2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 旧みるきぃ組の方々へ | トップページ | 欲しいフィルタ径は… »

2007/01/02

M8のマゼンタ被りを考える

 M8を使う際、問題になるのは赤外線問題だったりする。

 従来のMシリーズより若干筐体が大きくなってしまっているとはいえ、かなりコンパクトな筐体に収めてしまったため、CCD前面の余裕が無く、ローパスフィルタを外したりなんだりしているらしい。

 ローパスを外すと言うことはモアレ処理が問題になってくるらしいのだが、代わりにシャープな画像が得られるという利点もあるらしく、むげに非搭載を否定できない。むしろ個人的には歓迎したいところ。

 ちなみに、モアレに対してまったくの未対応か…というとそうでもないらしく、ソフトウェア処理で対応するらしいが…詳しいことはよくわからない(^^;)。今のところあまり問題になるような被写体を撮っていないから…かもしれないが。

 ともあれ、普通のデジカメとはちと違うコンセプトで組み立てられているM8なわけだが、日本発売の1~2ヶ月前にアメリカ・欧州で発売になった後、ちと問題が発覚した。

 非常に赤かぶりしやすいらしい。(注:他にも不具合がいくつかあるが、一応ファームウェアのバージョンアップで対応したり、個人的にはあまり問題にならないシーンでの発生かも…と判断して、ここではとりあえずさておく)

 原因は至って明確で、CCD配置部分の前面をできるだけ狭くするため、赤外線に対するフィルタをはめなかったり、コーティングをしなかったせいらしい。コンパクトにしなければならない以上、どうしてもそうせざるをえなかったらしい。

 …しかし、だったらだったで最初からアナウンスして欲しいところ。発売後にユーザーが見つけて「発覚」って話にはしないで欲しいなぁ…。

 ただ、この赤被りも、そうそう特殊な不具合でもないらしい。過去の国産デジカメの一部でもそのような症状が出て、そのモデルではさして対策も取られなかったらしい。

 ライカは一応「UV/IRカットフィルタを2枚無償添付」という対策に出たので、まだ対応している内か…ってことになるのかな?

 また、そもそも特定条件下くらいでしか発生しないらしい。

 赤外線がばしばしでるようなものなのか、タングステン照明の下の、とある繊維(でもシェアは広い)の黒い色の衣装が影響を受けるということで、逆に日光下だと変わらないらしい。

 他の影響としては、赤外線リモコンの発光が写ってしまうってことか?

 ビデオだと実はここら辺当たり前の性能なので、デジカメでもCCDである以上、それも当然かな…と思っていたりもしたのだが、赤外線対策を施していると、その手の光はフィルタリングされ、あまり写らないらしい。ほうほう。


 いずれにせよ、特定条件下のみの発生なら、あまり気にしないようにしようと考えていた。

 しかし夜景を写すと、妙に照明が肉眼の見た目よりも明るく写っている気がする。

 見えていない赤外線の発光が、しかしCCDには捉えられ、照明をより明るく表現してしまっているのかもしれない。

 まぁぁぁ…、これは露出補正とかすればいいのかな。デジカメなんだから、すぐわかる話だし。


 しかし、これでもかーっ…と問題が発覚したのが、埜庵の2階で友人とかき氷を食っていたときの写真だった。何気なく50mmとかで友人を撮ったのだが…。

 そういえば埜庵の2階って、いい照明を使っているのか、暖かながらも明るい照明で、落ち着いた空間を演出している
暖かみの演出か、暖色のような光になっていた。

 だからなのか、赤外線もばしばし出ていた模様。


 具体的にどう写っているのか…といえば、何気なくRAW(DNGフォーマット)で撮影し、PhotoShopCSで現像しようと
RAW現像エディタが立ち上げると、ほとんどみんな赤ら顔になっているのだ。

 一応全体的に暖かみが増しているのだが、均一ではなく、特に顔は明らかにほお紅をつけているような感じ。

 「特定の照明下の特定の衣装の黒い部分だけ」というのは一体?

 …まぁ埜庵の照明が相当特殊だったのかも…という推察もあるが、蛍光灯下でも黒い衣装が赤被りしたという証言もあるし(条件が違っているので一概に並べて考えるのもどうかと思うが)、ひょっとしたら赤外線問題は室内撮影では特殊な事例では無いのかも。


  …と、ここで冷静になって考えてみた。…そういえばM8にはCapture One LEがついていたな。早速それをインストールし、M8の設定をしてからRAW現像させてみた。

 …あれ?マゼンタが被ってない。至ってまともな色調だ(黒い衣装は無い)。

 また、RAW撮影時に同時記録したJPEGファイルも確認してみると、そちらもいたってまともな色調だ。あれ?

