2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

VISTAで変わるか?

 いよいよ、一般的に(?)VISTAが出ましたな。

 なんか懐かしい深夜販売もしていたそうで。思い返してみれば、Win95の時はおいらも秋葉原まで出向いたっけ。その頃はバイクも自転車(長距離用)も車も持ってなかったから、0時17分秋葉原発の電車に間に合うように…とか四苦八苦したこともあったっけ。

 Win98は沖縄で深夜販売に出たような覚えが。そーだそーだ。1番をでゅらさんに取られたんだっけか。特にそういうそぶりを見せなかったけれど、結構くやしかった覚えが(^^;)ぉぃ。

 Win2000は翻って秋葉原の深夜販売にまた行ったり(東京出張に当たったんだっけか)。RQと記念撮影したのを覚えている(^^;)たしかインスタント写真がまだどこかに…。

 いやぁ、懐かしいな。さすがに今回は行かなかったけれど。

 別段、VISTAに期待してないわけでも、使いたくないわけでもないんだけれどね。ただ、現状はクリエイト作業がメインのPCの使い方なので、ワークメモリが必要なのよん。

 リソース消費量が少ないという意味で当面XPやね。

 まぁ2000の方がさらにいいんでない?…とか言われるかもしれないが、Adobeの一部ソフトはXPのみ対応…ってのもあるしさ(滅多使わないけれど)。


 VISTAに関しては、現在手持ちのハード自体があまり多くのメモリ搭載に対応していない…という敷居もあって、導入しにくい…ということもある。

 ただ、その点に関しては、新機種の最大メモリ搭載量が大きくなっているし、新しいハードの導入からは話が別になってくるものかと。

 パナのノートも最大1GBだったのが、最新モデルでは2GBだったり、ThinkPadも最大3GBとか4GBとかになっているしね。実際その容量にするのは費用的に難しいだろうけれど、2GBくらいなら…。

 OSの使い方にしても、クリエイト作業以外にも、デジカメとか使っていれば、OSレベルでもたくさんの写真の閲覧に向いているオペレーションの方がいいわけで、そういう意味ではVISTAもいい選択なのではないかと。

 ただ…だったらMacもいいよな(^^;)。Aperture 1.5専用機ってのもオツか。でもDNG…っつーか、M8に対応しているか?

アド街('07/02/03分)は…

 武蔵村山市だそうで。

 職場の隣の席のヤツが、地元だ~…と興奮して言っておりました。もっとも、本当の地元はまだ一度もアド街に取り上げられたことのない東大和だそうで、その笑顔の目尻にきらりと光るものが…ぉぃ。

 まぁともかく、アド街といえば、「麦」との出会いのきっかけにもなった、ある意味ありがたい番組。…とは言うものの、その影響力もおそろしいもので、スローライフメドレーとも言えるおいらのコースに視聴者が殺到してもなぁ…。

 おいらも「麦」に殺到した一人だけれど、その時の殺到ぶりを覚えているからなぁ…(^^;)。サンモリノも一時、入りにくかったし…。

 まぁ、「ダイヤモンドシティ」「天乃屋」あたりはランキングされても普通でしょうけれど、そのほかに…知っているところでは、


・十二所神社の焼き鳥(そういえば最近行ってないなー(1年半くらいぉぃ))
・スリランカ紅茶のKANDY
・アイスクリームのベルデ(そういえばまだ誰も案内したこと無いな)


 まぁぁ…、ベルデも大丈夫か。焼き鳥屋はそもそも、紹介されるか非常に怪しい(^^;)。

 しかしKANDYは、行けばわかるが、カウンター席4つという、鎌倉の某うどんやも真っ青という狭さなので、テレビで紹介された日にゃどうなることやら。

 …まぁ、こないだ、あまりそんな話出てこなかったので、取材受けてないっぽいし、そんなことになるとは思えないが(^^;)。


 ま、逆に新名所見つけても面白いか。ただ、これ以上面白いところがあっても、Nebulaさんの言われるとおり、寄り切れねぇような気が…(^^;)。

2007/01/30

自分宛メモ

 …っていうか、サークルカット、描き始めろよ>をれ(^^;)。

 あと、振込もなー。

考え方…というか、視点の違い

 なんとなく、日常の(?)ニュースメモ。

「いじめ調査、協力するな」 北教組が指示

 北教組の言っていることはわかるんだけれど、事の発端が、以前の集計が教師か教育委員会かわからんけれど、数値を細工して上に報告されて「いじめが原因の自殺0」とかいう妙ちくりんな統計になったんだから、回答者から集計者まで間を交えずに集計してみる…ということでしょ?

 それはそれで「統計の一つ」としてやるべきとも思う。

 大体、その調査だけですべて終わるというか幕引きってわけでもないんだし(だったらさすがに怒っていいと思うけれど)、やるだけやればいいのに、目くじらたてて反対するのもどうかな…と。


 この話を読んで個人的に思い出すのは妙なことに、あさま山荘事件の話だったりする。

 …とはいっても、そのものの話ではなく、その後の話…というか、そのときの話を描こうとする話。

 数年前、山荘付近の地元住民の当時の苦労などを特集した番組…か、書籍だったかが出るのか出たのか…だったかと思うが(なにもかもうろ覚えやのう…(^^;)>をれ)、それを当時の警察幹部が先のコンテンツの紹介番組かなにかでインタビューに答えるような形で「一番苦労したのは警察で、それをないがしろにするのはけしからん」…とまでは直接的には言ってなかったとは思うが、そういう趣旨のことを発言していた記憶がある。

 無論、実際に苦労なり、一番働かれたのは警察であるし、死者やけが人も出し、その後の苦渋(超法規的措置とか)などを考えると、察するに余りあるが、それらについては書籍からテレビ、映画(地元住民の話の企画は、役所広司主演の映画の後の話だったりもする)にいたるまで、さんざんっぱら色々語られ、描かれていることであって、それらにあまり取り上げられなかった視点を取り上げたものを一つ追加するに辺り、それを「一番重要な視点が抜けている」というのもどうかと思うわけですよ。


 …ま、その前後の話を無視しての感想なので、おいらの方も横暴なのだが(うろ覚えだし(^^;))、とりあえず本当にそれだけの話…と仮定するならば、先の北海道の件もあわせ、その発言をした人が大局的視野を持てる人なのか、一歩引いて全体なり、自分自身なりを見ることが出来る目を持っているかが気になるところ。

 勿論個々の細かいディティールなどにも目を向ける視点も必要だろうけれど、人の上に立って指揮をする人ならば、逆の、先のような視点を持つ必要もあるだろうし、それを考えた発言も必然的に出てくるはずだし、どうなのかなー…とか思うところなわけですよ。

ごまえ~

 最近なぜか頭の中でそのようなフレーズが流れまくっている。

 いや、最近X360でゲームが出るアイドルマスターがらみでネット上で多々見かけてさ、その記事。で、どんなゲームよ?…と気になって何気なくナムコのサイトに飛んだら、とりあえずプロモーションビデオみたいなのがあって、ふと見てみたら…結構いい曲ね。

 なんか元気になりそうな曲で、繰り返し繰り返し聞いていたらどんどん耳に残って、ふと気がつけば「ごまえ~、ごまえ~」…と繰り返してしまうことに…(^^;)うひ~。

 や~、なんか覚えてしまいそうな勢いだけれど、PVを見ているので、曲よりも先に振り付けを覚えそうで怖いわ。

 …秋葉原だと店頭で曲とかPVとか流していたりするんでそ?…つい踊ってしまいそうで怖いわ(^^;)。

 しかしだからといってX360と一緒にゲームを買うまでには至らない…と思う。前にも書いたがゲーム音痴だし、そういう時間があれば別のことをしてしまう人間なので。

 しかしアイドルマスター自体…というか、世界観というか、…なんか楽しみたいな。…DVDとか出してくれねぇかな?イメージビデオ…っつーの?あるいはPV付きCDっつーかアルバムっつーか、そんなの。

 それこそX360というハードに縛られない、コンテンツビジネスっぽいが、どうだろう?まぁまずプラットフォーム的に360の方などで世間的に認知度を高めないとダメか。…まずはアニメ化か?(^^;)

2007/01/29

入ってはならない部屋がある

 どうでもいいのだが、職場で入りたくない部屋が一つある。

 別にお偉いさんの部屋とか、危険な部屋とか、そういう話ではない。ただの倉庫部屋。書類がずらー…とならんでいるだけ。

 書類を閲覧するために入る必要もあったりするのだが、できれば入りたくない。なぜなら…静電気が起こりやすいから。

 なんかしらないけれど、いや、書庫…ということで乾燥機がかけられたごとく乾燥しているから…だとは思うが、ほとんど部屋に一歩足を踏み入れただけで帯電するような、そんな高確率。

 書庫に入り、反対側の壁にもドアがあるのだが、そちらのドアまで歩み寄り、単に素通りしただけで外に出ようとドアノブに手をかけただけで「バチン」と来る。

 それが夏でも。

 オールシーズン、ともかく帯電する。…ので、その部屋での必須事項は、たえずどこかを触って放電する、ドアノブを触る前に、ドアの非金属部分を触って放電しておく…とかいったコツがある。

 そのコツが染みつきすぎ、他のドアでもノブを触る前にノブの上あたりを触る癖が身についた。

 おいらだけではない。そのほかの人でも。

 …しかし、そこまで帯電するものなのかねぇ…。まぁ履き物を静電気対策ものにすればいいのかもしれないが、そこまで大事な話でもないのだが…。うーん…。

幻のE03CA

おっ、スタパ先生が「こちら側」のお方とは思わなかった。

カシオのビジネスケータイE03CAの残念感

 おいらもむなしくショップに「扱ってません」と言われた身。ああ、同志(^^;)ぉぃ。

 でもスタパさんの記事のトラックバック先の記事にあるように、個人で契約できている人はいるようです。ショップによって対応が違うのかしらん…。

 どこもかしこも、完膚無きまでに同等のサービスを提供すること…とまでは言いませんが、ここまで不揃いなのもどーよ…と>au。

 auのカタログには個人向けに取り寄せで対処…みたいな記載もあるのに、どうにかしていただきたいところ。


 思い返してみると、仕様としては、あまり携帯を活用していない身なので、多少「他の携帯」に比べて不便な部分は構わなかったんですけれどねぇ(一般的な携帯用アプリが一部動かないとか)。

 4万という単価も、個人的にはPDAと考えればあまり苦ではありませんでしたし。


 ただ、今はもうE03CA熱は冷めました。もう面倒くさくなっちゃって…。

 家を職場が近いので、その両方から一番近いショップで断られたんですけれど、その他のショップを探すとなると、思いの外面倒というかなんというか…。

 また、ハード的にも以前に書きましたが、おいらの使い方ならワイヤレスなら本体自身はそうそう防水でなくてもいいし。さすがにスタパさんみたいに防水デジカメとして使いたいなら話は別ですが、おいらの場合は別にデジカメを用意するクチだし。


 ま、新規機種となれば、他の携帯(W52Tとか)をインセンティブを使って購入し、でも通話をあまりしないようにして携帯会社に打撃を加えてやることにします(^^;)ぉぃ。

 なんか近々、ソフトバンクからW52Tの姉妹機とも言える機種も出てくるそうで、考え物ですが…。

2007/01/28

ある日のパンク

 最近、時折聞かれるのが「…で、トレンクルは乗ってます?」。

 …すんません、乗ってません(^^;)。

 走行距離をレンジとして捉えると、トレンクルがカバーするレンジが非常に狭く、走行距離が比較的長い機会ばかりの最近だと、なかなか搭乗の機会が無いのであります。

 …ので、せっかくなので搭乗の機会を作らねば…と思って立川に出かけるのに使ってみたら、出先でパンクしました(^^;)。

 パンクっつーか、バースト?以前、東飯能付近でYuNKさんの自転車でやったアレ。あれに近い状況。

 いや、出かけた直後から怪しいなぁ…と思ったものの、今回初めて気がついたので、帰るくらいまでには保つかな…と思っていましたが、見事にしてやられましたね(^^;)。

 整備をマメにやっていれば事前に手を打てたと思いますが後の祭り。仕方ないので持って帰ります。

 せっかくの折り畳み自転車なのでここでこそ輪行…と思ったのですが、輪行袋を持ってません。…二駅程度の移動で普通、輪行袋持ち歩きません(^^;)。

 大体、なんか知らないけれど、えっらくかさばる純正輪行袋だし…。

 こうなると、タクシー…という選択肢ですが、すでに駅をかなり離れた道を歩いていたので、まぁ駅に向かわずに、途中の道でタクシーを拾おう…と思ったのが運の尽き。

 結果から言えば捕まりませんでした(;_;)。

 駅から離れている…ということもあるかもしれないけれど、タクシーが全然通らないですな。なんとなく漠然と「そのうち捕まる」と思ってましたが、どーも沖縄の感覚が抜けていなかったみたいで、てんで…(^^;)。


 常に周りに目を配り、タクシーの姿を探していましたが、なかなか見つからず、あ~、こらもうダメか…と目を伏せ、ふっと顔を上げたら、ちょうど横をタクシーが通り過ぎていった…ってことがあったり(後方のトラックの影になって、見えてなかった)。

 対向車線を明らかに空車のサインが出ているタクシーが向かってきており、やった、これで捕まえられるぞ!…と思った瞬間、前方50m先で別の客がタクシーを捕まえやがったり…と、漫画みたいな展開も多々あったり…。


 ええ、勿論、家の近くでは空車タクシーを山ほど見かけました(^^;)。…人生って、そんなもんだよなぁ…と思う行程でした。

 ま、でも二駅間隔を歩くのは大した距離でも無し、自転車も後輪は活きていたので、手押し車みたいに押していけば負担でもなかったので、さして大変な出来事ではなかったんですけれどね。…ただ、沖縄とは違うなぁ…ということで(^^;)どういう感想だよ。


 ともあれ、トレンクルもちゃんと面倒みないとな…とおもうところではありますが、まずはタイヤをちゃんとしないとね…ってことで、早速和田サイクルに向かって、タイヤとチューブを入手。

 ものは赤松工房製の互換パーツ。なんか知らないけれど、純正のそれは軽量化のあおりか、かなりヤワらしく、摩耗しやすいらしいのですが、赤松工房はそれよりも丈夫に作られているらしいので、今回のような目に遭うと、そちらのタイヤにしておこう…ということになるわけです。

 後輪は活きてますが、そちらの分も当然購入。…で、両方交換し、後輪の現在のチューブは空気を抜いて、緊急交換用に保持しようかと。…いや、パンク対策用にもう1本買うの、忘れちゃって…>チューブ(^^;)。

 ま、おいおいそういう整備をする予定。…ちとそれまで、ほったらかし状態ですが(^^;)。

どこまで続く、携帯ネタ

 問題を整理しよう。現状の不満点は何か?

