2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 8mmの必要性 | トップページ | やっぱり寒い »

2007/01/13

写真の撮り方あれこれ

 ちょっと、最近のおいらのカメラの傾向の話でも書いておきたい。なんかいつも書いているのと重複する部分もあるかとは思うけれど(^^;)。

 …えと、レンジファインダー機といえば広角の活きるカメラ…と言われているようで、実際おいらもそう思うところもあるけれど、今のところおいら自身は「広角よりも標準、望遠」に面白みを見いだしている。

 広角だとなんでもかんでも入り込められるので「楽」ということもあるが、逆に「何を見せたい」というのを明確化しにくいという弊害もある。

 また、「男なら寄って撮れ」という意向もあったのだが、自転車という荷物があって容易に寄れない場合、望遠で遠目に被写体を捉えざるを得ない状況の方が多くなってきている。

 なにより、捉えたいテーマを絞り込んで画角でトリミングする面白さもあり、特別の理由(友人と一緒の旅、明らかに広い範囲が撮影対象となる前提の旅、等々…)が無い限り、28mm以下の広角は使おうと思わない。


 そんなわけで、広角寄りでもウルトロン35mmか、ジュピター12(35mm、センサーをふさぐほどの後ろ玉なので、R-D1と同じく露出補正-1~2くらいしないとならない)、標準域ではノクトン50mm、望遠域でたまにエルマー90mm…といったところを使っている(エルマー90mmはまだあまり使用してないけれど。ちなみに、L→Mマウントアダプタの内、28/90mm用を所有してないが、なんか50/75mm用の75mm用フレームが90mmでも問題なく使えるみたいなので、当面それで行こうかと考えている)。

 なかなか楽しくレンズセレクションしているが、なんとはなしにエルマリートM135mmF2.8が欲しくなってくる。

 あまりそこまで望遠用途は無いんだけれど、鏡胴に眼鏡が付いている独特のスタイリングがいい(^^;)それかよ。

 マップカメラに中古の在庫があり、そう高くないので惹かれている。パースを消した望遠の味を…という気がしないでもないのだが、どうなんだろう?M8で使えるのかな?

 装着は出来ると思う。ただ、Mマウントで135mmフレームを表示させると思うのだが、M7まではそれでいいんだけれど、M8は135mmフレームは24mmフレームに換えられているからな。ファインダー倍率も0.68倍で、ライカ自ら「135mmレンズはピント精度を期待できない」と現行レンズの6ビットコード付加もしてないくらいだから…。

 眼鏡がパララックス補正のみならず、拡大鏡の役割も担い、後述するマグニファイヤーも併用、手動操作で90mm枠を目安にして写す…ってことも可能だと思うのだが。しかし、ホールドが危うくなってくるし、手ぶれとかも出てきて扱いにくくなっちゃうかなぁ…。やめておいた方がいいかな。


※調べてみると、使用するフレームは90mmで、それを眼鏡で1.5倍に拡大する…という使用方法らしいので、むしろM8で使いやすい…のかも。


 …でも、眼鏡は欲しいなぁ(^^;)。…DRズミクロン50mmとか狙ってみるかな。

 50mmレンズはすでに持っているけれど、ノクトンはデカくて携帯には向かないし、ジュピター8はコンパクトで、柔らかい描写をしたい時にはいんですけれど、シャープに撮りたいときには力不足だし…。

 DRズミクロンならズミクロンとしてコンパクトに使用でき、かつ描写も信頼できるし、なにより50cmとはいえ、接写ができる…という今までのおいらのレンズのラインナップにない用途が増えるのがいい。比較的安価らしいし。

 しかしこちらの記事を見ると、ホロゴン15mm F8、DRズミクロン50mm F2、1954~68年製造の沈胴式エルマー90mm F4はM8に装着不可とある。

 …えっ!?うそぉ~ん…。ただ、確かにホロゴンは後玉かマウント部の関係でダメなような気がするし、エルマーは沈胴の長さが問題で装着できない気もする。

 しかしDRズミクロンはどうだろう?眼鏡付きは他にもあるし、それが理由には思えない。マウント部も普通だし、後ろ玉がスーパーアンギュロンより突き出ているようにはなっていない。

 他の記事にはそれらのレンズに「6ビットコードが付加できない」という記述もある。

 なんかマウント部に6ビットコードを付加できない構造的問題があるだけの話か?だったら気にしないぞ?(^^;)

 しかしよくよく調べてみると、こちらのページこちらのページで確認させてもらうと、近接アタッチメントの構造が特殊で、M8に限らずいくつかのライカカメラにも元々装着できないらしい。

 しかしこれまたリンク先にもあるとおり、多少の細工で装着可能だそうで、M7などの非対応機種にもきちんと装着できているらしい。むぅ、だったら良さそうだな。

 今度店頭とかで確認してみようかな。まぁ買う余裕(財政)がある時になるけれど(^^;)。

 RF機はスナップに最適…と考えているが、RF機しか持っていない身としてはポートレート(コスプレ写真なんだけれど(^^;))もRFでこなさなければならない。

 一眼のように狙ったフレーミング通り…というのが難しいわけだが、逆にその困難を乗り越える(?)楽しみもあるので、これはこれでいいなぁ…と思っている。

 無論、失敗も多いのだが、数こなせば段々と慣れてきて、一人の時には迷うことなく自分なりの構図とピン合わせもできてくる。

 ただ、距離1~2mの距離でF1.5なんて明るいレンズを絞り開放で使うと、かなり被写界深度が浅い。こういう時起こるのが…コサイン誤差だろうか?

