とロードで走っていたりする…っつー話だし、そもそも減量重量はおいらとは段違いのスリム化を図れたんだし、運動量も違うならスタミナも違うのかな…と思って、「意外とこいつ、やりやがるのかも…」と思い始め、こいつには負けられないぞ…と妙な対抗心を燃やし始めたり(前振り(^^;)相手が後輩だと遠慮せずに前振りが出来て楽しいなぉぃ)。


 で、連休の最初の日なら、いざへろへろになってもたっぷり休養取られるな…と日程を決めて、午前7時府中集合・出発…と決めたら…私、

 寝坊しました(^^;)ぉぃ。

 いや、目覚ましは5時半にセットして、鳴ったのを確認してしっかり止めた覚えもあります。よし、時間通りに目が覚めたな、と思って時計を見たら、6時45分。

 …目覚まし止めて、時計を見るまでの動作に1時間15分かかっています(^^;)ぉぃ

 あうう、すみません~…ということで、集合しているKIMIに電話をしてお詫びと事情を説明し、急いで身支度と自転車の整備をしました。

 いや、前日にしておけばいいんだけれど、我が家、夜になると自転車が動かせる範囲は真っ暗になっちゃって、夜間整備できないんすよ。だから出がけにしちゃおうかな…と思っていたんですけれど(^^;)

 なので、いくつかは省略して、空気圧の確認とかの最低限に留めて…。ただ、サドルの位置調整と、ハンドルポストの高さ調整だけはしてしまいました

 サドル位置は、長く乗っている間に気がつかないうちに後ろにズレこんでいたのが判明したため。かなりの長さ、ズレていましたが、気がつきませんで…(^^;)ネジ止めしているので、そうそうズレないと思っていた。

 また、ハンドルの位置も高めにし、長距離ライドしやすいように調整してみました。

 結果、かなりゆったり、楽にライディングできるようになったので、これだけは行っておいて正解だったかも。

 結局、7時半頃集合場所に到着して、出発することになりました。いや、申し訳ない。今回は先のKIMIとおーつかさんとの3台。長距離だったので、一応抑えめに走ったつもりだったんですけれど、どーだったかな…?

 ルートはまず府中街道を下りて是政橋に。そこから多摩川サイクリングロードにエントリーして、ひたすら南下(…っつーか、東進)。丸子橋までたどり着いたら綱吉街道に移動し、やっぱり南下。菊名のあたりから登りに突入するその街道を避けて一般道を走行。六角橋あたりを経由して横浜に2時間くらいでたどり着いた次第。

 …そういえば休憩したっけ?(^^;)これくらいの距離だとノンストップで走っちゃうので、つい勢いで走っちゃったけれど、今考えれば申し訳なかったな…(^^;)。

07021002 だから、というわけでもないけれど、横浜あたりではかなりぶらぶら走行+観光を。ランドマークタワーあたりを写真に撮ったり、赤レンガ倉庫でぶらぶら。

07021003 横浜中華街で肉まんと豚まん(謎)を食ったりねぇ。あー、これが観光なんだなぁ…という行程だったものの、考えてみれば三崎で合流する人もいるんだった(^^;)。

 そうそうのんびりしていられない…ということで、速攻出発することに!…でなければ、食い放題に参加していたはずなのに~!(超謎(^^;))

07021004 ルートは国道16号に移ってひたすら南下、1時間半くらいで横須賀を経由。

 ただ、その先は観音崎を通らずに、北久里浜を経由し、佐原IC前を通るルートを使った。

 ショートカット使うのは1周と銘打っているのに心苦しいが、前回と同じルートだし、そもそも時間がないので仕方ない。

 しかしこの区間は前回、相当南風にやられた覚えがある。向かい風で速度を維持するのにえらく疲れた。

 海岸付近の風はつきもの…という感じもあるが、季節を選べば相当抑えられる。ここらへんは気象情報関連のページでも検索していただくとして、比較的暖かかった4月下旬よりも、暖かくなるぞ…と予報は出ていたものの、最高でも16度という2月半ばを選んだのにはそういう理由があります(いや、マジで)。

 おかげでほとんど無風状態での走行ができて、これだけでも体力を相当温存できたような気が。


 三浦海岸は暴走族も無く快適に走れ(^^;)、そこから先も、…3カ所の上り坂こそひいこらと漕いでたけれど(^^;)上り坂に弱い、爽快な青空の下で快適に走行できました。

 …遅れましたけれど(^^;)20分くらいか?。。

 横須賀からは…1時間半くらいだろうか?一応そんくらいの時間で到着してみると…、合流予定だったDFR.さんと某氏がいた。…某氏!あんた、今回休みだったはずじゃ!?(^^;)

 DFR.さんは町田近辺から走行してきたのだが、某氏はぶらりと電車で三崎口まで輪行してきたらしい。…なんてお手軽な!