 基本的に主に2つ。

・携帯の通話エリアが狭い。
・音声の品質が悪い。

 ソフトバンクのPDC電話のことだが、前者は自転車で郊外に出ることが多いと致命的。また、後者も予約など連絡事項をしているときに聞き取りにくいことがあり、それを聞き返したり、結局伝わらなかったりと効率悪いことこの上ない。

 ただ、後者に関してはPHSの[es]を利用することにより、今のところ解決可能になっている。

 とはいえ、携帯電話は無料通話のある契約であるのに対し、PHSは同社間ではない通話に関しては、普通の有料電話。短時間でも話せば課金されるし、話せば話すほど当然金がかかる。そんなわけであまり長話したくないし、しかしそうすると電話のメリットがあまりない。

 …といったところで以下の記事。

ウィルコム、家族・法人向け「ウィルコム定額プラン」を改定

 …どうだろう?「070以外もお得な通話パック」は元々、1,050円/月で1,260円分ってのは210円分お得なだけ、使わなければ逆に損…というコースなので放っておいたのだが、繰り越しができるのであれば、使うときは結構使う身。意外と便利な気がする。


 ただ…ちょっと整理してみよう。PHSの電話料金は、同社間通話を除き、固定電話10.5円/30秒、携帯電話13.125円/30秒となっている…ので、12円/30秒として考えてみよう。

 そうすると、お得なゾーンとして88分以上105分以下という、18分程度という非常に狭いエリアができあがる。

 当然、88分未満だと損をすることになるし、105分以上だと変わらないというわけだ。…あ、いや、長い分には18分ぶん得している…ということになるのか。

つまり、88分以上使う人はお得…っと。


 しかしおいら、パケットも合わせても88分ぶんも使うかな?…という疑念が。使う場合もあるだろうけれど、何月に一月…ってペースになると思うから、全体的に考えれば「お得パック」は契約しなくてもいいような気も。

 しかしここで重要になってくるのが繰り越し。期限は無期限といえど、繰越額制限があって最大6,300円だとか。

 しかしそれでも6ヶ月分に相当することを考えれば、ある月はほとんど話さなくても、ある月話しまくって、しかし追加料金(時間課金)がほとんど発生しないということを考えれば、結構いいのかもしれない。


 …と思ってはいけないのかもしれない(^^;)。月88分の6ヶ月分っつーと、500分以上。10時間にせまろうか…という時間を一月に使うのか、をれ…と。

 うまくウィルコムにダマされそうな気も(^^;)だますつもりは無い。

 おいらの場合、月1時間いかないような気もするし、だったら通話パックが無くてもいいような気がする。


 ちなみにこれは携帯にも同様のことが言え、意外とホワイトプランが一番良さそうな気がするね。まぁ3年以上ボーダフォンユーザーだったことを考えれば、そちらを計算しないといけないようだが…。

2007/01/27

まだまだ深い、飯能-岩鞍ライン

07012701

 おいらは花粉症だったりする。

 なので、季節が季節だと、近寄れもしない地域も出てくる。まぁ、市販の薬で結構抑えられたり、某氏に「処方箋でばっちし」と言われているので、なんとかなりそうな気もするが、精神的にそちら方面が億劫になる可能性はある。

 ので、「行ける内に行っておく」にのっとり、今年初めての飯能-岩鞍ラインに行くことにした。

 元々、27日だと皆スケジュールが合わないので別の日で…ってことで江ノ島新年会も決まったこともあるし、なにより寸前まで天気予報が雨模様だったこともあり、招集は無理。

 …なので、一人サイクリングと相成った。

 …となると、もう気分で動けるので、さてどうしたものか…と目が覚めたのが9時半(^^;)。やはり集合時間決めないと、遅くなっちゃうよねぇ(^^;)。

 まぁのらりくらりと準備を始め、出発したのが10時半。とほ~、しかもチェーンロック、忘れるし。慌てて途中の自転車屋で買ったけれど、一体こうして何本買っているのやら…。

 ともかくも快調にトばして走行し、大体いつも通りのペースで東飯能到着。

 早速昼食を…というところなのだが、せっかくなのでここで新機軸を…という気に。

 実は以前赤沢スイーツで「東飯能でうどんを食うなら、蕎麦もどう?」というお薦めのお店を紹介されていた。地図も書いてもらったものの、その日は持っていなかった。急に思いついたし、なにより場所的には土地勘のないところだけれど、以前近くを走ったときに覚えていたランドマークがあったので、そこを基点に覚えている話をたどって探せばどーにかなるんじゃないの?…と思いついて言ってみたら、見事に見つかった。

07012702 まぁ看板も出てたし、簡単だったけれど。

07012703 「手打ちそば よりや」というところで、ここの卵焼きが美味しいと聞かされていたし、メニューを見れば十割蕎麦もあるみたいだし、結構良さそう。

07012704 実際食してみれば、なかなかの味。卵焼きは確かに美味いね。この手のは西八王子の店とかのふっくらしたのが印象的だったけれど、こっちは逆にずしりと重い厚み。ただ、それと繊細な味がなかなかのもので、お薦め。ただちょっと冷えすぎだったかなぁ。もう少し常温に近い方が良かったかな。

07012705 蕎麦もいい感じです。思わず天重セットを頼んでしまったけれど、バランス的には天ぷらの方が良かったかもしれない。個人的には脇役なサラダが結構いいセンスしているので、結構細やかな気遣いをする店と見た。

 また挑んで(?)みたいが、地元の人が「田舎汁…なんとか」ってのばかり頼んでいた印象がある。肉汁うどんみたいに野菜や椎茸を煮込んだつゆらしいので、今度はそれを頼んでみたいな。

 そんな思い出を後に、また西に向かって走行。勿論途中で四里餅も仕入れ、ひたすら走行。赤沢スイーツに向かう。

 赤沢スイーツではこの季節いつものフォンダンショコラを仕入れ、ついでに冬メニューの期間を聞いてみる。一応2月いっぱいらしい。3月からは春メニューなので、冬メニューがまだの人は急いだ方がいい。

 実は季節ものに限らないメニューもある。(おそらく)バレンタインデーまでの限定メニューなどもあるのだが、最近登場したあるメニューもあるのだが、それはとある理由により別記事で紹介したいと思う。ちょっと凝って書いているので、数日後になるかなぁ…。しばしお待ちを。

 そんなわけで(?)、お茶もいただき、毎度また~りとした時間をいただいちゃったりして、有り難い限り。…またお願いします(^^;)ぉぃ。

 次は「麦」ということで、山王峠を越えようとするが、そういえば以前、そのコースで山王峠前に位置する場所に「未知の店がある」とNebulaさんが言っていたのを急に思い出した。

 …未知の店?

 詳しい話を聞いたような気がするが、なにぶんにも忘却王の俺、詳しい話を覚えていない。

07012706 なんとなくそこに位置する場所にとどまってみると、なるほど、1店、飲食店とおぼしき店舗を見かけるが…なんか惹かれるオーラを感じない。言っては何だが、Nebulaさんが果たしてこういう店を情報だけでも惹かれるだろうか?

 不審に思って周りを見渡してみた。飲食店なら看板くらいあるはずだ。

07012707 看板が…、

07012708 看板かっ!?

 電柱にそれらしきものを発見したおいらは、早速その看板を指し示す方に向かってみた。

07012709 …ら、程なく、それらしき店、「ギャラリー とうや」を発見した!…えっらく住宅街のど真ん中やのう!山の中の集落で、ほとんど目立たない看板の指し示す、住宅街のど真ん中。

 超穴場(^^;)。

07012710 まぁ飲食店とは言ってもギャラリーも兼ねているらしいが…というか、陶芸教室まで行っているのならそちらがメインなのだろう。しかしメニューを見ると片手間っぽく見えない感じもするので、ちと寄ってみたい。

 寄ってみたい…のだが、今回はちと遠慮した。実はこの後に新規開拓予定のお店があったからだ。

 しかし、まずは「麦」ということで向かって、早速新年のご挨拶。ほどなくまた紅茶もいただいて、ちっとここのところの暖冬と、花粉飛散の状況に関して世間話(^^;)ぉぃ。

 いや、もう、赤沢スイーツといい、ここといい、スローライフを実践するような時間を体感させていただいて、有り難い限りです。現代生活の失った何かを取り戻す、いい場ですな。

 勿論買い物も忘れず行い、あとはたまご倶楽部でぶどうオイルにちと心惹かれながらもだし醤油を仕入れ、青梅街道で帰宅の徒に…付く前に、昔懐かしい十二カ所神社方向に走行。

 そう、新規開拓を忘れてはいけない。

 実は以前、ダイヤモンドシティに寄って帰ろうと、旧青梅街道から裏道を通って向かおうとしたことがあったのだが、その際にちこっと見つけていたお店。

 スリランカ・ティーを出してくれる、KANDYというお店なのだが、場所はここ。…よく見つけたな、俺…みたいな(^^;)。

 見つけたときになんで入らなかったんだ?…と言われそうだが、その時は赤沢スイーツ・ゆいまあみぃ・麦と各店で紅茶を飲みまくっており、いくら自転車移動でも「もう入りましぇん」…ってところだったので、今回のように紅茶2店舗でセーブした日に再来訪しようと決めていたのだ。

 あやまって先の店でまた一杯飲んでいた日にゃ…(^^;)。

 まぁそれはともかく、なんかおかみさんが色々お茶に詳しいらしく、趣味が高じたのかどうかはよくわからないけれど、家に小さい店舗を作って始めたお店らしい。

 だが、アットホームな雰囲気もあり、また小さい分手が隅々まで届くというか、暖かい雰囲気がいい。おいらが入ったときには近所の方が一人いらしたのだが、あっという間にうち解けてしまった。

 また、お茶そのものの味も腕が確かなのでしっかりしており、解説付きで色々してくれるので、かなり楽しい。

 お茶も数種試させてくれるのだが、実はおいらが苦手なミルクティもあったりする。自販機などで売っているそれはあまったるくて、おいらは苦手中の苦手なのだが(まぁ、受け付けない…ってほどでもないので、「流し込む」ことで飲むことは出来るのだが)、そこの入れてくれたミルクティはなんともさっぱりして、かなり美味しかった。あれは衝撃だったなぁ。ああいうミルクティもあるんだ…と。

 結構見識深まる面白い店で、かつアットホームとあってなかなかお薦めです。席が圧倒的に少ないので人数を調整しないといけないかもしれないけれど、そのうち行ってみましょうね。

 まぁ個人的には飯能-岩鞍ラインとかの帰りには大概寄ろうとは思ってますけれど(さすがに多摩サイ経由とかは難しいので、2回に1回くらいになるかもしれないけれど)。


 とりあえず今回はそんなところでしょうか。ともかくこのコース、かめばかむほど…というか、走れば走るほど味が出るコースというか…奥深さに感動を通り越して、恐ろしさすら感じる今日この頃です(^^;)。

2007/01/26

ありっ!?

 今週末の土曜の天気予報は、昨日か一昨日まで雨模様だったと思ったけれど、今朝から急に「天気に問題はない模様」ってなってない?

 …またかっ!?

 今度の土曜は雨模様…と思っていたので家でのんびり整備か絵描き…と構えていたら、またこの仕打ちですかーっ!?

 あふぅ…。まぁしゃぁない。「走れるときに走る」というのもあるけれど、「行けるときに行っておく」というのにならい、つらっと飯能岩鞍ラインに行ってこよう。

 あちら方面は花粉のシーズンに突入すれば、ちっと足が遠のく可能性もあるしなぁ

 大体、フォンダンショコラもまた食いたくなったし、四里餅も欲しいし、麦のパンも欲しいしね(^^;)。

 さすがに今日の明日なので、一人で行ってくるか。ここのところ古久やが立て続けだったので、それ以外の昼食も狙ってみよう。カレーは先週食ったばかりだし、久しぶりに壺屋を訪ねてみっかな?

2度あることは…

鹿児島の硫黄島と勘違い 映画ヒットで問い合わせ相次ぐ

 記事を読むと、竹島なんてのもあるらしい。こりゃ、残りの黒島もなんかあるか?

 他の黒島…、沖縄の八重山諸島にあるな…。

 …っていうか、行ったことあるやん、俺

 あそこはいいところだ。流れ的に考えて…あそこでなにか起こるのか?(^^;)無理だろ

とうとう夢に出た

 新しい猫を飼う夢(^^;)。

 いや、飼いませんけれどもね。

 …でもあの猫、むーやんに似てたなぁ…(^^;)。

2007/01/25

逃げる、ひたすら逃げ続ける

 水曜どうでしょうの新作が北海道で放映開始されているらしい。

 道外人としては、いずれはこちらでも見られるのではなかろうか…という淡い期待を持ちながら、待ち続けるしかない。うーん、北海道人、うらやまし。


 …ところでこの番組のキモの一つに、企画発表がある。

 大泉くんは企画内容を知らされずに番組収録が始まり、どこに行くだのなんだの、番組中で明かされてサプライズとなるわけだけれども、視聴者側も基本、知らされていないので、大泉と一緒に驚くのも序盤の楽しみになっている。


 しかしここで問題になってくるのが、北海道より見るのが遅れる他地域と、情報化時代の今…ってことだ。

 インターネットでするりとネタが見えてしまう可能性がある。ある意味、情報化時代の弊害…といったところだろうか?(^^;)

 普段公式ページなどでは(今回は見てないが)、ネタを出来るだけ明かさないようにしているようだけれど、意図しなくてもつい明かしちゃう人もいるだろう。

 この期間はできるだけそういう情報が集まる掲示板などは覗かないように心がけなければならない。


 そしてなによりもっと気をつけなければならないことは、なにぶんにもここまで有名になった大泉。マスコミがその番組のことを記事にするのだが、なんとはなしに「どういう番組内容か」ってところで「どこに行った」ってのをさらりと書いていそうで怖い。

 映画のオチを明かすことに匹敵するネタバレなのだが、他に紹介しようがない時、…っていうか、そもそもどこに行くのかくらい書いてもいいような気が…ってライターがやってしまいそうな気がする。

 そんなわけで、ともかく「その手」の記事から逃れなければ!


 まぁ昨今の全国区な番組・出演陣とか、あるいはひねくれ(?)ディレクターのことなので、逆にそれを逆手にとって、ばれてもいいような企画をし向けてくることも考えられなくもないけれど、とはいえしかし、くれぐれもここにもネタバレ等、書かないようにお願いする所存であります。

 なにはなくとも、一切の情報、禁止!

 あ、でもTVKとかテレタマの放映日情報とかは大歓迎(^^;)。

2007/01/24

寒さは俺以外の肌にもしみて…

 大寒疾走はともかく寒かった。

 ただ、寒かったのはおいらだけではなかったらしい。

 大寒疾走だけではなく他の機会も含まれるのだが、携帯機器のバッテリーがことのほか弱くなっている。

 携帯電話やiPod等々、小脇に抱えて(?)屋外で使用していると当然冷える。冷えるとバッテリーの効きが悪くなり、バッテリーサインが出始める。

 大寒疾走の時も危うく、合流予定の人との連絡が滞るところだった。

 無論、屋内で暖まってくると、今まで出ていたバッテリーサインが嘘のように消えてしまったりする。…うぬぅ。

 まぁしゃぁないといえば、しゃぁないか。化学反応なんだし…。

 ただ、iPod miniはさすがに寿命のような気がするな。バッテリーを替えるという手もあるが、nanoに買い換えた方が面白そうだな。

 あとM8が時折ハングアップするような誤動作を見せるが、大抵冷えているときなので、冷えやすい筐体もあってそうなのかな…という気もするが、単に出来が悪いだけ…というような気も…(^^;)。

日記を書いているつもりはない

 そういえばフジテレビの番組の以前のスタメンで、blogがどうこうという話があった。確か荒らしとか炎上についての話だったと思うが、詳しくは覚えていない。

 ただ、その話の前提として、blogが「日記」であり、「今は日記は公開するもの」ということがあったと思う。ただ…本当に本来の「日記」としてblog書いている人はいるのだろうか?

 まぁ元から「手書きの日記」を人に見せてもいいような記述で書く人もいるとは思うが、基本的に「手書きの日記」は人に見られないように書くのが基本でない?

 それをそのままblog上に公開しているとは思えない。…というか、個人的にはそうはしてない。


 もし本物の「自分だけの日記」を書け…と言われたら、備忘録的な役割の記述はだいぶカブると思うが、「思ったことを書く」本音部分は、だいぶ違う形になると思う。

 公開するからこそ、こういう形で書いているのであって、本当の意味での「日記」なんて、とても人に見せられないだろう。

 無論、嘘をついているつもりはない。公開して問題ないところだけ公開している。本当の本心までは書き記していないだけのこと。

 そういう「blog」を「日記」と呼ばれることに、便宜上は慣れてはきたが、本質的に「日記だろ?そういうことだろ?」…と言われるのにはまだ慣れていない。

それにしても

 関西テレビなりフジテレビなり花王なり、社員食堂やら社長のポケットマネーで社員に…やら、社員奨励やらなんやらで、2週間分くらい納豆購入…とかせんのかね?

 それくらいはしないと、自称報道機関(1社除)としてしめし(?)がつかないような…。

#毎晩、外食した後、家で納豆1パックってのが意外とキツい…(^^;)美味しくいただいてはいるんだけれど、妙に腹にキツい…。

 …あ、昼に食えばいいのか(^^;)。でもMyだれを職場に持っていくのが面倒だな。たまご倶楽部にしか売ってないから、貴重だし…うーん…。

2007/01/23

今こそ俺の出番?

 そういえば以前気になって、例の「あるある大辞典」の放映1週間後あたりに駅ビル地下の食材コーナーに行ってみたことがあったか。

 デカい店舗なのでさすがに売り切れってことはなかったが、明らかに店頭在庫が減っていた。大体、そこの棚の底が見えてる…ってのは今までに見たことのない光景。うーむ。

 やはり「あるある」の影響力はスゴいなー…と思っていたら、この事態。

 …やるなぁ…。

 振り返ってみると96年から続いているらしい「あるある」。さすがにもうネタ切れだった…ということか。毎週放送でそうそう毎回新ネタを作る…ってのは難しかったんだろうなぁ…。

 とはいえ、同情はするけど、許せないな(^^;)。

 まぁ色々言いたいことはあるけれど、まず実効性のあるようなことをしないとね。

 …とすると…、これかな?

