2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 携帯メールの制限 | トップページ | 写真の撮り方あれこれ »

2007/01/13

8mmの必要性

 どうなんすかね。

富士フイルム:映画用8ミリ当面生産継続 映画人の声受け

 この手の資産ものはできるだけ長く残る方が有り難いのはわかるのだが、未だに使用している人って…いるのん?まぁ、居るから存続活動とかあったとは思うけれど…。

 しかし、例えば、静止画な35mmフィルムはデジカメに取って代わられているにせよ、おいらも含め、地道に息は続いていると思う。周りにまだ使っている人がいるしね。ただ、8mmカメラ…ってのは聞かないぞ?

 他のフィルムデバイスに比べれば8mmフィルムは比較的お手軽…というのはわかるが、ビデオ類に比べるとレート・解像度的に有利…ってこともない気がするのだが…。

 他の選択肢が豊富な今、それほどまでに保護しなければならない必要性ってあるのかな?


 例えば35mmフィルムの場合、いくらデジカメが頑張っても勝てない分野があるのは間違いない。普段はデジカメを利用し、勝負所でフィルム…とかいった使い分けもできるでしょう。

 ただ、8mmフィルムのメリットってどうなの?画質面は「味」として、演出上必要…といった、ビデオとは違うメリットはあるとは思う(リンクのタイトルに「映画用8mm」とあるのは、そういうことで、民生用8mmは別の話か?)。民生用8mmフィルムの話としても、それ以上のメリットってある?

 例えば映研で、編集機材がごっそり揃っているとする。そうすれば必要な消耗品は8mmテープと一部の消耗品…って感じで、過去の資産を活かしつつ、作品を作成し続ける土台があると思う。

 しかしビデオ、DVやそれ以上の撮影機材、またそれ以上の編集機材、勿論PCなどが要るわけだけれど、映研に無くても各個人が1台ずつ持っているんじゃねーか…という普及率かもしれないことを考えれば、帰農までは8mmフィルムだったけれど、明日からはDV編集!…って言っても、すぐに対応出来ちゃう世の中なんじゃない?

 費用としても、消耗品なども安くつくような気も。現像代もかからないし。

 故障も「率」は8mmの方が低い気がするが、いざ直す段になると、高く付くのは8mmの方のような気も。

 過去の資産が残りやすいそういう団体以外だとなおさら、何処でもテープが手に入る方に流れるだろうし、どーも無理して8mmを残してもらう…という必要性を実感できない。


 スチルカメラは昔からやっていた。でも8mmフィルムはほとんどいじっていなかった身…だから言うのかもしれないけれどね。

 かくいう私も、再生環境だけはもう少し息長く続けて欲しい…とは思うけれど。さすがに現像済みのフィルムが活きない…って世はどうかと思うわけで。

 また、「映像は8mmで捉えないと我慢できないんじゃ~!はぁはぁ」というマニアな方…というのも否定できませんな。私だって別のマニアなんだし(^^;)。

 ただ、実態に即してなかったら、富士フィルムもかわいそうに思えてきて…っていうか、だったらついでにSX-70用フィルムも復刻していただければ(^^;)コダックやん。

« 携帯メールの制限 | トップページ | 写真の撮り方あれこれ »

コメント

二週間ネタ鮮度落ちは承知で是が非でも。
ワタクシ昭和の最後この職場に中途入社で、
http://aoistudio.co.jp/

アフレコやダビング(音の仕上げを指す
映画用語。音楽のミックスダウンに同じ)
試写などを手伝う場に立てましたので。

ニュー・シネマ・パラダイス予告篇録音で、
相沢さん(仕事主義)に付いたのが最高か。
南とめさんに多分会えてないや。自信無い。

90行ほど有り、今だネット接続不安定な為
ぶろがーで無いので、旧式CMSのページに
本文置いてます。お手数かけます。
http://04.members.goo.ne.jp/www/goo/m/k/mrkato/needs.html


では余白で受け狙い。文末の
「(冗談混り)コダックやん」はどっち?

ポラロイド(ブランドがオリベッティ相当
から山水電気レベルに)へ言いたいのか、

それとも、今はフィルム亡き
コダックの非剥離式インスタントの事か。

ディスクカメラ(MD近似のネガ容器)や
インスタマチック(昇華葉書ブリンタリボン
やポケットカメラ用に似た35mmネガの容器)
にあらず。70年代数年間は世界販売したが、
後発だった筈の富士フォトラマ(=チェキ)
方式と特許紛争か、で店頭謝罪公告し撤退。
# 素人憶測だが、SXでの三色顔料が各層
# より感光に応じ表面に移行する方式と、
# 別の手法で設計したのが丸被りかと。
# でも撤退時、なぜかフォトラマフイルム
# が物理互換可能っていう覚えも有るし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13489775

この記事へのトラックバック一覧です: 8mmの必要性:

» 8mmフィルムはまだ必要か? 過去の感情をいたく刺激される問題に接触する衝撃!! [Ride The Time! オータム マガジン]
 拝御礼さんの「とめどなく、雑記」を見ていて、はっと忘れていたことを思い出しました。8mmの必要性より どうなんすかね。富士フイルム:映画用8ミリ当面生産継続 映画人の声受け この手の資産ものはできる... [続きを読む]

« 携帯メールの制限 | トップページ | 写真の撮り方あれこれ »