 しかもすでに三崎漁港の某店で朝食を済ませ、のんびりと観光し、目的地前の漁港でぽかぽかと昼寝したり、地元の人と交流というか、情報交換までしていたらしいのだ!

 …な、なんて「旅とはかくあるべきだ」みたいな見本の旅をしているんだ、あんたぁ!(^^;)

 苦労して自転車走行してきた自分の足場が崩れ落ちそうなのを自覚したり(^^;)そこまで。

 ま、考えてみればこちらはこちらで好きで走ってきたので、別にどうこう考える必要もないのだが…、今度はそうしよう(^^;)影響されまくり。

07021005 で、目的地というのはまるよし食堂というところで、宮川湾という、三崎漁港とはちっと離れた場所にある。

 実は以前、テレビで紹介されていたのをちらっと見て、行ってみたいな…と思っていた(^^;)。

 もっとも、覚えているのは「三浦半島の南側だけれども、三崎漁港とは違う」「小さい湾の中」「漁港近くの食堂っぽいところ」…ってところぐらいで、そもそもテレビで何が紹介されていたかも覚えていない…というていたらくなのだが(^^;)記憶力の無さの極み。

 本来なら該当する3つの湾をしらみつぶしにあたっても現地調査するところなのだが、三浦半島1周の旅の途中でのその行為はキツすぎるので、あらかじめネットで検索してみた…ら、あまり人が行かないエリアなのか、あまり情報が集まらなかった。

 …が、それでもなんとなーくそれらしい食堂を発見。まるよし食堂というところなのですが、正直、「勘」でそこを目的地としてしまった訳(^^;)すんません。

 もっと正直言えば、実際行ってみても、テレビで見たところかどうか、よくわからんかった(^^;)ぉぃぉぃ。

 まぁでも来てしまったものはしょうがない。ここで済まそう…と(^^;)ぉぃぉぃぉぃ。

 ただ…結論から言えば、「大当たり」でした。

 小さい湾の漁港で、釣り客相手の食堂っぽいので、そうそう客も多く無さそうなのですが(っつーか、4食限定メニューとかが3時になってもまだあるって…)、どうもロケでは有名なところらしく、よくサスペンスドラマとか撮影されているようで、いつも殺人事件が起こっているか、犯人が自白の上で逮捕されているらしいっす(^^;)ぉぃ。中には仮面ライダーまで。

 だから…というわけではないですが、テレビ関係者には有名な店らしくて、旅番組での取材もよくあるようです。どうもおいらはそれを見たらしいですね。大体時期とか出演者も一致するような…しないような(^^;)どこまで記憶力ないねん。

07021006 ともあれ、湾で獲れると見られる海苔関係の定食を中心に、カマスやらなんやらの焼き魚、煮魚も注文したり。

07021007 それがどれも美味い!おいらの頼んだ定食はハバノリ定食なんですけれど、ハバノリと言われる海苔をふりかけのように食すのがなかなか面白い。普通の海苔と違う食感が楽しめますね。

 カマスもでかい割には引き締まっており、なかなかの美味。煮魚も美味しかったですが…名前を忘れてしまいました(^^;)ぉぃ

 中でも個人的ヒットは血あい肉のみりん干し。グルメな某氏が注文したんですけれど、普段のおいらだったらその若干グロテスクな外観からパスしそうなシロモノ。

 しかし好奇心で口に含んでみれば、みりんが利いているのか、血あい肉の天日干しでうまみが凝縮されているのか、美味い美味い。血あい肉だけに養分も凝縮されているから…と某氏曰くので、その後の走行のパワーの源は全てこれかもしれない(^^;)ぉぃ

 なかなかいい感じの食堂だし、まだ食ってみたい定食もあるので、また行きたいところ。

 特に気になるのは…「あずさ丼」だっけ?名前からは具材の名前が想像できない名前の丼があって、相当の謎。あの正体も見極めたい…(^^;)。

 で、気がつけばもう午後4時近く。この後は埜庵にも行かないといけないんだけれど、考えてみれば6時閉店のお店。急がなければ!…ということで、まるよし食堂を後に…。

 DFR.さんと某氏はここで輪行に移り、電車移動で先回り。おいらは先の伝説達成(?)の必要性もあり、自転車で行くことに。

07021008 コースとしては、今回は三崎漁港をパスして三崎口、葉山、逗子、鎌倉、江ノ島、鵠沼海岸を2時間で走ることに。…ちっと無理がないか?…という話もあったが、三崎口まで出てしまえばあとは下り・平地主体なので(いくつか登りもあるが、大した角度ではない)、結構走れるとふんだこともあり、挑んでみることに。