番組ねつ造:納豆発注ストップ…業者悲鳴

 よし、さすがに毎日2パックはキツいが、1パックずつは食ったるか。まぁ業界がつぶれる…ってことはないとは思うが、そもそも納豆好きだしね。力になれるなら…。

 しかし食い過ぎるとあまり良くない…ってことを初めて知ったり(^^;)この記事書くにあたっての下調べ中。まぁ1パック/日くらいならてんで平気か。大体、ガキの頃はそれくらい食っていたような…。

大寒疾走

07012001

 忘年会は、やった。新年会はやってない。だから、することにした。


 元々の発端はその忘年会だった。江ノ島のとある食堂で行ったのだが、そのとき(の終わり)に「あ、メニューにカワハギの煮魚がある。カワハギで煮魚って珍しい!是非食いたい!」と話が持ち上がり、次の機会に…ということになった。

 しかしカワハギと言えば冬の魚。おいそれと一年中食えるわけではなく、冬のうちに食っておかなければならない。だらだらと「いつか食おう」としていたなら、あっという間に冬が去ってしまうだらう…という懸念があり、早々に新年会を催すことに決定した。

 ただ、結局1月下旬の新年会になっちったけれど(^^;)20日とはいえ…。


 しかし、一番の懸念材料は我々自身よりも、地球の方にあったようだ。昨今叫ばれている暖冬。どうもこれが漁場にも影響しているようで、付近の海水温が暖かくて、カワハギがなかなか獲れないらしい。

 なんとなく心配になって予約も兼ねて事前に電話をしてみたが、「今年はまだ1度しか入ってきてないわねー」という、絶望的なお話。まぁ数日前の電話だし、忘年会を行って、カワハギの話もしていたこちらを覚えていてくれたので、「入ったら取っておくわね」と有り難いお言葉をいただいたが、今年ばかりはカワハギはアテにしないでおこう…という合意に…。


 また、地球は更に困難を我々に用意した。暦的には「大寒」という、一年で一番寒い日にあたるのだが、本当にこの冬一番の寒さとなってしまい、相当厳しい走行になるのが容易に想像できた。

 しかも困ったことに、雨や雪がぱらつく…という予報まで出て、かなり困惑。まぁ「ぱらつく程度」という言葉を信じ、大体参加者のスケジュールもその日しか都合が付かないので、決行することにした。


 当日は朝9時府中集合とし、10時半町田の予定だった。本来は10時…過ぎくらいを町田集合としたかったのだが、府中集合組の中にリカンベントが2台入ることになり、「町田にかけては坂もあるし、平均時速を落として欲しい」という要望があったため。

 確かに、なんとなくいつも速くなっている気がするし、リカのためなら、少々速度を落とさなくてはね…。

 …と思ったが、実際走行してみると、普段よりペース速く町田に着いちゃったんですけれど(^^;)どゆこと?。

 リカが遅いなんて嘘です。嘘っぱちです。むっちゃ速っ!

 まぁさすがに噂に名高い(?)町田リス園前の上り坂は普通に遅かったですが、それ以外がさくさく進む進む。なにより、下りが空気抵抗がないだけあって、速い速い。なにより、フェンダーを取り付けてさらに空気抵抗を無くしたNebulaさんのM5Compactが最速!明らかにスピード違反なんですけれど(^^;)ねずみ取りがいたら…。

 気がついたら普段よりも速く町田に着いていたという…。

 今後、スケジュール構築の際には、リカへの配慮は無いことにしよう…。


 ところで、この辺りから空に舞い散る白いものが…。

 そう、雪がぱらつくようになってしまいまつた。…寒っ!

07012002 まぁ、ぱらつく程度なら走行に支障ないかなぁ…と思っていましたが、なかなか止まない上に、がっつんがっつん降ってくる。走行そのものには影響ない程度なものの、視界をふさぎ、サングラスに付着するわ、まぁそちらはまだ体温で溶けるものの、フェンダーに付着するとまんま視界を遮るようで…(^^;)意外な弱点。

 ともあれ、そんなつらい走行。もっとも、南に行けば行くほど、雨になってしまいましたが。ふーむ、やはり南の方が暖かいのか?

 まぁそれでも全身濡れて走行がツラいことには変わりありませんが(泥よけも無いから、走れば走るほど汚れるし…)。


 ああ、そうそう。そんな風に「寒い寒い」と叫びつつ、飯田牧場でジェラートも食べましたが(^^;)習慣?。

 なんか前回のサンタクロース疾走事件もあって、顔も覚えられてるし…(^^;)。

 しかしまぁ、そうして寒い中、走って体を温めつつ、ストーブにあたりながらジェラートでまた冷やす…ってのもまた面白いものかと(^^;)。

 ちなみにこの際、新しいものでも開拓しよう…とNebulaさんが手を出したのが飯田牧場特製のプリン。

 これが…美味い!

 本当にプリンか?…というかなり疑問系の触感だけれど、それを除けば極上の味覚。これはなかなかいいね!日持ちしないみたいなので持ち帰りがなかなか難しいが、保冷剤入りのなんかでデリバリー…ってのはどーにかしたい。

 ともあれ、これを底のカラメルとぐっちゃぐっちゃに混ぜ、ぐびぐび「飲む」とかなり良い(^^;)。今度も又食べよう。


 んで、やはり量は少ないとはいえ、ちとツラい雨中の走行をしつつ、江ノ島到着。

 例の食堂に行ってみると…「2尾、カワハギ押さえておいたから」と、なんと嬉しいお言葉が!

07012003 やはり地元と強いパイプ(…っつーか、漁師と子どもの頃からの仲間だったりするらしい)のあるお店は違うなー。事前に電話しておいて良かったー。

 実際、美味かったし。まぁそもそもカワハギが外見上もどんな魚か知らないんだけれど(^^;)。しかし食えば食うほどハマりますな。

 また、Nebulaさんの「キモをツブして身にすりつけるのだ」ご指導に従うとまたこれも絶品。すげーわ…。Nebulaさんはこのほかにも魚料理に関する知識をさりげに披露。…貴方、なんでそこまで色々知っていますか(^^;)びっくり。

 なお、いくらキモが美味しいからって、食べ尽くしてはいけないことも学習。いや、食っちゃったんだけれど、あとでたれをご飯にかける際に、そこにキモが残っていればそれまたひと味違うのだ!…目先の美味さに惹かれ、後を考えずに食い尽くしてはダメだね(^^;)。

 ご主人曰く、「カワハギを刺身で食べちゃぁダメだ。煮魚にして骨の髄の旨味まで出さないと」だとか。なるほどぉ、魚は「刺身が一番じゃない?生なんだから…」とか漠然と思っていたけれど、そういう魚の旨味を活かす技もあるのな…と感心。

 また、カワハギの喜びにおぼれる余り、注文する予定だった伊勢エビをすっかり忘れて食べ損なったというオチも付くのですが(^^;)。

 まぁ伊勢エビについては旬ではないし、デカい頃にまた改めて食す…ってことで。

 代わり今の旬を~…ってことで頼んだのがカマス。これを焼き魚でお願いしましたが、これもまた美味い!特にあそこの焼き魚はなんでも「皮」が美味いな。一体どんな焼き方をしているのやら…。

 他にも刺身とか昆布とか色々出してもらい、堪能させていただきました。はふぅ~。

 かなり満足感高いですが、前述したとおり伊勢エビを食い損ねているし、なにより季節毎に旬のものが当然違うので、四季折々のものも食べてみたい!…ということを考えれば、またお薦め定食を食したいところ。

 まぁさすがに毎月…ってのは難しいですが、2~3ヶ月に1度くらいは皆と一緒に行きたいところですな。個人的にはそれよりスパン短く個人走行して、焼き魚定食とかで旬のものを堪能したい所ですが(^^;)抜け駆け?。


07012004 あとは適当に江ノ島ぶらぶら。さすがにこの寒いときに「海の方に行こう」という人は少なく、江ノ島の人出は少なかったですが、個人的には少しは閑散とした江ノ島の方が…歩きやすくていいです(^^;)。


 そして帰宅。寒いわなんだわでもう余り他に寄る余裕がないです(^^;)。

 走っているとまた雨が降ってくるし…。どーも空気が暖まってしまったか、寒気が去ったのか、雪ではなくて雨…。暗くなっていく中で雨…。うーん、つらいなぁ…(^^;)。

 …ので、今回新しく開拓する和菓子屋「松埜」で一休み。飲み食いして一休み…ってお店ではないですが、おみやげを買って、ついでに一服いただいて一休み…って程度でちとくつろぎを(^^;)。

 別に饅頭とかも食っていいらしいですが、くず湯も売っているので、寒さにヤラれているときは、それでのどを温める…ってのも手のようです(セルフのお茶があるので、器とお湯を借りる)。

 まぁ、それでも夜間の雨中走行には変わりないですが(^^;)。


 しょうがないので(?)、今度は町田で夕食です。元々町田を通る際にいつも目に入る看板があって気になっており、人の話でも美味いという評判のカレー屋「モコモコ」に行った次第。

 スリランカ料理数種にカレー数種を頼みましたが、こちらもなかなかの美味。

 実を言うとアジア料理ってあまり好きではないのですが、なんかうまく舌にあったようで、どれもこれも美味しくいただきました。

07012005 面白いのは3人でカレーを取り混ぜて3種食べたのですが、店の人に「どれがお好みでしたか?」と聞かれ、何の打合せもしてないのに全員別々のものを選んだことですか(^^;)。

 どれもグレードが高いので、あとは材料とか傾向の好みになってしまったような…。また来よう。一人でも入りやすそうだし(^^;)。


 あとはもう直帰…ということになるのですが、ここで妙なことが発覚。意外と元気に漕げる。

 実を言うと普段の江ノ島走行の帰りは町田アタリからひぃこら…ってことになってしまうのですが、今回は結構ツラい走行に思えない。

 まぁ雨中走行ってツラさはあるんですけれど、坂の登坂走行もなんとか漕げますな…って感じでそんな悪くない。

 どうも、普段帰りはちこっとお菓子をほおばる程度で走行しているので燃料切れを起こしていたんですね。しかし今回は大和市付近(和菓子屋)、町田と2回休憩を入れ、かつカレー等燃料も補給したので、だいぶ復活していた模様。

 うん、今度からは町田食事を前提にしておこう(^^;)してなかったんかい。

 しかし、食い過ぎると腹に脚があたって漕ぎにくい…ってこともあるので、それも注意せんとあかんなー(^^;)。

 なお、町田過ぎてのキツい方の上り坂、ひいこらあえぎながら登って頂上の交差点に付いたところ、横断者がこちらをじろじろ見ていることが…。はて、この自転車(BSM)もリカンベント並みに注目を浴びるようになったかな?…と思ったら、真後ろにNashさんのBikeEがぴったりくっついてました(^^;)。

 坂に弱いリカンベント…ってのはどこにっ!?

 …もうリカンベント一緒のサイクリングだろうと、スケジュール調整はいたしません!(^^;)


 …ま、そんな江ノ島新年会でした。

 なお、写真もここにちらほら掲載していますが、こちらにも掲載していますのでどうぞ。

 一番最初のはこちらなので、そこから見始めてもいいのかなん?

2007/01/22

カレーラーメンとは…

 ある日、東京駅近くのとあるカレー屋で(^^;)バレバレ、ふと誰かが「カレーラーメンを見た」…と行っているのを横耳に聞いた。

 「カレーラーメン」…。そういえば「うなぎラーメン」を個人的に探したことはあるが、カレーラーメンは今までに考えたことがなかった。…っていうか、聞いたことがない。

 ただ、日本人的に考えれば、あっておかしくない組み合わせ。とはいえ、どういう味になるか、想像できるような…したくないような(^^;)。

 しかし興味が引かれることは事実。そもそもあるのかどうかも疑わしいので、軽く検索してみた。すると、いくつかヒットした。

 一番大きな所では北海道、苫小牧の「味の大王」というところ。北海道かー!んでも聞いたこと無いな。

 また、京都にもあるらしい

 さらには横須賀にもあるらしい…が、詳しくは調べていない…っていうか、調べる気がしない。横須賀とは相性が悪いので…(^^;)未だに根に持っているらしい。

参照:
三崎と横須賀と

 ともあれ、こういうページも発見。

(特集)カレーラーメンを求めて

 意外とあるのかもしれないね。

 ただ、あまりブランド…というか、ジャンルとして確立しているように思えないのは何故だろうか?やはりなにかいまいちなのだろうか?

 前述の「味の大王」はメニューが立ち上がった最初の頃の苦労話が書いてあったりするのだが、なかなか偏見っぽいイメージは払拭しにくいのかもなー。

 おいらもここに取り上げているわけだけれども、今のところ単なる「キワモノを見たい」という単なる好奇心だし。

 ただ、なんとなく心の隅で、「ひょっとしたら新しい感動があるかも…」という期待もなくはない。ちっと適当にピックアップして、これ目当てでどこか挑んでみようか…。

 …そしてそのまま撃沈するか?(^^;)ぉぃ


#ちなみに、前述の某店での発言だが、「競馬場(競輪場?)にあった」という言葉も聞いたが、…先のリンクには該当してないなぁ…。

M8でポートレート

 ちらほらと、M8で撮影したと思われる写真が日本のユーザーのページにも見かけるようになってきた。ただ、風景写真が主なので、ポートレートのような人物写真はなかなか無い。

 まぁ肖像権的な話もあるので、撮ってあってもおいそれと公開できるものではないからだとは思うが。

 しかしM8購入なりなんなりにあたって、その写真の見本なども欲しい…ということであれば、おいらのところにも、コスプレ写真なんだけれど、何枚か掲載しております。

 場所は本家ホームページからたどれるコスプレ・ギャラリー。基本的にはイラストばかりなのですが、コミケ71にひっそりと写真版というのがありますので、興味のある人は探してみてください。

 あえて直リンクは張りません。くれぐれも転載厳禁でお願いします(勿論ご本人は構いませんが)。

 R-D1が2~3枚ありますが、他の数枚がM8です。


 やはり距離計の精度の良さと1/8000までいけるシャッタースピードが便利で、明るいレンズでばしばし撮れるのがいいですね。

 無論、パララックスとの戦いでもありますが(^^;)結構外す(ズレる)のも多かったです。

 また、レンズが明るすぎて、直射日光下では1/8000でもNDフィルタが欲しい…とつぶやきながら多少絞ったシーンもありましたが。


 なお、前にも書いたと思いますけれど、やはり常時赤外線対策が必要なようですね。

 あの広場は下がタイル状になっていて、妙に反射率が高かったり、隣の建物の鏡面ガラスの反射もありますから、光の集光・反射が特殊名ケースだったかもしれませんが、結構赤被りに悩まされてしまいました。

 まぁその辺は先のページで確認してみてください。同じレイヤーさんをR-D1と撮っている写真もあります。あまりにも変わりまくっているのもありますが、そちらは生地が相当特殊なレアケース…ってことなのでしょうが。


 ま、来月頭にはいくつかの赤外線ブロッキングフィルターが手に入る予定ですので、それでどうにかしましょう。

 もっとも、私の方は当面ポートレートの予定はありませんが(^^;)いや、スナップでも必要かと…。

2007/01/21

2月18日(日)は都心に近づくな!

 ちょっとニュースサイトを見ていて気になった。

最長7時間通行止め 来月18日に東京マラソン

 自分のためにもメモ。

 これを見ていて思い出したのが、過去に同じような都心の何かのマラソンに出くわしたとき。かなり前なのでおいらはバイクだったのだが、結構難儀した覚えがある。交通規制がかかりまくって、思うように移動できず、かなり遠回りして移動したような。

 コースになっている道路は徒歩でも横断が行えなかった気が。

 新宿あたりなら地下街を利用すれば回避できるとは思うけれど、有楽町の辺りや築地付近となれば話は別だ。地下施設とか無いだろう。

 場合によっては、普段は有楽町から向かっている目当ての銀座の店舗に新橋方面からのアクセスが必要になってくる可能性も。つまり道路を渡るのに一旦駅に戻り、一駅移動する必要性が出てくるわけ。

 嗚呼、あの悪夢(^^;)ぉぃが再び!

 当日は近寄らないようにしよう。くわばらくわばら。


 …ただ、若干、その不便を自転車でどう回避するかというレポートをしてみたい気も(^^;)つくづくお祭り好き。

 無論、渡れないところが渡れるようになる…ということではないのだが、迂回路を円滑に移動できる可能性がある。

 無論、短距離移動と輪行の繰り返しになるので、BSMではなく、ブロンプトンが向いているだろう。

 ただ、それよりもトレンクルとかA-Bikeとかいった自転車の方が向いているかもしれない。

 …あ、でも輪行に限れば、ブロンプトン>トレンクル…かなぁ。

 そういえばトレンクルでの輪行自体したことないし、これを機会にやってみようかな?しかし純正輪行袋が相当かさばり、自転車走行時非常に邪魔。

 なにか適当な、折りたたんで携帯簡単…という輪行袋は無いだろうか?

