2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 今日の会話 | トップページ | 魚がメインの、濃縮された忘年会 »

2006/12/21

恐ろしく人気のあるお菓子

 わざわざ小径車をなんで選んでいるのか…って、タイヤが小さい分スペースが空くので、ショッパー等のカゴを装備しやすく、荷物が積みやすい…という理由なのだが、そもそもその荷物を何故に重要視するのか…といえば、それは旅先で買い物とかして持ち帰るからだ…ってこと。

 やはり旅先でそこでしか手に入らないものなんか見つけると、買って帰りたいからねぇ。それが美味しそうなものならなおさらだ。

 ただ、家族がいるとはいっても、モノによってはそれなりの量でしか売ってないこともある。そうすると食いきれないこともあったりなかったり。

 そこらへんを鑑みて、家だけではなく、職場などにもそうしたものをおみやげとして持ち込んだりもする。

 そんな活動(?)を続けてかなり経つものだから、それらを口にしている連中も段々と舌が肥えてくるのか、多少なりのものを持ってきても、リアクションが薄くなってきてもいた。せっかく買ってきてるのに~。


 ただ最近、かなり反応色よい(?)ものがいくつかあったので、せっかくなので挙げておきたい。


○赤沢スイーツのシュトーレン
 今は「オーストリー」と呼ぶべきか、あの辺のクリスマスシーズンのお菓子らしい。お菓子の形状が衣に包まれたキリストに似ている…風のところに由来しているらしい。

 基本的にはフルーツケーキといったところか(^^;)えらくおおざっぱな説明で申し訳ない。

 これの評判が恐ろしく良い。

 普段はおとなしい職場のレディが、これに限って「残りは無いんですか?」「どこで買ってきたお菓子?」「また買ってきて」と口うるさい。

 うーん、さすが赤沢スイーツが「クリスマスだけに限るには惜しい」と冬のお菓子と定着させたい気持ちがよくわかる。

 このお菓子は去年の冬から冬季限定で扱われていて、その時一度購入していたんだよね。

 ただ、自分では食わず、妹夫婦にクリスマスケーキ代わりにあげたんだけれど、blogネタが欲しかったので「どうだったか教えてくれ」と言っといたにも関わらず、ふつーに「美味かった」の一言で済まされ、それ以上の情報が伝わってこず、ネタにしそこねた覚えがある。…、ド・口下手な妹め…。損してたなぁ…。

 ちなみに、赤沢スイーツの他のお菓子より秀でたシュトーレン…ってことではない。だって、基本的に赤沢スイーツのお菓子は自分で食って終わらせてますので、今回初配布でした(^^;)あとで気がついた。それなりのボリュームだったから、家族総動員でもちと…と思って職場に持っていったんだ、そーだった。

 今後、赤沢スイーツのお菓子を職場に持ち込むことは、おそらくほとんど無いであろう。…だって、舌を肥えさせると後が面倒だもん(^^;)今回のリアクションでよくわかった。

 まぁ考えてみれば、俺も「麦」のパンでもっと学習すべきだったな(^^;)あれを食わせて以来、なにかというと「パン買ってこい」と言われる。


○飯能の四里餅
 いつぞやお~つかさんに教えていただいたシロモノ。飯能には結構通っているのだが、あまり覚えがなかった。

 お~つかさんのご家族にかなり評判…ということで、基本的に情報収集・評価をクチコミ主体としている身としては、これはかなり惹かれる品。いつか手に入れてやろう…と名前だけは覚え、しかしネットでその販売場所を調べるのをすっかり忘れつつ、ある日東飯能から赤沢スイーツに向かう途上でその名前ズバりの看板を見つけ、慌てて急停車した次第。

 いつも通っている道だったので、逆に意外。ほら、ゴルフ練習場のところっすよ>誰となく。お~つかさんに教えてもらったとき、なんとなく語感に覚えがあったのは、さりげに目にしていたからかもしれない。

 店に入ってみると、えらくなにかを焼いたような香ばしい香りがしたが、四里餅自体は焼かれていないので(焼き印は入っている)、他の団子のとかと思われ。いや、でもえらくいい匂いだったなぁ…。

 …で、四里餅。基本的にあんこの入ったお餅…ってことでいいと思う(^^;)これもおおざっぱだなぁ。こしあんとつぶあんとタイプがあって、焼き印で見分けることが可能。5個ずつの10個入りを購入してみた。日持ちがしない、当日で食いきってくれ…ってシロモノだったが、凍らせて、食べるときは自然解凍…とかすれば、何日かは保つということだったので、あるいは焼いてもいいんじゃない…という話だったので、家族用のつもりながら人数をかなりオーバーした個数。

 そう、親父がこの手のを好きなんだけれど、つぶあんだめなのよね。こしあんだけ食べてもらおう。

 で、これを家族に食べてもらったわけですが…えっらい勢いで無くなった。さすがに翌日までちっと残ってしまったのだが、これもまた良いリアクション。

 例えばその親父。おいらが長距離自転車で走るのをきらっている。危険だからとか、どこ行っているのかわからんかららしく、だったらまだ車で行け…とか言っている。

 ただ、この四里餅に限っては「また買ってこい」「自転車でしか行けないところだったら自転車で行ってこい」「飯能?頑張って走ってこい」…と、ことさら積極的。おいおい、普段寡黙な昭和の親父がどうしたことか?

 ちなみに「全部こしあんで」というリクエストがあったが、当然販売元ではそういう詰め合わせも可能。

 しかし四里餅はあそこの店だけのものだったのだろうか?飯能の他の店でもあったのだろうか?古久や近くの団子屋では見かけなかったよねぇ?>誰となく


 それにしてもまぁ、未だに新鮮なネタがばしばし出てくる飯能・岩鞍ライン。…奥深いにもほどがある(^^;)。

« 今日の会話 | トップページ | 魚がメインの、濃縮された忘年会 »

コメント

 四里餅の売り場ということですが、どうやら大里屋の本支店の2箇所。
 後は久邇(くに)カントリークラブの売店にあるらしいとのこと。
 ゴルフ場や練習場の売店にあったりするのかもしれません。

 配達等は新鮮な内に食してほしいとの点からなされないようです。
私も食したことがありますが、和菓子嫌いの人でもいけるのではないか
と思うくらいです。

 それにしても。四里餅の看板って、販売規模の割には大きいですよね。
 それではまた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13149319

この記事へのトラックバック一覧です: 恐ろしく人気のあるお菓子:

« 今日の会話 | トップページ | 魚がメインの、濃縮された忘年会 »