 で、その区間の走行だけれど、後で随行してくれた方々に聞けば、おいらの走行は相当なものだったらしい。

 スピードメーターを見れば30km/hを超えたことはほとんど無かったつもりなんだけれど、100kmを超えた走行の割には結構なスピードでかっとばしたり、原付と競り合ったり、鬼神に憑かれたような走行だったようで(^^;)誰も言ってない。

 「拝御の銀色BSMはバケモノか!」…とか(^^;)だから誰も言ってないって。

 まぁ先にちらっと書いたけれど、前半抑えたつもりだったんで、それなりに余力が残っていたのかも。血あい肉のみりん干しという強化剤服用したばかりだったしぉぃ、時間に間に合いたい…という焦りもあったから、ついついパワーが出てしまったんじゃないのかしらん?

 ただ、KIMIがここら辺でバテ始めた(^^;)。自転車の走行性能(BD-1は20km/hあたりが最適)もあって、相当ヘタって、とうとう「自分、最後までつきあう…って言ってましたが、ナメてました」と告白するまでに(^^;)。うんうん、もう少し距離に実感を持ってね。

 ただ、何度も30km/hを超えていた…という証言もあったので、こちらのサイクルコンピュータがおかしいのかな…とも思ったり。確かに、17インチという中途半端なタイヤサイズなので、セッティングも若干当てずっぽうなんだけれど、そうそうズレてもいないと思うのだが…。同じタイヤサイズのしゃおらどんと一緒に走行しても、そちらとの走行距離などのズレもほとんど無かったし。うーむ…。

 まぁともかく、そんなこんなで走りましたが、結局埜庵の閉店時間には間に合わず、しかしそこはDFR.さんのお力で(^^;)ぉぃ、お邪魔させていただきました。おかげで今年の初氷を堪能させていただきました。

07021009 今回注文したメニューは「かまくら」でしたが、…詳しい話は埜庵のページのメニューをご確認ください(^^;)。

 埜庵の常連なら押さえておけよ…というメニューなのですが、私自身は未食でした。

 ただ、その年の初氷を食すならそのメニューしかあるまい!…って感じで、初メニュー、初氷…という初物づくしという縁起物…というのは特には画策していませんでしたが(^^;)、まぁ結果的にはそんな感じで。

 当たり前ですがカルキ臭が一切無く、さくさくと食べ進められる、素のかき氷という感じがいいですね。唯一、和三盆糖がかかっているわけですが、主張の強い甘みではないので、氷の存在が強く出ているのがなんとも…。

 これからは初氷とか、氷に関わる節目の注文の時にはかまくらで攻めないとな~。

 で、ちらっと聞いたところ、この暖冬ながら、なんとか天然氷をそれなりの量を確保したようで。しかし例年に比べれば相当少ないらしく、氷の切り出しには相当苦労したそうです。

 その辺りは埜庵のご主人にお聞きしたのですが、ご本人からお聞きいただいた方が相当面白いので(^^;)ジェスチャー付きが特に(超謎)、是非ご来店なさってお聞きください。

 ともあれ、ご主人自体も切り出しに参加して、氷の具合なども確認。職人らしい一辺を魅せつつ、そこが埜庵の魅力になっているわけですが(そもそも埜庵でのかき氷の作り方だけでも職人技なんですが、それもお聞きください)、職人の力だけではこの暖冬はいかんともしがたく、氷の調達云々だけではなく、それを埜庵でどうやりくりしていくか…という商売人の計画もお聞きした次第。

 聞いた限り…相当魅力的(^^;)。なんですか、甘酒かき氷って(^^;)。普通に聞けば冗談にしか聞こえないメニューだけれど、ここはそういうメニューをさりげなく魅力的なメニューと味覚に仕上げてしまうから笑えないんだよな。そういうのが限定メニューで短いスパンで繰り返されるようなので、相当藤沢に通わなければなりませんよ。どれだけ脚を鍛えさせるおつもりで?(^^;)ぉぃ

 暖冬で氷が思うように獲れなかったからこそ注目しなければならない埜庵。うぬ~、なかなか抜け出せないところにハマっちゃったな、俺(^^;)