10分の余裕

 世の中には電波時計という便利なものがあって、基本的に電池の続く限り正確な時を刻んでくれる。

 まぁ、電波が届くところにたまにでないといけないわけだけれど。

 当初はそれなりの値段もしたらしいが、今は普通に買える金額に落ち着いているそうで、結構売れているらしい。そらまぁ調整の必要なく正確に時を刻んでくれるのなら、重宝するわな。

 ただ、おいらは持っていない。あまり持とうと思っていない。

 なにぶんにも時間にルーズな身としては、それはいかん…ということで、部屋の時計から腕時計、現在は携帯電話まで10分ほど時間を早めてセッティングしている。

 つまり、10分先んじて行動すれば、ルーズな身の上でも少しは時間が守れるようになるであろうと…まぁそういうことですな。

 結構似たようなことする人、いない?(^^;)

 ただ、自らそう設定しただけあって、「まだ10分余裕がある」と深読みもできるものだから、慣れてくればくるほどどんどん意味を成さなくなってくるという…(^^;)。


 しかも困ったことに、最近気がついたのだが、そういう解釈を進めている時計だけならまだしも、普通の時計も「あと10分余裕が…」と勝手に読んでしまう自分を発見。

 …逆効果やーん!(^^;)

 えっらく長く続けてきた慣習だけれども、そういう落とし穴があったとは…。諸兄も気をつけてくれたまえ(^^;)え?俺だけ?。

2007/01/20

気がつけば…

 毎年…というか、半年に一度熱中する割には、普段はメインのblogや他の創作活動にいそしんでちっと念頭から外れ気味なコスプレイラスト。

 うかつなことに忘れているときはすっぱり忘れているもので、そちらのページのコメントチェックなどもすっかり忘れる次第。いや、申し訳ない。

 しかしコメントが来ればそれはもう嬉しい限り。斬新な企画とか、なにかしらのオリジナリティを褒めていただけるとそれだけで天にも昇る気持ちになります(^^;)。

 …とはいえ、斬新?まぁ他にやっている人を滅多に見かけないわけですので(いないわけではなく、以前には一人いらっしゃったみたいです。また、広場でスケッチする人も見かけた覚えが。すぐに足取りを見失ったので、次にあったら勝負を挑もうと、それからスケブを持ち歩くようになったのは内緒だ(^^;)今は持ってない)、斬新といえば斬新なのですが、描いている身としては昔からやっていることもあり、あまり斬新と思っていなかったりします(^^;)。

 そういえばどのくらい斬新でない(?)のかな…と思って一番最初のコスプレイラストを見てみたところ…1997年。

 …あ、10周年だ(^^;)。

 …うわー、地味な10周年だなぁ…(^^;)。

 せらばには以前に10周年を迎えたけれど、草の根BBS時代に絶頂期があったから(^^;)ぉぃ、感慨深かったけれど、なーんのムーブメントもなかったコスプレイラストの10周年は…なんかさびれた和風の庭園の中でどこからかししおどしの音が聞こえたくらいの、そんな衝撃ですな(^^;)意味不明。

 まー…だからといって、なにもないですが(^^;)。集大成としてなんか作りたい…という創作意欲もない…っていうか、以前作ったときはフルカラーで奮発したのに、100冊作って20冊も売れなかったという悲劇の本(元手がえっらいかかっていた)なので、あれは思い出したくないなぁ…(^^;)ニッチもニッチ。

 まぁ…なんとなく自分で泡盛注いだおちょこを傾けながら、ひっそりと祝うことにでもするか…な(^^;)。

まだまだしつこくタブレットPC情報

 もう、一種のメインコンテンツじゃねーかと続いているタブレットPCネタだけれども、気の向くままにまだ書きます(^^;)。

 勿論本命はX60TのSXGA+モデルなわけだが、不意に他社からも出てくることも考えられ、そちらのスペックや質感、サポートや値段等々問題がないのであれば、レノボにこだわる必要もなく乗り換える覚悟もある…つもり。

 …っていうか、お絵かき目的にタブレットPCを使うなら、XGAは入門にはいいけれど、それ以上には狭くていかん。大画面優先。無論、その上で視野角が広くなくてはならないとか色々諸条件もあるんだけれど…。

 ともあれ、アンテナを張っていると、今回のVISTA搭載機種発表の中に1機種、興味深いものを見つけた。

ペンでも指でも使えるタッチパネル液晶を搭載した低価格タブレットtx1000/CT
の下の方

 おそらく筆圧を検知しないタイプだろう。…いや、筆圧も検知するのか?X60Tみたいな仕様なのか?ちょっとこの記事からはわからないなぁ…。

 もし筆圧OKだったりすると、少しとはいえ高画素だったりするので、結構化けるか?

 CPUがAMDなので、ちっとなじみ無く、スペックが不明だったりしてちと怖いが(^^;)。クロックが高いので使用上は問題ないと思うけれど、せっかくならデュアルコアで扱ってみたいところ。

 また、DVDドライブがついたり、この大きさにしては結構てんこ盛りなのかも。

 そしてなんといっても安い価格!…まぁ、おいらがパーツを構成しようとすると自然と高機能よりになるのでこの値段になるとは思えないが、最低スペックでもきちんと使えそうだし、入門用にはDVDドライブが付いているので、汎用性も高いし、結構受け入れられやすいんでない?

 しかし人に勧めるにも、もう少し詳細がわからんとなぁ…。新しいギミックの液晶はドライバ的にも色々あるし<X60Tにワコムのドライバが入れられない…とか。

 まずはハイパーファクトリーで入荷していただいて、展示していただくしか!(^^;)

 ちなみに弱点は重さとバッテリーっぽいなぁ。結構重そう。まぁDVDドライブは着脱式だというし、基本は外しておけばいいのだろうが、バッテリー駆動時間が短いし…。ACアダプタにつなげて使えば問題ないんだろうけれど、結構モバイルで使うこともあるしなぁ、俺。大容量オプションとかあるのだろうか?

 また、個人的にはhpなのにポインティングデバイスがパッドになっちゃったのが痛いなぁ。まぁ…妥協しろと言われれば、しなくもない…かな?

2007/01/19

久々にやられた…ので、対策を講じてみた

 前にもあったような気がするが、すっかり忘れていたので、久々にやられてしまった。

 …いや、このブログのことなんだけれど、16日の夕方から17日にかけてメンテナンスがあった。その間、更新等が行われなくなるので、その日の更新を早々に昼に行って、放っておいた。

 …ら、その更新からメンテナンス開始の間にかけて、こちらのblogがどこかのココログフラッシュかなにかで掲載されたのか、新規記事にトラックバックスパムをくらっていた。

 普段ならさらりと消すはずなのだが、そのままメンテナンスに入ってしまって削除操作が行えず、メンテナンス時間中の24時間、トラックバックスパムがそのままに。

 まぁこのblogの読者なら、そんなスパムがどうということはないだろうが、おいらの美学として(^^;)ぉぃ。

 今度からメンテナンス前数時間はトラックバックを停止してしまおうか…。


 …とか思っていたら、今回のメンテナンスは次のメンテナンスの下準備…みたいな話だったのだが、有る程度機能改善があったみたい。

 で、コメント・トラックバックと一括だった設定が分離した模様。おお、これで「トラックバックだけ承認制」といった設定ができる!

 早速行っているが、業者と思われるトラックバックがすぐにひっかかった。

 確認すると、該当記事内の特定のキーワードがひっかかって、宣伝記事をトラックバックしたい…みたいな内容。

 まぁ過去にはそのトラックバックを許可している経緯があるが、これを機会に、アキバblogと同じように「リンク先に当方blogの内容について言及のあるものみ許可」にしよう。

 あと友人のトラックバック…と。

 …トラックバックするときに、そういう内容が表示される設定とかないのかしらん?

まだまだ携帯ネタ

 まだまだ引きずる携帯ネタ。ええ、当然SH53+[es]の組み合わせは続いています。いい加減、一角(前者)を取り崩したいんですけれどねぇ…。

 ともかくも、外でも気軽にメモれて、Webも見られる[es]は重宝するわけですが、自転車で郊外にも出る身としては、さすがにPHSだけの生活というのはどうだろう…ということで携帯も欲しいところ。

 ただ、基本的にハードやギミック・ラブな人間なので、なにかしら秀でた端末が欲しい。無論、ソフト的に秀逸…というのでも良いし、そういう端末が出てくれば、MNPな今、キャリアがなんであれ、それに飛びつくはず。

 ただ、現状特にないんだな、これが。

 E03CAはかなり惹かれたが、困難な入手に手間取っている途中で、考えてみればワイヤレスが使えるのであれば、筐体が防水防塵である必要がないことに最近気がついた(^^;)。必要に応じて防水パックに放り込めば、被害はヘッドセットで落ち着く。

 …となると、必須項目は…Bluetoothだけか。プロファイルはできるだけ多い方がいいけれど。


 あとは…、料金プランなどで検討かなぁ。本当に惹かれるハードなら、多少の料金プランの誤差などは許容するつもりだけれど、特に差のない端末から選ばざるを得ない状態になれば(ともかく、SH53の通話可能エリアの狭さから早く脱したい)、ランニングコストが自然と問題になってくる。

 まぁおいらのようなあまり携帯使わない身としては、ホワイトプランがよさそうという話もあったのだが、以下の記事を発見。

ソフトバンク長期ユーザーならオレンジプランがお得?

 …ろくに検証もせずにうわべだけで「ホワイトプラン、まんせー」…と走っては芸がないか。ちと後で検証してみましょう。

 せっかくなので、以下の記事もブックマーク。

Bluetoothヘッドホンはまだ時期尚早か

 Bluetoothを入手したら、色々活用したいところだけれど、ヘッドホンとヘッドセットを混同して考えそうだ>をれ。気をつけなければ…。


 …ってなことをメモっておいて、そのうち記事にあげようかなぁ…と思っていたら、auの春の新携帯が発表に。

 …早っ!?

 なんかこないだMNP対抗モデル(?)が出たばかりのような気がするが、機種を選定している間にもう次機種が出てきたという感じが…。まったくもって、時代の流れに乗れない自分を自覚する共に、携帯業界で…パーツだったか金型だったかを作っている中小企業が、昨今の携帯需要で儲かっているんじゃないのかな…と思いきや、逆に利益を大企業の方に吸い上げられて、変わらない…んだか逆にキツくなっている…みたいな報道を見たことを思い出したけれど、…そうなんだなー…と思い直した次第。

 …なにがどうなっているんだかわからんが、ともかく妙な業界だなぁ…と改めて思ったり。

 むしろきちんとハード(とそれに組み込まれたソフト)を見極め、きちんと長年使うおいらなんか、まっとうな人間なのだろうか?…と、意味のわからない誤解をしつつ、今回のラインナップを見返してみる(^^;)。

 当然、Bluetooth搭載機種を選定するしかないのだが、一機種しかなかった。W52T

 …ほう。「また一機種か~…。選択の余地が無いんじゃ、選びようがないな~…」とか最初思ったが、どうしてどうして、結構いい端末でないの。

 VGAよりもデカいワイドVGAってころは、[es]よりも高画素ということか。んで、ワンセグ、デジタルラジオ、LISMO(これはあまり使わないかな?)も利用できるとは、結構いいな。

 3Dグラフィックエンジン…はどんなもんなのだろう?携帯の3Dゲームってやったことも見たことも無いから、ようわからん。まぁそれ以前にゲームをやらないからなぁ(^^;)。

 これを使った便利なUI…ってことはないのだろうか?

 また、EZ FeliCaは、suicaにもなるのかな?これはどうだろう。勿論搭載を否定する気はないのだが、個人的にはしょっちゅう携帯を忘れて出かける身としては、財布に入るカードの方がまだ安心。使わないかも…。


 まぁともあれ、最低限Bluetoothを搭載しつつ、そのほかの部分が「全部入り」に近く、「せっかくBluetooth載っているのに、他がなぁ…」感が非常に薄い。

 個人的にはかなり萌え。

 これで防水防塵があればハード的には最強のような気がするが、さすがにそこまで望むのは酷だろうし、その分薄いんだからいいじゃないの。

 無論、傾きセンサーとかジョグダイヤル(あるいはそれに類する、スクロール機能を操作するもの)、スライド式フルキーボードとか、いくつか「もっとこれらも盛り込んでもらいたかったなぁ」というのも無いこともないが、やはり筐体の大きさというバランスの面から、とりあえず「良いバランス」ではなかろうか。

 まぁ、ハード面を褒めても、ソフト面はどうなのよ…ってところもあるけれどね。せっかくの大画面を有効に活かす中身になっているかどうかを見定めたいところ。

 そういえばあと勝手アプリとか使えれば面白そうだけれど、この機種は無理みたいね。
参照:
au、便利なだけでなく心地よさをもたらすケータイへ
の下の方

 大画面が活きる「中身」ならば、即購入候補になるところ。ちとチェックしておきたいな。


 ちなみにドコモだとD800iDSに惹かれる。名前も凝っているけれど(^^;)、うまくすればゲーム的以外に面白く使用できるかもしれない。

 ただ、そこらへんが練られているかどうか不明。本家DSも、当初は鳴かず飛ばずで、ハードや仕様が活きてくるソフトが出てきて昨今の繁栄につながったんだし。

 これもまずは中身(実際の使用感)がわかってからだなぁ…。


 ところで、[es]なんだけれど、Windowsに近いOSを搭載しているので、通常の携帯とは違って電話帳などが扱いにくいと言われている。

 確かに、通常の携帯に慣れていれば扱いにくいだろう。

 ただ、私の場合は逆に携帯に慣れていないので(^^;)、むしろPDAに近いなら、そちらの方が慣れやすい…とか思っていたのだが、最近電話帳で電話番号を検索して誰かに電話をかけようとしたとき、ボタンをいくつか組み合わせて使わなければならないことに気がついた。

 電話帳で目当ての人を検索したら、固定電話・携帯・PHS等々を選択し、その番号で電話…とかするので、人の検索、番号の検索、その番号をフック…とかするわけなのだが、その過程だけでEnterキーとかOKキーとか、操作を間違えたらクリアキーなりフックボタンなり押さなくてはならず、ささっと操作しようとするとどこかで間違え、それを直そうとしてさらに間違え、気がつけば電話帳の番号を消してしまって電話がかけられなくなったという事態が2回(^^;)。

 …やはり使いにくいか。


 まぁ考えてみれば、そこらへんもカスタマイズできる機種なはずなので、ちっとしっかりセッティングせんとあかんか>をれ。

 昔の俺ならそういういじくりは好きだったんだけれど、今は面倒でしかないなぁ…(^^;)。

2007/01/18

いつもの誤解

 職場の新年会に出たのだが、身の上話が始まるといつも通りおいらがゲームオタクだの漫画オタクだのという話が持ち上がる。

 「オタク気質」というのはまったく否定するつもりはないが、基本的に上記の印象はまったくの間違いなので念のため。

 ゲームに関してはまったくのゲーム音痴ということをお忘れ無く。故にゲーム機をほとんど持っていない。

 唯一レーシングゲームだけは免許を持っているだけあってどうにかなるが、ゲーセンのようなちゃんとしたハンドル等機材があってのことで、家庭用ゲーム機のコントローラだと、途端にトンデモ運転に陥ってしまう。

 ともかく、ゲームがてんで先に進まないものだから、何も楽しめず、だったら最初からやらない方が良い…と、ゲームをまったくしない人間に仕上がってしまった。

 ファミコン時代からそんな感じなので、しかし周りは結構楽しんでいるゲーマーが多かったので、PS発売時には奮起して発売日当日に入手したものの、数本をやったところで自分の才覚の無さを改めて自覚。ホコリを被り始め、以来ゲーム機を購入していない。

 …あ、いや、DSは酒を飲んだ勢いで、飲み会のピクトチャット目当てで買ったか。PSPはゲーム以外に使えそうだったし…。

 まぁ、いずれにしてもそんな感じ(1ヶ月くらい、脳トレにはいそしんだが。

 そんなゲーム歴(?)なので、おいらをゲームオタクだと誤解しないように。


 ちなみに、Wiiだけれど、当然触る機会も無い故に購入など考えてなかったが、ある日、店頭で一回テニスをしたが、あれはいいね。

 考えてみるとコントローラーが合わない…という感じでゲームにハマれなかった部分もあるから、実感に近い…というコントローラーは意外と性に合うのかも。まさに任天堂が拾い上げたい客層(^^;)。

 欲しいね。

 ただ、モノが無いんじゃぁ、任天堂も俺を拾えないぞ!

