2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 楽しい運動と… | トップページ | アニメ裏話? »

2007/01/09

モノクロ用フィルターリスト

 なんだか、M8の話題ばかり続けてすみません(^^;)。いやもう、たのしくって。もう少し経てば落ち着くと思いますので、もうしばらくお待ちを(^^;)。

 しかし、同じデジカメなんだから、R-D1のネタもたまには…ってことも考えてみたり。

 ちっと最近忘れていたが、M8を手にする前にちろっとモノクロ写真にハマった。いや、今も撮りたいな…とは思っているんだけれど。

 M8でも撮れることは撮れるんだけれど、R-D1は更にモノクロ撮影時にモノクロ撮影用フィルタ装着をシミュレーションできる。

 フィルター色は黄色・オレンジ・赤・緑の4種。おお、これは面白いな…というところなんだけれど、ちょっと待て。そういえばおいら、各々どういった効果があるのか、よくわからない(^^;)。

 RAW撮影してしまえばEPSON Photolier上でシミュレーションできるが、撮影データをいくつか操作してみてもいまいち効果がわからない。

 なんかいい手引きとか無いかなぁ…と思っていたが、ある日、ふとNDフィルタの箱を覗いてみたらカタログが入っており、それにモノクロ用フィルムのカタログと共に、こういうのに使えます…という注意書きが書いてあった。

 それによれば、


○黄色フィルタ
・人物や風景・スナップなどの撮影に適しているとのこと。…万能?
・青空の中の白い雲をすっきり浮かびあげる…ということなので、大概の条件でコントラストを引き上げる…ということだろうか。

○オレンジフィルタ
・より強いコントラストを実現 建物や樹木、彫刻などの質感を克明に描写…とあるので、黄色フィルタよりも強いコントラストを作るものの、人物の肌などの表現にはキツすぎてしまう…ということなのだろうか。しかし逆にディティールを誇張したい場合にはいいのかもね。
・望遠レンズの遠景撮影に適している…とか。…これはよくわからんな(^^;)。

○赤フィルタ
・フィルタの中で一番強いコントラスト…ということなので、黄<オレンジ<赤…ということか。
・「遠景描写を克明に」「超コントラスト効果によって非現実的」「図案的な撮影」とあるので、そのような状況に応じて選択…ってことやね。
・赤外フィルム撮影に欠かせない…って、これは関係ないか。M8だったら…(^^;)ぉぃ

○緑フィルタ
・ポートレートや風景撮影に適しており、人間の視覚の感じ色度に近い吸収性能があるので、皮膚の感じをなめらかにしたり、樹葉の緑などを鮮やかに表現…とあるので、先の3つとは違って、階調にやわらかさを出したいときに使用…という考え方でいいのかしらん?
・赤みの強い写真電球光下の撮影に効果的…ってのはホワイトバランス次第かも。


 …覚えきれないな(^^;)。[es]にでもリストを放り込んでおこうかな。まぁこれでモノクロ限定撮影で楽しむ…って手もあるかもな。


 ちなみに、M8でどうしても慣れないのがISO設定。明るい場所から暗い場所に移動すれば、大概シャッタースピードで「あ、感度を上げなければ」と気がつくのだが、その後明るい場所に移動した際、ISO設定を戻すのを忘れてしまう。感度を上げたままでしばらく撮影を続けてしまい、せっかくの明るい場所でもノイズばしばしな写真ができあがってしまうわけだ。

 視覚的にISO値を表示するものが一切無いため、どうしても気がつかないんだよね。その点、R-D1はよく目にするトップカバーに大概の情報が表示されているわけで、すぐに気がつきそう。

 …っつーことで、明暗激しく場所を移動する場合は、R-D1の方が使いやすい気もするわけで。距離計を考えれば、被写界深度の深いレンズ必須と制約が出来てしまうかもしれないが、まだまだR-D1も出番が多いかも。

« 楽しい運動と… | トップページ | アニメ裏話? »

コメント

お、なんか懐かしい情報。(^^;)
色フィルターの使いこなしはモノクロ時代には
常識でした。最近ではほとんどカラー撮影が
当たり前だから失われつつある情報なんでしょうね。
あとフィルムの場合はデコード処理(引き伸ばしとも
言う)でも色々とありましたっけねぇ。

モノクロで使ってたのはもっぱらトライXかネオパンSSでした。
一度だけSLを取りに行った時に何の気無しに入った写真館で
当時幻になっていたネオパンSSSが見つかった時は狂喜乱舞した事もありました(^^

引き延ばしがデコードかあ。確かに言われてみるとそうかも。
4つ切まではやってましたね。

しかし考えてみれば、PhotoShopでコントラスト加工なんて当たり前ですし、なによりRAWで撮影していたらモノクロモードでもカラー情報は維持され、カラーで現像、PhotoShopでカラーレイヤーでもかませたあと、グレースケール化してコントラスト調整…とかしたら、フィルタ、要らないなぁ…(^^;)。

…まぁ、その場で再生することもあるし、やっぱシミュレーション機能的でもあった方が面白いですけれど。

黄色フィルターは補色である青を吸収──赤と緑のみが通過、或いは反射するので黄色く見える──つまり、フィルムに届く青空部分の光量が減るので、ネガフィルム上では白く抜け、プリントでは空が暗く表現されて、結果、コントラストが上がるわけです。
緑フィルターは樹木をバックにしたポートレートなどで緑を明るく表現し、補色系の肌色を落とすので、顔が白飛びすることもなくバランスのよい露出が得られるというわけです。こう理解した方がフィルターワークの応用が利きますね、、、昔の知識(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13400385

この記事へのトラックバック一覧です: モノクロ用フィルターリスト:

« 楽しい運動と… | トップページ | アニメ裏話? »