 そんなわけで、いつまでも閉店後にお邪魔するのも申し訳ないし、…っつーかそもそもまだおいらは走るので、適当に退店させていただいた次第。

 ただ、さすがにこの先は私一人の走行。町田に向かう予定でしたが、私を除いて全員町田に輪行。一部の方を除いてモコロコっつーカレー屋で私を迎撃することに。

 …また私、全速力で走らなければいけませんか?(^^;)

 2時間くらいで走れば、なんとか閉店時間に間に合って、カレーの一皿でも食事できるんでない?…って感じだったので、早速その計画での移動に移行。がっつんがっつん境川サイクリングロードをひた走ることに。

 ただ、困ったことにすぐに脚切れ状態に。あれ?雰囲気的にはもう少し走れそうなんだけれどな。さっき食事したばかりなのに…と思ったら、考えてみれば最後に食ったのってかき氷じゃん。カロリーほとんど無いじゃん(^^;)。

 ヤベえ、燃料切れかよ!ということでコンビニを探し、やっと見つけたサークルKであんまん、チョコレートなどを仕入れ、燃料補給。なんとか(自分のサイクルコンピュータで)20km/h走行を維持できる程度に回復。どうにか時間に間に合うように…と走り始めたら…KIMIから電話。

 ロコモコの閉店時間が予想より早く、あと10分でオーダーストップだとか。

 …あの、どうすくなく見積もっても、あと10kmはあるんですが…(^^;)。

 閉店時間にも間に合わないようなので、この時点でカレー屋来店をあきらめ、完全自立走行(?)に移行。目標を失って、あまり速度も出さない状態に…(^^;)。やはり目標あっての速度か…。

 しかしそれよりも食事をどうするか。燃料を補給したとはいえ、晩飯は食っておきたい。しかし町田についてもロコモコは閉店しているし、ちゃんとした食事どころも閉まっているだろう。松屋とかのチェーン店は開いているだろうけれど、普段利用しているのでこういう時も同じ…というのもつまらない。かといって後は飲み屋くらいか…となるとちょっと…。

 …とか思っていたら、246号線にさしかかったところで、普段見慣れないお店が…。

07021010 トラック屋台のラーメン屋だ。しかもなんか繁盛して居るぞ(写真撮った食い終わりでは少し少ないけれど、おいらが来たときはもっと繁盛していた)。そうか、夜は屋台が出てくるよな。しかも繁盛しているのなら美味しいんだろうし、この先こういう店に巡り会えるともわからんし、寄ってみるか、自転車にカギかけずに食っていられるし(^^;)重要。

07021011 …ということで入ってみた次第。おいらが食ったのは塩ラーメン(ネギ抜き)だけど、実際には油分が強く、ダシの味が余り目立たなくてちっと物足りない。

 ただ、屋台の割には恐ろしく熱く、その面では食べ応えがあった。こういう時期に食うにはかなり重要点のような気も。

 また、地元の人の注文を聞いていると、「ネギ塩」が圧倒的に占めていたので、本来はネギの油とつゆの油とからめて、そういうおいしさを追求した味覚なのかもしれない。「ネギ抜きの礼」としてはぉぃ、そもそも範疇が違うのかもしれないな。

 まぁ、次があったら、醤油味とかを頼めばいいのかもしれない。246脇で環境は良くないが、時間等によっては貴重な食料源なので、チェックしておこう。

 ただ、日月定休ながら、土曜も時として閉店している時もあるとか(^^;)ぉぃぉぃ。電話して確認してくれとのこと(電話番号もらった)。

 さて、後は帰宅…ってことで普段は話をまとめるのだが、この後数km走ったところで雨に遭遇。それも結構強く降ったので、途上のセブンイレブンの軒下に退避。雨宿りと決め込んだ。

 そんな予報は聞いてなかったなぁ…と思いつつ、町田付近の天気予報を確認してみると、「にわか雨に注意」とある。…むぅ、やられた(^^;)。

 アメダスを確認してみると、相当強い雨雲が町田付近(だけではないが)を襲っていた…が、そう広い範囲ではないので、しばらく待てばどうにかなるかな…と思って30~40分待っていたら、予想通りやんだ。

 ほっと思って走り出したところ、すさまじいまでの悪寒に襲われた。

 …寒い!