 まぁ、もっともモノがあったところで、設置スペース…というか、遊興スペース(コントローラを振り回す場所)が無いのだが(^^;)。


 あー、ちなみにあと漫画。

 確かによく読むが、置き場所が無くて数を制限するし、数買うほどではない(部屋が狭いので少ない数でも「満杯」って感じにはなっているが)。

 なにより記憶力がないので、読んでも覚えておらず、オタク的に語れないという決定的欠点を持つ。

 本人の中でイメージで反芻することはあるが、それを外部に語れないのでただの妄想の範囲を出ない…って、なんかアブない書き方だなぁ(^^;)。


 …しかし、職場でそういう印象が持たれている…ってのはわかるが、しかしこれだけ自転車で走り回って土産も結構持って行っているのに、「自転車オタク」という印象が根付かないのは何故だろう?(^^;)

おぉっと、いけねぇ

 年末年始をのほほ~んと過ごし、それも終わって仕事に追われる身になったから…というわけでもないけれど、次回のサークル申込の件を忘れていた。

 申込証紙は用意してあるが、申込概要をまったく確認していない。スケジュール等くらいは確認しておかないと。

 大体、作るのも決まっているんだから、サークルカットは今から描いてもいいし、入金だってしても…いいんだっけか?(^^;)


 で、無論、今回もオンライン登録の予定。

 ちっと前の話なので方法がうろ覚えなのだが、前回の記録もあるので(その際はちゃんと滞りなく申し込めて、サークルも受かった)なんとかなるだろう。

 こういう時、blogに過去の記録をつけておくのは便利だな。また、時折…というか、申込シーズンなどにはこれらのページが結構検索されるらしい。お役に立っているなら、こちらとしても本望です(^^;)どうだろう?。


懸案事項、一つ終了

サークルカット作成四苦八苦中

コミケ申し込み


 …それにしても去年の2月のblogを見ると…元気だなー(^^;)>をれ。

 そういえば夏と同じジャンルにしないとなー(^^;)。なんだったっけ?評論か何かに近いジャンルだったような…。

 …そういう記録もつけておけよ>をれ(^^;)。

2007/01/17

XGA以上の画面を持つタブレットPCの入

 レノボからVISTA搭載予定モデルの発表があった。


 X60Tも含まれているが、液晶は相変わらずXGA。…うぐぅ(T_T)。VISTA搭載発表と同時にバリエーション機種の発表があるかなと密かに憶測していたのだが…外れてしまったらしい。

 …日本でのタブレットPCの大画面化(高画素化)はあきらめるしかないのか(T^T)。

 今思えば、買っておけば良かったんだなぁ…、これ。…あ、これ、12.1型でSXGA+じゃん。

 そういえばハイパーファクトリーで触ったような気が。

 12.1型でSXGA+というのは細かすぎないか?…と危惧していたが、かすかな記憶では、あまり「細かすぎて困る」といった印象はなかったような…。

 …昔すぎて覚えてないが(^^;)。


 さて、どうしたものか。まぁ絵描きに使う…って話なので、可搬性を忘れていいのなら、別段ワコムのCintiq 21UXを狙うという手もあるんだよな。…まだ、おそらくX60Tの大画面版実売推定価格(いくらだよ?(^^;))の方が安いような気がするが。

 無論、「どこでもお手軽お絵かき」というメリットがなくなってしまうが、21UXは別のメリットがあるから、妥協点といえば妥協点。

 第一、21UXは確実に入手できるしね。手に入らないものをいつまでもおっかけるわけにはいかない。

 しかしなんだ、レノボのサイトでBTO…って手もないのかねぇ…。でなければ、21UXに流れるか…もう一つの道を歩むか。


 …USモデルの個人輸入とか。できるものなのか、していいものなのか知らないけれど(^^;)。やるとしたら…どういう方法があるのかねぇ?ちと確認してみるか。

 Amazone.comで(^^;)個人輸入というのか?それ…。

 ただ、ちと検索してみると、こういうページがヒットする。

 とりあえず1月の第3週に確認したところ、XGAモデルはいくつか実売価格が挙がっているが、SXGA+モデルにはみんな「Currently unavailable」と出ていて、てんで値段にお目にかかれない。

 …物不足なん?あるいはまだ出ていないとか?米国発売は昨年の…10月か11月だったよね?その当時の状況とかあずかりしれないからなんともわからんけれど。

 ただ、何が起因するにせよ、品不足なので日本にまでラインナップさせる余裕がないので、製品発表も行えない…ということはないだろうか?

 …つまり、供給が潤沢に出来る目処が立って初めて発表が行えるので、現段階ではとりあえず「検討はしている」と発言しているにとどめているのでは?<日本担当者


 …と、つい楽観してしまいますが(^^;)、どうなんでしょーねー、本当のところは…(;_;)。

あこがれの海の向こう

 X60Tが発表されたとはいえ、なかなか日本ではバリエーションの少ないタブレットPC。日本ではぞんざいな扱いだなぁ…。でもそれも仕方ないのかなぁ…という状況もわからないのではないのだが、海外に目を向けると、それはもうタブレットPCにとってはバラ色な(?)世界が広がっているわけで。

東芝がノートPC用のワイヤレスポートリプリケータをデモ

 「PORTEGE R400」…いいなぁ。ただ、さすがに若干躊躇するところも。

 以前、「PCの基本的な使い方はアプリを動かすだけだから、そうそうOSの洗練度は求めない」といったようなことを書いた。

 それには変わりないのだが、このR400はVISTAの新機能をかなりばしばし使っている。それもVISTA専用ハードを組み込む形なので、さすがにおいらでもちと躊躇しそう。

 まぁ、SPが出てくるまで使用できない…ってわけでもないんだから、別に構わないけれど。もっとも、構わないところで日本では出る様子は無いのだが…(;_;)。

 しかしワイヤレスポートリプリケータでDVIのデータを無線で飛ばすといった野心的な機能がなんとも…萌え(^^;)。内蔵液晶が1,280×800というのがちっと物足りないのだが、12型だとちょうど良いのかな。むしろHDDが1.8インチ…というのが問題だろう。

 でも欠点といえばそれくらいで、やはりこういうのも日本で出していただきたいところ。


 タブレットPCの話を展開させたのでついでに書いてしまうが、ハイパーファクトリーのタブレットPCのページに面白い比較表が載っている。

 レノボのX60TとHPのtc4400Tの比較だ。○×は担当者の独断だか、比較表としてはあながち間違っていないと思う。ただ、微妙に「絵描きではない」判断のような気も。

 絵描きからするとX60Tの筆圧機能関知のドライバの部分で、すでに「×」だったりする。キタさんも嘆いていらっしゃいます。

 現状、タブレットPCはXGA画面という枷がある以上(富士通の一部製品を除く…が、絵描き用とだと筆圧無いわ、画面小さいわ…て、ここでは度外視して良いかと)、現時点で急にX41Tが故障し、至急代替機を購入しなければならない…という事態になったならば、これだとtc4400Tを選ぶしかないねぇ…。

 まぁ、なんとなくレノボかワコムがどうにかして、対応ドライバが出そうな気もするが…保証は無いしなぁ…。

 なんとかしてくれ>レノボ。マルチタッチ機能がアレだ…ってことなら、SXGA+モデルを出して解決…ってのでもいいんでない?(^^;)

2007/01/16

…ん?

 一応おいらもウィルコムユーザーではあるので、そこらへんの情報をチェックしているわけで、ある日こういう記事を発見した。

ウィルコム、W-ZERO3新規ユーザーにBluetooth製品プレゼント

 今更「あ~、既存ユーザーには恩恵は無しかぁ…」としみったれたことを言うつもりは毛頭無い。ユーザーを増やすための大盤振る舞いでしたら、ばしばしやってください。

 新規ユーザーが増えればそれだけ下地も出来て、サードパーティーの商品ラインナップも充実してくるわけで、既存ユーザーにも恩恵有るはず…とあえて肯定的に考えてみたり(^^;)。


 ただ、この機器の組み合わせをみて、どうも引っかかった。…うーん?

 まずは内容を詳しく知るために、キャンペーン案内も確認してみた。

 …やはり、Bluetoothを使用できるようにするBluetoothカードと、音楽も聴けるBluetoothヘッドセットの組み合わせのキャンペーンだ。

 …miniSDカードを差し替えているのに、どうやって音楽を聴くの?

 多少なりと内蔵メモリもあるので、まったく聞けないということはないが、収録できる楽曲数などたかがしれているもの。

 通常メモリカードに音楽データを放り込まない?でもそのクチにはBluetoothカードが入るんでしょ?…音楽聞けないじゃん。


 まぁ、ヘッドセットは着信や通話には使えるらしいので、ワイヤレスの利用は可能らしいが、なんかせっかくのハードが半分しか活きないというのはなんだかなー…という気が(^^;)。

さらなる底なし沼、その名は…

 M8を購入して落ち着くかと思いきや、自分でも結構写欲を抑えられないでいる。

 レンズ欲くらいは収まるかなぁ…と思ったら、ズミクロン50mmだのエルマリート135mmだの、やっぱり収まる傾向がない(^^;)。

 ただ、最近ここらへんはまだ浅い「沼」だということに気がついた。

続きを読む "さらなる底なし沼、その名は…" »

ブログ注意事項

1/16 ココログベーシック/プラス/プロのメンテナンス実施について(再掲)

 これにより、1月16日午後3時より24時間、コメント等の受付が出来なくなりますのであしからずご了承ください。

 何か書き込みたい場合は、左のサイドバー情報にある掲示板等をご利用ください。よろしこ。

2007/01/15

今度は納豆かよ

納豆:TV番組でダイエット効果紹介、売り切れ相次ぐ

 納豆が売り切れまくっているらしい。そういえば言戯のページでもそういう実感の話が載っていた。

 最近はちょっと忙しいというか、色々あってあまり食っていないが、納豆は好きな方で、結構食う。夜でも食う。

 作り方は番組に沿ってない…というか、気が短いので「かき混ぜて放っておく」の「放っておく」というのができない性格なので、効果を最大限に享受しているとは言い難い。

 ただ、単に美味しいから食っている…ってだけのこと。

 その納豆が入手しにくくなっているとな?


 そういえばそんな話は寒天の時においらも体験しているな。あれはそもそもすぐに増産できない…ということもあるから仕方ないかな…とも思うが、納豆でもそうなのか…。

 あ、いや、納豆も増産しにくい(急激な需要に供給が追いつきにくい品)とは思うけれど。

 しかし、昔からふつーに店頭に並んでいる納豆が姿を消す…ってのがどうも想像つかないなぁ。買い出しは親に一任しているし。

 ちっと今度店頭を覗いてみるか…。

一応書いておくかな

 時折書いていますが、横のサイドバーに写真を掲載しているアルバムページへのリンクを設定しています。

 こちらの1月撮影分について、13日撮影分(ここから先)も追加しましたのでお知らせします。ざくっと増えてますので興味のある方はご覧ください。

 カメラやレンズの話に終始していそうですが、今回はそれ以外の話も結構記載してありますので、カメラに興味のない方も是非ご覧ください。

 まぁ、閉場した築地の話なので、それでも興味が沸かないと思うけれど(^^;)ぉぃ。

2007/01/14

やっぱり寒い

 今年は暖冬らしい。

 埜庵の嘆きや、北の方からの雪不足の知らせ、魚の旬がズレている…という話を聞くに付け、その実感が増してくる。昨年の終わりも暖かかったからなぁ…。

 ただ、それでも昨今はやっぱり寒い。

 昔は冬でも防寒装備で結構走り回っていた身なのだが、ちょい前の暖かかった反動か、逆に昨今の寒さが身にしみて、どーも自転車で出かけるのが億劫になってきた(^^;)。

 昔の元気はどこに?

 とはいえ、走るときは走らないとならない身(?)。なんとかして走り出す状況を作り出し、奮起してことにあたらなければ…と思う次第。

 幸いにも(?)今月は2件の遠出が予定されている。処は江ノ島と鎌倉。

 20日(土)は鎌倉に焼き芋屋台探索ツアーという、いかにも自転車を行使できそうな旅で、27日(土)は江ノ島の例の食堂での新年会。うむ、これは頑張らねば。

 そんなわけでおいおい詳細事項のすりあわせをしましょうね>誰と無く(^^;)。

2007/01/13

写真の撮り方あれこれ

 ちょっと、最近のおいらのカメラの傾向の話でも書いておきたい。なんかいつも書いているのと重複する部分もあるかとは思うけれど(^^;)。

 …えと、レンジファインダー機といえば広角の活きるカメラ…と言われているようで、実際おいらもそう思うところもあるけれど、今のところおいら自身は「広角よりも標準、望遠」に面白みを見いだしている。

 広角だとなんでもかんでも入り込められるので「楽」ということもあるが、逆に「何を見せたい」というのを明確化しにくいという弊害もある。

 また、「男なら寄って撮れ」という意向もあったのだが、自転車という荷物があって容易に寄れない場合、望遠で遠目に被写体を捉えざるを得ない状況の方が多くなってきている。

 なにより、捉えたいテーマを絞り込んで画角でトリミングする面白さもあり、特別の理由(友人と一緒の旅、明らかに広い範囲が撮影対象となる前提の旅、等々…)が無い限り、28mm以下の広角は使おうと思わない。


 そんなわけで、広角寄りでもウルトロン35mmか、ジュピター12(35mm、センサーをふさぐほどの後ろ玉なので、R-D1と同じく露出補正-1~2くらいしないとならない)、標準域ではノクトン50mm、望遠域でたまにエルマー90mm…といったところを使っている(エルマー90mmはまだあまり使用してないけれど。ちなみに、L→Mマウントアダプタの内、28/90mm用を所有してないが、なんか50/75mm用の75mm用フレームが90mmでも問題なく使えるみたいなので、当面それで行こうかと考えている)。

 なかなか楽しくレンズセレクションしているが、なんとはなしにエルマリートM135mmF2.8が欲しくなってくる。

 あまりそこまで望遠用途は無いんだけれど、鏡胴に眼鏡が付いている独特のスタイリングがいい(^^;)それかよ。

 マップカメラに中古の在庫があり、そう高くないので惹かれている。パースを消した望遠の味を…という気がしないでもないのだが、どうなんだろう?M8で使えるのかな?

 装着は出来ると思う。ただ、Mマウントで135mmフレームを表示させると思うのだが、M7まではそれでいいんだけれど、M8は135mmフレームは24mmフレームに換えられているからな。ファインダー倍率も0.68倍で、ライカ自ら「135mmレンズはピント精度を期待できない」と現行レンズの6ビットコード付加もしてないくらいだから…。

 眼鏡がパララックス補正のみならず、拡大鏡の役割も担い、後述するマグニファイヤーも併用、手動操作で90mm枠を目安にして写す…ってことも可能だと思うのだが。しかし、ホールドが危うくなってくるし、手ぶれとかも出てきて扱いにくくなっちゃうかなぁ…。やめておいた方がいいかな。


※調べてみると、使用するフレームは90mmで、それを眼鏡で1.5倍に拡大する…という使用方法らしいので、むしろM8で使いやすい…のかも。


 …でも、眼鏡は欲しいなぁ(^^;)。…DRズミクロン50mmとか狙ってみるかな。

 50mmレンズはすでに持っているけれど、ノクトンはデカくて携帯には向かないし、ジュピター8はコンパクトで、柔らかい描写をしたい時にはいんですけれど、シャープに撮りたいときには力不足だし…。

 DRズミクロンならズミクロンとしてコンパクトに使用でき、かつ描写も信頼できるし、なにより50cmとはいえ、接写ができる…という今までのおいらのレンズのラインナップにない用途が増えるのがいい。比較的安価らしいし。

 しかしこちらの記事を見ると、ホロゴン15mm F8、DRズミクロン50mm F2、1954~68年製造の沈胴式エルマー90mm F4はM8に装着不可とある。

 …えっ!?うそぉ~ん…。ただ、確かにホロゴンは後玉かマウント部の関係でダメなような気がするし、エルマーは沈胴の長さが問題で装着できない気もする。

 しかしDRズミクロンはどうだろう?眼鏡付きは他にもあるし、それが理由には思えない。マウント部も普通だし、後ろ玉がスーパーアンギュロンより突き出ているようにはなっていない。

 他の記事にはそれらのレンズに「6ビットコードが付加できない」という記述もある。

 なんかマウント部に6ビットコードを付加できない構造的問題があるだけの話か?だったら気にしないぞ?(^^;)

 しかしよくよく調べてみると、こちらのページこちらのページで確認させてもらうと、近接アタッチメントの構造が特殊で、M8に限らずいくつかのライカカメラにも元々装着できないらしい。

 しかしこれまたリンク先にもあるとおり、多少の細工で装着可能だそうで、M7などの非対応機種にもきちんと装着できているらしい。むぅ、だったら良さそうだな。

 今度店頭とかで確認してみようかな。まぁ買う余裕(財政)がある時になるけれど(^^;)。

 RF機はスナップに最適…と考えているが、RF機しか持っていない身としてはポートレート(コスプレ写真なんだけれど(^^;))もRFでこなさなければならない。

 一眼のように狙ったフレーミング通り…というのが難しいわけだが、逆にその困難を乗り越える(?)楽しみもあるので、これはこれでいいなぁ…と思っている。

 無論、失敗も多いのだが、数こなせば段々と慣れてきて、一人の時には迷うことなく自分なりの構図とピン合わせもできてくる。

 ただ、距離1~2mの距離でF1.5なんて明るいレンズを絞り開放で使うと、かなり被写界深度が浅い。こういう時起こるのが…コサイン誤差だろうか?

