2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« …って | トップページ | 東京マラソンのこれから »

2007/02/19

輪行啓蒙を考える

 鎌倉に芋を買いに行ったエピソードの際ですが、2回ほど輪行と小径自転車の啓蒙活動を行ったっつーか、なんというか。


 まず新宿駅にて。置き石で目的の電車が遅れることになり、仕方なくホームで折りたたんだブロに腰掛けてぼーっとしていたところ、女性から声をかけられた。

 曰く、自分も自転車を電車で運べるようにしたくて折り畳み自転車を買ったのだが、なかなか重く、不便で実行できてないとのこと(どうも量販店で安物折り畳み自転車(良くてYAMAHON)を買ったらしい)。しかしおいらのブロを見ると、輪行袋をかぶせているとはいえ、見れば下にキャスターがついている。ころころ転がせるのは便利そう。そういうのは最初からついているのか、ついていなければ後からつけられるのか?…とか。

 ひたすら暇だったので、しかし不意を突かれたのでちっと要領を得ない回答をしてしまったが、とりあえず「“輪行”とネットを検索すれば、そうしやすい自転車とか色々あるのがわかる」みたいなアドバイスをしておいた。


 また、鎌倉の海岸近くのアウトドアショップでは、ロード系の女性サイクリストが「小径車も持っているけれど、折りたたむのが面倒だし、荷物にもなる。ロードの前後輪を外してまとめた方が、早いし、省スペース」…という、妙ちくりんな話をしていた(^^;)ぉぃ。

 なので、ブロやらMC-1幻などを見せたところ、「これなら折り畳み速そうだし、持ち歩き簡単そう」と納得してくれた。

 まぁ実際にそういう自転車を手に入れて輪行するまでにたどり着くかどうかは別問題だけれど(^^;)。


 今更ながら、普段から輪行本を持ち歩かなければいかんかなぁ…とか思ったり(^^;)。しかしともあれ、思うところは2点。

・意外に女性陣に小径・折り畳み自転車による輪行はウケるんじゃないか?潜在的需要とか掘り起こそうと思えば掘り起こせるのではないか?
・ただ、そのための情報が不足しまくっているし、それにまったく向いていない小径車が氾濫しすぎていて、誤解を招いている可能性がある。

 …ということ。

 後者はわかりやすいと思うが、これは量販店などにある格安品のこと。勿論それ自体を否定する気はないし、駐輪場が無くて玄関に置くのに折りたたむ必要が有れば、それだけで十分存在意義のある自転車だと思う。アパート住まいなどが多い地域だと、そういう需要もあっておかしくないと思う。

 ただ、それだけの話であり、輪行は念頭にない。当然向かないので、それ以外のものが必要になってくるのだが、輪行向けの自転車ってなかなか目に付かないのよね。

 だから輪行を行うまでに至らない…という気がする。

 しかし、勿論2人だけ見つけて「1人いるなら100人いるんじゃないの?」と短絡して考えるのもどうかとは思うけれど、結果的に輪行出来る自転車を見つけたところでも、男性には可能なことでも女性には無理…と思わされることの方が多くないだろうか?

 つまり、重さとか、取り回ししにくさ、価格…とか、その面でどうしても物怖じしてしまう…ということがあるのではないかと。

 周りに経験者がいるかどうか、輪行の旅を誘ってくれたり、つきあってくれる人がいるかどうか…というのも問題になってくると思うけれど。


 まぁそんなわけで、なかなか輪行の情報が本当に欲している人に届かない、そもそもそれを「輪行」ということすら知らない人もいるのではないか…とも思ったり。

 おいらもまだまだ色々活動しなければいけないような気も…って、イベント領布の輪行本だけで何の効果があるのだか…(^^;)。


 まぁそんなわけで、とりあえず輪行啓蒙、それも女性向けを…と考えると、一つの解に輪行に適した自転車をもう少し頑張る…という策があると思う。

 例えばブロンプトンって結構女性受けするんだけれど、持たせてみるとやっぱり重い。勿論「転がせば、重量が響いてくる機会はそうそう無い」というのはやっている者にしては身にしみているけれど、未経験者としては実感がない分、なかなかとっとつきにくい。

 なんにしても軽いものにし、またオサレ度も上げてみた方がいいのではないか…と。

07021901 例えばA-Bike。軽さと値段で結構なんとかなりそうな気も。うまくショルダーベルトを掛けられるアタッチメント、またタイヤ、折りたたんだペダル部分を覆う袋とかあると、汚れも気にしなくていい…といったお手軽輪行キットとかできねぇかね。

 まぁそれでも女性にゃぁ重いような気もするが(^^;)。なんか折りたたんだ時用キャリー化キットとかあるといいような気もするね。…単に本物のキャリーを持っていればいいだけか?(^^;)A-Bike自体小さいから、さくっと入るってか?

 それに、カラーリングが黒一色というのは味気ない。袋も含めて、もう少し明るいカラーとかが欲しいところ。


 KOMAのカラーの種類が増えたのって、そういうマーケティングが働いたのでは?…と思うところもある。

 KOMAも重い車体だけれど、タイヤの小ささと、それ故のフットプリント(?)の小ささによる置き場所の楽さ、電車内での起きやすさなどを理解されやすいと思うのだが、どうだろう。

 ただ、価格が…ね(^^;)10万はとっつきにくいよな…さすがに。


 ストライダはどうなんだろうね?