07011401 二重像合致式なファインダーな場合、当然ファインダーの中心で二重像を合致させるわけなのだが、これを当然モデルの目で合わせようとする。(赤いライン)

07011402 しかし構図としてはファインダーの中心が目だとすると、上が開いたり、下が詰まったりしてよろしくない。ピンを合わせた後は構図を合わせるべく、ファインダーを下向きにする。(青い矢印の動き)

07011403 すると、カメラは弧を描いて向きを変えるのでピンの範囲は変わらなさそうだが、

07011404 「ピンが合う範囲」というのはどうも平面上らしく(右の赤いライン)、「弧」を描いてしまったカメラにより、ピンの合う範囲が後退してしまうらしい。(青いライン)

 結果、ピンを目に合わせたつもりが、耳あたりににピントがあってしまい、目が若干ボヤけてしまう…という現象に見舞われる。

 これが「コサイン誤差」…ってことでいいんだよね?

 解決策としては、その誤差を見込んで鼻の頭でピンを合わすとか(足りないか?)、被写界深度を少し広く取るとかするしかないと思う。

 ただ、シビアなピンあわせが必要…というのは変わりないので、ちっとマグニファイヤーという、ファインダー拡大鏡が欲しくなってくる。

 しかしこれが純正だと3万円前後…という結構な値段(革製の超小型ポーチなどがつき、使い勝手は抜群っぽいが)。おいそれとは買いにくい。

 …ので、サードパーティ製を探す訳なのだが、それでも1万数千円だったりする。…ううっ。

 中古を狙いたいが、そもそも「RFは広角」という認識が一般に広まっていると、あまりファインダーを拡大したいという意向が無いようで、使っている人自体がひょっとしたら少ないかも。そうなると当然中古にも流れてくるのは少なく…っていうか、見たこと無い。

 …店頭品を買うか。んでもサードパーティー製は小さいレンズのみ…って感じでものぐさなおいらは無くしそうだ。そうするとポーチやチェーンなどのついている純正はかなり使いやすそう(カメラのストラップにとりつけたりすることもできるようで、なおさら無くしにくい)で、かなり心惹かれる。うーぬ…。


 まぁ、心惹かれるアイテムはさておき、ポートレートの話の続き。被写体が一人の時はもう慣れたもの…ってことになるが、意外なことに二人になると、かなり迷う俺。

 考えてみれば昔から、イラスト化を考えれば一人の方が手間がないし、二人になれば手間がかかる。集合写真なんかを考えればなにをかいわんや…であり、そもそも撮ろうとも思わない(^^;)。

 しかし二人程度なら…とたまーに撮るのだが、たまーにであって、かなり経験不足。そこへ持ってきていきなり明るいレンズをもってくると、開放ばかりで撮っていたから、片方がボケるボケる(^^;)。

 …って、別段難しい話でもなくて、絞りを有る程度絞って、被写界深度を広くすれば両被写体を被写界深度内に収められるので問題ないはずなんだけれど、どーも頭が固いのか、そういう臨機応変さが効かない。

 また、片方にしかピンが合わせられない…というのならそれはそれで手前の被写体にピンを合わせればいいんだけれど、何故かわからないけれど、「奥」のポイントを選ぶ癖がおいらにあるみたいで、女性が二人並んで、しかし若干奥行きがあった場合、手前の人が豪快にボケている…という妙な構図になったりする。

 これは人物だけに限らず、台車の件でもそうで、なんでか奥の方に逃げちゃうというか…ボヤけた手前の方に申し訳ないというか(^^;)。

 それが演出意図で、それがくみ取れる画になっているならいいんだけれど、構図的に奥に合わせる必要性がなんら無いんだよねぇ…。何の癖なのか?

 まぁさすがに数枚撮っていたところ、被写界深度を広くして…という対応に慣れてきた。

 なにはともあれ場数だな…と実感した次第。まぁポートレートはそうそう場が無いので、スナップは自転車の旅も兼ねて、友人を撮りまくって慣れるしかないな…とも思ったり。

 でも自転車であまり持ち出しすぎると距離計狂いとかが心配(^^;)。

 R-D1の場合、その調整は工場送りで結構時間がかかるらしいのだが、M8の場合、ライカの銀座店で、窓口の開いている時で混んでさえいなければ、1時間くらいで3,150円くらいで調整をやってくれるらしい。

 いざというときのリスク管理を考えれば、なおさらM8の持ち出しが増えそうな気が(^^;)。

« 8mmの必要性 | トップページ | やっぱり寒い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13489868

この記事へのトラックバック一覧です: 写真の撮り方あれこれ:

« 8mmの必要性 | トップページ | やっぱり寒い »