07011401 二重像合致式なファインダーな場合、当然ファインダーの中心で二重像を合致させるわけなのだが、これを当然モデルの目で合わせようとする。(赤いライン)

07011402 しかし構図としてはファインダーの中心が目だとすると、上が開いたり、下が詰まったりしてよろしくない。ピンを合わせた後は構図を合わせるべく、ファインダーを下向きにする。(青い矢印の動き)

07011403 すると、カメラは弧を描いて向きを変えるのでピンの範囲は変わらなさそうだが、

07011404 「ピンが合う範囲」というのはどうも平面上らしく(右の赤いライン)、「弧」を描いてしまったカメラにより、ピンの合う範囲が後退してしまうらしい。(青いライン)

 結果、ピンを目に合わせたつもりが、耳あたりににピントがあってしまい、目が若干ボヤけてしまう…という現象に見舞われる。

 これが「コサイン誤差」…ってことでいいんだよね?

 解決策としては、その誤差を見込んで鼻の頭でピンを合わすとか(足りないか?)、被写界深度を少し広く取るとかするしかないと思う。

 ただ、シビアなピンあわせが必要…というのは変わりないので、ちっとマグニファイヤーという、ファインダー拡大鏡が欲しくなってくる。

 しかしこれが純正だと3万円前後…という結構な値段(革製の超小型ポーチなどがつき、使い勝手は抜群っぽいが)。おいそれとは買いにくい。

 …ので、サードパーティ製を探す訳なのだが、それでも1万数千円だったりする。…ううっ。

 中古を狙いたいが、そもそも「RFは広角」という認識が一般に広まっていると、あまりファインダーを拡大したいという意向が無いようで、使っている人自体がひょっとしたら少ないかも。そうなると当然中古にも流れてくるのは少なく…っていうか、見たこと無い。

 …店頭品を買うか。んでもサードパーティー製は小さいレンズのみ…って感じでものぐさなおいらは無くしそうだ。そうするとポーチやチェーンなどのついている純正はかなり使いやすそう(カメラのストラップにとりつけたりすることもできるようで、なおさら無くしにくい)で、かなり心惹かれる。うーぬ…。


 まぁ、心惹かれるアイテムはさておき、ポートレートの話の続き。被写体が一人の時はもう慣れたもの…ってことになるが、意外なことに二人になると、かなり迷う俺。

 考えてみれば昔から、イラスト化を考えれば一人の方が手間がないし、二人になれば手間がかかる。集合写真なんかを考えればなにをかいわんや…であり、そもそも撮ろうとも思わない(^^;)。

 しかし二人程度なら…とたまーに撮るのだが、たまーにであって、かなり経験不足。そこへ持ってきていきなり明るいレンズをもってくると、開放ばかりで撮っていたから、片方がボケるボケる(^^;)。

 …って、別段難しい話でもなくて、絞りを有る程度絞って、被写界深度を広くすれば両被写体を被写界深度内に収められるので問題ないはずなんだけれど、どーも頭が固いのか、そういう臨機応変さが効かない。

 また、片方にしかピンが合わせられない…というのならそれはそれで手前の被写体にピンを合わせればいいんだけれど、何故かわからないけれど、「奥」のポイントを選ぶ癖がおいらにあるみたいで、女性が二人並んで、しかし若干奥行きがあった場合、手前の人が豪快にボケている…という妙な構図になったりする。

 これは人物だけに限らず、台車の件でもそうで、なんでか奥の方に逃げちゃうというか…ボヤけた手前の方に申し訳ないというか(^^;)。

 それが演出意図で、それがくみ取れる画になっているならいいんだけれど、構図的に奥に合わせる必要性がなんら無いんだよねぇ…。何の癖なのか?

 まぁさすがに数枚撮っていたところ、被写界深度を広くして…という対応に慣れてきた。

 なにはともあれ場数だな…と実感した次第。まぁポートレートはそうそう場が無いので、スナップは自転車の旅も兼ねて、友人を撮りまくって慣れるしかないな…とも思ったり。

 でも自転車であまり持ち出しすぎると距離計狂いとかが心配(^^;)。

 R-D1の場合、その調整は工場送りで結構時間がかかるらしいのだが、M8の場合、ライカの銀座店で、窓口の開いている時で混んでさえいなければ、1時間くらいで3,150円くらいで調整をやってくれるらしい。

 いざというときのリスク管理を考えれば、なおさらM8の持ち出しが増えそうな気が(^^;)。

8mmの必要性

 どうなんすかね。

富士フイルム:映画用8ミリ当面生産継続 映画人の声受け

 この手の資産ものはできるだけ長く残る方が有り難いのはわかるのだが、未だに使用している人って…いるのん?まぁ、居るから存続活動とかあったとは思うけれど…。

 しかし、例えば、静止画な35mmフィルムはデジカメに取って代わられているにせよ、おいらも含め、地道に息は続いていると思う。周りにまだ使っている人がいるしね。ただ、8mmカメラ…ってのは聞かないぞ?

 他のフィルムデバイスに比べれば8mmフィルムは比較的お手軽…というのはわかるが、ビデオ類に比べるとレート・解像度的に有利…ってこともない気がするのだが…。

 他の選択肢が豊富な今、それほどまでに保護しなければならない必要性ってあるのかな?


 例えば35mmフィルムの場合、いくらデジカメが頑張っても勝てない分野があるのは間違いない。普段はデジカメを利用し、勝負所でフィルム…とかいった使い分けもできるでしょう。

 ただ、8mmフィルムのメリットってどうなの?画質面は「味」として、演出上必要…といった、ビデオとは違うメリットはあるとは思う(リンクのタイトルに「映画用8mm」とあるのは、そういうことで、民生用8mmは別の話か?)。民生用8mmフィルムの話としても、それ以上のメリットってある?

 例えば映研で、編集機材がごっそり揃っているとする。そうすれば必要な消耗品は8mmテープと一部の消耗品…って感じで、過去の資産を活かしつつ、作品を作成し続ける土台があると思う。

 しかしビデオ、DVやそれ以上の撮影機材、またそれ以上の編集機材、勿論PCなどが要るわけだけれど、映研に無くても各個人が1台ずつ持っているんじゃねーか…という普及率かもしれないことを考えれば、帰農までは8mmフィルムだったけれど、明日からはDV編集!…って言っても、すぐに対応出来ちゃう世の中なんじゃない?

 費用としても、消耗品なども安くつくような気も。現像代もかからないし。

 故障も「率」は8mmの方が低い気がするが、いざ直す段になると、高く付くのは8mmの方のような気も。

 過去の資産が残りやすいそういう団体以外だとなおさら、何処でもテープが手に入る方に流れるだろうし、どーも無理して8mmを残してもらう…という必要性を実感できない。


 スチルカメラは昔からやっていた。でも8mmフィルムはほとんどいじっていなかった身…だから言うのかもしれないけれどね。

 かくいう私も、再生環境だけはもう少し息長く続けて欲しい…とは思うけれど。さすがに現像済みのフィルムが活きない…って世はどうかと思うわけで。

 また、「映像は8mmで捉えないと我慢できないんじゃ~!はぁはぁ」というマニアな方…というのも否定できませんな。私だって別のマニアなんだし(^^;)。

 ただ、実態に即してなかったら、富士フィルムもかわいそうに思えてきて…っていうか、だったらついでにSX-70用フィルムも復刻していただければ(^^;)コダックやん。

2007/01/12

携帯メールの制限

 DOSの頃からE-mailを使用してきた身としては、メールといえばPC…という固定観念がついている関係上、携帯電話のメールというのがしっくりこない。

 キーボードの差なのだが、そういった訳なので、メールは極力PCで処理している。

 ただ、携帯電話の携帯性の良さ、プッシュ的にメールの着信を知らせてくれる便利さから、携帯メールを使わないわけにはいかない…ということもある。

 そんなわけで、携帯メールを使ってはいるのだが、メールアドレスはものすごく限定した相手にしか伝えていない。おそらく両の手の指で数えられる人数のハズだ。

 ただ、そのアドレスをもう3年も使っているからか、最近迷惑メールもばしばし届くようになってきた。おそらくランダムな英字の組み合わせをしていたら、なんとなく届いたのでそのままリスト入りしてしまったんじゃないのだろうか。

 PCのメールアドレスにはもう昔からスパムがばしばし届いていて、もう目くじら立てるのも面倒くさいくらいどうでもよくなっている。

 携帯も同様…と言いたいところだが、こちらはなにぶんにも着信も有料だったりする関係上、あまり多く届くようでは洒落にならない。

 今のところ、繰り越しても自然消滅してしまう無料通話分でどうにかなっているが、それでも腹立たしい。なんとか着信拒否をしてみたい。


 調べてみると、特定のURLが含まれたメールを受信しない…という設定があることに気がついた。セキュリティ関係の会社が調査してアダルトサイトなどのURLを抽出し、それと参照して該当するURLが含まれているメールを着信拒否するのだそうだ。

 おお、それは便利そう。早速設定をしてみた。

 …相変わらず迷惑メールが届く(^^;)。

 なんでやー!…と確認してみたら、どうもおいらのメールはアダルトサイトや詐欺サイトとは関係ない、カジノなサイトの宣伝メールらしく、↑の会社の抽出URLデータに該当しない…のかもしれない。んごーっ!うざったい!

 日に10通以上届くようになってしまっているので、どーにかしたい…ので、更に「ともかくURL付きのメールを受信しない」に設定してみた。

 さすがになんでもブロックされるので、以来音沙汰無くなったのだが、URLが含まれていればなんでもブロックしてしまうので、ソフトバンクからのお知らせメールすらブロックしてしまう(^^;)。

 まぁそちらは…そんなに利用しないからいいんだけれど、友人のメールがブロックされたらコトだなぁ…。

 ただ、過去のメールを軽く確認する限りは、携帯メールでURLを含む…といったことは無いみたいなので、当面はこの体制でいこうかと。

 しかしおいら宛に携帯メール打てる人は大概ここを見ていると思うので、今後のメールの際はURL含まないように、ひとつよろしゅうお願いします(__)。

浅草の幻

 こないだつらっと浅草に行ってきたのだが、比較的早めだったので、裏通りとか人通りも少なかったりする。

 …で、なにげに歩いていたら、ヨシカミが開店前だったのを見つけた。

07011201 洋食屋のヨシカミは、ハヤシライスが有名。ステーキとかシチューとかが本筋のお店らしいのだが、テレビの紹介などでハヤシライスが有名になってしまったらしい。ただ、有名になるだけの味があるようで、ちっと以前から気になっていた。

 気にはなっていたが、見に行くと大概行列が出来ていて、おいそれと入店できる雰囲気がまるでない。いつもない。まったくない。

 浅草行く度にちらりと店先を見てもおいそれと入れないため、しかしハヤシライスの噂は先行して耳にはいるので、その思う気持ちだけが募るばかり。

 そんなある日、開店前に店先を通ることになると、1時間前には人っ子一人いないことに気がついた。

 …今日なら入店できる!

 まぁその時点から並んでも良かったのだが、友人との待ち合わせの途中だったので、まずは合流。浅草寺参詣、猿回し見学などしてから(^^;)、ヨシカミに行った。

 …ら、行列が出来ていた(^^;)。いつの間に!ぉぃ

 開店5分前くらいだったが、結構な行列が。ただ、これから店内に座る人々も並んでいることを考えると、そんなたいそうな行列ではなかったが。実際開店してから2~30分ほどで入店できたし。まぁそれでも個人的には並んだうちのような気がするけれど、友人と一緒でだべっていたから、さして大変でもなかったし。

07011202
 …で、念願のハヤシライス。入店する前後で初めて知ったんだけれど、ここのハヤシライスって限定メニューだったのね。なんとなく邪推すると、他のメニューより安いハヤシライス(それでも1,200円)ばかり売れていると売り上げが響くからかな…とか思ってしまうが、シチューがベースになっている関係上、他のメニューとの配分でどうしても限定数になるらしい。

 店頭のメニューを見ていると、なかなか心惹かれるメニューも豊富だったのだが、開店直後の限定メニューと財政的な問題から(^^;)、やはりハヤシライスを注文した。

 で、実際食してみたところ…美味い。なんだこの深みは。洒落にならん。シチューとしてみても、相当奥深い味わいはすんごい。こりゃ人気を呼ぶわなぁ。

 …とか思って食べていたら、後ろでハヤシライス売り切れの声が。…開店1時間くらいしか経っていないような…。すげぇ限定メニューだな。食べられて良かった…。

 さすがに毎度毎度食おうとは思わないが(敷居が高いため)、機会あれば…というか、むしろ「チャンスがあれば」という表現の方が適している気がするが、また食べてみたいな…。

 まぁヨシカミに言わせれば、そういわずにもっとばしばし寄って、他のメニューも食ってくれよ…ってところなんでしょうが(^^;)。

#リンクには浅草と市川の店舗の紹介しかないけれど、店内の張り紙では羽田空港店があるとの情報が…。羽田…、最近行ってないから、多摩川サイクリングロード走破ついでに、「自転車で羽田空港まで行けるか!?」検証実験ついでに行ってくるかな…(「水曜どうでしょう」を見ると無理っぽそうだけれど、一度空港ターミナル間をママチャリで走っている学生を見たことあるんだよなぁ…)。

2007/01/11

OS Xって?

 恒例のApple社の新製品発表とかがあったみたいで。

 とりあえず個人的に気になるのは…、

米Apple、GSM対応の“iPodケータイ”「iPhone」

 これかな。なんとなくNewtonを思い出すが、内容はまったくの別個だろう。当たり前だけど。

 ただ、そういうような使い勝手とか、残ってないかなぁ…とほのかに期待してしまうのはおいらだけだろうか?

 まぁそこらへんは搭載OSやらアプリ次第…ってことになると思うんだけれど…、OS Xってなんだ?…はぁ、MacOS Xのサブセット。なるほど。…どういう心地なのか、まったくわからん。まぁ…まったくNewtonと同じってことはないだろう(^^;)。

 いずれにしても、日本では関係ないのかな。日本で電話機能を殺してPDAとして売ってくれてもよさそうな気もするが、逆に高くなるか。大体、使ってみないとどんなもんか、さっぱりわからんから食指も伸びようもない。なんとなく良さそうな感じはするが…。

 …SONYのクリエにそういえば似たような筐体があったな。あれで我慢しておくか(^^;)ぉぃ。

 ともかく、今回の発表は特においらがどうこう…ってのは無かったなぁ。ひそかに、タブレットPC的なMacが出てくれることを望んでいるのだが…全然音沙汰無い…か(T_T)。

まだ続いている?

 ちょっと調べ物があって、パナソニックのデジカメのホームページを確認していた。

 すると、DMC-LS1などは古いだけあって「生産終了」の文字が打たれてある。

 まぁそれはそれでいいのだが、何気なく、おいらも持っているLC1を覗くと、特にその旨の記載が無い。…あれ?まだ売っていたっけ?

 そういえば去年の後半、量販店の店頭でまだ販売しているのを見かけたことが…あったような、無かったような(^^;)。

 まぁ単なる店頭在庫だと思うが、…まさか本当にまだ作って…。

 あ、いやしかし、こちらを見ると、生産完了品に仲間入りしているしなぁ。

 単なる作業ミスか?それとも…。

2007/01/10

築地を活用しない男

 つらっと1月撮影分アルバムの方に書いたんだけれど、そういえば築地であまり魚を買った覚えがない。魚以外もあまり無いが、魚はとみに無い。

 築地といえば「食事どころ」みたいな認識になってしまっているが(市場移転後を考えればそれはそれでいいのかもしれないが(^^;))、せっかくの市場を活用していないということでどうか…と。

 ただ、毎度毎度自転車で行っているので、持ち帰りが面倒なのよね。帰る途中に他に寄ったり…ってのもあるし。

 しかしずっとそのまま…ってのもなんだし、いつかきちんと活用したいところ。

 家の晩飯を作る…という目的で、買い物目的でいっぺん行ってみるかな。で、買い物して、そのまま帰る…と。ともなれば、ちょうど寒い時期ならば、保冷も兼ねてちょうど良いか(^^;)。しかしそんな寒い中の走行はキツいなぁ…(^^;)。

ああ、そうそう

 久々にコスプレイラストを更新してますので、ご興味のある方はどうぞ。

 あと、今回は珍しく写真も公開しています。M8で撮ったどー!…ってのを自慢したいらしい(^^;)ぉぃ。コメントも、モデルさんのお話よりもレンズの話の方が多くなって申し訳ない(^^;)。

 一枚、すさまじい色の変色見本みたいなのもあるから、M8が気になっている人には物欲抑える意味でいいかも(^^;)レアケースだと思うけれど。

2007/01/09

アニメ裏話?