 カラーリングも色々あるじゃないですか。フレームも簡素というか、単純だし、メンテナンスも楽そう…というか、フリーメンテナンスに近い(ベルトドライブってところで)。

 しかし折りたたんだときの図体のデカさ、また坂の多い日本における、ギア1段…というので魅力が不足しているかも。


 他には…Mobikyとか…なんとかという、キャリーに化ける自転車とか、色々あったと思うが、一長一短というか、いまいち決定打に欠けるというか…。


 思うに、個人的に一番てっとり早いのは、初代MC-1を女性向けデザインにすればいいのではないか…とか。

 重さはアレなんだけれど、ころころ転がせる様が先に目に付くのでそれほど問題視されないのではないかと。それ以上に荷台をキャリー代わりにできるという点でニーズも増えるのでは?

 問題は、デザインが無骨すぎること。個人的には機能美と思っているが、そんなんニッチな見方ではないかと(^^;)。

 無論、ピンク色に塗れば済む問題だと思わないし、フレームの形状から考えないといけない気がする。

 なにより変形機構が若干複雑。おいら自身はやったことないのだが、力も少々要るの?機構そのものを改変しろとまでは言わないが、同じ事を手軽にする方法はないだろうか?

 それらの問題が解消されて、フレームデザインも含めて女性向けになり、かつ荷台は今まで通り使えて荷物なり、疲れたときに座って休めるようになれば、相当イケるように思えるのは気のせいだろうか?

 MC-1って確か東急ハンズにも販路、なかったっけ?それと同じラインに乗せられれば、そういうのにアグレッシブな女性は東急ハンズに来る…とまでは言わないまでも、他の輪行用自転車よりは目に付きやすいのでは?


 まぁ、「フレーム変えろ!」と言っている時点で、全然てっとりばやくないのだが(^^;)。

« …って | トップページ | 東京マラソンのこれから »

コメント

う~ん、確かに輪行を楽チンにする情報というのは欠けているように見えますね。だから安い折り畳みを買ってみたら「重くて大変っ」とかいうことになって二度と畳まないってケースが多いんじゃないかしらん。
こうなったら拝御さん自ら畳んで転がすところをビデオにとってYoutubeへアップするしか。

そうでした。
普段は『自分の都合』という視点でしか輪行を捉えてませんでしたが、公共交通機関利用での自転車持ち込みには、
その行程を往来で披露する事によって、『第3者に自転車の活用を促す』という側面もあるんですよね。
色んな人に声を掛けられたり、好奇の視線を向けられたり・・・w(^^;ゞ

そういう視点から見ると、ブロンプトンは本当に良く出来ている自転車だと実感します。
電車内でのスペースの取り方が、我がDAHONと比べると省スペース性で圧倒的に秀でていますし、何より転がして運べる
メリットは、MC-1と並んでコロ装備自転車としては1・2位の出来栄えでしょう。

A-Bikeは走行性というか安定性が普通の人(特に女性)には厳しいかも・・・。
KOMAはおっしゃる通り、やはり価格がネックですね。
個人的には、エクスウォーカーが剛性見直しをしてもうちょっと軽くなって収納時に自立するタイプになれば
いいのになぁと思います。
そんな改良したら、唯一(?)のメリットである値段が跳ね上がっちゃうような気もしますが・・・(^^;ゞ

女性向けだと、やっぱトランジットコンパクトあたりがよさそうな感じがしますね。
カラフルだし、直ぐに畳んで転がせて、形もお洒落。
股下が短いけど、女性にはちょうど良さそうだし。
内装三段当たりにリニューアルしませんかねぇ。
和田サイでカプレオ仕様が出たみたいですけど。

トラコンはカッコ悪すぎだろう。全体的なコンセプトはともかく、チューブをツブしたようなフレームが女性に受けるとは思えない。

和田サイモデルみたいにアレンジを加えてデザイン整えたら別だけれど、それはそれでごてごてするような印象を与えかねないし…。


ブロはねー、重いし、転がす際の安定性はよっぽど気をつけたモデルじゃないと、女性には逆に扱いにくい気もするなぁ。単純にデカいころころを取り付けた俺のなんか、重心が狂って、ヘタに転がすとハンドル方向に転がるもんなぁ…。

これもちょっと考えてみますか…。考えたところでどう…ということもないんだけれど(^^;)。

無印良品でもトラコンを売ってますよ。もちろんOEMで色は白。
色で毛嫌いされるならこちらもアリかと。

商品名は「スチール折りたたみ式コンパクト自転車 基本形」

最初見たときは、粗悪コピー品かと思ったほどですから(笑
ただし、自転車屋さんじゃなくて無印で購入するため、整備が行き届いていないケースが懸念されます。

肝心な事書き忘れました。

DAHONのハンソロはデザイン良いと思うですよ。
転がせないけど。
友達(女)では上記のハンソロが良いという人がいたり、ブロンプトンを買いたくてカタログもらってきた人がいたりと、そんな感じです。

で、ここから啓蒙活動に入るわけですが、
やっぱりant良いです(笑

・折りたたみらくちん。
・畳むと薄いから、電車の出入り口に置いてもぎりぎり邪魔にならない。(けど、上下前後にややでかい)
・片手で転がしやすい。改札通るときも楽。
・階段上るときに、持ち上げやすい。

・よく走る。

実はモールトンみたいにフレームにも腰掛けられるし、キャリアにも腰掛けOK。

デザインはヘッドマークとロゴがかわいいと思います。
決め手はフレーム形状の好み。……と値段でしょうか。

値段はともかく(ぇ)、デザインが気に入らないと、他が良くてもすべて台無しになりかねませんから(^-^;

antはいいよ~!悪いなんて思ったこと無いよ~。まぁ、清掃は大変そうだけれど(^^;)。

ただ、私にとって一番のネックは、

「まだ発売になってなかった」

これに尽きます(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13971765

この記事へのトラックバック一覧です: 輪行啓蒙を考える:

« …って | トップページ | 東京マラソンのこれから »