06122806 左がRAWデータで、右がM8で同時記録したJPEGデータ。CaptureOneで現像したデータは掲載していないが、大体右と同じ色合い。

 考えてみると、RAWはCCDが受けたデータをそのまま記録しているので、赤外線が当たっていればスルーしてCCDに届いているので、必然的に全部の被写体に影響があるはず。そう考えれば、当然のデータ…か。

 ただ、デジカメやら何やらはCCDの情報をそのままJPEGにしているわけでもなくデジカメ本体だったらファームウェアが、現像ソフトならデジカメ機種に対応したカラープロファイルを参照してCCD情報を解析し、ファイルコンバートを行って本来の色調に直し、JPEGファイルなりを生成しているはず。

 これで基本的に赤外線照射による変位が修正されているのではないかと。

 ただ、特定の繊維の黒い衣装だけが、それらの処理に追いつかなくて、「マゼンタ被り」として残ってしまう…ということかな?

 で、以前紹介した、野本さんがライカフォーラムに掲載されている…と紹介してくれたM8用マゼンタ被り対策用カラープロファイルは、若干緑を犠牲にしてさらに補正してくれる…といった解釈で納得していいのかな?

 それだと何となく納得できる。


 さらに考えれば、PhotoShopCSで現像した時はなんで補正してくれんのか?…と思うこともある。

 これはそもそも、RAWを読み込むプラグインが、R-D1に対応したことのバージョンなので、M8とか前提としていないからかもしれない。カラープロファイルの設定オプションも無いみたいだし。

 さらに、M8のRAWデータは比較的汎用のDNGファイルなので、そもそも個別に対応していないのかもしれない。

 最新だとカラープロファイルとか読み込んで対応しているかもしれないけれど。

アドビ、Camera RawプラグインとDNG Converterを更新
~EOS Kiss Digital X/D80/K100Dなどに対応

 …Photoshop CS2でないとダメか?まぁ考えてみればPhotoshop Elements 5.0も持っているので、そちらで処理すればいいのかな。あちらの方がフォトレタッチには便利そうな機能が多かったような気も(^^;)。


 ただ、RAWデータといってもDNGフォーマットを採用しているので、個別機種への対応…ということでもあるまい。カラープロファイルを読み込む機能が無いと、M8の色被りの解決にはならない気がするし、新バージョンでもダメなんじゃないかな?

 まぁ別にCaptureOneだけ使えばいいだけの話なんだけれど、より細かい調整を行いたい場合、使い慣れたPhotoShopの方がいいから、そちらに持って行くとなると…

DNG→CaptureOne→TIFF→PhotoShopCS→JPEG…ってのは面倒だなぁ。


 ま、普通はCaptureOneだけで事足りると考えればいいか。そう考えるとRAWで撮っておけば安心…ということか。

 M8自身がはき出すJPEGも比較的赤被りしていない…と考えたいところだけれど、別の意味で信用できないからなぁ…。

 ホワイトバランスがちっとあてずっぽうだったり、輪郭部があまり綺麗に処理されないとか。

 光源などの白飛びしそうなところの処理もどうかな…という気もする。

 ファームウェアのバージョンアップでいずれはどうにかなりそうな気もするが、当面はRAWに頼らざるを得まい。


 いずれにせよ、結構シビアに赤外線を考えないといけないような気も。なんか対策を施す改造をしてくれれば有り難いが、当面は赤外線フィルタ…ってことになるのだろうか?

 2枚無償提供してくれるらしいが足りるのだろうか?

 全部には要らないと思うが(望遠系とかは要らないだろう)、今度手持ちのレンズの口径を確認してみるか…。


#…なんてテキストを書いて準備していたら、普通の日光の下でも結構赤被りしているな。

06122805

 左がRAWで右がCaptureOneではき出したJPEG。手前から二番目三番目の人の黒いコートが被っている。

 黒衣装だけあって、M8のはき出すJPEGも赤被り。

 赤外線の影響は意外と他にもあって、タイル(?)貼りの広場で直射日光下で撮ったコスプレ写真とかもRAWで見るとばしばし赤被りしている。CaptureOneで十分補正できる範囲だけれど、ちっと考えものだなぁ…。

« 旧みるきぃ組の方々へ | トップページ | 欲しいフィルタ径は… »

コメント

M8買ってるしー。
近所のカメラ屋のオヤジが欲し過ぎて死ぬ程悩んでたよ。(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13305937

この記事へのトラックバック一覧です: M8のマゼンタ被りを考える:

« 旧みるきぃ組の方々へ | トップページ | 欲しいフィルタ径は… »