 なんかアニメばかり見ている印象のあるおいらだと思うが、実はあまり見ていない。撮るだけ撮って、保存しているだけで、チェックしてないことも多々。

 「あとで見られる」という安心感を元に、時間を有効活用したい身なので、見なくても「保存しておく」ということが有意義なのだが…わかってもらえるだろうか?(^^;)昔の島本和彦の漫画で、そういうエピソードがあるのだが…


 ともあれ、だったら最初から見なければ、知らなければいいんでない?…と思われるかもしれないが、妙にアニメ関係の話はblogやら口コミやらで入ってくるので、見られないなら見られないでそれはそれで悔しい(^^;)。

 なので、それなりにチェックはしたい…というか、情報源はEPG番組表くらいなのだが(^^;)チェックの内に入らない。


 まぁそういうわけで、その情報源のスゴ録のそれをふと見ていたら、「エンジェル・ハート」という、いわばシティー・ハンターの続編にあたるアニメがテレビ埼玉(…って最近は言わないのか?)で始まっていたのに気がついた。

 …これって、日テレで昔やってたヤツでない?

 キー局のチャンネルで展開されていたコンテンツが、UHF局で時期をずらして流される…ってあまり覚えが無いんですけれど。…あったっけ?


 また他にも昔、確かテレ東のみで放映されていた「カレイドスター」も最近地方局でも始まって模様。

 こちらはテレ東版は実は余り見ていなかった(後期になって何話か見たような気が)。

 そんでテレビ埼玉の1話を見てみると、まったくの最初からの展開。続編では無い模様。

 リメイクという可能性もあるのだが、これもエンジェル・ハートと同じく、再放送なのだろうか?なんとなくEDに見覚えが…。GONZO製なので、古い作品でも「古い」感じが見受けられなくて、判別しきれない(^^;)。

 なんかアニメ業界でそんな流れとかあるんですかい?


#…って、考えてみれば沖縄ローカル局で昔の番組(ドラマ)を放送していたのを見たことあるし、アニメも同様にあっても不思議じゃないか。

 んでも日テレのをあまり時間をおかずにテレ玉で…って…。よほど採算に問題があったか(^^;)ぉぃ。

モノクロ用フィルターリスト

 なんだか、M8の話題ばかり続けてすみません(^^;)。いやもう、たのしくって。もう少し経てば落ち着くと思いますので、もうしばらくお待ちを(^^;)。

 しかし、同じデジカメなんだから、R-D1のネタもたまには…ってことも考えてみたり。

 ちっと最近忘れていたが、M8を手にする前にちろっとモノクロ写真にハマった。いや、今も撮りたいな…とは思っているんだけれど。

 M8でも撮れることは撮れるんだけれど、R-D1は更にモノクロ撮影時にモノクロ撮影用フィルタ装着をシミュレーションできる。

 フィルター色は黄色・オレンジ・赤・緑の4種。おお、これは面白いな…というところなんだけれど、ちょっと待て。そういえばおいら、各々どういった効果があるのか、よくわからない(^^;)。

 RAW撮影してしまえばEPSON Photolier上でシミュレーションできるが、撮影データをいくつか操作してみてもいまいち効果がわからない。

 なんかいい手引きとか無いかなぁ…と思っていたが、ある日、ふとNDフィルタの箱を覗いてみたらカタログが入っており、それにモノクロ用フィルムのカタログと共に、こういうのに使えます…という注意書きが書いてあった。

 それによれば、


○黄色フィルタ
・人物や風景・スナップなどの撮影に適しているとのこと。…万能?
・青空の中の白い雲をすっきり浮かびあげる…ということなので、大概の条件でコントラストを引き上げる…ということだろうか。

○オレンジフィルタ
・より強いコントラストを実現 建物や樹木、彫刻などの質感を克明に描写…とあるので、黄色フィルタよりも強いコントラストを作るものの、人物の肌などの表現にはキツすぎてしまう…ということなのだろうか。しかし逆にディティールを誇張したい場合にはいいのかもね。
・望遠レンズの遠景撮影に適している…とか。…これはよくわからんな(^^;)。

○赤フィルタ
・フィルタの中で一番強いコントラスト…ということなので、黄<オレンジ<赤…ということか。
・「遠景描写を克明に」「超コントラスト効果によって非現実的」「図案的な撮影」とあるので、そのような状況に応じて選択…ってことやね。
・赤外フィルム撮影に欠かせない…って、これは関係ないか。M8だったら…(^^;)ぉぃ

○緑フィルタ
・ポートレートや風景撮影に適しており、人間の視覚の感じ色度に近い吸収性能があるので、皮膚の感じをなめらかにしたり、樹葉の緑などを鮮やかに表現…とあるので、先の3つとは違って、階調にやわらかさを出したいときに使用…という考え方でいいのかしらん?
・赤みの強い写真電球光下の撮影に効果的…ってのはホワイトバランス次第かも。


 …覚えきれないな(^^;)。[es]にでもリストを放り込んでおこうかな。まぁこれでモノクロ限定撮影で楽しむ…って手もあるかもな。


 ちなみに、M8でどうしても慣れないのがISO設定。明るい場所から暗い場所に移動すれば、大概シャッタースピードで「あ、感度を上げなければ」と気がつくのだが、その後明るい場所に移動した際、ISO設定を戻すのを忘れてしまう。感度を上げたままでしばらく撮影を続けてしまい、せっかくの明るい場所でもノイズばしばしな写真ができあがってしまうわけだ。

 視覚的にISO値を表示するものが一切無いため、どうしても気がつかないんだよね。その点、R-D1はよく目にするトップカバーに大概の情報が表示されているわけで、すぐに気がつきそう。

 …っつーことで、明暗激しく場所を移動する場合は、R-D1の方が使いやすい気もするわけで。距離計を考えれば、被写界深度の深いレンズ必須と制約が出来てしまうかもしれないが、まだまだR-D1も出番が多いかも。

2007/01/08

楽しい運動と…

 コミケの前日設営で何が楽しいかって、一つに棟梁の演説というか、説明が挙げられる。ま~、今回も危ない話とかのたまわれて、とてもここでは紹介できない(^^;)。

 それはともかく、その中で「普段運動していないおまえらなんだから、設営で頑張って体を動かせよ」という話を聞いていたときは思いっきり他人事だった(もう数人、おいらの近くにもそう同感している筋肉マニアもいたろうが(^^;))。

 おかげさまで運動不足は感じていない。当然自転車のおかげ。

 自転車通勤ではさしたる運動にはなっていないのでそれはさておくにしても、「週一40km以上」を心がけた走行では、走ること自体を目的とせず、目的を設定してそこでの楽しみや交通費節約による金銭的なメリットの享受…といった恩恵ばかり気にしていたら、気がついたら運動しているという「主目的ではないからこそ続けられる」ことが達成できている。

 おかげで、まぁ皮下脂肪はあいかわらず保持しているが(^^;)、内臓脂肪とかはあまり無い感じで、健康体だと思っている。

 これで食事面とかも気をつければいいのかもしれないが、それは面倒なのでしていない(^^;)。


 まぁそれはさておき、こうなってくると危惧しているのは体の固さ…ってことになる。

 元々体が激固いおいら。元々運動にも向かない…と思っていたのだが、往復100kmも走れるのを考えれば、運動できない体でもあるまい。…ってことは、鍛えれば(?)体も柔らかくなるのでは?また、そもそも血行をよくすることを考えれば、ストレッチとかできるようにしておけば運動とも相互に恩恵もあるだろう。

 ただ、ストレッチはなー…、あまりしてないんだよな、運動後も(^^;)怒られそうだ。

 これも…あれだ。「自転車に乗っていたら、気がつかないうちに運動していた」というシナリオのように、気がついたらストレッチしていた…という「何か」は無いだろうか?

 そういう「長く続けられる」手段が欲しいところですよ。


 腕を上に上げつつ交差して、体を振らせて歩いていたら、ストレッチ…というデューク更家な方法ではなくて(^^;)それはそれで否定はしないが。

相変わらず携帯電話を考える

 未だにE03CAをどうしよう…と考えて、そのまんま…な状態。もうちょっとどうにかしてくれねぇか?>au


 ただ、そんなことを考えていたら、超シンプルな料金プランがソフトバンクから発表された。例のホワイトプラン。

 無料通話が含まれていないのが気に入らないが、考えてみればコミケ付近以外、ほとんど無料通話を使い切らない身なんだから、その分基本料金が安いのだから、問題ないのかもしれない。

 あるいは周りの自転車仲間以外、もう少しソフトバンクユーザーが増えてくれればいいのかな(^^;)何故か自転車仲間は既にソフトバンクユーザー率が高い。

 そんなわけで、ホワイトプラン前提でソフトバンクという選択肢も濃厚になってきた。機種変更ならまだ敷居が低いし、それなりにメリットもありそうな気も。

 まぁ、GPS搭載率が低いので>ソフトバンク携帯、Bluetooth搭載だけでも重視してなんとか…って線だろうか。いまいち魅力的な端末が無い気がするのだが。


 ただ、問題が二つ。ここのところ妙に携帯に迷惑メールが多い。英文のみの、カジノがどーとかいうメール。

 携帯のメールアドレスは本当に親しい人にしか紹介してないのだが、なにぶんにも3年以上使い続けているので、ランダムな組み合わせが検索されヒットされ、チェックされてしまったのかもしれない。

 今は無料通話でさくっと相殺されているが、ホワイトプランだと自己負担(?)というのが気に入らない。微々たる金額でも。

 まぁ、パケットのなんかのコースで無料パケット代とか、使い放題とかする方向にすればいいのか?


 あともう一つ。ソフトバンクのことだから、ホワイトプランがどの程度続くか…(^^;)なんとなく、後で無くなりそうな気も。

2007/01/07

ちょっと容量が…

 X60Tabletの魅力の一つが2.5インチHDDの採用だったりするわけで、結構体感速度に差違があります。

 おいらの現行X41Tは1.8インチなわけですから、それには到底及ばないわけですよ。

 HDDを早くするだけで結構体感速度が違うんだろうなぁ…とは思うんですが、なかなか選択肢が無いんですよね。

 そんなところでこんなニュース。

SanDisk、容量32GBの1.8インチシリコンディスク

 おお、なんか入れてみたい気が。でも現在の40GBよりも少ないな、容量が…。結構きつきつなんだよね、今でも。もう少し容量増やしてくれないかな。でもこの上…ってなると、おそらく倍々で容量決まるだろうから、64GBとか?まだ先かな。

 …っていうか、32GBでもそもそも幾らなんだろうか…と。X41Tにそこまで投資する意味があるかどうか(^^;)。

まだまだあるM8の秘密

 …ってもんでもないけれど(^^;)。しかしM8の話題ばかりですみません。結構ネタの宝庫なので。いや~、金かかっているだけのことはあるわぁ…(意味不明)。


 えと、コミケでの3日間、毎日M8を動員していたわけですが、3日間とも1回ずつトラブルに見舞われていました。

 2回は電源が入らないトラブル。1回は電源が切れないトラブルです。電源が切れないトラブルは実は前日の築地でも見舞われています。

 電源が入らないのは文字通りなのですが、切れないトラブルは面白いことに、シャッターは切れないものの、それ以外の動作(写真のプレビューとか)が電源OFFポジションなのに続けられてしまう…という妙な現象です。有る意味不気味。

 いずれも、一度バッテリーを外すことにより解決しています。

 同時に使用していたR-D1ではあまり問題はなかったんですけれどねぇ。なんか1回だけ何かあったような気がしますが、M8のインパクトが強かったので、あまり覚えていません(^^;)ぉぃ。

 原因はわかりませんが、なんとなく「冷えすぎ」という気がしなくもないです。寒かったし、外装が冷える素材だから…という気がするんですけれど、どうでしょう?


 なんとなく問題だらけのM8…って気がしますが、その通りです(^^;)。その通りなんですが、あまりどうこうという気はしていません。出来の悪い子ほど可愛いというか…。

 そもそも、悪いところだけ…ってことではありませんし。

 例えばシャッターの感触が3段階…というところが妙にツボです。

 半押しが2段階あって紛らわしそうですが、結構感触がしっかりしていて、使い分け出来ています。

 センサー類の電源ON/OFFとAEロック…ってことですが、AEロックが結構使いやすいです。

 R-D1では別ボタンで少しとまどったりすることもあるのですが、そういう意味では操作が確実なわけです>M8。

 まぁそれ以上にR-D1の半押しの感触がよくわからない…ってのがありますが。

 M8を使い続けてふとR-D1を使用すると、半押しまで押し込もうとしてついそのままレリーズしてしまう…ってことがよくありました。

 細かいパーツまでこだわっている…ってことでしょうか>M8。

 まぁ代わりに全体としておおざっぱ…なんですが(^^;)。そういえばレモン社で店員にこのM8はどーなってんだ…とつめよっていた客がいたなぁ。黒くなくなってしまった衣装の被写体の写真持ち出して。

 わかる。わかるなぁ…、その気持ち。特定条件だけかと思ったら、日光の下でも普通に赤かぶるやん!…と。まさにそう。

 ただ、おいらとしてはもう、多少調整するにせよ、「M8の味」…と達観するようになってきました(^^;)。コスプレ写真とか見るとすごいですよ。R-D1との色彩差が。なんか黒関係よりも反射傾向の強い素材の「青」なんかがものすごく変位していますね。

 んでも、それがなんか味のある雰囲気になっちゃったりして…。コスプレヤーさんにはせっかく苦労して作成された衣装をちゃんと反映させて無くて申し訳ないんですけれどね。


 まぁ他のカメラだと憤慨ものなわけなんですけれど、妙に許せてしまうM8の力ってなんでしょう?

 …値段かしら?(^^;)ぉぃ

2007/01/06

今年の抱負

 …を、そういえば書いていない気も。「一年の計は元旦にあり」…というが、てんで考えてなかった。

 …その後、あまり考えもしてないが(^^;)。まぁ創作活動をもっと活発にしろよん…ってところだとも思うが。

 とりあえず当面は…、自転車の目的地の設定とか(^^;)ぉぃ。


 ん~、1月中は少なくとも、江ノ島でカワハギの煮魚を食べる新年会と、鎌倉で焼き芋屋を探す…ってのがあるな。

 …何度湘南地方に行けば気が済むんだ(^^;)。まぁでも美味いモノがあったり、自転車というツールを活かせそうなアドベンチャーだったりと面白そうなので、欠かせないっぽいが。

 しかしいつにするんだ?13日(土)はすでに予定が埋まっているのでそれ以外…ってことになるが、そうすると1月中はもう20日(土)と翌日、27日(土)と翌日…ってくらいしかない。

 どっちかがどっち…ってことか?どうっすか?>誰と無く(^^;)ぉぃ

皇居を綺麗に

 年始に築地に向かう際、皇居脇を通った…ら、お堀が綺麗になっていた。

 以前に見たのがいつだったか覚えてないが、かな~り汚かったような記憶が…。水量が少ないときで、固定が見えてゴミとかが見えていたように記憶し、今回はその時よりそれほど水量が増えてないので、水で見えなくなった…ってことはないと思うのだが。

 まぁ当たり前に清掃したのだと思うのだが、お堀の清掃は専門業者にせよ、皇居内の清掃って国民の勤労奉仕でやっていたような覚えが…。

 検索してみると、宮内庁のホームページに「勤労奉仕の手続要領」というページがあるので、まぁ間違いないだろう。

 皇居内ってそうそう目にすること自体できないから、無論勤労奉仕の精神で働くにせよ、是非見ておきたい…という気持ちも持ちつつ参加してみようかな…と思ったが、平日の連続した4日間…って、それだけでダメやん(^^;)りーまんには。

 なかなか敷居が高いなぁ…。以前「<皇居・勤労奉仕>年間参加者が1947年以降最低に」という記事をメモっておいたのだが、わからんでもない。もちっと敷居を下げてくれないかな。

 あ、でもボランティア扱いなら、最近はボランティア休暇ってのを使えばいいのか?…っていうのか、使えるのかしらん?(^^;)


 ちなみに、15名以上の団体で…って規定もあるのだが、これはツアーとしてもあったりして、最初から任意の団体でなければならない…ということも無い模様。

 まぁそれでもおいらはツラいわけだが…。皇居内への道程は厳しいなぁ…。

 とはいえ、入れないなら入れないで別になんも構わないのだが(^^;)。

写真の苦労が…

 そういえば書き忘れていたかもしれないので念のために書いておくと、ノートPCとか、ヒューイを購入してキャリブレーションを済ませている。

 やはりちっとデジカメにのめり込んでくると、色調整とかしっかりするために、モニタを調整しておかないとね。

 いずれプリントするときに「補正は無しで!」と言うことが目標(意味不明)。


 …で、色調整するにはそれ用のソフトも必要になってくるんだけれど、RAW撮影前提の身としては、M8に附属していたCaptureOne(LE)が結構使いやすいというか、最初は操作にとまどったが、あっという間にR-D1に附属して常用していたEPSON Photolierから乗り換えてしまった(^^;)R-D1も対応しているし。