 考えてみれば、「土曜は暖かいが、日曜は冷える」という、寒気の襲来の予報も出ていたし、アメダスで見たときは波状の雨雲が来襲していた。

 こりゃ寒気の流入による雨雲じゃん!降った後に冷える訳だよ。

 雨宿りしていたときは動かないのであまり気にならなかったが、そういえば無意識に上着を着込んでいた。

 そして走り出すと、より寒風がおいらを遅い、ゆっくり休んで体温が落ち着いていたおいらを襲いやがったわけだ。

 めちゃめちゃふるえまくるおいら。その日の装備で一番厚着したものの、それでも寒さの余り、意識が遠のきそうになったり…。

 ただ、帰らないわけにもいかないし、寒いからの悪寒とふるえ…とくれば、別にそのまま風邪を引く…というわけでもないので、あえて体をふるえさせた…っつーか、ふるえて全身の筋肉を運動させ、体温を必死に上げさせた…ら、落ち着いた。ほっ。

 いや、びっくりしたな、あれは。人気のないところだったからよかったものの、街中だったら自転車漕ぎながら歯までがちがちならしながらふるえている様を見られてどうなったことだろう(^^;)そっちかよ。

 ただ、どうしたら良かった…ってのがよくわからんので、「どういう天候にも対応できる装備をしておかないと」…って教訓くらいしか導きだせん(^^;)。

 …まぁ…、最初の遅刻30分が無かったら、意外とどのトラブルも回避できたような気もするが…(^^;)。

教訓:
 起きるときはしっかり起きる…か?(^^;)ぉぃ

 まぁ、その後は普通に帰れまして、なんとかその日の内に自宅にたどり着きました。

 走行距離170kmでアベレージが前回と同じ…というのは、のんびり横浜観光も含めての話なので、アテにしないことにします(^^;)。

 まとめは…別記事で。

« 衣服の値段 | トップページ | 三浦半島一周まとめ »

コメント

乙カレ~(^^;

見事伝説達成ですね、オメデトウございます(^^)
A-Bike、もう暫くしたら国内販売なので
その頃に是非ご検討頂ければ幸いです。

乙カレ様でした。(^^;)
最後の方はかなり過酷な行程だったようですね。

前半抑え気味だったんですねー。オイラにはギリギリ苦しく
ない感じでした。いやでもまじで後半は鬼神のような走り
だったっすよ。バイクとの火花が散るような(?)バトルも...
後ろで大笑いしてました。

 お疲れ様です。
 あの雨だったので、無事に帰れたか少々心配でしたが風邪も引かずにすんだようでなによりです。
 にしても、ずいぶんネタにしてくれるじゃありませんか(^^;
 言い訳になるけど、モールトンとノーマルのBD-1ですよ?
 フルデュラーエース20速、とアセラ8速ですよ?
 Zガンダムにアッガイで勝負を挑むようなものでは…。
 (ブロンプトンのとおーつかさんがしっかり追走していらっしゃったので言い訳にもなりませんが…(^^;)
 ただ、あの速度での長距離はちと辛かったです、何より姿勢が…。
 とりあえず、サドル位置変えてポジション見直してみます。
 それでも駄目なら…、別の手段を考えねば。

あー、あそこのラーメン屋に寄りましたか。
確かにCR沿いで寄りやすい場所なんですけど、開店が8時半だか9時だかだったので、そう利用する機会も少ないかとw
あと、自転車で疲れている後半だと、なんでも美味しく感じてしまう気もしますな(^^;ゞ
クリスマスで寄ったダイソーからもうちょっとだけ脚を伸ばしてもらえる余裕があれば、わたくし推薦のラーメン屋を
ご紹介させて頂きます。

最後のカレー屋では、本当に伝説というか“奇跡”が起きるんじゃないか?と期待していたんですけれど、
さすがにちょっと無謀な挑戦でしたね(^^;ゞ
雨が来た時は本当に皆さんで心配しましたが、無事の帰宅=伝説達成で何よりです。
次は輪行でカメラ三昧したいですねw。ではまた。

思い出した!
「アベレージが前回と同じ…」というのは、もしかして
トイレ休憩の度に拝御さんが BSM + BD-1 の四輪走行とか
かくれんぼしてたからでは? (^^;)

ん~?なんのことかなぁ~?

うむぅ、魚残念。
あえて突っ込むとカレーのモコモコですな。
ロコモコはハワイの・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13889338

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの顔を持つ男:

» 幸せな食卓@三浦半島(前編) [果てしなく、自転車操業録]
【武山駐屯地(少年工科学校前)】 10日の土曜日、拝御さんの【ぐるっと三浦半島1周旅!】企画に、半分お付き合いしてきました。 半分というのは、とてもスタートからご一緒して完遂する自信が無かったからです(^^... [続きを読む]

« 衣服の値段 | トップページ | 三浦半島一周まとめ »