 これで色調整しているときは幸せというかなんというか…(^^;)なんだそりゃ。

 ついでにトリミングとかも出来るようになってくれるといいのだが…。

 ともかく、この現像作業が結構楽しい。楽しすぎて結構時間をかけるようになってしまった。一枚一枚色調整するし。

 そしてさらにJPEG変換に時間がかかるというか、こないだのコミケん時のコスプレ写真の枚数とかの場合、1日分あたり1時間とかかかったりして、結構PCが占有されたりして、デュアルコアでもないもんだから、他作業がしにくかったりと結構困った事態にも(^^;)。

 思いがけない写真の苦労があったわけだ…(^^;)違。

2007/01/04

一応書いておくかな

 12月撮影分の写真アルバムも、年が明けてから結構更新してあります。年末に写真撮影と整理が立て込み、新年までずれ込んでしまったんで…。

 ただ、今回の12月分新規掲載分はM8サンプルとしての意味合いが濃厚…かな?ちっと興味がある人はどうぞ。ただ、色補正ばしばし効かせているのが多いので、M8とかレンズとかの真価とは言えないかもしれないけれど。

 無論、M8に興味が無くても見ていただきたいところです。…かき氷とか(^^;)謎。

M8の隠された特徴

 M8を使っていて気がついたのだが、PhotoShopCSやCapture
読み込んだとき、自動で縦横構図を判別されて読み込まれていた。…楽。

 今までそういうことは無かったので、CaptureOneが優秀なのかな…と思ったが、R-D1のデータを読み込ませる限りは、縦横自動判別してくれないので、M8独自の機能なのだろう。

 右を下、あるいは左を下…と、気まぐれに換えているのだが、傾きの角度が浅い時を除き、結構きちんと縦横判別してくれている。

 これって、M8にセンサーが内蔵されていて、そのときの角度をファイルに書き込んでいるんでしょ?で、その情報をソフトが判別している…と。

 最近のデジイチでは当たり前の機能なのかしらん?しかしおいらの持っているデジカメでは初めての機能なので、ちっと感動したり(^^;)。写真枚数があると、縦横直すの結構手間な作業なので、助かるなぁ…。

 R-D1にもこういう機能があればなぁ…(^^;)。

2007/01/03

正月の課題

 …なんか、正月はさすがに書くこと無いなぁ…。

 まぁ普段ばしばし書いているんだから、正月くらい休んだ方がいいか。親戚の家に行った話なんて書いても仕方ないし。

 ただ、それでもblog更新をしておかないと落ち着かない習性(^^;)とほほ。


 ん~、珍しく正月はできるだけ自転車を使わないように使わないように…としています。

 普段走り回っていますから、正月休みくらいのんびりと…ってことですが、正月は大体どこのお店もお休み…ってのにも起因しています。おいらの走行は目標(目当てのお店)あっての走行ですから(^^;)。

 まぁ運動に関しては、コミケん時にイヤってほどしてるので、問題ないです、たぶん。


 コミケといえば、その際に[es]にライトメールやら着信があったのに、チェックを怠って連絡取り損ねた友人がいたのが大反省点。

 その節は大変失礼しました(__)>某氏。

 いや、前から電話着信やらメール着信に疎いおいらだったけれど、[es]に関してはそもそも「着信がある」という発想自体が無かった…ってことが大問題のような気が(^^;)。

 …だって、今までWebブラウザ、メモ、電話帳用途以外で使ったこと、あまりなかったから>[es](^^;)。

 ともあれ今後は、[es]もしっかり要チェック!もっと扱いに慣れるようにならなければ!

欲しいフィルタ径は…

 RFカメラの醍醐味といえば、明るいレンズで開放側で写し、単焦点のクリアな画質と浅い被写界深度でボケ味をあじわいつつ、奥行き感を堪能する…というところでしょう。

 ただ、そうするとレンズの描写性能はさておき、露光時間を短くしないといけないわけで、1/2000までしかないR-D1だとちょっと明るい場所だとすぐに露光オーバーしてしまいます。

 そんなわけで有る程度NDフィルタを買いそろえたのですが、M8は1/8000まで行けるので、あまりNDフィルタの出番がないような…。残念。

 まぁそれはそれで優秀なのですが、代わりに…というわけでもないでしょうが、何度も書いているように、赤外線問題があるわけで、UV/IRカットフィルタが必要になってきます。

 当初は夜間のイルミネーション撮影か、室内撮影時…って限られると思っていたのですが、昼間からも装備しておいた方が良いような…。

 あるページではフィルタを付けずにモノクロ撮影をするのに有効…という話もありますが(赤外線感度良好の場合)、まぁカラー撮影がメインに考えてましたから、やはり赤外線カットを心がけたい。

 勿論基本的にはCaptureOneで専用のカラープロファイルで読み込めばそれほど赤被りも問題ではないんだけれど、万全には万全を期さないとね(^^;)。

 それでも望遠は対象から除いていいような気も。大体、戦前のエルマー90mmF4にはフィルターネジ溝、切ってないんですけれど(^^;)さすが戦前。

 ま、対象は広角から標準までのレンズと絞ってみよう。

 そして幸いなことに(?)、ライカからUV/IRカットフィルターの無償提供があるんだけれど、しかしこれが2枚のみ。んみゅ~、足りないぞ(^^;)。


 ともかく、ベストな2枚を選ぶべく、考えてみよう。

 まず対象レンズから外すのが75mm以上の望遠レンズと、ウルトラスーパーワイドへリアー12mmF5.6。

 後者は前玉が前へつきだし、元々フィルターが取り付けられない。

 で、他のレンズを口径別に分類すると、

○39mm
・カラースコパー21mm
・エルマリートM28mm
・ウルトロン35mm

○40.5mm
・ジュピター12(35mm)
・ジュピター8(50mm)?

○43mm
・ノクトンクラッシック40mm

○52mm
・ノクトン50mm

 …思ったよりはまとまっているな(^^;)どこが。

 ともかく、39mmは決まりだな。

 あとは…どうだろう。ジュピターシリーズは色ノリが命だから、IRカットをしっかりしないといけない気がする。

 最近広角よりも標準域がみずみずしくて楽しい身としては、ノクトンシリーズ(…つっても、両者てんで違う描写…ってのがすさまじく面白いのだが)も外せない。

 …正直、どのレンズにも欲しい(^^;)。

 …2枚以外にも買いそろえるか。大体、NDフィルタだって4枚取りそろえたんだから(全レンズ用でもないけれど)。


 そう考えると、別の取捨選択にもなってくる。

 口径が大きいほどデジイチなどにラインナップがあって、入手性が高くなる。NDフィルタの時も、口径が小さいモノほど苦労した覚えがある。

 そう考えるなら、無償供与を受ける残り一枚は口径が小さい方、つまり40.5mmかな…と。しかし入手性は43mmとあまり変わらないか?

 …しかし口径がデカいと高い…って問題もあるな(^^;)
参考:
http://www.komamura.co.jp/bwf/p_list.html#bwf486

 無償提供は39mmと52mmとし、40.5mmと43mmは独自入手…ってことにした方がいいかな?


 と、一時そういう結論に。

 …そう、一時。いや、実はライカの提供表を見ると、40.5mmと52mmもライカの提供表に載ってないということが判明して…。

 …じゃぁ、必然的に39mmと43mmしか無いじゃん(;_;)。

 しかも39mmは鏡胴が黒とシルバーと混在しているから仕方ないとしても(黒2本、シルバー1本だから、フィルターも黒だな)、43mmは黒のノクトンクラッシックしかないのに…ライカの表にはシルバーしかラインナップされてないなぁ…(T_T)。

 まぁ、フードかぶせればあまり目立たないと思うが…、たのむよ、おい>ライカ。

 あと、40.5mmと52mmのフィルターも安いところ、探しておかなきゃ…。でもあまり店頭在庫って無いんじゃないか?

 …フォトダックにでも頼もうかな(^^;)謎。

2007/01/02

M8のマゼンタ被りを考える

 M8を使う際、問題になるのは赤外線問題だったりする。

 従来のMシリーズより若干筐体が大きくなってしまっているとはいえ、かなりコンパクトな筐体に収めてしまったため、CCD前面の余裕が無く、ローパスフィルタを外したりなんだりしているらしい。

 ローパスを外すと言うことはモアレ処理が問題になってくるらしいのだが、代わりにシャープな画像が得られるという利点もあるらしく、むげに非搭載を否定できない。むしろ個人的には歓迎したいところ。

 ちなみに、モアレに対してまったくの未対応か…というとそうでもないらしく、ソフトウェア処理で対応するらしいが…詳しいことはよくわからない(^^;)。今のところあまり問題になるような被写体を撮っていないから…かもしれないが。

 ともあれ、普通のデジカメとはちと違うコンセプトで組み立てられているM8なわけだが、日本発売の1~2ヶ月前にアメリカ・欧州で発売になった後、ちと問題が発覚した。

 非常に赤かぶりしやすいらしい。(注:他にも不具合がいくつかあるが、一応ファームウェアのバージョンアップで対応したり、個人的にはあまり問題にならないシーンでの発生かも…と判断して、ここではとりあえずさておく)

 原因は至って明確で、CCD配置部分の前面をできるだけ狭くするため、赤外線に対するフィルタをはめなかったり、コーティングをしなかったせいらしい。コンパクトにしなければならない以上、どうしてもそうせざるをえなかったらしい。

 …しかし、だったらだったで最初からアナウンスして欲しいところ。発売後にユーザーが見つけて「発覚」って話にはしないで欲しいなぁ…。

 ただ、この赤被りも、そうそう特殊な不具合でもないらしい。過去の国産デジカメの一部でもそのような症状が出て、そのモデルではさして対策も取られなかったらしい。

 ライカは一応「UV/IRカットフィルタを2枚無償添付」という対策に出たので、まだ対応している内か…ってことになるのかな?

 また、そもそも特定条件下くらいでしか発生しないらしい。

 赤外線がばしばしでるようなものなのか、タングステン照明の下の、とある繊維(でもシェアは広い)の黒い色の衣装が影響を受けるということで、逆に日光下だと変わらないらしい。

 他の影響としては、赤外線リモコンの発光が写ってしまうってことか?

 ビデオだと実はここら辺当たり前の性能なので、デジカメでもCCDである以上、それも当然かな…と思っていたりもしたのだが、赤外線対策を施していると、その手の光はフィルタリングされ、あまり写らないらしい。ほうほう。


 いずれにせよ、特定条件下のみの発生なら、あまり気にしないようにしようと考えていた。

 しかし夜景を写すと、妙に照明が肉眼の見た目よりも明るく写っている気がする。

 見えていない赤外線の発光が、しかしCCDには捉えられ、照明をより明るく表現してしまっているのかもしれない。

 まぁぁぁ…、これは露出補正とかすればいいのかな。デジカメなんだから、すぐわかる話だし。


 しかし、これでもかーっ…と問題が発覚したのが、埜庵の2階で友人とかき氷を食っていたときの写真だった。何気なく50mmとかで友人を撮ったのだが…。

 そういえば埜庵の2階って、いい照明を使っているのか、暖かながらも明るい照明で、落ち着いた空間を演出している
暖かみの演出か、暖色のような光になっていた。

 だからなのか、赤外線もばしばし出ていた模様。


 具体的にどう写っているのか…といえば、何気なくRAW(DNGフォーマット)で撮影し、PhotoShopCSで現像しようと
RAW現像エディタが立ち上げると、ほとんどみんな赤ら顔になっているのだ。

 一応全体的に暖かみが増しているのだが、均一ではなく、特に顔は明らかにほお紅をつけているような感じ。

 「特定の照明下の特定の衣装の黒い部分だけ」というのは一体?

 …まぁ埜庵の照明が相当特殊だったのかも…という推察もあるが、蛍光灯下でも黒い衣装が赤被りしたという証言もあるし(条件が違っているので一概に並べて考えるのもどうかと思うが)、ひょっとしたら赤外線問題は室内撮影では特殊な事例では無いのかも。


  …と、ここで冷静になって考えてみた。…そういえばM8にはCapture One LEがついていたな。早速それをインストールし、M8の設定をしてからRAW現像させてみた。

 …あれ?マゼンタが被ってない。至ってまともな色調だ(黒い衣装は無い)。

 また、RAW撮影時に同時記録したJPEGファイルも確認してみると、そちらもいたってまともな色調だ。あれ?

06122806 左がRAWデータで、右がM8で同時記録したJPEGデータ。CaptureOneで現像したデータは掲載していないが、大体右と同じ色合い。

 考えてみると、RAWはCCDが受けたデータをそのまま記録しているので、赤外線が当たっていればスルーしてCCDに届いているので、必然的に全部の被写体に影響があるはず。そう考えれば、当然のデータ…か。

 ただ、デジカメやら何やらはCCDの情報をそのままJPEGにしているわけでもなくデジカメ本体だったらファームウェアが、現像ソフトならデジカメ機種に対応したカラープロファイルを参照してCCD情報を解析し、ファイルコンバートを行って本来の色調に直し、JPEGファイルなりを生成しているはず。

 これで基本的に赤外線照射による変位が修正されているのではないかと。

 ただ、特定の繊維の黒い衣装だけが、それらの処理に追いつかなくて、「マゼンタ被り」として残ってしまう…ということかな?

 で、以前紹介した、野本さんがライカフォーラムに掲載されている…と紹介してくれたM8用マゼンタ被り対策用カラープロファイルは、若干緑を犠牲にしてさらに補正してくれる…といった解釈で納得していいのかな?

 それだと何となく納得できる。


 さらに考えれば、PhotoShopCSで現像した時はなんで補正してくれんのか?…と思うこともある。

 これはそもそも、RAWを読み込むプラグインが、R-D1に対応したことのバージョンなので、M8とか前提としていないからかもしれない。カラープロファイルの設定オプションも無いみたいだし。

 さらに、M8のRAWデータは比較的汎用のDNGファイルなので、そもそも個別に対応していないのかもしれない。

 最新だとカラープロファイルとか読み込んで対応しているかもしれないけれど。

アドビ、Camera RawプラグインとDNG Converterを更新
~EOS Kiss Digital X/D80/K100Dなどに対応

 …Photoshop CS2でないとダメか?まぁ考えてみればPhotoshop Elements 5.0も持っているので、そちらで処理すればいいのかな。あちらの方がフォトレタッチには便利そうな機能が多かったような気も(^^;)。


 ただ、RAWデータといってもDNGフォーマットを採用しているので、個別機種への対応…ということでもあるまい。カラープロファイルを読み込む機能が無いと、M8の色被りの解決にはならない気がするし、新バージョンでもダメなんじゃないかな?

 まぁ別にCaptureOneだけ使えばいいだけの話なんだけれど、より細かい調整を行いたい場合、使い慣れたPhotoShopの方がいいから、そちらに持って行くとなると…

DNG→CaptureOne→TIFF→PhotoShopCS→JPEG…ってのは面倒だなぁ。


 ま、普通はCaptureOneだけで事足りると考えればいいか。そう考えるとRAWで撮っておけば安心…ということか。

 M8自身がはき出すJPEGも比較的赤被りしていない…と考えたいところだけれど、別の意味で信用できないからなぁ…。

 ホワイトバランスがちっとあてずっぽうだったり、輪郭部があまり綺麗に処理されないとか。

 光源などの白飛びしそうなところの処理もどうかな…という気もする。

 ファームウェアのバージョンアップでいずれはどうにかなりそうな気もするが、当面はRAWに頼らざるを得まい。


 いずれにせよ、結構シビアに赤外線を考えないといけないような気も。なんか対策を施す改造をしてくれれば有り難いが、当面は赤外線フィルタ…ってことになるのだろうか?

 2枚無償提供してくれるらしいが足りるのだろうか?

 全部には要らないと思うが(望遠系とかは要らないだろう)、今度手持ちのレンズの口径を確認してみるか…。


#…なんてテキストを書いて準備していたら、普通の日光の下でも結構赤被りしているな。

06122805

 左がRAWで右がCaptureOneではき出したJPEG。手前から二番目三番目の人の黒いコートが被っている。

 黒衣装だけあって、M8のはき出すJPEGも赤被り。

 赤外線の影響は意外と他にもあって、タイル(?)貼りの広場で直射日光下で撮ったコスプレ写真とかもRAWで見るとばしばし赤被りしている。CaptureOneで十分補正できる範囲だけれど、ちっと考えものだなぁ…。

旧みるきぃ組の方々へ

 そういえば恒例の、新年の初詣なんかを~…ってことで、例の滝の掲示板…代わりんところを見てくださいな。早期に。よろしこ。

2007/01/01

ちょっと遅れましたが、

 あけましておめでとうございます。

 年も明けて早々にご挨拶したかったところですが、遅れてしまってすみません(^^;)。年賀のイラストを描いていたら、すっかり遅れてしまいました。とほほ…。

 まぁしかし、元旦中にイラスト公開できたからよかったかな(^^;)。イラストは本家のホームページ…うーん、プロフィールに記載してあるページをご覧くださいな。

 ともあれ、今年もよろしくお願いします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »